本調査(データ活用の取り組み)

Top PDF 本調査(データ活用の取り組み):

パーソナルデータの利活用における日立のプライバシー保護の取り組み

パーソナルデータの利活用における日立のプライバシー保護の取り組み

株式会社 日立製作所情報・通信システム事業関連部門(以降日立)では、このような パーソナルデータ価値を引き出すためには、個人プライバシーに十分に配慮すること が不可欠であるという認識に立ち、個人やお客さま安全・安心に寄与するべくプライバ シー保護に積極的かつ先行的に取り組み、多数業務に対応してきました。さらに、日立 は、これら経験に基づくノウハウをビジネスにおいて活用・展開していくとともに、安 心・安全なデータ活用に関する社会的なコンセンサス醸成ために広く情報発信を行 い、意見を頂きながら改善していくことが必要と考えています。
さらに見せる

21 さらに読み込む

足立区空き家利活用モデル事業調査委託報告書(平成29年3月) 足立区/足立区の空き家の取り組みについて

足立区空き家利活用モデル事業調査委託報告書(平成29年3月) 足立区/足立区の空き家の取り組みについて

調査概要: 空き家等建物状況を把握し、建物状況から利活用可能性を判定した。 ②調査区域: 日ノ出町、千住旭町、柳原一丁目、柳原二丁目、千住東二丁目各地内(以下、 「モ デル地区」という。 ) ③調査対象: 284 棟(委託者より提示された空き家と思われる建物(276 棟)及び 調査途中で 発見した空き家と思われる建物等 (8 棟)(以下、「空き家等」という)。)

11 さらに読み込む

目次 Ⅰ 総論... 1 はじめに 都道府県官民データ活用推進計画とは 都道府県官民データ活用推進計画の目的 都道府県官民データ活用推進計画の効果 都道府県官民データ活用推進計画作成における基本的考え方 都道府県官民デー

目次 Ⅰ 総論... 1 はじめに 都道府県官民データ活用推進計画とは 都道府県官民データ活用推進計画の目的 都道府県官民データ活用推進計画の効果 都道府県官民データ活用推進計画作成における基本的考え方 都道府県官民デー

9 6. 都道府県官民データ活用推進計画構成 都道府県においては、新たに都道府県官民データ活用推進計画を策定する場合 や、既存情報化推進計画等をベースに計画を策定する場合に限らず、基本法で 規定する都道府県官民データ活用推進計画等に関する事項等を整理する場合には、 以下枠囲みで示す【都道府県官民データ活用推進計画構成】要素を具備し た内容とするよう工夫してください。その際、特に「手続における情報通信技 術利用等に係る取組」 、 「官民データ容易な利用等に係る取組」 、「個人番号カ ード普及及び活用に係る取組」 、「利用機会等格差是正に係る取組」及び 「情報システムに係る規格整備及び互換性確保等に係る取組」を基本的な方 針として適宜掲載してください。
さらに見せる

52 さらに読み込む

法人IDとデータの活用について

法人IDとデータの活用について

…企業活動がグローバル化する経済環境にあっては、法人番号制 度そのものもグローバルに対応していることが望ましい。米国では、 財務省金融調査局(Office of Financial Research(OFR)) が、金融 取引主体(金融機関など)を識別するため法人識別番号(Legal  Entity Identifier(LEI))導入を検討しているが、LEI をグローバル な仕組みとするためにEU など国際的な規制監督機関と間で LEI採用に関する議論を行っている。この背景には、取引情報 グローバルな共有・集約を進めることにより、金融システム全体 リスク管理につなげたいという狙いがある。
さらに見せる

26 さらに読み込む

GISを活用した京都府における駅勢圏内の事業所の立地と変化に関する研究 -事業所・企業統計調査小地域集計データの活用

GISを活用した京都府における駅勢圏内の事業所の立地と変化に関する研究 -事業所・企業統計調査小地域集計データの活用

前述ような官庁統計デジタル化に合わせて,事業所・企業統計調査は,さまざまな形で集 計表が公表されるようになった。空間単位としては,全国,都道府県,市区町村,町丁・大字,調 査区,地域メッシュ (3次,4次メッシュ) で提供されるが,それぞれ空間単位で表章項目が異なる。 また,事業所・企業統計調査で用いられる産業分類は,事業所多様化に対応して,調査年次に よって変更され,経年的な比較を難しくする。事業所・企業統計調査産業分類は,基本的に,調 査時における日本標準産業分類に基づいて分類される。複数産業にまたがる可能性ある事業所 は,原則として,過去1年間販売額または収入額多いものとなる。したがって,同じ事業所で あっても,産業分類変更や販売額・収入額変化から,該当する産業分類が調査年次によって異 なる場合もみられる。
さらに見せる

