様式及び作成方法に関する規則」( 昭和38年大蔵省令第59号

Top PDF 様式及び作成方法に関する規則」( 昭和38年大蔵省令第59号:

第 4 経理の状況 1. 要約四半期連結財務諸表の作成方法について 当社の要約四半期連結財務諸表は 四半期連結財務諸表の用語 様式及び作成方法に関する規則 ( 平成 19 年内閣府令第 64 号 ) 第 93 条の規定により 国際会計基準第 34 号 期中財務報告 ( 以下 IAS 第 34 号 と

第 4 経理の状況 1. 要約四半期連結財務諸表の作成方法について 当社の要約四半期連結財務諸表は 四半期連結財務諸表の用語 様式及び作成方法に関する規則 ( 平成 19 年内閣府令第 64 号 ) 第 93 条の規定により 国際会計基準第 34 号 期中財務報告 ( 以下 IAS 第 34 号 と

  2.作成の基礎 当社の要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19 内閣府641条の2に掲げる「指定国際会計基準特定会社」の要件をすべて満たすことから、同93 条の規定により、IAS34に準拠して作成しております。従って、年次連結財務諸表で要求されている全ての 情報が含まれていないため、前連結会計年度の連結財務諸表と併せて利用されるべきものであります。 本要約四半期連結財務諸表は、20198月14日に取締役社長 貸谷 伊知郎及び取締役 CFO 岩本 秀之によ って承認されております。
さらに見せる

18 さらに読み込む

第 5 投資法人の経理状況 1. 財務諸表の作成方法について 本投資法人の財務諸表は 財務諸表等の用語 様式及び作成方法に関する規則 ( 昭和 38 年大蔵省令第 59 号 その後の改正を含みます ) 及び同規則第 2 条の規定により 投資法人の計算に関する規則 ( 平成 18 年内閣府令第 47

第 5 投資法人の経理状況 1. 財務諸表の作成方法について 本投資法人の財務諸表は 財務諸表等の用語 様式及び作成方法に関する規則 ( 昭和 38 年大蔵省令第 59 号 その後の改正を含みます ) 及び同規則第 2 条の規定により 投資法人の計算に関する規則 ( 平成 18 年内閣府令第 47

    売買参考統計値を時価としています。     また、保有目的ごとの有価証券に関する事項については、後記「有価証券に関する注記」をご参照ください。 (5) 1内返済予定の長期借入金、(7) 長期借入金 時価については、変動金利によるものは、金利が一定期間ごとに更改される条件となっているため、時価は帳簿 価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっています。また、固定金利によるものは、元利金の合計額を同 様の借り入れを行った場合に適用される合理的に見積もられる利率で割り引いて算定する方法によっています。 一部の変動金利による長期借入金は金利スワップ(特例処理)の対象とされており(「デリバティブ取引に関 する注記」参照)、当該金利スワップと一体として処理された元利金の合計額を、同様の借入を行った場合に適 用される合理的に見積もられる利率で割り引いて算定する方法によっています。
さらに見せる

29 さらに読み込む

第 4 経理の状況 1. 四半期連結財務諸表の作成方法について 当社の四半期連結財務諸表は 四半期連結財務諸表の用語 様式及び作成方法に関する規則 ( 平成 19 年内閣府令 第 64 号 ) に基づいて作成しております 2. 監査証明について当社は 金融商品取引法第 193 条の2 第 1 項の規

第 4 経理の状況 1. 四半期連結財務諸表の作成方法について 当社の四半期連結財務諸表は 四半期連結財務諸表の用語 様式及び作成方法に関する規則 ( 平成 19 年内閣府令 第 64 号 ) に基づいて作成しております 2. 監査証明について当社は 金融商品取引法第 193 条の2 第 1 項の規

【注記事項】 (表示方法の変更) (四半期連結損益計算書関係)  前2四半期連結累計期間において「営業外収益」の「その他」に含めておりました「保険解約返戻金」は、 金額的重要性が増したため、当2四半期連結累計期間から独立掲記しております。この表示方法の変更を反映 させるため、前2四半期累計期間の四半期連結財務諸表の組替えを行っております。

