条第一項から第

Top PDF 条第一項から第:

1 家庭裁判所調査官とは 法的根拠 裁判所法 61 条の 2 第 2 項 家庭裁判所調査官は 各家庭裁判所においては 第三十一条の三第一項第一号の審判及び調停 ( 家事審判及び家事調停 ) 同項第二号の裁判 ( 人事訴訟事件 ) ( 人事訴訟法第三十二条第一項の附帯処分についての裁判及び同条第三項の

1 家庭裁判所調査官とは 法的根拠 裁判所法 61 条の 2 第 2 項 家庭裁判所調査官は 各家庭裁判所においては 第三十一条の三第一項第一号の審判及び調停 ( 家事審判及び家事調停 ) 同項第二号の裁判 ( 人事訴訟事件 ) ( 人事訴訟法第三十二条第一項の附帯処分についての裁判及び同条第三項の

号の裁判 (※人事訴訟事件) (人事訴訟法三十二の附帯処 分についての裁判及び同の親権者の指定についての裁 判(以下このにおいて「附帯処分等の裁判」という。)に限る。)並 びに 三十の三三号の審判 (※少年保護事件) に必要な

20 さらに読み込む

五有価証券 ( 証券取引法第二条第一項に規定する有価証券又は同条第二項の規定により有価証券とみなされる権利をいう ) を取得させる行為 ( 代理又は媒介に該当するもの並びに同条第十七項に規定する有価証券先物取引 ( 第十号において 有価証券先物取引 という ) 及び同条第二十一項に規定する有価証券先

五有価証券 ( 証券取引法第二条第一項に規定する有価証券又は同条第二項の規定により有価証券とみなされる権利をいう ) を取得させる行為 ( 代理又は媒介に該当するもの並びに同条第十七項に規定する有価証券先物取引 ( 第十号において 有価証券先物取引 という ) 及び同条第二十一項に規定する有価証券先

五 有価証券(証券取引法に規定する有価証券又は同の規定により有価証券とみなされる権利をいう。)を取得さ せる行為(代理又は媒介に該当するもの並びに同十七に規定する有価証券先物取引(十号において「有価証券先物取引」とい う。)及び同二十に規定する有価証券先渡取引(号において「有価証券先渡取引」という。)に該当するものを除く。) 六 次に掲げるものを取得させる行為(代理又は媒介に該当するものを除く。)
さらに見せる

6 さらに読み込む

食品衛生法第十九条第一項の規定に基づく表示の基準に関する内閣府令

食品衛生法第十九条第一項の規定に基づく表示の基準に関する内閣府令

十六 号ロに掲げる食品及び同十二号に掲げる加工食品であって、容器 包装の面積が狭いため同に掲げる事項を明瞭に記載できないものとして内閣総理大臣が 定める食品については、同の規定にかかわらず、その表示を省略することができる。 十七 の規定にかかわらず、同に掲げる事項(同号及び三号に掲げる事 を除く。)の表示は、別表六の上欄に掲げる食品につきそれぞれ同表の下欄に掲げる場合に該 当するものにあっては、送り状への記載をもって、容器包装への記載に代えることができる。この 場合において、当該食品を識別できる記号を容器包装を開かないでも容易に見ることができるよう に当該容器包装の見やすい場所に記載するとともに、同号及び三号に掲げる事項、 当該記号並びに購入者の氏名及び住所(法人にあっては、その名称及び主たる事務所の所在地)を 当該送り状に記載しなければならない。
さらに見せる

17 さらに読み込む

3) 危険物の規制に関する規則 ( 避雷設備 ) 第十三条の二の二令第九条第一項第十九号 ( 令第十九条第一項において準用する場合を含む ) 令第十条第一項第十四号 ( 同条第二項及び第三項においてその例による場合を含む ) 及び令第十一条第一項第十四号の総務省令で定める避雷設備は 日本工業規格 A

3) 危険物の規制に関する規則 ( 避雷設備 ) 第十三条の二の二令第九条第一項第十九号 ( 令第十九条第一項において準用する場合を含む ) 令第十条第一項第十四号 ( 同条第二項及び第三項においてその例による場合を含む ) 及び令第十一条第一項第十四号の総務省令で定める避雷設備は 日本工業規格 A

