• 検索結果がありません。

( 内容) 連結(除外) 1社(株式会社オーウッズ)

平成26年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結) IRニュース | 株式会社両毛システムズ

平成26年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結) IRニュース | 株式会社両毛システムズ

... 当社グループの当第2四半期連結累計期間および平成26年3月通期の連結業績予想につきましては、平成25年4 月23日に開示した内容に現時点で修正はありません。 なお、上記連結業績予想は現在入手可能な情報による判断及び仮定に基づいておりますが、予想に内在する不確 定要素や今後の事業運営における内外状況の変化により、実際の業績数値が予想の数値と異なる場合がありますこ とをご承知おきください。 ...

10

注記事項 (1) 期中における重要な子会社の異動 ( 連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動 ): 有新規 3 社 ( 社名 ) 株式会社デジタルアイデンティティ 株式会社ライフテクノロジー 株式会社あゆた 除外 - 社 ( 社名 ) (2) 会計方針の変更 会計上の見積りの変更 修正再表示 1 会計

注記事項 (1) 期中における重要な子会社の異動 ( 連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動 ): 有新規 3 社 ( 社名 ) 株式会社デジタルアイデンティティ 株式会社ライフテクノロジー 株式会社あゆた 除外 - 社 ( 社名 ) (2) 会計方針の変更 会計上の見積りの変更 修正再表示 1 会計

... ○添付資料の目次 .経営成績等の概況 ……………………………………………………………………………………………………… 2 ()当期の経営成績の概況 …………………………………………………………………………………………… 2 (2)当期の財政状態の概況 …………………………………………………………………………………………… 2 (3)当期のキャッシュ・フローの概況 ...

18

注記事項 (1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動 : 有 ( 連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動 ) 新規 1 社 ( 社名 ) 株式会社アラタナ 除外 1 社 ( 社名 ) (2) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 : 無 (3) 会計方針の変更 会計上の見積りの変

注記事項 (1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動 : 有 ( 連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動 ) 新規 1 社 ( 社名 ) 株式会社アラタナ 除外 1 社 ( 社名 ) (2) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 : 無 (3) 会計方針の変更 会計上の見積りの変

... ペースは緩やかなものに映っておりますが、 「ZOZOTOWN」単独で見た年間購入者数の純増ペースは堅調に推移してお ります。 年間購入者のうちアクティブ会員人あたりの年間購入金額は46,135円(前年同期比7.4%増) 、同年間購入点数 は8.6点(同14.7%増)となりました。ポイントプロモーションの実施が奏功し、両指標ともに増加しております。 ...

16

注記事項 (1) 期中における重要な子会社の異動 ( 連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動 ) 有 : 新規 2 社 ( 社名 ) コスミック流通産業株式会社 株式会社 wundou 除外 社 ( 社名 ) (2) 会計方針の変更 会計上の見積りの変更 修正再表示 1 会計基準等の改正に伴う会計方針

注記事項 (1) 期中における重要な子会社の異動 ( 連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動 ) 有 : 新規 2 社 ( 社名 ) コスミック流通産業株式会社 株式会社 wundou 除外 社 ( 社名 ) (2) 会計方針の変更 会計上の見積りの変更 修正再表示 1 会計基準等の改正に伴う会計方針

... .経営成績等の概況 ()当期の経営成績の概況 当社グループをとりまく経営環境につきまして、官公庁「宿泊旅行統計調査報告」(確定値)によりますと、平 成29年度の国内旅行者数は、5億960万人泊で前年比103.5%、うち日本人述べ宿泊者数が4億2,991万人泊(前年比 101.6%)、外国人述べ宿泊者数が7,969万人泊(前年比114.8%)となっており、外国人の国内旅行者数が増加傾向に ...

17

注記事項 (1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動 ( 連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動 ): 無 新規 - 社 ( 社名 )- 除外 - 社 ( 社名 )- (2) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 : 有 ( 注 ) 詳細は 添付資料 11ページ 2. 四半期連結

注記事項 (1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動 ( 連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動 ): 無 新規 - 社 ( 社名 )- 除外 - 社 ( 社名 )- (2) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 : 有 ( 注 ) 詳細は 添付資料 11ページ 2. 四半期連結

... 当該事業の主な製品は、真空シール及び各種製造装置向け金属加工製品、石英製品、セラミックス製品、CVD -SiC製品、シリコンウエーハ加工などです。 半導体製造プロセスに使用されるマテリアル製品(石英製品、セラミックス製品、シリコンパーツ、CVD-S iC製品)は、スマートフォン、携帯端末やデータセンターなどに利用されるSSD(ソリッドステートドライ ...

