国内不動産の取得に関するお知らせ

Top PDF 国内不動産の取得に関するお知らせ:

(訂正)「国内不動産の取得に関するお知らせ」の一部訂正について 阪急リート投資法人

(訂正)「国内不動産の取得に関するお知らせ」の一部訂正について 阪急リート投資法人

I R ・ 広 報 部 長 吉 田 洋 TEL. 06-6376-6823 (訂正) 「国内不動産取得に関するお知らせ一部訂正について 阪急リート投資法人(以下「本投資法人」といいます。 )が平成 30 年3月 27 日付で公表した「国内不動産 取得に関するお知らせ内容一部に誤りがありましたので、下記とおり訂正いたします(訂正箇所 には下線を付して表示しています。 )。
さらに見せる

2 さらに読み込む

国内不動産の取得に関するお知らせ【Gビル仙台一番町01】

国内不動産の取得に関するお知らせ【Gビル仙台一番町01】

TEL.03-5293-7081 E-mail:jrf-8953.ir@mc-ubs.com URL:http://www.jrf-reit.com/ 国内不動産取得に関するお知らせ【Gビル仙台一番町01】 日本リテールファンド投資法人(以下「本投資法人」といいます。 )が資産運用を委託する資産運用会社 である三菱商事・ユービーエス・リアルティ株式会社は、下記とおり、国内不動産取得することを決定 しましたので、お知らせいたします。

8 さらに読み込む

資産の取得に関するお知らせ(三菱重工横浜ビル)

資産の取得に関するお知らせ(三菱重工横浜ビル)

資産取得に関するお知らせ(三菱重工横浜ビル) ケネディクス・オフィス投資法人(以下「本投資法人」といいます。)資産運用会社であるケネディクス 不動産投資顧問株式会社(以下「本資産運用会社」といいます。)は、本日、下記とおり資産取得(以下 「本取得」といいます。)を決定しましたので、お知らせいたします。

13 さらに読み込む

国内不動産信託受益権の取得に関するお知らせ【G ビル御堂筋02】

国内不動産信託受益権の取得に関するお知らせ【G ビル御堂筋02】

TEL:03-5293-7081 国内不動産信託受益権取得に関するお知らせ【G ビル御堂筋 02】 日本リテールファンド投資法人(以下「本投資法人」といいます。)が資産運用を委託する資産運用会社 である三菱商事・ユービーエス・リアルティ株式会社(以下「本資産運用会社」といいます。)は、本日、下 記とおり、Gビル御堂筋02(以下「本物件」といいます。)国内不動産信託受益権を取得することを決定 しましたので、お知らせいたします。
さらに見せる

8 さらに読み込む

国内不動産信託受益権の取得に関するお知らせ【ラウンドワン三宮駅前店】

国内不動産信託受益権の取得に関するお知らせ【ラウンドワン三宮駅前店】

TEL:03-5293-7081 国内不動産信託受益権取得に関するお知らせ【ラウンドワン三宮駅前店】 日本リテールファンド投資法人(以下「本投資法人」といいます。)が資産運用を委託する資産運用会社 である三菱商事・ユービーエス・リアルティ株式会社(以下「本資産運用会社」といいます。)は、本日、下 記とおり、ラウンドワン三宮駅前店(以下「本物件」といいます。)国内不動産信託受益権を取得するこ とを決定しましたので、お知らせいたします。
さらに見せる

7 さらに読み込む

国内不動産信託受益権の取得に関するお知らせ【IIF 福岡東ロジスティクスセンター】

国内不動産信託受益権の取得に関するお知らせ【IIF 福岡東ロジスティクスセンター】

URL: http://www.iif-reit.com/ 国内不動産信託受益権取得に関するお知らせ【IIF 福岡東ロジスティクスセンター】 産業ファンド投資法人(以下「本投資法人」といいます。)が資産運用を委託する資産運用会社である三 菱商事・ユービーエス・リアルティ株式会社(以下「本資産運用会社」といいます。 )は、本日、下記とお り、国内不動産信託受益権取得を行うことについて決定しましたので、お知らせいたします。
さらに見せる

