度分消費税及び地方消

Top PDF 度分消費税及び地方消:

平成 33 年度 固定費 : 金 円 ( うち取引に係る消費税及び地方消費税額 金 円 ) 変動費 : 流入水量 1m 3 当たりの単価金 円 に流入水量を乗じた額 ( うち取引に係る消費税及び地方消費税額 金 円 ) 取引に係る消費税及び地方消費税の額 は 消費税法第 28 条第 1 項及び第 2

平成 33 年度 固定費 : 金 円 ( うち取引に係る消費税及び地方消費税額 金 円 ) 変動費 : 流入水量 1m 3 当たりの単価金 円 に流入水量を乗じた額 ( うち取引に係る消費税及び地方消費税額 金 円 ) 取引に係る消費税及び地方消費税の額 は 消費税法第 28 条第 1 項及び第 2

第43条 不可抗力 1 暴風、洪水、高潮、地震、地滑り、落盤、火災、争乱、暴動、その他通常の予想を超 えた自然的又は人為的な事象であって、委託者及び受託者の責に帰すことができない事 由(流入水質及び流入水量が、別紙8に示す流入基準から著しく逸脱している場合を含 む。以下「不可抗力」という。)により、本件施設の運営が著しく困難となった場合又は 本件施設に損傷を及ぼす可能性が生じた場合、受託者は、委託者の指示に従い対応する ものとする。また、本件施設への被害、本件業務への影響を軽減するために合理的な努 力を行う義務を負うものとする。これにより発生する費用は、委託者の負担とする。た だし、受託者の故意又は過失によって要した費用が増加した場合は受託者の負担とする。 2 不可抗力により本件施設が損傷した場合、委託者の費用と責任において修繕を行うも
さらに見せる

25 さらに読み込む

加を除外されていないこと オ暴力団関係事業者等でないこと カ次に掲げる税を滞納している者でないこと ( ア ) 道税 ( 個人の道民税及び地方消費税を除く ) ( イ ) 本社が所在する都府県の事業税 ( 道税の納税義務がある場合を除く ) ( ウ ) 消費税及び地方消費税キ次に掲げる届出の義務を履

加を除外されていないこと オ暴力団関係事業者等でないこと カ次に掲げる税を滞納している者でないこと ( ア ) 道税 ( 個人の道民税及び地方消費税を除く ) ( イ ) 本社が所在する都府県の事業税 ( 道税の納税義務がある場合を除く ) ( ウ ) 消費税及び地方消費税キ次に掲げる届出の義務を履

業務の全部又は主たる部分を一括して第三者に委託し、又は請け負わせることはできない。 (6)著作権及び知的財産等の取扱いについて 本業務により生じた著作権その他の権利は北海道に帰属するものとすること。 また、 成果品及びその構成素材に含まれる第三者の権利 (著作権、 二次的著作物の創作及び利用権。 ) に関する交渉及び処理は受託者が行うこととし、その費用は委託料に含むこと。

5 さらに読み込む

係る消費税等相当額 ( 補助対象経費に含まれる消費税及び地方消費税に相当する額のうち 消費税法 ( 昭和 63 年法律第 号 ) に規定する仕入れに係る消費税額として控除できる部分の金額と当該金額に地方税法 ( 昭和 25 年法律第 号 ) に規定する地方消費税率を乗じて得た

係る消費税等相当額 ( 補助対象経費に含まれる消費税及び地方消費税に相当する額のうち 消費税法 ( 昭和 63 年法律第 号 ) に規定する仕入れに係る消費税額として控除できる部分の金額と当該金額に地方税法 ( 昭和 25 年法律第 号 ) に規定する地方消費税率を乗じて得た

