2014年 1 月からの運営体制は以下のとおりである

Top PDF 2014年 1 月からの運営体制は以下のとおりである:

別紙 Ⅰ 対象事業の概要環境影響評価法 ( 平成 9 年法律第 81 号 以下 法 という ) 第 15 条に基づき 事業者である国土交通省関東地方整備局及び横浜市から 平成 30 年 6 月 22 日に送付のあった環境影響評価準備書 ( 以下 準備書 という ) の概要は次のとおりである 1 事業

別紙 Ⅰ 対象事業の概要環境影響評価法 ( 平成 9 年法律第 81 号 以下 法 という ) 第 15 条に基づき 事業者である国土交通省関東地方整備局及び横浜市から 平成 30 年 6 月 22 日に送付のあった環境影響評価準備書 ( 以下 準備書 という ) の概要は次のとおりである 1 事業

号。以下「条例」という。 )第75条第6号に基づき、神奈川県環境影響評価審 査会(以下「審査会」という。 )に諮問し、以降4回にわたり審議が行われ、 平成301031日に答申があった。 答申、環境監視調査を適切に行い、その調査結果を住民に公表するこ と、環境保全措置ある生物共生型護岸を、当該地生物生息環境に資す る構造となるよう検討するとともに、その効果を検証することなどについて 指摘があった。
さらに見せる

5 さらに読み込む

1 運用体制 2017 年 10 月 ~12 月期 ( 以下 本四半期 ) は 各 SIG での参加組織拡大があり 全体では 2017 年 9 月末の 11 業界 190 組織の体制から 11 業界 227 組織 2 の体制となった ( 図 1) 2017 年 10 月 ガス業界 SIG に新たな参

1 運用体制 2017 年 10 月 ~12 月期 ( 以下 本四半期 ) は 各 SIG での参加組織拡大があり 全体では 2017 年 9 月末の 11 業界 190 組織の体制から 11 業界 227 組織 2 の体制となった ( 図 1) 2017 年 10 月 ガス業界 SIG に新たな参

さらに、9 以降、ファイルが添付されておらず、メール本文中に URL リンクが記載されており、受信者 が URL リンクをクリックすること、「DreamBot をダウンロードして感染させるためスクリプトファイル(ダウ ンローダ)が入った圧縮ファイル」をダウンロードさせる、という手口も新たに見られるようになった。 ばらまかれたメール件名様々な種類があり、一般的な用件を装うような件名他に、何らかの業界 専門用語が用いられたものもあった。また、IPA が観測できた範囲、同時期にばらまかれたメール量 をメール件名別に一部比較したところ、大量に送信されたメールと、ごく少数しか送信されなかったメール があり、大きな偏りが見られることがあった。攻撃者意図不明だが、メールがばらまかれた量に多寡が あることによって、メールフィルタリング検知率や組織対応等に差異が生じる可能性がある。例え ば、何百通と着信する攻撃メールを検知・対処できる一方、数通しか着信しない攻撃メールが見逃されて しまうという可能性が考えられる。
さらに見せる

22 さらに読み込む

平成 29 年 (5 月から 9 月 ) の熱中症による救急搬送状況の概要 平成 29 年 5 月から 9 月の熱中症による救急搬送状況について調査を行ったところ その概要は以下のとおりでした 1 総数平成 29 年 5 月から 9 月の全国における熱中症による救急搬送人員数の累計は 52,984

平成 29 年 (5 月から 9 月 ) の熱中症による救急搬送状況の概要 平成 29 年 5 月から 9 月の熱中症による救急搬送状況について調査を行ったところ その概要は以下のとおりでした 1 総数平成 29 年 5 月から 9 月の全国における熱中症による救急搬送人員数の累計は 52,984

全国消防機関をはじめ、熱中症予防を啓発する関係機関にも御活用いただけるよ う、以下消防庁 HP にコンテンツを掲載しています。是非御活用ください。 消防庁 HP『熱中症情報』 http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/fieldList9_2.html ○ 気象庁報道発表資料「夏(6~8月)天候」より抜粋

