Center on Global Health Architecture 主要国 国際機関におけるグローバルヘルス関連予算の動向 2018 年 5 月 31 日 Center on Global Health Architecture 事務局 : 新事業開発室副長小柴巌和 michikazu.kos

38 

Loading.... (view fulltext now)

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

主要国・国際機関における

グローバルヘルス関連予算の動向

2018年5月31日

Center on Global Health Architecture

事務局:新事業開発室 副長 小柴巌和

michikazu.koshiba@murc.jp

(2)

LINE 目次ページ

目次

I.

主要国におけるグローバルヘルス関連予算の動向

2

II.

グローバルヘルス関連の国際調達市場

7

III. United Nations Children's Fund (UNICEF)

11

IV. World Health Organization (WHO)

13

V.

Bill and Melinda Gates Foundation

17

VI. The Global Fund

20

VII. UNITAID

24

VIII. Foundation for Innovative New Diagnostics (FIND)

27

(3)
(4)

LINE 本文ページ

IHMEレポートによる各国グローバルヘルス予算の動向①:国別拠出額

ワシントン大学によるグローバルヘルスに向けた国際協力政府予算の経年統計では、米国・英国の2か国の予算配分が抜きんでて高く、

2位グループとしてドイツ、フランス、カナダ、日本が位置しているとされる。特に2000年代に入ってからのトップ2か国が予算を積み増す

一方、日本をはじめ、90年代からほぼ横ばいの予算となっている2位グループとの差が大きく開いている。

(Million USD) 1,264.66 867.64 4,085.61 12,771.57 1,476.06 970.15 0 2,000 4,000 6,000 8,000 10,000 12,000 14,000

France Japan United Kingdom United States Germany Canada 出所のワシントン大学IHMEによると、複数のデータソースに基づく、「中・低開発国向けの」「保健衛生に関する」「金銭またはそれに類する援助」の総額であるとしている。

(出所) Institute for Health Metrics and Evaluation (IHME) (2017), Financing Global Health 2016: Development Assistance, Public and Private Health Spending for the Pursuit of Universal Health Coverage, IHME, Seattle, WA.

Development assistance for health from national treasuries, 1990–2016

1,264.66 867.64 4,085.61 12,771.57 1,476.06 970.15 0 2,000 4,000 6,000 8,000 10,000 12,000 14,000 16,000 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015* 2016*

(5)

IHMEレポートによる各国グローバルヘルス予算の動向②:対GDP比率

同数値をベースに各国のGDP比率での推移を見た場合、日本は2位グループの中でも比較的低い位置で推移している。

日本

(出所) Institute for Health Metrics and Evaluation (IHME) (2017), Financing Global Health 2016: Development Assistance, Public and Private Health Spending for the Pursuit of Universal Health Coverage, IHME, Seattle, WA.

(6)

LINE 本文ページ

Donor Trackerによる各国グローバルヘルス予算の動向:対ODA比率

Donor Tracker、AidData等がOECDなどから集約しているデータでは、各国のGlobal Health向けODA(およびODA的投資)の

状況は以下となっている。

OECD-DAC30カ国平均のGlobal healthの総ODA対比率は9%。

ODA-Global health (2016)

(in USD million)

Global healthの

総ODA対比率(約数)

US

9 871

28.1%

UK

2 423

13.3%

Germany

1 144

4.3%

France

944

8%

Japan

900

5.4%

Canada

764

19.2%

China*

1

278

0.7%

(出所) Donor Tracker website, https://donortracker.org/deep-dive/global-health (2018/5/29アクセス); AidData (2017), Global Chinese Official Finance Dataset, Version 1.0, retrieved from

(7)

G-FINDERによる各国グローバルヘルス予算の動向:R&D関連予算

G-FINDERによる「顧みられない病気」(Neglected Disease)のための研究開発(R&D)にかかる予算のデータでは、各国の公的予算の

状況は以下となっている。

米国の予算が抜きんでて高い一方、日本では、2012年にグローバルヘルス技術振興基金(GHIT)が設立されたことにより、政府による

R&D予算が近年伸びてきている。

Global health R&D (2016)

(in USD million)

対象疾患別

HIV/AIDS

結核

マラリア

その他の病気及び

区分不可の予算

US

1 490.3

792.7

225.8

207.0

264.8

UK

100.9

11.2

19.0

22.9

47.7

France

46.7

15.6

6.3

8.5

16.3

Germany

43.2

5.9

13.6

9.0

14.7

Japan

17.4

0.8

-

-

16.6

Canada

6.8

6.5

0.1

-

0.2

(8)

