主に短期公社債・金融商品を投資対

Top PDF 主に短期公社債・金融商品を投資対:

ファンドの目的香港 上海および深センの金融商品取引所に上場されている株式を主要投資対象とし 中華経済圏の発展の恩恵を受けると思われる企業の株式を中心に投資することにより キャピタルゲインの積極的な獲得をめざします ファンドの特色 主に 香港 上海および深センの金融商品取引所に上場されている株式に投資

ファンドの目的香港 上海および深センの金融商品取引所に上場されている株式を主要投資対象とし 中華経済圏の発展の恩恵を受けると思われる企業の株式を中心に投資することにより キャピタルゲインの積極的な獲得をめざします ファンドの特色 主に 香港 上海および深センの金融商品取引所に上場されている株式に投資

○ 上記取引所以外の市場で取引されている中国企業の株式、預託証書(DR) ※4 およびカントリーファンド ※5 等へも投資します。また、台湾企業の株式、預託証書(DR)およびカントリーファンド等へ投資する ことがあります。外貨建資産については、為替変動リスク軽減するため為替ヘッジ行うことがあります。 なお、為替ヘッジ行う場合で円金利がヘッジ対象通貨建の金利より低いときは、これらの金利差相当分がヘッジ コストとなります。ただし、為替市場の状況によっては、金利差相当分以上のヘッジコストとなる場合があります。 香港、上海および深センの金融商品取引所上場されている株式主要投資対象とし、 中華経済圏の発展の恩恵受けると思われる企業の株式中心投資することにより、 キャピタルゲインの積極的な獲得めざします。
さらに見せる

6 さらに読み込む

ファンドの目的 特色 ( くわしくは投資信託説明書 ( 交付目論見書 ) を必ずご覧ください ) ファンドの目的日本を含む世界各国の株式 債券および短期金融資産を実質的な主要投資対象とし 値上がり益の獲得および利子 配当等収益の確保をめざします ファンドの特色 世界の株式や債券を主な投資対象とし 投

ファンドの目的 特色 ( くわしくは投資信託説明書 ( 交付目論見書 ) を必ずご覧ください ) ファンドの目的日本を含む世界各国の株式 債券および短期金融資産を実質的な主要投資対象とし 値上がり益の獲得および利子 配当等収益の確保をめざします ファンドの特色 世界の株式や債券を主な投資対象とし 投

◆ファンドの特色 ・世界の株式や債券投資対象とし、投資環境の変化合わせて組入比率変更する投資信託です。 ・指定投資信託証券への投資を通じて、国内および先進国の株式、債券および短期金融資産実質的な投資行います。 ・国内株式、先進国株式の組入比率高めることで、株式相場上昇局面における株式の値上がり益の獲得目指すファンドです。 ・三菱UFJ信託銀行株式会社の投資助言・情報提供基づき、中銀アセットマネジメント株式会社が運用行います。
さらに見せる

5 さらに読み込む

村アセットマネジメント ファンドの目的 安定した収益の確保をめざして安定運用を行ないます ファンドの特色 主要投資対象内外の公社債を主要投資対象とします 投資方針好利回りの内外の公社債を中心に投資を行ない 余裕金はコール 割引手形などで運用し 安定した収益の確保をめざします 元本の安全性に配慮した運

村アセットマネジメント ファンドの目的 安定した収益の確保をめざして安定運用を行ないます ファンドの特色 主要投資対象内外の公社債を主要投資対象とします 投資方針好利回りの内外の公社債を中心に投資を行ない 余裕金はコール 割引手形などで運用し 安定した収益の確保をめざします 元本の安全性に配慮した運

<委託会社> 野村アセットマネジメント株式会社 [ファンドの運用の指図行なう者] ■金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第373号 ■設立年月日:昭和34年(1959年)12月1日 ■資本金:171億円(平成23年12月末現在) ■運用する投資信託財産の合計純資産総額:14兆0288億円(平成23年11月30日現在) <受託会社> 三菱UFJ信託銀行株式会社 (再信託受託会社:日本マスタートラスト信託銀行株式会社)
さらに見せる

8 さらに読み込む

ファンドの目的 特色 ファンドの目的 香港 上海および深センの金融商品取引所に上場されている株式を主要投資対象とし 中華経済圏の発展の恩恵を受けると思われる企業の株式を中心に投資することにより キャピタルゲインの積極的な獲得をめざします ファンドの特色 主に 香港 上海および深センの金融商品取引所に

