三菱総研グループの経営理念

Top PDF 三菱総研グループの経営理念:

三菱総研グループは 未来共創の志で 社会とお客さまの課題を解決してまいります 三菱総研グループは シンクタンクとして 社会のあらゆる 英知 を集めて 21 世紀社会の発展に貢献することを経営理念とし 社会 地域 企業の持続的な発展と豊かな未来をお客さまとともに創造する 未来共創事業 を推進しています

三菱総研グループは 未来共創の志で 社会とお客さまの課題を解決してまいります 三菱総研グループは シンクタンクとして 社会のあらゆる 英知 を集めて 21 世紀社会の発展に貢献することを経営理念とし 社会 地域 企業の持続的な発展と豊かな未来をお客さまとともに創造する 未来共創事業 を推進しています

「官民共創ソリューション事業」は、公共分野と民間分野をつなぐ横断領域で、コンサルティングからソリューション まで総合的なサービスを提供し、政策とビジネスで課題解決を図る事業です。政策分野で豊富な実績や知見を 活かした社会制度改革のみならず、お客さま経営課題解決策策定およびその実行まで取り組んでまいります。 優先的に取り組む分野として、ヘルスケア・ウェルネス、環境・エネルギー、次世代インフラ、総合ICTにターゲット を定め、高い収益率を狙うストック型ビジネス展開と、ICTソリューションまでを担うスケールアップを進めます。 「民間企業向け事業」は、働き方改革、生産性向上、データ活用、イノベーションなど企業ニーズに対して、他社
さらに見せる

20 さらに読み込む

一括[] 三菱総研グループレポート : CSR : 三菱総合研究所 : MRI

一括[] 三菱総研グループレポート : CSR : 三菱総合研究所 : MRI

とめました。 大変優れていると評価できること 第1は、統合報告基本的なフレームワー クを生かして、経営理念を基軸としながら 戦略的な事業展開と成果が簡潔にまとめ られていることです。統合報告書枠組み を構築する国際的な流れ中で、本報告 書は先駆的で優れたレポートです。 第2は、トップメッセージで、中期経営計 画、事業構造改革、グループ経営、CSR経 営等を語り、さらに今後挑戦と展望まで 丁寧に説明していることです。経営理念か ら始まり、事業戦略的な展開を通じて価 値を創造して社会期待に応えようとする メッセージが力強く表現されています。 第3は、人材育成にかかわる取組みを推進 していることです。トップメッセージにおけ る “人財”充実に対応して、 「多彩な個性 による総合力を発揮するために」では具体 的にプロジェクトが説明されています。こ
さらに見せる

44 さらに読み込む

CONTENTS mitsubishi corporation 2015 概要企業理念 / 沿革 4 経営戦略 グローバルネットワーク 8 組織体制 10 部門 / 営業グループの紹介 ビジネスサービス部門地球環境 インフラ事業グループ新産業金融事業グループエネルギー事業グループ金属グ

CONTENTS mitsubishi corporation 2015 概要企業理念 / 沿革 4 経営戦略 グローバルネットワーク 8 組織体制 10 部門 / 営業グループの紹介 ビジネスサービス部門地球環境 インフラ事業グループ新産業金融事業グループエネルギー事業グループ金属グ

東日本大震災発生直後から復興支援活動を開始し、4年間総額100 億円 を拠出。2015年には今後5年間活動資金として35億円を追加しました。 社員ボランティア活動(2011年4月から2015年6月までに約3,750名 社員が参加)を継続するとともに、 「三菱商事復興支援財団」 (公益財団 法人)を通じて、奨学金給付や産業復興・雇用創出支援に取り組み、福 島県で果樹農業6次産業化プロジェクトを推進するなど三菱商事事業 知見を活かした活動を行うことで、東北地方創生に貢献していきます。 投融資案件審議に際しては、経済的側面だけでなく、ESG(環境、社会、ガバナンス) 観点を重要視し、総合的に審議・検討を行っている他、グローバルベースでCO 2
さらに見せる

31 さらに読み込む

三菱総研グループは 未来共創の志で 社会とお客さまの課題を解決してまいります 三菱総合研究所は 創業以来 独立 学際 未来志向 を基本理念として掲げてきました 三菱総研グループは これを受け継ぎ 総合シンクタンクのフロントランナーとして シンクタンク コンサルティングとITサービス事業を展開していま