章区切り

(9)

700.63 902.59 833.2 725 247.92 574.49 407.84 185.29 98.25 338.22 885.36 161.97 72.77 143.83 490.7 74.55 201.63 420.2 342.37 90.03 United States of America

India Belgium United Arab Emirates Denmark Turkey France United Kingdom of Great…

Switzerland Netherlands Goods Services 5,013.42 8,708.92 2,883.41 9,003.61 Top 10 total Grand total Goods Services

国連調達の領域と金額 ~2016年度の概要~

UN関連組織による2016年の調達は、Goods(物品)とServices(サービス)を合わせて前年度とほぼ同水準の177億ドル(約1.9兆円)。

うち約半数を構成する上位10か国の顔ぶれでは、トルコ・オランダが入り、ケニア・アフガニスタンと入れ替わった。

最大領域は前年度と同じヘルスケア分野で調達総額は約40億ドル:22%。これとは別に、水・衛生分野で23Mドル(0.1%)が実施された。

17,713 7,897 (全体の45%)

2016年度のUN関連組織による調達総額

2016年度の分野別構成

(百万ドル)

(出所) United Nations Office for Project Services (2017), 2016 Annual Statistical Report on United Nations Procurement, UNOPS, Copenhagen 1,065 (▼16.6%) 906 (△27.9%) 869 (△7.9%) 739 (△30.6%) 649 (N/A) 609 (△12.0%) 605 (△17.8%) 441 (▼40.7%) 428 (N/A)

調達トップ10国

1,586 (▼3.7%) (百万ドル) ( )…前年度対比

(10)

LINE 本文ページ

国連調達の領域と金額 ~ヘルスケア領域~

ヘルスケア領域内(GoodsとServicesを含む)ではワクチン薬が最大で6.1億ドル(15.4%)、また同様の抗ウイルス薬は40Mドルで別途上

位となっており、いずれもPAHOによる調達がほぼ全量を占める。第二位は総合保険サービスが4.4億ドル、医療用栄養素が1.5億ドル、

医薬周辺領域では患者ケア製品が49Mドルで上位。本年に上位となった項目として、移動式医療サービスが76Mドルとなった。

移動式医療サービスはUNDPが主・調達機関となっているが、構成比は35%程度と比較的低い。

ヘルスケア領域内のトップ10 UNSPSC*

1

familyカテゴリー

(ヘルスケア全体の42.7%)

各カテゴリーの主・調達機関と占有率

PAHO: Pan American Healthcare Organization

UNOPS: The United Nations Office for Project Services UNPD: UN Procurement Division

(百万ドル)

(出所) United Nations Office for Project Services (2017), 2016 Annual Statistical Report on United Nations Procurement, UNOPS, Copenhagen.

(注) 1. UNSPSC:United Nations Standard Products and Services Code

612 444 151 140 93 76 50 40 38 24 Immunomodulating drugs

Comprehensive health services Clinical nutrition Amebicides and trichomonacides

and antiprotozoals Contraceptives incl. condoms,

estrogen, progestins Mobile medical services products

Patient care and treatment products and supplies

Antiviral drugs Hormones and hormone

antagonists Medical practice 95% 88% 100% 82% 100% 36% 56% 100% 80% 70% PAHO WHO UNICEF UNDP UNFPA UNDP UNDP PAHO UNDP UNPD

(11)

国連調達の調達機関

ヘルスケア領域全体では、昨年と同様にUNICEFを中心に5つの国連機関が調達のほぼ全体(93%)を実施。

ヘルスケア領域の調達国では上位3か国が全体の約半数を占有。インド・米国・ベルギーの構成は2015年と変化していない。

ヘルスケア領域の主要調達機関(2016)

ヘルスケア領域のみの主要調達国(2016)

計:3,964百万ドル

UNICEF

2,173.60

55%

PAHO 641.8 16% WHO 482.5 12% UNDP 224.3 6% UNOPS 146.7 4% Others 295.5 7% India 803.8 20% Belgium 753.7 19% United States of America 508 13% Netherlands 281.8 7% France 269.5 7% Others 1,347.6 34%

(12)

章区切り

(13)

UNICEFの調達状況

ヘルスケア領域最大の調達機関であるUNICEFでは、調達の大部分(75%)をGoods(物品)で構成。Goodsの内訳では、医薬品・避妊

具・ワクチンが7割近く(約18億ドル)で最大、次いで医療器具が14%(3.6億ドル)と続く。

UNICEFの調達:Goods/Services別

Goods(物品)領域の構成品目

計:3,964百万ドル

(出所) United Nations Office for Project Services (2017), 2016 Annual Statistical Report on United Nations Procurement, UNOPS, Copenhagen.

