¾ 本投資法人の所有は2フロアであるものの、本

Top PDF ¾ 本投資法人の所有は2フロアであるものの、本:

(4) 取得資金 手元資金 (5) 決済方法 引渡時に全額支払 (6) 担保設定 無 2. 取得の理由本投資法人は 本投資法人の掲げる内部成長戦略の一つとして魅力投資を行うこととしています 今般 本投資法人は本投資法人の運用資産である 星のや竹富島 における魅力投資を目的として 本館近隣に所在する本

(4) 取得資金 手元資金 (5) 決済方法 引渡時に全額支払 (6) 担保設定 無 2. 取得の理由本投資法人は 本投資法人の掲げる内部成長戦略の一つとして魅力投資を行うこととしています 今般 本投資法人は本投資法人の運用資産である 星のや竹富島 における魅力投資を目的として 本館近隣に所在する本

(注1)「投資比率」、取得(予定)価格合計に占める各物件取得(予定)価格 比率をいい、小数第2位を四捨五入して記載し ています。 (注2)各物件不動産鑑定評価 額について、日本ヴァリュアーズ株式会社、JLL 森井鑑定株式会社又は株式会社立地評価研究所に委 託しており、保有資産(「星や竹富島」、 「ザ・ビー赤坂 」、 「ザ・ビー三軒茶屋」、 「ザ・ビー名古屋」、 「 ザ・ビー神戸」及び「ク インテッサホテル大阪心斎橋 」(以下、これらを総称して「第6回公募増資取得資産」といいます。) を除きます。)について 2017 年 10 月 31 日を価格時点とする各不動産鑑定評価書又は調査報告書(以下「不動産鑑定評価書等」といいます。)に記載さ れた不動産鑑定評価額又は調査価格(以下「不動産鑑定評価額等」といいます。)を、「星や竹富島」について、 2017 年8 月1 日を価格時点とする本館に係る不動産鑑定評価書に記載不動産鑑定評価額及び 2018 年2月 1日を価格時点とする別邸に 係る不動産鑑定評価書に記載不動産鑑定評価額合計額を 、 「 ホテル・アンドルームス大阪本町 」について、2018 年2月1 日を価格時点とする不動産鑑定評価書に記載不動産鑑定評価額を 、第6回公募増資取得資産(「星や竹富島」を除きます。) について、 2017 年8 月1日を価格時点とする不動産鑑定評価書 に記載不動産鑑定評価額をそれぞれ記載しています。 (注3)「鑑定評価機関」、上表において略称により記載しています。各鑑定評価機関略称、以下とおりです。
さらに見せる

13 さらに読み込む

2. 取得の詳細 (1) 取得の理由本投資法人の規約に定める資産運用の基本方針及び投資態度に基づき 本投資法人のポートフォリオのさらなる拡充を目的として取得予定資産を取得します 当該取得決定に際しては 特に以下の 1 から 3 の点を評価しました なお 取得予定資産はオフィスビル ホテル等用途が複数

2. 取得の詳細 (1) 取得の理由本投資法人の規約に定める資産運用の基本方針及び投資態度に基づき 本投資法人のポートフォリオのさらなる拡充を目的として取得予定資産を取得します 当該取得決定に際しては 特に以下の 1 から 3 の点を評価しました なお 取得予定資産はオフィスビル ホテル等用途が複数

Ⅰ.オフィス棟 オフィス棟東北地方初めて建てられた高さ 100m を超える超高層ビルあり、地上 31 階 建、アンテナ部を含めるとその高さ 172m と、仙台も有数高層ビルです。3 階から 27 階 がオフィスフロアあり、1 フロア面積が約 430 坪と、仙台エリア希少性を有する広さ あり、またオフィススペース内無柱あることから、レイアウト自由度・利用効率良 好あると考えられます。地下に 300 台以上収容可能な駐車場を有しており、仙台市に拠点を 置くオフィステナント多く東北全域を対象とする自動車による営業活動を行う企業が多 いことから、自動車利用テナントニーズが取り込める点も他物件に対する差別化要因となっ ています。加えて、30 階に仙台市南部が見渡せる展望台も有しています。
さらに見せる

