WT741P_OI_1_01-25

60 

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

音声ボタンについて ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥18 おかず・ごはんのあたため ‥‥‥‥‥‥‥20 「あたため」でスピーディに ‥‥‥‥‥‥21 「スチームあたため」でしっとりふっくら ‥26 「解凍(スチーム)」で肉や魚を解凍 ‥‥‥‥28 自動メニュー ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥30 自動メニュー1、2 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥31 自動メニュー3∼16、21∼28 ‥‥‥‥33 自動メニュー17∼20 ‥‥‥‥‥‥‥‥34 レンジ 700∼100W‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥38 300Wスチーム ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥39 連動調理 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥40 スチーム ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥41 グリル 両面グリル ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥42 片面グリル ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥44 オーブン/発酵 オーブン予熱なし ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥45 オーブン予熱あり ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥46 発酵 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥48 スチームプラス ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥50

使

取付設置説明書別添付 保証書別添付 このたびは、パナソニック製品をお買い上げいただき、 まことにありがとうございます。 ・取扱説明書をよくお読みのうえ、正しく安全に お使いください。 ご使用前に「安全上のご注意」(3∼7ページ)を 必ずお読みください。 ・保証書は、「お買い上げ日・販売店名」などの記入を 故障かな? ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥52 お手入れのしかた ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥54 保証とアフターサービス ‥‥‥‥‥‥‥‥58 仕様 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥裏表紙

取扱説明書

家庭用フラットイン電気オーブンレンジ

NE-WT741P

品 番 まず、付属品の確認を! ‥‥‥‥‥‥‥‥‥2 安全上のご注意 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥3 使用上のお願い ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥8 各部の名前 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥9 使える容器・使えない容器 ‥‥‥‥‥‥‥14 加熱のしくみ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥16

使

目 次

(2)

付属品や別売の取っ手は、販売店でお買い求めいただけます。 パナソニックの家電製品直販サイト 「パナセンス」でもお買い求めいただけます。 http://club.panasonic.jp/mall/sense/

角皿(2枚)

ミトン

(2枚)

セラミックカバー(1枚)

両面

付属品

使いかた

レンジ スチーム オーブン グリル

・オーブンで使用します。 電波を使うレンジ加熱、自動メニューの 一部のメニュー、スチーム、 両面グリルには使用しないでください。 ・角皿はオーブン調理中の熱変形を防ぐ ため、平らにはしていません。 (品番 A0603-1J20) ・自動メニューの一部のメニュー、 両面グリル、スチームのときに 使用します。 ・フッ素コートしています。 (品番 A443S-1J20) すべての調理時に、水受皿にセットして使います。(品番 A6003-1J20) セットのしかたw9ページ 角皿・グリル皿を取り出すときに使用します。(品番 A060M-1M20) 使いかたw8ページ

COOK BOOK(1冊)

(品番 A00161T96)

(ただし、 片面グリル では使え ます)

まず、付属品の確認を!

グリル皿(1枚)

×

使えません 使えません 使えます 使えません

×

×

×

使えません 使えます 使えません 使えます

×

スチーム調理についてのお知らせ

スチーム調理中、ドアの周囲・排気口から少量の蒸気が出てキャビネットが一時的にくもることがありますが 故障ではありませんので、ご安心ください。 取っ手 品番:A0604-1E00 希望小売価格:840円(税込み) 2010年2月現在

(3)

使

安全上のご注意

必ずお守りください

人への危害、財産への損害を防止するため、必ずお守りいただくことを、説明しています。 誤った使いかたをしたときに生じる危害や損害の ■ 程度を区分して、説明しています。

危険

「死亡や重傷を負うおそれが大きい内容」です。

警告

「死亡または重傷を負うおそれがある内容」です。

注意

「傷害を負うことや、財産の損害が発生するおそれがある内容」です。 お守りいただく内容を、次の図記号で説明しています。 ■ (次は図記号の例です。) してはいけない内容です。 実行しなければならない内容です。 気を付けていただく内容です。

危険

自分で絶対に修理・分解・改造をしない

感電や発火、異常動作によるけがの おそれがあります 故障した場合は 販売店にご相談ください。

吸気口・排気口(

10ページ)

