月期以前 配当金 分割調整後 金額 す

Top PDF 月期以前 配当金 分割調整後 金額 す:

の計算過程 (1 万口当たり 税引前 ) 配当等収益 経費控除後配当等収益 1 有価証券売買等損益 経費控除後 繰越欠損補填後売買益 2 分配準備積立金 3 収益調整金 4 分配対象額 ( 支払い前 ) ( 単位 : 円 1 万口当たり 税引前 ) 第 88 期第 89 期第 9 期

の計算過程 (1 万口当たり 税引前 ) 配当等収益 経費控除後配当等収益 1 有価証券売買等損益 経費控除後 繰越欠損補填後売買益 2 分配準備積立金 3 収益調整金 4 分配対象額 ( 支払い前 ) ( 単位 : 円 1 万口当たり 税引前 ) 第 88 期第 89 期第 9 期

  分配は、計算期間中に発生した収益(経費控除配当等収益および評価益を含む売買益)を超えて 分配は、計算期間中に発生した収益(経費控除配当等収益および評価益を含む売買益)を超えて 支払われる場合があります。その場合、当期決算日の基準価額は前期決算日と比べて下落することにな 支払われる場合があります。その場合、当期決算日の基準価額は前期決算日と比べて下落することにな ります。また、分配の水準は、必ずしも計算期間におけるファンドの収益率を示すものではありません。 ります。また、分配の水準は、必ずしも計算期間におけるファンドの収益率を示すものではありません。
さらに見せる

5 さらに読み込む

収益分配金に関する留意事項 分配金は 預貯金の利息とは異なり 投資信託の純資産から支払われますので 分配金が支払われると その金額相当分 基準価額は下がります 投資信託から分配金が支払われるイメージ 分配金 投資信託の純資産 分配金は 計算期間中に発生した収益 ( 経費控除後の配当等収益および評価益

収益分配金に関する留意事項 分配金は 預貯金の利息とは異なり 投資信託の純資産から支払われますので 分配金が支払われると その金額相当分 基準価額は下がります 投資信託から分配金が支払われるイメージ 分配金 投資信託の純資産 分配金は 計算期間中に発生した収益 ( 経費控除後の配当等収益および評価益

分配対象額は、①経費控除配当等収益および②経費控除の評価益を含む売買益ならびに③分配準備積立および④収益 調整です。分配は、分配方針に基づき、分配対象額から支払われます。 ●投資者のファンドの購入価額によっては、分配の一部または全部が、実質的には元本の一部払戻しに相当する 場合があります。ファンド購入の運用状況により、分配金額より基準価額の値上がりが小さかった場合も同様です。
さらに見せる

5 さらに読み込む

[ 税率 ] a. 原則 : 20%( 所得税 15% 住民税 5%) 源泉で総合課税又は申告分離課税 b. 少額配当の申告不要制度 ( 非上場株式 ) 1 銘柄について 1 回の金額が 10 万円以下の配当金額 ( 配当計算期間の月数で 換算後 ) 株式配当会社の区別 株主の区別 源泉徴収税率 所

[ 税率 ] a. 原則 : 20%( 所得税 15% 住民税 5%) 源泉で総合課税又は申告分離課税 b. 少額配当の申告不要制度 ( 非上場株式 ) 1 銘柄について 1 回の金額が 10 万円以下の配当金額 ( 配当計算期間の月数で 換算後 ) 株式配当会社の区別 株主の区別 源泉徴収税率 所

役員として勤続年数 5 年以下における退職所得控除額を控除した金額に対する 1/2 軽減措置 の廃止となりました。 この特定役員退職手当等の支給を受ける適用対象の法人税法上の 役員とは、 以下の者をいいます。 * 会社法上の役員: 法人の取締役、 執行役、 会計参与、 監査役、 理事、 監事及び清算人 * 法人税法独自の役員: ① 法人の使用人以外(相談役、 顧問、 会長、 副会長等)の者である こと、 ② 法人の経営に従事している者であること。
さらに見せる

