報酬等支給人員

Top PDF 報酬等支給人員:

理事 同上 監事 同上 監事 ( 非常勤 ) 非常勤役員手当の月額については 当基金役員給与規程に基づいた額としている 2 役員の報酬等の支給状況 役名 A 理事長 B 理事 C 理事 D 理事 E 理事 F 監事 G 監事 ( 非常勤 ) 平成 29 年度年間報酬等の総額就任 退任の状況報酬 (

理事 同上 監事 同上 監事 ( 非常勤 ) 非常勤役員手当の月額については 当基金役員給与規程に基づいた額としている 2 役員の報酬等の支給状況 役名 A 理事長 B 理事 C 理事 D 理事 E 理事 F 監事 G 監事 ( 非常勤 ) 平成 29 年度年間報酬等の総額就任 退任の状況報酬 (

注3:千円未満の端数処理の関係で一致しない場合がある。     常勤職員の欠員に対応するため、非常勤職員の雇用人数が増加したことによるものである。 9,135,000 昇給については、勤務成績に応じて、昇給区分(5段階)を決定のうえ昇給させるとともに、勤勉手当(査定分)について は、基準日以前6箇月以内の期間における勤務成績に応じ支給することとしており、今後も継続する方針である。  なお、当法人の給与規程は、人事院勧告を受けた国家公務員給与改正を基礎として改正している。
さらに見せる

9 さらに読み込む

理事 ( 非常勤 ) 役員報酬支給基準は 月額から構成されている 月額については 国立研究開発法人海洋研究開発機構役員報酬規程に則り 非常勤役員手当 ( 理事 121,700 円 ) を支給することとしている 監事 役員報酬支給基準は 月額及び期末特別手当から構成されている 月額については 国立研究

理事 ( 非常勤 ) 役員報酬支給基準は 月額から構成されている 月額については 国立研究開発法人海洋研究開発機構役員報酬規程に則り 非常勤役員手当 ( 理事 121,700 円 ) を支給することとしている 監事 役員報酬支給基準は 月額及び期末特別手当から構成されている 月額については 国立研究

(法人の検証結果)  海洋は地球環境の変化に大きく関連し、地球上のすべての生命維持のために 必要不可欠なものである。海洋に関する科学的な知見の充実が重要であり、地 球温暖化や巨大海溝型地震・津波への対応、海洋鉱物資源の開発、政策課 題対応型の研究開発が必要とされており、海洋研究の次世代を担う人材育成の 重要性が指摘されている。国家基幹技術を始めとする海洋に関する基盤的な技 術開発力や海洋科学技術に関する基礎的な研究開発力を着実に強化し、推進 することが必要となる。これらの事業の性格が国からの財政支出を受けている理 由である。このような国家プロジェクトの研究開発の実施のために、高度な専門知 識と業務遂行能力を維持するため現在の給与水準となっている。
さらに見せる

13 さらに読み込む

2 役員の報酬等の支給状況平成 27 年度年間報酬等の総額就任 退任の状況役名報酬 ( 給与 ) 賞与その他 ( 内容 ) 就任退任 法人の長 A 理事 B 理事 C 理事 D 理事 E 理事 F 理事 G 理事 A 監事 B 監事 ( 非常勤 ) 23,073 14,377 6,164 18,49

2 役員の報酬等の支給状況平成 27 年度年間報酬等の総額就任 退任の状況役名報酬 ( 給与 ) 賞与その他 ( 内容 ) 就任退任 法人の長 A 理事 B 理事 C 理事 D 理事 E 理事 F 理事 G 理事 A 監事 B 監事 ( 非常勤 ) 23,073 14,377 6,164 18,49

役員報酬支給基準は、主に月額及び賞与から構成されている。月額については、東京大学 役員給与規則に則り、俸給月額(895,000円)に教育研究連携手当(161,100円)を加算して 算出している。賞与についても、東京大学役員給与規則に則り、((俸給月額+教育研究連 携手当の月額)+(俸給月額+教育研究連携手当の月額)×100分の20+俸給月額×100 分の25)に夏季に支給する場合にあっては100分の147.5、冬季に支給する場合にあっては 100分の167.5を乗じ、さらに基準日以前6箇月以内の期間におけるその者の在職期間に応 じた割合を乗じて得た額としている。なお、平成27年度では、国家公務員給与改定の状況を 踏まえた改定として、平成27年度当初から①俸給月額の18,000円減額を実施し、平成28年 3月1日から②俸給月額の1,000円増額、③教育研究連携手当の支給割合0.5%引上げ、④ 賞与の支給割合を年間で0.05月分引上げを実施した。上記②~④については特例一時金と して、平成27年4月1日から平成28年2月29日まで適用するものとした場合に支給されるこ ととなる改定前後の差額に相当する額を支給した。
さらに見せる