20 さらに読み込む

第 1 請求の内容 1 請求人 ⑴ 春日井市 ⑵ 春日井市 2 請求書の提出 平成 31 年 3 月 18 日 3 請求の内容本件請求の要旨は 請求書及び陳述の内容から次のとおりであると解した なお 原文は 末尾に掲載した ⑴ 請求の趣旨ア春日井市長 ( 以下 市長 という ) は 平成 30 年

第 1 請求の内容 1 請求人 ⑴ 春日井市 ⑵ 春日井市 2 請求書の提出 平成 31 年 3 月 18 日 3 請求の内容本件請求の要旨は 請求書及び陳述の内容から次のとおりであると解した なお 原文は 末尾に掲載した ⑴ 請求の趣旨ア春日井市長 ( 以下 市長 という ) は 平成 30 年

本件親睦会出席判断についても、任意団体から出席依頼として他 各種団体から依頼と同様に公務と判断していた。 ⑵ 本件親睦会出席判断について 公務に当たり出欠判断について、地方公共団体として役割を果 たすことに資するものあること、当該団体実施する催事等が、宗教的、 政治的、営利的など意図又は目的がないことを確認した上、相手方と 友好関係や信頼関係維持増進を図るため、時間許す限り出席する こととしていた。
さらに見せる

8 さらに読み込む

目次 第 1 章高須川流域と河川の概要 流域の概要 過去の水害 治水事業の経緯... 5 第 2 章高須川の現状と課題 治水の現状と課題 河川の利用及び河川環境の現状と課題 河川水の利用.

別紙第 1 職員の給与 ( 海事職給料表の導入等 ) に関する報告 本委員会は 船舶に乗り組む職員 ( 以下 船舶乗組員 という ) の給与について 昨年 10 月 9 日の職員の給与に関する報告でも言及したとおり 勤務の特殊性から見直す必要があると考え 検討を重ねてきた その結果は 次のとおりであ

2 職員特殊勤務手当に関する条例(昭和27条例第39号)改正 航海手当支給、沿岸3マイル以遠海域において行う試験調査、実 習又は講習ため航海業務うち、日没時から日出時まで間において 行われる業務(船室内行われるものを除く。)又は気象業務法施行令(昭 和27政令第471号)第4条若しくは第5条に規定する注意報若しくは警報 うち航海業務において危険と認められるものが発令されている期間に行 われる業務に限ること。
さらに見せる

18 さらに読み込む

Ⅰ. 平成 29 年度組織改正について 平成 29 年 3 月 25 日付 平成 29 年度の組織改正を以下のとおり 実施します 1. 本部組織改正 1 グループ経営の推進に向けた体制整備〇グループ経営管理体制の整備 運営機能等を強化する観点から 関連事業部 を 関連事業統括部 に名称変更し 機能

Ⅰ. 平成 29 年度組織改正について 平成 29 年 3 月 25 日付 平成 29 年度の組織改正を以下のとおり 実施します 1. 本部組織改正 1 グループ経営の推進に向けた体制整備〇グループ経営管理体制の整備 運営機能等を強化する観点から 関連事業部 を 関連事業統括部 に名称変更し 機能

(2)個別保険マーケット領域における体制整備 〇今後マーケット環境に対応し得る営業職員チャネル(ニッセイトータルパートナー等)構築に 向けて、営業職員チャネルに関する制度企画機能等を強化する観点から、営業職員チャネルに関する 人事制度企画機能および人事運用機能(営業職員資格選考・人事考課基準制定機能等)を集約し、 「営業勤労部」を新設します。

32 さらに読み込む

1 28 本研究成果は論文掲載先である Nature Communications から 以下の通り報道解禁設定があります TV ラジオ WEB 1 月 28 日 ( 月 ) 午後 7 時 ( 日本時間 ) 新聞 1 月 29 日 ( 火 ) 朝刊 ( 日本時間 ) 2019 年 1 月 25 日

1 28 本研究成果は論文掲載先である Nature Communications から 以下の通り報道解禁設定があります TV ラジオ WEB 1 月 28 日 ( 月 ) 午後 7 時 ( 日本時間 ) 新聞 1 月 29 日 ( 火 ) 朝刊 ( 日本時間 ) 2019 年 1 月 25 日