9 さらに読み込む

[ 税率 ] a. 原則 : 20%( 所得税 15% 住民税 5%) 源泉で総合課税又は申告分離課税 b. 少額配当の申告不要制度 ( 非上場株式 ) 1 銘柄について 1 回の金額が 10 万円以下の配当金額 ( 配当計算期間の月数で 換算後 ) 株式配当会社の区別 株主の区別 源泉徴収税率 所

[ 税率 ] a. 原則 : 20%( 所得税 15% 住民税 5%) 源泉で総合課税又は申告分離課税 b. 少額配当の申告不要制度 ( 非上場株式 ) 1 銘柄について 1 回の金額が 10 万円以下の配当金額 ( 配当計算期間の月数で 換算後 ) 株式配当会社の区別 株主の区別 源泉徴収税率 所

区分処理はその収入の都度が原則ですが、 一定の利子所得等に対するものに対しては期末 に纏めて一括でも認められています。又、 所得税額控除に係る所有期間按分法の簡便法に ついても、 銘柄ごとに一括して区分処理でも差支えないことになっています。 なお、 仮に受取った収入について未収分の支払があった場合、 に受取った未収分に係る 1 円未満の端数処理では、 面倒ですが既に支払われた分の 1円未満の端数の額を、 加算した 結果に対して切上げ切捨て処理を行うことになります。
さらに見せる

10 さらに読み込む

(3) 分割の日程 ( 予定 ) 1 基準日設定公告 2013 年 9 月 13 日 ( 金 ) 2 基準日 2013 年 9 月 30 日 ( 月 ) 3 効力発生日 2013 年 10 月 1 日 ( 火 ) (4) 新株予約権の目的である株式の数の調整今回の株式の分割に伴い 当社発行の第 1

(3) 分割の日程 ( 予定 ) 1 基準日設定公告 2013 年 9 月 13 日 ( 金 ) 2 基準日 2013 年 9 月 30 日 ( 月 ) 3 効力発生日 2013 年 10 月 1 日 ( 火 ) (4) 新株予約権の目的である株式の数の調整今回の株式の分割に伴い 当社発行の第 1

現行定款 変更案 (甲種類株式への剰余配当) 第 12 条 当会社は、剰余配当(中間配当を含む。) を行うときは、甲種類株式を有する株主(以下 「甲種類株主」という。)または甲種類株式の登 録株式質権者(以下「甲種類登録質権者」とい う。)に対し、普通株式を有する株主(以下「普通 株主」という。)または普通株式の登録株式質権 者(以下「普通登録質権者」という。)に先立ち、 甲種類株式1株につき5万円を上限として、当該 甲種類株式の発行に際して取締役会の決議で 定める額の金銭による剰余配当(かかる配 当により支払われる金銭を以下「優先配当」と いう。)を行う。
さらに見せる

6 さらに読み込む

間取り 予定賃料リスト ( 購入後に賃貸条件を見直す場合は 新賃貸条件への移行期間は稼働率調整してください ) 賃貸リスト ( 単位円 ) 階数等 用途床面積 / 室室数等 面積計 月額賃料 / 室 管理費 / 室 賃料 管理費月額計 礼金 同金額 敷金 保証金 同金額 更新料 同金額 住居 63.

間取り 予定賃料リスト ( 購入後に賃貸条件を見直す場合は 新賃貸条件への移行期間は稼働率調整してください ) 賃貸リスト ( 単位円 ) 階数等 用途床面積 / 室室数等 面積計 月額賃料 / 室 管理費 / 室 賃料 管理費月額計 礼金 同金額 敷金 保証金 同金額 更新料 同金額 住居 63.

・建物(新築) 東京法務局の課税標準認定基準に基づいて推計。但し、マンションの場合は2割増し ・建物(中古) 上の新築価格と築年数から推計しています (実際の価格とは異なります) B. 総投資額額 ・ 資金調達方法についての留意事項 ・火災保険料 長期契約の場合は一時払い保険料を投資額に算入します ・敷金・保証 中古物件の場合は引継債務として当初投資額から控除されます

15 さらに読み込む

3. 資本剰余金からの配当について ( ご参考 ) 今回の配当は 全額 その他資本剰余金 を配当原資とするため 資本の払戻し に該当し 一般的な 利益剰余金 を配当原資とする配当とは税務上の取扱いが異なります 今回の配当は 所得区分が 配当所得 ( みなし配当 ) 部分と みなし配当以外 の部分に分

