• 検索結果がありません。

社会福祉学専攻

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2024

シェア "社会福祉学専攻"

Copied!
52
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

第 8 回 システム理論・生態学とソーシャルワーク(演習・講義). 第 9 回 システム理論と社会構築主義(演習・講義).

コミュニティワーク研究

精神保健福祉研究

スーパービジョン研究

家族支援コンサルテーション研究

非営利組織における人材育成管理研究

を日本語に要約する。授業では、履修学生の要約をもとに該当 文献の内容を確認し、教員が解説した後、クラス全体もしくはグ ループで内容を討議する. 主にアメリカの大学院等で使用されているソーシャルワーク実践 やソーシャルワーカーの役割などに関するテキストや、ソーシャル ワークおよび関連学問領域における海外の研究論文などを用い る。授業時に適宜示す.

社会福祉における経営管理研究

演習 A (社会福祉の制度・政策)

演習 B(社会福祉方法と技法)

臨床心理面接特論Ⅰ(心理支援に関する理論. 学校臨床心理学特論(教育分野に関する理論. 第 7 回 様々な臨床心理援助(1)クライエント中心療法の人間 観と理論.

第 8 回 様々な臨床心理援助(1)クライエント中心療法の実践 例. 第 9 回 様々な臨床心理援助(2)認知行動療法の人間観と理 論・実践例. 第 10 回 様々な臨床心理援助(3)ブリーフセラピーの理論と実 践例.

第 12 回 様々な臨床心理援助(4)精神分析の人間観と理論・.

臨床心理面接特論Ⅰ(心理支援に関する理論と実践)

小谷英文(2009)ダイナミックコーチング.PAS 心理教育研究所 出版部.. London:Butterworth.(鈴木 龍訳(1992)心理療法の臨床と科学.誠信書房). 自律訓練法および認知行動療法についての理論、実際を学び 臨床現場におけるその有用性を理解する.

認知行動療法および自律訓練法を取り上げ、その理論、実際に ついて講義する。また、ロールプレイや体験を通して実際的な技 法を学ぶ。後半では、主に医療領域における心理臨床について 講義し、事例を提示しグループによる検討や発表の時間も設け る予定である. 第 3 回 自律訓練法の標準公式の説明と体験. ③ 第 2 公式 四肢温感練習 第 4 回 自律訓練法の標準公式の説明と体験.

第 13 回 認知行動療法の体験と解説:問題解決法① 第 14 回 認知行動療法の体験と解説:問題解決法②、DVD.

臨床心理査定演習Ⅰ(心理的アセスメントに関する理論と実践)

第 16 回 臨床心理基礎実習Ⅰのまとめ(期末レポート). 臨床心理基礎実習で学んだ知識および体験学習が身につい ていることを履修の条件とする. 実習におけるスーパーヴィジョンの役割と方法につい て理解する.

各実習先での経験を共有し、まずは実習先施設の理 解を深める. 各実習先での経験を共有し、実習先におけるプログラ ムの役割について考える. 各実習先での経験を共有し、体験に基づいた臨床心 理アセスメントについて考え方と姿勢を学ぶ.

2 年前期に「臨床心理実習Ⅰ」を修了することが履修の条件で ある.

特別研究 A(臨床心理援助方法研究)

特別研究 B(キリスト教と臨床心理学)

心理学研究法特論

この科目はディプロマポリシーに定める「広い学識と、高度な学 識を備え、専門性を必要とする職業を担うための優れた能力を 身につける」ことを目標とする。特に研究を企画・実施・分析する ための方法の習得を目的とする. SPSSとAmos による心理・調査データ解析」小塩真司著 東 京書籍. ①多変量解析の色々を理解し、適切に分析方法を選択できる力 をつけること.

多変量解析の代表として重回帰分析について詳しく解説する. さらに、主成分分析、因子分析、判別分析、共分散構造分析な どについてその違いを理解できるよう指導する. 最後に、分散分析、とくに主効果や交互作用について詳しく学 ぶ.

第 2 回 重回帰分析をパソコンでやってみる 第 3 回 重回帰分析の理論的理解.

臨床心理学研究法特論

発達心理学特論

教育心理学特論

司法・犯罪分野に関する理論と支援の展開

家族心理学特論(家族関係・集団・地域社会における心理支援に関する理論と実践)

精神医学特論

心身医学特論(保健医療分野に関する理論と支援の展開)

交流分析)

児童臨床心理)

投映法特論

サイコドラマ特論

心理療法スーパービジョン特論

福祉分野に関する理論と支援の展開

学校臨床心理学特論(教育分野に関する理論と支援の展開)

産業・労働分野に関する理論と支援の展開

後半は、専門によって、また、履修の人数によって、3〜4グループ に分かれて、グループ演習と発表をします。専門に合わせて、産 業・労働分野に関する理論、および、職場における問題に対して 必要な心理に関する支援、組織における人の行動に関連づけた グループ演習を行い、グループで協力して授業内で発表しま す。発表後の全員のディスカッションを通して支援の心構えを養 い、支援の展開を考えます. また、3〜4グループに分かれたときの専門と発表内容に合わせ てゲストスピーカーをお呼びすることもあります. 第 10 回 マーケティングリサーチ<第 14 章>とグループ演習と 発表の編成とディスカッション.

第 15 回 グループ演習と発表、ディスカッション(4)と発表につい てのまとめ. 履修の人数によって、3〜4グループに分かれて実施するグルー プ発表の評価(30%)と、毎授業に提出する「振り返りシート」によ る理解度を評価(20%)します. また、グループ発表のグループ分けや役割が決まったら、授業外 の時間を使って、打ち合せたり、発表練習をしましょう(打ち合せ 回数は3 回以上)。発表後は、ディスカッションの内容を振り返っ ておきましょう.

毎授業のフィードバックは、次回の講義において行うことを基本と しますが、ときには、数回まとめることもあります。また、レポートにつ いては、翌々週には、フィードバックします。発表については、授業 内に適宜口頭でコメントします.

心の健康教育に関する理論と実践

牧会カウンセリング特論

臨床死生学特論

参照

関連したドキュメント

「研究主題名」 「研究目的」 「研究の背景」

これらの問題を 踏ま えて、今後の「市 町村 社会福祉行政のア ドミ ニストレー ション」に関わる 問題 点をあげるとすれ ば、 市場型福祉・介護

研究が進んでいく中で、DCM 法と TEACCH

現在の中国において、様々な児童問題が注目されている。本論文は諸問題から、要保護

病院機能の効率性への寄与の Evidence を求める傾向は大きく、MSW の職能集団という一面 もある公益社団法人医療社会福祉協会には、特にこの

本学の建学の精神と本研究科における育成する人材、 「修了認定 ・ 学位授与の方針」(ディプロマ

[r]

地方分権・地方自治の流れの中で,日本と韓国では