8 さらに読み込む

国内不動産信託受益権の取得及び貸借に関するお知らせ<オフィスビル4物件の取得>

国内不動産信託受益権の取得及び貸借に関するお知らせ<オフィスビル4物件の取得>

取得に係る取得資金は、新投資口発行及び新規借入による資金調達並びに自己資金によります。 新投資口発行については、本日付で公表した「新投資口発行及び投資口売出しに関するお知らせ」を ご参照ください。また、借入れによる資金調達については、本日付で公表した「資金借入れに関する お知らせ」をご参照ください。また、決済方法については、全て資産において引渡時一括で決済 を予定しています。なお、本投資法人が買主として地位を承継する予定本件売買契約(エスエス製 薬本社ビル)及び「M-City 赤坂一丁目ビル」に係る信託受益権売買契約(以下「本件売買契約(M-City 赤坂一丁目ビル)」といいます。)については、金融庁定める「金融商品取引業者等向け総合的な監 督指針」に規定される「投資法人によるフォワード・コミットメント等」 (注) に該当します。
さらに見せる

18 さらに読み込む

資産の取得に関するお知らせ(竹山ホワイトビル)

資産の取得に関するお知らせ(竹山ホワイトビル)

オ フィス・リ ート本 部 企画部 長 竹 田 治 朗 TEL: 03-5623-8979 資産取得に関するお知らせ(竹山ホワイトビル) ケネディクス・オフィス投資法人(以下「本投資法人」といいます。)資産運用会社であるケネディクス 不動産投資顧問株式会社(以下「本資産運用会社」といいます。)は、本日、下記とおり資産取得(以下 「本取得」といいます。)を決定しましたので、お知らせいたします。
さらに見せる

14 さらに読み込む

国内不動産信託受益権(準共有持分)の取得に関するお知らせ【IIF 横浜新山下R&D センター】国内不動産信託受益権(準共有持分)の取得に関するお知らせ【IIF 横浜新山下R&D センター】

国内不動産信託受益権(準共有持分)の取得に関するお知らせ【IIF 横浜新山下R&D センター】国内不動産信託受益権(準共有持分)の取得に関するお知らせ【IIF 横浜新山下R&D センター】

URL: http://www.iif-reit.com/ 国内不動産信託受益権(準共有持分)取得に関するお知らせ【 IIF 横浜新山下 R&D センター】 産業ファンド投資法人(以下「本投資法人」といいます。)が資産運用を委託する資産運用会社である三 菱商事・ユービーエス・リアルティ株式会社(以下「本資産運用会社」といいます。 )は、本日、下記とお り、国内不動産信託受益権(以下「本信託受益権」といいます。 )準共有持分(以下「取得予定資産」とい います。)取得を行うことについて決定しましたので、お知らせいたします。
さらに見せる

8 さらに読み込む

国内不動産信託受益権の取得完了に関するお知らせ 阪急リート投資法人

国内不動産信託受益権の取得完了に関するお知らせ 阪急リート投資法人

(注)取得諸経費、固定資産税、都市計画税及び消費税等を除きます。 上記資産詳細等については、平成 29 年 11 月 28 日付「国内不動産信託受益権取得に関するお知らせ」 をご参照ください。 以 上

1 さらに読み込む

資産の取得に関するお知らせ(JNビル)

資産の取得に関するお知らせ(JNビル)

オ フ ィ ス・リ ート 本 部 企 画 部 長 竹 田 治朗 TEL: 03-5623-8979 資産取得に関するお知らせ(JNビル) ケネディクス・オフィス投資法人(以下「本投資法人」といいます。)資産運用会社であるケネディクス 不動産投資顧問株式会社(以下「本資産運用会社」といいます。)は、本日、下記とおり資産取得(以下 「本取得」といいます。)を決定しましたので、お知らせいたします。
さらに見せる

