景表法等改正等法附則第3条第1項に係る

Top PDF 景表法等改正等法附則第3条第1項に係る:

13) 利子等の支払調書 ( 及び同合計表 ) ( 所得税法第 225 条第 1 項第 1 8 号 ) 14) 納税証明書の交付請求 ( 国税通則法第 123 条第 1 項 ) 15) 電子申告 納税等開始 ( 変更等 ) 届出 ( 国税関係法令に係る行政手続等における情報通信の技術の利用に関する省

13) 利子等の支払調書 ( 及び同合計表 ) ( 所得税法第 225 条第 1 項第 1 8 号 ) 14) 納税証明書の交付請求 ( 国税通則法第 123 条第 1 項 ) 15) 電子申告 納税等開始 ( 変更等 ) 届出 ( 国税関係法令に係る行政手続等における情報通信の技術の利用に関する省

利用者の意見や要望も踏まえて随時改善 支店での申告の際は、支店長の個人認証を使 用する場合があるため、政府全体の取組を通じて、 電子行政推進(仮称)などにより真正性の推定が 法的担保され、セキュリティが確保されたID・パス ワードによる方式が確立された場合、平成23年度 以降、必要応じ、納税者の属性、手続の特性の 観点を踏まえ、ID・パスワードによる方式の導入を 検討
さらに見せる

11 さらに読み込む

2 改正法による改正後の医薬品 医療機器等の品質 有効性及び安全性の確保等に関する法律 ( 昭和 35 年法律第 145 号 以下 法 という ) において 新たに 再生医療等製品 が定義され ( 法第 2 条第 9 項 ) 再生医療等製品についての副作用等の報告義務が規定されたため ( 法第 68

2 改正法による改正後の医薬品 医療機器等の品質 有効性及び安全性の確保等に関する法律 ( 昭和 35 年法律第 145 号 以下 法 という ) において 新たに 再生医療等製品 が定義され ( 法第 2 条第 9 項 ) 再生医療等製品についての副作用等の報告義務が規定されたため ( 法第 68

イ 「不具合による影響と疑われるもの」とは、因果関係が否定できるもの以外のも のを指し、因果関係が不明なものも含まれること。 ウ 「当該再生医療製品と構成細胞、導入遺伝子、構造、製造方法、使用方法が 同一性を有すると認められる外国で使用されている再生医療製品」とは、外国で 使用されているもの(治験中のものを含む。)であって、国内で承認を受けた再生 医療製品と同一性を有するものを指すこと。また、外国で発生した症例が報告対 象となるか否かについては、規則 228 の 20 号の規定により判断す べきものであるが、少なくともその症例が発生した国においてその国の政府緊急 報告する必要がある症例については報告すべきものであること。
さらに見せる

44 さらに読み込む

等調整都市計画税額が 当該商業地等に係る当該年度分の都市計画税の課税標準となるべき価格に 10 分の 6 を乗じて得た額 ( 当該商業地等が当該年度分の固定資産税について法第 349 条の 3( 第 20 項を除く ) 又は法附則第 15 条から第 15 条の 3 までの規定の適用を受ける商業地等で

等調整都市計画税額が 当該商業地等に係る当該年度分の都市計画税の課税標準となるべき価格に 10 分の 6 を乗じて得た額 ( 当該商業地等が当該年度分の固定資産税について法第 349 条の 3( 第 20 項を除く ) 又は法附則第 15 条から第 15 条の 3 までの規定の適用を受ける商業地等で

13 前項の規定の適用を受ける市街化区域農 地係る平成27年度から平成29年度までの 各年度分の市街化区域農地調整都市計画税 額は、当該市街化区域農地調整都市計画税 額が、当該市街化区域農地係る当該年度 分の都市計画税の課税標準となるべき価格 の3分の2の額10分の2を乗じて得た額(当 該市街化区域農地が当該年度分の固定資産 税について349の3(19を除く。) 又は附則15から15の3までの規 定の適用を受ける市街化区域農地であると きは、当該額これらの規定定める率を 乗じて得た額)を当該市街化区域農地係 る当該年度分の都市計画税の課税標準とな るべき額とした場合における都市計画税額 満たない場合あっては、前項の規定 かかわらず、当該都市計画税額とする。 (宅地化農地に対して課する都市計画税の
さらに見せる