11 さらに読み込む

(4) 次に掲げるすべての事項に該当する者であること なお 本公示における法令等違反した者の範囲については 金融商品取引法 ( 昭和 23 年法律第 25 号 ) 第 193 条の規定に基づく財務諸表等の用語 様式及び作成方法に関する規則 ( 昭和 38 年大蔵省令第 59 号 ) で定められた用語

(4) 次に掲げるすべての事項に該当する者であること なお 本公示における法令等違反した者の範囲については 金融商品取引法 ( 昭和 23 年法律第 25 号 ) 第 193 条の規定に基づく財務諸表等の用語 様式及び作成方法に関する規則 ( 昭和 38 年大蔵省令第 59 号 ) で定められた用語

(1)予算決算及び会計昭和 22 165 70 条及び 71 条に規定される次の 事項に該当する者は、競争に参加する資格を有しない。 ア 当該契約を締結する能力を有しない者(未成年、被保佐人又は被補助人であって も、契約締結のために必要な同意を得ている者を除く)、破産者で復権を得ない者 及び暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3法律 77 32 条1項各に掲げる者。
さらに見せる

6 さらに読み込む

プレスリリース 平成 27 年 3 月 31 日 - 審査事務規程の第 65 次改正 - 自動車検査独立行政法人 ( 略称 : 自動車検査法人 ) は 道路運送車両法施行規則 ( 昭和 26 年運輸省令第 74 号 ) 及び自動車の登録及び検査に関する申請書等の様式等を定める省令 ( 昭和 45 年

プレスリリース 平成 27 年 3 月 31 日 - 審査事務規程の第 65 次改正 - 自動車検査独立行政法人 ( 略称 : 自動車検査法人 ) は 道路運送車両法施行規則 ( 昭和 26 年運輸省令第 74 号 ) 及び自動車の登録及び検査に関する申請書等の様式等を定める省令 ( 昭和 45 年

ウ~エ(略) (2)窒素酸化物特定自動車〔別表 2 の中の NOx 法特定地域に掲げる地域に使用の本拠を 有する窒素酸化物特定自動車(二輪自動車、側車付二輪自動車、軽自動車、大型特殊 自動車、小型特殊自動車並びに被牽引自動車を除く。 )であり、貨物の運送の用に供 する自動車、専ら乗用の用に供する乗車定員 11 人以上の自動車及びこれらを基本と するもので環境省において定める特種自動車(散水車、広告宣伝用自動車、霊柩車、 医療防疫車、タンク車、警察車、救急車、消防車、高所作業車等作業用自動車、クレ ーン車、身体障害者輸送車、ふん尿車、塵芥車、清掃車、キャンピング車、コンクリ ートミキサ車、移動販売車、冷蔵冷凍車、教習車並びにこれらに類する自動車をいう。 ) のうち、ガソリン、液化石油ガス又は軽油を燃料とする自動車であって、別表 3 に適 合しているものを除く。〕(イに掲げるものを除く。)は、次のアからウに掲げる検査 であって初めて受けるものの際、排気管から大気中に排出される排出物に含まれる窒 素酸化物の排出量について、別表 4 の排出ガス測定モード欄に掲げる方法により測定 した値が、NOx 法の欄に掲げる値を超えないものでなければならない。
さらに見せる

40 さらに読み込む

( 平成 6 年自治省令第 30 号 ) 平成 6 年省令危険物の規制に関する規則の一部を改正する省令 ( 平成 17 年総務省令第 3 号 ) 平成 17 年省令危険物の規制に関する技術上の基準の細目を定める告示 ( 昭和 49 年自治省告示第 99 号 ) 告示 記 第 1 危険物施設の地震対策

( 平成 6 年自治省令第 30 号 ) 平成 6 年省令危険物の規制に関する規則の一部を改正する省令 ( 平成 17 年総務省令第 3 号 ) 平成 17 年省令危険物の規制に関する技術上の基準の細目を定める告示 ( 昭和 49 年自治省告示第 99 号 ) 告示 記 第 1 危険物施設の地震対策

エ 津波警報発令時や津波が発生するおそれのある状況において、施設の緊急 停止の方法、手順について確認すること。また、地震に伴って停電が発生す る可能性があることを考慮し、施設が停電した場合における緊急停止の方法、 手順についても併せて確認すること。この際、施設の緊急停止に伴い危険物 を取り扱う装置等での異常反応や圧力上昇等により火災流出等の事故が発 生することがないよう、施設における危険物の貯蔵・取扱いの工程(プロセ ス)に鑑み、緊急停止の適切性も含めた検証を実施すること。
さらに見せる

