委員会としての評価の審議

Top PDF 委員会としての評価の審議:

審議結果 川崎市:平成29年度 公共事業評価審査委員会開催概要

審議結果 川崎市:平成29年度 公共事業評価審査委員会開催概要

平成29年度第1回川崎市公共事業評価審査委員審議結果について 川崎市公共事業評価審査委員運営要綱第3条第1項規定に基づき、次事案について、 本委員において審議を行いました。 その結果を次とおり意見を添えて具申します。

3 さらに読み込む

0/0/ 第 回農薬専門調査会幹事会キャプタン評価書 ( 案 ) たたき台 目次頁 審議の経緯... 食品安全委員会委員名簿... 食品安全委員会農薬専門調査会専門委員名簿... 要約... 0 Ⅰ. 評価対象農薬の概要.... 用途.... 有効成分の一般名.... 化学名.... 分

0/0/ 第 回農薬専門調査会幹事会キャプタン評価書 ( 案 ) たたき台 目次頁 審議の経緯... 食品安全委員会委員名簿... 食品安全委員会農薬専門調査会専門委員名簿... 要約... 0 Ⅰ. 評価対象農薬の概要.... 用途.... 有効成分の一般名.... 化学名.... 分

・旧評価第三部会における初版審議で、本剤発がん性発生機序について遺伝毒性に よるものか否か結論が出ておりませんでしたが、今般、以下遺伝毒性試験が追加提出 されたため、当該データも含めて御審議いただくものです。 ・遺伝毒性について御検討ください。また、急性参照用量についても御検討をお願いしま す。なお、これら以外部分(動物体内運命試験等)については部会で審議済みです。 <今回追加された試験>
さらに見せる

101 さらに読み込む

目次 頁 審議の経緯... 3 食品安全委員会委員名簿... 3 食品安全委員会肥料 飼料等専門調査会専門委員名簿... 3 要約... 4 Ⅰ. 評価対象飼料添加物の概要 用途 原体の名称等 原体の製造方法の概要 製剤... 5 (1

目次 頁 審議の経緯... 3 食品安全委員会委員名簿... 3 食品安全委員会肥料 飼料等専門調査会専門委員名簿... 3 要約... 4 Ⅰ. 評価対象飼料添加物の概要 用途 原体の名称等 原体の製造方法の概要 製剤... 5 (1

7 食品安全委員:飼料添加物評価書「Schizosaccharomyces pombe ASP595- 1 株が生産する 6-フィターゼ」(2016 年 3 月) 8 Haese E, Möhring J, Steingass H, Schollenberger M and Rodehutscord M: Effect of dietary mineral phosphorus and phytate on in situ ruminal phytate disappearance from different concentrates in dairy cows. J Dairy Sci. 2017; 100(5): 3672-84.

19 さらに読み込む

目次 頁 < 審議の経緯 >... < 食品安全委員会委員名簿 >... < 食品安全委員会添加物専門調査会専門委員名簿 >... < 食品安全委員会添加物専門調査会栄養成分関連添加物ワーキンググループ専門委員名簿 >... Ⅰ. 評価対象品目の概要 用途.... 主成分の名称....

目次 頁 < 審議の経緯 >... < 食品安全委員会委員名簿 >... < 食品安全委員会添加物専門調査会専門委員名簿 >... < 食品安全委員会添加物専門調査会栄養成分関連添加物ワーキンググループ専門委員名簿 >... Ⅰ. 評価対象品目の概要 用途.... 主成分の名称....

EUROPEAN PARLIAMENT AND OF THE COUNCIL of 20 December 2006 on the addition of vitamins and minerals and of certain other substances to foods. Official Journal of the European Union, 2006-12-30【4】 17 食品安全委員,添加物評価書 硫酸カリウム 2013 年 1 月【12】

38 さらに読み込む

治験審査委員会審議の概要

治験審査委員会審議の概要

審議内容:櫻田室長より研究概要について説明し、質疑応答後、研究実施可否につ いて審議を行った。 審議結果:承認 議題③:コバルトクロム合金製エベロリムス溶出性ステントシステムを石灰化病変に留置した症 例安全性および有効性評価(CALC-ACCESS)

14 さらに読み込む

目次頁 審議の経緯... 2 食品安全委員会委員名簿... 2 食品安全委員会添加物専門調査会専門委員名簿... 2 第 1 章総則... 4 第 1. 背景... 4 第 2. 定義... 5 第 3. 目的... 6 第 4. 香料の食品健康影響評価に際しての基本的な考え方 評価の

