内閣府(原子力防災)の業務

Top PDF 内閣府(原子力防災)の業務:

資料2-1 内閣府(原子力防災担当)資料

資料2-1 内閣府(原子力防災担当)資料

1.訓練実施を通じたPDCAサイクル導入  ワーキングチームにおいて、避難計画を含む緊急時対応確認を行った地域について、緊急時対応具 体化・充実化支援及び緊急時対応確認 ( Plan ) に加えて、確認を行った緊急時対応に基づく定期的な 防災訓練実施 ( Do ) 、訓練結果から反省点抽出 ( Check ) 、当該反省点をふまえた改善 ( Action ) とい

17 さらに読み込む

本報告書は, 内閣府からの委託事業として, 独立行政法人日本原子力研究開発機構が実施した 福島第一原子力発電所事故に係る避難区域等における除染実証業務 の成果を取りまとめたものである 本 報告書概要版 に用いたデータ等は 除染モデル実証事業等の成果報告会 ( 平成 24 年 3 月 26 日内閣府原

本報告書は, 内閣府からの委託事業として, 独立行政法人日本原子力研究開発機構が実施した 福島第一原子力発電所事故に係る避難区域等における除染実証業務 の成果を取りまとめたものである 本 報告書概要版 に用いたデータ等は 除染モデル実証事業等の成果報告会 ( 平成 24 年 3 月 26 日内閣府原

*2 ガラスバッチにより評価した積算線量で、他地区ようなポケット線量計による作業時間内線量のみを積算したものとは評価方法が異なる。 a. 東日本大震災で生じた放射性物質により汚染された土壌等を除染するため業務等に係る電離放射線障害防止規則 b. 5年間で100mSvかつ1年間で50mSv 作業者外部被ばく線量評価結果(つづき) 作業者外部被ばく線量評価結果(つづき)

89 さらに読み込む

南海トラフ沿いの異常な現象への防災対応検討ワーキンググループの設置について 防災情報のページ  内閣府

南海トラフ沿いの異常な現象への防災対応検討ワーキンググループの設置について 防災情報のページ 内閣府

矢守 克也 京都大学防災研究所教授 平田 直 東京大学地震研究所地震予知研究センター長・教授 山岡 耕春 名古屋大学大学院環境学研究科教授 栗原 大介 一般社団法人中部経済連合会常務理事

2 さらに読み込む

原子力安全規制・原子力防災の充実・強化等に関する提言

原子力安全規制・原子力防災の充実・強化等に関する提言

 政府は、防災研究、人材育成、緊急時対応支援等により、防災支援組織 充実を図ること。 (提言 12)放射線防護に関する最新科学的知見積極的な取り入れ  放射線防護に関しては、東京電力福島第一原子力発電所事故以降、国内 外関心が高まり、種々基準が設定されている。また、実務が蓄積さ れ、科学的知見も積みあがっているところ。昨年度法改正により機能 強化された放射線審議会は、ICRP 勧告等国際的動向や国内外最新 科学的知見収集等に努め、それら国内制度へ反映ため、関係省 庁へ提言等を含め積極的に取り組むこと。
さらに見せる

7 さらに読み込む

G 空間プロジェクト平成 29 年度政府予算における主要施策について 防災システム高度化推進チーム議長内閣府政策統括官 ( 防災担当 ) 付 シンボルプロジェクト 関連施策 実用準天頂衛星システムの開発 整備 運用の推進 ( 内閣府 ) 1 総合防災情報システムの整備と運用 ( 内閣府 ) 2 地域

G 空間プロジェクト平成 29 年度政府予算における主要施策について 防災システム高度化推進チーム議長内閣府政策統括官 ( 防災担当 ) 付 シンボルプロジェクト 関連施策 実用準天頂衛星システムの開発 整備 運用の推進 ( 内閣府 ) 1 総合防災情報システムの整備と運用 ( 内閣府 ) 2 地域

地下街防災推進事業(国土交通省) … 11 災害情報収集・共有体制強化等による災害対応力向上(国土交通省) … 12 情報ソフトインフラ充実による減災対策強化(国土交通省) … 13 浸水状況把握リアルタイム化に関する研究(国土交通省国土地理院) … 14 迅速・高精度なGNSS定常解析システム構築に関する研究(国土交通省国土地理院) … 15 高精度測位技術を活用したストレスフリー環境づくり推進(国土交通省) … 16
さらに見せる