18 さらに読み込む

買付予定数の上限 (3,611,000 株 ) を超える場合は その超える部分の全部又は一部の買付け等を行わないものとし 法第 27 条の 13 第 5 項及び発行者以外の者による株券等の公開買付けの開示に関する内閣府令 ( 平成 2 年大蔵省令第 38 号 その後の改正を含みます 以下 府令 とい

買付予定数の上限 (3,611,000 株 ) を超える場合は その超える部分の全部又は一部の買付け等を行わないものとし 法第 27 条の 13 第 5 項及び発行者以外の者による株券等の公開買付けの開示に関する内閣府令 ( 平成 2 年大蔵省令第 38 号 その後の改正を含みます 以下 府令 とい

オプテックス株式会社(以下「公開買付者」といいます。 )は、平成 28 4月7日開催の取締役会において、シーシー エス株式会社(コード番号 6669、株式会社東京証券取引所(以下「東京証券取引所」といいます。 )JASDAQスタン ダード市場、以下「対象者」といいます。 )の普通株式(以下「対象者普通株式」といいます。 )を金融商品取引法(昭和 23 法律 25 。その後の改正を含みます。以下「法」といいます。 )に基づく公開買付け(以下「本公開買付け」とい
さらに見せる

5 さらに読み込む

医薬品たるコンビネーション製品の不具合報告等に関する Q&A [ 用いた略語 ] 法 : 医薬品 医療機器等の品質 有効性及び安全性の確保等に関する法律 ( 昭和 35 年法律第 145 号 ) 施行規則 : 医薬品 医療機器等の品質 有効性及び安全性の確保等に関する法律施行規則 ( 昭和 36 年

医薬品たるコンビネーション製品の不具合報告等に関する Q&A [ 用いた略語 ] 法 : 医薬品 医療機器等の品質 有効性及び安全性の確保等に関する法律 ( 昭和 35 年法律第 145 号 ) 施行規則 : 医薬品 医療機器等の品質 有効性及び安全性の確保等に関する法律施行規則 ( 昭和 36 年

「コンビネーション製品の副作用等報告に関するQ&Aについて」 の改訂について コンビネーション製品の副作用等報告に関するQ&Aについては、 「コンビネ ーション製品の副作用等報告に関するQ&Aについて」 (平成 26 10 月 31 日 付け厚生労働省医薬食品局安全対策課事務連絡、以下「旧Q&A事務連絡」と いう。 )により示してきましたが、その円滑な運用に資するため、別紙のとおり 「コンビネーション製品の副作用等報告に関するQ&A」を改訂しましたので、 貴管下関係業者に対し周知方御配慮願います。
さらに見せる

9 さらに読み込む

共通事項 使用する法令等の 略称 と正式名称 法 : 介護保険法( 平成 9 年法律第 123 号 ) 施行規則 : 介護保険法施行規則 ( 平成 11 年厚生省令第 36 号 ) 運営基準 : 指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準 ( 平成 11 年厚生省令第 38 号 ) 運営基準

共通事項 使用する法令等の 略称 と正式名称 法 : 介護保険法( 平成 9 年法律第 123 号 ) 施行規則 : 介護保険法施行規則 ( 平成 11 年厚生省令第 36 号 ) 運営基準 : 指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準 ( 平成 11 年厚生省令第 38 号 ) 運営基準

介護支援専門員は、利用者の希望及び利用者についてのアセスメ ントの結果に基づき、利用者の家族の希望及び当該地域における指 定居宅サービス等が提供される体制を勘案して、当該アセスメント により把握された解決すべき課題に対応するための最も適切なサー ビスの組合せについて検討し、利用者及びその家族の生活に対する 意向、総合的な援助の方針、生活全般の解決すべき課題、提供され るサービスの目標及びその達成時期、サービスの種類、内容及び利 用料並びにサービスを提供する上での留意事項等を記載した居宅サ ービス計画の原案を作成しなければならない。
さらに見せる

12 さらに読み込む

この入札説明書は 地方自治法施行令 ( 昭和 22 年政令第 16 号 以下 施行令 という ) 福島県財務規則 ( 昭和 39 年福島県規則第 17 号 以下 財務規則 という ) 及び本件 福島県国費及び県費事務処理労働者派遣業務 に係る一般競争入札 ( 以下 入札 という ) の公告等の規定に