第1 畜産・酪農収益力強化総合対策事業費補助金(熊本地震復旧等予備費に係るもの に限る。以下、「補助金」という。)の交付については、畜産・酪農収益力強化総合 対策基金事業実施要綱(平成28年1月20日付け27生畜第1574号農林水産事務次官依 命通知。以下「実施要綱」という。)、補助金等に係る予算の執行の適正化に関する 法律(昭和30年法律第 1 7 9 号。以下「適正化法」という。)、補助金等に係る予算の 執行の適正化に関する法律施行令(昭和30年政令第 2 5 5 号。以下「適正化法施行令」 という。)、農林畜水産業関係補助金等交付規則(昭和31年農林省令第18号。以下「交 付規則」という。)、予算科目に係る補助金等の交付に関する事務について平成12年 の予算に係る補助金等の交付に関するものから地方農政局長に委任した件(平成1 2年6月23日農林水産省告示第899号)の定めによるほか、この要綱の定めによる。 (交付の目的)
さらに見せる

7 さらに読み込む

消費税及び地方消費税に係る仕入控除税額報告書 長崎市│創業者広報活動支援補助金(旧:創業者ホームページ開設費補助金)

消費税及び地方消費税に係る仕入控除税額報告書 長崎市│創業者広報活動支援補助金(旧:創業者ホームページ開設費補助金)

代表者氏名           消費及び地方消費に係る仕入控除税額報告書 平成  年  月  日付長崎市指令産雇第  号により交付決定があった長 崎市創業者広報活動支援補助金について、交付決定通知により交付された条件に基 づき下記のとおり報告します。

1 さらに読み込む

この手引きの概要を紹介します はじめにお読みください 手引きの構成 1 基礎知識 3 ページ消費税及び地方消費税の確定申告に関する基礎知識を説明します 2 確定申告の準備 5 ページ消費税及び地方消費税の確定申告書の作成に必要な書類を説明します 3 確定申告の流れ 6 ページ 4 消費税の税額計算

この手引きの概要を紹介します はじめにお読みください 手引きの構成 1 基礎知識 3 ページ消費税及び地方消費税の確定申告に関する基礎知識を説明します 2 確定申告の準備 5 ページ消費税及び地方消費税の確定申告書の作成に必要な書類を説明します 3 確定申告の流れ 6 ページ 4 消費税の税額計算

 ○ 金融業及び保険業が、第四種事業から第五種事業へ(みなし仕入率 60% ➡ 50% )  ○ 不動産業が第五種事業から新たに設けられた第六種事業へ(みなし仕入率 50% ➡ 40% ) この改正は、原則として、平成 27 年4月1日以後に開始する課税期間から適用されます。 したがって、 個人事業者については、原則として、今回申告していただく平成 28 年 から改正後のみなし仕入率が適用されます。 なお、平成 27 年から簡易課税制度を選択した個人事業者が、当該選択に係る「消費簡易課税制度選択届出書」を平成 26 年9月 30 日までに提出している場合には、経過措置により、改正前のみなし仕入率が適用されます。
さらに見せる

28 さらに読み込む

( 案 ) 阿寒地区切込砂利単価契約書 1. 予定総契約金額円 ( うち取引に係る消費税及び地方消費税の額円 ) 2. 契約金額等 品名 規格 予定数量 単位当たり単価 うち取引に係る消費税及び地方消費税の額 切込砂利 (0~80mm 級 ) 1,560 m3円 / m3円 3. 契約期間契約締結日

( 案 ) 阿寒地区切込砂利単価契約書 1. 予定総契約金額円 ( うち取引に係る消費税及び地方消費税の額円 ) 2. 契約金額等 品名 規格 予定数量 単位当たり単価 うち取引に係る消費税及び地方消費税の額 切込砂利 (0~80mm 級 ) 1,560 m3円 / m3円 3. 契約期間契約締結日

(1)公正取引委員会が、乙又は乙の代理人に対して私的独占の禁止及び公正取引の 確保に関する法律(昭和22年法律第54号。以下「独占禁止法」という。)第 7条又は第8条の2(同法第8条第1項第1号又は第2号に該当する行為の場合 に限る。)の規定による排除措置命令を行ったとき、同法第7条の2第1項(同 法第8条の3において読み替えて準用する場合を含む。)の規定による課徴金納 付命令を行ったとき又は同法第7条の2第18項若しくは第21項の規定による 課徴金の納付を命じない旨の通知を行ったとき。
さらに見せる