14 さらに読み込む

目次 項目 P 1 人員 設備 運営基準について 1 人員 設備に関する基準 8 運営に関する基準 10 Q&A 集 人員 設備 運営基準編 17 2 介護報酬の基準について 21 < 加算 減算 > 24 Q&A 集 介護報酬編 47 医療保険と介護保険の給付調整に関する留意事項及び医療保険と介護

目次 項目 P 1 人員 設備 運営基準について 1 人員 設備に関する基準 8 運営に関する基準 10 Q&A 集 人員 設備 運営基準編 17 2 介護報酬の基準について 21 < 加算 減算 > 24 Q&A 集 介護報酬編 47 医療保険と介護保険の給付調整に関する留意事項及び医療保険と介護

・平成27年度の介護報酬改定において、個別リハビリテーション実施加算が本体報酬に包 括化された趣旨を踏まえ、利用者の状態に応じ、個別にリハビリテーションを実施する ことが望ましい。 ・指定通所リハビリテーションは、事業所の医師の診療に基づき、通所リハビリテーショ ン計画を作成し、実施することが原則であるが、例外として、医療保険の脳血管疾患 リハビリテーション料、廃用症候群リハビリテーション料又は運動器リハビリテーショ ン料を算定すべきリハビリテーションを受けていた患者が、介護保険の指定通所リハビ リテーションへ移行する際に、「リハビリテーションマネジメント加算に関する基本 的な考え方並びにリハビリテーション計画書の事務処理手順及び様式例の提示につい て」(平成30 年3月22 日老老発0322 第2号)の別紙様式2-1をもって、保険医療機 関から当該事業所が情報提供を受け、当該事業所の医師が利用者を診療するとともに、 別紙様式2-1に記載された内容について確認し、指定通所リハビリテーションの提供 を開始しても差し支えないと判断した場合には、別紙様式2-1をリハビリテーション 計画書とみなして通所リハビリテーション費の算定を開始してもよいこととする。
さらに見せる

143 さらに読み込む

2 役員の報酬等の支給状況 役名 A 理事長 B 副理事長 C 総括理事 D 総括理事 E 総括理事 F 理事 G 理事 H 理事 I 理事 J 理事 K 理事 L 理事 M 監事 N 監事 O 監事 平成 25 年度年間報酬等の総額 報酬 ( 給与 ) 賞与 その他 ( 内容 ) 就任 退任 1,

2 役員の報酬等の支給状況 役名 A 理事長 B 副理事長 C 総括理事 D 総括理事 E 総括理事 F 理事 G 理事 H 理事 I 理事 J 理事 K 理事 L 理事 M 監事 N 監事 O 監事 平成 25 年度年間報酬等の総額 報酬 ( 給与 ) 賞与 その他 ( 内容 ) 就任 退任 1,

  具体的な措置は、次のとおり。  ① 平成17年12月からの「給与構造の見直し」として、本俸について、毎年度、等級別に1.4%~0.2%   引下げを着実に実施する。  ② 「新たな人事管理制度」として、平成19年度から人事評価制度の導入や昇給幅の圧縮(管理職の   昇給幅を標準で4号俸から2号俸へ圧縮)を実施するとともに、平成20年度からは、管理職への昇格   者数の抑制(管理職への昇格は、前年度の管理職減員数の3分の1を限度とする)、管理職ポストオ   フ制度(57歳に達した年度の翌年度に管理職を離脱し、非管理職とする)を導入し、実施している。 3.給与水準是正の目標水準及び具体的期限
さらに見せる

8 さらに読み込む

2 役員の報酬等の支給状況 役名 理事長 A 副理事長 理事長代理 A 理事長代理 B 理事 A 理事 B 理事 C 理事 D 平成 29 年度年間報酬等の総額就任 退任の状況報酬 ( 給与 ) 賞与その他 ( 内容 ) 就任退任 21,388 13,272 5,993 2,123 ( 特別地域手当