3. 資本剰余金からの配当について ( ご参考 ) 今回の配当は 全額 その他資本剰余金 を配当原資とするため 資本の払戻し に該当し 一般的な 利益剰余金 を配当原資とする配当とは税務上の取扱いが異なります 今回の配当は 所得区分が 配当所得 ( みなし配当 ) 部分と みなし配当以外 の部分に分

一方、「みなし配当以外」の部分は、「みなし譲渡損益」が発生しますが、これは税務上の配当所得に当らな いため、所得税等の源泉徴収の対象とならず、確定申告の配当控除の対象にもなりません。また、当社株式の 取得価額の調整が必要となることがあります。 つきましては、今回の配当のお取扱い等について、別紙「今回の配当の税務上のお取扱いについて」をご 覧ください。また、上記のとおり、純資産減少割合につきましては、現時点において概算値のため、確定しま したらあらためてお知らせいたします。
さらに見せる

5 さらに読み込む

種類株式の配当の状況普通株式と権利関係の異なる種類株式に係る1 株当たり配当金の内訳は以下のとおりです 第一種優先株式 年間配当金第 1 四半期末第 2 四半期末第 3 四半期末期末合計 円 円 円 円 円 2018 年 3 月期 2019 年 3 月期 年 3 月期 (

種類株式の配当の状況普通株式と権利関係の異なる種類株式に係る1 株当たり配当金の内訳は以下のとおりです 第一種優先株式 年間配当金第 1 四半期末第 2 四半期末第 3 四半期末期末合計 円 円 円 円 円 2018 年 3 月期 2019 年 3 月期 年 3 月期 (

(注1)記載金額は単位未満を切り捨てて表示しております。 (注2)総与信=貸出金+支払承諾見返+銀行保証付私募債+外国為替+貸出金に準ずる仮払金+未収利息 (注3)自己査定結果の分類は引当の計数で、( )内は分類額に対する引当であります。 (注4)保全率:(担保・保証等による保全額+引当額)÷債権区分毎の金額 (注5)部分直接償却を実施した場合の計数を<>内に記載しております。

47 さらに読み込む

7 優先配当募集時における 8 発行済株式数 (2018 年 5 月 30 日現在 ) 募集 ( 発行 ) 後における 9 発行済株式総数 10 その他 優先配当率年率 8.0% 優先配当金 1 株につき 800,000 円普通株式 40,918,762 株 普通株式 40,918,762 株 A

7 優先配当募集時における 8 発行済株式数 (2018 年 5 月 30 日現在 ) 募集 ( 発行 ) 後における 9 発行済株式総数 10 その他 優先配当率年率 8.0% 優先配当金 1 株につき 800,000 円普通株式 40,918,762 株 普通株式 40,918,762 株 A

資本の額及び 及び 及び資本準備の額の減少 及び 資本準備の額の減少 資本準備の額の減少 資本準備の額の減少に関するお知らせ に関するお知らせ に関するお知らせ に関するお知らせ 当社は、2018 年5月 30 日開催の取締役会において、第三者割当の方法により、UDS コーポレート・メザニ ン4号投資事業有限責任組合及びブルーパートナーズ第二号投資事業有限責任組合(総称して、以下、 「割当 予定先」といいます。 )に対して総額 25 億円のA種優先株式を発行すること、A種優先株式の発行に伴い、各 割当予定先との間で、割当予定先が本優先株式を引き受けること等に関する 2018 年5月 30 日付株式投資契約 (以下、 「本投資契約」といいます。 )を締結すること並びに 2018 年6月 28 日開催予定の定時株主総会(以下、 「本定時株主総会」といいます。 )に本優先株式の発行に係る議案を付議することを決議しましたので、以下 のとおりお知らせいたします。また、当社は、上記取締役会において、A種優先株式の新設等に係る定款の一 部変更(以下、 「本定款変更」といいます。 )に係る議案を本定時株主総会に付議すること、並びに、優先株式 の払込金額の資本及び資本準備組入に伴う資本及び資本準備増加分につき資本及び資本準備を減 少すること(以下、 「本減資等」といいます。 )を決議しましたので、併せてお知らせいたします。
さらに見せる