・製品の

すき間に針金などの金属物や異物、

指を入れない

高圧部があり、感電やけがのおそれがあります 異物が本体に入ったら まず専用ブレーカーを切り、販売店に ご相談ください。

警告

ご使用時の環境について

熱に弱い物を近づけない

カーテンなどの燃えやすい物や、スプレー缶 などを近づけると、ヒーター使用時の熱で 高温になるため、引火や火災、爆発のおそれが あります

吸気口・排気口は(

10ページ)ふさがない

火災の原因になります ごみ、ほこりなどで吸気口・排気口が ふさがれないようこまめにお手入れして ください。

定格15A以上、交流100Vの

専用ブレーカーにつながれた

専用コンセントを単独で使う

他の器具と併用した分岐コンセントを使うと 異常発熱して発火することがあります

水にかかるところや火気の近くで

使用しない

感電や漏電、火災の原因になります

アースを確実に取り付ける

故障や漏電のときに、感電のおそれがあります アース工事は販売店または電気工事店にご相談ください。 (アース工事費は、本製品の価格には含まれていません)

(4)

警告

レンジ(電波)の加熱時は

食品を加熱しすぎない

発火・発煙のおそれがあります 以下の場合、自動で加熱しない ● 少量や指定分量 ● ※以外の食品 100g未満の食品 ● (45℃以上に設定してあたためるとき) ふた、およびふた付きの容器での加熱 ● ※ 指定分量はメニューによって異なります。 各ページを参照してください。

「レンジ」ボタンでは、設定時間を

控えめにし、様子を見ながら加熱する

食品の分量に対して、加熱時間が長いと、 発火や発煙のおそれがあります 特に、少量の加熱時、油脂の多い食品・液体、 さつまいもなどの根菜類の加熱には気を 付ける。

飲み物などの加熱時のやけどを防ぐために

(突沸に注意)

飲み物を加熱しすぎない

加熱後、取り出したあと、突然沸とうして 飛び散ることがあり、やけどのおそれがあります 牛乳、コーヒー、お茶、ジュース、水などを ● 自動であたためるときは、 必ず、自動メニューの「1 牛乳」で加熱する。 (31ページ) お酒を自動であたためるときは、 ● 必ず、自動メニューの「2 酒かん」で加熱する。 (31ページ)

油脂の多い液体

や、粒入りスープを

加熱するときは以下の方法で加熱する

加熱後、取り出したあと、突然沸とうして 飛び散ることがあり、やけどのおそれがあります ラップをして、「レンジ」ボタンの700Wで ● 様子を見ながら加熱する。 ※バター・生クリーム・オリーブオイルなど

「レンジ」ボタンで加熱するときは、

設定時間を控えめにする

加熱後、取り出したあと、突然沸とうして 飛び散ることがあり、やけどのおそれがあります

容器は庫内中央に置き、広口で背の低い

容器に8分目まで入れる

端置きや、少量の加熱は沸とう、沸とうによる 突然の飛び散りの原因になります

加熱前、加熱後は必ずスプーンでかき混ぜる

加熱後、取り出したあと、突然沸とうして飛び散ることがあり、 やけどのおそれがあります

突沸

安全上のご注意(つづき)

(5)

警告

レンジ(電波)を使う加熱時の破裂を防ぐために

ゆで卵(殻付き・殻なし)は加熱しない

破裂によるけが、やけどのおそれがあります

ぎんなんなど、殻や膜のある食品は

割れ目を入れる

破裂によるけが、やけどのおそれがあります

卵は必ず割りほぐす

破裂によるけが、やけどのおそれがあります

ビン・容器のふたや、ネジ式のせんは外す

破裂によるけが、やけどのおそれがあります 密閉状態にならないようにする。 ● レンジ用のふたをするときは、すき間を ● あける。

次の点もご注意ください

操作部や排気口(

10ページ)に煮汁や

水をかけない

漏電や感電のおそれがあります 万一誤って水がかかったときは ■ 販売店にご相談ください。

子供だけで使わせたり、

幼児に触らせたりしない

やけど、感電、けがのおそれがあります

ベビーフードや介護食は、加熱後、

かき混ぜてから温度を確認する

やけどのおそれがあります

本体のお手入れは、専用ブレーカーを

切り、庫内が冷めてから行う

やけど、感電、けがのおそれがあります

長期間使用しないときは、専用ブレーカー

を切る

絶縁劣化などで火災の原因になります

異常・故障時には

直ちに使用を中止し、専用ブレーカーを切る

発火や発煙、感電のおそれがあります 異常・故障例 ブレーカーが落ちる。 ● 異常なにおいや音がする。 ● ドアに著しいガタや変形がある。 ● 触ると電気を感じる。 ● すぐに、販売店へ点検・修理を依頼してください。

使

(6)

