平成27年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

Top PDF 平成27年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結):

平成30年3月期 第1四半期決算短信[日本基準](連結)

平成30年3月期 第1四半期決算短信[日本基準](連結)

当社グループは、前連結会計年度まで4連続して営業損失、経常損失及び親会社株主に帰属する当期純損失を 計上したことから、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況が存在しております。 当社グループとしては、当該状況を早期に改善・解消すべく対処を行っております。 ビーフジャーキーについては、新商品の投入及び営業活動エリアを拡大して新規取扱先を開拓し拡販を図り工場

9 さらに読み込む

平成30年3月期 第3四半期決算短信[日本基準](非連結) IRライブラリー

平成30年3月期 第3四半期決算短信[日本基準](非連結) IRライブラリー

四半期累計期間のリビング・インテリア用品の売上高は11億21百万円(前年同期比9.0%減)、営業利 益は61百万円(同13.2%減)となりました。 リビング・インテリア用品は苦戦が続いた紙面通販向けの取引は前年比で荷動きが良化したことに加え、テレ ビやインターネットの通販も好調でした。しかしながら問屋向け輸入取引が苦戦した結果、全体では売上、利益

8 さらに読み込む

平成30年3月期 第3四半期決算短信[日本基準](連結) 企業情報|旭松食品

平成30年3月期 第3四半期決算短信[日本基準](連結) 企業情報|旭松食品

(3)連結業績予想などの将来予測情報に関する説明 当四半期連結累計期間におきまして、売上高が販売競争の激化等により想定よりも減少しております。また、 当社の退職金制度である確定給付企業年金制度を、平成301月日に確定拠出年金制度へ全面移行し、移行時の 損失を当四半期連結会計期間に特別損失へ計上いたしました。これらのことから、今後の売上高と、これに伴 う営業利益、経常利益、および親会社株主に帰属する四半期純利益を精査した結果、平成295月15日に公表いた しました平成303月連結業績予想を修正し、平成302月9日付で「特別損失の発生および業績予想の修正 に関するお知らせ」を公表しております。
さらに見せる

11 さらに読み込む

平成30年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結) オイレス工業株式会社

平成30年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結) オイレス工業株式会社

.当四半期決算に関する定性的情報 ()経営成績に関する説明 当四半期連結累計期間におけるわが国の経済は、企業収益の改善や堅調な雇用・所得環境を背景に個人消費 も底堅く緩やかな景気回復基調が続きました。また、世界経済においては先進国の景気回復傾向に加え、中国なら びにアセアン等の新興国経済の持ち直しも見られる状況となりました。このような環境にあって当企業グループ は、お客様のニーズに迅速かつ的確に対応することにより、国内メーカーからの受注獲得に努めるとともに、欧 米、中国、インド、アセアンを重点としたグローバル展開を推進してまいりました。
さらに見せる

11 さらに読み込む

[訂正]平成29年 3月期 第3四半期決算短信[日本基準](連結) 王子ホールディングス

[訂正]平成29年 3月期 第3四半期決算短信[日本基準](連結) 王子ホールディングス

国内事業では、溶解パルプが輸出向けを中心に販売好調であり、前年に対し増加しました。また売電事業では、 20161月の北海道江別市におけるバイオマスボイラの営業運転開始が寄与し売上高が増加しました。 海外事業では、木材事業は、Pan Pac Forest Products Ltd.での拡販及び市況上昇により、前年に対し売上高が 増加しました。パルプ事業は、江蘇王子製紙有限公司生産品の拡販等により前年に対し販売量は増加しましたが、 売上高は市況軟化及び外貨建売上高の円換算額が円高により減少した結果、減少しました。
さらに見せる

10 さらに読み込む

[訂正]平成29年 3月期 第2四半期決算短信[日本基準](連結) 王子ホールディングス

[訂正]平成29年 3月期 第2四半期決算短信[日本基準](連結) 王子ホールディングス

.当四半期決算に関する定性的情報 ()経営成績に関する説明 当四半期連結累計期間における当社グループを取り巻く経済環境は、国内においては、雇用情勢が堅調に推 移する中緩やかな景気回復が続いていますが、円高や夏場の天候不順の影響等により力強さには欠けたものとなっ ています。海外においては、米国は一部に弱い経済指標もみられますが、引き続き景気は緩やかに回復しており、 年内の利上げ実施の可能性が指摘されています。先行きについては、利上げ予想、不安定な原油価格、英国のEU離 脱問題等が不透明要因になっています。
さらに見せる