5 さらに読み込む

子ども・子育て支援法附則第6条の規定による私立保育所に対する委託費の経理等について

子ども・子育て支援法附則第6条の規定による私立保育所に対する委託費の経理等について

同一の設置者が設置する保育所係る別表5掲げる経費及び同一の設置者が実施す る子育て支援事業係る別表掲げる経費充てることができること。なお、同一 の設置者が実施する子育て支援事業への充当額は、拠点区分(当該拠点区分においてサ ービス区分を設定している場合は、サービス区分。以下同じ。 )を設定している場合

11 さらに読み込む

11★健康保険法等の一部を改正する法律附則第130条の2第1項の規定によりなおその効力を有するものとされた指定介護療養型医療施設の人員、設備及び運営に関する基準について

11★健康保険法等の一部を改正する法律附則第130条の2第1項の規定によりなおその効力を有するものとされた指定介護療養型医療施設の人員、設備及び運営に関する基準について

ここで、「標準とする」とは、10.65 平方メートル以上(入院患者へのサービス提供上必 要と認められる場合2人部屋とするときは 21.3 平方メートル以上)とすることが原則で あるが、平成 17 年 10 月、現に存する指定介護療養型医療施設(建築中のものを含 む。)が同日において現に有しているユニット(同日以降増築又は改築されたものを除 く。)あっては、建物の構造や敷地上の制約など特別の事情によって当該面積を確保す ることが困難であると認められたときは、前記の趣旨を損なわない範囲で、10.65 平方メ ートル未満(入院患者へのサービス提供上必要と認められる場合2人部屋とするときは 21.3 平方メートル未満)であっても差し支えないとする趣旨である。
さらに見せる

6 さらに読み込む

富士見市都市計画税条例 ( 昭和 46 年条例第 40 号 ) 新旧対照表 ( 第 1 条による改正 )( 専決 ) 新 旧 附則 附則 ( 改修実演芸術公演施設に対する都市計画税の減額の規定の適用を受けようとする者がすべき申告 ) 6 法附則第 15 条の11 第 1 項の改修実演芸術公演施設につ

富士見市都市計画税条例 ( 昭和 46 年条例第 40 号 ) 新旧対照表 ( 第 1 条による改正 )( 専決 ) 新 旧 附則 附則 ( 改修実演芸術公演施設に対する都市計画税の減額の規定の適用を受けようとする者がすべき申告 ) 6 法附則第 15 条の11 第 1 項の改修実演芸術公演施設につ

(宅地に対して課する平成27年度から平成29年度までの各年度 分の都市計画税の特例) 7 宅地係る平成0年度から平成2年度までの各年度分の都市 計画税の額は、当該宅地係る当該年度分の都市計画税額が、当該 宅地の当該年度分の都市計画税係る前年度分の都市計画税の課税 標準額、当該宅地係る当該年度分の都市計画税の課税標準とな るべき価格(当該宅地が当該年度分の都市計画税について70 2の規定の適用を受ける宅地であるときは、当該価格 定める率を乗じて得た額。以下同じ。)00分の5を乗じて得 た額を加算した額(当該宅地が当該年度分の固定資産税について 49を除く。)又は附則からまでの規定の適用を受ける宅地であるときは、当該額これ らの規定定める率を乗じて得た額)を当該宅地係る当該年度分 の都市計画税の課税標準となるべき額とした場合における都市計画税 額(以下「宅地調整都市計画税額」という。)を超える場合は、 当該宅地調整都市計画税額とする。
さらに見せる

9 さらに読み込む

3.法第7条第3号通知改正後本文(改廃履歴入り)

3.法第7条第3号通知改正後本文(改廃履歴入り)