ファンドの目的 特色 ファンドの目的 香港 上海および深センの金融商品取引所に上場されている株式を主要投資対象とし 中華経済圏の発展の恩恵を受けると思われる企業の株式を中心に投資することにより キャピタルゲインの積極的な獲得をめざします ファンドの特色 主に 香港 上海および深センの金融商品取引所に

新興国株 MSCIエマージング・マーケット・ インデックス(配当込み) MSCIエマージング・マーケット・インデックス(配当込み)とは、MSCI Inc.が開発した 株価指数で、世界の新興国で構成されています。また、MSCIエマージング・マーケット・ インデックスに対する著作権及びその他知的財産権はすべてMSCI Inc.帰属します。 日本国債 NOMURA-BPI(国債) NOMURA-BPIとは、野村證券株式会社が発表しているわが国の代表的な債券 パフォーマンスインデックスで、NOMURA-BPI (国債)はそのサブインデックスです。 わが国の国債で構成されており、ポートフォリオの投資収益率・利回り・クーポン・ デュレーション等の各指標が日々公表されます。NOMURA-BPI (国債)は野村證券株式 会社の知的財産であり、運用成果等に関し、野村證券株式会社は一切関係ありません。 先進国債 FTSE世界国債インデックス
さらに見せる

12 さらに読み込む

実績推移表の見方 実績推移表 ( 投資信託商品 ) の見方の主なポイント 投資信託商品の実績推移表 ( 例 ) ファンドの特色 主な投資対象 国内株式 ベンチマーク 東証株価指数 (TOPIX) 目標とする運用成果 ベンチマークに連動する投資成果の達成を目指します

実績推移表の見方 実績推移表 ( 投資信託商品 ) の見方の主なポイント 投資信託商品の実績推移表 ( 例 ) ファンドの特色 主な投資対象 国内株式 ベンチマーク 東証株価指数 (TOPIX) 目標とする運用成果 ベンチマークに連動する投資成果の達成を目指します

*ファンド(分配金再投資)の収益率とは、当ファンドの決算時収益分配金があった場合、その分配金(課税前)で当ファンド購入(再投資)した場合の収益率です。 *収益率は年率換算。但し、3ヶ月間、6ヶ月間の収益率は年率換算しておりません。 *設定月(2015年10月)の実績は上記の収益率およびリスクは含まれておりません。 ■当資料は、金融商品取引法基づく開示資料ではありません。■「投資のソムリエ<DC年金>リスク抑制型」の募集については、委託会社は、金融商品取引法第 5条の規定により有価証券届出書 関東財務局長提出し、その届出の効力は発生しております。「国内債券パッシブ・ファンド・マザーファンド」等のマザーファンドの受益証券の募集については、委託会社は、金融商品取引法第 5条の規定による有価証券届出書の提出行っておりません。■当資料は、確定拠出年金法第24条および関連政省令規定されている「運用の方法係る情報の提供」基づき、加入者のみなさま して、当商品の内容ご説明するため作成されたものであり、当該投資信託の勧誘目的とするものではありません。■投資信託は、実質的債券、株式、不動産投資信託証券(リート)など値 動きのある有価証券等(外貨建資産投資する場合は為替リスクもあります。)投資しますので、基準価額は変動します。したがって、元本および運用成果が保証されているものではありませ ん。投資信託の運用による損益は、投資信託ご購入のお客様帰属します。■当資料は、アセットマネジメント One株式会社が信頼できると判断した諸データ基づいて作成しましたが、その正確 性、完全性保証するものではありません。また、上記の実績・データ等は過去のものであり、今後の成果保証・約束するものではありません。
さらに見せる

42 さらに読み込む

ファンドの目的 安定した収益の確保をめざして安定運用を行ないます ファンドの特色 主要投資対象内外の公社債を主要投資対象とします 投資方針好利回りの内外の公社債を中心に投資を行ない 余裕金はコール 割引手形などで運用し 安定した収益の確保をめざします 元本の安全性に配慮した運用を行ないます 残存期間

ファンドの目的 安定した収益の確保をめざして安定運用を行ないます ファンドの特色 主要投資対象内外の公社債を主要投資対象とします 投資方針好利回りの内外の公社債を中心に投資を行ない 余裕金はコール 割引手形などで運用し 安定した収益の確保をめざします 元本の安全性に配慮した運用を行ないます 残存期間