19 さらに読み込む

18 消費税相当額消費税法 ( 昭和 63 年法律第 108 号 ) 及び同法に関する法令の規定に基づき課税される消費税の額並びに地方税法 ( 昭和 25 年法律第 226 号 ) 及び同法に関する法令の規定に基づき課税される地方消費税の額 第 2 章サービスの種類等 (ASP サービスの種類 )

18 消費税相当額消費税法 ( 昭和 63 年法律第 108 号 ) 及び同法に関する法令の規定に基づき課税される消費税の額並びに地方税法 ( 昭和 25 年法律第 226 号 ) 及び同法に関する法令の規定に基づき課税される地方消費税の額 第 2 章サービスの種類等 (ASP サービスの種類 )

(実施期日) 1 この規約は、平成 19 年3月7日から実施します。 (経過措置) 2 平成 19 年3月7日から平成 19 年9月 30 日までの間に、タイプ2及びタイプ3のいずれも契約申込を行った場合であっ て、当社がその契約申込を承諾し、その利用の開始が平成 19 年 10 月 31 日までに行われた場合には、そのタイプ2及びタ イプ3の提供を開始した日を含む料金月の翌料金月以降について、料金表第1表(料金)第2(料金額)の2-2のウ及び 2-3(ウイルスバスター利用機能に係るものに限ります)に規定する利用料金にかかわらず、次表に掲げる利用料金を適 用します。ただし、平成 19 年 12 月 31 日までにタイプ2又はタイプ3のいずれかに係る契約を解除したときは、この限り でありません。
さらに見せる

31 さらに読み込む

(1) 委託予定金額委託料は1,000,000 円 ( 消費税及び地方消費税を含む ) を上限とする 2019 年度委託料 ( 予定 )3,000,000 円 ( 消費税及び地方消費税を含む ) を上限とする ただし 次年度の実施について 予算がついた場合にのみ実施することとして 改めて 2019

(1) 委託予定金額委託料は1,000,000 円 ( 消費税及び地方消費税を含む ) を上限とする 2019 年度委託料 ( 予定 )3,000,000 円 ( 消費税及び地方消費税を含む ) を上限とする ただし 次年度の実施について 予算がついた場合にのみ実施することとして 改めて 2019

ⅱ)安全なプログラミングを行うとともに、公開前に十分なセキュリティテストを実施すること。 ⅲ)製作・運営時を通じて情報セキュリティの適正な管理を実施する者として、総括責任者や (Web サイトのセキュリティ対策に通じた技術担当の)窓口担当者等を選定し、管理組織を 整備の上、情報の漏えい・滅失・き損及び改ざんの防止、その他情報の適正な管理のた めに必要な措置を講じること。

11 さらに読み込む

消費税および地方消費税の確定申告書 作成の手引き

消費税および地方消費税の確定申告書 作成の手引き

中間申告を行った方は、実際に納付したかどうかにかかわらず、平成 24 年の地方消費の中間納付譲渡割額の合計額を 申告書欄 に記入します。なお、税務署から送付した申告書には、中間納付譲渡割額がある場合、その合計額が印字されています。 ※ 3 月ごと(年 3 回)又は 1 月ごと(年 11 回)の中間申告を行った場合、税務署から送付する申告書に中間納付譲渡割額は印字 されません。最終の中間申告(3 回分又は 11 回)までの地方消費税額を合計して 申告書欄 に 記入してください。
さらに見せる

28 さらに読み込む

消費税及び地方消費税免税事業者申出書 茨戸西部中継ポンプ場で使用する高圧電力ほか9件/札幌市

消費税及び地方消費税免税事業者申出書 茨戸西部中継ポンプ場で使用する高圧電力ほか9件/札幌市

共通-第 14 号様式 消費税及び地方消費税免税事業者申出書. 備考 入札(見積合せ)に参加のうえ、落札(決定)者となり、消費税及び地方消費税 の免税事業者である場合、速やかに提出すること。.[r]

1 さらに読み込む

消費税及び地方消費税免税事業者申出書 「街路樹診断業務(北3条通ほか)」に係る一般競争入札について/札幌市

消費税及び地方消費税免税事業者申出書 「街路樹診断業務(北3条通ほか)」に係る一般競争入札について/札幌市

共通-第 14 号様式 消費税及び地方消費税免税事業者申出書. 備考 入札(見積合せ)に参加のうえ、落札(決定)者となり、消費税及び地方消費税 の免税事業者である場合、速やかに提出すること。.[r]

