国内業務部門が1, 300百万円

Top PDF 国内業務部門が1, 300百万円:

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 19,300

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 19,300

「経営体質の強化」につきましては、生産能力の強化と効率向上のため、IoTを活用した原価低減活動と、製 造革新活動の手法を用い間接部門業務改善によるコスト削減を図ってまいりました。引き続き更なる原価低減と コスト削減を推進してまいります。 当連結会計年度の業績につきましては、売上高は前年度とほぼ同様に推移し、18,865(前期比0.2%増) となりました。利益面は、業務の効率向上と経費を抑制できたため、営業利益は862(前期比111.1%増)、 経常利益は933(前期比81.3%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は609(前期比92.4%増)とな りました。
さらに見せる

13 さらに読み込む

年 3 月期の連結業績予想 (2018 年 4 月 1 日 ~2019 年 3 月 31 日 ) 売上収益調整後営業利益税引前当期利益 親会社株主に帰属する当期利益 (% 表示は対前期増減率 ) 基本的 1 株当たり当期利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期

年 3 月期の連結業績予想 (2018 年 4 月 1 日 ~2019 年 3 月 31 日 ) 売上収益調整後営業利益税引前当期利益 親会社株主に帰属する当期利益 (% 表示は対前期増減率 ) 基本的 1 株当たり当期利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期

2018年3月31日に終了した事業年度においては、利益の増加や運転資金の増減により創出した資金を、主に成長基 盤の強化に向けた設備投資に充当しました。一方で長期借入金の返済も行い、資金の安定化を図りました。 また、当社は当社連結子会社との間で、キャッシュ・プーリング・システム(以下、CPS)を運営しており、日立 金属グループにおける運転資金のマネジメントを行っています。国内連結子会社は原則として外部借入を行わず、 CPSによって資金調達を行うこととしています。これにより日立金属グループ全体での余剰資金と借入金の一元化を 図り、資金効率の向上に努めています。米国・中国子会社においても同様のCPSを導入しており、米国・中国内グル ープ会社における資金の集中管理を行っております。
さらに見せる

23 さらに読み込む

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 1,

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 1,

また、事業ビジョンを推進する拠点の整備を国内外で進めるなかで、東京・市谷地区の拠点の再開 発に取り組んでいます。東京近郊に分散している各事業部門の企画や営業及び本社の機能をこの地区 に集約し、有効に活用することで、新規事業開発を強力に推進していきます。 平成29年4月には、DNPのICT分野での事業競争力強化を目的として株式会社DNPデジタ ルソリューションズを発足させました。平成28年10月に設立した株式会社DNPコミュニケーシ ョンデザインと連携した新たな体制のもとで、マーケティングと決済サービスの融合を進めるととも に、ICTやBPO関連での相乗効果を高め、デジタルマーケティング事業などを推進していきま す。
さらに見せる

37 さらに読み込む

(3) キャッシュ フローの状況 営業活動による投資活動による財務活動による現金及び現金同等物 キャッシュ フロー キャッシュ フロー キャッシュ フロー 期 末 残 高 百万円 百万円 百万円 百万円 30 年中間期 年中間期 ( 注 )

(3) キャッシュ フローの状況 営業活動による投資活動による財務活動による現金及び現金同等物 キャッシュ フロー キャッシュ フロー キャッシュ フロー 期 末 残 高 百万円 百万円 百万円 百万円 30 年中間期 年中間期 ( 注 )

-9- Ⅱ 第 44 期中間期(平成 29 月 9 月 1 日~平成 30 年 2 月 28 日)の業績の概況 当社専門とするコンクリートの補改修市場については、高度経済成長期に大量に建設されたインフラ老朽化 の時期を迎えており、今後 20 年間で建設後 50 年以上を経過する建設物の割合急速に増えてまいります。既存の 上下水道設備や管路、橋梁、港湾等の調査業務は急増しており、今後コンクリートの補修・改修の増加見込まれ ます。
さらに見せる

10 さらに読み込む

( 参考 ) 個別業績の概要 年 3 月期の個別業績 (2017 年 4 月 1 日 ~2018 年 3 月 31 日 ) (1) 個別経営成績 (% 表示は対前期増減率 ) 売上高営業利益経常利益当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 2018 年 3 月期 11