子通信を実行するあれば、送受信者自分場所、量子もつれ状態にある光子を含む光パルスを複数用意し、 それらを光ファイバを通じて全光量子中継器に送ります。それら光パルスを受け取った中継器、グラフ状態にある 光子を準備し、それを、受け取った光パルスと干渉させ、光子検出器測定すること「時間反転型」適応ベル測定 を実装します。この測定、光ファイバ伝送損失によって失われてしまった光子影響を一切受けずに、伝送損失 に打ち勝った光子に対してのみにベル測定を施すものです(図3)。従って、もしこの測定が実現できていれば、送信者 が送った光パルスうち、光ファイバ伝送損失に打ち勝った光子を含む光パルス量子情報だけが、損失により光 子を失った他光パルス影響を受けずに、忠実に受信者に転送されるはずです。 山本教授ら研究グループ、 実験室 3 光子グラフ状態を同時発生し、この損失耐性付量子テレポーテーションを実現したこと、史上初めて、 量子中継器主要役割ある適応ベル測定原理検証を成功させるとともに、全光量子中継「時間反転」原理 確認に成功しました。
さらに見せる

5 さらに読み込む

( 平成 29 年 5 月 23 日裁決 )I 公表裁決事例等の紹介 1 国税不服審判所 なお 本件各更正処分等の通知書に付記された処分の理由 ( 以下 本件付記理由 という ) の要旨は 別紙 2のとおりである ハ請求人らは 本件各更正処分等に不服があるとして 平成 28 年 7 月 27 日にそ

( 平成 29 年 5 月 23 日裁決 )I 公表裁決事例等の紹介 1 国税不服審判所 なお 本件各更正処分等の通知書に付記された処分の理由 ( 以下 本件付記理由 という ) の要旨は 別紙 2のとおりである ハ請求人らは 本件各更正処分等に不服があるとして 平成 28 年 7 月 27 日にそ

したがって、 課税庁が、 評価通達に定める評価方法による評価額を採用するか否かについて、 相続税 法第22条及び租税平等原則両面から規制を受け、 これを恣意的に決定することできないというべ きあり、 この点に関する請求人ら主張採用することができない。 (ホ) 請求人ら、 通達評価額と不動産鑑定士等によるほか評価方法による評価額と乖離が著しいこ とまれなく、 その場合全てに評価通達に定める評価方法以外評価方法が採用されているわけ なく、 特に本件各不動産近隣不動産評価においても、 評価通達に定める評価方法以外方法による 評価額に基づく課税処分が行われているかどうか明らかないから、 本件各不動産について特別事情 があるとして評価通達に定める評価方法を採用しないこと、 租税公平主義に反する旨主張する。
さらに見せる

18 さらに読み込む

3. 地域から期待される道路の役割 ( 効果 ) 開通に関するお知らせ ( 開通時間 通行方法 ) 別紙 -1 課題 2 地域産業の支援平成 26 年 3 月 30 日 ( 日 )15 時から以下のとおりで通行が可能となります 1

3. 地域から期待される道路の役割 ( 効果 ) 開通に関するお知らせ ( 開通時間 通行方法 ) 別紙 -1 課題 2 地域産業の支援平成 26 年 3 月 30 日 ( 日 )15 時から以下のとおりで通行が可能となります 1

尾道自動車道開通により、四国、関西、関東方面から利用に期待 しています。 なお、松江自動車道開通後、利用者数 約3割増加 しました。無料高速道路乗 り降りが自由なため回遊性が高く、沿線地域へ効果が大きいことを実感しています。 [平田観光農園 平田様(H25.11ヒアリング結果より)]

8 さらに読み込む

1 運用体制 2018 年 4 月 ~6 月期 ( 以下 本四半期 ) は 新たに医療業界での 情報連携体制 の運用開始 電力業界 SIG で参加組織の増加があり 全体では 2018 年 3 月末の 11 業界 228 組織の体制から 11 業界 229 組織 2 +1 情 報連携体制 (4 団体お

1 運用体制 2018 年 4 月 ~6 月期 ( 以下 本四半期 ) は 新たに医療業界での 情報連携体制 の運用開始 電力業界 SIG で参加組織の増加があり 全体では 2018 年 3 月末の 11 業界 228 組織の体制から 11 業界 229 組織 2 +1 情 報連携体制 (4 団体お