(14)

章区切り

(15)

WHOの活動資金の担い手

WHO全体の活動資金は、メンバー国に対して経済力等に基づいて課せられるAssessed Contributionと、メンバー国、ならびにその他

の資金供給者により“自主的に”供出されるVoluntary Contributionによって賄われている。近年のVoluntary Contributionの比重が

極めて高い水準は2016年度も続いており、総額24億ドルの74%がVoluntary Contributionとなった。

直近の将来年度においても、Assessed Contributionの総額はほぼ同水準が予定されている。

2,475百万ドル 2,623百万ドル 2,294百万ドル 2,614百万ドル

WHO総収益と供出資金方式の構成推移

(出所) WHO (2018), “Assessed contributions payable by Member States and Associate Members 2018-2019”; WHO (2017), WHO Mid-term Programmatic and Financial Report for 2016-2017 Including Audited Financial Statements for 2016; WHO (2016), WHO Programmatic and Financial Report for 2014-2015 Including Audited Financial Statements for 2015; WHO (2014), Financial Report and Audited Financial Statements for the Year Ended 31 December 2013.

474,609,150 474,640,515 491,866,000 462,651,000 470,036,000 494,361,640 494,361,640 1,636,552,815 2,017,136,747 2,051,911,000 1,838,443,000 1,751,811,000 66,468,439 43,827,944 50,271,000 129,913,000 87,749,000 2012 TTL 2013 TTL 2014 TTL 2015 TTL 2016 TTL 2018 Proj 2019 Proje Assessed Contribution Voluntary Contribution Voluntary contributions in-kind and in-service Reimbursable procurement Other revenue

2,364百万ドル

(16)

LINE 本文ページ

WHOの活動資金の担い手

Voluntary Contributionの内訳としては、約半分はメンバー国による自主的な追加拠出で賄われている。残りの半分は各種の国際機関

や援助組織による拠出であり、なかでもB&MGF、GAVI Allianceは、それぞれVoluntary Contributionの10%、7%を拠出する大規模な

資金提供者である。資金供給の観点からも、強い影響力が推察される。

863 47%

182

10%

126

7%

86 5% 56 3% 46 2% 42 2% 31 2% 19 1% 19 1% 18 1% 15 1% 335 18%

Voluntary by member state

B&MGF

GAVI alliance

National Philanthropic Trust (NPT)

Rotary International

European Commission

United Nations Central Emergency Response Fund (CERF)

United Nations Population Fund (UNFPA)

United Nations Fund for International Partnerships (UNFIP)

African Development Bank Group

Joint United Nations Programme on HIV/AIDS (UNAIDS) UNITAID – International Drug Purchase Facility

Others

全体の74%を構成する“Voluntary Contributor”の主な担い手

Voluntary Contribution計:約18億ドル

(出所) WHO (2016), “Voluntary contributions by fund and by contributor”, 69th World Health Assembly provisional agenda item 20.1 A69_INF3 (百万ドル)

(17)

WHOの活動資金の担い手

国別の提供者と比較すると、米国や英国はWHOに課されたAssessed Contributionの6倍~10倍のVoluntary拠出を行っている一方、

日本はほぼ同額の拠出に留まる。B&MGFの拠出額は英国の総拠出額並みであり、日本の総拠出額の約3.5倍に上っている。

各国によるAssessed Contributionの金額は増加の見通しだが、日本・米国・英国の比率は現状と同様で推移する。

25 58 12 31 306 157 182 126 日本 米国 英国 B&MGF GAVI Assessed Voluntary

日・米・英とB&MGF、GAVIのWHO資金拠出比較

46,313,470

118,455,870

21,353,510

日本

米国

英国

(出所) WHO (2016), “Voluntary contributions by fund and by contributor”, 69th World Health Assembly provisional agenda item 20.1 A69_INF3; WHO Assessed Contributor Status Report 2015/ 2016.

