• 検索結果がありません。

講演要旨集 - 日本農芸化学会中部支部

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2023

シェア "講演要旨集 - 日本農芸化学会中部支部"

Copied!
54
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

スフェロプラストはリゾチーム処理によって生成できます。これらのスフェロプラストをペニシリンの存在下で増殖させると、細胞は分裂せずに巨大化します。私たちの研究室では、いくつかの細菌細胞を上記の方法で拡大しましたが、硫黄欠乏下での細胞の小型化に焦点を当てて議論します。

腸上皮細胞によって分泌されるエクソソームは炎症を調節し、その 1 つは一酸化窒素の生成を抑制することです。

派生した RAW264.7 細胞では、炎症反応のメディエーターの 1 つである一酸化窒素の産生が抑制されます。 筋分化誘導オリゴ DNA による多能性幹細胞の分化誘導。

現在、Aβ42 誘発細胞毒性に対する 1 の阻害効果を評価中です。これまでのところ、私たちは細胞内のエネルギー代謝を阻害してきました。 LysoTrackerを用いた解析の結果、リソソームの酸性化が抑制され、細胞内s(P)RRが増加した。変化。

細胞内 (P)RR が減少します。これらの結果は、細胞内 s(P)RR の生成が V-ATPase 複合体の形成および機能発現に関連している可能性があることを示唆しています。また、. を用いた機能アッセイや細胞内局在解析も行っており、その結果も本発表で報告する。 。

転座のためのシグナル配列と融合したNifH、および細胞質局在化のためのシグナル配列を持たないNifHを発現する一連のプラスミドを構築した。まず、シロイヌナズナの軸器官勧誘におけるサイトカイニンによる有糸分裂活性の調節に関与する転写因子の分子機能を研究します。

細胞周期の進行を組織学的に解明することを目的とした研究結果を報告する。

Figure A:糖タンパク質の生合成経路.リボソームから生成したペプチドに G3M9 ハイマンノース型糖鎖が付加し 1、続 い て タ ン パ ク 質 部 位 の フ ォ ー ル デ ィ ン グ が 実 施 さ れ る 。 こ の 間 で フ ォ ー ル デ ィ ン グ セ ン サ ー 酵 素 UDP-Glucose  glycoprotein glucosyltransferase (UGGT)がタンパク質の構造を調べ 3、ミスフォールドであればシャペロンである カルネキシン/カルレティクリン(CNX/
Figure A:糖タンパク質の生合成経路.リボソームから生成したペプチドに G3M9 ハイマンノース型糖鎖が付加し 1、続 い て タ ン パ ク 質 部 位 の フ ォ ー ル デ ィ ン グ が 実 施 さ れ る 。 こ の 間 で フ ォ ー ル デ ィ ン グ セ ン サ ー 酵 素 UDP-Glucose glycoprotein glucosyltransferase (UGGT)がタンパク質の構造を調べ 3、ミスフォールドであればシャペロンである カルネキシン/カルレティクリン(CNX/

Toshiya Ishijima Kirin Brewery Co., Ltd. Nagoya Plant Shinji Tokuyama Fakulteta za kmetijstvo, Univerza Shizuoka Toshi Nagaoka Fakulteta za uporabne biološke znanosti, Univerza Gifu Tora Nakagawa Fakulteta za uporabne biološke znanosti, Univerza Gifu Hideo Nakano Graduate School of Bioagricultural Sciences, Univerza Nagoya Kozo Nakamura Graduate School of Integrated Science and Engineering, Shinshu University Soichiro Nakamura Shinshu Graduate School of Integrated Science and Engineering Yoshinobu Nakamura Bussan Food Science Co., Ltd. Yukiharu Nakayama Sanwa Kagaku Kenkyusho Keiji Izumihara Mitsui Norin Co., Ltd. R&D Group Toshio Nishikawa Nagoya Visoka šola za biokmetijske vede.

西田 裕美 富山県立大学バイオテクノロジー研究センター 西村 篤敏 株式会社イチビキ技術開発部門 静岡大学 朴 龍秀 グリーン科学技術研究所 浜野 義人 福井県立大学 生物資源学部 原 正和 静岡大学 農学部 藤田 智之 総合理工学研究科 信州國保坂 総合理工学研究科信州大学技術工学部 星野和弘 富山大学院理工学研究科 本田博之 名古屋大学大学院工学研究科 前島正俊 名古屋大学生命農学 牧正俊 農学

Shigeru Matsumi Product Development Center, Yomeishu Seizo Co., Ltd. Yuko Matsumoto Development Research Institute, Yamamori Co., Ltd. Norihiko Misawa Research Institute of Bioressources, Ishikawa Prefectural University Hiroyuki Misawa Asahi Breweries, Ltd. Nagoya Plant Hisashi Sawa, Food Research Institute , Asahimatsu Foods Co., Ltd. Atsushi Morikami, Landbrugsfakultetet, Meijo Universitet Ryuichi Moriyama, Fakultetet for Anvendt Biologi, Chubu Universitet Hideaki Yamaguchi, Jordbrugsfakultetet, Meijo Universitetet.

富士日本精糖株式会社 研究開発室 和田 正

Figure A:糖タンパク質の生合成経路.リボソームから生成したペプチドに G3M9 ハイマンノース型糖鎖が付加し 1、続 い て タ ン パ ク 質 部 位 の フ ォ ー ル デ ィ ン グ が 実 施 さ れ る 。 こ の 間 で フ ォ ー ル デ ィ ン グ セ ン サ ー 酵 素 UDP-Glucose  glycoprotein glucosyltransferase (UGGT)がタンパク質の構造を調べ 3、ミスフォールドであればシャペロンである カルネキシン/カルレティクリン(CNX/

参照

関連したドキュメント

ストリゴラクトンの生合成経路の解明 2008年に SL が地上部枝分かれを制御する植物ホルモン分子 であることを見出された際に,それまで枝分かれ過剰突然変異 体として知られていた変異体の幾つかは,SL を生合成するこ とが出来ない変異体であることが明らかになった.これらの変 異体は,カロテノイド酸化開裂型酵素である CCD7, CCD8 を 欠損しており,SL