三菱総研グループは 未来共創の志で 社会とお客さまの課題を解決してまいります 三菱総合研究所は 創業以来 独立 学際 未来志向 を基本理念として掲げてきました 三菱総研グループは これを受け継ぎ 総合シンクタンクのフロントランナーとして シンクタンク コンサルティングとITサービス事業を展開していま

総合シンクタンクとして長年調査・研究を積み 重ねてきた知見を基盤として、さまざまなコ ンサルティング手法・ノウハウを用いてお 客さま課題解決を実践的に支援するがコ ンサルティング活動です。当社が強みとする は、論理的かつデータにもとづく分析・立案、 大規模なプロジェクトを着実に成功に導くプ ロジェクトマネジメントオフィス(PMO)業務、 複雑かつ高度なシステム基盤整備に向けた コンサルティングなどです。
さらに見せる

16 さらに読み込む

一括[] 三菱総研グループレポート : CSR : 三菱総合研究所 : MRI

一括[] 三菱総研グループレポート : CSR : 三菱総合研究所 : MRI

三菱総合研究所取り組み例 ており、森林保全はますます重要となっています。 CO 2 森林吸収量獲得に向けた政策対応を  我が国は 2002(平成 14)年 6 月に京都議定書に 批准しましたが、この議定書は、2005(平成 17) 年 2 月、長年国際交渉プロセスを経て、ようやく発 効されました。これを受けて、我が国は、第一約束期 間(2008 ∼ 2012 年)平均で、温室効果ガス排 出量を 1990 年時点 94% にまで削減する義務を 負うことになりました。京都議定書運用ルールによ れば、この削減目標達成ために、国内における森 林管理によって得られた森林吸収量増加分を最高で 13Mt-C(1990 年排出量 3.9% に相当)まで、排 出削減量としてカウントすることが許されています。  しかし、我が国における現在森林管理実情を踏 まえれば、先に述べた基準年排出量 3.9%相当分森 林吸収量を獲得することは難しいと考えられています。 農林水産省は 2004(平成 16)年に行った試算で、 森林整備が現状予算水準で進められた場合、基準年 排出量 3.1% 程度か、あるいはそれ以下森林吸収 量しか確保できないと推計しています。1990 年度以 降、温室効果ガス排出量が増加している現状では、削 減目標達成に向け、森林吸収量獲得は大変重要な 手段一つです。このため、国内森林管理対策につ いて、早急な政策対応が必要となっています。
さらに見せる

37 さらに読み込む

経営理念 / トップメッセージ グループ中期事業計画 経営理念 事業方針 事業活動を通じての社会への貢献 全従業員の物心両面の幸福の追求 最大の買取 グループの総合力で最大に 最大の販売 店舗 ネットを通じて最大の販売効率を追求 我々の使命 MISSION 捨てない人のブックオフ捨てない人のインフラ

経営理念 / トップメッセージ グループ中期事業計画 経営理念 事業方針 事業活動を通じての社会への貢献 全従業員の物心両面の幸福の追求 最大の買取 グループの総合力で最大に 最大の販売 店舗 ネットを通じて最大の販売効率を追求 我々の使命 MISSION 捨てない人のブックオフ捨てない人のインフラ

私たちブックオフグループでは社会的責任を果たすため障 がい者雇用を推進しています。働く意思を持ち、働くこと できる障害を持たれている方に「福祉」ではなく 「企業活 動」として就労機会・環境を提供し、社会参加・自立支援 を行っています。そのために2010年10月にビーアシスト株 式会社を設立し、同年12月に障害者雇用促進法に基づく特 例子会社として認定されました。ブックオフグループ全体 で、2015年3月末現在で109名(障害者雇用率2.35%)※と なりました。
さらに見せる