好利回りの内外の公社債中心投資行ない、余裕金はコール、割引手形などで運用し、安定した収 益の確保めざします。 ● 元本の安全性配慮した運用行ないます。 ・ 残存期間が短い好利回りの内外の公社債やコマーシャル・ペーパーおよび金融商品投資します。 ・ 国債、政府保証付債券や投資適格格付有する(長期格付でBBB格以上有している(同等と判断されるもの
さらに見せる

8 さらに読み込む

草津白根山における地磁気全磁力・自然電位観測

2. 当社が行う金融商品取引業の内容及び方法の概要当社が行う金融商品取引業は 主に金融商品取引法第 28 条第 1 項の規定に基づく第一種金融商品取引業であり 当社においてファンドのお取引や保護預けを行われる場合は 以下によります お取引にあたっては 保護預り口座 振替決済口座又は外国証券取引口座の

2.委託会社は、当ファンドが主要投資対象とする組入外国投資信託が存続しないことと なる場合は、受託会社と合意のうえ、信託契約解約し、信託終了させます。この 場合において、委託会社は、あらかじめ、解約しようとする旨監督官庁届出ます。 3.委託会社は、前 1.の事項について、書面による決議(以下「書面決議」といいます。) 行ないます。この場合において、あらかじめ、書面決議の日ならびに信託契約の解約 の理由などの事項定め、当該決議の日の 2 週間前まで、信託契約かかる知れてい る受益者に対し、書面もってこれらの事項記載した書面決議の通知発します。 4.前 3.の書面決議において、受益者(委託会社および当ファンドの信託財産当ファ
さらに見せる

15 さらに読み込む

J リートとは? J リートは 投資家から集めた資金を複数の賃貸不動産に投資し その賃貸収入や不動産売却収入から得た利益を投資家に分配する金融商品です 投資をする方から見ると J リートへの投資は 不動産を投資対象とする会社型の投資信託 ( 不動産投資法人 ) に投資する仕組みであり J リートを介

J リートとは? J リートは 投資家から集めた資金を複数の賃貸不動産に投資し その賃貸収入や不動産売却収入から得た利益を投資家に分配する金融商品です 投資をする方から見ると J リートへの投資は 不動産を投資対象とする会社型の投資信託 ( 不動産投資法人 ) に投資する仕組みであり J リートを介

2つの成長 Jリートは、投資家への安定した分配や 分配の増加実現するため、「内部成長」 と「外部成長」と言われる2つの成長戦 略的図っています。個々の保有不動 産の稼働率や賃料上げるなどして賃料収 入の増加図ったり、費用の削減行い、 賃貸収益増加させること「内部成長」 と呼びます。一方、「外部成長」は、新た 物件取得するなどして、保有している資 産の規模(資産額)拡大することです。J リートは、こうした成長努力続け、分配 金の安定と拡大実現しているのです。
さらに見せる

12 さらに読み込む

目論見書補完書面 ( 投資信託 ) < コード 995> 当ファンドに係る 当社は ファンドの販売会社として 募集の取扱いおよび販売等に関する事務を行います 金融商品取引契約の概要 当社が行う金融商品取引業 の内容及び方法の概要 当社が行う金融商品取引業は 主に金融商品取引法第 28 条第 1 項の

目論見書補完書面 ( 投資信託 ) < コード 995> 当ファンドに係る 当社は ファンドの販売会社として 募集の取扱いおよび販売等に関する事務を行います 金融商品取引契約の概要 当社が行う金融商品取引業 の内容及び方法の概要 当社が行う金融商品取引業は 主に金融商品取引法第 28 条第 1 項の

投資者の皆様の投資元金は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失 被り、投資元金割り込むことがあります。ファンドの運用による損益はすべて投資者 (受益者)の皆様帰属します。なお、当ファンドは預貯金とは異なります。 当ファンドは、債券投資対象としますので、債券の価格の下落や、債券の発行体の 財務状況や業績の悪化などの影響により、基準価額が下落し、損失被ることがあります。 なリスクは以下の通りです。
さらに見せる

10 さらに読み込む

ファンドの目的 特色 ファンドの目的 内外の公社債およびコマーシャル ペーパーを中心に投資し 安定した収益の確保をめざして安定運用を行ないます ファンドの特色 内外の公社債およびコマーシャル ペーパーを中心に投資し 元本の安全性に配慮し 安定した収益の確保をめざして安定運用を行ないます 安全性を高め