14

注記事項 (1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動 : 有 ( 連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動 ) 新規 PCT Cell Therapy 1 社 ( 社名 ) Services, LLC 除外 Japan Brake (Thailand) 1 社 ( 社名 ) Co., Ltd

注記事項 (1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動 : 有 ( 連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動 ) 新規 PCT Cell Therapy 1 社 ( 社名 ) Services, LLC 除外 Japan Brake (Thailand) 1 社 ( 社名 ) Co., Ltd

... .当四半期決算に関する定性的情報 ()経営成績に関する説明 2017年4月日から同年6月30日までの売上収益は、半導体実装分野の堅調な需要を背景とした半 導体回路平坦化用研磨材料や銅張積層板等の売上増をはじめ、環境対応自動車向けのリチウムイオン 電池用カーボン負極材の売上増、新規案件立ち上げに伴う自動車部品の売上増のほか、鉛蓄電池を製 造・販売するイタリア共和国のFIAMM Energy ...

13

第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結) IRライブラリー | 株式会社ネクスグループ

第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結) IRライブラリー | 株式会社ネクスグループ

... 売上高は、昨年から続くテロの影響からゆるやかに回復し、主力のヨーロッパ方面とオーストラリアのハネムー ンを中心とした海外旅行事業売上が403百万円、国内旅行事業売上が38百万円となりました。また、お客様からの 見積もり依頼件数は、イー旅ネットサイトとウェブトラベルサイトを合わせて前年比81%となっており、アジアの 見積もり依頼数の減少が若干影響しております。受注件数は、第四半期累計で前年比103%となり、売上総利益 ...

14

注記事項 (1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動 ( 連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動 ) : 有 新規 社 ( 社名 ) 除外 1 社 ( 社名 ) Universal Entertainment Korea co., Ltd (2) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の

注記事項 (1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動 ( 連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動 ) : 有 新規 社 ( 社名 ) 除外 1 社 ( 社名 ) Universal Entertainment Korea co., Ltd (2) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の

... (4)追加情報 Wynn Resorts, Limited (NASDAQ: WYNN, 以下「ウィン・リゾーツ」)との民事訴訟に関しては、現在ディス カバリー及び証言録取等の証拠開示手続き中であり、今後、トライアルにおいて証人尋問等を経て判決に至るとい う過程となります。この判決結果により発生する可能性のある当社及び連結子会社等からなる企業集団の特定期間 ...

10

注記事項 (1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動 : 無 ( 連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動 ) 新規 社 ( 社名 ) 除外 社 ( 社名 ) ( 注 ) 特定子会社の異動には該当しませんが 株式会社トキオ ゲッツを当第 2 四半期連結会計期間より連結の範囲に含めております

注記事項 (1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動 : 無 ( 連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動 ) 新規 社 ( 社名 ) 除外 社 ( 社名 ) ( 注 ) 特定子会社の異動には該当しませんが 株式会社トキオ ゲッツを当第 2 四半期連結会計期間より連結の範囲に含めております

... また、電子書籍を閲覧する端末においても、高精細で画面サイズの大きいスマートフォンやタブレット端末から、 機能を制限した安価な端末まで登場し、端末の選択肢が広がることで利用者の裾野の拡大が見込まれております。 このような事業環境のもと、当社では品揃えNo.1、使い易さNo.1、サービスNo.1を基本方針に据えて取り組んだ結 ...

12

平成27年7月期第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結) IR資料 | 株式会社ウエスコホールディングス

平成27年7月期第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結) IR資料 | 株式会社ウエスコホールディングス

... このような状況のもと、当社グループは多様化・高度化する顧客ニーズに対応すべく、営業基盤の強化ならびに 品質の向上に努めてまいりました。また、さらなる生産効率および技術力の向上を図ることにより、市場競争力を 強化してまいりました。 これらの結果、当第四半期連結累計期間の当社グループの売上高は、12億百万円(前年同四半期比15.4% ...