注意

ドアは

物をはさんだまま使わない

電波漏れの原因になります

調理中や調理後に水をかけない

ガラスが割れて、けがの原因になります

ドアに無理な力を加えない

破損によるけがや電波漏れの原因になります

開閉時は指のはさみ込みに注意する

けがのおそれがあります

ご使用前に確認する

調理以外の目的には使わない

過熱により、発火や発煙、やけどのおそれが あります

庫内に付着した油や食品カスを

放置したまま加熱しない

発火や発煙の原因になります 庫内が冷めてから必ずふき取ってください。

レンジ(電波)を使う加熱では、

庫内に食品などが入っていない状態で、

動作させない

火花が飛び、庫内底面が赤熱により、異常高温 になるため、やけどのおそれがあります 容器や付属品だけでも動作させない。 ● 異常高温になると 安全機能が働き、エラー「U40」を表示して 停止することがあります。 (エラー表示について 53ページ)

庫内の包装材は取り出す

焦げや変形、発火の原因になります

鮮度保持剤(脱酸素剤)などを取り出す

発火や発煙のおそれがあります

金属容器・付属の角皿は

レンジ(電波)を使う加熱では、金属容器

などは使わない

火花が飛び、発火・発煙・ドアガラスの割れの おそれがあります 付属の角皿、金あみや金ぐし、 ● 金属製の焦げ目付け皿は、オーブンや発酵、 片面グリル以外では使わない。

付属の角皿は、オーブン、発酵や

片面グリル以外では使わない

火花が飛び、庫内底面が赤熱により、 高温になるため、やけどのおそれがあります

安全上のご注意(つづき)

(7)

注意

調理中、調理後は

万一、庫内で食品が燃えたら、

ドアは開けない

酸素が入り、勢いよく燃えます 次の処置をして、鎮火を待ってください。 ● ①「取消/一時停止」ボタンを押す。 ②専用ブレーカーを切る。 ③燃えやすいものを、本体から遠ざける。 万一、鎮火しないときは 水や消火器で消火し、必ず販売店へ ご相談ください。

セラミックカバーの上に物を置かない

溶けや変形の原因になります

破れたり、水でぬれたりしたミトンは

使わない

やけどのおそれがあります

ヒーターやスチームを使う調理中、

調理後は、高温部(本体・ドア・庫内)に

触れない

やけどのおそれがあります 特に、本体や付属の角皿・グリル皿・水受皿・ セラミックカバーは高温になります。

セラミックカバーや庫内底面に、

衝撃を加えたり、水をかけたりしない

破損してけがをするおそれがあります 万一、破損したら そのまま使用せず、必ず販売店へご相談 ください。

次の場合、熱い容器や蒸気、飛まつに

気を付ける

やけどのおそれがあります ドアを開けるとき ● 食品を取り出すとき ● ラップやふたをはずすとき ● ヒーター加熱後、付属の角皿やグリル皿を ● 急冷するとき

付属の角皿に、湯を張る調理では、

次の場合に角皿の扱いに注意する

やけどのおそれがあります 角皿に湯を張るとき ● 角皿を庫内に入れるとき ● 調理後、角皿を取り出すとき ● (熱い湯が残っています)

お弁当をあたためるときは

「あたため」ボタンを押して

あたためない

容器の変形や溶けのおそれがあります 「レンジ」ボタン700Wで様子を見ながら ● 加熱する。 (COOK BOOK 120ページ)

ふた・ラップを外し、ゆで卵や

アルミケース、調味料類も

取り出す

火花が出たり、破裂によるけが、やけどの おそれがあります

使

(8)

使用上のお願い

設置場所は

テレビやラジオ、無線機器(無線LANなど)やアンテナ線などを近づけないでください。 ■ 4m以上離してください。画像や音声の乱れ、通信エラーの原因になります。 ●

レンジ使用調理では

缶詰やレトルト袋の食品は、容器に移してください。アルミ包装は加熱できません。 ■

スチーム調理終了後は

庫内に水滴が付着し、メニューによっては庫内底面にお湯がたまることがあります。 ■ 冷めてから、ふきんなどでふき取ってください。 クリーントレー( ■ 11ページ)にも水がたまります。毎回捨ててください。

ヒーター調理後は

付属のミトンを使い、両手で出し入れしてください。 ■ 角皿・グリル皿を取り出すときは、高温のため、落とさないよう出し入れしてください。 ● 片手だけでは、落とすおそれがあります。 ●

さびの原因になります

庫内に付着した水滴や油、食品を放置せず、庫内が冷めてから必ずふき取ってください。 ■

(9)

使

循環ファンヒーター

奥面に内蔵 ※イラストは実物と若干異なります。

庫内

側面・奥面はフッ素加工をしています。

角皿受け

(上段)

(中段)

(下段)

各部の名前

水受皿部

底面に内蔵したヒーターでスチームを発生させます。 スチームを使うメニュー以外でも常に下記の右のイラストの状態でお使いください。

セラミックカバーの準備と取り出しかた

1 カバーを 右横にずらす 2 カバーを持ち、 取り出す

■準備するとき

取り付けは、「オモテ」を上にしてゆっくり置く。

■取りはずすとき

取りはずしは、十分に冷めてから右横にすべらすようにはずす。 (陶器製のため、落とすと割れます)

