東京大学大学院法学政治学研究科 教授

Top PDF 東京大学大学院法学政治学研究科 教授:

株式会社の不正使用防止のための 公証人の活用に関する研究会参加有識者 ( 座長 ) 早稲田大学大学院法務研究科教授岩原紳作 東京大学大学院法学政治学研究科教授加藤貴仁 一橋大学法学研究科教授角田美穂子 司法書士 ( 京都司法書士会 ) 内藤卓 弁護士 ( 第一東京弁護士会 ) 辺見紀男

株式会社の不正使用防止のための 公証人の活用に関する研究会参加有識者 ( 座長 ) 早稲田大学大学院法務研究科教授岩原紳作 東京大学大学院法学政治学研究科教授加藤貴仁 一橋大学法学研究科教授角田美穂子 司法書士 ( 京都司法書士会 ) 内藤卓 弁護士 ( 第一東京弁護士会 ) 辺見紀男

4 一方,法人の実質的支配者を把握することは,極めて困難な課題であるとも 認識されており,効果的な方策の在り方を各国が模索しているところでもある。 この点,FATFでは,法人の実質的支配者を効果的に把握し,その情報に当 局がアクセスするための方策について研究が進められているところ,公証人が 会社の設立手続に関与する法制において,実質的支配者把握のために公証人が 果たし得る役割に注目が集まっている。例えば,スペインは,会社設立時等に 公証人が実質的支配者の情報を把握するとともにその情報をデータベース化し て,当局等がアクセスできるようにするという取組を行っていることについて, FATF第4次対西相互審査で,実質的支配者の項目において高い評価を受け ている。
さらに見せる

12 さらに読み込む

保険商品 サービスの提供等の在り方に関するワーキング グループ メンバー名簿 平成 25 年 6 月 7 日現在 座 長 洲崎博史 京都大学大学院法学研究科教授 メンバー 阿部泰久 日本経済団体連合会経済基盤本部長 沖野眞巳 東京大学大学院法学政治学研究科教授 加藤広亮 ボストンコンサルティンググル

保険商品 サービスの提供等の在り方に関するワーキング グループ メンバー名簿 平成 25 年 6 月 7 日現在 座 長 洲崎博史 京都大学大学院法学研究科教授 メンバー 阿部泰久 日本経済団体連合会経済基盤本部長 沖野眞巳 東京大学大学院法学政治学研究科教授 加藤広亮 ボストンコンサルティンググル

結果、これまで保険引受が行われていなかったようなリスクをカバーする商品 の開発の促進につながり、社会的に意義があると考えられる。 以上のような点を踏まえ、各社が共同して保険を引き受けるという行為に関 して、法的な問題を含めた実務的な検討 17 が進められていくことが適当である。 2.保険募集・販売ルールのあり方について 2―1 保険募集に係る規制の再編成について [r]

29 さらに読み込む

北岡伸一 教授 役職 : 学長特別補佐専門分野 : 日本政治外交史学位 : 法学博士 ( 東京大学 ) 略歴 :1971 年東京大学法学部卒業 1976 年同大学院法学政治学研究科博士課程修了 ( 法学博士 ) 1976 年立教大学法学部専任講師 1978 年同大学助教授 1985 年同大学教授 1

北岡伸一 教授 役職 : 学長特別補佐専門分野 : 日本政治外交史学位 : 法学博士 ( 東京大学 ) 略歴 :1971 年東京大学法学部卒業 1976 年同大学院法学政治学研究科博士課程修了 ( 法学博士 ) 1976 年立教大学法学部専任講師 1978 年同大学助教授 1985 年同大学教授 1

* 「これからの日本防衛の在り方を考える」『防衛研究』第 49 号(2013 年 9 月)27-38 頁 * “Peace in the Modern Era and the Right of Collective Self-Defense,” Asia-Pacific Review, Vol. 20, No. 2 (February, 2014): 81-95. * “ The Abe Administration: Beyond 100 Days,” Asia-Pacific Review, Vol. 20, No. 1 (May, 2013): 1-12.