ファンドの目的 特色 ファンドの目的 内外の公社債およびコマーシャル ペーパーを中心に投資し 安定した収益の確保をめざして安定運用を行ないます ファンドの特色 内外の公社債およびコマーシャル ペーパーを中心に投資し 元本の安全性に配慮し 安定した収益の確保をめざして安定運用を行ないます 安全性を高め

当ファンドは、債券投資対象としますので、債券の価格の下落や、債券の発行体の 財務状況や業績の悪化などの影響により、基準価額が下落し、損失被ることがあります。 なリスクは以下の通りです。 ・公社債は、金利変動により価格が変動するリスクがあります。一般金利が上昇した場合は 価格は下落し、ファンドの基準価額が値下がりする要因となります。ただし、その価格変動幅 は、残存期間やクーポンレートなどの発行条件などにより債券ごと異なります。
さらに見せる

8 さらに読み込む

商品分類 属性区分 単位型 追加型 投資対象地域 投資対象資産 ( 収益の源泉 ) 投資対象資産決算頻度投資対象地域為替ヘッジ 追加型海外債券債券一般年 12 回 ( 毎月 ) グローバル ( 日本を除く ) あり (50% ヘッジ ) 属性区分に記載している 為替ヘッジ は 対円での為替リスクに対

商品分類 属性区分 単位型 追加型 投資対象地域 投資対象資産 ( 収益の源泉 ) 投資対象資産決算頻度投資対象地域為替ヘッジ 追加型海外債券債券一般年 12 回 ( 毎月 ) グローバル ( 日本を除く ) あり (50% ヘッジ ) 属性区分に記載している 為替ヘッジ は 対円での為替リスクに対

為替リスク 本ファンドの主要投資対象は外貨建資産であり、一般 外貨建資産への投資は為替リスクが伴いますが、 本ファンドは、50%円ヘッジ基準為替変動リスク の低減図ります。なお、為替ヘッジ行うにあたり ヘッジ・コストがかかります(ヘッジ・コストとは、為替 ヘッジ行う通貨の金利と円の金利の差相当し、円 の金利の方が低い場合この金利差分収益が低下しま す。)。また、本ファンドは、ヘッジ目的限らず、ファン ド全体の収益の向上めざす目的でも為替予約取引 等により多通貨運用行います。したがって、本ファン ドへの投資は為替変動リスクが伴います。
さらに見せる

12 さらに読み込む

ご留意事項 (1) ページ :2/6 当ファンドに係るリスクについて 当ファンドは 公社債等 短期金融資産 ( 以下 有価証券等 ) を投資対象とし 株価指数先物取引などのデリバティブ取引を利用するため これらの価格変動の影響により基準価額は変動します また 株価指数先物取引などのデリバティブ取引を

ご留意事項 (1) ページ :2/6 当ファンドに係るリスクについて 当ファンドは 公社債等 短期金融資産 ( 以下 有価証券等 ) を投資対象とし 株価指数先物取引などのデリバティブ取引を利用するため これらの価格変動の影響により基準価額は変動します また 株価指数先物取引などのデリバティブ取引を

⑥ 分配金は、分配方針基づいて委託会社が決定しますが、分配行わない場合があります。 ⑦ 当ファンドの基準価額の計算は、法令および一般社団法人投資信託協会規則等に従って時価評価行います。有価証券等及 び派生商品取引の評価は、基準価額計算日知りうる直近の日の価格です。 ⑧ 当ファンドの受益権は、東京証券取引所上場し、当該取引所で取引されますが、その取引価格は、当ファンドの運用に対する 評価や当該取引所における需給関係によって形成されるため、対象指標や基準価額と一致した推移とならず、一般かい離生じ ます。また、当ファンドの受益権は当該取引所において活発な取引が行われるという保証はありません。したがって、当ファンド受益 権の取引がまったく行なわれなかったり取引が行なわれたとしても制限的で当ファンドの受益権の当該取引所における取引価格 悪影響したり購入者が処分窮する場合があります。また、同取引所においてどのような価格で取引がなされるのか予想すること はできません。さらに、指定参加者(当ファンドの募集の取り扱い行なう者で、当ファンドの販売会社)は当ファンド受益権の当該取 引所における円滑な流通の確保努めることとなっておりますが、継続的呼び値提示する義務負うものではありませんので、 市場での需給の状況によっては、当ファンド希望する時または希望する価格で売買することが困難となる場合又は売買すること 自体が不可能となる場合があります。
さらに見せる