3) 危険物の規制に関する規則 (避雷設備) 十三の二の二 令十九号(令十九において準用する場合を含む。)、令十四号(同及びにおいてその例による場合を含む。)及び令十四号の総務省令で定める避雷設 備は、日本工業規格A四二〇「建築物等の雷保護」に適合するものとする。
さらに見せる

6 さらに読み込む

3 これを受けて, 文化財保護法に関する事務については, 以下に掲げる義務について, 上記 2の取扱いをすることとする 一文化財保護法第 28 条第 5 項, 第 29 条第 4 項 ( 第 79 条第 2 項で準用する場合を含む ) 又は第 59 条第 6 項 ( 第 90 条第 3 項で準用する

3 これを受けて, 文化財保護法に関する事務については, 以下に掲げる義務について, 上記 2の取扱いをすることとする 一文化財保護法第 28 条第 5 項, 第 29 条第 4 項 ( 第 79 条第 2 項で準用する場合を含む ) 又は第 59 条第 6 項 ( 第 90 条第 3 項で準用する

百三十三 前条の規定により登録された記念物(以下「登録記念物」という。)については、 五十九からまで、六十四六十八百十及び並びに百十三から百二十までの規定を準用する。この場合において、五十九 中「二十七の規定により重要文化財に指定したとき」とあるのは「百九 の規定により史跡名勝天然記念物に指定したとき(百十に規定する仮指定 を都道府県の教育委員会(当該記念物が指定都市の区域内に存する場合にあつては、当該 指定都市の教育委員会)が行つたときを含む。)」と、同中「所有者に通知する」とある のは「所有者及び権原に基づく占有者に通知する。ただし、通知すべき相手方が著しく多数で 個別に通知し難い事情がある場合には、文部科学大臣は、当該通知に代えて、その通知すべ き事項を当該登録記念物の所在地の市町村の事務所又はこれに準ずる施設の掲示場に掲示 することができる。この場合においては、その掲示を始めた日から二週間を経過した時に当該 通知が相手方に到達したものとみなす」と、同中「抹消には、前条の規定を準 用する」とあるのは「抹消は、前項の規定による官報の告示があつた日からその効力を生ず る。ただし、当該登録記念物の所有者又は権原に基づく占有者に対しては、前項の規定による 通知が到達した時又は同の規定によりその通知が到達したものとみなされる時からその効 力を生ずる」と、百十三中「不適当であると明らかに認められる場合には」とあるの は「不適当であることが明らかである旨の関係地方公共団体の申出があつた場合には、関係 地方公共団体の意見を聴いて」と、百十八及び百二十中「三十三十 」とあるのは「三十」と、「準用する」とあるのは「準用する。この場合におい て、三十中「並びにこれに基いて発する文部科学省令及び文化庁長官の指示に 従い」とあるのは「及びこれに基づく文部科学省令に従い」と読み替えるものとする」と、百十 八中「三十五及び四十七の規定を、管理団体が指定され、又はその指定が解除さ れた場合には、五十六」とあるのは「四十七」と、百二十中「三 十五及び四十七の規定を、所有者が変更した場合の権利義務の承継には、五十六 」とあるのは「四十七」と読み替えるものとする。
さらに見せる

21 さらに読み込む

- 1 - 国土交通省令第五十一号道路運送車両法(昭和二十六年法律第百八十五号)第四十八条第一項 第五十四条第四項(同法第七十一条の二第二項において準用する場合を含む ) 第九十一条の三及び第九十四条の十 道路運送法(昭和二十六年法律第百八十三号)第二十七条第三項(同法第四十三条第五項において準用す

- 1 - 国土交通省令第五十一号道路運送車両法(昭和二十六年法律第百八十五号)第四十八条第一項 第五十四条第四項(同法第七十一条の二第二項において準用する場合を含む ) 第九十一条の三及び第九十四条の十 道路運送法(昭和二十六年法律第百八十三号)第二十七条第三項(同法第四十三条第五項において準用す