2 役員の報酬等の支給状況 役名 理事長 A 副理事長 理事長代理 A 理事長代理 B 理事 A 理事 B 理事 C 理事 D 平成 29 年度年間報酬等の総額就任 退任の状況報酬 ( 給与 ) 賞与その他 ( 内容 ) 就任退任 21,388 13,272 5,993 2,123 ( 特別地域手当

※「給与制度の見直し」(H26.7~) 「独立行政法人改革に関する基本的な方針」(平成25年12月24日 閣議決定)を踏まえ、「給与制度の見直し」を実施。具体的に は、本給を級毎に定額の職能給及び人事評価の結果により加算す る加算給に再編し、下位の級の給与が上位の級の給与を上回らな いよう加算給に上限額を設けたほか、管理職について扶養手当を 廃止するとともに役職手当を職務給に見直すなど、給与の年功的 昇給を見直し、より職務・職責を重視した制度に移行した。な お、制度移行後の職能給及び加算給が制度移行前の本給を下 回る者に対しては、経過措置としてその差額を調整給として支給 していたが、調整給については3年間で段階的に解消することと しており、平成28年度末にすべて解消した。また、特別手当につ いて、加算月数及び配分割合を見直し、個人の勤務成績の反映強 化を図った。
さらに見せる

10 さらに読み込む

2 役員の報酬等の支給状況平成 29 年度年間報酬等の総額就任 退任の状況役名報酬 ( 給与 ) 賞与その他 ( 内容 ) 就任退任 法人の長 23,755 14,388 6,562 2,805 ( 教育研究連携手当 ) 前職 A 理事 B 理事 C 理事 D 理事 E 理事 F 理事 G 理事 A

2 役員の報酬等の支給状況平成 29 年度年間報酬等の総額就任 退任の状況役名報酬 ( 給与 ) 賞与その他 ( 内容 ) 就任退任 法人の長 23,755 14,388 6,562 2,805 ( 教育研究連携手当 ) 前職 A 理事 B 理事 C 理事 D 理事 E 理事 F 理事 G 理事 A

うち賞与 総額 当該法人職員の給与水準を検討するにあたっては、労使交渉によって自主的・自律的に勤務条件を決定すること を基本としつつ、人件費の状況や国家公務員の給与、民間企業の従業員の給与、業務の実績並びに職員の 職務の特性及び雇用形態を総合的に勘案したうえで、国の給与法を重要な参考資料として給与改定を実施し ている。なお、人件費管理については、教員と教員以外の職員の区分に分け部局ごとに採用可能数を配分し、そ の配分数の範囲内で雇用管理を行っている。また、毎年度部局ごとに採用可能数の削減を行うことと併せて、必要 な部局には再配分を行う仕組みとしている。
さらに見せる

14 さらに読み込む

2 役員の報酬等の支給状況 役名 平成 26 年度年間報酬等の総額就任 退任の状況報酬 ( 給与 ) 賞与その他 ( 内容 ) 就任退任 理事長 21,108 13,548 5,663 副理事長 18,381 11,640 4,865 A 理事 15,177 10,080 4,026 B 理事 15

2 役員の報酬等の支給状況 役名 平成 26 年度年間報酬等の総額就任 退任の状況報酬 ( 給与 ) 賞与その他 ( 内容 ) 就任退任 理事長 21,108 13,548 5,663 副理事長 18,381 11,640 4,865 A 理事 15,177 10,080 4,026 B 理事 15

(主務大臣の検証結果) 初公表時(平成15年度)の比較指標は122.2であり、今回と比較すると17.4ポイ ント減少している。これはその間、特地勤務手当に準ずる手当の廃止、地域調整手 当の支給割合の引き下げ、専門業務手当及び職責手当の見直し、任期制職員の勤 務形態変更を行った結果に加え、国家公務員の臨時特例措置に準じた給与の引 き下げの終了時期が国家公務員と異なったことによる影響であると考えられる。今後 も独立行政法人通則法による「職員の給与」の趣旨に則り、引き続き適正な給与 水準の確保に取り組んでいく必要があると考える。
さらに見せる

14 さらに読み込む

2 役員の報酬等の支給状況 役名 平成 29 年度年間報酬等の総額就任 退任の状況報酬 ( 給与 ) 賞与その他 ( 内容 ) 就任退任 千円 千円 千円 千円 法人の長 15,387 11,001 4,386 0 A 理事 13,094 9,325 3, ( 通勤手当 ) 前職 B 理