日本の大学(短期大学を除く。以下同じ。)又は専修学校の専門課程(学校教育 施行規則(昭和 22 年文部省令 11 号) 155 5号規定する文部科 学大臣が指定するもの限る。以下同じ。)(以下「大学」という。)において公 認心理師施行規則(平成 29 年文部科学省・厚生労働省令号。以下「施行規 則」という。)規定する科目を修めて卒業し、かつ、外国の大学院おい て心理に関する科目を修めてその課程を修了した者
さらに見せる

7 さらに読み込む

第 1 目的 3 いわゆる オプトアウト ( 法第 23 条第 2 項 第 3 項関係 ) 29 4 第三者 に該当しないもの( 法第 23 条第 4 項 第 5 項関係 ) 30 第 8 保有個人データの開示等に関する義務 1 保有個人データに関する事項の公表等 ( 法第 24 条関係 ) 32

第 1 目的 3 いわゆる オプトアウト ( 法第 23 条第 2 項 第 3 項関係 ) 29 4 第三者 に該当しないもの( 法第 23 条第 4 項 第 5 項関係 ) 30 第 8 保有個人データの開示等に関する義務 1 保有個人データに関する事項の公表等 ( 法第 24 条関係 ) 32

(利用停止27 個人情報取扱事業者は、本人から、当該本人が識別される保有個人データがの規 定違反して取り扱われているという理由又はの規定違反して取得されたものであると いう理由によって、当該保有個人データの利用の停止又は消去(以下このにおいて「利用停止」 という。)を求められた場合であって、その求め理由があることが判明したときは、違反を是正す るため必要な限度で、遅滞なく、当該保有個人データの利用停止を行わなければならない。ただ し、当該保有個人データの利用停止多額の費用を要する場合その他の利用停止を行うことが困 難な場合であって、本人の権利利益を保護するため必要なこれ代わるべき措置をとるときは、この 限りでない。
さらに見せる

44 さらに読み込む

電気通信事業法第 33 条第 2 項に基づく第 1 種指定電気通信設備との接続に関する契約約款の一部改正旧新 料金表第 1 表接続料金第 1 網使用料 1 適用区分 (1)~(3)( 略 ) ( 略 ) (3)-2 事業法第 33 条第 5 項の機能に係る網使用料の適用年度 内容 2( 料金額 )2

電気通信事業法第 33 条第 2 項に基づく第 1 種指定電気通信設備との接続に関する契約約款の一部改正旧新 料金表第 1 表接続料金第 1 網使用料 1 適用区分 (1)~(3)( 略 ) ( 略 ) (3)-2 事業法第 33 条第 5 項の機能に係る網使用料の適用年度 内容 2( 料金額 )2

マンションタイプ ※6 83 ▲11 90 1 1 ▲9 81 2,580 2,661 ※:ビジネス、ベーシック、ネクストビジネス及びプライオ10。   ※2:ビジネス、ベーシック、光プレミアムエンタープライズ及びネクストビジネス。  ※:ニューファミリー、ハイパーファミリー、ネクストファミリー、ライトファミリー、WiFiアクセス、プライオ1、ギガファミリー・スマート及びファミリー・ギガライン。 ※4:ファミリー100、光プレミアムファミリー、ネクストファミリー、ライトファミリー及びWiFiアクセス。   ※5:マンション、ネクストマンション、ライトマンション、ギガマンション・スマート及びマンション・ギガライン。 ※6:マンション、光プレミアムマンション、ネクストマンション及びライトマンション。
さらに見せる

39 さらに読み込む

危険物関係検査等手数料一覧表 ( 姫路市消防事務手数料徴収条例別表 ( 第 2 条関係 )) 項区分手数料の額 (1) 法第 10 条第 1 項ただし書の規定に基づく指定数量以上の危険物を仮に貯 5,400 円 蔵し 又は取り扱う場合の承認の申請に係る審査 (2) ア法第 11 条第 1 項前 段の

危険物関係検査等手数料一覧表 ( 姫路市消防事務手数料徴収条例別表 ( 第 2 条関係 )) 項区分手数料の額 (1) 法第 10 条第 1 項ただし書の規定に基づく指定数量以上の危険物を仮に貯 5,400 円 蔵し 又は取り扱う場合の承認の申請に係る審査 (2) ア法第 11 条第 1 項前 段の