2.整備主任者の研修について 道路運送車両法施行規則の改正により、自動車分解整備事業者が、自らが選任 した整備主任者に対して受講させなければならない研修について、従前、運輸監 理部長又は運輸支局長から研修を行う旨の通知を受けたときに受講することとさ れていたところ、当該通知を廃止し、各運輸支局等が定めるところにより、1年 に1度受講させることとなりましたので、管轄の運輸支局等からの案内(HPに おける案内等)をご確認下さい。
さらに見せる

19 さらに読み込む

PRESS RELEASE (2016/11/29) 九州大学広報室 福岡市西区元岡 744 TEL: FAX: URL:

児童福祉施設最低基準の一部を改正する省令及び家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準の一部を改正する省令(厚生労働省令第六十三号) 次に掲げる省令の規定中「又は看護師」を「、看護師又は准看護師」に改める。 一児童福祉施設最低基準の一部を改正する省令(平成十年厚生省令第五十一号)附則第二項 二家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準(平成二十六年厚生労働省令第六十一号)第二 十九条第三項、第三十一条第三項、第四十四条第三項及び第四十七条第三項 附則 この省令は、平成二十七年四月一日から施行する。

(保育所の職員配置に係る特例) 九十四 保育の需要に応ずるに足りる保育所、認定こども園(子ども・子育て支援法(平成二十四年法律六十五号)二十七の確認を受けたものに 限る。)又は家庭的保育事業等が不足していることに鑑み、当分の間、三十三ただし書の規定を適用しないことができる。この場合におい て、同本文の規定により必要な保育士が人となる時は、当該保育士に加えて、都道府県知事(指定都市にあつては当該指定都市の市長とし、中核 市にあつては中核市の市長とする。)が保育士と同等の知識及び経験を有すると認める者を置かなければならない。
さらに見せる

5 さらに読み込む

日本年金機構法 ( 平成十九年法律第百九号 ) 改正平成二八年一二月二六日同第一一四号 目次第一章総則 ( 第一条 第八条 ) 第二章役員及び理事会並びに職員 ( 第九条 第二十二条 ) 第三章服務 ( 第二十三条 第二十六条 ) 第四章業務第一節業務の範囲等 ( 第二十七条 第三十二条 ) 第二節

日本年金機構法 ( 平成十九年法律第百九号 ) 改正平成二八年一二月二六日同第一一四号 目次第一章総則 ( 第一条 第八条 ) 第二章役員及び理事会並びに職員 ( 第九条 第二十二条 ) 第三章服務 ( 第二十三条 第二十六条 ) 第四章業務第一節業務の範囲等 ( 第二十七条 第三十二条 ) 第二節

(施行期日) この法律は、平成三十年四月から施行する。ただし、次の各号に掲げる規定は、それぞれ 当該各号に定める日から施行する。 の規定、中健康保険法九十及び九十五六号の改正規定、同法百 五十三の改正規定、同法附則の四の改正規定、同法附則の改正規定、同法附 則の二の改正規定、同法附則の三の改正規定並びに同の次に四を加える改正規 定、中船員保険法七十の改正規定及び同法八十五三号の改正規定、 の規定並びに十二中社会保険診療報酬支払基金法十五の改正規定並びに次 並びに附則からまで、十五十八二十六五十九六十 二及び六十七から六十九までの規定 公布の日
さらに見せる

18 さらに読み込む

目 次 はじめに 1 1. 見積条件の提示 2 ( 建設業法第 20 条第 3 項 ) 2. 書面による契約締結 2-1 当初契約 5 ( 建設業法第 18 条 第 19 条第 1 項 第 19 条の 3) 2-2 追加工事等に伴う追加 変更契約 10 ( 建設業法第 19 条第 2 項 第 19

目 次 はじめに 1 1. 見積条件の提示 2 ( 建設業法第 20 条第 3 項 ) 2. 書面による契約締結 2-1 当初契約 5 ( 建設業法第 18 条 第 19 条第 1 項 第 19 条の 3) 2-2 追加工事等に伴う追加 変更契約 10 ( 建設業法第 19 条第 2 項 第 19