11 さらに読み込む

HAKUSAN HOUSE ( 以下 白山ハウス といいます ) です 本投資法人は 白山ハウスを所有する特定目的会社への出資者に投資助言を行っている GSASA LTD との間で 2018 年 1 月に白山ハウスに係る優先交渉契約を締結しました ( 詳細は 2018 年 1 月 12 日付で公表の

HAKUSAN HOUSE ( 以下 白山ハウス といいます ) です 本投資法人は 白山ハウスを所有する特定目的会社への出資者に投資助言を行っている GSASA LTD との間で 2018 年 1 月に白山ハウスに係る優先交渉契約を締結しました ( 詳細は 2018 年 1 月 12 日付で公表の

3 成を図る場を提供することができると考えられる、GSA スターアジアが供給する学生専用レジデン ス、潜在的な需要増加を見込むことができることから経済環境変化による影響を受けにく く、収益安定性が期待できると考えています。加えて、テナント特性観点、一定期間毎 に想定される学生入れ替わりに合わせ賃料改定を行うことが可能あり、好況時に賃料増額 を通じた収益成長性へ貢献も期待できます。したがって、投資法人、学生専用レジデン ス収益安定性及び成長性双方を重視したアセットタイプあると位置付けています。
さらに見せる

5 さらに読み込む

ディスクレーマー 免責注意事項 目次 本投資法人の仕組み 2 本投資法人の特徴 3 本投資法人の戦略 4 上場来の運用実績 5 ポートフォリオ サマリー 6 ポートフォリオの概要 7 外部成長戦略 9 積水ハウスの都市再開発における主な実績 10 内部成長戦略 11 賃貸借契約形態について 12 財

ディスクレーマー 免責注意事項 目次 本投資法人の仕組み 2 本投資法人の特徴 3 本投資法人の戦略 4 上場来の運用実績 5 ポートフォリオ サマリー 6 ポートフォリオの概要 7 外部成長戦略 9 積水ハウスの都市再開発における主な実績 10 内部成長戦略 11 賃貸借契約形態について 12 財

投資法人、海外不動産へ投資機会確保による外部成長余地拡大及び当該国・地域における経済成長や人口増加等に伴う不動産から創 出されるキャッシュ・フロー増加による内部成長を追求する投資を行うこと、中長期視点に立った安定的な収益確保と運用資産着実 な成長を目指す戦略を掲げており、海外に所在する商業用不動産へ投資も行っていく方針です。 投資法人海外不動産に関する投資対象地域、積水ハウス開発実績に基づき知見があるシンガポール、オーストラリア及びアメリカを中 心的な投資対象エリアとしています。
さらに見せる

28 さらに読み込む

第一部 証券情報 第 1 内国投資証券( 新投資口予約権証券及び投資法人債券を除く ) 1 募集内国投資証券( 引受人の買取引受けによる国内一般募集 ) (1) 投資法人の名称 インヴィンシブル投資法人 ( 以下 本投資法人 といいます ) ( 英文では Invincible Investment

第一部 証券情報 第 1 内国投資証券( 新投資口予約権証券及び投資法人債券を除く ) 1 募集内国投資証券( 引受人の買取引受けによる国内一般募集 ) (1) 投資法人の名称 インヴィンシブル投資法人 ( 以下 本投資法人 といいます ) ( 英文では Invincible Investment