10

平成30年7月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結) IR資料 | 株式会社ウエスコホールディングス

平成30年7月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結) IR資料 | 株式会社ウエスコホールディングス

... なお、当社グループの主力事業であります総合建設コンサルタント事業は、大部分が官公庁からの受注であり、 業務の納期が官公庁の事業年度末である3月に集中する傾向があるため、当社グループの売上高は第3四半期以降 に偏る季節的変動があります。また指定管理事業においては、神戸市立須磨海浜水族園の管理運営を行っており、 春や秋の行楽シーズンやゴールデンウィーク、夏休み期間に来園者数が多いことから、売上高についても第四半 ...

9

平成29年7月期第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結) IR資料 | 株式会社ウエスコホールディングス

平成29年7月期第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結) IR資料 | 株式会社ウエスコホールディングス

... .当四半期決算に関する定性的情報 ()経営成績に関する説明 当第四半期連結累計期間における日本経済は、企業収益や雇用環境の改善などを背景に、全体として緩やかな 回復基調にて推移しましたものの、海外景気や株価の下振れリスクなど、景気の先行きは依然不透明な状況が継続 しました。 ...

10

1. 連結計算書類の 連結注記表 Ⅰ 連結計算書類の作成のための基本となる重要な事項に関する注記等 1. 連結の範囲に関する事項連結子会社の数及び名称全ての子会社を連結の範囲に含めております 連結子会社の数 8 社連結子会社の名称株式会社昭和電気接点工業所株式会社福岡機器製作所株式会社エヌ ティーサ

1. 連結計算書類の 連結注記表 Ⅰ 連結計算書類の作成のための基本となる重要な事項に関する注記等 1. 連結の範囲に関する事項連結子会社の数及び名称全ての子会社を連結の範囲に含めております 連結子会社の数 8 社連結子会社の名称株式会社昭和電気接点工業所株式会社福岡機器製作所株式会社エヌ ティーサ

...  デリバティブ取引は、外貨建の営業債権に係る為替の変動リスクに対するヘッジ取引を目的とした為 替予約取引であります。なお、ヘッジ会計に関するヘッジ手段とヘッジ対象、ヘッジ方針、ヘッジの有 効性の評価方法等については、 「Ⅰ 連結計算書類の作成のための基本となる重要な事項に関する注記等 4会計方針に関する事項 (5)重要なヘッジ会計の方法」に記載のとおりであります。 ...

15

1. 連結計算書類の 連結注記表 Ⅰ 連結計算書類の作成のための基本となる重要な事項に関する注記等 1. 連結の範囲に関する事項連結子会社の数及び名称全ての子会社を連結の範囲に含めております 連結子会社の数 6 社連結子会社の名称株式会社昭和電気接点工業所株式会社福岡機器製作所株式会社エヌ ティーサ

1. 連結計算書類の 連結注記表 Ⅰ 連結計算書類の作成のための基本となる重要な事項に関する注記等 1. 連結の範囲に関する事項連結子会社の数及び名称全ての子会社を連結の範囲に含めております 連結子会社の数 6 社連結子会社の名称株式会社昭和電気接点工業所株式会社福岡機器製作所株式会社エヌ ティーサ

...  デリバティブ取引は、外貨建の営業債権に係る為替の変動リスクに対するヘッジ取引を目的とした為 替予約取引であります。なお、ヘッジ会計に関するヘッジ手段とヘッジ対象、ヘッジ方針、ヘッジの有 効性の評価方法等については、 「Ⅰ 連結計算書類の作成のための基本となる重要な事項に関する注記等 4会計方針に関する事項 (5)重要なヘッジ会計の方法」に記載のとおりであります。 ...

15

平成30年9月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結) 株式会社タイセイ

平成30年9月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結) 株式会社タイセイ

... このような外部環境のもと、当社グループは、当連結会計年度において売上よりも粗利重視の経営施策を打ち出 し、当第四半期連結累計期間より実行してまいりました。 当社 のイ ンタ ーネ ット 通販 サ イト 「c ot ta 」( 以下 「 コッ タ」 とい う。 ) で は、 公式 SN Sを通 じ たお菓 ...

8

平成30年3月期決算短信〔日本基準〕(連結) IRライブラリ ― 適時開示情報 « 株式会社 成学社 IR情報

平成30年3月期決算短信〔日本基準〕(連結) IRライブラリ ― 適時開示情報 « 株式会社 成学社 IR情報

... 当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、企業業績や雇用・所得環境に改善がみられたものの、米国 政権の政策動向や諸外国における地政学リスクの高まり等の影響により、依然として景気の先行きは不透明な状 況が続いております。 当社グループにおいては、事業ドメイン「乳幼児から社会人までの教育および保育を基本とする教育企業」の 下、既存の主力ブランドである「開成教育セミナー」、「個別指導学院フリーステップ」に加え、「かいせい保 ...