1 さらに読み込む

(2) 消費税率 10% への引上げ時に導入が予定されている軽減税率制度については 消費税 地方消費税の引上げ分のうち地方交付税原資分も含めると 約 3 割が地方の社会保障財源であり 仮に減収分のすべてが確保されない場合 地方の社会保障財源に影響を与えることになることから 確実に代替財源を確保するこ

(2) 消費税率 10% への引上げ時に導入が予定されている軽減税率制度については 消費税 地方消費税の引上げ分のうち地方交付税原資分も含めると 約 3 割が地方の社会保障財源であり 仮に減収分のすべてが確保されない場合 地方の社会保障財源に影響を与えることになることから 確実に代替財源を確保するこ

3.消費税率 10%への確実な引上げ等 (1)社会保障の機能強化・機能維持のための安定財源確保と財政健全化の同時達成 を目指した「社会保障・一体改革」の実現に向け、2019 年 10 月に予定されて いる消費地方消費税率 10%への引上げを確実に行うとともに、新しい経済政 策パッケージについては、地方行財政に大きく関わるものであることから、具体 的な政策の策定に当たっては地方の意見を十分踏まえ、適切に対処すること。 また、都市自治体が既に取り組んでいる子ども・子育て等をはじめとする社会
さらに見せる

5 さらに読み込む

記載例 ( 決算書 1 ページ ) 損益計算書 収 入 金 額 消費税の課税事業者が 消費税及び地方消費税 ( 以下 消費税等 といいます ) の経理処理を税込経理方式によっている場合に消費税等の還付税額があるときは その還付税額 ( 還付税額を本分の未収入金に計上したときは その未収入金に計上した

記載例 ( 決算書 1 ページ ) 損益計算書 収 入 金 額 消費税の課税事業者が 消費税及び地方消費税 ( 以下 消費税等 といいます ) の経理処理を税込経理方式によっている場合に消費税等の還付税額があるときは その還付税額 ( 還付税額を本分の未収入金に計上したときは その未収入金に計上した

月 額 年の中途で賃貸料を変更した場合には、変更した月、変更前の賃貸料及び変更後の賃貸料を記 入します。 礼金、権利金、 更 新 料 本年中に収入することの確定した礼金や権利金、更新料(これらと同様の性質を有するものを 含みます。)がある場合に、「礼」、「権」、「更」の該当文字を○で囲んで表示した上、その金額 を記入します。

8 さらに読み込む

84 万 2167 円を下回る部分並びに過少申告加算税賦課決定を取り消す 6 処分行政庁が平成 22 年 4 月 28 日付けで原告に対してした平成 20 年 4 月 1 日から同年 6 月 30 日までの課税期間分の消費税及び地方消費税の更正のうち還付消費税額 5507 万 4586 円を下回る部

84 万 2167 円を下回る部分並びに過少申告加算税賦課決定を取り消す 6 処分行政庁が平成 22 年 4 月 28 日付けで原告に対してした平成 20 年 4 月 1 日から同年 6 月 30 日までの課税期間分の消費税及び地方消費税の更正のうち還付消費税額 5507 万 4586 円を下回る部

機関が原告に対してサービス利用権を設定ないし譲渡したとは認め られず,また,原告がA社に本件旅行パッケージ商品という無形資 産を譲渡したとも認められない。 b 消費税法7条1項1号の「輸出」とは,貨物を外国に仕向けられ た船舶又は航空機に積み込むことをいい,船舶又は航空機への積込 みという貨物の物理的な移転行為を捉えた概念であるから,同号の 「本邦からの輸出として行われる資産の譲渡又は貸付け」とは,資 産を譲渡し又は貸し付ける取引のうち,当該資産を外国に仕向けら れた船舶又は航空機に積み込むことによって当該資産の引渡しが行 われるものをいうと解するのが相当である。しかるに,原告が,本 件取引において主張する「資産」である本件旅行パッケージ商品と は,無形資産であるサービス利用権を組み合わせて一体として組成 された商品であり,無形のものであるというのであるから,上記の 「外国に仕向けられた船舶又は航空機に積み込むことによって当該 資産の引渡しが行われるもの」に当たらず,本件取引は,原告の主 張を前提としても,消費税法7条1項1号の輸出免税取引に該当し ない。
さらに見せる