(ウ) 準特定屋外タンク貯蔵所(岩盤タンク係る屋外タ ンク貯蔵所を除く。)の設置の許可の申請係る審査 570,000円 (エ) 特定屋外タン ク貯蔵所(浮き屋根 を有する特定屋外 貯蔵タンクのうち 規則20の42 3号定める構 造を有しなければ ならないもの係 る特定屋外タンク 貯蔵所((オ)お いて「浮き屋根式特 定屋外タンク貯蔵 所」という。)、浮 き蓋付きの特定屋 外貯蔵タンクのう ち規則22の2 1号ハ定める構造 を有しなければな らないもの係る 特定屋外タンク貯 蔵所((オ)におい て「浮き蓋付特定屋 外タンク貯蔵所」と いう。)及び岩盤タ ンク係る屋外タ ンク貯蔵所を除
さらに見せる

14 さらに読み込む

医療分野に係る中小企業等経営強化法第十二条第一項に規定する事業分野別指針の一部を改正する件について(厚生労働省医政局長:H30.7.6)

医療分野に係る中小企業等経営強化法第十二条第一項に規定する事業分野別指針の一部を改正する件について(厚生労働省医政局長:H30.7.6)

訪問看護ステーション 9,648施設 平成 29 年2月時点 助産所 2,872施設 平成 29 年3月末日時点 経営の特徴 医療サービス(病院、診療所、あん摩マッサージ指圧、はり又はきゅうを行う施術所、 柔道整復の施術所、助産所、歯科技工所及び看護業の事業所の各施設において提供され るサービスをいう。以下同じ。)は「人」が支えるサービス業であり、優れた人材の確保 及び定着は各医療機関にとっては重要である。ただ、病床を有する医療機関においては、 夜間勤務や宿日直勤務対応する医療従事者(医療サービス従事する者をいう。以 下同じ。)の配置が必要となること伴い、医療従事者の勤務環境について医療従 事者の働き方の希望や健康面十分配慮する必要がある。
さらに見せる

12 さらに読み込む

警備業法施行規則及び警備員等の検定等に関する規則の一部改正について 令和元年 8 月 30 日公布 施行 第 1 警備業法施行規則の一部改正 1 警備員教育における教育時間数及び教育頻度の見直し等 ( 府令第 38 条第 3 項 第 4 項及び第 5 項 第 66 条並びに附則第 2 条 第 3 条

警備業法施行規則及び警備員等の検定等に関する規則の一部改正について 令和元年 8 月 30 日公布 施行 第 1 警備業法施行規則の一部改正 1 警備員教育における教育時間数及び教育頻度の見直し等 ( 府令第 38 条第 3 項 第 4 項及び第 5 項 第 66 条並びに附則第 2 条 第 3 条

規則の一のにおいて、警備業者は、空港保安警備業務を行う場所ごと一級 検定合格警備員を配置して、警備業務を実施させなければならないこととされているところ、 当該場所の範囲を特定するに当たっては、手荷物検査用機械器具の性能、情報通信技術(防 犯カメラやAIの情報通信技術)の利用の状況その他の事情を勘案することとした。 イ 雑踏警備業務における配置基準の見直し
さらに見せる

6 さらに読み込む

b c.( 略 ) 2 不動産取得税の軽減に係るの発行信託会社等の地方税法附則第 11 条第 12 項に基づく不動産取得税の軽減のための同法施行令附則第 7 条第 12 項に規定するの発行等については 以下のとおり取り扱うものとする イ ロ.( 略 ) 載があること c d.( 略 ) 2 不動産取

b c.( 略 ) 2 不動産取得税の軽減に係るの発行信託会社等の地方税法附則第 11 条第 12 項に基づく不動産取得税の軽減のための同法施行令附則第 7 条第 12 項に規定するの発行等については 以下のとおり取り扱うものとする イ ロ.( 略 ) 載があること c d.( 略 ) 2 不動産取