5 さらに読み込む

大学院先取り科目 政治学研究科 科目登録 – 早稲田大学 政治経済学部

大学院先取り科目 政治学研究科 科目登録 – 早稲田大学 政治経済学部

なお、政治研究政治経済学部の両方の科目を履修することはできません。 a.政治経済学部の科目を登録し、政治経済学部の卒業単位に算入する → 政治経済学部の通常の科目登録日程・方法にしたがって履修申請 【政治経済学部における単位の取り扱い】

3 さらに読み込む

( 別紙 2) 肺や浮袋が膨らむ仕組みの解明 ~ オートファジーの新たな役割を発見 1. 発表者 : 森下英晃 ( 研究当時 : 東京大学大学院医学系研究科分子細胞生物学専攻分子生物学分野助教 現 : 同客員研究員 順天堂大学大学院医学研究科講師 ) 水島昇 ( 東京大学大学院医学系研究科分子細胞生

( 別紙 2) 肺や浮袋が膨らむ仕組みの解明 ~ オートファジーの新たな役割を発見 1. 発表者 : 森下英晃 ( 研究当時 : 東京大学大学院医学系研究科分子細胞生物学専攻分子生物学分野助教 現 : 同客員研究員 順天堂大学大学院医学研究科講師 ) 水島昇 ( 東京大学大学院医学系研究科分子細胞生

( 2)研究内容 本研究では、 生体内におけるオートファジーの新しい役割を見つけることを目的としました。 オートファジーとは、細胞質の一部をオートファゴソームで囲み、それを分解酵素を含むリソ ソームと融合させることで分解する細胞機能です(図2)。これまでは、飢餓に対する適応や 細胞内品質管理としての役割が注目されてきました。そこで、オートファジーのさらなる役割 を調べるために、遺伝子改変や全発生過程の観察が容易なゼブラフィッシュを用いました。生 体内でオートファジーを抑制するため、オートファジーに必要な 11 種類のオートファジー関 連遺伝子を欠損させた魚を CRISPR/Cas9(クリスパー)法を用いて作製し、表現型を解析し ました。その結果、これらのオートファジー関連遺伝子欠損体はいずれも受精後2週間以内に 致死となり、オートファジーは魚の生存に必須であることがわかりました。さらに、これらの 魚の多くに共通する表現型として、 浮袋の拡張が起こらないことを見出しました (図3A、 B) 。 これらの魚は水中で浮いた状態を維持できませんでした(図3C)。正常な魚の浮袋上皮細胞 では、オートファゴソームが多数形成されており、それらはラメラ体と高頻度に融合していま した。ラメラ体はリソソームと似た細胞小器官であるため、それがオートファゴソームと融合 することは理にかなっています。一方、オートファジー遺伝子を欠損した魚では、ラメラ体の 大きさと数が減少していたことから、ラメラ体の成熟にオートファジーが必要であることが示 唆されました。
さらに見せる

9 さらに読み込む

研究分担者 佐藤公昭 久留米大学医学部整形外科学教室 准教授 筑田博隆 東京大学医学部整形外科 准教授 海渡貴司 大阪大学大学院医学研究科器官制御外科学整形外科 助教 石井賢 国際医療福祉大学三田病院整形外科 主任教授 大島寧 東京大学医学部整形外科 講師 藤原武男 東京医科歯科大学大学院医歯学総合

研究分担者 佐藤公昭 久留米大学医学部整形外科学教室 准教授 筑田博隆 東京大学医学部整形外科 准教授 海渡貴司 大阪大学大学院医学研究科器官制御外科学整形外科 助教 石井賢 国際医療福祉大学三田病院整形外科 主任教授 大島寧 東京大学医学部整形外科 講師 藤原武男 東京医科歯科大学大学院医歯学総合