18 さらに読み込む

環境への取り組み意識 実態調査

環境への取り組み意識 実態調査

住宅・不動産情報ポータルサイト「HOME’S」調査報告 「温暖化対策は絶対に国が取り組むべき」と考える人が約8割も ~環境へ取り組み意識 実態調査~ 住宅・不動産情報ポータルサイト「HOME’S」を運営する株式会社ネクスト(本社:東京都中央区、代表取締役 社長:井上高志、東証マザーズ:2120 )は、私たち日々暮らしにおいても環境へ配慮することが求めら れているなか、今年夏を中心に環境へ取り組みや環境問題へ意識などに関する調査を実施いたしま した。 このたび、その調査結果をまとめましたので、ご報告いたします。
さらに見せる

8 さらに読み込む

JAIST Repository: HRテクノロジーの経営への活用 : サービス業における従業員満足度調査結果のビッグデータ分析

JAIST Repository: HRテクノロジーの経営への活用 : サービス業における従業員満足度調査結果のビッグデータ分析

また、研究を通して、従業員満足度調査結果ビッグデータ分析結果が以下ような点で経営に活 用できることが期待される。  各企業・各部署組織的課題が、定量的に優先順位がついて抽出され、課題解決打ち手ヒント が得られる。

5 さらに読み込む

きのくにデジタルコンテンツ活用コンソーシアムの取り組みの評価

きのくにデジタルコンテンツ活用コンソーシアムの取り組みの評価

 教育委員会と連携、協働に関しても形としては実 現したが、実質的な協働が実現したとは言いがたい。 実践研究に携わるメンバー位置づけが教育委員会 と大学では異なるからである。縦組織教育委員会で は、指導主事には権限はほとんどなく、協働するため 条件整備に関しては無力であると言っても過言では ない。一方、フラットな組織大学では、教員であれ ばある程度個人裁量で協働するために必要な時間、 予算、 活動内容を調整することが可能である。さらに、 学校と教育委員会と関係が絡むと、大学と教育 委員会、学校がフラットな関係をつくり、協働するこ とがいかに難しいかは、明白である。
さらに見せる

6 さらに読み込む

メニーコア時代に向けた、 MBSE導入・活用促進の取り組み

メニーコア時代に向けた、 MBSE導入・活用促進の取り組み

本日お伝えする「取り組みあらまし  Motivation  新世代医療機器はじめ様々なシステムを、高品質(Q)・低コスト(C)・短納期(D) で開発するにあたり、多様なデバイスへ実装を効率よく実施、かつ法規制等に も的確に対応する手段として、MBSE/MBD有効活用および社内へ普及展開 を図りたい

32 さらに読み込む

データ流通社会へ向けた政府の取り組み

データ流通社会へ向けた政府の取り組み

2. マイナンバー制度等を活用し、多く手続で添付が求められている 登記事項証明書(商業法人)や戸籍謄抄本など添付を不 要とするためなど所要法令改正作業 に関係閣僚が直ちに着手。 3.社会保障・税手続における 提出書類デジタル化・民から官へデータ連携 (3) デジタル改革基盤整備

27 さらに読み込む

海事分野におけるビッグデータ活用の最新動向

海事分野におけるビッグデータ活用の最新動向

グデータ普及に伴うサイバーセキュリティ問題についても、高いプライオリティをお いて検討が進められていることも、この分野関心が比較的薄い日本としては十分留意す べき点である(9.参照)。 海事分野におけるビッグデータ活用は、研究開発段階を超えてビジネスとして展開され る段階に入ったが、これはこれから引き起こされる大きな一連動き始まりに過ぎない。 ビジネス領域で活発な取り組みを通じて、海事分野においてもビッグデータ活用実績 やノウハウが蓄積され、それらは船舶検査や船舶設計・建造、金融・保険といった隣接領 域に速やかにフィードバックされ、統合されていくことになる。いずれは、企業・機関や 業界において、相互に関連するいくつかデータ流通・処理システムを形作っていくこ とになるだろう。
さらに見せる

80 さらに読み込む

目次 1. 本調査の目的と実施方法 背景と目的 調査の実施方法 国内の ICT 活用教育における著作物等の利用実態について 諸外国の ICT 活用教育に関する権利制限規程及び運用実態等について 実施

目次 1. 本調査の目的と実施方法 背景と目的 調査の実施方法 国内の ICT 活用教育における著作物等の利用実態について 諸外国の ICT 活用教育に関する権利制限規程及び運用実態等について 実施