注意

調理中、調理後、水受皿、

セラミックカバーを触らない

高温のためやけどのおそれが あります

水受皿

セラミックカバー

ノズル

庫内灯

上ヒーター

上面に内蔵

(10)

各部の名前(つづき)

前面

メニューラベル

自動メニューの番号、メニュー名を記載しています。 お手入れのしかた w56∼57ページ

ドア

ドアハンドル

排気口カバー

調理中、自動的に カバーの上部が開き、 排気します。メニューに よっては多少の水滴が 付くことがあります。 気になるときはふきん などでふいてください。 排気が終了すると、 自動的に閉じます。

操作部

タッチパネルに なっています。 ドアを開閉すると 操作ボタンが点灯します。 (w12ページ)

吸気口

排気口

タンクカバー

カバーは必ず「押―開」を 軽く押して開閉してください。 強く押すと部品が破損し、 カバーが閉まらなくなる場合が あります。

願い

(11)

使

給水タンク

■給水タンクの準備

スチーム調理のときは、必ず給水タンクに満水まで水を入れ、本体にセットしてください。 スチーム調理を選ぶと が点滅し、音声でお知らせします。(スチームあたためボタン以外)

1

タンクを引いて取り出す

2

給水ふた、またはふたを開け、 水を満水まで入れる

3

ふたが確実に閉まっていることを確認し、 給水ふたを閉める タンクを奥に当たるまでしっかりと差し込む

■はずしかた・取り付けかた

トレーのくぼみに指を入れて手前に引いてください。 水がたまっている場合がありますので、 気を付けてはずしてください。 取り付けるときは、本体に合わせて はめ込んでください。

クリーントレー

食品カスや水滴などを受けるトレーです。

■はずしかた・取り付けかた

クリーントレーをはずして、プレートを手前に 引き出してください。 取り付けるときは、本体の左右のレールに載せて 奥に当たるまで押し込んでください。

クリーンプレート

スチーム調理終了後はトレーに水がたまります。 毎回捨ててください。

願い

キャビネットの内部に水滴が落ちるのを 防ぐためのプレートです。常にセットした 状態でお使いください。

願い

・使用する水は、塩素消毒された水道水をおすすめします 浄水器の水、アルカリイオン水、ミネラルウォーター、井戸水などをお使いの場合は、 カビや雑菌が発生しやすくなります。水交換の度に、タンクを洗ってください。 また硬度の高い水は水受皿が白くなる原因になります。 ・タンクは水平に持ってください 斜めに持つと水漏れすることがあります。 ・タンクは清潔に保ちましょう スチーム調理をする度に水を入れ替えてください。

願い

ふたは開ける ことができます。 給水ふた 給水タンク ふた ※イラストは実物と若干異なります。 また、製品には注意ラベルがはられています。

(12)

各部の名前(つづき)

操作部

1 表示部

調理時間・温度などが表示されます。

2 スチームあたためボタン

「スチームあたため」に使います。 (w26ページ)

3 自動メニューボタン

・「自動メニュー」の設定に使います。 ・お手入れするときに使います。 (w54∼57ページ)

4 温度/仕上がりボタン

・オーブン調理の温度設定に使います。 ・自動調理使用のとき、仕上がりの温度や 強弱調節に使います。

5 番号/時間設定ボタン

・自動メニューの番号設定に使います。 ・スチームプラスや調理時間の設定に使います。

6 手動メニューボタン

食品の状態や仕上がりに応じて、加熱時間や 温度を設定して使います。 (w38∼51ページ)

2

3

:

;

8

9

4

7

5

1

■自動電源オフ機能について

電源はドアを開閉すると入ります。 表示部に「 」と表示し、操作ボタンが点灯して 操作することができます。 ドアを開けただけでは電源は入りません。 庫内灯も点灯しません。 電源を入れるときには必ずドアを開閉してください。 何も操作しなければ、約2分後に電源が切れます。 ※電源が切れる時間は、調理したメニュー、 時間などによって異なります。これは電気部品を 保護するために部品が冷めるまでファンが回るため です。(約2∼15分) ※ボタンが消えているときはドアを開閉すると点灯します。 ※説明のために全ボタンが点灯したイラストに しています。

(13)

使

7 取消/一時停止ボタン

・操作途中でボタンを押し間違えたときなどに 使います。操作途中は1度押しで全設定の 取り消しになります。 ・調理中には、1度押すと一時停止に、 2度押すと全設定の取り消しになります。 一時停止中に調理を再開したいときには を押します。