この入札説明書は 地方自治法施行令 ( 昭和 22 年政令第 16 号 以下 施行令 という ) 福島県財務規則 ( 昭和 39 年福島県規則第 17 号 以下 財務規則 という ) 及び本件 福島県国費及び県費事務処理労働者派遣業務 に係る一般競争入札 ( 以下 入札 という ) の公告等の規定に

2 情報資産の取扱いが適切であることについて三者機関の認定等を取得している者であること。 4 入札に参加する者に必要な資格の確認 (1)入札に参加を希望する者は、上記3に掲げる必要な資格の確認を受けるため、入札参加資格確 認申請書(様式1)に次に示す書類を添付して、下記5の(1)に示す場所に郵送(メール便そ の他これに類する方法を含む。以下同じ。 )又は持参により提出し、入札に参加する者に必要な 資格の確認を受けること。
さらに見せる

14 さらに読み込む

4 特定入院料の施設基準等は別添 4のとおりとする 5 短期滞在手術等基本料の施設基準等は別添 5のとおりとする 6 基本診療料の施設基準等及び本通知において規定する診療科については 医療法施行令 ( 昭和 23 年政令第 326 号 ) 及び医療法施行規則 ( 昭和 23 年厚生省令第 50 号

4 特定入院料の施設基準等は別添 4のとおりとする 5 短期滞在手術等基本料の施設基準等は別添 5のとおりとする 6 基本診療料の施設基準等及び本通知において規定する診療科については 医療法施行令 ( 昭和 23 年政令第 326 号 ) 及び医療法施行規則 ( 昭和 23 年厚生省令第 50 号

(5) 別添6の別紙19又は別紙20に基づきリハビリテーションの実施計画の作成の体制及び適切 な当該リハビリテーションの効果、実施方法等を定期的に評価する体制がとられていること。 (6) 当該病棟への入院時等に測定する日常生活機能評価及び継続的な医学的処置の必要性につ いては、別添6の別紙21及び別添6の別紙7の一般病棟用の重症度、医療・看護必要度に係 る評価票におけるモニタリング及び処置等の項目(A項目)(以下この項目において「看護 必要度評価票A項目」という。)を用いて測定すること。ただし、平成289月30日までの 間は、平成28年度診療報酬改定前の一般病棟用の重症度、医療・看護必要度に係る評価票を 用いて測定しても差し支えないが、平成2810月1日以降も当該入院料の届出を行う場合に は、少なくとも平成289月1日より平成28年度診療報酬改定後の評価票で測定する必要が あることに留意すること。また、当該日常生活機能評価票及び看護必要度評価票A項目の記 入は、院内研修を受けたものが行うものであること。なお、院内研修は、次に掲げる所定の 研修を修了したもの(修了証が交付されているもの)又は評価に習熟したものが行う研修で あることが望ましい。さらに、評価者については、所属する医療機関において平成289月 30日までの間に、平成28年度診療報酬改定後の内容を踏まえた院内研修を受講することが必 要であるが、平成2810月1日以降も当該入院料の届出を行う場合には、少なくとも平成28 9月1日より平成28年度診療報酬改定後の内容を踏まえた院内研修を受講したものが評価 を行う必要があることに留意すること。
さらに見せる

418 さらに読み込む

昭和三十七年総理府令第四十六号 指定射撃場の指定に関する内閣府令 銃砲刀剣類等所持取締法第九条の二の規定に基づき 指定射撃場の指定に関する総理府令を次のように定める ( 指定射撃場の位置及び構造設備の基準 ) 第一条 銃砲刀剣類所持等取締法 ( 昭和三十三年法律第六号 以下 法 という ) 第九条の

昭和三十七年総理府令第四十六号 指定射撃場の指定に関する内閣府令 銃砲刀剣類等所持取締法第九条の二の規定に基づき 指定射撃場の指定に関する総理府令を次のように定める ( 指定射撃場の位置及び構造設備の基準 ) 第一条 銃砲刀剣類所持等取締法 ( 昭和三十三年法律第六号 以下 法 という ) 第九条の