(法24の5 の金額) の2 法24の5の政令で定める金額は、4千万円とする。 (指示及び営業の停止) 28 国土交通大臣又は都道府県知事は、その許可を受けた建設業者が 次の各号のいずれかに該当する場合又はこの法律の規定(19の3、 19の4及び24の3から24の5までを除き、公共工事の入札 及び契約の適正化の促進に関する法律 (平成12年法律 127 号。以下「入 札契約適正化法」という。)15の規定により読み替えて適用さ れる24の7及びを含む。において同じ。) 、 入札契約適正化法15若しくはの規定若しくは特定住宅瑕 疵担保責任の履行の確保等に関する法律(平成十九年法律 66 号。以下こ のにおいて「履行確保法」という。)若しくは若しくはの規定に違反した場 合においては、当該建設業者に対して、必要な指示をすることができる。特 定建設業者が41又はの規定による勧告に従わない場合に おいて必要があると認めるときも、同様とする。
さらに見せる

83 さらに読み込む

昭和六年法律第四十二号無尽業法目次第一章総則 ( 第一条 第九条 ) 第二章業務 ( 第十条 第十三条ノ二 ) 第三章経理等 ( 第十四条 第二十条 ) 第四章合併 会社分割又ハ事業ノ譲渡若ハ譲受 ( 第二十一条 第二十一条ノ五 ) 第五章業務及財産ノ管理ノ委託 ( 第二十一条ノ六 第二十一条ノ十二

昭和六年法律第四十二号無尽業法目次第一章総則 ( 第一条 第九条 ) 第二章業務 ( 第十条 第十三条ノ二 ) 第三章経理等 ( 第十四条 第二十条 ) 第四章合併 会社分割又ハ事業ノ譲渡若ハ譲受 ( 第二十一条 第二十一条ノ五 ) 第五章業務及財産ノ管理ノ委託 ( 第二十一条ノ六 第二十一条ノ十二

2 前項の場合において、同に規定する規定中「加入銀行」とあるのは「加入無尽会社」と、「手続実施基本契約」とあるのは「無尽業 法三十五の二八号に規定する手続実施基本契約」と、「苦情処理手続」とあるのは「無尽業法三十五の二に規定 する苦情処理手続」と、「紛争解決手続」とあるのは「無尽業法三十五の二に規定する紛争解決手続」と、「銀行業務関連苦 情」とあるのは「無尽業法三十五の二に規定する無尽業務関連苦情」と、「銀行業務関連紛争」とあるのは「無尽業法三十 五条の二に規定する無尽業務関連紛争」と、銀行法五十二の六十三中「前条」とあるのは「無尽業法三十五 の二」と、同号中「前条三号」とあるのは「無尽業法三十五の二三号」と、同六号中「前 」とあるのは「無尽業法三十五の二」と、同法五十二の六十五中「この法律」とあるのは「無尽業法」 と、同中「銀行を」とあるのは「無尽会社を」と、同法五十二の六十六中「他の法律」とあるのは「無尽業法以外の法律」 と、同法五十二の六十七中「前項号」とあるのは「無尽業法三十五の二の二号」と、同中「二 号」とあるのは「無尽業法三十五の二の二二号」と、「銀行」とあるのは「無尽会社」と、同中「三号」とある のは「無尽業法三十五の二の二三号」と、同中「四号」とあるのは「無尽業法三十五の二の二四号」と、 同号中「同五号」とあるのは「同五号」と、同法五十二の七十四中「五十二の六十二」とあるのは 「無尽業法三十五の二」と、同法五十二の七十九号中「銀行」とあるのは「無尽会社」と、同法五十二の八十二 号中「五十二の六十二五号から七号までに掲げる要件(」とあるのは「無尽業法三十五の二五号 から七号までに掲げる要件(」と、「又は五十二の六十二五号」とあるのは「又は同法三十五の二五号」と、 同法五十二の八十三中「他の法律」とあるのは「無尽業法以外の法律」と、同法五十二の八十四中「、五十二 の六十二」とあるのは「、無尽業法三十五の二」と、同号中「五十二の六十二二号」とあるのは 「無尽業法三十五の二二号」と、同二号中「五十二の六十二」とあるのは「無尽業法三十五の二
さらに見せる