11 さらに読み込む

平成31年3月期 第1四半期決算短信〔IFRS〕(連結)

平成31年3月期 第1四半期決算短信〔IFRS〕(連結)

.当四半期決算に関する定性的情報 ……………………………………………………………………2 ()経営成績に関する説明 ………………………………………………………………………………2 (2)財政状態に関する説明 ………………………………………………………………………………2 (3)連結業績予想などの将来予測情報に関する説明 …………………………………………………3 2.要約四半期連結財務諸表及び主な注記 ………………………………………………………………4 ()要約四半期連結財政状態計算書 ……………………………………………………………………4 (2)要約四半期連結損益計算書及び要約四半期連結包括利益計算書 ………………………………6 (3)要約四半期連結持分変動計算書 ……………………………………………………………………8 (4)要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書 ………………………………………………………10 (5)要約四半期連結財務諸表に関する注記事項 ………………………………………………………11
さらに見せる

16 さらに読み込む

平成27年3月期 第1四半期決算短信

平成27年3月期 第1四半期決算短信

(退職給付に関する会計基準等の適用) 「退職給付に関する会計基準」(企業会計基準26号 平成245月17日。以下「退職給付会計 基準」という。)及び「退職給付に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針25号 平成245月17日。以下「退職給付適用指針」という。)を、退職給付会計基準35項本文及び退 職給付適用指針67項本文に掲げられた定めについて当四半期連結会計期間より適用し、退職 給付債務及び勤務費用の計算方法を見直し、退職給付見込額の期間帰属方法を期間定額基準から給 付算定式基準へ変更、割引率の決定方法を加重平均期間法へ変更しております。
さらに見せる

11 さらに読み込む

平成30年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結) INFORMATION/インフォメーション

平成30年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結) INFORMATION/インフォメーション

  昨年度来、新サービス開発に取り組んで来ましたデジタルサービスについては、7月に、AIとRPAを活用したド キュメント自動入力プラットフォームサービス「ディープシグマDPA」の提供を開始しました。当サービスは、深 層学習の応用に特化したAI技術企業である株式会社UEIと共同で開発したもので、Google Cloud Vision API、そし て当社独自開発によるオリジナル辞書とRPAを組み合わせて提供しています。大手金融系のお客様を中心に実証実 験を進め、社については本番環境での稼働および業務での活用が始まるなど、収益にも貢献しはじめています。
さらに見せる

9 さらに読み込む

平成30年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結) IRライブラリ 決算短信:小林洋行

平成30年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結) IRライブラリ 決算短信:小林洋行

当社グループの主たる事業である投資・金融 サービス業におきましては、主力商品である金は、FRBによる 追加利上げや米税制改革法案の可決によるドル高傾向が弱材料となる 一方で、北朝鮮問題やイランとサウジアラ ビアの対立激化などの中東問題を巡る地政学的リスクの高まりが強材料となり、9月19日に約23ヶ月ぶりの 高値4,721円(先)を付けました。しかしながら、金取引自体は、期間全体を通して強弱両面の材料の影響を受 け、ボラティリティの低い市場環境となりました 。その結果、国内 商品取引所の総売買高 は、36,801千枚(前年 同四半期比6.7%減)、貴金属市場の売買高 は、23,621千枚(前年同四半期比3.7%減)となり、引き続き国内の 商品市場は厳しい 環境で推移しております。このような環境の下、 当社グループの委託売買高は、主力の貴金属 市 場 が 1 78千 枚 ( 前 同 四 半 比 2 8. 4% 減 ) と 大 幅 に 減 少 し た た め 、 全 体 で は 2 2 2千 枚 ( 前 同 四 半 比 2 6. 1% 減)と低迷しましたが、平成281月より取扱いを開始しました取引所株価指数証拠金取引(くりっく株365)は 好調を維持し、売買高66千枚(前年同四半期比254.7%増)と大幅に増加させております。
さらに見せる

10 さらに読み込む

平成30年3月期第3四半期決算短信[日本基準] (連結) IRライブラリ  共和レザー

平成30年3月期第3四半期決算短信[日本基準] (連結) IRライブラリ 共和レザー

(3)四半期連結財務諸表に関する注記事項 … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … 7 (継続企業の前提に関する注記) … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … 7 (株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記) … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … 7 共和レ ザー株式会社( 3553)   平成303 月四半期決算短信
さらに見せる