2 役員の報酬等の支給状況 役名 平成 29 年度年間報酬等の総額就任 退任の状況報酬 ( 給与 ) 賞与その他 ( 内容 ) 就任退任 千円 千円 千円 千円 法人の長 15,387 11,001 4,386 0 A 理事 13,094 9,325 3, ( 通勤手当 ) 前職 B 理

(3) 職種別民間給与実態調査において、宮崎大学と同等の規模や職種の大学卒の4月の平均支給額は部 長級748,525円、課長級633,629円、次長級578,177円、係長級495,089円、主任級434,792円、係員級 352,819となっている。 また、学長のリーダーシップによる予算、人的・物的資源の戦略的な運用を進め、全学的な観点から学部・ 研究科の教職員人事を行う制度を推進し、事務系職員については、教育研究活動の支援の観点から 適切に配置し、事務の効率化・合理化を進めている。
さらに見せる

14 さらに読み込む

2 役員の報酬等の支給状況 役名 平成 28 年度年間報酬等の総額就任 退任の状況報酬 ( 給与 ) 賞与その他 ( 内容 ) 就任退任 千円 千円 千円 千円 理事長 22,031 13,096 6,225 2,710 0 副理事長 18,823 11,032 5,243 2, A

2 役員の報酬等の支給状況 役名 平成 28 年度年間報酬等の総額就任 退任の状況報酬 ( 給与 ) 賞与その他 ( 内容 ) 就任退任 千円 千円 千円 千円 理事長 22,031 13,096 6,225 2,710 0 副理事長 18,823 11,032 5,243 2, A

理事 監事  【主務大臣の検証結果】 機構は宇宙基本計画(平成25年1月策定)において、政府全体の宇宙開発利 用を技術で支える中核的実施機関と位置付けられ、「安全保障・防災」「産業振 興」「宇宙科学のフロンティア」の3つの重点課題や国の重要施策である国際 宇宙ステーション計画の推進に取り組んでいる他、閣僚級会合における地球観 測に関する政府間会合(GEO)戦略計画2016-2025への日本の貢献を着実に実 施していくために必要な人工衛星の研究開発や新型基幹ロケットの開発など、先 進的かつ民間で実施するには極めてリスクの高いチャレンジングな業務を理事 長のリーダーシップの下で推進している。理事長の年間報酬額は、人数規模が 同規模である民間企業の役員報酬3,277万円と比較してもそれ以下となってお り、また、事務次官の年間給与額2,298万円と比べてもそれ以下となっている。 機構では、理事長の報酬月額を国家公務員指定職俸給表を準用して決定して おり、理事長の職務内容・責任の度合いと報酬水準を総合的に勘案すると機構 の理事長の報酬水準は妥当と考える。
さらに見せる

14 さらに読み込む

独立行政法人石油天然ガス 金属鉱物資源機構 ( ) の役職員の報酬 給与等について Ⅰ 役員報酬等について 1 役員報酬についての基本方針に関する事項 1 役員報酬の支給水準の設定についての考え方 役員の報酬水準については 国家公務員給与 民間企業の役員の報酬等を考慮して定め

独立行政法人石油天然ガス 金属鉱物資源機構 ( ) の役職員の報酬 給与等について Ⅰ 役員報酬等について 1 役員報酬についての基本方針に関する事項 1 役員報酬の支給水準の設定についての考え方 役員の報酬水準については 国家公務員給与 民間企業の役員の報酬等を考慮して定め

 なお、地域及び学歴を勘案した場合の対国家公務員指数は「103.1」であ る。 ※国については、平成28年国家公務員給与実態調査より記載した。  さらに、JOGMECは民間企業が参入困難な物理探査の探鉱段階での 先駆的業務を担っており、このような業務を行うためには技術的専門性を 有する優秀な人材が必要。地質学、物理探査、地球科学、製錬及び石油 工学その他これらに準ずる分野での高度な技術的専門性を有する優秀な 資源開発人材を確保するため、一定程度の処遇が求められる。これらの人 材には、組織の管理を行う管理者に加え、資源外交推進のための産油・資 源国の政府や国営企業、海外企業との交渉、資源開発を行う我が国企業 との調整、高度な技術的専門性を必要とするプロジェクトの推進を機構を 代表して行うスタッフ管理職員として職務を遂行している者が多数おり、対 国家公務員指数は高いものとなっている。
さらに見せる