17 さらに読み込む

企業の事業継続計画 (BCP) 策定事例 業種 : 建設業 ( 総合工事業 ) 内閣府防災担当

企業の事業継続計画 (BCP) 策定事例 業種 : 建設業 ( 総合工事業 ) 内閣府防災担当

・BCP 重要業務においては、インフラ復旧工事実施を最重要業務と位置づけた上で、当該業務を迅速かつ適切に遂行するため様々 な施策について検討し、計画を立案している。 (公的認定制度開始) ・国土交通省関東地方整備局において、平成21年より「建設会社における災害時事業継続力認定」制度が開始され、今回協力頂いた 企業はいずれも本認定を取得している。認定取得に際しては、「災害対策本部運営」、「安否確認体制」、「重要取引先及び協力会社と 連絡体制」など様々な面で実効性確保が求められており、認定取得過程で既存 BCP 課題が明確になり内容改善に役立った と意見が聞かれた。
さらに見せる

58 さらに読み込む

災害対応基盤施設 内閣府 ( 防災担当 ) 及び国土交通省 ( 都市局 ) で管理する防災拠点施設に関する緊急点検 概要 : 平成 30 年 7 月豪雨等を踏まえ 内閣府 ( 防災担当 ) 及び国土交通省 ( 都市局 ) にて管理している防災拠点施設について 洪水 内水 高潮による浸水リスクの緊急点

災害対応基盤施設 内閣府 ( 防災担当 ) 及び国土交通省 ( 都市局 ) で管理する防災拠点施設に関する緊急点検 概要 : 平成 30 年 7 月豪雨等を踏まえ 内閣府 ( 防災担当 ) 及び国土交通省 ( 都市局 ) にて管理している防災拠点施設について 洪水 内水 高潮による浸水リスクの緊急点

2種病原体等所持施設及び3種病原体等所持施設(研究施設に限る)に関する緊急点検 衛生 病原体等所持施設 計45施設 研究機能維持ために予備電源を整備する必要がある施設(全て大学関連施設) 感染症法においては、2種病原体等所持施設及び3種病原体等所持施設(研究施設に限 る。以下「病原体等所持施設」という。)に対し予備電源を備えることを義務づけていない が、今般災害発生状況を踏まえ、全国病原体等所持施設現状を把握するため に点検を行った。点検結果、研究機能維持ために予備電源を整備する必要があると 回答した施設が一部あったため、研究機能維持観点も含め今後検討していく。
さらに見せる

70 さらに読み込む

平成29年度内閣官房及び内閣法制局並びに内閣府本府調達改善計画 予算・決算・税制改正・機構定員  内閣府

平成29年度内閣官房及び内閣法制局並びに内閣府本府調達改善計画 予算・決算・税制改正・機構定員 内閣府

 29年度調達においても引き続き共同調達を実施することとし、北陸財務局共同調達 事例取組ように、幹事官庁負担偏り解消等により業務効率化を図ることとし、一部 品目について、参加官署に幹事官庁として対応してもらうよう要請する。 (4)防災関係経費うち、競争入札による調達費用低減効果がより発揮されるよう十分 な公告期間を確保するとともに、仕様書業務内容明確化や調達案件事前公表等によ り競争性を高め経費削減を目指す。また、市場価格調査を行い予定価格作成時点で経 費削減も行う。
さらに見せる

13 さらに読み込む

噴火時等の避難計画の手引き作成委員会(第8回)の開催について 防災情報のページ  内閣府

噴火時等の避難計画の手引き作成委員会(第8回)の開催について 防災情報のページ 内閣府

尾形 好雄 公益社団法人日本山岳 スポ ツ ライミン 協会 副会長 専務理事 河野 まゆ子 JTB総 研究所観光危機管理研究室主任研究員 関谷 直也 東京大学大学院情報学環総 防災情報研究センタ 特任准教授 山口 昇士 神奈川県箱根 長

2 さらに読み込む

1.1 関係リンク (PDF ファイルではクリックでアクセスできます ) 内閣府 ( 防災担当 ) 地域における防災教育実践の手引き 本体(PDF,2.1MB) 内閣府 ( 防災担当 ) 普及 啓発のページ 防災教育チャレンジプラン ( 防災教育実践事例 役立つリンクなど ) 一般社団法人防災教育普

1.1 関係リンク (PDF ファイルではクリックでアクセスできます ) 内閣府 ( 防災担当 ) 地域における防災教育実践の手引き 本体(PDF,2.1MB) 内閣府 ( 防災担当 ) 普及 啓発のページ 防災教育チャレンジプラン ( 防災教育実践事例 役立つリンクなど ) 一般社団法人防災教育普

1『地域における防災教育実践に関する手引き』紹介 「地域における防災教育実践に関する手引き」は、平成 27 年 3 月に内閣(防災担 当)が公開した冊子です。内閣(防災担当)は、2004 年度から防災教育専門家や有識者 と共に『防災教育チャレンジプラン』という防災教育支援事業を実施しています。防災教 育チャレンジプラン支援によって、数多く学校や団体が防災教育を実践し、様々な防 災教育プログラムや教材が開発、使用されました。東北地方太平洋沖地震後、防災教育 象徴的な事例として取り上げられた岩手県釜石市立釜石東中学校地域と連携した防災 教育取り組みも、2010 年と 2011 年、同プランに採択されていました。
さらに見せる

