• 検索結果がありません。

コンパクトシティ政策は存続小売事業所に便益をもたらすのか?

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2023

シェア "コンパクトシティ政策は存続小売事業所に便益をもたらすのか?"

Copied!
46
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

コンパクトシティ政策は生き残る小売業に利益をもたらしますか?この分析では、マッチングを行うことにより、政策実施前に類似していた機関群を対照群として利用する。 。

データ

本調査では、事業所から周辺3kmの地域の経済状況を考慮し、居住人口と従業員数を用いています。境界変数として使用されます。すべての企業において、当社はジオコーディングを使用して緯度と位置情報を決定します。

分析結果

表 4 に、富山市の公共交通沿線生活促進事業の対応推計結果を示す。右の列は、上位 2 件の取引先担当者との 1 対 2 マッチングの結果を示します。ああ。

結論

商業活性化の観点から、この政策が当初対象地域に立地していた企業への波及効果を検証した。経済産業省(2018b)「地域・都市事業活性化支援事業、事務事業の見直し『公表プロセス』」。付録 B 小売業界における集積経済の調査。

本稿では、富山市における小売業における集積経済の効果を定量化する。 。

表 B.1】

ここで、log(Sales𝑖𝑖𝑡𝑡)は、事業所𝑖𝑖の年𝑡𝑡における年間商品販売額(対数値)、log(Agglomeration𝑖𝑖𝑡𝑡)は、地元事業所の対数値である。この調査では、1 km メッシュの統計データを使用し、企業の所在地から半径 3 km 以内に住む人口と従業員数の 2 つの変数を使用します。 .売上高に対する集積経済の弾力性を表します。解釈としては、他の要因が一定であれば、事業所周囲の集積度の 1% の変化が売上高の変化率を表すということになります。分析結果を表 A.1 に示します。地域の集積の変数である 3 km 以内に住む人口と従業員の数は、どちらも 1% レベルで統計的に有意であり、集積経済の影響を示唆しています。他の要因が一定の場合、小売店から 3 km 以内の人口規模が 2 倍にずれると、年間平均商品販売額は約6.7%。

結果はまちまちでした。弾性値は居住人口の方が大きく、製造業における生産要素の集積経済とは異なり、小売業では需要要素の影響がより強いと考えられる。 。

表 C.1– C.5】

カスタマイズが完了しました。ただし、個々の変数を見る場合、マッチング後に平均値の差が大きくなる可能性があることに注意してください。さらに、分散比は 1 に近いことが望ましいですが、変数によってはマッチング後に治療群の分散が大きくなる場合があることに注意してください。 。

表 D.1– D.5】

表1 富山市中心市街地活性化基本計画 認定日 目標目標指標 1 平成19年2月8日 公共交通の活性化による車に頼らず暮らせる中心市街地の形成(公共交通の利便性の向上)市電一日平均乗車人員 12,007人 2007年2月8日 魅力と活力を生み出す富山市の「顔」にふさわしい中心市街地の形成(にぎわいの創出)。中心商店街の歩行者交通 12007 平成28年2月8日:魅力的な都市生活を享受できる中心市街地の形成(都心居住の促進)。

中心市街地居住人口 2012年3月2日 公共交通、自転車、徒歩の利便性向上 市電の1日平均乗車距離 2012年3月29日 富山らしさの発信と人々の交流による賑わい創出拠点 市内の歩行者交通商業地区(日曜日) 2012年3月29日 上質なライフスタイルの実現 中心市街地の定住人口の社会的増加 3 2017年3月24日 公共交通の強化と魅力ある都市空間の形成 路面電車(路面電車・富山ライトレール) 平均本数1日当たりの乗降客数3 平成29年3月24日 活性化する中心業務地区及び富山駅周辺地区の歩行者交通量(日曜日) 平成29年3月3日 平成29年3月24日 誰もが暮らす選ばれた都心の中心における定住人口の社会的増加3 2017年3月24日 誰もが暮らし、活躍する中心市街地に住む元気な高齢者 【前期高齢者:65歳~74歳】の割合(65歳以上の高齢者のうち認定を受けていない人の割合)介護保険による長期の支援や介護が必要な方) 2017 年 3 月 3 日 誰もがいきいきと暮らせる 一部都市部における元気で元気な高齢者の割合 【後期高齢者:75 歳以上】 (高齢者割合 65介護保険の要支援・要介護認定を受けていない5歳以上) 注)富山市中心市街地活性化基本計画に基づき筆者が作成。表2 中心市街地活性化政策の対象となる対照群の候補 注:対照群としては、平成27年以降に中心市街地活性化基本計画に認定された自治体の対象地域が設定されます。 2015年3月27日より政令指定都市に指定されたため規制グループから除外された。 。

富山市公共地図情報システム「インフォマップとやま」の「まちづくり情報マップ」(URL:https://www2.wagmap.jp/toyama/Portal)より。注)北陸4県(新潟県、富山県、石川県) この地域は8市(長岡市、上越市、富山市、高岡市、金沢市、福井市、大野市、越前市)の対象エリア外です福井県及び福井県で平成20年までに中心市街地活性化の認定を受けた市)。

表 2 中心市街地活性化政策の対象区域となる対照群候補
表 2 中心市街地活性化政策の対象区域となる対照群候補

表 2 中心市街地活性化政策の対象区域となる対照群候補
表 B.1 小売業における集積の経済の推定結果
図 1 富山市における中心市街地活性化基本計画の対象区域と公共交通沿線居住推進補助対象地区 注) 「地理院タイル」 ( 国土地理院, https://maps.gsi.go.jp/development/ichiran.html) を背 景に用いた著者作成の地図のスクリーンショット画像
図 2 居住推進補助対象地区に立地する事業所に対する対照群の候補
+7

参照

関連したドキュメント

EXPLANATION OF TERMS USED IN THE REPORT ABAC APEC Business Advisory Council AEC ASEAN Economic Community AP Asia-Pacific APEC Asia-Pacific Economic Cooperation APRU the Association