9 さらに読み込む

一括[] 三菱総研グループレポート : CSR : 三菱総合研究所 : MRI

一括[] 三菱総研グループレポート : CSR : 三菱総合研究所 : MRI

松下 岳彦 代表取締役常務 コーポレート部門長 □1983年4月/富士通(株)入社□1989 年1月/当社入社□2006年10月/当社 人事部長□2010年3月/当社経営企画 部長□2011年9月/当社経営企画部長 (兼)シェアドサービスセンター準備室長 □2011年12月/当社取締役執行役員、 経営企画部長(兼)シェアドサービスセ ンター準備室長□2012年4月/当社取 締役執行役員、経営企画部長(兼)グ ループ業務部長□2012年10月/当社 取締役執行役員、経営企画部長□2013 年10月/当社取締役執行役員、人事部 長□2014年10月/当社取締役執行役 員、コーポレート部門長補佐(兼)人事部 長□2015年10月当社取締役執行役員、 コーポレート部門副部門長□2016年11 月/当社取締役執行役員、コーポレート 部門長(現任)□2016年12月/当社代 表取締役常務(現任)
さらに見せる

52 さらに読み込む

ー グループスローガン ー ー グループ理念 ー 我々は グループを共につくり支える志を持ち この理念を共有する 存在 理念 美しい生活環境を創造し 調和ある社会と 一人ひとりの幸せを追求する 経営 理念 自立と共創により 総合力を高め 信頼され愛されるブランドを確立する 市場の期待に応え 新たな期

ー グループスローガン ー ー グループ理念 ー 我々は グループを共につくり支える志を持ち この理念を共有する 存在 理念 美しい生活環境を創造し 調和ある社会と 一人ひとりの幸せを追求する 経営 理念 自立と共創により 総合力を高め 信頼され愛されるブランドを確立する 市場の期待に応え 新たな期

センター賞」でアジア太平洋で最高位金賞を受賞しました。  東急電鉄や東急不動産、東急モールズデベロップメントは、首都 圏を中心に、 「たまプラーザ テラス」や「二子玉川ライズ・ショッピン グセンター」 「SHIBUYA109」 「東急プラザ」などショッピングセ ンター事業を展開。2014年7月には、神奈川県相模原市に「マー ケットスクエア相模原」が開業。2015年3月には、表参道・原宿エ リア新ランドマーク「キュープラザ原宿」が誕生しました。また同 年春、地下化した東横線線路跡地を活用した商業空間「LOG ROAD DAIKANYAMA(ログロード代官山)」が開業します。  大阪では、東急不動産が開発したショッピングセンター あべの キューズモール内に「SHIBUYA109ABENO」が出店。2015年  東急ストアは、日々暮らしに役立つスーパーマーケットとし
さらに見せる

24 さらに読み込む

一括[] 三菱総研グループレポート : CSR : 三菱総合研究所 : MRI

一括[] 三菱総研グループレポート : CSR : 三菱総合研究所 : MRI

また、本レポートは当社が発行する有価証券投資勧誘を目的としたものではなく、何らかの保証・約束をするものではありません。本レポートに記載されている 意見や見通しは、レポート作成時点における当社見解であり、その情報正確性および完全性を保証または約束するものではありません。このため将来業績は 当社見込みとは異なる可能性があります。 当社グループは、CSR基本方針として、 「知提供による社会貢献」、 「人材育成に対する社会貢献」、 「企業とし て社会的責任遂行」三つを掲げていることに加え、企業社会的責任国際規格であるISO26000に 配慮するなど、CSRグローバル・スタンダードも意識して、CSR経営を推進しています。
さらに見せる

58 さらに読み込む

第 1 章総則 ( 目的 ) 第 1 条横河ブリッジホールディングス ( 以下 YBHDという ) グループ企業 ( 以下グループ企業という ) は 創業者横河民輔の理念である 社会公共への奉仕と健全経営 をグループ企業の基本経営理念として継承し この憲章を定める ( 正式名称を YBHDグループ企

第 1 章総則 ( 目的 ) 第 1 条横河ブリッジホールディングス ( 以下 YBHDという ) グループ企業 ( 以下グループ企業という ) は 創業者横河民輔の理念である 社会公共への奉仕と健全経営 をグループ企業の基本経営理念として継承し この憲章を定める ( 正式名称を YBHDグループ企

グループ企業) 第 1 条 この憲章にいうグループ企業とは、株式会社横河ブリッジホールディングス、株式会 社横河ブリッジ、株式会社横河システム建築、株式会社横河住金ブリッジ、株式会社楢崎製作 所、株式会社横河技術情報、株式会社横河ニューライフ、株式会社ワイ・シー・イー、株式会 社ワイ・ティー・ピー9社をいう。