まず、主体については、政府機関又は認定された非営利教育機関組織的な媒介的教育活動 通常行為として提供される授業において不可欠な一部として、教師によって、教師指示に 従って、又は教師監督下(by, at the direction of, or under the actual supervision of an instructor)で行われることが要求されている。1976 年法でも、政府機関又は非営利教育機関 組織的な教育活動通常行為一部として行われることを要件と定めており、前述した主体 に関する要件は大きく変更はされていない。なお、 「媒介的教育活動」 (mediated instructional activities)は、「教師による又は教師指導下で管理され教室で生で行われる実演又は展示 形式に相当する教室体験不可欠な一部であるような著作物を使用する活動をいう」と条文に定 義されている。したがって、教師が不在ビデオ学習などについては、規定が適用できず、著 作権処理が必要となる。
さらに見せる

152 さらに読み込む

JAIST Repository: オープンデータに関する諸外国の取り組み状況とわが国の課題

JAIST Repository: オープンデータに関する諸外国の取り組み状況とわが国の課題

一方、 「電子行政オープンデータ戦略」 ( 2012(平成 24)年 7 月 4 日 高度情報通信ネットワーク社会推 進戦略本部決定)では、公共データ活用を促進する意義・目的を「透明性・信頼性向上」 、 「国民参 加・官民協働推進」 、 「経済活性化・行政効率化」 3 つとしている。 (政府)オープンデータ目的と特徴を図 2-1 に示す。従来から行政情報化、電子政府として 取組に萌芽を見ることが出来るが、国民参加・官民共同推進、経済活性化が加わるなど、目的が拡 大していることがわかる。
さらに見せる

5 さらに読み込む

視距改良設計へのMMSデータの活用

視距改良設計へのMMSデータの活用

PMS 評価単位も 100m を基本とする場合が多い 8) . 研究で開発する舗装マネジメントシステムでは, 舗装基本評価単位を 100m に設定する.ただし,交 差点や橋梁,トンネル等構造物が存在する地点で区 間を再分割し,その場合区間延長は 100m より短く なる.このように,舗装マネジメントシステムで取り 扱う道路ネットワーク全体を,過去調査データ評 価単位等を参照して,あらかじめ評価区間を固定する. 固定した評価区間に従ってネットワークデータを作成 し,GIS データ(Shape 形式)に格納する.今後新た な調査が実施される際には,ここで設定した舗装区間 に従って現地踏査を行い,その調査結果を GIS データ へ格納する.また,補修履歴データも同様に GIS デー タにリンクしてその情報を格納する.このようにして 舗装データベースを構築することで,舗装区間個々 正確な時系列データを管理することが可能となる.
さらに見せる

10 さらに読み込む

生活満足度の時系列変化や地域間格差に対する政策の影響度 意識調査データを活用した政策分析

生活満足度の時系列変化や地域間格差に対する政策の影響度 意識調査データを活用した政策分析

(4)まとめ 以上結論から、実際政策によって政策項目 満足度が変化するとするならば、生活満足度時 系列差、地域差に対して、政策は一定程度影響を 与えていると推測でき、生活満足度向上や地域 差は、政策によって操作可能であると考えること ができる。冒頭でも指摘したとおり、これまで行 政では、政策によって生活満足度が変化すること を前提に政策を立案、展開してきたが、その関係 性についてはほとんど明らかにされてこなかっ た。本稿分析により、生活満足度時系列差や 地域差に対する政策影響度を定量的に把握でき たことは、今後、政策立案過程や政策評価過程に おいて意識調査情報を活用する可能性を拡大させ
さらに見せる

14 さらに読み込む

オープンデータのコモンユース -増大するデータの共有と活用の可能性と課題-

オープンデータのコモンユース -増大するデータの共有と活用の可能性と課題-

 東 (2011) は, 『一般意志 2.0』 において, 集合知を「曖昧な経験則ではなく,堅実な実 証に支えられた実用的な認識に変わりつつあ る 9 」と評価している。 「一般意志は政府 意思ではない。個人意思総和でもない。 単なる理念でもない。一般意志は数学的存在 である」と述べ,ルソー社会契約論再認 識に立ち戻りながら, 「総和」よりも「差異 和」に着目している。アーレントは,公共 空間を差異出会い場としてとらえてユ ニークに独立したひとりずつ「間」に ある事柄へ関心と言及した。その「間」に ある事柄をどのようにして見るかを考えた とき,今日データ増殖とその蓄積,評価, 可視化といった様々な試みと関係を期待せ ずには居られない。これまで行われてきた代 議制や,世論調査,公開意見交換など場 では限界が見えていた部分にオープンデータ 可能性を見いだしたい。
さらに見せる