資産運用会社、海外における不動産等取得並びに管理及び運用経験これまでなく、その結果、 投資法人、日本国内における一般的な取扱いと相違等により、投資法人が保有し、又は将来投資する海 外不動産等を取得し又は管理若しくは運用する上予期せぬ問題に直面し、取得を実行できない、あるいは取 得した海外不動産等管理上問題を抱える可能性があります。また、時差や言語問題により、国内不動産 投資と比較して、海外不動産等に関する情報収集により多く時間や費用を要する可能性があります。海外 ホテルについて、ホテルオペレーターホテル運営会社に委託しますが、同社運営状況監督、資産 保有SPC及び運営受託SPCアセット・マネージャーとなるフォートレス・グループに依存することとなり、 資産運用会社が十分な管理を行うことができないおそれがあり、また、オペレーター運営に問題がある場合 においても海外代替オペレーターと独自リレーションを有しないことから、オペレーター変更が必 要な場合あってもこれを実行できないおそれがあり、また、フォートレス・グループによるサポートが期待 された成果を上げられない可能性があります。特に、海外ホテル匿名組合出資による投資あり、後記 「⑦ その他 (ニ)匿名組合出資持分へ投資に係るリスク」に記載とおり、営業者匿名組合事業につ いてコントロール権を原則として有しないことから、オペレーター運営管理を含む取得予定海外不動産 運営につき十分な運用を行うことができず、その結果投資主又は投資法人債権者に損害を及ぼす可能性があ ります。
さらに見せる

208 さらに読み込む

2. 本取得の理由取得予定資産は本投資法人の規約に定める資産運用の対象資産であり ポートフォリオ収益力の向上及びポートフォリオの分散の進展を通じた ポートフォリオの質の向上 に資する資産であるとの判断から本取得を決定しました なお 取得予定資産の取得予定価格は鑑定評価額以下であり 妥当であると判断し

2. 本取得の理由取得予定資産は本投資法人の規約に定める資産運用の対象資産であり ポートフォリオ収益力の向上及びポートフォリオの分散の進展を通じた ポートフォリオの質の向上 に資する資産であるとの判断から本取得を決定しました なお 取得予定資産の取得予定価格は鑑定評価額以下であり 妥当であると判断し

予定プロパティ・マネジメント会社を記載しています。 g. 「マスターリース会社」欄に、本日現在において、マスターリース業務が委託されている又は委 託予定マスターリース会社を記載しています。 h. 「総賃貸可能面積」欄に、取得予定資産に係る建物うち賃貸が可能な事務所、店舗及び住宅等 床面積合計面積(共有部分等を賃貸している場合に、当該部分に係る面積を含みます。 ) うち投資法人持分に相当する面積を記載しており、駐車場その他用に供する土地賃貸可 能面積を含みません。賃貸可能面積、登記簿上表示なく、賃貸借契約に表示されている 面積又は建物図面等に基づき算出した面積を記載しているため、登記簿上表示されている延床面 積と必ずしも一致しません。なお、同欄、別段記載がない限り平成 28 年 11 月末日時点 情報をもとに記載しています。
さらに見せる

12 さらに読み込む

2. 取得の理由 本投資法人の基本方針に基づき 本物件を取得することにより ポートフォリオの充実を図ります また 本資産運用会社は 本物件について以下の点を評価しています 1 立地特性本物件は 東京メトロ銀座線他 銀座 駅より徒歩 4 分の 外堀通り に面する立地で 高層の店舗付事務所ビルが連たんす

2. 取得の理由 本投資法人の基本方針に基づき 本物件を取得することにより ポートフォリオの充実を図ります また 本資産運用会社は 本物件について以下の点を評価しています 1 立地特性本物件は 東京メトロ銀座線他 銀座 駅より徒歩 4 分の 外堀通り に面する立地で 高層の店舗付事務所ビルが連たんす

(注11) 信託受託者とマスターリース会社賃料保証ないパス・スルー型マスターリース契約が締結さ れているため、 「テナント内容」について、マスターリース会社が転貸しているエンドテナント総 賃貸面積、稼働率、テナント総数、総賃料収入及び敷金・保証金を記載しています。 (注12) 投資法人が取得する準共有持分に相当する数値を記載しています。
さらに見せる