8 さらに読み込む

1. はじめに 企業理念と CSR の考え方 横浜ゴムは 1990 年に企業理念を制定しました 企業理念は 基本理念 経営方針 行動指針 企業スローガン からなり 基本理念 は将来に向けて 横浜ゴムが一貫してこだわり続ける目指すべき姿 経営方針 は経営陣が自らに約束する経営の基本姿勢 行動指針 は従

1. はじめに 企業理念と CSR の考え方 横浜ゴムは 1990 年に企業理念を制定しました 企業理念は 基本理念 経営方針 行動指針 企業スローガン からなり 基本理念 は将来に向けて 横浜ゴムが一貫してこだわり続ける目指すべき姿 経営方針 は経営陣が自らに約束する経営の基本姿勢 行動指針 は従

企業情報公開・情報提供 町内や周囲清掃活動 ボランティア休暇制度 横浜ゴムグループ調達方針は「公正かつ公平な取引を基本に取引先と信頼関係を構築し、共存共栄と 相互発展を図る」というもので、品質、価格、供給安定性、技術開発力、環境および人権・労働安全衛生へ配 慮を総合的に勘案した上で経済合理性に基づき調達先を決定しています。生産事業所所在地にて、私た ちの方針に賛同し、対応していただけるお取引先様と取引を拡大し、一企業のみならず当該地域と共存共 栄を図るが真 CSR と考えています。
さらに見せる

10 さらに読み込む

プロフィール 日本テレビグループ経営理念 日本テレビグループ創業以来の企業精神に基づき正しく速やかな報道 質の高い映像 情報の提供と テレビという枠を超えた多彩な文化の創造により 国民生活を豊かなものにする 日本テレビグループ経営方針 四つの創造 日本テレビグループは 創造力と発信力を活かしメディア

プロフィール 日本テレビグループ経営理念 日本テレビグループ創業以来の企業精神に基づき正しく速やかな報道 質の高い映像 情報の提供と テレビという枠を超えた多彩な文化の創造により 国民生活を豊かなものにする 日本テレビグループ経営方針 四つの創造 日本テレビグループは 創造力と発信力を活かしメディア

2) 上記報酬額には、使用人兼務役員使用人分給与及び賞与は含まれておりません。  当社は「取締役報酬規程」 「監査役報酬規程」を定めてお り、株主総会決議による報酬範囲内で、取締役及び監 査役それぞれ報酬額を毎年決定しています。各取締役 報酬に関しましては、1年ごとに業績や経営内容を考 慮し、全12名取締役内5名社外取締役と全4名 監査役内3名社外監査役が出席する取締役会決議 もとで授権を受けた代表取締役が決定しています。各 監査役報酬に関しましては、株主総会決議による報 酬額範囲内で、監査役協議により決定しています。  なお、当事業年度における取締役個別報酬額決定 については、上記に従い、株主総会後取締役会におい て、代表取締役に委嘱しています。
さらに見せる

24 さらに読み込む

エネルギー 環境事業で 持続可能な社会の実現に貢献 1923 経営理念基本理念 スローガン 経営方針

エネルギー 環境事業で 持続可能な社会の実現に貢献 1923 経営理念基本理念 スローガン 経営方針

富士電機は、電気、熱エネルギーを効率的かつ安全に生成・利用するソリューションを提供するため、コア技術である パワーエレクトロニクス技術とパワー半導体技術や、それらを活かす計測・制御・ IoT 等システム技術研究開発に注 力しています。また、国内外研究機関・大学等とオープンイノベーションを活用し、研究開発を加速しています。事業 グローバル化に伴い国際標準化活動を推進するとともに、事業戦略・研究開発戦略と密接に連携した知的財産戦略を 推進するため、主要製品や戦略開発テーマ特許ポートフォリオを強化しています。
さらに見せる

15 さらに読み込む

目次 Ⅰ 株式会社コンコルディア フィナンシャルグループの設立 1. グループ経営理念 目指す姿 P3 2. グループ経営管理態勢 P4 3. グループ各社の概要 P5 Ⅱ 株式会社コンコルディア フィナンシャルグループ中期経営計画 1. 中期経営計画の背景と位置づけ P7 2. 中期経営計画の概要