8 あたためボタン

おかず・ごはんのあたために使います。

9 解凍(スチーム)ボタン

解凍のときに使います。 ボタンを押すことで、「全解凍」と「半解凍」の 切り替えができます。 時間・温度の設定が不要です。 (w28ページ)

: スタートボタン

・調理をスタートさせるときに使います。 ・ドアを開けると調理は中断されます。 再度押してください。

; 音声ボタン

・操作手順や確認事項を音声でお知らせします。 ・音量の設定に使います。 (w18ページ) *「M」表示は店頭用のモードです。 この表示のときは、調理はできません。 を2秒押し続けたあと、再び を3度 押してください。ピッと1回鳴って 「M」表示が消え、解除されます。

■タッチパネルについて

操作部はタッチパネルになっています。指でボタンに触れると操作します。必ず指の腹で触れてください。 ミトン・ゴム手袋・指サック・傷テープをしたまま操作したり、操作部に汚れや手アカが付いたままの状態、 つめや金属・樹脂などでは、操作できません。 使用後はお手入れしてください。(w54ページ)

■排気風について

調理中、調理後に庫内の電気部品の温度を冷やすために、自動的に排気口カバー(w10ページ)が開き、 ファンを回して庫内の蒸気や熱を排出します。 ファンが回る時間は、調理したメニュー、時間によっても異なります。(約2∼15分) また、庫内が低温でもファンが回ることがあります。 排気口カバーが開いていても、続けて調理できます。 (表示部に「U50」が表示されているときはw53ページ) ※イラストは実物と若干異なります。

(14)

使える容器・使えない容器

容器の種類

レンジ

スチーム

オーブン・グリル

300Wスチーム

耐熱性がある

耐熱温度140℃以上 「電子レンジ使用可能」 表示があるもの

耐熱性がない

耐熱温度140℃未満

耐熱性がある

耐熱性がない

陶器・磁器

漆器

使えます

高温になる料理は、急熱・急冷に強い 耐熱ガラス製容器をお使いください。

使えません

カットガラス、強化ガラスも使えません。

×

使えます

・ただし、ふたは熱に弱いものがあるため 耐熱温度をご確認ください。 ・密封したふたや袋は使えません。油脂、糖分の多い食品は高温になるため 使えません。

使えません

電波で変質するもの (ポリエチレン、メラミン、フェノール、 ユリア樹脂)も使えません。

×

使えます

ただし色絵や、ひび・金銀模様のある器は傷んだり、 火花が飛んだりすることがあるので使えません。

使えません

塗りがはげたり、ひび割れたりするおそれが

×

使えます

高温になる料理は、急熱・ 急冷に強い耐熱ガラス製容器 をお使いください。

使えません

×

使えません

ただし、オーブン・ グリル用指定のものは 使えます。

×

使えません

×

使えます

ただし、内側に色絵の あるものは、はげることが あるので使わないで ください。

使えません

×

(15)

使

木・竹製品・

紙製品

ラップ

耐熱温度140℃以上

アルミホイル

使えません

針金を使っているものは燃えやすくなります。

×

使えます

ただし、油分の多い料理は高温になるため 使えません。

使えません

金属容器と同じく、火花が飛ぶので使えません。 (安全上のご注意w6ページ)

×

アルミ・ホーロー

などの金属容器

使えません

金属や金ぐしなども火花が飛ぶので使えません。 ・金属製の焦げ目付け皿は使えません。 ・付属の角皿は使えません。 (安全上のご注意w6ページ)

×

使えます

ただし、取っ手が樹脂の ものは使えません。

使えません

ただし、耐熱加工を施した 紙製品(オーブンシート など)はパッケージの 耐熱温度に従って使えます。

×

使えません

高温になり溶けるおそれが あります。

×

使えます

ただし、両面グリルでは 使えません。

自動メニュー「5 煮こみ料理」では

レンジとオーブンの両方に使えるもの(耐熱ガラス容器、陶磁器など)を使ってください。

容器の種類

レンジ

スチーム

オーブン・グリル

300Wスチーム

警告

「あたため」ボタンを押してあたためるとき、自動メニューの「3 ゆで野菜(葉果菜)」、

「4 ゆで野菜(根菜)」ではふた、およびふた付きの容器は使用しない

容器にふたをして加熱すると、赤外線センサーが検知できずに、食品が発煙や発火するおそれが あります

(16)