14 さらに読み込む

平成27年度内閣官房及び内閣法制局・内閣府本府調達改善計画 予算・決算・税制改正・機構定員  内閣府

平成27年度内閣官房及び内閣法制局・内閣府本府調達改善計画 予算・決算・税制改正・機構定員 内閣府

また、前年度一者応札であった上記調達について、その解消に向けた対応を 模索し、複数応札による競争性向上を目指す。 ◎防災関係経費(約32億円) 一者応札案件について、競争入札による調達費用低減効果がより発揮される よう十分な公告期間を確保するとともに、仕様書業務内容明確化や調達案 件事前公表等により競争性を高め経費削減を目指す。また、市場価格調査 を行い予定価格作成時点で経費削減も行う。
さらに見せる

12 さらに読み込む

目次 第 1 節平成 28 年度高浜地域における内閣府 3 府県及び関西広域連合との合同原子力防災訓練の概要 1 目的 実施時期 防災訓練の対象となる事業所 実施場所等 参加機関 実施概要...5 第 2 節平成 28 年度高浜地域における

目次 第 1 節平成 28 年度高浜地域における内閣府 3 府県及び関西広域連合との合同原子力防災訓練の概要 1 目的 実施時期 防災訓練の対象となる事業所 実施場所等 参加機関 実施概要...5 第 2 節平成 28 年度高浜地域における

京都、京都府警察本部、福知山市、舞鶴市、綾部市、宮津市、京丹波町、八幡 市、福知山警察署、綾部警察署、宮津警察署、南丹警察署、陸上自衛隊第7普通科 連隊、第3特殊武器防護隊、南丹保健所、中丹東保健所、中丹西保健所、丹後保健 所、市立福知山市民病院、綾部市立病院、日本赤十字社京都支部、舞鶴赤十字病 院、 (公社)京都放射線技師会、 (一社)京都薬剤師会、 (一社)与謝医師会、 (医) 医誠会東舞鶴医誠会病院、丹後薬剤師会、(社福)まいづる福祉会、(社福)長雲福 祉会平保育園、舞鶴市消防本部、舞鶴市東大浦消防団、舞鶴市西大浦消防団、宮津 与謝消防組合、宮津市消防団、関西電力㈱
さらに見せる

36 さらに読み込む

平成28年度内閣官房及び内閣法制局並びに内閣府本府調達改善計画の上半期自己評価 予算・決算・税制改正・機構定員  内閣府

平成28年度内閣官房及び内閣法制局並びに内閣府本府調達改善計画の上半期自己評価 予算・決算・税制改正・機構定員 内閣府

過去実績として、同種業務のみならず類似業務も実 績として評価するなど、受注資格要件緩和等を実 施(再掲)。 「防災スペシャリスト養成研修実施に関する調査 検討・企画運営業務」、「女性リーダー育成に向けた 諸外国取組に関する調査研究」、「国・地方連絡 会議ネットワークを活用した男女共同参画推進事業 運営業務」、「生涯活躍まち推進に関する調査・分 析等」について業務内容や地域ごとに分割発注を試 行し、受注機会拡大に努めた。
さらに見せる

8 さらに読み込む

第 6 節原子力事業者防災業務計画の修正第 2 章原子力災害予防対策の実施第 1 節防災体制第 2 節原子力防災組織の運営第 3 節放射線測定設備及び原子力防災資機材の整備第 4 節応急措置及び原子力災害対策活動で使用する資料の整備第 5 節応急措置及び原子力災害対策活動で使用 利用する施設及び設備

第 6 節原子力事業者防災業務計画の修正第 2 章原子力災害予防対策の実施第 1 節防災体制第 2 節原子力防災組織の運営第 3 節放射線測定設備及び原子力防災資機材の整備第 4 節応急措置及び原子力災害対策活動で使用する資料の整備第 5 節応急措置及び原子力災害対策活動で使用 利用する施設及び設備

原子力防災管理者は,国原子力緊急事態宣言後,原子力災害合同対策協議会及びその下 に設置される関係各班が適時適切な応急対策等が行えるよう,運営に協力する。 また,オフサイトセンターと原子力緊急時支援・研修センター一体的な運営が可能とな るよう国及び地方公共団体等行う運営要領作成及び原子力緊急時支援・研修センター 運営に協力する。

6 さらに読み込む

災害に係る住家の被害認定に関する検討会(第3回)の開催について 防災情報のページ  内閣府

災害に係る住家の被害認定に関する検討会(第3回)の開催について 防災情報のページ 内閣府

2.日 時 平成 30 年2月5日(月)17 時 00 分~19 時 00 分 3.場 所 中央合同庁舎第8号館4階 407 会議室 4.議 題 「災害に係る住家被害認定基準運用指針」及び「災害に係る 住家被害認定業務 実施体制手引き」改定案について