目次 Ⅰ 株式会社コンコルディア フィナンシャルグループの設立 1. グループ経営理念 目指す姿 P3 2. グループ経営管理態勢 P4 3. グループ各社の概要 P5 Ⅱ 株式会社コンコルディア フィナンシャルグループ中期経営計画 1. 中期経営計画の背景と位置づけ P7 2. 中期経営計画の概要

• 人材交流や研修等を通じて横浜銀行から投資型商品ノウハウを共有することにより、店頭販売スキルやコン サルティング能力を向上させ、資産運用サービスを向上 • 資産運用層へ提案型セールス強化をはかり、相続対策やアパートローンなどを増強 • チャネル戦略に基づき、当行単独で新規出店及び横浜銀行店舗共同利用により、アクセスポイントを拡充 • 休日相談窓口設置

30 さらに読み込む

MS&ADインシュアランス グループの 目指す姿 Mission, Vision and Values 経営理念 ミッション グループの存在意義 グローバルな保険 金融サービス事業を通じて 安心と安全を提供し 活力ある社会の発展と地球の健やかな未来を支えます 経営ビジョン グループが中期的に目指す姿

MS&ADインシュアランス グループの 目指す姿 Mission, Vision and Values 経営理念 ミッション グループの存在意義 グローバルな保険 金融サービス事業を通じて 安心と安全を提供し 活力ある社会の発展と地球の健やかな未来を支えます 経営ビジョン グループが中期的に目指す姿

現在、シリコンバレーに日本から3人駐在員を派遣するとともに、それ以外に各国現地法人 から、例えば、駐在や短期滞在も含めたメンバー派遣を受け、多国籍チームを作って、さまざま な活動を推進しています。先日、シリコンバレー責任者から女性社員を配置してほしいと要 望がありました。シリコンバレーでは女性トップやリーダーがとても多いため、女性がいない、あ るいは日本人だけ、または若者だけ、年配者だけ、という組織は異質なものとして見られます。 当社グループ ASEAN 拠点をみると、国籍も多様で、全社員 5 割は女性、管理職半分も女性 です。重点地域であるアジア中で、そうした傾向が顕著になると、本社管理職はまだ男性が多 く、海外では半分が女性というアンバランスが指摘されることになるでしょう。年齢、経験、国籍、性 別などさまざまな人財が活躍できていなければ海外と仕事がやりにくいです。国境を越えてさ まざまな意見や異なる発想、ユニークなアイデアを上手に活かし、グループ総合力につなげてい く。さらに、ハンディキャッパーも含めて、グループ全体として幅広い、よりユニバーサルな発想を取 り入れていく。そうした取り組みが必要です。そのためには、われわれ自身が多様性を受け入れるこ とができる柔軟性をもった組織になるべきであり、多様な人財がインクルージョンされて、いわばお
さらに見せる

174 さらに読み込む

東燃ゼネラル石油株式会社との経営統合に関するご案内 証券コード 5020 目次 ページ はじめに... 2 経営統合の概要 1 統合持株会社および統合エネルギー会社の概要 経営統合後の役員体制 統合グループの理念 統合グループの事業戦略 統合グ

東燃ゼネラル石油株式会社との経営統合に関するご案内 証券コード 5020 目次 ページ はじめに... 2 経営統合の概要 1 統合持株会社および統合エネルギー会社の概要 経営統合後の役員体制 統合グループの理念 統合グループの事業戦略 統合グ

■ はじめに 拝啓 平素は格別ご高配を賜り厚くお礼申し上げます。  本冊子は、東燃ゼネラル石油㈱と経営統合について、株主皆様により良くご理解いた だくために、経営統合後当社概要、統合グループ理念・事業戦略などに加え、本経営統 合に関して株主皆様からよくいただくご質問とこれに対するご回答を記載しています。 株主皆様におかれましては、同封「臨時株主総会招集ご通知」とともに、本冊子をご一読 いただき、本経営統合についてご理解を賜りますようお願い申し上げます。
さらに見せる

16 さらに読み込む

目次 1. Osaka Metro グループの企業理念と目指す姿 2. グループを取り巻く事業環境認識 3. 中期経営計画の戦略骨子 4. 中期経営計画の重点施策 個別事業の戦略強化 グループシナジー創出の取り組み 経営基盤強化の取り組み 5. 財務数値のまとめ 6. 実行ロードマップ 7. 中期経