電波が食品にあたることにより、 食品の水分子が激しくぶつかり 合って摩擦熱を起こします。 その結果、食品の表面と内部が ほぼ同時に加熱されます。

■電波の性質

食品や水分には 吸収。 陶器やガラスは 透過。 金属には反射。

加熱のしくみ

コツ

レンジ

電波とスチームで加熱し、 食品をしっとりふっくら 仕上げます。 水受皿底面に内蔵されたヒーター を加熱してスチームを発生 させたあと、電波とスチームで 食品を加熱します。 スチームが発生するのは、 スタートして約40秒後からです。 メニュー例: 棒々鶏 バンバンジー ・あさりの酒蒸し 食品の分量を2倍にした場合は、 加熱時間を2倍弱に合わせ ましょう。

加熱のしくみ

コツ

300Wスチーム

電波とスチームとヒーターで 加熱し、食品をしっとり ふっくら蒸し上げます。 スタートしてまず、電波と ヒーター加熱により庫内を あたためたあと、水受皿底面に 内蔵されたヒーターにより 発生したスチームと電波で 食品を加熱します。 スチームが発生するのは、 スタートして約4分後からです。 メニュー例: ふかしいも・蒸しケーキ・ 抹茶蒸しパン

加熱のしくみ

スチーム

調理するときは、スチームを 発生させるため、ふた(ラップ) なしで加熱します。

コツ

調理するときは、スチームを 発生させるため、ふた(ラップ) なしで加熱します。 ただし、茶わん蒸しは共ぶたを してください。 グリル皿上段または中段 「300Wスチーム」を選ぶ 「700∼100W」を選ぶ

加熱のしくみ

(17)

使

■加熱時間は

食品の分量が増えても、電子レンジ調理ほど影響は大きくありません。 様子を見ながら加熱してください。 ※オーブンの特性で、メニューにより加熱時間が長くなるものが ありますので、その場合は様子を見ながら調節してください。

■調理中は

庫内の温度が下がってしまうので、ドアの開閉は控えめにしましょう。

■発酵は

4段階の温度に設定できます。(30・35・40・45℃) スチームとヒーターで行います。 スチームを使用しているため、ラップや霧吹きはいりません。 パンの種類や季節、生地の状態によって使い分けてください。

■加熱後は

焦げすぎを防ぐため、すぐに取り出しましょう。

■焼けムラが気になるときは

加熱途中で、食品の前後を入れ替えましょう。 また上下段のムラが気になるときは、調理の途中で上下段を 入れ替えます。 角皿(上段または下段)

加熱のしくみ

両面グリル 電波と上ヒーターで加熱します。 途中裏返しの手間なく焼けます。 メニュー例:ハンバーグなど 片面グリル 上ヒーターのみで加熱します。 追加加熱など、上面のみ焦げ色を 付けるときに使います。 メニュー例: グラタンなどの追加加熱に

■加熱時間は

両面グリルの加熱時間は、 料理編の加熱時間の目安を参考 に合わせてください。 設定を長くしすぎると、底面が 焦げすぎる場合があります。 焼け色がうすい場合は、様子を 見ながら追加加熱してください。

■調理中は

肉・魚の種類や脂肪ののり具合・ 塩加減で焦げかたが変わるため、 様子を見ながら焼いてください。 ※脂が少ない魚の場合、焦げ色が 付きにくくなります。 またグリル皿から浮いた部分に は焦げ色が付きません。

加熱のしくみ

グリル

片面グリル 両面グリル 2秒以上押す

オーブン/発酵

上ヒーターと循環ファンヒーターで加熱します。 1度押す 3度押す

メニュー例:

<オーブン1段> スポンジケーキ・ シフォンケーキ・食パンなど <オーブン2段> シュー・クッキー・マドレーヌ・ バターロール・メロンパンなど 1段 2段 2度押す グリル皿(上段) 角皿またはグリル皿 (上段) 角皿(上下段)

※オーブン調理で、お菓子やパンを焼く場合や発酵では、

熱風による影響のため中段は使えません。

(18)

音声ボタンについて

1

操作中に

を押す

再度、音声が流れます。 ただし、 を押したあとに聞き直しはできません。

操作手順や確認していただきたい内容を音声でお知らせしています。

音声はお買い上げの際には「中」にセットされています。

■音声の聞き直し

音声ガイド中にドアを開閉すると音声が止まります。 で聞き直してください。

お知らせ

で「音声の聞き直し」「音声の音量調節」ができます。

■音声ガイド例

1 操作手順と完了のお知らせ ・レンジを選択すると 「レンジボタンで出力を替えられます。」 ・オーブンの予熱が完了すると 「予熱が完了しました。」 2 異常時(U表示)、誤使用時のお知らせ U50表示 庫内が熱いときに表示します。メニューによって音声が異なります。 ・「庫内が熱いのでスチームボタンで調理してください。」 ・「庫内が熱いので冷めるまでお待ちください。」 ・「庫内が熱いのでレンジボタンで出力を確認し、調理して ください。」 音声 音声 音声