12 さらに読み込む

(4) 敷地面積とは 建築基準法第 6 条の申請に使用する建築物の敷地面積とする ただし 建築基準法第 86 条第 1 項から第 4 項又は第 86 条の2 第 8 項の認定を受けた一団地又は一定の一団の土地の区域内の建築物については 当該一団地又は区域を当該建築物の敷地面積とする (5) 緑化面積

(4) 敷地面積とは 建築基準法第 6 条の申請に使用する建築物の敷地面積とする ただし 建築基準法第 86 条第 1 項から第 4 項又は第 86 条の2 第 8 項の認定を受けた一団地又は一定の一団の土地の区域内の建築物については 当該一団地又は区域を当該建築物の敷地面積とする (5) 緑化面積

出した水平投影面と一致する部分を除く。 )の水平投影 面積 (5) 水流、池その他これらに類するもの 敷地内の土 地又はその土地に存する建築物その他の工作物のうち 水流、池その他これらに類するものの存する部分(その 水平投影面が2号から前号までの規定によりその水 平投影面積を算出した水平投影面と一致する部分を除 き、樹木、植栽等と一体となって自然的環境を形成して いるものに限る。)の水平投影面積

12 さらに読み込む

様式第1号(第2条第1項関係)

様式第1号(第2条第1項関係)

ただし、この機会に退職給付会計を新たに導入しようとする法人における会計基準変更 時差異については、他の会計基準と同様に、適用初年度から 15 年以内の一定の年数にわ たり定額法により費用処理すべきです。この処理は、会計基準変更時に一括して経常外費 用の過年度損益修正額として計上することも含まれます。なお、既に退職給付会計の導入 が行われている NPO 法人においては、従前の費用処理方法により引き続き行います。 ウ 過年度分の収支計算書の修正
さらに見せる

36 さらに読み込む

第一条

第一条

で き る が 、 本 連 盟 主 催 の 大 会 に は 参 加 す る こ と が で き な い 。 ③ 各 地 区 学 生 弓 道 連 盟 は 新 た に 準 加 盟 校 が 加 盟 し た 場 合 、 直 ち に 本 連 盟 に 報 告 す る 義 務 を 負 う 。 二 節 正 加 盟 ① 準 加 盟 校 は 、 各 地 区 学 生 弓 道 連 盟 を 通 じ て 、 正 加 盟 申 請 を し 、 中 央 委 員 会 の 承 認 を 受 け た る と き に は 、 本 連 盟 正 加 盟 校 と な る こ と が で き る 。 ② 正 加 盟 申 請 件 は 以 下 の 通 り で あ る 。 、 学 校 の 認 め る 唯 の 団 体 で あ る こ と 。 但 し 、 学 校 に 唯 の 団 体 で な く て も 距 離 が 遠 く 離 れ て い る な ど 共 に 活 動 す る 事 が 困 難 な 場 合 、 中 央 委 員 会 の 承 認 に 基 づ き 正 加 盟 と な る こ と が で き る 。 、 準 加 盟 以 来 、 最 低 度 は 各 地 区 学 生 弓 道 連 盟 に お け る 大 会 に 参 加 し て お り 、 そ の 活 動 状 況 か ら 判 断 し て 当 地 区 の 連 盟 委 員 長 が 本 連 盟 の 正 加 盟 校 た り え る と 認 め て い る こ と 。 、 登 録 部 員 数 は 、 男 子 五 名 以 上 な い し 女 子 三 名 以 上 で あ る こ と 。 ③ 前 件 を 満 た し て 正 加 盟 申 請 が 承 認 さ れ た 場 合 、 さ ら に 年 後 の 中 央 委 員 会 に お い て も 当 該 加 盟 校 が 正 加 盟 校 と し て 適 当 か を 審 議 す る 。 適 当 で な い と 判 断 し た 場 合 は 之 を 準 加 盟 と す る こ と が で き る 。 ④ ま た 加 盟 校 の 統 廃 合 に よ り 前 々 件 を 満 た さ ぬ 場 合 、 中 央 委 員 会 に お い て 正 加 盟 校 と し て 適 当 か を 審 議 す る 。 ⑤ 準 加 盟 校 に な ら ん と す る 正 加 盟 校 は 、 各 地 区 学 生 弓 道
さらに見せる