中嶋 秀明 福井大学医学部医学整形外科 講師 川口 善治 富山大学医学部整形外科 准教授 山﨑 正志 筑波大学医学医療系整形外科 教授 中村 雅也 慶應義塾大学医学部整形外科教室 教授 松本 守雄 慶應義塾大学医学部整形外科教室 教授 竹下 克志 自治医科大学医学部整形外科 教授 今釜 史郎 名古屋大学大学院医学系研究整形外科 講師

7 さらに読み込む

眼科手技を模擬した眼科手術シミュレータの開発 ~ マイクロフックを用いた緑内障手術用眼球モデルの開発に成功 ~ 名古屋大学大学院工学研究科の新井史人教授 小俣誠二特任助教の研究グループは 東京大学大学院医学系研究科の相原一教授の研究グループと東京大学大学院工学系研究科の光石衛教授の研究グループとの共

眼科手技を模擬した眼科手術シミュレータの開発 ~ マイクロフックを用いた緑内障手術用眼球モデルの開発に成功 ~ 名古屋大学大学院工学研究科の新井史人教授 小俣誠二特任助教の研究グループは 東京大学大学院医学系研究科の相原一教授の研究グループと東京大学大学院工学系研究科の光石衛教授の研究グループとの共

さらに、上記の緑内障モデルに対して、マイクロフックを用いた MIGS の模擬を行いました。ここでは、マ イクロフックとしてカフークデュアルブレード (注1 5 ) を用いました。図4に示すように、マイクロフックで線維柱帯 を切開する手術手技のシミュレーションに、世界に先駆けて成功しました。また、開発した緑内障手術用眼 球モデルは、形態 (注 16 ) に基づいた眼球形状を採用しているため、市販の隅角レンズや開瞼器 (注 17 ) 、マ
さらに見せる

6 さらに読み込む

広報誌「創成」 東京大学大学院新領域創成科学研究科

広報誌「創成」 東京大学大学院新領域創成科学研究科

成28年度に外部評価をやりました。いろ んな外の方に意見を伺った際に、多様な 組織を使って、いろんな連携をつくって 研究をして、教育をしている、まさに融 合を先取りしてやってきた部分を評価し てくださったことが1番嬉しかったです。 ただ、プロモーションが足りないということ を強くいわれましたので、次の時代にどう いうキーワード、理念の下に研究を運 営していけばいいかを考えていました。 そこで研究内の十数名の先生方に個 別にインタビューをしました。そこで改め て思ったのは、みなさん融合ということ に対して非常に肯定的に考えておられ、 近い所に多様な先生が集まっていて、し かもその協働がきちんと動いているところ は重要であるというご判断でした。ここが 新領域が今後も守っていくべき道である ことを確信しました。ただ、アピールが足り ないということは外部評価同様に先生方 も感じておられます。その点はもう少し研 究の教員自身が主張していく必要が あるのではないかと思った次第です。 武田:三谷先生がそれを受けて、いかが ですか。
さらに見せる

11 さらに読み込む

諸外国のガイダンス・ガイドライン シンポジウム・セミナー  東京大学大学院医学系研究科 生物統計情報学講座

諸外国のガイダンス・ガイドライン シンポジウム・セミナー 東京大学大学院医学系研究科 生物統計情報学講座

4. 階層構造化された試験目的を伴う臨床試験での多重比較法-ゲートキーピング 法とグラフィカルアプローチ. 杉谷&森川,計量生物 V ol.38 41-78, 2017. 5. D enos umab T rea tment E ffec ts on S truc tural D amag e B one Mineral D ens ity, and B one T urnover in R heumatoid A rthritis A T welve-Month, Multic enter,

11 さらに読み込む

研究分担者佐藤公昭久留米大学医学部整形外科学教室教授 筑田博隆東京大学医学部整形外科准教授 海渡貴司大阪大学大学院医学研究科器官制御外科学整形外科助教 石井賢国際医療福祉大学三田病院整形外科主任教授 大島寧東京大学医学部整形外科講師 藤原武男東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科国際健康推進医学教授

