平成30年4月1日以降の更新

Top PDF 平成30年4月1日以降の更新:

青森県工事検査基準総目次(平成30年4月1日以降)

青森県工事検査基準総目次(平成30年4月1日以降)

建築工事及び設備工事 い 出来形管理図表 記入 原則的 対象外 検査結果 い 請負工事成績評定を行う 。1) 工事成績採点表 工事成績評定要領 第 号様式 。「) 細目 評定点採点表 工事成績評定要領 第 号様式 。」) 工事成績採点 考査項目 考査項目 運用表

155 さらに読み込む

なお 講習会形式の研修は 講座番号の若い順に受講するものとする 3 修了証又は受講証の有効期間ワークショップ形式の研修の修了証 ( 研修修了日が平成 30 年 4 月 1 日以降のものに限る ) 又は講習会形式の研修の受講証 ( 研修修了日が平成 30 年 4 月 1 日以降のものに限る ) の有効

なお 講習会形式の研修は 講座番号の若い順に受講するものとする 3 修了証又は受講証の有効期間ワークショップ形式の研修の修了証 ( 研修修了日が平成 30 年 4 月 1 日以降のものに限る ) 又は講習会形式の研修の受講証 ( 研修修了日が平成 30 年 4 月 1 日以降のものに限る ) の有効

店名・口座種類・口座番号:〇一九(ゼロイチキユウ)店 当座 0119292 名義:公益財団法人日本薬剤師研修センター (5)更新に係る特例等 ① 11.(1)①ただし書きにより書類を提出した者であって、個別審査によって更新さ れた者は、更新6年間認定期間中に指導実績(勤務する施設が受入施設として 実務実習生を受入れ、その実習生指導を行った場合に限る。)がない場合、その次 更新申請をすることができない。
さらに見せる

8 さらに読み込む

平成25年3月期中間(平成24年4月1日~平成24年9月30日) DREPORT

平成25年3月期中間(平成24年4月1日~平成24年9月30日) DREPORT

 住宅市場におきましては、東北を中心とした復興需要及び 金利優遇措置など政府政策により、持ち直し動きが緩や かながら継続しております。  このような経営環境もと、当社グループは大転換・大躍 進方針を掲げ、成長が見込まれるリフォーム市場、海外市 場、産業資材分野及びエンジニアリング市場攻略を進めま した。中でも、産業資材分野では、新規顧客へ提案力を強 化するとともに、MDFやエコ台板(植林木合板と特殊MDF を用いた床基材)を中心としたエコ素材安定した供給に努 め、売上拡大を図りました。また、海外市場では、新たにイ ンドネシア事務所を開設し、成長著しい東南アジアへ対応 を強化するとともに、大建工業(寧波)有限公司(中国・連 結子会社)ドアライン増強を行い、海外に進出している 日系企業へ供給力強化を図りました。
さらに見せる

5 さらに読み込む

平成26年3月期中間(平成25年4月1日~平成25年9月30日) DREPORT

平成26年3月期中間(平成25年4月1日~平成25年9月30日) DREPORT

 当社グループにおきましては、2011年度よりスタートして いる「中期経営計画」に基づき、拡大・成長市場に対しさらな る積極的な経営資源投入を行い、業容拡大を図るとともに、 今後新設住宅着工戸数減少を想定した経営体質へ強化して まいります。国内市場では、ショールームを中心とした消費者 目線で営業展開でリフォーム市場を中心として売上拡大を図 ります。海外市場では、シンガポール及び上海各営業拠点と 新設したインドネシア事務所並びに中国やマレーシアなど生 産拠点を中心として、東南アジア及び中国でさらなる販売拡 大を推進いたします。産業資材分野では、販売が拡大している MDFを中心としたエコ素材安定供給と新規用途拡大をより 一層強化してまいります。
さらに見せる

5 さらに読み込む

2. 平成 30 年 2 月期 ( 平成 29 年 9 月 1 日 ~ 平成 30 年 2 月 28 日 ) 及び平成 30 年 8 月期 ( 平成 30 年 3 月 1 日 ~ 平成 30 年 8 月 31 日 ) の運用状況の予想 営業収益営業利益経常利益当期純利益 1 口当たり分配金 ( 利益