目次頁 審議の経緯... 2 食品安全委員会委員名簿... 2 食品安全委員会添加物専門調査会専門委員名簿... 2 第 1 章総則... 4 第 1. 背景... 4 第 2. 定義... 5 第 3. 目的... 6 第 4. 香料の食品健康影響評価に際しての基本的な考え方 評価の

第1章 総則 第1.背景 食品安全委員は、食品安全基本法第 21 条第 1 項に規定する基本的事項(平 成 24 年 6 月 29 日閣議決定)において、食品健康影響評価に関するガイドライン 作成に努めることとなっており、既に、「遺伝子組換え食品(種子植物)安 全性評価基準(平成 16 年 1 月 29 日)」、「普通肥料公定規格に関する食品健 康影響評価考え方(平成 16 年 3 月 18 日)」、「遺伝子組換え微生物を利用し て製造された添加物安全性評価基準(平成 16 年 3 月 25 日)」、「遺伝子組換 え飼料及び飼料添加物安全性評価考え方(平成 16 年 5 月 6 日)」、「家畜 等へ抗菌性物質使用により選択される薬剤耐性菌食品健康影響に関する評 価指針(平成 16 年 9 月 30 日)」、「遺伝子組換え食品(微生物)安全性評価 基準(平成 20 年 6 月 26 日)」及び「添加物に関する食品健康影響評価指針(平 成 22 年 5 月 27 日)」を策定した。
さらに見せる

52 さらに読み込む

目次頁目次... 1 < 審議の経緯 >... 3 < 食品安全委員会委員名簿 >... 3 < 食品安全委員会微生物 ウイルス専門調査会専門委員名簿 >... 3 要約... 4 Ⅰ. 背景 現行の国内のリスク管理状況等 評価要請の内容及び規格基準案... 6 Ⅱ.

目次頁目次... 1 < 審議の経緯 >... 3 < 食品安全委員会委員名簿 >... 3 < 食品安全委員会微生物 ウイルス専門調査会専門委員名簿 >... 3 要約... 4 Ⅰ. 背景 現行の国内のリスク管理状況等 評価要請の内容及び規格基準案... 6 Ⅱ.

5 Ⅰ .背 景 日本では、2011 年 4 月に飲食チェーン店において発生した、ユッケによる腸管出 血性大腸菌を原因とする食中毒事件を受け、同年 8 月食品安全委員食品健康影 響評価を踏まえ、同年 10 月に生食用食肉(牛肉)について食品衛生法(以下この項 において「法」という。 )に基づく規格基準が設定された。さらに、牛肝臓については、 2011 年 12 月厚生労働省薬事・食品衛生審議食品衛生分科乳肉水産食品部会で 肝臓内部から腸管出血性大腸菌が検出されたことが報告されたことから、2012 年 4 月食品安全委員食品健康影響評価を踏まえ、同年 7 月に生食用として販売が 禁止された。その後、これまで一般的に生食用として提供されていなかった豚食肉 (内臓を含む。以下同じ。)が一部飲食店において生食用として提供されている実態 が、厚生労働省調査により確認された。このため、厚生労働省では、薬事・食品衛 生審議食品衛生分科乳肉水産食品部会に設置された食肉等生食に関する調査 (以下「生食調査」という。 )において、現在、法に基づく規格基準やガイドライ ン対象となっていない豚、鶏や鹿、猪といった野生動物食肉について種別ごと 危害要因を踏まえた公衆衛生上リスク大きさに応じて、様々な対応について検討 を行った。その結果、豚食肉については、健康被害重篤性が高い E 型肝炎ウイル ス(以下「HEV」という。)、サルモネラ属菌、カンピロバクター等食中毒菌及び国 際的に、豚に寄生し人へ健康影響が大きいとされる寄生虫(トキソプラズマ、旋毛 虫(トリヒナ) 、有鉤条虫等)が危害要因として整理された。生食調査においては、 豚食肉生食について、これら危害要因により公衆衛生上リスクが高いとして、 国民健康保護観点から、豚食肉生食用として提供を法で禁止することが妥 当とされ、法第 11 条第 1 項規定に基づき中心部まで加熱が必要である旨規格基 準案を設定することが提言された。 2014 年 8 月 18 日に開催された薬事・食品衛生審 議会食品衛生分科乳肉水産食品部会において、生食調査が提言した規格基準案が 了承された。
さらに見せる