項番 3 について、ネットワーク機器脆弱性を悪用する攻撃あり、事象発生前にベンダ等から攻 撃増加について注意喚起がなされていた。本件に限らず、自組織が使用している機器や製品脆弱性 情報を適宜入手し、対応を行う必要がある。 また、項番 4 について、組織内 PC から不審サイトへアクセスをセキュリティ機器検知したという もの、これらいずれも、ウェブ閲覧中に不正な広告があるページを開いたものや、何らかの理由詐欺 サイトような悪意あるウェブサイトへ誘導されたものあった。通常業務中でもこのようなこと発生 しうるため、攻撃被害に遭わないよう、PC ソフトウェア脆弱性を解消するとともに、不審サイト・詐欺 サイト・偽警告 7 等に騙されないように従業員へ教育を行うことが重要ある
さらに見せる

23 さらに読み込む

(1) 被告は, 以下の商標 ( 商標登録第 号 以下 本件商標 と いう ) の商標権者である ( 甲 1, 乙 66) 商標別紙記載のとおり 登録出願日 登録査定日 設定登録日 平成 23 年 9 月 22 日 平成 24 年 1 月 23 日 平成 24 年 3 月 16 日

(1) 被告は, 以下の商標 ( 商標登録第 号 以下 本件商標 と いう ) の商標権者である ( 甲 1, 乙 66) 商標別紙記載のとおり 登録出願日 登録査定日 設定登録日 平成 23 年 9 月 22 日 平成 24 年 1 月 23 日 平成 24 年 3 月 16 日

その後,原告,上記商標登録出願件について問い合わせるため, 被告代表者に面談を要請したが,回答を得られなかった。 原告,同年11月,オカバマネジメントから,平成24に納品し たオカバオリジナルハイパット追加発注を求められた際,「ハイパッ ト」商品名受注できないことを伝えるとともに,本件商標登録 出願経緯について説明を求めた。しかし,オカバマネジメント,お互 いためを考えると,オカバマネジメントと原告が業務提携をすること を勧める旨,将来,原告が被告グループに参入すること検討を求め る旨を述べて, 原告に対し, 繰り返し業務提携をするよう圧力をかけた。 その後,原告,平成2812月,オカバに対し,「ハイパット」 商標を使用した,原告製関連商品販売自粛等を求めたが,平成 291月,オカバから,オカバと原告と物流用品販売事業を終了す る旨通知(甲251)を受けた。
さらに見せる

42 さらに読み込む

会社概要 日本最大級のパチンコホール運営企業 店舗数は国内トップ (1) 概要 ダイナムジャパンホールディングス ( 以下同社 ) は 日本最大級のパチンコホール運営企業である 2013 年 9 月末現在の店舗数は 363 店舗で これは国内首位だ パチンコホールの収入指標の 1 つである 貸玉収入

会社概要 日本最大級のパチンコホール運営企業 店舗数は国内トップ (1) 概要 ダイナムジャパンホールディングス ( 以下同社 ) は 日本最大級のパチンコホール運営企業である 2013 年 9 月末現在の店舗数は 363 店舗で これは国内首位だ パチンコホールの収入指標の 1 つである 貸玉収入

株式市場を意識してきたこともう1意義、株主重視経営ある。 同社業界初労働組合を結成するなど、広くステークホルダー(ダイナムグ ループ「信頼関係者」と呼んいる)を重視する経営を行っていると言え るが、なかでも株主に対する意識高さ注目できる。同社今後10年間、 店舗数シェア10%を獲得して1,000店体制にするという目標を掲げており、言わ ば成長段階にある。通常あれば「成長企業」という、獲得した利益を成 長投資に優先配分し、株主に成長に伴うキャピタルゲイン報いるという が一般的だ。しかし、同社高い成長目標を掲げつつも、配当性向を45~50% にするという方針を表明し、高成長と高配当両立を目指している。
さらに見せる