6 さらに読み込む

投資信託説明書 ( 請求目論見書 ) 使用開始日 2020 年 12 月 24 日 DLIBJ 公社債オープン ( 短期コース ) 追加型投信 / 国内 / 債券 この目論見書により行う DLIBJ 公社債オープン ( 短期コース ) の募集については 委託会社は 金融商品取引法( 昭和 23 年法

投資信託説明書 ( 請求目論見書 ) 使用開始日 2020 年 12 月 24 日 DLIBJ 公社債オープン ( 短期コース ) 追加型投信 / 国内 / 債券 この目論見書により行う DLIBJ 公社債オープン ( 短期コース ) の募集については 委託会社は 金融商品取引法( 昭和 23 年法

④ 委託者は、第 3 項の受益者がその有する受益権の全部の口数について第 48 条第 3 項により 信託の一部解約が行われた場合、当該受益権帰属する収益分配金があるときは、第 3 項の規定かかわらず、そのつど受益者支払います。 ⑤ 償還金は、信託終了日後1ヵ月以内の委託者の指定する日から信託終了日において振替機 関等の振替口座簿記載または記録されている受益者(信託終了日以前において一部解約 が行われた受益権かかる受益者除きます。また、当該信託終了日以前設定された受 益権で取得申込代金支払前のため委託者、委託者の指定する証券会社または登録金融機関 の名義で記載または記録されている受益権については原則として取得申込者とします。) 支払います。なお、当該受益者は、その口座が開設されている振替機関等に対して委託 者がこの信託の償還するのと引き換え、当該償還係る受益権の口数と同口数の抹消 の申請行うものとし、社振法の規定したがい当該振替機関等の口座において当該口数 の減少の記載または記録が行われます。また、受益証券保有している受益者に対しては、 償還金は、信託終了日後 1 ヵ月以内の委託者の指定する日から受益証券と引き換え当該 受益者支払います。
さらに見せる

107 さらに読み込む

投資信託説明書 ( 交付目論見書 ) PIMCO INCOME STRATEGY クレディ スイス ユニバーサル トラスト ( ケイマン )Ⅲ- PIMCO 短期インカム戦略ファンド ケイマン籍オープン エンド契約型外国投資信託 ( 米ドル建て ) この交付目論見書は 金融商品

投資信託説明書 ( 交付目論見書 ) PIMCO INCOME STRATEGY クレディ スイス ユニバーサル トラスト ( ケイマン )Ⅲ- PIMCO 短期インカム戦略ファンド ケイマン籍オープン エンド契約型外国投資信託 ( 米ドル建て ) この交付目論見書は 金融商品

P I M C O I N C O M E S T R A T E G Y ファンドの実質的な投資対象である各種の証券固有の留意点 <モーゲージ証券> モーゲージ証券は、不動産担保融資の債権裏付けとして発行された証券です。住宅ローンの貸し手 であるオリジネーターが、その住宅ローン債権証券発行体売却し、証券発行体は、これもと してモーゲージ証券発行します。金利の上昇時は、モーゲージ証券の価格は全般下落し、また 金利の下落時は、期限前償還の特質有するモーゲージ証券の価格は、その他の確定利付証券と 同程度までは上昇しないことがあります。また、かかる証券の価格は、発行体の信用性に関する市場の 見方応じて変動することがあります。
さらに見せる

16 さらに読み込む

1 ファンドの目的 特色 ファンドの目的 わが国の金融商品取引所上場株式 ( 上場予定を含みます ) のうち 主に中小型株式に投資を行うと同時に TOPIX 先物等の株価指数先物取引を活用することにより 信託財産の中長期的な成長を目指して運用を行います ファンドの特色 1 主として わが国の金融商品

1 ファンドの目的 特色 ファンドの目的 わが国の金融商品取引所上場株式 ( 上場予定を含みます ) のうち 主に中小型株式に投資を行うと同時に TOPIX 先物等の株価指数先物取引を活用することにより 信託財産の中長期的な成長を目指して運用を行います ファンドの特色 1 主として わが国の金融商品