2015年度の金額(Assessed contribution, Voluntary contribution)

2018-2019年度予定(Assessed contributionのみ)

(18)

章区切り

(19)

Bill and Melinda Gates Foundation

マイクロソフトの創業者ビル・ゲイツ氏と妻のメリンダ・ゲイツ氏により創設された援助機関。途上国の貧困や衛生、疾病、米国の教育シス

テムの問題に対決することを目的に活動。国際開発、米国内課題、コミュニティ強化、グローバルヘルス、政策支援・啓発などの領域への

支援を行う。翌年度以降の支援約束額を含めた支援総額は、2016年度も前年度に引き続き拡大を続けている。

支援の約半分は国際開発、約1/4(約12億ドル)はグローバルヘルス領域に投下されており、いずれも前年度に比べて増加している。

B&MGFの支援額および支援領域

(出所) Bill & Melinda Gates Foundation (2017) , Consolidated Financial Statements December 31, 2016 and 2015; Bill & Melinda Gates Foundation (2016), Consolidated Financial Statements December 31, 2015 and 2014; Bill & Melinda Gates Foundation (n.d.), “Annual Reports”, https://www.gatesfoundation.org/Who-We-Are/Resources-and-Media/Annual-Reports (2018/5/29アクセ ス). 6,099,272 7,895,493 8,505,203 2014 2015 2016 Grants payable 3,991,176 5,472,228 4,895,244 437,871 330,464 309,399 4,429,047 5,802,692 5,204,643 2014 2015 2016 Direct charity Grants

2,058 2,211 1,182 1,197 527 496 240 513 45 33 109 111 0 500 1,000 1,500 2,000 2,500 3,000 3,500 4,000 4,500 5,000 FY2015 FY2016

Program Areas | Global Development Program Areas | Global health

Program Areas | United States Program Program Areas | Global Policy and Advocacy Non-Program Areas | Communication Non-Program Areas | Other Charitable Programs (百万ドル) 2,058 2,211 1,182 1,197 527 496 240 513 45 33 109 111 0 500 1,000 1,500 2,000 2,500 3,000 3,500 4,000 4,500 5,000 FY2015 FY2016

Program Areas | Global Development Program Areas | Global health

Program Areas | United States Program Program Areas | Global Policy and Advocacy Non-Program Areas | Communication Non-Program Areas | Other Charitable Programs

支援総額の推移

支援分野の推移

(20)

LINE 本文ページ

Bill and Melinda Gates Foundation ~経年状況~

同財団による総支援規模は2011年から2015年の間に17%増加。また財団への資金供給元となっている資産信託会社(B&MGF trust

社)の資産総額も17%増加して387億ドルとなり、資産構成では2006年にウォーレン・バフェット氏により寄付されたバークシャーハザウェ

イ社のB株が依然として最大、次いで米国国債となっている。

総支援額の変化

“Trust”社の資産構成の変化

2011 2015 Private investments Derivative contracts Commingled

Db-Other debt securities Db-Mortgage-backed securities Db-Corporate debt securities Db-Foreign government securities Db-U.S. municipals

Db-U.S. government securities Eq-Other

Eq-Telecom and utilities Eq-Materials Eq-Information technology Eq-Industrials Eq-Healthcare Eq-Financials Eq-Energy Eq-Consumer goods

Eq-Berkshire Hathaway “B”Shares Cash equivalents

33,133,559 千ドル(331億)

38,664,751 千ドル(387億)

(出所) B&MGF and Trust financial report 2011, 2015

(百万ドル) (百万ドル) 0 1,000,000 2,000,000 3,000,000 4,000,000 5,000,000 6,000,000 7,000,000 2011 2015

Program and administrative expenses

Direct charitable expenses

(21)
(22)

LINE 本文ページ United States, 1,433,333,333 , 34.8% United Kingdom, 617,580,000 , 15.0% France, 419,022,000 , 10.2% Germany, 322,026,167 , 7.8% Canada, 211,139,333 , 5.1%

Bill & Melinda Gates Foundation, 202,700,000 , 4.9% European Commission, 197,871,500 , 4.8% Japan, 171,827,906 , 4.2% Sweden, 95,523,200 , 2.3% Norway, 73,292,400 , 1.8% Others Total, 377,833,457 , 9.2%

The Global Fund

Global Fundは、エイズ、結核、マラリアの撲滅のために2002年に創設。政府、非政府の各種組織による協力機関として、国およびその

他の機関による資金のもと、これらの3疾患に対するプログラムに資金を提供している。

2017年度に実施された第五次資金供出(2017-2019年度分)のうち2017年分の資金総額は41.2億米ドルで、同32.6億米ドルであった

2016年から1.26倍に増額された。

日本の拠出額は1.7億米ドルで、確約金額ベースでの構成比は3.2億米ドルを供出した2016年度の9.8%(3位)から4.2%(8位)へと低下

した。

The Global Fundへの資金提供状況 (2017年 第5次資金供出のうち2017年分)

(出所) The Global Fund (n.d.), “Pledges and contributions”, https://www.theglobalfund.org/en/government/ (2018/5/29アクセス).