2. 平成 30 年 2 月期 ( 平成 29 年 9 月 1 日 ~ 平成 30 年 2 月 28 日 ) 及び平成 30 年 8 月期 ( 平成 30 年 3 月 1 日 ~ 平成 30 年 8 月 31 日 ) の運用状況の予想 営業収益営業利益経常利益当期純利益 1 口当たり分配金 ( 利益

  ② 運用環境と運用実績 世界政治情勢や金融市場では大きな変動要因がなく、比較的に安定して推移しました。米国、欧州、中国を 中心に世界経済が成長基調を維持する中、日本経済及び資本市場も良好に推移しました。平成29第2四半期 実質GDPが年率換算2.5%増と成長ペースが高まり、個人消費を中心とした内需主導成長トレンドが明確になり ました。特に、雇用市場逼迫状態が継続し、さらに政府が家計重視財政政策を継続したことも消費を支えた と考えられます。資本市場では、日本銀行がイールドカーブ・コントロールによって低金利を継続し、株式市場 も全般的に良好に推移しました。ただし、J-REIT市場では「毎月分配型」投資信託資金流出を背景に需給が悪 化し、投資口価格が軟調に推移しました。さらに、金融庁が地方銀行等に対してリスク管理強化方針を示 し、低金利政策長期化が銀行収益性を圧迫するという懸念を再認識させました。物流施設市場では新規供給 量が高水準で推移する中、首都圏においては旺盛な新規需要が供給を吸収し、全般的には安定的に推移しまし た。ただし、首都圏及び近畿圏における一部エリアではフリーレント引き上げ等による競争激化が見られ ました。実物不動産投資市場では、債券に対する不動産イールドスプレッドが高水準で推移し続けており、国 内投資家を中心に旺盛な投資意欲が継続しました。また、資本市場全体が良好に推移する中で、不動産市場では 都心辺縁部における大型取引も見受けられ、投資マインド改善が確認されました。
さらに見せる

39 さらに読み込む

3ページ/平成30年4月1日号

3ページ/平成30年4月1日号

建築物 新築、増築、改築、移転、除却または意匠変更 工作物 新設、増設、改造、移転、除却または意匠変更 広告物 表示、設置、改造、移転、除却または変更 土地区画形質・土地利用 変更

1 さらに読み込む

平成29年3月期中間(平成28年4月1日~平成28年9月30日) DREPORT

平成29年3月期中間(平成28年4月1日~平成28年9月30日) DREPORT

 このような経営環境もと、当社グループは、長期ビジョ ン『GP25』で目指している10ありたい姿実現に向 けて、3ヵ年中期経営計画『GP25 1st Stage』をスタート させました。将来想定されている日本国内新設住宅着工 減に備え、住宅リフォーム市場、公共・商業建築分野、海外 市場を重点市場と捉えて、新たな取り組みを推進しております。  住宅リフォーム市場では、TOTO㈱、YKK AP㈱と共同 でTDYコラボレーションショールームを4には金沢に、7 には高松にオープンし、リフォームを予定しているエン ドユーザーへ提案場を充実させるとともに、住宅リ フォーム向け製品ラインナップを拡充し提案幅を拡 げました。公共・商業建築分野では、当社強みである「防 音」や「国産木材」などをキーワードとした新製品を発売し、 同分野で実績づくりを推進いたしました。海外市場では、 インドネシアにおいてドア工場を本格稼働させ、同国内及 び周辺国へ内装建材供給体制整備を行いました。また、 主にオセアニア地域で要望多い高吸音天井材を市場投
さらに見せる

5 さらに読み込む

第1四半期報告書(平成29年4月1日~平成29年6月30日)

第1四半期報告書(平成29年4月1日~平成29年6月30日)