NOMURA-BPIに関する著作権、商標権、知的財産権その他一切の権利は、野村證券株式会社帰属します。 FTSE世界国債インデックスに関する著作権、商標権、知的財産権その他一切の権利は、FTSE Fixed Income LLC帰属します。 JPモルガン・ガバメント・ボンド・インデックスに関する著作権、知的財産権その他一切の権利は、J.P.Morgan Securities LLC帰属します。 上記各指数の騰落率は、データソースが提供する各指数もと、株式会社野村総合研究所が計算しております。
さらに見せる

12 さらに読み込む

種類内容 公募公社債等運用投資信託の収益の分配国外公社債等の利子等 勤労者財産形成貯蓄保険契約等に基づき支払を受ける差益 証券投資信託以外の投資信託のうち 信託財産として受け入れた金銭を公社債等に対して運用するもの ( その設定に係る受益権の募集が公募によるものに限ります ) の収益の分配 国外で発

種類内容 公募公社債等運用投資信託の収益の分配国外公社債等の利子等 勤労者財産形成貯蓄保険契約等に基づき支払を受ける差益 証券投資信託以外の投資信託のうち 信託財産として受け入れた金銭を公社債等に対して運用するもの ( その設定に係る受益権の募集が公募によるものに限ります ) の収益の分配 国外で発

貯蓄制度援助する措置として、勤労者財産形成住宅貯蓄の元本550万 円までの利子等について所得税非課税とする制度です。  なお、勤労者財産形成住宅貯蓄と勤労者財産形成年金貯蓄の両方有 する場合の非課税限度額は、両方合わせて最高550万円となります。  具体的は、①国内住所有する勤労者が、②勤労者財産形成住宅 貯蓄契約基づき、その人の勤務先を通じて預入、信託、購入又は払込 み(以下これら「預入等」といいます。)した預貯金(勤務先預金 及び共済組合貯金除きます。)、合同運用信託、有価証券、生命保険の 保険料、損害保険の保険料又は生命共済の共済掛金(以下これら「財 形住宅貯蓄」といいます。)で非課税扱い受けようとするものについて、 ③最初の預入等する日まで、財産形成非課税住宅貯蓄申告書(以下 「財形住宅貯蓄申告書」といいます。)その人の勤務先(財形法第14条 第2項規定する中小企業の事業 (注) が勤労者財産形成住宅貯蓄契約 係る事務事務代行団体委託している場合は、その事務代行団体 含みます。以下「勤務先等」といいます。)及び預入等する金融機 関や金融商品取引業者などの営業所等(以下これら金融機関の営業 所等」といいます。)経由して税務署長提出し、かつ、④預入等 する都度、財産形成非課税住宅貯蓄申込書(以下「財形住宅貯蓄申込書」 といいます。)その人の勤務先等経由して金融機関の営業所等提 出した場合において、⑤その預入等した財形住宅貯蓄の元本の合計額 が、利子等の計算期間を通じて財形住宅貯蓄非課税限度額超えないと きは、その財形住宅貯蓄の利子又は収益の分配若しくは保険の差益(満 期返戻金や解約返戻金などから既に払い込まれた保険料や共済掛金の合 計額控除した残額相当する金額)に対して所得税課さないことと する制度です(措法4の2)。
さらに見せる

35 さらに読み込む

公社債投信 (1 月号 ) 2020 年 12 月 22 日 本文書にかかる 公社債投信 (1 月号 ) の募集については 委託会社は 金融商品取引法第 5 条の規定により 有価証券届出書を 2020 年 12 月 4 日に関東財務局長に提出しており 2020 年 12 月 20 日にその届出の効力

公社債投信 (1 月号 ) 2020 年 12 月 22 日 本文書にかかる 公社債投信 (1 月号 ) の募集については 委託会社は 金融商品取引法第 5 条の規定により 有価証券届出書を 2020 年 12 月 4 日に関東財務局長に提出しており 2020 年 12 月 20 日にその届出の効力