(19)

使

・表示の点滅が点灯に変わります。 「音声 切」の場合、音声表示は消えます。 ・5秒以内に他の操作をしても、音量は設定されます。

5秒経過後、設定完了

■音量の設定

1

ドアを開閉してボタンを表示させる

を2秒以上押し続ける

ピッと1回鳴り、表示が点滅します。

2

を押して、音量を合わせる

「音量 大」、「音声 切」、「音量 小」、「音量 中」の順に設定が切り替わります。 「音量 大」の場合 「音声 切」の場合 「音量 小」の場合 「音量 中」の場合

(20)

おかず・ごはんのあたため

レンジ加熱

(w21ページ)

レンジ+スチーム

加熱

(w26ページ)

おかずやごはん類をスピーディにあたためます

・メニューによりラップが必要です。 ・冷蔵・室温ごはんはラップなし。 ・冷凍ごはんはラップに包む。 (ラップの重なりは下にして置きます) ・室温の食品を2∼4品同時にあたためることが できます。 それぞれの分量が極端に違うときや、あたためる 前の食品に温度差があるとき、組み合わせに よっては均一にあたたまらない場合があります。

ラップなしで、スチームにより食品の乾燥を

防ぎ、しっとりふっくらあたためます

・ より時間はやや長くかかります。 ・冷蔵庫でパサついたごはんなどはこのボタンが おすすめです。 ・一尾魚など厚みや形状の不均一な食品は、 多少加熱ムラが生じることがあります。 ・肉まん・あんまんは上手にあたたまりません。 自動メニュー「13∼16 中華まんあたため」で あたためてください。 (COOK BOOK w38ページ)

ボタン

特長・コツ

あたためのボタンを使い分けましょう

下記のボタンは、赤外線センサーで食品の温度を検知しています 陶器・ガラス・プラスチック製のふたは赤外線センサーがうまく働かないため使えません

警告

「あたため」ボタンを押してあたためるときは

100g未満の食品は45℃以上であたためない

赤外線センサーが検知できずに、発煙・発火するおそれが あります 「レンジ」ボタンで様子を見ながら加熱してください。 ●

粒入りスープはあたためない

具が飛び散ることがあり、やけどのおそれがあります ラップをして、「レンジ」ボタンの700Wで様子を見ながら 加熱してください。 ●

ふた、およびふた付きの容器は使用しない

(21)

使

「あたため」でスピーディに

1

食品を入れる

・ドアを閉めるとボタンが点灯します。 ・食品は庫内中央に置きます。(分量は約100∼500g) ・食品の量に合った耐熱容器で。(w14∼15ページ)

3

を押す

・庫内灯が点灯し、加熱が始まります。 ・排気口カバーが開きます。 ・約50秒後以降、あたためボタンを押すと現在温度の目安を表示します。(約3秒間) 食品の量が多いときは、表示に時間がかかる場合もあります。 現在温度が0℃未満のとき、短い時間であたたまるものは表示しない場合があります。 ・庫内灯が消灯。 ・取り出し忘れると、ブザーが2分おきに鳴ります。(6分間) ・容器が熱くなっていますので、ふきんなどを使って気を付けて取り出してください。

2

を押す

例)1品あたためるとき

を押して仕上がり温度を選ぶ

・−10∼90℃に設定できます。(w25ページ) ・45∼90℃に設定した場合のみ、スタート後にも温度ボタンが 点滅中(約14秒間)に温度の設定ができます。 お好みの仕上がりを選ぶには

できあがり

ピッピッ…と5回鳴ったら

あたため足りないときは

食品を取り出して、混ぜたり、並べかえたあとに再度スタートボタンで加熱する。 またはレンジ700Wで時間を合わせて様子を見ながら加熱する。

付属品 なし

■付属の角皿は使えません。

レンジ加熱

(22)

・設定温度と現在温度の表示について ・現在温度表示は食品のおよその温度です。短い時間であたたまるものは、表示しない場合もあります。 ・設定温度より低い表示で切れることがあります。 ・メモリー機能 初期設定は70℃です。55∼75℃に設定した場合、その温度を記憶します。 次にあたためるときは、記憶した温度を表示します。