52 さらに読み込む

う ) を事業所得の金額の計算上必要経費に算入して所得税額を算出して確定申告をし また 平成 22 年 1 月 1 日から同年 12 月 31 日までの課税期間 ( 以下 平成 22 年課税期間 という ) の消費税及び地方消費税 ( 以下 消費税等 という ) について 本件広告宣伝費に係る消費税

う ) を事業所得の金額の計算上必要経費に算入して所得税額を算出して確定申告をし また 平成 22 年 1 月 1 日から同年 12 月 31 日までの課税期間 ( 以下 平成 22 年課税期間 という ) の消費税及び地方消費税 ( 以下 消費税等 という ) について 本件広告宣伝費に係る消費税

なお、原告は、本件法人は、司法書士会から法人会員証の交付を受けた平成23年1月2 5日までは法人としての業務ができる状態になかったとか、競業避止義務を負っている社員 が個人として司法書士業務を行うことは事実上可能であると主張する。しかし、司法書士法 人はその主たる事務所の所在地において設立の登記をすることにより成立し(同法33条) 、 その成立の時に、主たる事務所の所在地の司法書士会の会員となる旨規定しているのである から(同法58条1項)、本件法人は平成22年12月●日に設立するとともに、H司法書 士会の会員になったと認められる。そして、司法書士法人は、成立したときは、成立の日か ら2週間以内に、その旨を、主たる事務所の所在地の司法書士会及び日本司法書士会連合会 に届け出なければならないとされているものの(同法34条)、同法にも、届出や法人会員 証の交付がなければ司法書士法人として業務を行うことができない旨の規定はないところ、 上記のとおり現に本件法人は平成23年1月7日に過払金に関する裁判外の和解の代理業 務を行っているであるから、同月25日までは法人としての業務ができる状態になかった旨 の主張には理由がない。また、司法書士法人の成立後、競業避止義務に違反して個人として 司法書士業務を行うことは事実上可能であるとしても、本件法人が法人会員証の交付を受け るまでの間個人として司法書士業務を行っていたと認めることができないのは、上記で検討 したとおりである。
さらに見せる

14 さらに読み込む

消費税転嫁対策特別措置法についてのポイント はじめに平成 26 年 4 月及び平成 27 年 10 月に2 回にわたり消費税率が引上げられる予定ですが この引上げに際し 消費税の円滑かつ適正な転嫁を確保することを目的として 平成 25 年 6 月 5 日に 消費税の円滑かつ適正な転嫁の確保のための消

消費税転嫁対策特別措置法についてのポイント はじめに平成 26 年 4 月及び平成 27 年 10 月に2 回にわたり消費税率が引上げられる予定ですが この引上げに際し 消費税の円滑かつ適正な転嫁を確保することを目的として 平成 25 年 6 月 5 日に 消費税の円滑かつ適正な転嫁の確保のための消

(例)事業者がそれぞれ自主的に定めている本体価格に消費税額を上乗せする旨の決定や、消費 税額を上乗せした結果、計算上生じる端数を、切上げ、切捨て、四捨五入等により合理的な 範囲で処理することの決定 ② 表示カルテルとは、消費についての表示の方法の決定に係る共同行為のことをいいます。 (例)税率引上げ後の価格について、 「税込価格」と「消費税額」とを並べて表示したり、 「税込価
さらに見せる

6 さらに読み込む

輸出入 港湾関連情報処理センター株式会社 記入例 関税等のリアルタイム口座振替方式 ( ダイレクト方式 ) による納付申出書 輸出入 港湾関連情報処理センター株式会社殿 1 令和 年 月 日 私は 関税 とん税 特別とん税 内国消費税及び地方消費税 ( 以下 関税等 という ) を リアルタイム口座