10 さらに読み込む

2 役員の報酬等の支給状況 平成 25 年度年間報酬等の総額就任 退任の状況役名報酬 ( 給与 ) 賞与その他 ( 内容 ) 就任退任 A 理事長 1,303 16,723 10,860 4, B 副理事長 C 総括理事 D 総括理事 E 総括理事 F 理事 G 理事 H 理事 I 理

2 役員の報酬等の支給状況 平成 25 年度年間報酬等の総額就任 退任の状況役名報酬 ( 給与 ) 賞与その他 ( 内容 ) 就任退任 A 理事長 1,303 16,723 10,860 4, B 副理事長 C 総括理事 D 総括理事 E 総括理事 F 理事 G 理事 H 理事 I 理

役員の退職手当については、独立行政法人評価委員会による客観的な評価に基づく当機構及び当該役員の 業績を反映させることとしている。また、期末特別手当については、役員給与規程に「その者の職務実績に応じ、 これを増額し、又は減額することができる」と規定されているが、当該役員の勤務実績を総合的に評価し、増額 又は減額することなく支給した。

8 さらに読み込む

2 役員の報酬等の支給状況平成 29 年度年間報酬等の総額就任 退任の状況役名前職報酬 ( 給与 ) 賞与その他 ( 内容 ) 就任退任法人の長 2,484 ( 地域手当 ) 20,795 12,420 5, ( 通勤手当 ) 4 月 1 日 A 理事 B 理事 C 理事 D 理事 E

2 役員の報酬等の支給状況平成 29 年度年間報酬等の総額就任 退任の状況役名前職報酬 ( 給与 ) 賞与その他 ( 内容 ) 就任退任法人の長 2,484 ( 地域手当 ) 20,795 12,420 5, ( 通勤手当 ) 4 月 1 日 A 理事 B 理事 C 理事 D 理事 E

当法人は行政執行法人であり、役員は国家公務員の身分を有することから、役員報酬の 水準を検討するに当たっては、一般職の国家公務員との均衡を考慮し、一般職の職員の給 与に関する法律(以下「一般職給与法」という。)の指定職俸給表を基礎とした。 また、役員は、独立行政法人の経営責任を負うこと、事業規模が大きく(本局、研究所をは じめ全国に6つの製造工場を保有。)業務が多岐にわたる印刷局を独立採算で健全に運営 することを総合的に勘案し、理事長については、指定職俸給表6号俸に相当する額以下 の額、理事については、4号俸に相当する額以下の額、監事については、2号俸に相当する 額以下の額で理事長が決定するものとしている。
さらに見せる

10 さらに読み込む

2 役員の報酬等の支給状況平成 29 年度年間報酬等の総額就任 退任の状況役名報酬 ( 給与 ) 賞与その他 ( 内容 ) 就任退任千円千円千円千円 法人の長 15,153 10,740 4, ( 通勤手当 ) * 前職 A 監事 千円千円千円千円 9,801 7,020 2,757

2 役員の報酬等の支給状況平成 29 年度年間報酬等の総額就任 退任の状況役名報酬 ( 給与 ) 賞与その他 ( 内容 ) 就任退任千円千円千円千円 法人の長 15,153 10,740 4, ( 通勤手当 ) * 前職 A 監事 千円千円千円千円 9,801 7,020 2,757

  給与・報酬支給総額の対前年度比については11.5%増となっており、主な要因としては、人事院勧告に基づく  国家公務員の給与見直しに関連した俸給及び勤勉手当の引き上げ、職員数の増によるものがあげられる。   最広義人件費については23.1%増となっており、主な要因としては、定年退職者が多かったものがあげられる。   「公務員の退職手当の支給水準引下げについて」(平成29年11月17日閣議決定)に基づき、平30年1月から以下の  措置を講じることとした。
さらに見せる

6 さらに読み込む

2 役員の報酬等の支給状況 役名理事長副理事長理事 A 理事 B 理事 C 理事 D 理事 E 理事 F 監事 A 監事 B 監事 C 平成 28 年度年間報酬等の総額 報酬 ( 給与 ) 賞与その他 ( 内容 ) 就任退任 千円千円千円千円 22,258 13,548 6,113 2,439 (