8 さらに読み込む

衛星リモートセンシングデータ活用の現状及び展望(株式会社NTTデータ経営研究所)

衛星リモートセンシングデータ活用の現状及び展望(株式会社NTTデータ経営研究所)

【大気汚染モニタリング】 Atmosphere ・・・ Meteo france, INERIS (仏) フランス研究機関が中心となり、EU地球観測プログラム(Copernicus)を活用したヨー ロッパ全域で公害(大気情報)データをユーザへ提供している。 取組み概要 衛星データ活用(例:PM10観測画像)

19 さらに読み込む

本資料 データの使 掲載について 本リリースは次頁の設問項目の中から抜粋し作成しています 調査結果のデータは速報値です 本調査の結果をとりまとめた詳細レポートは 2018 年 11 に 三菱 UFJ リサーチ & コンサルティングから提供予定ですが 詳細レポートではデータが修正される場合がありますの

本資料 データの使 掲載について 本リリースは次頁の設問項目の中から抜粋し作成しています 調査結果のデータは速報値です 本調査の結果をとりまとめた詳細レポートは 2018 年 11 に 三菱 UFJ リサーチ & コンサルティングから提供予定ですが 詳細レポートではデータが修正される場合がありますの

図表10.動画配信利用状況と利用意向(n=2,000)[有料/無料別に単数回答] 図表11.よく視聴している動画配信スポーツ種別(n=127)[複数回答] ◆ e スポーツ認知度は 25.6%。男性 40 代以下で高い e スポーツを「知っている」は 25.6%。男性 15-29 歳、30 代、40 代認知度が特に高い。e スポーツをオリンピック種目 に取り入れることについて「賛成」は 15.1%、「反対」が 25.9%であった。「反対」とする理由では「スポーツにあてはまらないか ら」が 80.1%と多く、「無理にスポーツにあてはめず、独自に発展させたらよい」も 39.1%と少なくない。【図表 12、13 参照】
さらに見せる

11 さらに読み込む

ロレアルのデジタル・トランスフォーメーション戦略に関する探索的なアプローチ : 外部企業との協働によるデータ活用の取り組みを中心に

ロレアルのデジタル・トランスフォーメーション戦略に関する探索的なアプローチ : 外部企業との協働によるデータ活用の取り組みを中心に

Ⅱ.先行研究レビュー Gil Appel, Lauren Grewal, Rhonda Hadi & Andrew T. Stephen( )研究 によると、ソーシャルメディア発達は時と場所を問わず人々関わりを自由に し、またマーケターが様々な方法で消費者にリーチすることを可能とし、個人と 企業関係に多方面で多大な影響を与えていることを指摘している。彼ら研究 では、最近マーケティング関連トピックやイッシュを考察しながらソーシャル メディア今後方向性を提示している。学術研究、ビジネスリーダーとディ スカッション、人気が高く発言力がある知識人と談話などから把握できるいく つか重要なトピックを抽出し、消費者、企業、公共政策者という つレンズ を通じて、ソーシャルメディア今後について有意義な形作りを試みている。
さらに見せる

49 さらに読み込む

船舶データ収集プラットフォーム SIMS とデータ活用の船舶データ収集プラットフォーム SIMS とデータ活用の取り組み * 取り組み * ** ** ** ** 柴田隼吾, 三村雄一 ** 柴田隼吾三村雄一, 安安藤藤英幸英幸 ** 1. はじめに 2. 船舶データ収集プラットフォーム 近年, 製

船舶データ収集プラットフォーム SIMS とデータ活用の船舶データ収集プラットフォーム SIMS とデータ活用の取り組み * 取り組み * ** ** ** ** 柴田隼吾, 三村雄一 ** 柴田隼吾三村雄一, 安安藤藤英幸英幸 ** 1. はじめに 2. 船舶データ収集プラットフォーム 近年, 製

こうした船舶データ活用した取り組みは業界内に おいても今後ますます広がりを見せていくと考えられ る.そして,これをさらに推進させるには,各プレー ヤーが連携して,データとそれぞれ知見を共有して 取り組む必要がある.折しも, 2018 年にはシップデー タセンターを中心とする IoS-OP を推進するため業 界コンソーシアムが立ち上がり,さらに日本提案 2 つ標準規格である ISO19847とISO19848が規格化 されるなど,各プレーヤーがより連携するため業界 共通プラットフォームが着実に整備されてきている. このような国際規格や共通プラットフォームを協調 領域としてお互いに連携し活用していくことで,デー タから価値ある情報を生み出し,船舶安全運航,効 率運航のみならず,人材教育や新たなサービス創生 が海事産業において進んでいくことが期待される.
さらに見せる

5 さらに読み込む

Show all 10000 documents...