2 この府による改正前の銃砲刀剣類所持等取締法施行規則、道路交通法施行規則、火薬類の運搬に関する内閣府、指定射撃場の指定 に関する内閣府、猟銃用火薬類等の譲渡、譲受け、輸入及び消費に関する内閣府、自動車安全運転センター法施行規則、核燃料物質 等の運搬の届出等に関する内閣府、放射性同位元素等の運搬の届出等に関する内閣府、警備業法施行規則、風俗営業等の規制及び業 務の適正化等に関する法律に基づく許可申請書の添付書類等に関する内閣府、探偵業の業務の適正化に関する法律施行規則及び内閣総 理大臣の所掌に係る科学技術・イノベーション創出の活性化に関する内閣府に規定する様式による書面については、この府による改 正後の銃砲刀剣類所持等取締法施行規則、道路交通法施行規則、火薬類の運搬に関する内閣府、指定射撃場の指定に関する内閣府、 猟銃用火薬類等の譲渡、譲受け、輸入及び消費に関する内閣府、自動車安全運転センター法施行規則、核燃料物質等の運搬の届出等に 関する内閣府、放射性同位元素等の運搬の届出等に関する内閣府、警備業法施行規則、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関す る法律に基づく許可申請書の添付書類等に関する内閣府、探偵業の業務の適正化に関する法律施行規則及び内閣総理大臣の所掌に係る 科学技術・イノベーション創出の活性化に関する内閣府に規定する様式にかかわらず、当分の間、なおこれを使用することができる。
さらに見せる

26 さらに読み込む

第 2 号様式 事後審査型 簡易型総合評価落札方式 入札公告 県単道路新設改良 ( 一般 ) 工事に関する一般競争入札公告 県単道路新設改良 ( 一般 ) 工事について 事後審査型一般競争入札を行うので 岐阜県会計規則 ( 昭和 32 年岐阜県規則第 19 号 以下 規則 という ) 第 127 条

第 2 号様式 事後審査型 簡易型総合評価落札方式 入札公告 県単道路新設改良 ( 一般 ) 工事に関する一般競争入札公告 県単道路新設改良 ( 一般 ) 工事について 事後審査型一般競争入札を行うので 岐阜県会計規則 ( 昭和 32 年岐阜県規則第 19 号 以下 規則 という ) 第 127 条

 本工事は、技術の提案を受け付け、価格以外の要素と価格を総合的に評価して落札者を決定する総合評価 落札方式(簡易型①)の工事です。  本工事は、契約締結後に施工方法等の提案を受け付ける契約後VE方式の試行工事です。  本工事は、建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律(平成12法律104)に基づき、分別 解体等及び特定建設資材廃棄物の再資源化の実施が義務付けられた工事です。
さらに見せる

5 さらに読み込む

医療法施行規則 (昭和二十三年十一月五日厚生省令第五十号)

医療法施行規則 (昭和二十三年十一月五日厚生省令第五十号)

34 1章 緒言 本ガイドラインは,後発医薬品の生物学的同等性試験の実施方法の原則を示したものであ る.生物学的同等性試験を行う目的は,先発医薬品に対する後発医薬品の治療学的な同等性 を保証することにある.生物学的同等性試験では, 通常,先発医薬品と後発医薬品のバイ オアベイラビリティを比較する.それが困難な場合,又は,バイオアベイラビリティの測定 が治療効果の指標とならない医薬品では,原則として,先発医薬品と後発医薬品との間で, 効力を裏付ける薬理作用,又は,主要効能に対する治療効果を比較する(以下,これらの比 較試験をそれぞれ薬力学的試験及び臨床試験という).また,経口製剤では,溶出挙動が生 物学的同等性に関する重要な情報を与えるので,溶出試験を実施する.
さらに見せる

42 さらに読み込む

入札説明書 海上保安庁の調達契約に係わる入札公告 ( 平成 30 年 4 月 11 日付 ) に基づく入札については 会計法 ( 昭和 22 年法律第 35 号 ) 予算決算及び会計令( 昭和 22 年勅令第 165 号 ) 契約事務取扱規則 ( 昭和 37 年大蔵省令第 52 号 ) 等に定めるも