.申請者の別紙記載の不動産の取得は、地方税法施行令附則(以下「令附則」という。) 12号及び掲げる要件を満たす投資信託を引き受けたこと よるものである。 なお、当該投資信託は、同2号規定する投資信託及び投資法人に関する法律 規定する委託者指図型投資信託であり、当該投資信託係る11 規定する投資信託委託業者が宅地建物取引業法50の2の認可を受け ている。
さらに見せる

12 さらに読み込む

Ⅱ. 法第 3 条の 2 等の適用についての考え方 1. 法第 3 条の2 第 1 項の考え方について本条は 購入者等が訪問販売に係る売買契約等についての勧誘を受けるか否かという意思の自由を担保することを目的とするものであり まず法第 3 条の 2 第 1 項においては 訪問販売における事業者の強引

Ⅱ. 法第 3 条の 2 等の適用についての考え方 1. 法第 3 条の2 第 1 項の考え方について本条は 購入者等が訪問販売に係る売買契約等についての勧誘を受けるか否かという意思の自由を担保することを目的とするものであり まず法第 3 条の 2 第 1 項においては 訪問販売における事業者の強引

② 契約を締結するつもりのない意思表示をしている相手方について、その 場での勧誘の継続や再度の来訪による勧誘を禁止 することによって、消費者の意思の自由を担保すべく、 「特定商取引に関する 律及び割賦販売の一部を改正する法律(平成20年法律74号)」により、 特定商取引に関する法律(以下単に「」という。)の規定による、勧誘 先立って氏名や勧誘目的であることの明示義務加え、の2が新 設された。なお、電話勧誘販売においては、上記②と同様の規律 が既に存在していたところ。
さらに見せる

5 さらに読み込む

2. 実 験 方 法 第 1 表 N min 1 Ns 0.15 Ns = N / 60 Q 1/2 /Had 3/4 Q ( m 3 /s ) Had ( J/kg ) 第 1 図 VLD 5 mm 2 R 2 R 2 VLD 1.38 R R 2 10 mm 1.14

いう ) にあっては 以下に掲げる者のうち 基盤強化法第 14 条の4 第 3 項の認定を受けた認定新規就農者 ( 農業の構造改革を推進するための農業経営基盤強化促進法等の一部を改正する等の法律 ( 平成 25 年法律 102 号 以下 改正法 という ) の施行日前にされた改正法第 4 条の規定に

(キ)助成対象者(事業実施年度就農する者又は就農後5年度以内の者である場合限 る。)がの()のイの中心経営体のうち認定農業者である場合は、基盤強化 12の認定を受けた農業経営改善計画即したものであること。 (ク)助成対象者がの()のイの中心経営体のうち認定新規就農者である場合は、 基盤強化14の4の認定を受けた就農計画即したものであること、又は、 改正の規定による廃止前の旧法の認定及び改正附則 の規定によりなお従前の例によることとされる旧法の認定を受けた 者である場合は、その認定を受けた就農計画即したものであること。
さらに見せる

10 さらに読み込む

電子帳簿保存法 施行規則第8条第1項二号の規程に係る参考例

電子帳簿保存法 施行規則第8条第1項二号の規程に係る参考例

- はじめ - 建設業法では 2011 年(平成 13 年)4 月より請負契約の電子化が認められ、それまでの 書面の交付替えた電子的手段による契約が既に実施される至っています。また、その 電子化の基準については建設業法関連したガイドライン(建設業法施行規則 13 の 2 2 規定する『技術的基準』係るガイドライン)により、一定の技術的要件が定め られました。建設業法の観点からすればこのガイドラインの技術的要件を満たした電子デ ータを建設業法で規定する期間 ※注 (引渡日を起算日として、書類の種類によって 5 年また は 10 年の保存が定められている)保存すれば良いわけですが、取引関わる帳簿や書類 の保存に関する規定は、建設業法のみならず他の関連する法令についても当然その要件を 満たす必要があります。その一つ国税関係法令の法人税法(正確は法人税法施行規則 59 )があり、『取引に関して、相手方から受け取った注文書、契約書、送り状、領収 書、見積書その他これら準ずる書類及び自己の作成したこれらの書類でその写しのある ものはその写し』を『原則 7 年間、これを納税地保存しなければならない』と規定され ています(同様の規定は所得税法や商法もある) 。そして時代の流れ対応すべく電子 データによる保存を容認するため、国税関係帳簿書類の電磁的記録による保存制度と して、1998 年電子帳簿保存(電子計算機を使用して作成する国税関係帳簿書類の保存 方法の特例に関する法律)が成立しました。
さらに見せる