9 さらに読み込む

平成30年3月期 第3四半期決算短信[日本基準](連結) I R情報

平成30年3月期 第3四半期決算短信[日本基準](連結) I R情報

外食産業におきましては、少子高齢化や働き方改革をはじめとした社会構造の変化や消費者の生活防衛意識 の高まりを背景に、業種・業態を超えた顧客・人材確保競争の激化に加え、消費者の節約志向の影響から、厳 しい経営環境が続いております。 このような当社グループを取り巻く環境と中長期的な経営戦略を踏まえ、長期的かつ安定的な企業価値の向 上を図ることを企業目的とし、『原点回帰と改革断行』を会社方針として掲げ、食の安全・安心の実現と新規 出店を継続するとともに、「価格」より「価値」を重視した商品政策を推し進めてまいりましたが、食の安 全・安心に関する問題の影響や天候不順等により、厳しい状況で推移いたしました。また、グループ 1,000 店 舗体制の実現と効率的な経営体制の確立に向け、株式会社ペッパーフードサービスとの間でフランチャイズ契 約を締結し、新たな業態の展開へ着手いたしました。更に、経営資源の効率化及び収益性の向上を図るべく、 今後の長期的な成長が見込めない52店舗の閉鎖並びに京都工場の譲渡、連結子会社との合併(簡易合併・略式合 併)を決定いたしました。
さらに見せる

11 さらに読み込む

平成27年12月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結) 決算短信|IRライブラリー|株主・投資家情報|コクヨ

平成27年12月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結) 決算短信|IRライブラリー|株主・投資家情報|コクヨ

(2)財政状態に関する説明 ①資産、負債及び純資産に関する分析 当四半期連結会計期間末の総資産は2,875億円となり、前連結会計年度末に比べ137億円増加しました。流動 資産は1,540億円で、前連結会計年度末に比べ125億円増加しました。主な要因として、受取手形及び売掛金が142 億円、商品及び製品が21億円、前連結会計年度末に比べそれぞれ増加した一方、有価証券が52億円減少したためで あります。固定資産は1,335億円となり、前連結会計年度末に比べ11億円増加しました。主な要因として、投資有 価証券は512億円と前連結会計年度末に比べ33億円増加した一方、退職給付に係る資産は28億円と前連結会計年度 末に比べ20億円減少したためであります。
さらに見せる

14 さらに読み込む

平成29年3月期 第3四半期決算短信〔米国基準〕(連結)

平成29年3月期 第3四半期決算短信〔米国基準〕(連結)

音楽分野の業績は、全世界にある子会社の業績を米ドルベースで連結している、米国を拠点とするSony Music Entertainment(以下「SME」) 及びSony/ATV Music Publishing(以下「Sony/ATV」)の円換算後の業績及び、円ベースで決算を行っている日本の㈱ソニー・ミュージッ クエンタテインメントの業績を連結したものです。 音楽分野の売上高は、前年同期比1.8%減少し、1,785億円となりました(前年同期の為替レートを適用し た場合、4%の増収)。この減収は、映像メディア・プラットフォームの売上高が増加したものの、米ドル に対する円高の影響及び音楽制作の売上高が減少したことによるものです。音楽制作は、前年同期にはアデ ルの「25」の記録的なヒットがあったことにより、前年同期比で減収となりました。映像メディア・プラッ トフォームの増収は、日本でのモバイル機器向けゲームアプリケーション「Fate/Grand Order」が好調だっ たことによるものです。なお、当四半期にヒットした音楽作品には、ペンタトニックスの「ペンタトニック ス・クリスマス」、レナード・コーエンの「ユー・ウォント・イット・ダーカー」、及び乃木坂46の「サヨ ナラの意味」などがあります。
さらに見せる

36 さらに読み込む

平成30年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結) IR資料室 決算短信 | 株式会社DTS

平成30年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結) IR資料室 決算短信 | 株式会社DTS