2 さらに読み込む

目次第 1 章総則 1 第 1 節原子力事業者防災業務計画の目的 1 第 2 節定義 1 第 3 節原子力事業者防災業務計画の基本的な考え方 4 第 4 節原子力事業者防災業務計画の運用 5 第 5 節原子力事業者防災業務計画の修正 5 第 2 章防災体制 6 第 1 節防災体制 6 1 緊急時体制

目次第 1 章総則 1 第 1 節原子力事業者防災業務計画の目的 1 第 2 節定義 1 第 3 節原子力事業者防災業務計画の基本的な考え方 4 第 4 節原子力事業者防災業務計画の運用 5 第 5 節原子力事業者防災業務計画の修正 5 第 2 章防災体制 6 第 1 節防災体制 6 1 緊急時体制

(31)特定事象 原子力災害対策特別措置法施行令第4条第4項各号に掲げる事象をいう。 第3節 原子力事業者防災業務計画基本的な考え方 原子力災害発生を未然に防止するためには、原子炉等規制法等に基づき、その設計、建設及び 運転各段階及び事業所外運搬において多重防護等考え方により、各種安全確保に万全を期す ことが第一である。特に運転段階においては、運転管理及び燃料管理等に関する定められた事項 を遵守することが原子力災害を予防する上で重要であるが、これらについては、原子炉等規制法に 基づく保安規定に記載されているため、この計画範疇から除外している。
さらに見せる

35 さらに読み込む

資料2-3-1 内閣府(原子力防災担当)資料①

資料2-3-1 内閣府(原子力防災担当)資料①

※2 想定必要車両台数(バス、福祉車両)は、各施設又は伊方地域・瀬戸地域で必要となる車両台数を合算 ※3 バスは、佐田岬 (さだみさき) 半島地域特性を踏まえ、 2 種類乗車人数( 26 名乗り及び 46 名乗り)により想定 ※4 ストレッチャー、車椅子どちらも乗車でき、配置により乗車台数を自由に変えられる車両を多く配備しているため、実際配備している車両仕様を基に必要台数を積算 ※5 ストレッチャー兼車椅子仕様車両で想定した場合は、ストレッチャー仕様と車椅子仕様にそれぞれ 1 台ずつ積算
さらに見せる

32 さらに読み込む

大阪府地域防災計画(原子力災害対策)

大阪府地域防災計画(原子力災害対策)

災害広報については、他災害に準じて行うこととするが、次事項には特別に配慮する。 第1 災害広報 及び関係市町は、住民等へ情報提供にあたっては国及び原子力事業者と連携し、情報発信元 を明確にする。また、平常時広報手段を活用するほか、避難所へ広報紙掲示など、利用可能な 様々な情報伝達手段を活用し、繰り返し広報するよう努める。さらに、国や防災関係機関と連携し、 情報一元化を図るとともに、情報空白時間がないよう、次方法を活用し、定期的な情報提供に 努める。
さらに見せる

38 さらに読み込む

大規模災害発生時における 地方公共団体の業務継続の手引き 平成 28 年 2 月 内閣府 ( 防災担当 )

大規模災害発生時における 地方公共団体の業務継続の手引き 平成 28 年 2 月 内閣府 ( 防災担当 )

第6節 迅速かつ円滑な災害応急対策,災害復旧・復興へ備え 2 情報収集・連絡及び応急体制整備関係 (7) 公的機関等業務継続性確保 ○ 地方公共団体等防災関係機関は,災害発生時応急対策等実施や優先度高い通常業 務継続ため,災害時に必要となる人員や資機材等を必要な場所に的確に投入するため 事前準備体制と事後対応力強化を図る必要があることから,業務継続計画策定 等により,業務継続性確保を図るものとする。また,実効性ある業務継続体制を確保する ため,地域や想定される災害特性等を踏まえつつ,必要な資源継続的な確保,定期的な 教育・訓練・点検等実施,訓練等を通じた経験蓄積や状況変化等に応じた体制見直 し,計画評価・検証等を踏まえた改訂などを行うものとする。
さらに見せる

28 さらに読み込む

資料2-2 内閣府(原子力防災担当)資料

資料2-2 内閣府(原子力防災担当)資料

※2 一般住民対象者数は、UPZ(予防避難エリアを除く)住民数合計から割り出した数であり、若干増減がある。 ※3 UPZ 圏内全住民が一斉には一時移転を行わず、緊急時モニタリング結果に基づき、毎時 20 マイクロシーベルトを超える区域が特定 された場合は、 特定された区域住民一時移転を実施。 一時移転 対象者 一時移転

7 さらに読み込む

Show all 10000 documents...