14 さらに読み込む

<2014年の花粉飛散傾向発表。2月上旬から花粉シーズン到来、対策は1月から>

<2014年の花粉飛散傾向発表。2月上旬から花粉シーズン到来、対策は1月から>

同じ~やや早い 110% 九州南部 2 に入ると一時的に寒さが緩むタイミングがあり、次第に春の 到来を感じさせる暖かい日が増えそうです。この冬も厳しい寒さ となる日が多くなりますが、2 昨シーズン並み寒さとなる 予想です。ただ、飛散量が昨シーズンより多い予想となっている 県、昨シーズンよりも花粉が飛散しやすく、飛散開始時期、 昨シーズンとほぼ同じ~やや早く、2 上旬から飛散開始となる 予想です。その後、1 週間~10 日間程本格的な花粉シーズンと なり、3 上旬~中旬にスギ花粉飛散量がピークとなる予想 す。スギ花粉ピークが過ぎた頃にヒノキ花粉が徐々に飛び始め、 4 上旬~中旬にヒノキ花粉量がピークを迎える地域が多くな る見通しです。
さらに見せる

8 さらに読み込む

(2) 本件選挙は, 平成 28 年法律第 49 号 ( 以下 平成 28 年改正法 という ) 及び平成 29 年法律第 58 号 ( 以下 平成 29 年改正法 という ) により改定された本件区割規定による選挙区割りの下で施行されたものであるが, これに至る法改正等の概要は次のとおりである ア

(2) 本件選挙は, 平成 28 年法律第 49 号 ( 以下 平成 28 年改正法 という ) 及び平成 29 年法律第 58 号 ( 以下 平成 29 年改正法 という ) により改定された本件区割規定による選挙区割りの下で施行されたものであるが, これに至る法改正等の概要は次のとおりである ア

11 衆議院議員選挙につき全国を多数選挙区に分けて実施する制度が採用 される場合に,選挙制度仕組みうち定数配分及び選挙区割りを決定する に際して,憲法上,議員1人当たり選挙人数ないし人口ができる限り平等に 保たれることを最も重要かつ基本的な基準とすることが求められているとい うべきあるが,それ以外要素も合理性を有する限り国会において考慮する ことが許容されているものと解されるあって,具体的な選挙区を定めるに 当たって,都道府県を細分化した市町村その他行政区画などを基本的な単 位として,地域面積,人口密度,住民構成,交通事情,地理的状況など諸 要素を考慮しつつ,国政遂行ため民意的確な反映を実現するとと もに, 投票価値平等を確保するという要請と調和を図ることが求められている ところある。したがって,このような選挙制度合憲性,これら諸事情 を総合的に考慮した上なお,国会に与えられた裁量権行使として合理性を 有するといえるか否かによって判断されることになり,国会がこのような選挙 制度仕組みについて具体的に定めたところが,上記ような憲法上要請に 反するため,上記裁量権を考慮してもなおその限界を超えており,これを是 認することができない場合に,初めてこれが憲法に違反することになるものと 解すべきある(最高裁昭和49(行ツ)第75号昭和514月14日大 法廷判決民集30巻3号223頁,平成23,平成25及び平成27各 大法廷判決)。
さらに見せる

15 さらに読み込む

3 控室 控室は 1 部屋用意すること また 90m 2 程度の広さであること Ⅲ. 業務概要 受注者が実施する報告会に係る業務概要は以下のとおり 1. 会場の設営及び撤去 2. 備品 機材等の手配 3. 運営マニュアル作成等業務 4.Web サイトの構築 運営 更新 保守 5. 運営等業務 6.

3 控室 控室は 1 部屋用意すること また 90m 2 程度の広さであること Ⅲ. 業務概要 受注者が実施する報告会に係る業務概要は以下のとおり 1. 会場の設営及び撤去 2. 備品 機材等の手配 3. 運営マニュアル作成等業務 4.Web サイトの構築 運営 更新 保守 5. 運営等業務 6.