11

( 継続企業の前提に関する注記 ) 該当事項はありません 連結注記表 ( 連結計算書類作成のための基本となる重要な事項に関する注記等 ) 1. 連結の範囲に関する事項 (1) 連結子会社の状況連結子会社の数 17 社主要な連結子会社の名称株式会社ネツレン ヒートトリート株式会社ネツレン小松株式会社ネ

( 継続企業の前提に関する注記 ) 該当事項はありません 連結注記表 ( 連結計算書類作成のための基本となる重要な事項に関する注記等 ) 1. 連結の範囲に関する事項 (1) 連結子会社の状況連結子会社の数 17 社主要な連結子会社の名称株式会社ネツレン ヒートトリート株式会社ネツレン小松株式会社ネ

... (4) 固定資産の減価償却の方法 有形固定資産 (リース資産を除く)……当社及び国内連結子会社は、主として定率法(ただし、 平成10年4月日以降に取得した建物(附属設備を除 く)並びに平成28年4月日以降に取得した建物附属 設備及び構築物については定額法)を採用し、在外連 結子会社は主として定額法を採用しております。 無形固定資産 ...

14

■平成19年3月期(中間連結決算短信) タカセ株式会社 :: 決算情報

■平成19年3月期(中間連結決算短信) タカセ株式会社 :: 決算情報

... 取 取 取 取 取 取 営業 益取 取 取取干平イ億 取 取 取 取 経常利益取取取取取取取取干億イ0百万 取 ゥホックュンネュヴ 状況取 取 取 取 当中間連結会計期間 る現金及び現金 等物 以 資金 いう 営業活動 よるゥホックュン ネュヴ 平億ィ拠百万 減少 前 期比平億ウ0百万 入減 投資活動 よるゥホックュンネュヴ 平イ百万 減少 前 期比拠平百万 支出減 活動 よるゥホックュンネュヴ ウ拠百万 増 前 期比 ...

28

連結注記表 ( 連結計算書類作成のための基本となる重要な事項等 ) 1. 連結の範囲に関する事項 (1) 連結子会社の状況連結子会社の数 9 社連結子会社の名称株式会社アイメタルテクノロジー自動車部品工業株式会社テーデーエフ株式会社東北三和金属株式会社株式会社三栄製作所トーカイ株式会社 PT.Asi

連結注記表 ( 連結計算書類作成のための基本となる重要な事項等 ) 1. 連結の範囲に関する事項 (1) 連結子会社の状況連結子会社の数 9 社連結子会社の名称株式会社アイメタルテクノロジー自動車部品工業株式会社テーデーエフ株式会社東北三和金属株式会社株式会社三栄製作所トーカイ株式会社 PT.Asi

...  持分法を適用していない非連結子会社および関連会社は、それぞれ当期純損益(持分 に見合う額)および利益剰余金(持分に見合う額)等から見て、持分法の対象から除い ても連結計算書類に及ぼす影響が軽微であり、かつ、全体としても重要性がないため、 持分法の適用範囲から除外しております。 ...

14

連結注記表 ( 連結計算書類作成のための基本となる重要な事項等 ) 1. 連結の範囲に関する事項 (1) 連結子会社の状況連結子会社の数 8 社連結子会社の名称株式会社アイメタルテクノロジー自動車部品工業株式会社テーデーエフ株式会社東北三和金属株式会社トーカイ株式会社 PT.Asian Isuzu

連結注記表 ( 連結計算書類作成のための基本となる重要な事項等 ) 1. 連結の範囲に関する事項 (1) 連結子会社の状況連結子会社の数 8 社連結子会社の名称株式会社アイメタルテクノロジー自動車部品工業株式会社テーデーエフ株式会社東北三和金属株式会社トーカイ株式会社 PT.Asian Isuzu

... 持分法を適用していない関連会社の数 会社等の名称 高浜企業有限会社 持分法を適用していない理由 持分法を適用していない非連結子会社および関連会社は、それぞれ当期純損益(持分 に見合う額)および利益剰余金(持分に見合う額)等から見て、持分法の対象から除い ても連結計算書類に及ぼす影響が軽微であり、かつ、全体としても重要性がないため、 ...

14

Show all 10000 documents...

関連した話題