当第1四 半期連 結累計 期間 業績に つきま しては 、 印刷機 器事業において インク ジェット 事業で は前期 に投入 し た新 製品 販 売が 引 き続 き順 調に 推移 し売 上は 伸長 しま し たが 、孔 版事 業で は 売上 減少 傾向 が 継 続し てい ま す。その結果、売上高は増収となりました。インクジェット事業、孔版事業ともに売上総利益率低い製品本体 売上構成比が上昇し、売上総利益は減少しました。また、研究開発費が減少し販売費及び一般管理費は減少しまし たが、営業利益は前年を下回りました。売上高は201億7千8百万円(前年同期比3.2%増)、営業利益は8億4千万円 ( 同 1 5. 9% 減 ) 、 経 常 利 益 は 9 億 2千 8 百 万 円 ( 同 19 .0 % 減 ) 、 親 会 社 株 主 に 帰 属す る 四 半 期 純 利 益 は 7 億 2百 万 円 (同3.4%増)となりました。
さらに見せる

20 さらに読み込む

H30web FAQ 1 日本体育大学 平成30年度一般入試に関するお問い合わせ内容について(平成30年1月11日更新)

H30web FAQ 1 日本体育大学 平成30年度一般入試に関するお問い合わせ内容について(平成30年1月11日更新)

web出願のみでは手続は完了しません。本学「web出願」は、イ ンターネット上で受験に関する出願情報を登録し、必要書類をプ リンターで印刷する必要があります。さらに、入学検定料を納入 後、必要書類を郵送し、本学で受理されて初めて正式な出願とな ります。

1 さらに読み込む

平成28年3月期中間(平成27年4月1日~平成27年9月30日) DREPORT

平成28年3月期中間(平成27年4月1日~平成27年9月30日) DREPORT

通期見通し 住空間事業につきましては、比較的好調な賃貸住 宅市場、重点市場として位置づけている住宅リフォーム市場や 高齢者住宅・施設市場で売上拡大に努めました。賃貸住宅市 場においては、階下や隣室へ音に関する市場ニーズ高まり から防音を切り口とした製品採用が増え、売上を伸ばしまし た。高齢者住宅・施設市場においては、当社独自WPC技術 を活用した床材製品を拡充し、提案幅を拡げました。住宅リ フォーム市場では、省施工床材・収納など新製品提案を 進め、売上を伸ばしました。
さらに見せる

5 さらに読み込む

平成27年3月期中間(平成26年4月1日~平成26年9月30日) DREPORT

平成27年3月期中間(平成26年4月1日~平成26年9月30日) DREPORT

このような経営環境もと、当社グループは、中期経営 計画で拡大4市場と位置づけているリフォーム市場、海外市 場、産業資材分野及びエンジニアリング市場攻略を進め るとともに、今年度より新たに国内非住宅建築分野へ取 り組みを強化いたしました。拡大4市場においては、TOTO ㈱、YKK AP㈱と共同で運営するTDY福岡コラボレーション ショールームを6にオープンするなど、リフォーム市場に おけるエンドユーザーに対する提案場を拡げました。また、 MDFなどエコ素材用途展開・新規採用先開拓を進め、 産業資材分野及び海外市場で拡販に努めました。
さらに見せる

5 さらに読み込む

2ページ/平成30年4月1日号

2ページ/平成30年4月1日号

後期高齢者医療制度対象となった 手続きは不要です ※75歳誕生までに新しい保険証が送付されます 住所・世帯・世帯主・氏名などが変わった 保険証・印鑑・届出人本人確認書類 保険証をなくしたり、汚れて使えなくなった 汚れたり、破れたりした保険証・印鑑・届出人本人確認書類、世帯主お よび対象者マイナンバーが分かる書類(注)

1 さらに読み込む

2. 平成 30 年 1 月期 ( 平成 29 年 8 月 1 日 ~ 平成 30 年 1 月 31 日 ) 及び平成 30 年 7 月期 ( 平成 30 年 2 月 1 日 ~ 平成 30 年 7 月 31 日 ) の運 用状況の予想 営業収益営業利益経常利益当期純利益 1 口当たり分配金 ( 利