14 さらに読み込む

Microsoft Word _国内不動産信託受益権の取得に関するお知らせ(プライムメゾン横濱日本大通)_final

Microsoft Word _国内不動産信託受益権の取得に関するお知らせ(プライムメゾン横濱日本大通)_final

TEL.03-5770-8973(代表) 国内不動産信託受益権取得に関するお知らせ (プライムメゾン横濱日本大通) 積水ハウス・SI レジデンシャル投資法人(以下「本投資法人」といいます。)が資産運用を委託する 積水ハウス・SI アセットマネジメント株式会社(以下「本資産運用会社」といいます。)は、本日、本投 資法人が下記資産取得を行うことについて決定しましたので、お知らせします。なお、当該資産取得 決定に際しては、本資産運用会社利害関係者取引規程に基づき、本投資法人役員会承認を経たうえで 本投資法人同意を得ています。
さらに見せる

11 さらに読み込む

国内不動産信託受益権の取得に関するお知らせ【Gビル銀座中央通り01、Gビル吉祥寺02】

国内不動産信託受益権の取得に関するお知らせ【Gビル銀座中央通り01、Gビル吉祥寺02】

本物件取得は、平成 27 年 10 月 14 日付「国内不動産信託受益権譲渡及び貸借解消に関するお知らせ 【イオンモール八千代緑が丘、イオン西大津、イオン上田、イオン大宮、イオンモール香椎浜】」で公表し た、都市型を中心とする優良資産取得によるポートフォリオ最適化を目的とした資産入替え一環です。 本物件(銀座)は、本投資法人として初めて、東京で最も繁華性高い中央通りに面する厳選された希少性 高い物件を取得するものです。また、本物件(吉祥寺)は、東京主要商業エリアである、吉祥寺エリア 駅前に立地する物件を取得するものです。
さらに見せる

9 さらに読み込む

国内不動産信託受益権の譲渡に関するお知らせ【イトーヨーカドー上福岡東店】

国内不動産信託受益権の譲渡に関するお知らせ【イトーヨーカドー上福岡東店】

URL: http://www.jrf-reit.com/ 国内不動産信託受益権譲渡に関するお知らせ【イトーヨーカドー上福岡東店】 日本リテールファンド投資法人(以下、「本投資法人」といいます。)が資産運用を委託する資産運用会 社である三菱商事・ユービーエス・リアルティ株式会社(以下、 「本資産運用会社」といいます。)は、本日、 下記とおり、イトーヨーカドー上福岡東店(以下、 「本譲渡資産」といいます。)国内不動産信託受益権 を譲渡することを決定しましたので、お知らせいたします。
さらに見せる

5 さらに読み込む

国内資産の取得及び貸借に関するお知らせ

国内資産の取得及び貸借に関するお知らせ

国内資産取得及び貸借に関するお知らせ イオンリート投資法人(以下「本投資法人」といいます。)が資産運用を委託する資産運用 会社であるイオン・リートマネジメント株式会社(以下「本資産運用会社」といいます。)は、 本日、下記 6 物件国内不動産信託受益権(以下「取得予定資産」といいます。)取得及び貸 借を決定しましたので、お知らせします。なお、取得予定資産うち、「イオンモール KYOTO」 取得先であるイオンモール株式会社は、本資産運用会社親会社であるイオン株式会社子 会社に該当し、従って、当該取得先は、投資信託及び投資法人に関する法律(以下「投信法」 といいます。)第 201 条及び投資信託及び投資法人に関する法律施行令(以下「投信法施行令」 といいます。)第 123 条に規定する利害関係人等に該当し、かつ本資産運用会社社内規程であ る「利害関係者取引規程」上利害関係者に該当します。そこで、本資産運用会社は、イオン モール株式会社と間で取得予定資産取得取引を行うにあたり、本投資法人役員会承認 決議を含む、当該利害関係者取引規程に定める意思決定手続きを経ています。
さらに見せる