73 さらに読み込む

目次頁 審議の経緯... 2 食品安全委員会委員名簿... 2 食品安全委員会添加物専門調査会専門委員名簿... 2 要約... 3 Ⅰ. 評価対象品目の概要 用途 化学名 分子式 分子量 構造式 評価要

目次頁 審議の経緯... 2 食品安全委員会委員名簿... 2 食品安全委員会添加物専門調査会専門委員名簿... 2 要約... 3 Ⅰ. 評価対象品目の概要 用途 化学名 分子式 分子量 構造式 評価要

厚生労働省は、 2002 年 7 月薬事・食品衛生審議食品衛生分科了承 事項に従い、①FAO/WHO 合同食品添加物専門家会議(JECFA)で国際的に安全 性評価が終了し、一定範囲内で安全性が確認されており、かつ、②米国及び欧 州連合( EU)諸国等で使用が広く認められていて国際的に必要性が高いと考え られる食品添加物については、企業等から指定要請を待つことなく、主体的に 指定に向けた検討を開始する方針を示している。今般、香料成分として、トリ メチルアミンについて評価資料が取りまとめられたことから、食品安全基本法に 基づき、食品健康影響評価が食品安全委員に依頼されたものである。
さらに見せる

12 さらに読み込む

目次頁 審議の経緯... 3 食品安全委員会委員名簿... 3 食品安全委員会動物用医薬品専門調査会専門委員名簿... 3 要約... 4 I. 評価対象動物用医薬品の概要 用途 有効成分の一般名 化学名 分子式 分子量

目次頁 審議の経緯... 3 食品安全委員会委員名簿... 3 食品安全委員会動物用医薬品専門調査会専門委員名簿... 3 要約... 4 I. 評価対象動物用医薬品の概要 用途 有効成分の一般名 化学名 分子式 分子量

通常経口投与量は、最初数日間に 1.5~5 mg/日であり、2~5 日目に 0.25~0.5 mg/日に減らし、維持用量である約 0.5 mg/日となるようにする。投与量減少は、副腎 機能不全を避けるために段階的に行わなければならない。 ベタメタゾン製剤は通常、十分に忍容性があるが、免疫系を抑制することで感染症患 者感受性を高める。ベタメタゾンは、胎児口蓋裂及び子宮内成長遅滞危険がある ため、妊娠中は禁忌とされている。しかし、胎児臓器及び組織成熟を促進するとと もに、周産期死亡率を減らすために、早期分娩する場合は、出産前投与が用いられる。
さらに見せる

33 さらに読み込む

目次頁 審議の経緯... 4 食品安全委員会委員名簿... 4 食品安全委員会農薬専門調査会専門委員名簿... 5 要約... 9 Ⅰ. 評価対象農薬の概要 用途 有効成分の一般名 化学名 分子式 分子量 構造式..

目次頁 審議の経緯... 4 食品安全委員会委員名簿... 4 食品安全委員会農薬専門調査会専門委員名簿... 5 要約... 9 Ⅰ. 評価対象農薬の概要 用途 有効成分の一般名 化学名 分子式 分子量 構造式..

§ :統計学的有意差は認められないが、検体投与影響と判断した。 ② 妊娠 18~20 日投与難産誘発性検討試験① SD ラット(投与群:一群雌 36 匹、対照群:雌 10 匹)妊娠 18~20 日に、 チアクロプリドを 100 mg/kg 体重/日用量で強制経口投与し、妊娠末期検体 投与による難産誘発性について検討された。チアクロプリドは妊娠 18 及び 19 日に 100 mg/kg 体重/日用量で投与されたが、著明な毒性が認められたため、 妊娠 20 日には 50 mg/kg 体重/日で投与された。また、雌 23 匹を妊娠 8~21 日 まで期間、夜間 14 時間照明サイクル(逆転した照明サイクル)で維持し、 妊娠 22 日に通常 12 時間照明サイクルに戻して、分娩が照明サイクル交替に よって同調化されるか否かについて検討された。
さらに見せる

101 さらに読み込む

目次 審議の経緯... 4 食品安全委員会委員名簿... 4 食品安全委員会肥料 飼料等専門調査会専門委員名簿... 4 要約... 6 Ⅰ. 評価対象動物用医薬品の概要 用途 有効成分の一般名 化学名 分子式 分子量.

目次 審議の経緯... 4 食品安全委員会委員名簿... 4 食品安全委員会肥料 飼料等専門調査会専門委員名簿... 4 要約... 6 Ⅰ. 評価対象動物用医薬品の概要 用途 有効成分の一般名 化学名 分子式 分子量.