34 さらに読み込む

2005年3月期 (分割版) | 事業報告書 | KDDI株式会社

2005年3月期 (分割版) | 事業報告書 | KDDI株式会社

「固定資産の減損に係る会計基準」(「固定資産の減損に係る会計基準の設定に関する意見書」(企業会計審議会 平成14年89日))及び「固定 資産の減損に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第6号 平成15年1031日)が平成16年331日に終了する営業年度から適 用できることになったことに伴い、当営業年度から同会計基準及び同適用指針を適用しております。 この変更により減損損失23,448百万円を計上し、減価償却費は変更前と比較して2,726百万円減少しております。この結果、「営業利益」が 2,647百万円増加し、「経常利益」が2,726百万円増加し、「税金等調整前当期純利益」が20,722百万円減少しております。
さらに見せる

5 さらに読み込む

2007年3月期 (分割版) | 事業報告書 | KDDI株式会社

2007年3月期 (分割版) | 事業報告書 | KDDI株式会社

当連結会計年度より、「役員賞与に関する会計基準」(企業会計基準委員会 企業会計基準第4号 平成17年1129日)を適用しております。 これにより、「営業利益」、「経常利益」、「税金等調整前当期純利益」及び「当期純利益」が157百万円減少しております。 (5)重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算基準 外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しております。なお、在外子会社等の資産及び 負債は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益及び費用は中平均相場により円貨に換算し、換算差額は「純資産の部」における 「為替換算調整勘定」及び「少数株主持分」に含めております。
さらに見せる

7 さらに読み込む

2009年3月期 (分割版) | 事業報告書 | KDDI株式会社

2009年3月期 (分割版) | 事業報告書 | KDDI株式会社

  当社及び国内連結子会社の主として機械設備については、平成20年度の法人税法改正を契機に、当連結会計年度より耐用年数の見直しを行っております。   この見直しは予想される資産の使用期間、類似資産における経験、定められた法律や規則に基づくほか、予測される技術上及びその他の変化を考慮して決定し たものであります。   この結果、従来と同一の基準によった場合と比べて当連結会計年度の「減価償却費」は58,540百万円減少し、「営業利益」、「経常利益」及び「税金等調整前 当期純利益」はそれぞれ同額増加し、「当期純利益」は34,707百万円増加しております。
さらに見せる

8 さらに読み込む

2. 損金算入される 配当等の額 投資法人の税務では 損金算入される支払配当を 配当等の額 と定めている注 3 下記の条文中ただし書きにより 配当等の額が税 務上の所得金額を超える場合 その超過する部分は 切捨てされ 繰越欠損金として翌期へ繰り越すこと は認められていない 租税特別措置法第 67条の

2. 損金算入される 配当等の額 投資法人の税務では 損金算入される支払配当を 配当等の額 と定めている注 3 下記の条文中ただし書きにより 配当等の額が税 務上の所得金額を超える場合 その超過する部分は 切捨てされ 繰越欠損金として翌期へ繰り越すこと は認められていない 租税特別措置法第 67条の

  注 9 平成 23 年 8 に投資信託協会から会員向けに事務連絡された『投資法人に課されている 50 %超国内募集要件に係る算定方法等について』では、 「海 外に所在する投資家に取得勧誘したことにより、当該投資家が取得した金額は、海外募集額として取り扱う」こととされ、また「過去の募集分につ いて、証券会社から募集額の内訳の提供が受けられないものについては、募集の目的や方法等から、国内に所在する投資家に対し国内で勧誘行為 が行われたと合理的に判断できるもの(例えば国内投資家に対する第三者割当増資など)を国内募集とし、それ以外は海外募集として算定すること」 とされている。なお、平成 29 年 2 の特定有価証券の内容等の開示に関する内閣府令第 29 条第 2 項第 1 号の改正により、国内募集と並行して海 外募集が行われる場合に、海外募集に係る臨時報告書に記載べき情報が国内募集に係る有価証券届出書に全て記載されているときには当該臨時 報告書の提出が不要とされたことから、今後はグローバルオファリングを行わない場合でも海外募集額が明示される方向になると考えられる。
さらに見せる