11 さらに読み込む

2. 取得の理由取得予定資産は 2010 年 6 月竣工のつくば物流センター ( 既存棟 ) と 本投資法人のスポンサーである三井不動産株式会社により開発された増築棟 (2018 年 3 月竣工 ) から構成される物流施設であり 本投資法人の規約に定める資産運用の対象及び方針に基づき ポートフォリオ

2. 取得の理由取得予定資産は 2010 年 6 月竣工のつくば物流センター ( 既存棟 ) と 本投資法人のスポンサーである三井不動産株式会社により開発された増築棟 (2018 年 3 月竣工 ) から構成される物流施設であり 本投資法人の規約に定める資産運用の対象及び方針に基づき ポートフォリオ

物件及び信託受益権に関する意思決定、準共有者全員同意 によって決定する事項があるところ、協定に従い全準共有者合意 が得られず、かつ、不動産運営管理が著しく困難になることが判明 した場合、各準共有者準共有者に対して、書面により、自ら 保有する準共有持分に関する買取希望価格を通知して、買い取ること を請求することができる等とされています。なお、かかる買取、既存 棟準共有持分及び増築棟準共有持分を一体としてなされるものと されています。・南側隣接地より、構造物(転落防止柵)一部が増築 棟敷地に越境していますが、かかる越境について、隣接地所有者と越 境取扱いについて合意しています。
さらに見せる

12 さらに読み込む

本投資法人は 投資主価値向上に向け 投資主への還元策 ポートフォリオの構築方針 不動産マーケット動向 個別物件の特性等を総合的に勘案し 本投資法人の運用方針に即して本物件の譲渡を決定しています 本物件は 本日現在 株式会社大塚家具へ一括して賃貸していますが 本資産運用会社では 当該テナントのおかれた

本投資法人は 投資主価値向上に向け 投資主への還元策 ポートフォリオの構築方針 不動産マーケット動向 個別物件の特性等を総合的に勘案し 本投資法人の運用方針に即して本物件の譲渡を決定しています 本物件は 本日現在 株式会社大塚家具へ一括して賃貸していますが 本資産運用会社では 当該テナントのおかれた

譲渡先、投信法上利害関係人等及び資産運用会社「商業リート本部利害関係取引規程」に定 める利害関係者に該当します。譲渡先概要、前記「4.譲渡先概要」に記載とおりです。 ② プロパティ・マネジメント契約一部変更 物件プロパティ・マネジメント業務投資法人受益権準共有持分を保有し続ける間、 資産運用会社が継続して実施する予定です。そのため、投資法人受益権準共有持分(持 分割合49%)譲渡日において、譲渡先、信託受託者及び資産運用会社と、本日現在締結さ れている物件プロパティ・マネジメント契約を一部変更する旨覚書を締結する予定です(なお、 資産運用会社に支払われる賃貸管理業務報酬と工事管理報酬総額に変更ありませんが、受益 権準共有持分(持分割合49%)譲渡後投資法人、かかる報酬うち、投資法人が保有 する受益権準共有持分(持分割合51%)割合に応じた金額のみを負担することになります。)。
さらに見せる

10 さらに読み込む

め 本物件のを決定しました また 本物件はスポンサーであるケネディクス株式会社が本投資法人への売却を前提に先である JRP7 合同会社を通じて開発した物件であり 資産規模の拡大に向け多様な手法を活用する本投資法人の成長戦略に即したものと考えています なお 本物件の決定に際しては 特に以下の点を評価し

め 本物件のを決定しました また 本物件はスポンサーであるケネディクス株式会社が本投資法人への売却を前提に先である JRP7 合同会社を通じて開発した物件であり 資産規模の拡大に向け多様な手法を活用する本投資法人の成長戦略に即したものと考えています なお 本物件の決定に際しては 特に以下の点を評価し