① 受益者は、その保有する受益権譲渡する場合は、当該受益者の譲渡の対象とする受 益権が記載または記録されている振替口座簿かかる振替機関等振替の申請するもの とします。 ② 上記①の申請のある場合は、上記①の振替機関等は、当該譲渡かかる譲渡人の保有 する受益権の口数の減少および譲受人の保有する受益権の口数の増加つき、その備える 振替口座簿記載または記録するものとします。ただし、上記①の振替機関等が振替先口 座開設したものでない場合は、譲受人の振替先口座開設した他の振替機関等(当該 他の振替機関等の上位機関含みます。)社振法の規定したがい、譲受人の振替先口座 受益権の口数の増加の記載または記録が行なわれるよう通知するものとします。 ③ 上記①の振替について、委託会社は、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載また
さらに見せる

101 さらに読み込む

目論見書補完書面 ( 投資信託 ) < コード 3873> 当ファンドに係る 当社は ファンドの販売会社として 募集の取扱いおよび販売等に関する事務を行います 金融商品取引契約の概要 当社が行う金融商品取引業の内容及び方法の概要会社の概要 (2018 年 9 月末現在 ) 当社が行う金融商品取引業は

目論見書補完書面 ( 投資信託 ) < コード 3873> 当ファンドに係る 当社は ファンドの販売会社として 募集の取扱いおよび販売等に関する事務を行います 金融商品取引契約の概要 当社が行う金融商品取引業の内容及び方法の概要会社の概要 (2018 年 9 月末現在 ) 当社が行う金融商品取引業は

MSCI Inc.は同指数の内容変更する権利及び公表停止する権利有しています。 ※4 NOMURA-BPI国債とは、野村證券株式会社が公表する、国内で発行された公募固定利付国債の市場全体の動向表す投資収益指数で、一定の組入れ基準基づ いて構成された国債ポートフォリオのパフォーマンス計算されます。同指数の知的財産権は野村證券株式会社帰属します。なお、野村證券株式会社は、同指数 の正確性、完全性、信頼性、有用性保証するものではなく、同指数用いて行われる当社の事業活動・サービスに関し一切責任負いません。
さらに見せる

14 さらに読み込む

投資信託関連 告知に関わる条文について 投資信託総合口座 (2015 年 12 月 31 日までに投資信託総合口座を開設済みのお客さま ) 以下の規定により 個人番号を告知いたします 区分根拠条文 上場株式等の配当 公社債の利子 投資信託の収益の分配 国外発行株式等の配当 国外公社債等の利子 国外投

投資信託関連 告知に関わる条文について 投資信託総合口座 (2015 年 12 月 31 日までに投資信託総合口座を開設済みのお客さま ) 以下の規定により 個人番号を告知いたします 区分根拠条文 上場株式等の配当 公社債の利子 投資信託の収益の分配 国外発行株式等の配当 国外公社債等の利子 国外投

個人情報等のうち個人情報については、下記利用目的の達成必要な範囲で利用いたします。 1.当行および当行の関連会社や提携会社の金融商品やサービスに関し、下記利用目的で利用いたします。 ・各種金融商品の口座開設等、金融商品やサービスの申込の受付のため ・犯罪収益移転防止法基づくご本人さまの確認等や、金融サービスご利用いただく資格等の確認のため ・預金取引や融資取引等における期日管理等、継続的なお取引における管理のため
さらに見せる

5 さらに読み込む

ブラックロック ワールド ボンド オープン ファンドの目的 特色 ファンドの目的 この投資信託は 信託財産の成長を図ることを目標として積極的な運用を行ないます ファンドの特色 1 世界主要国の国債等 ( 国債 政府機関債 国際機関債 ) を中心に公社債に投資します 投資する公社債は 取得時において投

ブラックロック ワールド ボンド オープン ファンドの目的 特色 ファンドの目的 この投資信託は 信託財産の成長を図ることを目標として積極的な運用を行ないます ファンドの特色 1 世界主要国の国債等 ( 国債 政府機関債 国際機関債 ) を中心に公社債に投資します 投資する公社債は 取得時において投

および償還時 所得税および 地方税 譲渡所得として課税されます。 換金(解約)時および償還時の差益(譲渡益)に対して20.315% ※少額投資非課税制度「愛称:NISA(ニーサ)」ご利用の場合 NISAご利用の場合、毎年、一定額の範囲で新た購入した公募株式投資信託等から生じる配当所得および譲渡所得が一定期間 非課税となります。ご利用なれるのは、販売会社で非課税口座開設するなど、一定の条件該当する方が対象となります。非課 税の対象となる金額、期間等含めて詳しくは販売会社お問い合わせください。
さらに見せる

12 さらに読み込む

Show all 10000 documents...