9 さらに読み込む

違法な剰余金配当の効力について 違法な剰余金配当の効力について 松井英樹 1. はじめに 平成 18 年 5 月 1 日より施行されている現行の会社法においては 剰余金の分配規制について 改正前商法下における利益の配当 中間配当 資本金 準備金の減少に伴う払戻し および自己株式の有償取得は いずれも

違法な剰余金配当の効力について 違法な剰余金配当の効力について 松井英樹 1. はじめに 平成 18 年 5 月 1 日より施行されている現行の会社法においては 剰余金の分配規制について 改正前商法下における利益の配当 中間配当 資本金 準備金の減少に伴う払戻し および自己株式の有償取得は いずれも

ものと位置づけられている 4 。これは、法的な資本概念が、会社の保有すべ き純資産の基準としての一定額という意味にすぎず、資本に相当する財産 がどのような形態で会社に保有されるかを問わない抽象的な金額であり、 資本金額が多ければ、その分だけ会社債権者保護に資する面はあるもの の、資本は株主が出資した額の歴史的な記録にすぎず、会社の財政状態や 支払能力を表すものとは限らないという認識を基にするものである 5 。  このような認識を前提として、会社法は、改正前商法下において平成 2 年改正で導入された最低資本制度を撤廃し、株式会社の設立手続におい ても、定款所定の設立に際して出資される財産の価額またはその最低額 (会社法27条 4 号)の出資がなされているときには、設立を認めるという 打ち切り発行が認められ、設立関与者の引受・払込等の担保責任制度が廃 止されたことから、資本金額に見合う財産の確保を義務づけるという意味 における資本制度(資本確定・資本充実原則)は廃棄されたものと位置 づけることもできる。資本制度に関する位置づけの変容には、会計制度な いし会社の財務内容の評価方法とその監査制度さらには開示制度が格段に 進歩した現在、一定の数額を公示してそれに相当する純資産の維持に配慮 するような画一的な規制としての資本制度の意義は減少しつつあるとの指 摘もあり 6 、会社が経営不振に陥っている場合において、配当規制以外の場 面において、資本制度が会社財産の減少に何らかの歯止めを掛ける機能を 有しているわけではないことからすれば、資本制度に過度な債権者保護の 機能を期待することはできない。
さらに見せる

41 さらに読み込む

の計算過程 (1 万口当たり 税引前 ) 配当等収益 経費控除後配当等収益 1 有価証券売買等損益 経費控除後 繰越欠損補填後売買益 2 分配準備積立金 3 収益調整金 4 分配対象額 ( 支払い前 ) ( 単位 : 円 1 万口当たり 税引前 ) 第 75 期第 76 期第 77

の計算過程 (1 万口当たり 税引前 ) 配当等収益 経費控除後配当等収益 1 有価証券売買等損益 経費控除後 繰越欠損補填後売買益 2 分配準備積立金 3 収益調整金 4 分配対象額 ( 支払い前 ) ( 単位 : 円 1 万口当たり 税引前 ) 第 75 期第 76 期第 77

※分配は、決算の都度、収益分配方針に基づき委託会社(大和投資信託)が決定しますので、将来の分配 について、あらかじめ一定の額の分配をお約束するものではありません。今後の市場環境や運用状況によって は、分配の変更あるいは分配が支払われない場合もあります。 ※当ファンドは、2013年328日に8対10の受益権の分割(8口を10口に分割)を行っています。

5 さらに読み込む

2. 配当の状況 年間配当金 配当金総額 ( 合計 ) 純資産配当率 配当性向 第 1 四半期末第 2 四半期末第 3 四半期末 期末 合計 円 銭 円 銭 円 銭 円 銭 円 銭 百万円 % % 29 年 9 月期 年 9 月期

2. 配当の状況 年間配当金 配当金総額 ( 合計 ) 純資産配当率 配当性向 第 1 四半期末第 2 四半期末第 3 四半期末 期末 合計 円 銭 円 銭 円 銭 円 銭 円 銭 百万円 % % 29 年 9 月期 年 9 月期