(注1) 「物件タイプ」、 生活密着型商業施設における、NSC(ネイバーフッドショッピングセンター)、SM(スーパーマーケット)、 CSC(コミュニティショッピングセンター)、都市駅前型及び SS(スペシャリティストア) 5 つタイプ分類を記載して います。 (注2) 「取得(予定)価格」、各取得済資産及び取得予定資産に係る各信託受益権売買契約に記載された各信託受益権売買代 金額(取得経費、固定資産税・都市計画税精算額及び消費税等を含まず、百万円未満を切り捨てています。)(ただし、 追加取得した増築部分がある保有資産について、追加取得した増築部分ある建物建築(増築)に係る工事請負契約 及び建築設計・監理等業務委託契約等に記載されている代金額(経費及び税金等を含まず、百万円未満を切り捨てていま す。)を含みます。)を記載しています。
さらに見せる

11 さらに読み込む

2. 取得の理由 本投資法人の基本方針に基づき 本物件を取得することにより ポートフォリオの充実を図ります また 本資産運用会社は 本物件について以下の点を評価しています 1 立地特性 本物件は JR 各線及び京浜急行本線 品川 駅より徒歩 6 分に位置します 品川 駅は在来線に加え東海道新幹線の停

2. 取得の理由 本投資法人の基本方針に基づき 本物件を取得することにより ポートフォリオの充実を図ります また 本資産運用会社は 本物件について以下の点を評価しています 1 立地特性 本物件は JR 各線及び京浜急行本線 品川 駅より徒歩 6 分に位置します 品川 駅は在来線に加え東海道新幹線の停

結ぶリニア中央新幹線開業が予定されており、 「東京」駅に比肩するターミナル性を備える 可能性を有しており、オフィスエリアとしてポテンシャル向上が注目されるエリアです 。 ② 物件特性 物件、2015年1月に竣工した、地下1階付地上32階建て超高層店舗付事務所ビルです。 基準階専有面積約4,900㎡、天井高2.9m、OAフロア 130㎜、災害発生時オフィス機能維持を可 能とするために、免震構造を採用し、ビル非常用発電機及びテナント非常用発電機を備えていま す。また、人感自動消灯(減灯)LED照明、断熱性が高いLow-E複層ガラス採用及び太陽光追 尾型電動ブラインド設置など、省エネ効率に配慮した設備となっており、一般財団法人建築環
さらに見せる

11 さらに読み込む

2. 取得の理由 本投資法人の基本方針に基づき 本物件を取得することにより ポートフォリオの充実を図ります また 本資産運用会社は 本物件について以下の点を評価しています 1 立地特性 本物件は 都営地下鉄三田線 志村坂上 駅より徒歩 12 分に位置し 都営地下鉄三田線と東武東上線の中間エリアで商圏

2. 取得の理由 本投資法人の基本方針に基づき 本物件を取得することにより ポートフォリオの充実を図ります また 本資産運用会社は 本物件について以下の点を評価しています 1 立地特性 本物件は 都営地下鉄三田線 志村坂上 駅より徒歩 12 分に位置し 都営地下鉄三田線と東武東上線の中間エリアで商圏

(注6) SOMPOリスケアマネジメント株式会社地震PML評価報告書によるものです。 (注7) 信託受託者とマスターリース会社賃料保証ないパス・スルー型マスターリース契約が締結さ れているため、 「テナント内容」について、マスターリース会社が転貸しているエンドテナント総 賃貸面積、稼働率、テナント総数、総賃料収入及び敷金・保証金を記載しています。また、商業施設 棟及び有料老人ホーム棟合計数値を記載しています。
さらに見せる

12 さらに読み込む

2. 取得の理由本投資法人は 長期的かつ安定的なキャッシュ フローの確保が可能であると見込まれる施設に重点的に投資します 本投資法人は 星野リゾートグループ ( 株式会社星野リゾート並びにその親会社及びその子会社を総称していいます 以下同じです ) の基幹ブランドである 星のや 星野リゾート界 及び

2. 取得の理由本投資法人は 長期的かつ安定的なキャッシュ フローの確保が可能であると見込まれる施設に重点的に投資します 本投資法人は 星野リゾートグループ ( 株式会社星野リゾート並びにその親会社及びその子会社を総称していいます 以下同じです ) の基幹ブランドである 星のや 星野リゾート界 及び