2017年確約ベース 総計:41.2億米ドル

(注) 各国およびB&MGFの予定負担額について、2016年度の約束額をベースに米ドルに通貨換算して算出

(23)

The Global Fund

資金拠出の執行リードタイムには国ごとに差があるとみられる。

主要供出国による資金提供の”執行”状況(2016年9月末時点)

50% 0% 56% 0% 75% 0% 0% 65% 71% 95% United States France Japan United Kingdom Germany

Bill & Melinda Gates Foundation Canada Sweden European Commission Australia 2014年分 2015年分 2016年分 17.0% 32.5% 22.2% 41.6% 99.6% 100.0% 18.4% 100.0% 100.0% 0.0% United States United Kingdom France Germany Canada Bill & Melinda Gates Foundation European Commission Japan Sweden Norway

2017確約分の2017/9月時点での執行状況

2014-2016確約分の2016/9月時点での執行状況(参考)

(24)

LINE 本文ページ

The Global Fund ~経年状況~

2011-2013の第三回資金調達以来、米国は約1/3の資金を供出し最大のドナー国となっている他、英国、フランスが続く。日本はドイツ、

カナダとともにその下に続く供出国となっているが、第五期(2017-2019)通期ではドイツの比率が日本を上回る。

The Global Fundへの資金提供 ~3rd (2011-2013), 4th (2014-2016) pledgeの推移~ (コミットメントベース)

(出所) The Global Fund (n.d.), “Pledges and contributions”, https://www.theglobalfund.org/en/government/ (2018/5/29アクセス).

37.2% 37.4% 35.3% 10.7% 11.4% 11.9% 15.0% 10.0% 10.3% 5.9% 7.3% 6.6% 8.5% 6.4% 7.7% 5.4% 5.9% 5.1% 4.6% 4.5% 4.9% 4.7% 3.6% 4.5% 3.5% 5.9% 6.2% 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90% 100% 3rd% (2011-2013) 4th% (2014-2016) 5th% (2017-2019)

United States United Kingdom France Japan

Germany Canada Bill & Melinda Gates Foundation European Commission

Sweden Norway Netherlands Australia

(25)
(26)

LINE 本文ページ France, 1,605, 58% United Kingdom, 607, 22% Norway, 183, 6% B & M Gates Foundation, 100, 4% Brazil, 90, 3% Spain, 82, 3% R. Korea, 51, 2% Chile, 34, 1% Others, 21, 1%

UNITAID

2006年にブラジル、チリ、フランス、ノルウェー、英国により創設。他の援助機関と連携し、AIDS、結核、マラリアの診断と治療を、より安価

に、より迅速に、より効果的にすることを目的に活動。新技術の開発やコストの削減などを目的としたプログラムへの資金支援を行う。

WHOのPQに対しても、大口の資金供給を行っている。

資金支援先疾患領域別では、2017年時点でHIVが52%と最大、次いでマラリアが26%となっている。

UNITAIDによる2017年7月時点の資金支援先領域

France, 1,605 , 58% United Kingdom, 607 , 22% Norway, 183 , 7% B & M Gates Foundation, 100 , 4% Brazil, 90 , 3% Spain, 82 , 3% R. Korea, 51 , 2% Chile, 34 , 1% Others, 21 , 1%

資金供給者(2006-2016累計)

計2,773百万米ドル

(出所) UNITAID (2018), Annual Report 2016-2017, UNITAID, Geneva.

Othersには、Cameroon、D.R. Congo、Guinea、Luxembourg、 Madagascar、 Mali、Mauritius、 Nigerが含まれる。 (百万米ドル)

1,011百万米ドル

HIV 52% 523M TB 12% 119M Malaria 26% 263M Cross-cutting 11% 107M HIV 52% 523M TB 12% 119M Malaria 26% 263M Cross-cutting 11% 107M

(27)

UNITAID ~経年状況~

資金供給者の分布状況は、主要な資金供給者については2011年~2016年で大きな変化はないが、2011年にはアフリカ諸国(実質的な

beneficiary)からも幾分の拠出を受けていた。

総額は2011年の276百万米ドルから2016年には133百万米ドルとほぼ半減しているように見えるが、これは、2016年の総額に英国による

promissory notes(2015~2017年の3年間で132百万英ポンド)が含まれていないことによる。

144,251 85,072 18,761 2,813 10,000 7,000 0 2,282 1,937 0 488 611 1,018 1,090 526 0 0 12 149,457 87,171 21,368 10,000 4,000 1,685 1,500 488 0 20,000 40,000 60,000 80,000 100,000 120,000 140,000 160,000 2011 2013

資金供給者の経年状況 2011-2016

(注) 2016年の資金供給額により降順で並べたもの。

(出所) UNITAID (2018), Annual Report 2016-2017, UNITAID, Geneva; UNITAID (2011), Annual Report 2011, UNITAID, Geneva.