1株当たり当期純利益 85.84円 86.63円 潜在株式調整1株当たり当期純利益 ― 78.12円 (注)1.当社は、平成29年1219日に東京証券取引所マザーズ市場に上場したため、平成30年9月累計期間の潜在 株式調整1株当たり当期純利益は、新規上場日から当期会計期間末までの平均株価を中平均株価とみな して算定しております。

12 さらに読み込む

2018 年下期株主優待受付開始は 2018 年 10 月 1 日 ( 月 ) 午前 10 時から 株主番号の確認方法 同封の配当金計算書に記載されています 優待申請手続きが完了するまで株主番号を保管してください ❶ ご所有株式数 株 株あたり配当金 円 配当金計算書 配当金額

2018 年下期株主優待受付開始は 2018 年 10 月 1 日 ( 月 ) 午前 10 時から 株主番号の確認方法 同封の配当金計算書に記載されています 優待申請手続きが完了するまで株主番号を保管してください ❶ ご所有株式数 株 株あたり配当金 円 配当金計算書 配当金額

● 株主優待申請の有効期限(2019年331日)経過は、いかな る理由においても有効期限の延長や申請をお受けすることはで きません。 ● 申請に必要な株主番号は、同封の配当計算書に記載された株 主番号をご利用ください。また、2018年6月末以降、住居移転な どにより郵便番号が変わっている場合には、2018年6月末の株 主名簿に記載された郵便番号にてログインください。

12 さらに読み込む

資本剰余金を配当原資とする配当金の内訳 27 年 3 月期の配当のうち 資本剰余金を配当原資とする配当金の内訳は以下のとおりであります 基準日 期末 合計 1 株当たり配当金 1 円 00 銭 1 円 00 銭 配当金総額 139 百万円 139 百万円 ( 注 ) 純資産減少割合 0.015( 概

資本剰余金を配当原資とする配当金の内訳 27 年 3 月期の配当のうち 資本剰余金を配当原資とする配当金の内訳は以下のとおりであります 基準日 期末 合計 1 株当たり配当金 1 円 00 銭 1 円 00 銭 配当金総額 139 百万円 139 百万円 ( 注 ) 純資産減少割合 0.015( 概

 当連結会計年度末における固定負債の残高は、1,918百万円(前連結会計年度末1,602百万円)となり、316百万円の増 加となりました。その主な要因は、長期借入の増加312百万円であります。 (純資産)  当連結会計年度末における純資産の残高は、9,275百万円(前連結会計年度末9,067百万円)となり、207百万円の増加 となりました。その主な要因は、利益剰余の増加158百万円等であります。

22 さらに読み込む

2007年3月期 (分割版) | 事業報告書 | KDDI株式会社

2007年3月期 (分割版) | 事業報告書 | KDDI株式会社

さらに、一時会計監査人が独立の立場を保持し、かつ、適正な監査を実施しているかを監視及び検証するとともに、一時会計監査人から その職務の執行状況について報告を受け、必要に応じて説明を求めました。また、一時会計監査人から「職務の遂行が適正に行われること を確保するための体制」(会社計算規則第159条各号に掲げる事項)を「監査に関する品質管理基準」(平成17年1028日企業会計審議会)等 に従って整備している旨の通知を受け、必要に応じて説明を求めました。以上の方法に基づき、当該事業年度に係る計算書類(貸借対照表、 損益計算書、株主資本等変動計算書及び個別注記表)及びその附属明細書並びに連結計算書類(連結貸借対照表、連結損益計算書、連結株 主資本等変動計算書及び連結注記表)について検討いたしました。
さらに見せる

2 さらに読み込む

2008年3月期 (分割版) | 事業報告書 | KDDI株式会社

2008年3月期 (分割版) | 事業報告書 | KDDI株式会社

退職給付引当 従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務、年金資産及び信託資産の見込額に基づき、当事業年度末にお いて発生していると認められる額を計上しております。 過去勤務債務は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(14年)による定額法により費用処理しております。 数理計算上の差異は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(14年)による定額法により翌事業年度から費用 処理しております。
さらに見せる

7 さらに読み込む

Show all 10000 documents...