いて記載しています。 ・土地「地番」、登記簿上建物所在地(複数ある場合にそのうち一所在地)を記載して います。 ・土地「建ぺい率」、原則として、建築基準法(昭和 25 年法律第 201 号。その後改正を含 みます。 ) (以下「建築基準法」といいます。)第 53 条に定める、建築物建築面積敷地面積に 対する割合あって、用途地域等に応じて都市計画定められる建ぺい率上限値(指定建ぺい 率)(複数ある場合にそのいずれも)を記載しています。指定建ぺい率、防火地域内耐火 建築物あることその他理由により緩和若しくは割増され、又は減少することがあり、実際に 適用される建ぺい率と異なる場合があります。
さらに見せる

13 さらに読み込む

2. 譲渡の理由 (1) 浜松プラザの再生 本投資法人は 平成 22 年 5 月に策定 公表した 新たなステージにおける成長戦略 の一環として 平成 24 年 3 月に 浜松プラザの一部を本投資法人のメインスポンサーである積水ハウスに譲渡し 住居物件を中心としたポートフォリオの安定性向上を図るととも

2. 譲渡の理由 (1) 浜松プラザの再生 本投資法人は 平成 22 年 5 月に策定 公表した 新たなステージにおける成長戦略 の一環として 平成 24 年 3 月に 浜松プラザの一部を本投資法人のメインスポンサーである積水ハウスに譲渡し 住居物件を中心としたポートフォリオの安定性向上を図るととも

その中投資法人が資産運用を委託する積水ハウス・SI アセットマネジメント株式会社(以下 「資産運用会社」といいます。)、積水ハウスと、浜松プラザ競争力維持・向上を目的とし た協議を進めてきましたが、浜松プラザを取り巻く商業施設として競合環境と、投資法人にて浜松 プラザイースト・イトーヨーカ堂棟部分に係る不動産信託受益権を継続保有した場合に顕在化する恐れ があるリスクを考慮した結果、浜松プラザイーストを現状まま運用しながら浜松プラザ再生に取 り組んいくこと投資法人運用状況に多大な影響を与える可能性が高いと判断するに至りまし た。
さらに見せる

9 さらに読み込む

2. 譲渡の理由本投資法人は 成長戦略の一環として 資産の入替えによるポートフォリオの質の向上を図っています 本譲渡については 本投資法人のポートフォリオにおける譲渡予定資産の位置付け ( ホテルタイプ エリア等 ) 中長期の競争力 アップサイド及び安定性の見込み等を総合的に勘案した結果 決定したも

2. 譲渡の理由本投資法人は 成長戦略の一環として 資産の入替えによるポートフォリオの質の向上を図っています 本譲渡については 本投資法人のポートフォリオにおける譲渡予定資産の位置付け ( ホテルタイプ エリア等 ) 中長期の競争力 アップサイド及び安定性の見込み等を総合的に勘案した結果 決定したも

また、譲渡により 1,937 百万円不動産等売却益が見込まれます。このうち、保有期間が 10 年超となるR&Bホテル東日本橋に関わる不動産等売却益 うち 1,235 百万円について「圧縮 特別勘定積立金」として内部留保し(下記注参照) 、残額を分配金に充当する予定です。 (注) 「特定資産譲渡に伴い特別勘定を設けた場合課税特例」 (租税特別措置法第 65 条8)制 度を適用し、 「投資法人計算に関する規則」に定める買換特例圧縮積立金に該当しない圧縮特別勘定積立金 として内部留保することを予定しています。
さらに見せる

9 さらに読み込む

( 注 1) 分類 は 本投資法人が投資対象とする資産のブランドの別に従い 星のや リゾナーレ 界 及び その他 の 4 つの分類のいずれかを記載しています ( 注 2) 物件番号 は 本投資法人が投資対象とする資産のブランドの別に従い 星のや リゾナーレ 界 及び その他 の 4 つに分類し 分類