( 参考 ) 個別業績の概要 年 3 月期の個別業績 (2017 年 4 月 1 日 ~2018 年 3 月 31 日 ) (1) 個別経営成績 (% 表示は対前期増減率 ) 売上高営業利益経常利益当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 2018 年 3 月期 11

親会社株主に帰属する当期利益 17億 ② 剰余金の配当等の決定に関する方針及び当期・次期の配当 当社は、経営基盤の強化と市場競争力の維持・強化をはかるために必要な内部留保を確保しながら、安定的か つ継続的な利益配分を実行することを基本方針として、連結業績や財務状況等を総合的に勘案して決定すること としております。内部留保資金につきましては、今後の事業ポートフォリオ変革のための新技術・新製品開発へ の積極的な投資や財務体質の健全性の維持・強化のために有効に活用して企業価値の向上に努めます。
さらに見せる

14 さらに読み込む

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 株 主 資 本 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 百 万 円 百 万 円 百 万 円 百 万 円 百 万 円 当

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 株 主 資 本 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 百 万 円 百 万 円 百 万 円 百 万 円 百 万 円 当

投資有価証券である株式は、市場価格の変動リスクに晒されております、主に業務上の関係を有する 企業の株式であり、定期的に時価を把握しております。 営業債務である支払手形及び営業未払金は、そのほとんど1年以内の支払期日であります。 借入金のうち、短期借入金は主に営業取引に係る資金調達であり、長期借入金は主に設備投資に係る資 金調達であります。変動金利の借入金は、金利の変動リスクに晒されております、このうち長期のも のの一部については、支払金利の変動リスクを回避し支払利息の固定化を図るために、個別契約ごとに デリバティブ取引(金利スワップ取引)をヘッジ手段として利用しております。ヘッジの有効性の評価 方法については、金利スワップの特例処理の要件を満たしているため、その判定をもって有効性の評価 を省略しております。
さらに見せる

16 さらに読み込む

SMBC における国内法人業務部門の位置付け 部門別利益 (SMBC 単体 )* 1 SMBC の収益構成 ( マーケティング部門 ) ( 億円 ) 11 年度 12 年度構成比前年比 *2 1 個人部門 法人部門 企業金融部門 国際部門 マーケティング部門 市場営業部門 本社管理 合計 *1 内部

SMBC における国内法人業務部門の位置付け 部門別利益 (SMBC 単体 )* 1 SMBC の収益構成 ( マーケティング部門 ) ( 億円 ) 11 年度 12 年度構成比前年比 *2 1 個人部門 法人部門 企業金融部門 国際部門 マーケティング部門 市場営業部門 本社管理 合計 *1 内部

○少子高齢化、人口減少に伴う国内マーケットの縮小 ○長引くデフレと地方経済の疲弊、地域毎の格差の拡大 ○業種、個別企業における日系企業の不振、競争力低下 ○生き残りを掛けた現状打開策(海外進出、事業再編) ○中小企業オーナーの高齢化、後継者問題の深刻化 【足許マーケット環境】

12 さらに読み込む

(4) キャッシュ フローの状況営業活動による 投資活動による 財務活動による 現金及び現金同等物 キャッシュ フロー キャッシュ フロー キャッシュ フロー 期 末 残 高 百万円 百万円 百万円 百万円 29 年 7 月期 4, ,163 3, 年 1 月期 745 7

(4) キャッシュ フローの状況営業活動による 投資活動による 財務活動による 現金及び現金同等物 キャッシュ フロー キャッシュ フロー キャッシュ フロー 期 末 残 高 百万円 百万円 百万円 百万円 29 年 7 月期 4, ,163 3, 年 1 月期 745 7

c.不動産鑑定評価書の概要 保有資産について、本投資法人及び本資産運用会社、一般財団法人日本不動産研究所、株式会社谷 澤総合鑑定所、大和不動産鑑定株式会社又はシービーアールイー株式会社に鑑定評価を委託し作成された 各不動産鑑定評価書の概要は、以下のとおりです。当該鑑定評価書は、一定時点における評価者たる鑑定 機関の判断と意見であり、その内容の妥当性、正確性及び当該鑑定評価額での取引可能性等を保証するも のではありません。なお、一般財団法人日本不動産研究所、株式会社谷澤総合鑑定所、大和不動産鑑定株 式会社又はシービーアールイー株式会社と本投資法人及び本資産運用会社との間には、特別の利害関係は ありません。
さらに見せる