情報サービス産業を取り巻く環境については、RPA、FinTech、IoT、AIなどのIT活用の多様化もあり、企業収益の 改善を背景にした情報化投資の緩やかな増加により、堅調に推移していくことが見込まれます。 このような状況下において当社グループは、中期経営計画(平成284月~平成313月)として、「新たな価 値を生み出す Change! for the Next」をビジョンに掲げ、「経営革新」、「事業変革」および「営業改革」の3 つの“Change”の実現に向けて取り組んでおります。具体的には、「分野別成長戦略の導入」、「組織再編」、 「経営の迅速化」を重点施策とし、営業力やSI力の強化、グループ総合力の強化、新規事業への取り組み、および 経営基盤の拡充に注力していきます。
さらに見せる

13 さらに読み込む

平成30年12月期 第1四半期決算短信[日本基準](連結) 決算短信|KG情報

平成30年12月期 第1四半期決算短信[日本基準](連結) 決算短信|KG情報

代表者 ( 役職名)代表取締役社長 ( 氏名)益田  武美 問合せ先責任者 ( 役職名)取締役管理本部長 ( 氏名)三上  芳久 T E L 086-241-5522 四半期報告書提出予定日 平成304月16日 配当支払開始予定日 ―

8 さらに読み込む

・平成30年3月期 第3四半期決算短信[日本基準](連結) RINKO Corporation IR情報

・平成30年3月期 第3四半期決算短信[日本基準](連結) RINKO Corporation IR情報

利益面につきましては、営業利益、経常利益はともに概ね当初予想程度を見込んでおりますが、親会社株主に帰 属する当期純利益は、「土地の再評価に関する法律」に基づき平成3月に土地の再評価を行った当社保有の 事業用土地を平成301月に売却したことに伴い、当該土地に係る土地再評価差額金を取り崩すため、通期では 税務上の繰越欠損金が生じる見込みであり、当該繰越欠損金に係る繰延税金資産の回収可能性を慎重に検討した結 果、△千万円の法人税等調整額の計上が見込まれることから、当初予想よりも千万円の増益を見込ん でおります。
さらに見せる

11 さらに読み込む

■平成29年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結) タカセ株式会社 :: 決算情報

■平成29年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結) タカセ株式会社 :: 決算情報

該当事項はありません。 (3)会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示 (平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱の適用) 東京港営業所を除く当社及び国内連結子会社は、法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償 却方法の変更に関する実務上の取扱い」(実務対応報告32号 平成286月17日)を四半期連結会計期間 に適用し、平成284月日以後に取得した建物附属設備及び構築物に係る減価償却方法を定率法から定額法に 変更しております。
さらに見せる

12 さらに読み込む

■平成30年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結) タカセ株式会社 :: 決算情報

■平成30年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結) タカセ株式会社 :: 決算情報

当社グループの属する物流業界は、依然として、顧客の物流コスト圧縮の要請と業者間の過当競争による料 金低下が見られるほか、運賃仕入コストの増加、人手不足ならびに労務コストの上昇といった事業環境にある 中、物流業務にかかる高度な業務品質の維持・向上を迫られ、期待利益の確保が厳しい状況が続いております。 こうした状況の中で、グループ各社はそれぞれの事業分野や地域において競争力を高め、収益力の向上と 待利益の確保を図るため、新規顧客の獲得と既存顧客の業務拡大に注力しつつ、業務品質の維持・向上にかか る業務の効率化に取組みました。また、東京都大田区所在の平和島新倉庫が本年6月から賃貸を開始したほか、 継続的な黒字化を図ることを目的とした構造改善施策の実施により、不採算取引の見直しや事業拠点の再編に よる倉庫事業にかかる操業度・稼働率の良化、運送事業における赤字事業であった「共同配送事業(まごころ 便の一部)」の廃止による収支の改善、併せて事業縮小にともなう労務コストの削減を図りました。
さらに見せる

13 さらに読み込む

平成30年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結) ニュースリリース|インフォメーション|アイロムグループ

平成30年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結) ニュースリリース|インフォメーション|アイロムグループ

ービスの品質は国際的に高く評価されており、当社グループのSMO事業やCRO事業の更なる品質強化と事業発展を 目指した取り組みを進めています。 先端医療事業では、臨床用および研究用のiPS細胞作製キットCytoTune®-iPSを全世界で販売するとともに、茨城県つ くば市にあるGMP(Good Manufacturing Practice:医薬品等の製造管理および品質管理に関する基準)ベクター製造施

10 さらに読み込む

Show all 10000 documents...