2. 平成 30 年 1 月期 ( 平成 29 年 8 月 1 日 ~ 平成 30 年 1 月 31 日 ) 及び平成 30 年 7 月期 ( 平成 30 年 2 月 1 日 ~ 平成 30 年 7 月 31 日 ) の運 用状況の予想 営業収益営業利益経常利益当期純利益 1 口当たり分配金 ( 利

営業費用 主たる営業費用である賃貸事業費用うち、減価償却費以外費用については、過去実 績値等をベースに、費用変動要素を反映して算出しています。 固定資産税及び都市計画税等については、平成301期に139百万円、平成307期に 175百万円費用計上を見込んでいます。なお、現保有資産うち、第3期に取得した資産に ついては、取得時に売主と期間按分による精算を行っていますが、本投資法人においては当 該精算金相当分が取得原価に算入されるため、当該資産に係る平成29年度固定資産税及び 都市計画税等は平成301期において費用計上されません。当該資産に係る固定資産税及 び都市計画税等については平成307期より費用計上されることを見込んでいます。 建物修繕費は、本資産運用会社が策定する修繕計画を基に、平成301期に50百万 円、平成307期に47百万円を見込んでいます。なお、予想し難い要因に基づく建物毀 損等により修繕費が緊急に発生する可能性があること、一般的に年度による金額差異が大 きくなること及び定期的に発生する金額ではないこと等から、予想金額と大きく異なる結果 となる可能性があります。
さらに見せる

39 さらに読み込む

第一部 企業情報 第 1 企業の概況 1 主要な経営指標等の推移 回次 第 8 期前第 1 四半期連結累計期間自平成 24 年 4 月 1 日至平成 24 年 6 月 30 日 第 9 期自平成 25 年 4 月 1 日至平成 25 年 6 月 30 日 第 8 期 自平成 24 年 4 月 1 日

第一部 企業情報 第 1 企業の概況 1 主要な経営指標等の推移 回次 第 8 期前第 1 四半期連結累計期間自平成 24 年 4 月 1 日至平成 24 年 6 月 30 日 第 9 期自平成 25 年 4 月 1 日至平成 25 年 6 月 30 日 第 8 期 自平成 24 年 4 月 1 日

② ランバクシーグループセグメント(平成251月∼3月) 売上高は、423億円(前年同四半期比28.4%減)となりました。 営業利益は、8億円(連結調整前、前年同四半期比94.4%減)となりました。 インド、東欧・CIS、アフリカ・中東など主要な新興国市場において売上を伸ばしましたが、北米ではアトルバス タチン後発品独占販売による貢献があった前年同四半期よりも大幅な減収となり、ランバクシーグループ全体と しては減収となりました。
さらに見せる

22 さらに読み込む

平成 30 年度 施工パッケージ型積算方式標準単価表 (30 年 4 月 1 日以降入札を行う工事から適用 ) 国土交通省 港湾空港関係

平成 30 年度 施工パッケージ型積算方式標準単価表 (30 年 4 月 1 日以降入札を行う工事から適用 ) 国土交通省 港湾空港関係

決定額  565円(有効桁3桁、4桁目以降切り捨て) 決定額  33,700円(有効桁3桁、4桁目以降切り捨て) <例>2) レディーミクストコンクリート [高炉18-8-25] 市場単価 型枠組立組外 [材工共・クレーン抜き] 根固ブロック 市場単価 コンクリート打設 [手間のみ・直接打設] 根固ブロック <例>1) 単価有効桁数大きい方を有効桁とする場合