入札説明書 海上保安庁の調達契約に係わる入札公告 ( 平成 30 年 4 月 11 日付 ) に基づく入札については 会計法 ( 昭和 22 年法律第 35 号 ) 予算決算及び会計令( 昭和 22 年勅令第 165 号 ) 契約事務取扱規則 ( 昭和 37 年大蔵省令第 52 号 ) 等に定めるも

c 入札者は、その提出した入札書の引換え、変更又は取り消しをすることができ ない。 (エ) 郵送により提出する場合 支出負担行為担当官等あて郵送(書留郵便又は民間事業者による信書の伝達 に関する法律(平成14法律992条6項に規定する一般信書便事業 者若しくは同条9項に規定する特定信書便事業者(以下「一般信書便事業者 等」という。)の提供する同条2項に規定する信書便(以下「信書便」とい う。)の役務のうち、書留郵便に準ずるものとして一般信書便事業者等おいて 当該信書物(同法2条3項に規定する信書便物をいう。)の引き受け及び 配達記録をした信書便。)にすることができる。
さらに見せる

138 さらに読み込む

苓北町公告第 32 号 下記のとおり一般競争入札を行うので 地方自治法施行令 ( 昭和 22 年政令第 16 号 以 下 政令 という ) 第 167 条の 6 及び苓北町財務規則 ( 平成 20 年苓北町規則第 27 号 以下 財務規則 という ) 第 64 条の規定に基づき公告する 平成 30

苓北町公告第 32 号 下記のとおり一般競争入札を行うので 地方自治法施行令 ( 昭和 22 年政令第 16 号 以 下 政令 という ) 第 167 条の 6 及び苓北町財務規則 ( 平成 20 年苓北町規則第 27 号 以下 財務規則 という ) 第 64 条の規定に基づき公告する 平成 30

イ 入札参加者は、 「入札心得」に基づき、所定の入札書(入札心得「様式」)に 必 要事項を記入し、記名押印する。また、金額の記入は算用数字を使用し、金額の前に 「¥」を記入し提出すること。押印は、使用印鑑届出印を使用すること。 ウ 入札金額は、消費税及び地方消費税を含まない金額を記載すること。

9 さらに読み込む

入札公告 稚内市告示第 132 号 地方自治法施行令 ( 昭和 22 年政令第 16 号 ) 第 167 条の 5 の 2 第 167 条の 6 及び稚内市契約規則 ( 昭和 39 年稚内市規則第 6 号 ) 第 3 条の規定に基づき 条件付一般競争入札について次のとおり公告する 平成 30 年 3

入札公告 稚内市告示第 132 号 地方自治法施行令 ( 昭和 22 年政令第 16 号 ) 第 167 条の 5 の 2 第 167 条の 6 及び稚内市契約規則 ( 昭和 39 年稚内市規則第 6 号 ) 第 3 条の規定に基づき 条件付一般競争入札について次のとおり公告する 平成 30 年 3

書面(様式は自由)により持参すること。 請求先及び期限 契約担当部局(告示文1)へ、通知を受けた日の翌日から起算して3 日以内。(休日を除く) その他 説明を求めた者に対しては、書面による請求を受け付けた日の翌日か ら起算して3日以内(休日を除く)に書面により回答する。 提出先及び期限 建設産業部土木課へ平成304月16日12時00分まで(休日を除く)に 提出すること。 申請を受け付けた日の翌日から起算して3日以内(休日を除く)に書 面により通知する。
さらに見せる

32 さらに読み込む

略記 法 = 水道法 ( 昭和 32 年法律第 177 号 ) 施行令 = 水道法施行令 ( 昭和 32 年政令第 336 号 ) 基準省令 = 給水装置の構造及び材質の基準に関する省令 ( 平成 9 年厚生省令第 14 号 ) 給水条例 = 筑前町水道事業給水条例 ( 平成 17 年条例第 142

略記 法 = 水道法 ( 昭和 32 年法律第 177 号 ) 施行令 = 水道法施行令 ( 昭和 32 年政令第 336 号 ) 基準省令 = 給水装置の構造及び材質の基準に関する省令 ( 平成 9 年厚生省令第 14 号 ) 給水条例 = 筑前町水道事業給水条例 ( 平成 17 年条例第 142