( 注 1) 分類 は 本投資法人が投資対象とする資産のブランドの別に従い 星のや リゾナーレ 界 及び その他 の 4 つの分類のいずれかを記載しています ( 注 2) 物件番号 は 本投資法人が投資対象とする資産のブランドの別に従い 星のや リゾナーレ 界 及び その他 の 4 つに分類し 分類

(注1) 「投資比率」、取得(予定)価格合計に占める各物件取得(予定)価格割合を示しており、小数第2位を四捨五入し て記載しています。 (注2) 各物件不動産鑑定評価について、日本ヴァリュアーズ株式会社、森井総合鑑定株式会社又は株式会社立地評価研究所に委 託しており、保有資産について平成26年10月31日を価格時点とする各不動産鑑定評価書に記載された評価額を、取得予定資 産うち「カンデオホテルズ 半田」 、 「カンデオホテルズ 茅野」 、 「カンデオホテルズ 福山」 、 「カンデオホテルズ 佐野」及び 「カンデオホテルズ 亀山」について平成26年12月15日を価格時点とする各不動産鑑定評価書に記載された評価額を、 「コン フォートホテル 函館」 、 「コンフォートホテル 苫小牧」及び「コンフォートホテル 呉」について平成27年2月28日を価格時 点とする各不動産鑑定評価書に記載された評価額を、それぞれ記載しています。
さらに見せる

41 さらに読み込む

投資法人執行役員ご挨拶 さらなる発展に向けた成長基盤の確立 投資主の皆様には 平素よりいちごホテルリート投資法人に格別のご高配を賜り 厚く御礼申し上げます 本投資法人の特徴 安定性と成長性を 1 追求するホテル特化型リート 商号の いちご は 千利休が説いた茶人の心構えである 一期一会 に由来し 一

投資法人執行役員ご挨拶 さらなる発展に向けた成長基盤の確立 投資主の皆様には 平素よりいちごホテルリート投資法人に格別のご高配を賜り 厚く御礼申し上げます 本投資法人の特徴 安定性と成長性を 1 追求するホテル特化型リート 商号の いちご は 千利休が説いた茶人の心構えである 一期一会 に由来し 一

 第 3 期にあたる平成 28 年 8 月 17 日に、新規 10 物件(取得総額 27,258 百万円)取得を完了しており、着実に外 部成長を進めています。 (注 1 ) 「ホテル用不動産等」と、( i )主たる用途が旅館業法に定める旅館業を経営するため宿泊施設及びその付帯施設・設備用に供される不動産等、( ii )家具等 備置その他一定環境整備等がなされた上賃貸される住居若しくは提供される宿泊施設及び賃借人若しくは利用者に対してフロントサービス等一定サービ スを提供することある住居若しくは宿泊施設並びにこれら付帯施設・設備用に供される不動産等、又は、( iii )複数不動産等が社会経済上観点において 一体的に利用され得る場合において、そのいずれかが( i )及び( ii )に掲げる用に供されるものあるときに、投資法人が、関連する( i )及び( ii )に掲げる 不動産等取得又は保有を条件として、取得する当該複数不動産等をいいます。以下同じです。
さらに見せる

36 さらに読み込む

本資料は 情報提供を目的としたものであり 投資の勧誘や特定売買の推奨を目的としたものではありません 本投 資法人の投資口のご購入にあたっては 各証券会社にお問い合わせいただきますとともに 投資家ご自身のご判断 でなされますようにお願いいたします 本資料で提供している情報は 金融商品取引法 投資信託及

本資料は 情報提供を目的としたものであり 投資の勧誘や特定売買の推奨を目的としたものではありません 本投 資法人の投資口のご購入にあたっては 各証券会社にお問い合わせいただきますとともに 投資家ご自身のご判断 でなされますようにお願いいたします 本資料で提供している情報は 金融商品取引法 投資信託及