4.Web サイト構築、運営、更新、保守 Web サイトを構築し、運営、更新及び保守等を行うこと。詳細以下とおり (1)報告会参加事前登録用 Web サイト構築 報告会を開催するにあたり、事前にインターネット上イベントへ参加登録を行 えるように、契約締結後速やかにデザイン案を作成し、平成 30 7 24 日(火) までに発注者了承を得たうえ参加事前登録用 Web サイト構築、発注者による 動作確認うえ、平成 30 8 1 日(水)から平成 30 10 3 日(水)まで一般 公開をすること。また、参加事前登録者等へ対応を行うこと。
さらに見せる

12 さらに読み込む

1 第節 国際テロ情勢と対策 1 国際テロ情勢 (1) イスラム過激派平成 28 年 (2016 年 ) 中には 図表 5-1 のとおり 世界各地でテロ事件が相次いで発生するなど イスラム過激派によるテロの脅威は依然として高い状況にある 平成 26 年 (2014 年 ) にカリフ制国家の樹立を宣言

1 第節 国際テロ情勢と対策 1 国際テロ情勢 (1) イスラム過激派平成 28 年 (2016 年 ) 中には 図表 5-1 のとおり 世界各地でテロ事件が相次いで発生するなど イスラム過激派によるテロの脅威は依然として高い状況にある 平成 26 年 (2014 年 ) にカリフ制国家の樹立を宣言

一方、日露間対話継続しており、同年5月にロシア・ソチ、同年9月にロシア・ウラジ オストク及び同年11ペルー・リマと相次い日露首脳会談を行ったほか、同年12プー チン大統領が7ぶりに来日し、我が国首脳会談が実現した。この結果、両首脳、北方四島 において共同経済活動を行うため特別な制度に関する協議を開始することに合意したほか、「8項 目協力プラン」に沿って、両国政府間及び民間合計80件協力を進めていくこと一致した。 ロシア国内、欧米諸国による経済制裁や原油価格下落等により経済状況が悪化したが、 プーチン大統領、平成262014)3月ウクライナクリミア自治共和国及びセヴァ ストーポリ特別市「併合」以後、愛国主義的傾向を強める国民世論支持を背景として高い 支持率を維持しており、平成28(2016)9月下院議員選挙与党「統一ロシア」が 圧勝した。また、大統領直属治安部隊組織「国家親衛隊」を創設したほか、長年側近とし て仕えた大統領府長官を交替させるなど、政権基盤強化と刷新を図った。
さらに見せる

24 さらに読み込む

事件名航空会社の電動車椅子搭乗拒否に関する人権救済申立事件 (2014 年度第 16 号事件 ) 受付日 2014 年 5 月 22 日申立人 Y 氏相手方エアアジアX 第 1 結論相手方であるエアアジアX(AirAsia X Berhad) に対し, 別紙のとおり警告するのが相当である 第 2 申

事件名航空会社の電動車椅子搭乗拒否に関する人権救済申立事件 (2014 年度第 16 号事件 ) 受付日 2014 年 5 月 22 日申立人 Y 氏相手方エアアジアX 第 1 結論相手方であるエアアジアX(AirAsia X Berhad) に対し, 別紙のとおり警告するのが相当である 第 2 申

一方,障害者権利に関する条約(以下「障害者権利条約」という。)障 がいある人に対して移動自由と平等権を保障すべきことを規定している。 すなわち,障害者権利条約,前文障がいある基本的人権及び平等 権が当然こととして保障されなければならないことを明確にした((a)項, (h)項)上,第3条において,一般原則として,「(f)施設及びサービ ス等利用容易さ」を定め,第9条第1項及び第2項(b)により,公衆 に開放され,又は提供される施設及びサービスを提供する民間団体におい ても,障がいある移動自由ないし移動権利が保障されなければな らないとしている。なお,日本のみならず,相手方所在地あるマレーシ アも障害者権利条約を批准している。
さらに見せる

11 さらに読み込む

税務情報 固定資産の加速減価償却の範囲が拡大 ~ 財税 [2014]75 号の施行 ~ 2014 年 10 月 20 日付けで 固定資産の加速減価償却に係る企業所得税政策の完備に関する通知 ( 財税 [2014]75 号 以下 75 号通知 と表記 ) が公布され 2014 年 1 月 1 日から遡

税務情報 固定資産の加速減価償却の範囲が拡大 ~ 財税 [2014]75 号の施行 ~ 2014 年 10 月 20 日付けで 固定資産の加速減価償却に係る企業所得税政策の完備に関する通知 ( 財税 [2014]75 号 以下 75 号通知 と表記 ) が公布され 2014 年 1 月 1 日から遡