研究分担者佐藤公昭久留米大学医学部整形外科学教室教授 筑田博隆東京大学医学部整形外科准教授 海渡貴司大阪大学大学院医学研究科器官制御外科学整形外科助教 石井賢国際医療福祉大学三田病院整形外科主任教授 大島寧東京大学医学部整形外科講師 藤原武男東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科国際健康推進医学教授

安田 剛敏 富山大学医学部整形外科 講師 関 庄二 富山大学医学部整形外科 助教 國府田正雄 筑波大学医学医療系 整形外科 准教授 安部 哲哉 筑波大学医学医療系 整形外科 講師 長島 克弥 筑波大学大学院人間総合化学研究 クリニカルアシスタント 名越 慈人 慶應義塾大学医学部整形外科 助教 渡辺 航太 慶應義塾大学医学部整形外科 講師 岡田 英次朗 慶應義塾大学医学部整形外科 助教

7 さらに読み込む

心理学ワールド 80号 小特集 人狼知能と人 鳥海 不二夫(東京大学大学院工学系研究科 准教授) | 日本心理学会

心理学ワールド 80号 小特集 人狼知能と人 鳥海 不二夫(東京大学大学院工学系研究科 准教授) | 日本心理学会

 「人間の信頼を得る」「人間を楽 しませる」知能を実現するために は,将棋や囲碁のように「強けれ ば良い」というゲームとは違う, 新たな人間との接し方を考慮した 知能が必要となる。ゲームにおけ る人間vs人工知能は,単に強い だけの人工知能を作るという目標 から,人間とともにゲームをする という新たなステージに入って いったと考えて良いだろう。  このような知能を実現するため には,人間の心理を理解すること が大切である。もし,心理ワー ルドをお読みの方で,この原稿を 「信頼」し協力関係を結んでも良 いと考えた方がいれば,是非人狼 知能プロジェクトにご参加いただ き,新しい人工知能vs人間の形 を探っていっていただければと思 う。
さらに見せる

2 さらに読み込む

多重性調整方法に関する最近の話題 シンポジウム・セミナー  東京大学大学院医学系研究科 生物統計情報学講座

多重性調整方法に関する最近の話題 シンポジウム・セミナー 東京大学大学院医学系研究科 生物統計情報学講座

• Therefore, the multiplicity adjustment of the different comparisons between groups in order to control the study-wise type I error may not be required in a Phase II trial.. • A valu[r]

12 さらに読み込む

講師 東京大学大学院工学系研究科特任准教授 松尾豊氏 プロフィールご紹介主な経歴 : 2002 年東京大学大学院工学系研究科電子情報工学博士課程修了 博士 ( 工学 ) 2002 年独立行政法人産業技術総合研究所研究員 2005 年スタンフォード大学 CSLI( 言語情報研究センター ) 客員研究者

講師 東京大学大学院工学系研究科特任准教授 松尾豊氏 プロフィールご紹介主な経歴 : 2002 年東京大学大学院工学系研究科電子情報工学博士課程修了 博士 ( 工学 ) 2002 年独立行政法人産業技術総合研究所研究員 2005 年スタンフォード大学 CSLI( 言語情報研究センター ) 客員研究者

福島邦彦先生が 1980 年ぐらいに提唱していたことと、いまのディープラーニングの仕組 みはほぼ一緒ですが、いまは計算機のパワーがどんどん上がってきて、ようやく認識精度 が人間を超えるところまで来たということです。 人工知能の研究は、「人間の知能はコンピュータで実現できる」という仮説からスタート しています。人間の脳は電気回路で、その働きは情報処理だとしたら、すべての情報処理 はコンピュータで実現できるということをアラン・チューリングという人が万能チューリ ングマシンという概念で言いました。ところが、人間の脳がやっていることが 60 年経って もできなかったのは、認識の計算量が非常に高かったからです。いまそれが乗り越えられ つつあるので、元の仮説に戻ったほうがいいという時代に差し掛かっています。
さらに見せる