38 さらに読み込む

2. 訂正箇所 訂正箇所 サマリー情報 1. 平成 26 年 3 月期の連結業績 ( 平成 25 年 4 月 1 日 ~ 平成 26 年 3 月 31 日 ) (1) 連結経営成績 (% 表示は対前期増減率 ) 売上高 営業利益 経常利益 当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 %

2. 訂正箇所 訂正箇所 サマリー情報 1. 平成 26 年 3 月期の連結業績 ( 平成 25 年 4 月 1 日 ~ 平成 26 年 3 月 31 日 ) (1) 連結経営成績 (% 表示は対前期増減率 ) 売上高 営業利益 経常利益 当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 %

本判決に対し㈱ザ・トーカイは、東京海上日動火災保険㈱に対する請求棄却されたことについて、平成 24年12月20日、控訴を提起しました。また、静岡市及び当時の㈱サン設計事務所所属の建築士3名からも控 訴の提起あり、現在、訴訟は東京高等裁判所に係属しております。 なお、㈱ザ・トーカイの第61期(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)において、一部の関係 者損失を負担できない可能性を考慮し、同社負担する可能性のある129を特別損失として処理し ております、本判決を踏まえて検討した結果、新たに会計処理は行っておりません。
さらに見せる

19 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円

紙パルプ業界では、情報伝達媒体の電子化や少子化の進行など紙の需要構造の変化に伴い、国内の市 場規模漸減傾向で推移するなか、企業間競争は日々厳しさを増すなど、先行き不透明な状況続いて おります。 このような状況下、当社グループは、中長期成長戦略プラン「ネクストステージ50」に邁進するとと もに、生産効率向上・安定操業確保による製造コストの縮減、拡販・新規需要の開拓による販売数量の 確保、木質バイオマス燃料発電設備を中心とする発電事業の継続に注力してまいりました。
さらに見せる

19 さらに読み込む

決算動向 営業利益率は 14.3% と 1.2 ポイント上昇して 2 桁増益を達成 1 月 30 日付で発表された 2012 年 12 月期の連結業績は 売上高が 24.7% 増の 4,237 百万円 営業利益が同 36.3% 増の 606 百万円 経常利益が同 37.0% 増の 622 百万円 当

決算動向 営業利益率は 14.3% と 1.2 ポイント上昇して 2 桁増益を達成 1 月 30 日付で発表された 2012 年 12 月期の連結業績は 売上高が 24.7% 増の 4,237 百万円 営業利益が同 36.3% 増の 606 百万円 経常利益が同 37.0% 増の 622 百万円 当

アマゾンウェブサービスで大型商談を獲得 (1)eセールスマネージャー関連事業 「eセールスマネージャー関連事業」の外部顧客への売上高は前期比3.9%減の 2,165、セグメント利益は同15.5%増の352となった。2013年12月 期より「システム開発事業」分離され別セグメントとなったため、売上高で は減収となった。スマートフォンやタブレット端末の普及企業の営業部門で も浸透したことで、営業ツールとなる「eセールスマネージャーRemix Cloud」 の販売好調に推移した。また、付帯機能として交通費精算(3月)、Web会議 (5月)、名刺デジタル化入力(7月)、ワークフロー(7月)など営業支援に 関連する様々なサービスメニューを追加拡充したことも販売押し上げに寄与し た。
さらに見せる

13 さらに読み込む

業績推移 ( 百万円 ) 営業収益 ( 左軸 ) 当期純利益 ( 左軸 ) ( 百万円 ) 期 期 期 期 期 期 ( 予 ) 伪事業概要伪 受託資産残高は 1.4 兆円を超え 運用報酬が安定的な収益源 同社は国内最大の独立系不動産アセットマネジメント会社である 日本の不動産投資ファ ンドの草分けと

業績推移 ( 百万円 ) 営業収益 ( 左軸 ) 当期純利益 ( 左軸 ) ( 百万円 ) 期 期 期 期 期 期 ( 予 ) 伪事業概要伪 受託資産残高は 1.4 兆円を超え 運用報酬が安定的な収益源 同社は国内最大の独立系不動産アセットマネジメント会社である 日本の不動産投資ファ ンドの草分けと