2 役員の報酬等の支給状況 役名理事長副理事長理事 A 理事 B 理事 C 理事 D 理事 E 理事 F 監事 A 監事 B 監事 C 平成 28 年度年間報酬等の総額 報酬 ( 給与 ) 賞与その他 ( 内容 ) 就任退任 千円千円千円千円 22,258 13,548 6,113 2,439 (

理事長代理 理事 監事 当機構は、住宅金融公庫を前身とし、市場重視型の新たな住宅金融システムを整備し、長期・固定の民間住宅 ローンの安定的供給を実現するための証券化支援業務を中心とする金融機関としての業務を担っている。 役員報酬支給水準については、独立行政法人通則法(平成11年法律第103号。以下「通則法」という。)第50条 の2第3項の規定の趣旨を踏まえ、国家公務員の給与水準のみならず、機構の業務内容に鑑み、民間金融機関報酬水準を参考とする。具体的には、下表のとおり各地域に拠点を有し、全国規模で金融サービスを提供してい る民間金融機関や当機構と就職希望者が競合する民間金融機関の役員報酬との比較を行いつつ、支給水 準を設定することとする。
さらに見せる

8 さらに読み込む

2 役員の報酬等の支給状況 役名理事長副理事長 A 副理事長 B 理事 A 理事 B 理事 C 理事 D 理事 E 理事 F 理事 G 理事 H 監事 A 監事 B 監事 C 監事 D 監事 E 監事 F 平成 29 年度年間報酬等の総額 報酬 ( 給与 ) 賞与その他 ( 内容 ) 就任退任 千円

2 役員の報酬等の支給状況 役名理事長副理事長 A 副理事長 B 理事 A 理事 B 理事 C 理事 D 理事 E 理事 F 理事 G 理事 H 監事 A 監事 B 監事 C 監事 D 監事 E 監事 F 平成 29 年度年間報酬等の総額 報酬 ( 給与 ) 賞与その他 ( 内容 ) 就任退任 千円

職員給与の水準については、 通則法第50条の10第3項の規定の趣旨を踏まえ、下表のとおり、各地域に拠点を有 し、全国規模で金融サービスを提供している民間金融機関や当機構と就職希望者が競合する民間金融機関と の給与水準を参考に支給水準を設定することとする。 また、給与改定については、「公務員の給与改定に関する取扱い」(平成29年11月17日閣議決定)において、「「独 立行政法人改革に関する基本的な方針」(平成25年12月24日閣議決定)を踏まえ、適切に対応する。」こととされ ていることから、当機構においては、国家公務員の給与水準や改定状況を踏まえつつ、民間金融機関の給与水 準も参考にしながら判断している。
さらに見せる

8 さらに読み込む

2 役員の報酬等の支給状況平成 29 年度年間報酬等の総額就任 退任の状況役名報酬 ( 給与 ) 賞与その他 ( 内容 ) 就任退任千円千円千円千円 法人の長 理事 ( 寒地土木研究所長 ) 理事 監事 監事 ( 非常勤 ) 16,840 11,580 3,407 1,853 ( 役員特別調整手当

2 役員の報酬等の支給状況平成 29 年度年間報酬等の総額就任 退任の状況役名報酬 ( 給与 ) 賞与その他 ( 内容 ) 就任退任千円千円千円千円 法人の長 理事 ( 寒地土木研究所長 ) 理事 監事 監事 ( 非常勤 ) 16,840 11,580 3,407 1,853 ( 役員特別調整手当

 ① 職員給与の支給水準の設定についての考え方  当研究所は、土木技術に関する研究開発、技術指導及び成果の普及に関する業務を 担っており、良質な社会資本の効率的な整備の推進に資するの法人目的に鑑み、職員給 与水準については、独立行政法人通則法第50条の10第3項の規定の趣旨を踏まえ、職員 の職務の特性及び雇用形態に応じた一般職の職員の給与に関する法律(昭和25年法律第 95号)の適用を受ける国家公務員の給与を参考として設定している。
さらに見せる

11 さらに読み込む

2 役員の報酬等の支給状況 役名 法人の長 平成 27 年度年間報酬等の総額就任 退任の状況報酬 ( 給与 ) 賞与その他 ( 内容 ) 就任退任千円千円千円千円 19,678 12,420 5,333 1,925 ( 地域手当 ) 4 月 1 日 前職 A 理事 B 理事 C 理事 A 監事 B