18 さらに読み込む

卵が時間の余裕をつくり精子の変身を助ける 哺乳類の受精卵特有のしくみを解明 1. 発表者 : 添田翔 ( 沖縄科学技術大学院大学ポストドクトラルスカラー / 東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻特任研究員 : 研究当時 ) 大杉美穂 ( 東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻教授 ) 2. 発

卵が時間の余裕をつくり精子の変身を助ける 哺乳類の受精卵特有のしくみを解明 1. 発表者 : 添田翔 ( 沖縄科学技術大学院大学ポストドクトラルスカラー / 東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻特任研究員 : 研究当時 ) 大杉美穂 ( 東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻教授 ) 2. 発

研究により、哺乳類は精子の核を受精卵の雄性前核へと変換するために長い時間を必要と し、卵にはその時間を保証するしくみが備わっていることが示されました。受精は普遍的な生 命現象ですが、哺乳類は特有のしくみをもつことがわかり、ヒトや畜産動物の不妊の原因解明 につながることが期待されます。

7 さらに読み込む

小児の難治性てんかん症候群 ウエスト症候群 / レット症候群の原因遺伝子 CDKL5 の欠損が大脳の興奮性を異常亢進するメカニズムの一端を解明 1. 発表者 : 田中輝幸 ( 東京大学大学院医学系研究科国際保健学専攻発達医科学分野准教授 ) 奥田耕助 ( 東京大学大学院医学系研究科国際保健学専攻発達

小児の難治性てんかん症候群 ウエスト症候群 / レット症候群の原因遺伝子 CDKL5 の欠損が大脳の興奮性を異常亢進するメカニズムの一端を解明 1. 発表者 : 田中輝幸 ( 東京大学大学院医学系研究科国際保健学専攻発達医科学分野准教授 ) 奥田耕助 ( 東京大学大学院医学系研究科国際保健学専攻発達

CDKL5遺伝子の変異は、ウエスト症候群/レット症候群という小児の難治性てんかん症候群 を引き起こしますが、これまでその発症機序は全く分かっていませんでした。 東京大学大学院医学系研究発達医科学分野の田中輝幸准教授、奥田耕助博士らは、 CDKL5を欠損させたCdkl5ノックアウト(KO)マウスを作製し、東京大学医科研究所神経ネッ トワーク分野の小林静香助教、真鍋俊也教授、北里大学医学部解剖教室の深谷昌弘講師、阪 上洋行教授らとの共同研究によって、このマウスでは大脳の興奮性シナプスにおいて興奮性神 経伝達物質を受け取る受容体の一型 (GluN2BタイプNMDA型)(注4)が過剰集積すること で、ニューロンの興奮性が亢進し、痙攣感受性が異常亢進することを明らかにしました。更に 過剰集積する受容体蛋白に対する阻害薬がCdkl5 KOマウスのニューロンの興奮性と痙攣感受 性の亢進を効果的に抑制することを示しました。
さらに見せる

6 さらに読み込む

脳神経回路の形成 動作原理の解明と制御技術の創出 平成 23 年度採択研究代表者 H24 年度実績報告 宮下保司 東京大学大学院医学系研究科 教授 サル大脳認知記憶神経回路の電気生理学的研究 1. 研究実施体制 (1) 宮下グループ 1 研究代表者 : 宮下保司 ( 東京大学大学院医学系研究科 教授

脳神経回路の形成 動作原理の解明と制御技術の創出 平成 23 年度採択研究代表者 H24 年度実績報告 宮下保司 東京大学大学院医学系研究科 教授 サル大脳認知記憶神経回路の電気生理学的研究 1. 研究実施体制 (1) 宮下グループ 1 研究代表者 : 宮下保司 ( 東京大学大学院医学系研究科 教授