(28)

章区切り

(29)

FIND

2003年に創設され、貧困に関わる疾病領域-結核、マラリア、眠り病、C型肝炎、HIV、リーシュマニア、ブルーリ潰瘍、シャーガス病などに

対する検査の普及・開発に取り組むNPO。技術開発の専門家、政策、診断現場との橋渡しを行い、「製品開発パートナーシップ」形式で、

150を超える各国保健当局、研究やWHO等と連携した開発支援を行う。

B&MGF, 11,664, 27% UNITAID, 7,876, 18% 米国政府, 5,192, 12% オランダ外務 省, 4,251, 10% DfID, 2,928, 7% オーストラリア 外務・貿易省, 2,400, 6% Paul G. Allen Family Foundation, 1,706, 4% ドイツ科学教育 省, 1,523, 4% スイス政府開 発協力部, 1,210, 3% グローバルヘ ルス技術振興 基金(GHIT), 1,087, 3% The Global Fund, 787, 2%

WHO, 0, 0% UBS Optimus 基金, 0, 0% JSI, 0, 0% TI Pharma, 0, 0% その他, 2,023, 5%

資金供給者(2016年)

疾病別の資金用途(2014年)

計:43M USD

計:28M USD

(出所) FIND (2017), FIND Annual Report 2016, FIND, Geneva; FIND (2015), FIND Annual Report 2014, FIND, Geneva.

結核 1,895 27% エボラ熱 0 0% 熱帯感染症 (NTD) 800 11% マラリア 990 14% 性感染症 270 4% その他および 複合領域 3,117 44% (千米ドル) (千米ドル)

(30)

LINE 本文ページ

FIND ~経年状況~

資金提供者の変化では、2010年時点ではB&MGF、UNITAIDからの資金が全体の80%を占めていたところ、2016年までに資金提供者が

分散化。米国政府、GHITなどの資金の積み増しにより、上記2資金源の比率は50%以下となっている。

11,663,764 17,460,125 2,928,213 0 3,189,889 1,522,995 5,191,897 4,251,440 3,006,387 7,876,470 9,377,581 787,056 0 0 5,000,000 10,000,000 15,000,000 20,000,000 25,000,000 30,000,000 35,000,000 40,000,000 45,000,000 2016 2010 B&MGF DfID 英国政府 ドイツ科学教育省 米国政府

オランダ外務省/政府 UNITAID The Global Fund スイス政府開発協力部 WHO

#REF! #REF! #REF! その他 オーストラリア外務・貿易省

#REF! #REF! #REF!

計:43M USD

計:34M USD

資金供給者の経年状況(2010~2016年)

(出所) FIND (2017), FIND Annual Report 2016, FIND, Geneva; FIND (2011), FIND Annual Report 2010, FIND, Geneva

(31)
(32)

LINE 本文ページ

資金供給者 2016年単年(Gavi単体)

計:1.7bn USD

1,927.2 14% 1,614.5 12% 1,277.4 9% 413.8 3% 402.9 3% 348.4 2% 308.4 2% 339.5 2% 72.3 1% 540.6 4% 2,779.4 20% 182.1 1% 2,575.7 19% 1,076.8 8% United Kingdom United States Norway Sweden Netherlands Canada Australia Germany Japan Other governments B&MGF Other privates IFFIm (World Bank)

AMC Proceeds (World Bank)

304.8 18% 235.0 14% 139.7 8% 36.4 2% 38.3 2% 77.1 5% 37.6 2% 115.2 7% 18.8 1% 170.4 10% 280.0 17% 15.7 1% 100.0 6% 107.1 7% United Kingdom United States Norway Sweden Netherlands Canada Australia Germany Japan Other governments B&MGF Other privates IFFIm (World Bank)

AMC Proceeds (World Bank)