輸出入 港湾関連情報処理センター株式会社 記入例 関税等のリアルタイム口座振替方式 ( ダイレクト方式 ) による納付申出書 輸出入 港湾関連情報処理センター株式会社殿 1 令和 年 月 日 私は 関税 とん税 特別とん税 内国消費税及び地方消費税 ( 以下 関税等 という ) を リアルタイム口座

関税等のリアルタイム口座振替方式(ダイレクト方式)による納付依頼書  私は、関税、とん、特別とん、内国消費及び地方消費(以下「関税等」という。)を、リアルタイム口座振替方式(ダイレクト方式) により納付することとしたいので、申し出ます。  私は、関税等を、リアルタイム口座振替方式(ダイレクト方式)により納付することとしたいので、下記約定を確約のうえ依頼します。
さらに見せる

6 さらに読み込む

A EA U A EA U A EA U 8 部分払い する ( 回以内 ) しない A 業務内容 E 履行 予定月 部分払の基準 E 数量単位単価金額 単価及び金額は消費税及び地方消費税相当額を含まない金額 概算数量の場合は 数量及び金額を ( ) で囲む 委託代金額 内訳業務価格 E 消費税及び

A EA U A EA U A EA U 8 部分払い する ( 回以内 ) しない A 業務内容 E 履行 予定月 部分払の基準 E 数量単位単価金額 単価及び金額は消費税及び地方消費税相当額を含まない金額 概算数量の場合は 数量及び金額を ( ) で囲む 委託代金額 内訳業務価格 E 消費税及び

及び公正取引の確保に関する法律(昭和22年法律第54号。 以下「独占禁止法」という。 )第2条第2項の事業者団 体(以下「受託者等」という。 )が、この契約について 独占禁止法第3条又は第8条第1号の規定に違反したと して、受託者等に対する独占禁止法第7条若しくは第8 条の2の規定に基づく排除措置命令(以下「排除措置命 令」という。 )又は独占禁止法第7条の2第1項(独占 禁止法第8条の3において準用する場合を含む。 )の規 定に基づく課徴金の納付命令(以下「納付命令」という。 )が確定したとき(確定した納付命令が独占禁止法第63 条第2項の規定により取り消されたときを含む。 ) 。 (2) 前号に掲げるもののほか、確定した排除措置命令又は
さらに見せる

21 さらに読み込む

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ

は、修繕費として処理してよろしいですか。……………………………………………………… 10 [Q7] 損壊した護岸を復旧するために要した費用は、修繕費として処理してよろしいですか。 今回の被害の大きさにかんがみ、損壊部分も含めて拡張工事を行うことを検討しています が、損壊した護岸の復旧と拡張工事を一の工事で行う場合には、どのように取り扱われ ますか。………………………………………………………………………………………………… 10 [Q8] 被災資産以外の資産 ..... について耐震性を高めるための工事を行った場合に、その工事に要
さらに見せる

25 さらに読み込む

記載例 ( 決算書 1 ページ ) 決算書にマイナンバー ( 個人番号 ) の記入は不要です 損益計算書 収 入 金 額 消費税の課税事業者が 消費税及び地方消費税 ( 以下 消費税等 といいます ) の経理処理を税込経理方式によっている場合に消費税等の還付税額があるときは その還付税額 ( 還付税

記載例 ( 決算書 1 ページ ) 決算書にマイナンバー ( 個人番号 ) の記入は不要です 損益計算書 収 入 金 額 消費税の課税事業者が 消費税及び地方消費税 ( 以下 消費税等 といいます ) の経理処理を税込経理方式によっている場合に消費税等の還付税額があるときは その還付税額 ( 還付税

償 却 期 間 資産を月の中途で取得や譲渡、取壊しなどをした場合は、その月を1か月として計算した本年中の償却期間 の月数を記入します。 ㋭本 年 の 普 通 償 却 費 ① 「㋺×㋩×㋥」で計算した金額を記入します。 ② 減価償却費の累積額が取得価額の95%相当額に 達した年の翌年以後5年間において均等償 却を行う場合には、「 { (取得価額-取得価額× 95%-1円)÷5 } ×㋥」の金額を記入します。

8 さらに読み込む

Show all 10000 documents...