伝毒性を有すると考えられた。その数種代謝物には in vitro で遺伝毒性が確認 された。また、クロラムフェニコール及びクロラムフェニコール数種代謝物 を用いた多く試験で、それらが in vitro で骨髄細胞に細胞毒性があることが示 された。発がん性に関する知見については、十分に得られていない。しかし、ヒ トにおける多く疫学調査から、発生率は低いものの、クロラムフェニコール 投与は、致命的となる可能性ある再生不良性貧血発生と関連性あることが 示されており、白血病へと進行する事例もみられる。この再生不良性貧血誘発 には、用量相関性はみられず、閾値を設定することはできないと考えられた。ま た、生殖発生毒性を評価するには十分なデータはないと判断されたが、生殖発生 毒性を有することが推察されたことから、ヒトに対する影響が懸念される。
さらに見せる

61 さらに読み込む

目次頁 審議の経緯...3 食品安全委員会委員名簿...4 食品安全委員会農薬専門調査会専門委員名簿...4 要約...6 Ⅰ. 評価対象農薬の概要 用途 有効成分の一般名 化学名 分子式 分子量 構造式...7 7

目次頁 審議の経緯...3 食品安全委員会委員名簿...4 食品安全委員会農薬専門調査会専門委員名簿...4 要約...6 Ⅰ. 評価対象農薬の概要 用途 有効成分の一般名 化学名 分子式 分子量 構造式...7 7

ルフェヌロンは脂溶性が高いことから、体内に吸収された後は血液中から脂肪 組織や脂肪含有量高い組織に分布する。脳へ分布は少ないが、高濃度を長期 間投与した場合、脂肪中濃度が増加し、脳中濃度が一定レベル以上になると 痙攣が誘発されるものと考えられた。ルフェヌロンは神経伝達細胞へ直接的な 障害作用ではなく、脳脂肪部分に分布し、一定濃度以上になると間接的に神経 伝達系に作用し痙攣を発現させたと考えられた。ルフェヌロン神経毒性作用は、 ストリキニーネ誘発痙攣を抑制し、ペンチレンテトラゾール誘発痙攣を促進した ことから、脳幹・大脳皮質に作用しているものと考えられる。なお、投与を中止 すると痙攣発現は消失することから、投与を中止して脳中濃度が減少後は痙攣症 状を繰り返し生じさせるようなものではないと考えられた。
さらに見せる

55 さらに読み込む

目次頁 < 審議の経緯 >... 3 < 食品安全委員会委員名簿 >... 3 < 食品安全委員会遺伝子組換え食品等専門調査会専門委員名簿 >... 3 要約... 4 Ⅰ. 評価対象食品の概要... 5 Ⅱ. 食品健康影響評価... 5 第 1. 安全性評価において比較対象として用いる宿主等の性質

目次頁 < 審議の経緯 >... 3 < 食品安全委員会委員名簿 >... 3 < 食品安全委員会遺伝子組換え食品等専門調査会専門委員名簿 >... 3 要約... 4 Ⅰ. 評価対象食品の概要... 5 Ⅱ. 食品健康影響評価... 5 第 1. 安全性評価において比較対象として用いる宿主等の性質

申請者:日本モンサント株式会社 開発者: Monsanto Company(米国) 「チョウ目害虫抵抗性ダイズ MON87751 系統」(以下「ダイズ MON87751」と いう。)は、 Bacillus thuringiensis ssp. kurstaki に由来する cry1Ab 遺伝子及び cry1Ac 遺伝子並びに Bacillus thuringiensis ssp. aizawai EG6346 株に由来する cry1Fa1 遺伝子を基に作製された cry1A.105 遺伝子並びに B. thuringiensis ssp. kurstaki 由来改変 cry2Ab2 遺伝子を導入して作出されており、Cry1A.105 タン

23 さらに読み込む

目次頁 審議の経緯... 4 食品安全委員会委員名簿... 5 食品安全委員会農薬専門調査会専門委員名簿... 5 要約... 9 Ⅰ. 評価対象農薬の概要 用途 有効成分の一般名 化学名 分子式 分子量 構造式

目次頁 審議の経緯... 4 食品安全委員会委員名簿... 5 食品安全委員会農薬専門調査会専門委員名簿... 5 要約... 9 Ⅰ. 評価対象農薬の概要 用途 有効成分の一般名 化学名 分子式 分子量 構造式