GAVI The Vaccine Alliance

WHOやUNICEF、WB、B&MGF等の支援によりワクチンの開発と普及を推進。Gavi、IFFIm、Campaignの3つの活動母体により資金

集め・プログラム向け出資を行う。2016年度はグループ全体で各国政府や民間より15億ドルの支援を取得*

1

2015年度は44億ドルと高額だったが、これは一部の複数年度の支援が財務ルール上、単年度に計上されたことによる。

米国・英国など欧米政府の拠出率が高く、日本は2016年で1%程度。Private DonorではB&MGFがほぼ全てを占める構造が続いてい

る。

資金供給者 2000~2016年累計(Gavi単体)

計:13.9bn USD

(百万 USD)

(出所) GAVI (2017), GAVI, The Vaccine Alliance: 2016 Annual Financial Report, GAVI, Geneva.

(百万 USD) 1,927.2 14% 1,614.5 12% 1,277.4 9% 413.8 3% 402.9 3% 348.4 2% 308.4 2% 339.5 2% 72.3 1% 540.6 4% 2,779.4 20% 182.1 1% 2,575.7 19% 1,076.8 8% United Kingdom United States Norway Sweden Netherlands Canada Australia Germany Japan Other governments B&MGF Other privates IFFIm (World Bank) AMC Proceeds (World Bank)

304.8 18% 235.0 14% 139.7 8% 36.4 2% 38.3 2% 77.1 5% 37.6 2% 115.2 7% 18.8 1% 170.4 10% 280.0 17% 15.7 1% 107.1 7% United Kingdom United States Norway Sweden Netherlands Canada Australia Germany Japan Other governments B&MGF Other privates IFFIm (World Bank) AMC Proceeds (World Bank)

(33)

PATH – Program for Appropriate Technology in Health

ワクチン、薬、診断、機器、およびそれらのイノベーションを目的とするNPO。40年前に人口管理の課題に対する避妊の普及啓蒙から活動

を開始、現在では医薬、診断、熱帯感染症、結核、ワクチンなど幅広い領域を取り扱っている。

2016年度の年間運用額は3.3億USDで、前年度から18%増加。ドナーは国際機関が全体の54%、米政府が30%。B&MGFも低金利融資

を行っている。

(出所) PATH (2017), Annual Report 2016, https://www.path.org/annual-report/2016/ (2018/5/29アクセス); PATH (2016), 2015 Annual Report: From Innovation to Impact.

Sources of Revenue

Use of Funds

Foundations

US

government

Other

governments

, NGOs,

multilaterals

Individuals/ot

her

Corporations

Investments

53.9% Foundations 178,833 31.0% US government 102,818 9.8% Other governments, NGOs, multilaterals 32,500 4.0% Individuals/other 13,183 0.9% Corporations 3,120 0.4% Investments 1,470 $331,924 (000SD) $288,648 in 2015 Public health Essential medicines International development Technology development and introduction Cross-program initiatives Program development Subawards to program partners 23.2% Public health $64,915 14.7% Essential medicines 41,213 13.5% International development 37,668 6.1% Technology development and introduction 16,976 4.3% Cross-program initiatives 12,062 1.3% Program development 3,667 36.8% Subawards to program partners 102,940 $279,411 Foundations US government Other governments, NGOs, multilaterals Individuals/other Corporations Investments Public health Essential medicines International development Technology development and introduction Cross-program initiatives Program development Subawards to program partners

(34)

LINE 本文ページ

UNAIDS – Joint United Nations Programme on HIV/AIDS

2016年のエイズ撲滅に向けた国連政治宣言を受け、2020年に向けた数値目標達成に向けたHIV/AIDS対策の活動を展開。2016年度の

年間運用額は2.3億USDとなり前年度とほぼ同額。9割以上は各国政府からの拠出による予算となっている。

$67,584 $35,611 $22,749 $18,750 $17,017 $12,782 $1,050 $40,691 $2,041 $831 $750 $4,052 $1,683

United States of America

Sweden

Netherlands

United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland Norway Switzerland Japan Other Countries MPTF Office UNOPS

MAC AIDS Fund

Miscellaneous Other Org's

2016年の予算提供者 詳細

計:2.3億 USD

(000 USD)

2020年に向けた数値目標

On the Fast-Track

To reduce new HIV infections to fewer than

500,000 by 2020

To reduce AIDs-related death to fewer than

500,000 by 2020

To eliminate HIV-related stigma and

discrimination by 2020

(出所) UNAIDS (2017), “Total contributions 2016”, UNAIDS; UNAIDS (2016), Fast-track Commitments to End AIDS by 2030, UNAIDS.