投資法人、このうち、浜松プラザイーストコストコ浜松倉庫店建物及びその敷地以外部分に係る不動産信託受益権準共有持分49%のみ保有しているため、上記「期末算定価額」及び「帳簿価額」について投資 法人準共有持分49%に対応する金額となっています。 注9: 前記(注8)に記載とおり、浜松プラザイーストエリアに所在するハマプラ・フレスポ棟及びコストコ会員向け給油所、貸地あるため貸地部分収益価格を求める手法DCF法となり「直接還元利回り」及び「最終還元利回り」 設定されていません。また、上記表「割引率」ハマプラ・フレスポ棟及びコストコ会員向け給油所以外数値を記載しています。なお、ハマプラ・フレスポ棟及びコストコ会員向け給油所貸地部分DCF法による「割引率」 2018年4月期末いずれも4.7%(前期比△0.1%)となります。
さらに見せる

56 さらに読み込む

( 注 2) 本物件は区分所有権ですが 一棟の建物及びその敷地全体 (100%) を取得します ( 注 3) ヒューリック株式会社は 本資産運用会社の利害関係人等 ( 投信法第 201 条並びに投資信託及び投資法人に関する法律施行令 ( 平成 12 年政令第 480 号 その後の改正を含みます )

( 注 2) 本物件は区分所有権ですが 一棟の建物及びその敷地全体 (100%) を取得します ( 注 3) ヒューリック株式会社は 本資産運用会社の利害関係人等 ( 投信法第 201 条並びに投資信託及び投資法人に関する法律施行令 ( 平成 12 年政令第 480 号 その後の改正を含みます )

② 物件特性 物件、平成元年9月竣工オフィスビルあり、地下1階付地上8階建て、延床面積約1,900 ㎡、基準階床面積3階以下が約250㎡、4階以上が約200㎡中小規模ビルです。敷地東側が 北側に伸びて裏面道路に接する不整形な二方路地、裏面道路側1階タワー型機械式駐車場 に連結する車両入出庫口等あり、1階店舗、2階以上事務所、8階住宅として設計され ています(店舗及び居宅部分について、室内改修工事により現況事務所として使用されていま す。)。
さらに見せる

22 さらに読み込む

本投資法人は 本投資法人の掲げる内部成長戦略の一環として 本物件の近隣の本土地を取得し その上に建築中の本建物に係る工事請負契約上の発注者としての地位等を承継します 本投資法人は 本建物の竣工後 本建物を 本物件の宿泊客等が利用可能な送迎船の待合所 売店兼事務所等として本物件の賃借人に追加で賃貸する

本投資法人は 本投資法人の掲げる内部成長戦略の一環として 本物件の近隣の本土地を取得し その上に建築中の本建物に係る工事請負契約上の発注者としての地位等を承継します 本投資法人は 本建物の竣工後 本建物を 本物件の宿泊客等が利用可能な送迎船の待合所 売店兼事務所等として本物件の賃借人に追加で賃貸する

(注2)「投資比率」、取得(予定)価格合計に占める各物件取得(予定)価格割合を示しており、小数第 2 位を四捨五入して 記載しています。 (注3)各物件不動産鑑定評価について、日本ヴァリュアーズ株式会社、森井総合鑑定株式会社又は株式会社立地評価研究所に委託 しており、保有資産(「星や京都」及び「星や富士」を除きます。)について平成 29 年4月 30 日を価格時点とする各不動 産鑑定評価書又は調査報告書(以下「不動産鑑定評価書等」といいます。)に記載された不動産鑑定評価額又は調査価格(以下 「不動産鑑定評価額等」といいます。)を、 「星や京都」について既存資産に係る平成 29 年4月 30 日を価格時点とする不動 産鑑定評価書に記載された不動産鑑定評価額と土地に係る平成 29 年6月1日を価格時点とする不動産鑑定評価書に記載され た不動産鑑定評価額と合計額を、「星や富士」について平成 29 年2月1日を価格時点とする不動産鑑定評価書に記載さ れた不動産鑑定評価額を、それぞれ記載しています。
さらに見せる

12 さらに読み込む

Show all 10000 documents...