(2) 今後の成長戦略 同社は成長戦略の柱として、a)REIT の成長 (対象資産及び規模)、b) 投資リターンの追求、 c) 不動産関連サービス拡大、 d) 海外展開をあげている。 特に a) については、 2015 年に新たに商業施設 REIT とヘルスケア REIT の 2 つの REIT の 上場を計画している。 高齢化社会を迎えた日本では、 ヘルスケア施設に対する需要は極め て高く、 投資家の長期安定的な投資ニーズにも対応するものと期待されており、 同社では早 期に 100,000 程度の規模拡大を目指す。 また、 商業施設 REIT についても、 長年に わたって商業施設を運用してきたノウハウを活かし、 中期的に 200,000 程度まで規模 拡大を図る方針である。
さらに見せる

17 さらに読み込む

譲渡予定譲渡予定想定帳簿鑑定価格と想物件売買契約譲渡価格価格評価額物件名称用途譲渡先定帳簿価番号締結予定日予定日 ( 百万円 ) ( 百万円 ) ( 百万円 ) 格の差額 ( 注 1) ( 注 2) ( 注 3) ( 百万円 ) RE101 RE102 RE103 RE113 RE114 RE120

譲渡予定譲渡予定想定帳簿鑑定価格と想物件売買契約譲渡価格価格評価額物件名称用途譲渡先定帳簿価番号締結予定日予定日 ( 百万円 ) ( 百万円 ) ( 百万円 ) 格の差額 ( 注 1) ( 注 2) ( 注 3) ( 百万円 ) RE101 RE102 RE103 RE113 RE114 RE120

(3) カスタリア舞浜、カスタリア市川妙典、カスタリア新栄及びカスタリア日本橋高津 ① 媒介者の概要: 上記各物件の媒介者は、国内の事業会社です、名称等の開示について承諾得 られていないため、非開示としています。なお、各媒介者は、本投資法人及び本 資産運用会社と特別な利害関係にある者、又は、本投資法人及び本資産運用会社 の関連当事者には該当しません。また、本投資法人及び本資産運用会社と各媒介 者の間には、記載すべき資本関係及び人的関係はありません。一方、各媒介者 は、本投資法人保有する不動産の信託受託者及び本投資法人の借入先に該当 し、このうちの 1 社は、本投資法人の資産保管会社、一般事務受託者、投資主名 簿等管理人、特別口座管理機関及び投資法人債に関する一般事務受託者に該当し ます。
さらに見せる

20 さらに読み込む

1. 運営費交付金と自己収入の推移 1 国立美術館 ( 新美術館を除く 4 館 ) の自己収入は 独法移行後現在までに 75% の大幅増加 (H13:364 百万円 H21:64 百万円 ) となる一方 運営費交付金 ( 特殊業務経費を除く ) は 3% 減少 (H13:4,379 百万円 H23:

1. 運営費交付金と自己収入の推移 1 国立美術館 ( 新美術館を除く 4 館 ) の自己収入は 独法移行後現在までに 75% の大幅増加 (H13:364 百万円 H21:64 百万円 ) となる一方 運営費交付金 ( 特殊業務経費を除く ) は 3% 減少 (H13:4,379 百万円 H23:

※ 日本芸術文化振興会は、平成15年10月1日から独立行政法人に移行した。 (注1)運営費交付金は予算額(23年度は概算要求額)であり、特殊業務経費を除く。 (注2)施設整備費補助金、文化芸術振興費補助金は除く。 (注3)公演事業収入・基金運用収入は実績額。

15 さらに読み込む

(4) キャッシュ フローの状況営業活動による 投資活動による 財務活動による 現金及び現金同等物 キャッシュ フロー キャッシュ フロー キャッシュ フロー 期 末 残 高 百万円 百万円 百万円 百万円 2018 年 8 月期 4, ,807 4, 年 2 月期 4

(4) キャッシュ フローの状況営業活動による 投資活動による 財務活動による 現金及び現金同等物 キャッシュ フロー キャッシュ フロー キャッシュ フロー 期 末 残 高 百万円 百万円 百万円 百万円 2018 年 8 月期 4, ,807 4, 年 2 月期 4