実施された。また、対照群及び最高用量群( 1,000 mg/kg 体重/日)は、別に一群 (雌雄各 10 匹)を設け、28 日間投与期間後、14 日間回復期間を置いた。 全投与群雌雄で、痂皮、落屑、真皮び漫性細胞浸潤、表皮過形成等皮膚変 化が認められたが、回復期間終了後には皮膚所見頻度、程度が低下したことか ら、これは検体を繰り返し塗布したことによる物理的刺激によるものと考えられ、 投与を中止することによって回復すると考えられた。
さらに見せる

78 さらに読み込む

目次頁 審議の経緯... 3 食品安全委員会委員名簿... 3 食品安全委員会動物用医薬品専門調査会専門委員名簿... 5 食品安全委員会肥料 飼料等専門調査会専門委員名簿... 5 要約... 7 Ⅰ. 評価対象動物用医薬品の概要 用途 有効成分の一般名... 8

目次頁 審議の経緯... 3 食品安全委員会委員名簿... 3 食品安全委員会動物用医薬品専門調査会専門委員名簿... 5 食品安全委員会肥料 飼料等専門調査会専門委員名簿... 5 要約... 7 Ⅰ. 評価対象動物用医薬品の概要 用途 有効成分の一般名... 8

マウス( ICR 系、雌雄)にセファピリンベンザチンを腹腔内投与(250~2,000 mg/kg 体重)し、 Irwin 多次元観察法により経時的に観察した。 250 mg/kg 体重投与雄で運動失調及び立毛がみられた。500 mg/kg 体重以上投与 群雌雄に用量相関的に運動性及び認知力低下等がみられ、更に 2,000 mg/kg 体重 投与群に呼吸数減少、皮膚蒼白、苦悶、姿勢異常、運動失調、筋緊張低下等抑 制作用及びそれに関連する行動変化が観察された。また、 1,000 mg/kg 体重以上投与 では上記変化重度化した全身抑制状態下で、驚き反応、振戦、痙攣、挙尾等中 枢興奮作用がみられ、投与後 30 分~3 時間に 1,000 mg/kg 体重投与群雌 3 例中 1 例及び 2,000 mg/kg 体重投与群雌雄全例が死亡した。生存例には、投与 1~3 時間
さらに見せる

51 さらに読み込む

目次頁 審議の経緯... 4 食品安全委員会委員名簿... 5 食品安全委員会農薬専門調査会専門委員名簿... 5 食品安全委員会動物用医薬品専門調査会専門委員名簿... 8 要約... 9 Ⅰ. 評価対象農薬及び動物用医薬品の概要 用途 有効成分の一般名...

目次頁 審議の経緯... 4 食品安全委員会委員名簿... 5 食品安全委員会農薬専門調査会専門委員名簿... 5 食品安全委員会動物用医薬品専門調査会専門委員名簿... 8 要約... 9 Ⅰ. 評価対象農薬及び動物用医薬品の概要 用途 有効成分の一般名...

要 約 有機リン系殺虫剤である「ダイアジノン」( CAS No. 333-41-5)について、農薬抄 録及び各種資料( JMPR、米国等)を用いて食品健康影響評価を実施した。 評価に用いた試験成績は、動物体内運命(ラット及び畜産動物)、植物体内運命(水 稲、だいこん等)、作物等残留、亜急性毒性(ラット及びイヌ)、亜急性神経毒性(ラ ット)、慢性毒性(ラット及びイヌ)、慢性毒性/発がん性併合(ラット)、発がん性 (マウス)、2 世代繁殖(ラット)、発生毒性(ラット及びウサギ)、遺伝毒性等 試験成績である。
さらに見せる

26 さらに読み込む

目次頁 審議の経緯... 6 食品安全委員会委員名簿... 6 食品安全委員会肥料 飼料等専門調査会専門委員名簿... 7 食品安全委員会農薬専門調査会専門委員名簿... 7 要約... 9 Ⅰ. 評価対象動物用医薬品 飼料添加物及び農薬の概要 用途 有効成分の一

目次頁 審議の経緯... 6 食品安全委員会委員名簿... 6 食品安全委員会肥料 飼料等専門調査会専門委員名簿... 7 食品安全委員会農薬専門調査会専門委員名簿... 7 要約... 9 Ⅰ. 評価対象動物用医薬品 飼料添加物及び農薬の概要 用途 有効成分の一