トーマツ チャイナ ニュース Vol. Vol.144 Nobember 2014 トーマツグループ日本におけるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(英国法令に基づく保証有限責任会社)メンバーファームおよびそれ ら関係会社(有限責任監査法人トーマツ、デロイト トーマツ コンサルティング株式会社、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー株 式会社および税理士法人トーマツを含む)総称です。トーマツグループ日本最大級ビジネスプロフェッショナルグループひとつあ り、各社がそれぞれ適用法令に従い、監査、税務、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー等を提供しています。また、国内約 40 都市に約 7,800 名専門家(公認会計士、税理士、コンサルタントなど)を擁し、多国籍企業や主要な日本企業をクライアントとしています。詳細 トーマツグループ Web サイト(www.deloitte.com/jp) をご覧ください。
さらに見せる

5 さらに読み込む

などに関する支援を実施する 上記に示す基本的な考え方に基づき 道路管理者として行った具体的な支援は以下のとおりである a) 道路管理体制強化 特別強化区間の設定 連絡体制期間 特別体制期間の設定 本部 事務所の管理体制構築と前線基地の設置 道路巡回 道路点検の強化 b) 安全で円滑な道路交通の確保

などに関する支援を実施する 上記に示す基本的な考え方に基づき 道路管理者として行った具体的な支援は以下のとおりである a) 道路管理体制強化 特別強化区間の設定 連絡体制期間 特別体制期間の設定 本部 事務所の管理体制構築と前線基地の設置 道路巡回 道路点検の強化 b) 安全で円滑な道路交通の確保

平成 20 7月7日から9日三日間、北海道洞爺湖サミットが開催された。平成 19 6月洞爺湖開 催閣議決定から、約1年間、「安全円滑な道路交通を確保する」ために必要な一般国道維持管理とサ ミット開催支援観点から道路危機管理に資する管理体制を構築した。当事務所管内、会場となるウイ ンザーホテルへアクセスルートを管理することから、道路交通確保ため整備、情報通信網確保に関 する支援、道路管理体制強化を重点的に実施した。本稿、道路管理体制強化手法及び各種道路整備 など取り組みについて報告する。
さらに見せる

5 さらに読み込む

第 47 回衆議院議員総選挙 (2014 年 12 月 ) での選挙運動法定費用額の実際の額は 最大 の額は北海道 6 区の 27,763,200 円で 最少の額は鳥取 1 区の 22,674,200 円であった 首 都圏の 4 都県では下記のとおり 第 47 回衆議院議員総選挙 (2014 年 1

第 47 回衆議院議員総選挙 (2014 年 12 月 ) での選挙運動法定費用額の実際の額は 最大 の額は北海道 6 区の 27,763,200 円で 最少の額は鳥取 1 区の 22,674,200 円であった 首 都圏の 4 都県では下記のとおり 第 47 回衆議院議員総選挙 (2014 年 1

2016 実施参議院選挙、最大北海道選挙区 59,827,100 円、最少 高知県選挙区 32,742,400 円あった。首都圏 4 都県以下とおり。 《 第 24 回参議院議員総選挙(2016 7 選挙運動法定費用額(総務省資料より作成)》 区分 第 1 区 第 2 区 第 3 区 第 4 区 第 5 区 埼玉県 25,641,200 26,068,300 26,089,400 24,518,900 24,482,200 千葉県 25,181,600 25,592,600 24,020,300 25,767,700 25,349,500 東京都 26,498,700 25,673,800 26,380,000 25,634,700 26,344,100 神奈川県 25,384,800 25,457,800 25,395,500 24,012,500 25,855,300 区分 第 6 区 第 7 区 第 8 区 第 9 区 第 10 区 埼玉県 25,556,600 25,397,200 24,402,300 25,181,100 24,007,700 千葉県 24,381,400 25,169,900 25,052,600 25,157,800 24,454,900 東京都 26,178,200 25,898,800 26,088,300 25,897,300 24,447,200 神奈川県 24,701,000 25,614,800 24,904,600 23,709,300 25,715,000 区分 第 11 区 第 12 区 第 13 区 第 14 区 第 15 区 埼玉県 24,462,600 24,686,300 24,548,300 25,472,500 24,787,000 千葉県 24,612,400 24,871,800 24,937,800
さらに見せる

11 さらに読み込む

Show all 10000 documents...