32 さらに読み込む

国内不動産信託受益権の取得に関するお知らせ<仙台キャピタルタワー>

国内不動産信託受益権の取得に関するお知らせ<仙台キャピタルタワー>

TEL.03-5293-4150(代表)E-mail:midcity-3227.ir@mcubs-midcity.com 国内不動産信託受益権取得に関するお知らせ <仙台キャピタルタワー> MCUBS MidCity投資法人(以下「本投資法人」といいます。 )が資産運用を委託する資産運用会社であるMCUBS MidCity株式会社(以下「本資産運用会社」といいます。 )は、本日、下記とおり資産取得を行うことについ て決定しましたので、お知らせいたします。
さらに見せる

7 さらに読み込む

資産の取得に関するお知らせ(BR五反田)

資産の取得に関するお知らせ(BR五反田)

オ フィス・リ ート本 部 企画部 長 竹 田 治 朗 TEL: 03-5623-8979 資産取得に関するお知らせ(BR五反田) ケネディクス・オフィス投資法人(以下「本投資法人」といいます。)資産運用会社であるケネディクス 不動産投資顧問株式会社(以下「本資産運用会社」といいます。)は、本日、下記とおり資産取得(以下 「本取得」といいます。)を決定しましたので、お知らせいたします。
さらに見せる

14 さらに読み込む

国内不動産の取得に関するお知らせ 阪急リート投資法人

国内不動産の取得に関するお知らせ 阪急リート投資法人

20,222 百万円 (注1) 平均NOI利回りについては、 各物件不動産賃貸事業収入と不動産賃貸事業費用差額に減価償却費を加えた もの合計を取得(予定)価格合計で除した数値を記載しています。平均償却後利回りについては、各物件 不動産賃貸事業収入と不動産賃貸事業費用合計を取得 (予定) 価格合計で除した数値を記載しています。 なお、平均NOI利回り及び平均償却後利回りについては、以下数値に基づき計算しています。
さらに見せる

11 さらに読み込む

国内不動産の取得に関するお知らせ 阪急リート投資法人

国内不動産の取得に関するお知らせ 阪急リート投資法人

(注3) 「商圏人口」とは、本物件から1 km 、3 km 又は5 km 範囲内人口をいい、当該範囲に含まれる各市町 村人口合計により計算しています。当該範囲に一部のみ含まれる市町村については、面積ベースで 人口を按分した数値を合算しています。 また、本物件取得に関しては、本資産運用会社がスポンサーグループに属する阪急設計コンサルタ ント株式会社と協働して、売主に対し企業保有不動産(CRE:Corporate Real Estate)におけるエネ ルギーコスト抑制に関する提案を実施する等、スポンサーグループオペレーショナル・マネジメント により培ったソリューションを活用することにより、相対取引による物件取得が可能となりました。本 投資法人は、今後もスポンサーグループと連携しながら、ポートフォリオ向上と収益安定性強 化に資する成長を図ってまいります。
さらに見せる

9 さらに読み込む

資産の取得に関するお知らせ(調布センタービル)

資産の取得に関するお知らせ(調布センタービル)

(注1) 本物件所在地は、住居表示が未実施です。 (注2) 一棟建物全体について記載しています。 (注3) 本物件が存する敷地全体面積を記載しています。 (注4) 一棟建物全体延床面積及び各区画専有面積合計を記載しています。一棟建 物全体に含まれる区分所有建物専有面積合計 31,217.68 ㎡うち、本物件に係る 区分所有建物専有面積合計は 19,108.48 ㎡となり、専有面積割合は 61.21%とな ります。なお、共有である駐車場区画専有面積は、同区画に係る専有面積全体に共 有持分割合を乗じて算出しています。
さらに見せる

14 さらに読み込む

Show all 10000 documents...