8 さらに読み込む

事業報告 第 3 期 自平成 30 年 4 月 1 日 至平成 30 年 12 月 31 日 みんなのビットコイン株式会社

事業報告 第 3 期 自平成 30 年 4 月 1 日 至平成 30 年 12 月 31 日 みんなのビットコイン株式会社

当社は、昨年来業務改善命令等を踏まえた態勢整備と新システム開発を着実に進め、早期に登録資格 を取得するとともに、平成314月より口座開設を開始し、同年6月1より暗号資産取引営業を開 始する予定としております。楽天グループと連携により、他登録業者にない多様な商品及び企画商品 ならびに、お客様ニーズに対応する多様な商品を提供し、仮想通貨取引が国民健全かつ有効な、貯 蓄及び投資手段、決済インフラであることを広く浸透させ、お客様本位資産管理を提供すると同時に、 愛され、選ばれる仮想通貨交換業者を目指します。例えば、楽天市場で暗号資産(仮想通貨)による 商品購入、楽天スーパーポイントを暗号資産に交換、暗号資産から有価証券を購入するなど、金融市 場現状や既存概念にとらわれず、多種サービス向上に繋げ、仮想通貨市場拡大とともに牽引的 存在を目指します。
さらに見せる

8 さらに読み込む

特定健康診査等実施計画書 ( 第 3 期 ) JXTG グループ健康保険組合 平成 20 年 4 月 1 日制定平成 22 年 4 月 1 日改訂平成 25 年 4 月 1 日改正平成 30 年 4 月 1 日改正 - 1 -

特定健康診査等実施計画書 ( 第 3 期 ) JXTG グループ健康保険組合 平成 20 年 4 月 1 日制定平成 22 年 4 月 1 日改訂平成 25 年 4 月 1 日改正平成 30 年 4 月 1 日改正 - 1 -

本計画は、当健保組合特定健康診査(以下「特定健診」という)および特定保健指導 実施方法に関する基本的な事項、特定健診および特定保健指導実施ならびにその成果 に係る目標に関する基本的事項について定めるものである。 なお、特定健診等実施計画は、第一期および第二期は5を1期としていたが、高齢者 医療確保に関する法律に基づく医療費適正化計画が6を1期に見直されたことから、 第三期から6ごとに定めることとなっている。
さらに見せる

7 さらに読み込む

第156期株主通信(平成29年4月1日~平成30年3月31日)

第156期株主通信(平成29年4月1日~平成30年3月31日)

2 今後見通し  紙需要動向につきましては、国内及び先進国において人 口減少や電子媒体へ切替えといった構造的な縮小傾向が 続いておりますが、新興国では経済成長に伴ない今後も需要 増加が見込まれております。板紙は国内、海外ともに段 ボールを中心にパッケージ向け需要が引き続き増加しており、 全世界で紙・板紙トータル需要は増加傾向にあります。  このような市場環境に対応するため、当社グループは新規 事業分野へ進出による事業多角化を通じて事業構造転 換を推進するとともに、既存事業と相乗効果創出を図っ ており、平成313売上高は「資源及び環境」におい て減少する一方、「国内卸売」、「海外卸売」及び「製紙及び 加工」各事業における増加により5,600億円(平成30 3月期比7.4%増)を見込んでおります。
さらに見せる

6 さらに読み込む

第59期 中間報告書(平成21年4月1日~平成21年9月30日)

第59期 中間報告書(平成21年4月1日~平成21年9月30日)

納入機器 自動タイヤ洗浄機 MTW-10S型 新しい清掃センター不燃物処分場建設工事(水処理施設工 事)現場に出入りするダンプトラックが現場ゴミや泥などを 処分場外公道に持ち出し、落としたりして汚さないように 10tダンプトラックタイヤを不燃物処分場から出る時に洗浄 するものです。タイヤ洗浄機設置される場所と位置と関係 上、ダンプ進入方向が標準品とは逆になる為、逆進入仕様と しました。
さらに見せる

7 さらに読み込む

NEW!生予察情報1(リンゴ) 平成30年度 病害虫発生予報・速報(平成30年3月8日更新) | 花巻市

NEW!生予察情報1(リンゴ) 平成30年度 病害虫発生予報・速報(平成30年3月8日更新) | 花巻市

(1)前年巡回調査では、一部園地で発生が確認された。 (+) (2)4月気温は平年並か高い予報、降水量はほぼ平年並予報。 (±) 記号説明 (++):重要な多発要因、(+):多発要因、(±):並発要因、(-):少発要因、(- -):重要な少発要因 2 防除ポイント

3 さらに読み込む

Show all 10000 documents...