  1口当たり 利益超過分配金 ・1口当たり利益超過分配金は、本投資法人の規約及び資産運用会社の社内規程である資産運用 ガイドラインに定める方針に従い算出しています。2019年2月期の利益超過分配金総額(継続 的利益超過分配金及び一時的利益超過分配金の合計)は、179を想定しています。2019 年2月期については、賃貸事業収益の一時的な減少により、2019年8月期における1口当たり 分配金(利益超過分配金は含まない)に比して、一時的に1口当たり分配金(利益超過分配金 は含まない)の額減少すること見込まれるため、1口当たり分配金(利益超過分配金を含 む)を平準化することを目的に継続的利益超過分配金145(当該期間に発生する減価償 却費の30.0%)に加えて一時的利益超過分配金34(当該期間に発生する減価償却費の 7.0%)を分配することを前提としています。2019年8月期の利益超過分配金総額(継続的利 益超過分配金)は、当該期間に発生する減価償却費の30%を分配することを前提として算出し ており、146を想定しています。いずれも税法上の出資等減少分配に該当する出資の払 戻しであり、一時差異等調整引当額からの分配はありません。
さらに見せる

38 さらに読み込む

年 1 月期の運用状況の予想 (2018 年 8 月 1 日 ~2019 年 1 月 31 日 ) 営業収益営業利益経常利益当期純利益 1 口当たり分配金 ( 利益超過分配金は含まない ) (% 表示は対前期増減率 ) 1 口当たり利益超過分配金 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百

年 1 月期の運用状況の予想 (2018 年 8 月 1 日 ~2019 年 1 月 31 日 ) 営業収益営業利益経常利益当期純利益 1 口当たり分配金 ( 利益超過分配金は含まない ) (% 表示は対前期増減率 ) 1 口当たり利益超過分配金 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百

 貸借対照表 計上額 (千) 31 賃貸住宅 東京都心 コンフォリア芝浦バウハウス  2,650,000 1.3  2,567,176 32 賃貸住宅 準都心 コンフォリア浅草橋DEUX  874,000 0.4  852,184 33 賃貸住宅 準都心 コンフォリア押上  714,000 0.4  698,662 34 賃貸住宅 準都心 コンフォリア本所吾妻橋  762,000 0.4  745,944 35 賃貸住宅 準都心 コンフォリア清澄白河トロワ  873,000 0.4  839,436 36 賃貸住宅 準都心 コンフォリア門前仲町  2,658,000 1.3  2,545,880 37 賃貸住宅 準都心 コンフォリア碑文谷  1,189,000 0.6  1,181,867 38 賃貸住宅 準都心 コンフォリア三宿  1,874,000 0.9  1,808,738 39 賃貸住宅 準都心 コンフォリア学芸大学  1,138,000 0.6  1,120,320 40 賃貸住宅 準都心 コンフォリア東中野DEUX  833,000 0.4  806,238 41 賃貸住宅 準都心 コンフォリア東池袋WEST  3,911,000 1.9  3,750,892 43 賃貸住宅 準都心 コンフォリア両国DEUX  1,014,730 0.5  1,014,997 44 賃貸住宅 準都心 コンフォリア大森DEUX  1,188,000 0.6  1,186,100 45 賃貸住宅 準都心 コンフォリア町屋  594,000 0.3  595,643 46 賃貸住宅 その他東京圏 コンフォリア市川妙典  606,000 0.3  603,942 47 賃貸住宅 その他東京圏 コンフォリア谷塚  626,000 0.3  616,188 48 賃貸住宅 東京都心 コンフォリア白金高輪  1,300,000 0.6  1,316,546 49 賃貸住宅 東京都心 コンフォリア
さらに見せる

76 さらに読み込む

年 9 月期の連結業績予想 (2018 年 10 月 1 日 ~2019 年 9 月 30 日 ) 売上収益営業利益税引前利益当期利益 (% 表示は 通期は対前期増減率 ) 親会社の所有者に帰属する当期利益 基本的 1 株当たり当期利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 %

年 9 月期の連結業績予想 (2018 年 10 月 1 日 ~2019 年 9 月 30 日 ) 売上収益営業利益税引前利益当期利益 (% 表示は 通期は対前期増減率 ) 親会社の所有者に帰属する当期利益 基本的 1 株当たり当期利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 %

2 1.経営成績等の概況 (1)当期の経営成績の概況 文中の将来に関する事項は、当連結会計年度の末日現在において当社グループ判断したものであります。 当社グループは第3四半期連結会計期間より、従来の日本基準に替えて国際会計基準(以下「IFRS」という。)を 適用しております。なお、第1四半期連結会計期間より四半期連結財務諸表を作成しているため前連結会計年度末 との比較分析は行っておりません。