Clostridium difficile VPI 10463 生菌 10 7 個を接種し、外来微生物定着を阻害する細 菌叢能力について調べた。試料は試験開始 34~42 日に採取した。対照試料は TC 添加前及び添加中に採取し、細菌数及び毒性価背景データとした。試料は新たな芽胞 を選択するためにあらかじめエタノールで洗浄するか又は洗浄せずに、選択培地 ( D-cycloserine, cefotoxin, and fructose agar:CCFA)を用いて C.difficile 培養を行 った。 CCFA 培地では、エタノールで洗浄しない場合、他 Clostoridium sp.と、少な くとも 1 種 Enterococcus sp.が増殖した。 C.difficile toxin A 濃度も測定した。糞 便を接種していない陽性対照ケモスタットに C. difficile VPI 10463 を接種し、糞便を
さらに見せる

104 さらに読み込む

目次 頁 審議の経緯... 3 食品安全委員会委員名簿... 3 食品安全委員会肥料 飼料等専門調査会専門委員名簿... 3 要約... 4 Ⅰ. 評価対象動物用医薬品の概要 用途 有効成分の一般名 化学名 分子式 分子

目次 頁 審議の経緯... 3 食品安全委員会委員名簿... 3 食品安全委員会肥料 飼料等専門調査会専門委員名簿... 3 要約... 4 Ⅰ. 評価対象動物用医薬品の概要 用途 有効成分の一般名 化学名 分子式 分子

イシンは、 Bifidobacterium 、 Clostridium 、 Bacteroides fragilis 及び非 fragilis Bacteroides sp.では、測定可能な抗菌活性は示さなかった。アプラマイシンは、 Lactobacillus ( MIC 50 =64 μg/mL)、 Enterococcus ( MIC 50 =32 μg/mL)、 Fusobacterium (MIC 50 =16 μg/mL)、 Eubacterium (MIC 50 =16 μg/mL)及び Peptostreptococcus

34 さらに読み込む

目次 審議の経緯 3 食品安全委員会委員名簿 3 食品安全委員会動物用医薬品専門調査会専門委員名簿 4 食品安全委員会動物用医薬品専門調査会確認評価部会委員名簿 4 要約 5 Ⅰ. 評価対象動物用医薬品の概要 6 1. 用途 6 2. 有効成分の一般名 6 3. 化学名 6 4. 分子式 6 5.

目次 審議の経緯 3 食品安全委員会委員名簿 3 食品安全委員会動物用医薬品専門調査会専門委員名簿 4 食品安全委員会動物用医薬品専門調査会確認評価部会委員名簿 4 要約 5 Ⅰ. 評価対象動物用医薬品の概要 6 1. 用途 6 2. 有効成分の一般名 6 3. 化学名 6 4. 分子式 6 5.

( Large White Hybrid種妊 ( 0.84 mg/mL) 0、2、6、10 mL 7 をそれぞれ筋肉内投与する試験が実施さ れた。一般的な臨床症状、体重変化、摂餌量、血液学的検査、血液生化学的検 査に投与に関連する異常は認められなかった。一方、分娩された平均生存児数 は用量相関的に減少した。授乳期間中児動物死亡率は 3 倍量(6 ml)及び 5 倍量(10 ml)群で減少がみられたが、試験第 22 日における平均生存児数は 5 倍量群が対照群より少なかった。 5 倍量群同腹産児総増体重平均値に有意で はないが低値がみられた。
さらに見せる

18 さらに読み込む

目次頁 審議の経緯... 食品安全委員会委員名簿... 食品安全委員会動物用医薬品専門調査会専門委員名簿... 要約... I. 評価対象動物用医薬品の概要.... 用途.... 有効成分の一般名.... 化学名.... 分子式.... 分子量.... 構造式.... 使用目的及び使

目次頁 審議の経緯... 食品安全委員会委員名簿... 食品安全委員会動物用医薬品専門調査会専門委員名簿... 要約... I. 評価対象動物用医薬品の概要.... 用途.... 有効成分の一般名.... 化学名.... 分子式.... 分子量.... 構造式.... 使用目的及び使

【小川専門委員より】 明確な記載はありませんが、医薬品申請に使われているものでしたら、主要な試験は GLP で実施 されていると思います。どこかに、どの試験が GLP か一覧表がありそうですが、捜せませんでし た。確認は取れないでしょうか?GLP でしたら、経皮および皮下試験については参考資料扱いで経 口投与試験結果は、詳細記載はえられていない理由を記載した上で、評価に採用しても良いと 思います。

36 さらに読み込む

Show all 10000 documents...