18 さらに読み込む

別記様式第一号 ( 第一条関係 ) 免許申請書 ( 第一面 ) 宅地建物取引業法第 4 条第 1 項の規定により 同法第 3 条第 1 項の免許を申請します この申請書及び添付書類の記載事項は 事実に相違ありません 地方整備局長北海道開発局長北海道知事 年月日 殿 申請者商号又は名称郵便番号 ( )

別記様式第一号 ( 第一条関係 ) 免許申請書 ( 第一面 ) 宅地建物取引業法第 4 条第 1 項の規定により 同法第 3 条第 1 項の免許を申請します この申請書及び添付書類の記載事項は 事実に相違ありません 地方整備局長北海道開発局長北海道知事 年月日 殿 申請者商号又は名称郵便番号 ( )

濁点及び半濁点は1文字として扱うこと。また、「氏名」の欄も姓と名の間に1文字空けて左詰め で記入すること。 3 二面関係 ① 氏名又は名称の「フリガナ」の欄は、カタカナで左詰めで記入し、濁点及び半濁点は1文字と して扱うこと。また、「氏名又は名称」の欄も左詰めで記入すること。なお、株主又は出資者が 個人である場合には、姓と名の間に1文字分空けて記入すること。 ② 「生年月日」の欄は、株主又は出資者が個人の場合にのみ記入すること。その場合に最初の□ には下表より該当する元号のコードを記入するとともに、□に数字を記入するに当たつては、空 位の□に「0」を記入すること。
さらに見せる

25 さらに読み込む

様式第一号別記 ( 第一条関係 ) 免許申請書 ( 第一面 ) 宅地建物取引業法第 4 条第 1 項の規定により 同法第 3 条第 1 項の免許を申請します この申請書及び添付書類の記載事項は 事実に相違ありません 地方整備局長北海道開発局長長崎県知事 殿 ( 第一面 ) 右上に事務所のある場所の用

様式第一号別記 ( 第一条関係 ) 免許申請書 ( 第一面 ) 宅地建物取引業法第 4 条第 1 項の規定により 同法第 3 条第 1 項の免許を申請します この申請書及び添付書類の記載事項は 事実に相違ありません 地方整備局長北海道開発局長長崎県知事 殿 ( 第一面 ) 右上に事務所のある場所の用

③事務所内部(全体が見渡せるように撮影すること) ④宅地建物取引業者票及び報酬額表を掲示している場所(新規申請者は不要) 掲示内容が鮮明に見えるように撮影すること(遠目からは無理な場合、アップの写真のみでも可) ・事務所内の概要や事務所の独立性が確認できるもの。 (一部がアッ

19 さらに読み込む

動物愛護管理法第12条第1項第1号から第6号までに該当しないことを示す書類2部 第一種動物取扱業の登録手続き | いわき市役所

動物愛護管理法第12条第1項第1号から第6号までに該当しないことを示す書類2部 第一種動物取扱業の登録手続き | いわき市役所

6 動物の販売を業として営もうとする場合にあつては、絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存 に関する法律(平成4年法律 75 号) 57 の2(同法 12 (希少野生動植物種の個体 等である動物の個体の譲渡し又は引渡しに係る部分に限る。)に係る部分に限る。以下同じ。)、 58 1号(同法 18 (希少野生動植物種の個体等である動物の個体に係る部分に限る。) に係る部分に限る。以下同じ。)若しくは2号(同法 17 (希少野生動植物種の個体等であ る動物の個体に係る部分に限る。)に係る部分に限る。以下同じ。)、 63 5号(同法 21 (国際希少野生動植物種の個体等である動物の個体に係る部分に限る。)又は (国際希少野生動植物種の個体等である動物の個体の譲渡し又は引渡しに係る部分に限る。)に 係る部分に限る。以下同じ。)若しくは 65 (同法 57 の2、 58 1号若しくは 2号又は 63 5号に係る部分に限る。)の規定、鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法 律(平成 14 年法律 88 号) 84 5号(同法 20 (譲渡し又は引渡しに係る部 分に限る。)、 23 (加工品又は卵に係る部分を除く。)、 26 (譲渡し等のうち譲 渡し又は引渡しに係る部分に限る。)又は 27 (譲渡し又は引渡しに係る部分に限る。)に係 る部分に限る。以下同じ。)、 86 1号(同法 24 に係る部分に限る。以下同じ。) 若しくは 88 (同法 84 5号又は 86 1号に係る部分に限る。)の規定又は特 定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(平成 16 年法律 78 号) 32 1号 (特定外来生物である動物に係る部分に限る。以下同じ。)若しくは5号(特定外来生物であ る動物に係る部分に限る。以下同じ。)、 33 1号(同法(特定外来生物である動物 の譲渡し又は引渡しに係る部分に限る。)に係る部分に限る。以下同じ。)若しくは 36 (同 法 32 1号若しくは5号又は 33 1号に係る部分に限る。)の規定により罰金以上の 刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなつた日から2年を経過しない者 備 考
さらに見せる