22 さらに読み込む

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 13

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 13

当第2四半期連結会計期間末における固定負債は92となり、前連結会計年度末に比べ13増加いたし ました。これは主に資産除去債務11増加したことによるものであります。 (純資産) 当第2四半期連結会計期間末における純資産合計は3,812となり、前連結会計年度末に比べ153増加 いたしました。これは主に連結子会社である株式会社オールアバウトナビの株式の一部譲渡及び同連結子会社によ る日本テレビ放送網株式会社を引受人とする第三者割当増資により資本剰余金344、非支配株主持分302 増加したこと、親会社株主に帰属する四半期純利益を247計上したこと及び40の配当実施によ り利益剰余金206増加したこと、また、立会外買付により自己株式700増加したことによるもので あります。
さらに見せる

11 さらに読み込む

(4) キャッシュ フローの状況営業活動による 投資活動による 財務活動による 現金及び現金同等物 キャッシュ フロー キャッシュ フロー キャッシュ フロー 期 末 残 高 百万円 百万円 百万円 百万円 28 年 8 月期 4, , ,324 7, 平成 29

(4) キャッシュ フローの状況営業活動による 投資活動による 財務活動による 現金及び現金同等物 キャッシュ フロー キャッシュ フロー キャッシュ フロー 期 末 残 高 百万円 百万円 百万円 百万円 28 年 8 月期 4, , ,324 7, 平成 29

② 運用環境と運用実績 マクロ経済を取り巻く環境は、英国の欧州連合離脱問題を契機に高基調鮮明になったことに加えて、外需 も力強さを欠く展開続きました。平成28年第2四半期には、輸出依然として弱含んだほか、企業の設備投資 も2四半期連続で減少しました。ただし、雇用の増加や賃金の引上げ緩やかながらも持続する中で、個人消費 は安定的に推移し、日本経済はプラス成長を維持しています。政策面では、日本銀行金融緩和の新たな枠組み を導入したことによって、低金利環境の持続に対する期待高まったほか、政府平成28年8月に大型経済対策 を発表するなど、経済政策の積極化一段と明確になっています。J-REIT市場は、資本市場全体の変動性高ま る中で、安定的な分配金を求める国内機関投資家の買い姿勢継続して投資口価格概ね堅調に推移しました。 不動産投資市場では、優良不動産の利回り平成20年金融危機以降の最低水準にあります、低金利継続する 中で債券よりも高い利回りを生む不動産への投資需要継続しました。物流施設市場では、首都圏の一部で新規 供給は高水準にあります、引き続きサードパーティロジスティクスやEコマース事業者からの需要旺盛であ り、需給バランスは概ね均衡しています。近畿圏では新規供給比較的に少なかったため、空室率の減少基調 継続しました。
さらに見せる

35 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) (% 表示は対前期増減率 ) 売上高 営業利益 経常利益 親会社株主に帰属 1 株当たり当期純する当期純利益利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通 期

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) (% 表示は対前期増減率 ) 売上高 営業利益 経常利益 親会社株主に帰属 1 株当たり当期純する当期純利益利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通 期

 各事業の状況は、以下になります。 [国内コンタクトレンズ事業]  市場において需要増加している1日使い捨てコンタクトレンズの販売促進活動を強化いたしました。当社独自の 技術を使用した、コンタクトレンズの内面に触れずに瞳に装用できる「SMART TOUCH(スマートタッチ)」のテレビコ マーシャル、および1DAYデビュー応援キャンペーンを実施しております。商品政策といたしましては、シリコーンハ イドロゲル素材を採用した1日使い捨てコンタクトレンズ「1DAYメニコン プレミオ」の販売チャネルを拡大いたし ました。「高い酸素透過性」と柔らかさによる「装用感のよさ」を両立する特徴を持つ商品です。すでにメルスプラ ンに導入し、ご好評をいただいており、物販での販売を開始いたしました。同じく1日使い捨てコンタクトレンズ 「Magic」においては、中学生高校生をターゲットにしたリブランディングを行い、新たなプロモーション活動を展開 しております。これらの施策を実行することで、1日使い捨てコンタクトレンズユーザーの更なる獲得に取り組みま した。
さらに見せる

20 さらに読み込む

Show all 10000 documents...