$67,584 $35,611 $22,749 $18,750 $17,017 $12,782 $1,050 $40,691 $2,041 $831 $750 $4,052 $1,683

United States of America Sweden

Netherlands

United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland Norway Switzerland Japan Other Countries MPTF Office UNOPS

MAC AIDS Fund Miscellaneous Other Org's

(35)

CDC – US Centers for Disease Control and Prevention

1946年から活動する米国保健福祉省(HHS)以下の疾病対策研究所。2018年度からは、新大統領のコスト節減の指示のもと、組織全体

として予算を削減。CDC、ATSDR(有害物質・疾病登録局)を合わせた予算は60.3億米ドルとなり、前年度から12.2億米ドル(▲17%)の

予算削減となった。グローバルヘルス予算も同様の▲18%削減対象となっている。

2018年度の大統領承認予算と前年度の比較 主なプログラム別

計:60.3億 USD

$782,532 $1,120,145 $1,174,503 $135,352 $216,989 $235,610 $490,662 $338,476 $426,309 $1,402,329 $273,354 $9,981 ¥700,828 ¥934,000 ¥952,250 ¥100,000 ¥157,000 ¥216,165 ¥460,000 ¥200,000 ¥350,000 ¥1,266,000 ¥105,000 ¥20,000 Immunization and Respiratory Diseases

HIV/AIDS, Viral Hepatitis, STI and TB Prevention Chronic Disease Prevention and Health Promotion Birth Defects, Developmental Disabilities, Disability and Health Environmental Health1 Injury Prevention and Control Public Health Scientific Services Occupational Safety and Health Global Health Public Health Preparedness and Response Cross-Cutting Activities and Program Support Buildings and Facilities

FY2017 Annualized CR FY2018 President's Budget (000 USD)

(出所) CDC (2017), “Overview of the CDC FY 2018 budget request”, CDC.

782,532 1,120,145 1,174,503 135,352 216,989 235,610 490,662 338,476 426,309 1,402,329 273,354 9,981 700,828 934,000 952,250 100,000 157,000 216,165 460,000 200,000 350,000 1,266,000 105,000 20,000 Immunization and Respiratory Diseases

HIV/AIDS, Viral Hepatitis, STI and TB Prevention

Chronic Disease Prevention and Health Promotion

Birth Defects, Developmental Disabilities, Disability and Health

Environmental Health1

Injury Prevention and Control

Public Health Scientific Services

Occupational Safety and Health

Global Health

Public Health Preparedness and Response

Cross-Cutting Activities and Program Support

Buildings and Facilities

(36)

LINE 本文ページ 8,001,033 5,240,410 7,453,814 6,602,630 1,707,626 1,093,551 14,435,162 10,073,259 FY 2016 Actual FY 2018 Request

Africa East Asia and Pacific Europe and Eurasia Near East South and Central Asia Western Hemisphere Others

USAID –米国国際開発庁

軍事を除くほぼすべての海外援助を行う政府組織。新大統領の下で、2018年の米国政府の海外援助関連の総予算が30%近くカット。

各国向けの予算もほぼ一律に削減、連邦とUSAIDを合わせたグローバルヘルス関連の予算総額は25%削減となり、特にUSAID所轄の

グローバルヘルス予算はほぼ半減となった。

(百万ドル)

米国 海外援助関連総予算の推移

グローバルヘルス関連予算の推移

354.9億ドル

252.8億ドル

86.5億ドル

64.8億ドル

(出所) 米国政府 (2017), Congressional Budget Justification: Foreign Assistance, FY 2018.

(百万ドル) 5,670,000 4,975,000 2,980,750 1,505,500 FY 2016 Actual FY 2018 Request

(37)

ご利用に際して

本資料は、信頼できると思われる各種データに基づいて作成されていますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません

また、本資料は、Center on Global Health Architectureの見解に基づき作成されたものであり、当社の統一的な見解を示すものではありません

本資料に基づく資料閲覧者各位の決定、行為、及びその結果について、当社は一切の責任を負いません。ご利用にあたっては、皆様ご自身でご判断く

ださいますようお願い申し上げます

本資料は、著作物であり、著作権法に基づき保護されています。著作権法の定めに従い、引用する際は、必ず、「出所:三菱UFJリサーチ&コンサルティ

ング(株) Center on Global Health Architecture 」と明記してください

(38)

Back Cover 1

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 Center on Global Health Architecture

Updating...