本年度は、全体研究計画書に記載した研究計画(「研究の内容」)にしたがって、研究全体の 基礎固めを行うと共に、最初の主要成果を得ることのできた年であった。研究全体のマネジメントに 関わる部分としては、高額備品の購入の他、研究員の雇用を積極的に進めた。研究の基礎固めと いう点でも大きな進捗があったと評価している。

5 さらに読み込む

東京大学大学院工学系研究科工学教育推進機構の活動紹介

東京大学大学院工学系研究科工学教育推進機構の活動紹介

• 国際コミュニケーション力 国際コミュニケーション力 : 日本では英語教育、欧米では本来の表 現力(プレゼンテーション力、ライティング力)の養成と留学生向け。 「国際力の養成」を強調しているセンタもある。 (プリンストン大) 機構では、大学院から始めて学部、さらに教養を含めた体系的な視 野で進めている。

16 さらに読み込む

大学院におけるFD(授業改善) : 和歌山大学大学院経済学研究科の法学系科目を中心として

大学院におけるFD(授業改善) : 和歌山大学大学院経済学研究科の法学系科目を中心として

 その結果,学部ゼミ生の中に法教育に関する卒論や民法教育の改善に関する卒論を執筆する 者が多数出てきている。テレビや映画,マンガといった身近なメディアを題材として法律を 習することは,従来の条文や判例の解釈 ・ 説明を中心とした古典的な講義よりも,はるかに馴 染みやすいということが明確であり,学期末に実施している学生による授業アンケートでも評 価してくれていることがわかる。これこそがマルチメディアによる法学教育の改善である。  さらに,平成 21 年より導入された裁判員制度は,一般国民の司法参加を促すものであり, 導入決定の少し前から,法学教育に関する国民全体の意識が高まってきているように思われる。 そして,裁判の傍聴をしようという人も少しずつではあるが増えてきているようにも感じられ る。実際,どこの地方裁判所でも,最初の裁判員裁判の際には傍聴を希望する人が多かったた めに,抽選で傍聴人が決定された。ちなみに和歌山地方裁判所における最初の裁判員裁判の傍 聴希望者は競争率が 10 倍を超え,コンピュータによる抽選が実施された。20 歳以上であれば, 特別な事情がある場合を除き,誰でも裁判員になる可能性があり,マスコミでも大々的に取り 上げられ,法学部や法学研究以外の大学生や大学院生でも裁判員には興味を持っているはず である。
さらに見せる

39 さらに読み込む

法学研究科・法学部教授会議事予定

法学研究科・法学部教授会議事予定

(5)平成27年度夏学期法学部科目の成績訂正について (資料43) 学部教育専門委員及び大学院教育専門委員から、平成27年度夏学期法学部科目の成績訂正 について説明があり、了承された。 (6)平成28年度レアプラン(学部・大学院)について (資料44) 学部教育専門委員から、平成28年度レアプラン(学部・大学院)の決定方法等について説明 があり、了承された。

5 さらに読み込む

東京大学松尾研究室について 松尾豊 1997 年 東京大学工学部電子情報工学科卒業 2002 年 同大学院博士課程修了. 博士 ( 工学 ) 産業技術総合研究所研究員 2005 年 スタンフォード大学客員研究員 2007 年 ~ 東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻准教授 2014 年 東京

東京大学松尾研究室について 松尾豊 1997 年 東京大学工学部電子情報工学科卒業 2002 年 同大学院博士課程修了. 博士 ( 工学 ) 産業技術総合研究所研究員 2005 年 スタンフォード大学客員研究員 2007 年 ~ 東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻准教授 2014 年 東京

– DLの技術とハードウェアのすりあわせになった瞬間、日本企業が再度、力を取り戻せる。 • 欧米のスタートアップ(とDL研究者)は、意外なほどハードウェアに対する抵抗感がある – そもそも、産業用ロボットの導入台数は日本が(ほぼ)トップ – また、ロボットに対する社会的抵抗感もある。

35 さらに読み込む

Show all 10000 documents...