1 さらに読み込む

町田市における建築基準法第86条第1項、同条第2項及び第86条の2第1項の規定に基づく認定基準

町田市における建築基準法第86条第1項、同条第2項及び第86条の2第1項の規定に基づく認定基準

町田市における建築基準法86、同及び86の2 の規定に基づく認定基準 1 趣旨 この基準は、建築基準法(昭和25年法律201号。以下「法」という。) 86の規定による団地建築物設計制度及び同の規定による連 担建築物設計制度の運用に当たり、法並びにこれに基づく命令、条例及び通達の趣 旨を踏まえ、良好な市街地環境の確保に寄与し、適切な土地の有効利用に資する建 築計画に対して本制度の積極的な活用を図るため、この制度の取扱いに当たっての 基準を定めるものである。
さらに見せる

12 さらに読み込む

4 広告可能な事項の具体的な内容 (1) 法第 6 条の 5 第 3 項第 1 号関係 (2) 法第 6 条の 5 第 3 項第 2 号関係 (3) 法第 6 条の 5 第 3 項第 3 号関係 (4) 法第 6 条の

4 広告可能な事項の具体的な内容 (1) 法第 6 条の 5 第 3 項第 1 号関係 (2) 法第 6 条の 5 第 3 項第 2 号関係 (3) 法第 6 条の 5 第 3 項第 3 号関係 (4) 法第 6 条の

健康増進法においては、「何人も、食品として販売に供する物に関して広告その他の表示をするとき は、健康の保持増進の効果その他内閣府令で定める事項(次において「健康保持増進効果等」 という。)について、著しく事実に相違する表示をし、又は著しく人を誤認させるような表示をしては ならない。」(健康増進法 31 )と規定されている。これらの広告に関する規定は、重畳的に 適用され得るものであるので、法の5の規定に違反し、又は違反が疑われる広告等が同時に、関 係法令に違反していることが疑われる場合については、違反が疑われる法令の主管課室がそれぞれ連携 しながら指導・処分等を行うなど、所要の取組を効果的に行われたい。その際、違反事例に対して、 部の法令のみによる処分とするか、それぞれの法令で処分するかは、事例に応じて考えるべきであるが、 他法令に違反するとの理由や他法令に基づく処分を受けるとの理由で、法の広告違反が免責されること はない。他法令にも抵触する広告である場合にも、法又は本指針による必要な指導等を適切に実施され たい。
さらに見せる

40 さらに読み込む

[ 一 般 条 項 ]

[ 一 般 条 項 ]

41 契約者および当社は、本サービス遂行のため相手方より提供を受けた営業上その他業務上の情報に含 まれる個人情報(個人情報の保護に関する法律に定める「個人情報」をいいます。具体的には、契約 者に関する情報であって、企業名、契約者氏名、従業員氏名、住所、電話番号、e-mailアドレ ス、その他属性情報、その他利用に関する情報、およびサービス利用履歴その他サービス利用に関す る情報をいいます。以下同じとします。 )を本サービス遂行目的の範囲内でのみ使用し、三者に開 示又は漏洩しないものとするとともに、 個人情報に関して個人情報の保護に関することを含め関連法 令を遵守するものとします。
さらに見せる

18 さらに読み込む

Show all 10000 documents...