2 役員の報酬等の支給状況 役名 法人の長 平成 27 年度年間報酬等の総額就任 退任の状況報酬 ( 給与 ) 賞与その他 ( 内容 ) 就任退任千円千円千円千円 19,678 12,420 5,333 1,925 ( 地域手当 ) 4 月 1 日 前職 A 理事 B 理事 C 理事 A 監事 B

当法人は行政執行法人であり、役員は国家公務員の身分を有することから、役員報酬の 水準を検討するに当たっては、一般職の国家公務員との均衡を考慮し、一般職の職員の 給与に関する法律(以下「一般職給与法」という。)の指定職俸給表を基礎とした。 また、役員は、独立行政法人の経営責任を負うこと、事業規模が大きく(本局、東京支 局、広島支局を保有)業務が多岐にわたる造幣局を独立採算で健全に運営することを 総合的に勘案し、理事長については、指定職俸給表6号俸に相当する額以下の額、理事 については、4号俸に相当する額以下の額、監事については、2号俸に相当する額以下の 額で理事長が決定するものとしている。
さらに見せる

10 さらに読み込む

2 役員の報酬等の支給状況平成 27 年度年間報酬等の総額就任 退任の状況役名前職報酬 ( 給与 ) 賞与その他 ( 内容 ) 就任退任千円千円千円千円法人の長 1,642 ( 特別地域手当 ) 17,374 10,944 4, ( 通勤手当 ) 3 月 31 日 A 理事 B 理事

2 役員の報酬等の支給状況平成 27 年度年間報酬等の総額就任 退任の状況役名前職報酬 ( 給与 ) 賞与その他 ( 内容 ) 就任退任千円千円千円千円法人の長 1,642 ( 特別地域手当 ) 17,374 10,944 4, ( 通勤手当 ) 3 月 31 日 A 理事 B 理事

 当法人は独法化以前は国の附属機関であり、職員は国家公務員であったことから、 当法人の役員報酬体系については、国家公務員の指定職に準拠しており、 支給水準も同様のものとなっている。当法人は、職場における労働者の安全及び健 康の確保に資するため、事業場における災害の予防に関する総合的な調査研究な どを行っており、法人の長の支給水準については国家公務員指定職4号俸の額とな っている。これは国における本府省内部部局の長、試験所、研究所、病院又は療養 所長と同様の水準である。また、理事については国家公務員指定職3号俸(国におけ る外局の次長などと同様の水準)又は2号俸、監事については1号俸の額となってい る(国において2号俸及び1号俸は、3号俸~8号俸が適用される者以外の官職に 適用することとされている。)。
さらに見せる

12 さらに読み込む

2 役員の報酬等の支給状況平成 26 年度年間報酬等の総額就任 退任の状況役名報酬 ( 給与 ) 賞与その他 ( 内容 ) 就任退任 法人の長 A 理事 B 理事 A 監事 B 監事 ( 非常勤 ) 千円千円千円千円 21,946 13,398 6,136 2,412 ( 地域付加給 ) * 千円千

2 役員の報酬等の支給状況平成 26 年度年間報酬等の総額就任 退任の状況役名報酬 ( 給与 ) 賞与その他 ( 内容 ) 就任退任 法人の長 A 理事 B 理事 A 監事 B 監事 ( 非常勤 ) 千円千円千円千円 21,946 13,398 6,136 2,412 ( 地域付加給 ) * 千円千

 理事        日本貿易保険は、我が国の輸出や海外投融資などの対外取引において生じる       通常の保険によって救済することができないリスクについての保険事業を効率的       かつ効果的に行うこととしており、理事においてはこれら事業の推進にあたり、       貿易保険業務の政策的な意義及び我が国産業のニーズを十分に理解するととも       に、内外の社会経済情勢に対する幅広い識見と経営戦略及び組織管理に関す       る高い知見と豊富な経験を有する必要があり、報酬水準については妥当である。  監事        日本貿易保険は、我が国の輸出や海外投融資などの対外取引において生じる       通常の保険によって救済することができないリスクについての保険事業を効率的       かつ効果的に行うこととしており、監事においてはこれら事業の推進にあたり、       大臣から任命された独立の機関として、日本貿易保険の業務を監査することに       より、その健全な業務運営を確保し、社会的信頼に応える良質な統治体制の       確立に資する責務を負っており、報酬水準については妥当である。
さらに見せる

8 さらに読み込む

Show all 10000 documents...