滑 に 遂 行 で き るよ う に 支 援 しな け れ ば な ら な い 。 一 方 、 主 任 技 術 者 は 常 に 技 術 の 研 鑚 に 努 め るこ と な どに よ って 、 現 場 の実 情 等 の 技 術 的 情 報 を 指 定 工 事 業 者 に 十 分 伝 わるよ うに努 め る必 要 があ る。 1.7.6 給 水 装 置 工 事 記 録 の 保 存 ( 施 行 規 則 3 6 条 1 項 ) ① 指 定 工 事 業 者 は 、 施 行 し た 給 水 装 置 工 事 の 施 主 の 氏 名 又 は 名 称 、 施 工 場 所 、 施 工 月 日 、 そ の 工 事 の 技 術 上 の 管 理 を 行 っ た 主 任 技 術 者 の 氏 名 、 竣 工 図 ( 給 水 設 計 書 写 し 等 ) 、 使 用 した 材 料 の リ ス トと 数 量 、 工 程 ごと の 構 造 ・ 材 質 基 準 へ の 適 合 性 確 認 の 証 明 及 び 成 績 表 等 、 竣 工 検 査 の 結 果 に つ い て の 記 録 を 整 理 し 、 3 間 保 存 しな けれ ば な らな い。
さらに見せる

277 さらに読み込む

第 1 章総則 ( 目的 ) 第 1 条この要領は, 建築基準法 ( 昭和 25 年法律第 201 号 以下 法 という ) 第 42 条第 1 項第 5 号及び同法施行令 ( 昭和 25 年政令第 338 号 以下 令 という ) 第 144 条の4 第 1 項の規定における道路の位置の指定 (

第 1 章総則 ( 目的 ) 第 1 条この要領は, 建築基準法 ( 昭和 25 年法律第 201 号 以下 法 という ) 第 42 条第 1 項第 5 号及び同法施行令 ( 昭和 25 年政令第 338 号 以下 令 という ) 第 144 条の4 第 1 項の規定における道路の位置の指定 (

1章 総 則 (目的) 1条 この要領は,建築基準法(昭和25法律201。以下「法」という。 )42条1項 及び同法施行昭和25政令338。以下「」という。 )144条の41項の 規定における道路の位置の指定(変更・廃止)について,特定行政庁津山市長(以下「市長」という) が指定を行う際の判断に必要な事項を定めるものとする。
さらに見せる

19 さらに読み込む

Microsoft Word - 仙台市母子・父子家庭医療費の助成に関する規則(昭和58年12月27日規則第44号)_

Microsoft Word - 仙台市母子・父子家庭医療費の助成に関する規則(昭和58年12月27日規則第44号)_

援給付を受けている者 三 母子家庭の母又は父子家庭の父で次に掲げるもの イ 前々(十月分から十二月分までに係る助成にあっては、前年。以下この及びにおいて同じ。)の所得の額(児童扶養手当法施行昭和三十六政令四百 五三条及び四条の規定の例により計算した所得の額をいう。ただし、児童扶 養手当法 (昭和三十六法律二百三十八九条一項に規定する受給資格者 (母 に限る。以下このにおいて同じ。)又は受給資格者の監護する児童が当該児童の父 から当該児童の養育に必要な費用の支払として受ける金品その他の経済的な利益 (当 該児童の世話その他の役務の提供を内容とするものを除く。 ) に係る所得の額を除き、 同四条二項中「者(母を除く。)」とあるのは、「者」とする。以下同 じ。)が、所得税法(昭和四十法律三十三)に規定する控除対象配偶者及び扶 養親族(以下「扶養親族等」という。)並びに扶養親族等でない児童で当該母子家庭 の母又は父子家庭の父が前々の十二月三十一日において生計を維持したもの (以下 このにおいて「扶養親族等でない児童」という。)がないときは百五十四万円、扶 養親族等又は扶養親族等でない児童があるときは百五十四万円に当該扶養親族等又 は扶養親族等でない児童一人につき三十八万円 (当該扶養親族等が同法に規定する老 人控除対象配偶者又は老人扶養親族であるときは当該老人控除対象配偶者又は老人 扶養親族一人につき四十八万円、当該扶養親族等が特定扶養親族等(同法に規定する 控除対象扶養親族のうち二十三歳未満の者をいう。以下このイにおいて同じ。)であ るときは当該特定扶養親族等一人につき五十三万円)を加算した額以上である者 ロ 配偶者又は民法(明治二十九法律八十九八百七十七条一項に定める扶
さらに見せる

12 さらに読み込む

Show all 10000 documents...