41 さらに読み込む

薬事法等の一部改正に伴う特許法施行令改正に係る事前評価書

薬事法等の一部改正に伴う特許法施行令改正に係る事前評価書

既に承認済みで、「再生医療製品」該当すると考えられている製品の中は、 治験開始から承認まで000日以上も要した事例 1 があること鑑み、当該「再 生医療製品」も特許67の規定による特許権の存続期間の延長登録 の対象含めることが必要である。具体的は、特許権の存続期間の延長登録の理 由となる処分を定めている特許施行令2号において、「再生医療製 品」の製造販売の承認を追加するものである。
さらに見せる

6 さらに読み込む

化促進法等の一部を改正する等の法律 ( 以下 改正法 という ) の施行の日から平成 27 年 3 月 31 日までの間は, 改正法第 2 条の規定による改正後の農地法 ( 昭和 27 年法律第 229 号 ) 第 52 条の 3 第 1 項及び第 2 項中 公表するものとする とあるのは 公表する

化促進法等の一部を改正する等の法律 ( 以下 改正法 という ) の施行の日から平成 27 年 3 月 31 日までの間は, 改正法第 2 条の規定による改正後の農地法 ( 昭和 27 年法律第 229 号 ) 第 52 条の 3 第 1 項及び第 2 項中 公表するものとする とあるのは 公表する

(1) 諮問至る経過について 現在,農業委員会では,農地情報について,コンピュータ処理による農地台 帳で管理している(藤沢市個人情報保護制度運営審議会答申2号) 。 農地利用の効率化や高度化を円滑かつ効果的進めるため,平成26年4 月日施行の改正農地52により「農業委員会は,農地関 する情報の活用の促進を図るため,52の規定による農地に関する情報の 提供の一環として,農地台帳記録された事項(公表することにより個人の権 利利益を害するものその他の公表することが適当でないものとして農林水産省 で定めるものを除く。 ) をインターネットの利用その他の方法により公表するも のとする」ことなった。また,同52により「農業委員会 は,農地に関する情報の活用の促進資するよう,農地台帳のほか,農地関 する地図を作成し,これをインターネットの利用その他の方法により公表する ものとする」ことなった。
さらに見せる

7 さらに読み込む

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

②.アイウ以外のその他 41 2 ただし書きの特例許可が必要な建築物の外壁面の 後退距離は、道路境界線からm、隣地境界線から 0.5mとする。 (解説) 本市の市街化調整区域は比較的、狭あい道路(2 道路)面した建築計画が多いこ とから、道路境界線から壁面を後退することによって、空間の確保が可能なり、道路 沿いの緑も豊かなる、良好な環境の確保が期待できる。
さらに見せる

6 さらに読み込む

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

四十二 何人も、開発許可を受けた開発区域内においては、三十六の公告があつ た後は、当該開発許可係る予定建築物以外の建築物又は特定工作物を新築し、又は新設し てはならず、また、建築物を改築し、又はその用途を変更して当該開発許可係る予定の建築 物以外の建築物としてはならない。ただし、都道府県知事が当該開発区域における利便の増進 上若しくは開発区域及びその周辺の地域における環境の保全上支障がないと認めて許可した とき、又は建築物及び一種特定工作物で建築基準八十八の政令で指定する工作 物該当するものあつては、当該開発区域内の土地について用途地域が定められていると きは、この限りでない。
さらに見せる

6 さらに読み込む

Show all 10000 documents...