目次 1. Osaka Metro グループの企業理念と目指す姿 2. グループを取り巻く事業環境認識 3. 中期経営計画の戦略骨子 4. 中期経営計画の重点施策 個別事業の戦略強化 グループシナジー創出の取り組み 経営基盤強化の取り組み 5. 財務数値のまとめ 6. 実行ロードマップ 7. 中期経

Shopping mall 1. 企業理念と目指す姿(3) グループ事業ドメイン Osaka Metroグループは、鉄道・バス・地下街既存事業を起点に、地下空間 価値向上、地上でまちづくりを進める総合的な生活まちづくり企業

40 さらに読み込む

一括[] 三菱総研グループレポート : CSR : 三菱総合研究所 : MRI

一括[] 三菱総研グループレポート : CSR : 三菱総合研究所 : MRI

 今回発行するCSR報告書2008は、2008年7月に開 催された洞爺湖サミットで環境問題へ取り組みに 対する当社提言を環境トピックスとして掲載し、この1 年間企業活動実態については、2つ視点から取 り上げました。第一に「本業を通じて社会持続的な 発展に貢献」では、本業において社会貢献している代 表的なプロジェクトを、 「豊かで活力ある社会」 「環境と 調和する社会」「安全・安心な人間中心社会」 「科学 技術を活かした持続可能な社会」 「高度情報通信・ネ ットワーク社会」5つ視点からご紹介しています。第 二に「社会から高い信頼性を得る企業活動を推進」では、 CSR経営基盤としてマネジメントシステム・体制、 高品質経営企業活動等をご紹介しています。  また、社会へ知識貢献活動として、年金研究に 取り組んだ産官学連携活動、地方分権時代にますま す重要となる自治体と研修交流、若者たちが夢あ る未来社会を描くお手伝いをしたいと考えから本年よ り開始した「高校生ため未来共創塾」など取り
さらに見せる

52 さらに読み込む

一括[] 三菱総研グループレポート : CSR : 三菱総合研究所 : MRI

一括[] 三菱総研グループレポート : CSR : 三菱総合研究所 : MRI

二松学舎大学大学院/日本大学大学院/法政大学/東京都市大学/ 明治学院大学/早稲田大学/産業医科大学 今回私が参加したインターンシップテーマは、バイオ燃料導入にか かわる持続可能性基準策定際に生物多様性をいかに配慮してい くべきか、その政策提言を行うというものでした。大学院では日本蚕 糸業について文化人類学というアプローチから研究をしていますが、 政策を作る側というよりはむしろ政策影響が反映される現場を調査 しているといえます。今回は“政策を作る”現場を体験させていただきま したが、それはダイナミックかつ複雑に動く現代社会なかで、多様な 立場声に耳を傾けながらも最終的に1つ政策にしなくてはならな い責任ある仕事であって、その難しさを間近に感じました。政策を考え るには、広い視野をもち、多面的な視点から考える姿勢が必要と痛感し ました。この貴重な経験を忘れずに、私個人研究も実社会とつな がりをつねに意識し、緊張感を保ちながら進めていきたいと思います。
さらに見せる

35 さらに読み込む

一括[] 三菱総研グループレポート : CSR : 三菱総合研究所 : MRI

一括[] 三菱総研グループレポート : CSR : 三菱総合研究所 : MRI

報道機関とテーマ別意見交換会 各種委員、講演・寄稿、コラムなど かつてローマ・クラブが、世界に向けて『成長限界』 (1972年)という衝撃的な警鐘を鳴らしました。その 後40年以上を経て、世界は、産業革命世界的な波及、人類長寿化、人工物飽和といった状況が 先鋭化してきています。つまり、 「有限地球」に急速に量的な豊かさが満ちつつあるです。その点で人 類は、量的な豊かさ追求による「成長限界」に直面し、人類史的な転換期を迎えているといえます。 一方で、こうした「成長限界」がもたらす課題解決にこそ、次成長地平があります。その鍵は、生 活や人生質(Quality of Life : QOL)を追求する創造型需要が導く社会づくりにあります。 「エコロ ジー」 「資源・エネルギー自給」 「老若男女参加」 「モノも心も豊か」 「雇用創出」などはまさにQOLに関わ る課題であり、創造型需要や新しい産業を駆動力として課題解決を図る必要があります。
さらに見せる

48 さらに読み込む

Show all 10000 documents...