お知らせ

あたためボタンで加熱できない食品は

・牛乳、水、コーヒー 自動メニュー「1 牛乳」であたためる。 ・お酒 自動メニュー「2 酒かん」であたためる。 ※あたためボタンであたためると沸とうなどのおそれがあります。(安全上のご注意w4ページ) ・乾干物、冷凍ゆで野菜、ポップコーン、冷凍食品(肉だんごやタレのついたもの)、 冷凍カレー・シチュー、冷凍パン(バターロールなど) レンジ700Wで時間を合わせて加熱する。 ・いかなど、はじけやすい食品 レンジ300Wで時間を合わせて加熱する。 ・肉まん・あんまんなどのあん入り食品 自動メニュー「13∼16 中華まんあたため 1∼4個」であたためる。 (COOK BOOK w38ページ) (手動で調理するときの設定時間 COOK BOOK w120ページ)

■室温の食品を2∼4品同時にあたためることができます

・組み合わせる食品の分量は、ほぼ同じにしてください。 1つの食品はそれぞれ100∼300gまで。 ・あたためる前の食品の温度が違うと上手にあたたまりません。 ・組み合わせる食品の種類によってうまくできない場合があります。 ごはんとカレーなどの加熱後の仕上がり温度が異なる食品は、同時に加熱しないでください。 (温度の目安 w25ページ) ・からあげやしゅうまいなどの小さく油を多く含む食品、ソース・タレのかかった食品は 1品であたためてください。 ・みそ汁やスープなどの汁ものと、ごはんやおかずの同時あたためはできません。 別々にあたためてください。

(23)

使

食品の置きかた

・必ず庫内四隅のイラスト(◎)より内側に置いてください。端に置くと加熱がうまくできません。 また、小さなものを端に置くと赤外線センサーで正しく検知できず、加熱しすぎることがあります。 ・赤外線センサーを正しく働かせるためにオーブンやグリルの使用後、レンジを連続使用したあとなどは、 庫内を十分に冷ましてください。

庫内

食品

庫内底面の「STEAM WIDE&FLAT」の文字を目安に食品を庫内中央に寄せて置きます

陶器・ガラス・プラスチック製のふたは赤外線センサーがうまく働かないため使えません

ラップするもの

ラップしないもの

蒸しもの カレー シチュー 煮魚 冷凍もの ・しゅうまいなどの 蒸しもの ・カレー ・シチュー ・煮魚 ・タレのかかった 加工食品など ・冷凍食品 (フライ類を除く) ・冷凍ごはん (ラップの重なりは 下にして置く) ごはん 汁もの ・ごはん ・みそ汁 ・スープ 煮もの ・野菜の煮ものなど いためもの ハンバーグ 焼きもの フライ 天ぷら ・野菜炒め、 やきそばなど ・ハンバーグ ・焼き魚 ・照り焼き ・フライ ・天ぷら

上手にあたためるには

メニューによりラップが必要です

ラップ 食品 ラップが食品から浮いていると赤外線センサーが正しく働かず、上手にあたためできないことがあります。 ラップで直接食品を包んでいるときはラップが重なっている方を下にして置きます。 重なっている方を上にすると上手にできません。

ラップのしかた

ラップは食品にぴったりつけましょう

(24)

室温・冷蔵ごはん

・分量は、約100∼500gまで。 ・お茶わんまたは容器に入れて ラップをしないであたためます。

冷凍ごはん

・分量は、約100∼300gまで。 ・ラップに包んだ冷凍ごはんは、 ラップの重なっている方を 必ず下にしてお皿にのせて加熱します。

あたためのコツ

おかず

分量は、約100∼500gまで。容器はできるだけ背が低い口の広い容器をお使い ください。 ・市販の冷凍食品、加工食品はパッケージの指示に 従ってください。

カレー・シチュー

具などがはねることがありますので、必ずラップを してください。ラップを取るときは注意して ください。 ・温度/仕上がりボタンで<強>に合わせる。加熱後、必ず混ぜてください。冷凍カレーは自動ではあたためられません。 レンジ700Wで時間を合わせて加熱してください。 (COOK BOOK w120ページ)

ごはんなどは平たく均一に一人分、一個ずつ(約150∼300g)ラップに包んで冷凍します。

できるだけ平たく形を整えましょう。

上手に冷凍するには

警告

「あたため」ボタンを押してあたためるときは

100g未満の食品は45℃以上であたためない

赤外線センサーが検知できずに、発煙・発火するおそれがあります 「レンジ」ボタンで様子を見ながら加熱してください。 ●

粒入りスープはあたためない

具が飛び散ることがあり、やけどのおそれがあります ラップをして、「レンジ」ボタンの700Wで様子を見ながら加熱してください。 ●

ふた、およびふた付きの容器は使用しない

容器にふたをして加熱すると、赤外線センサーが検知できずに、食品が発煙や発火する おそれがあります

(25)

使

お好みの温度と食品の目安

温度

−10 −5 0 10 20 30 40 50 55 60 65 70 75 80 85 90℃

温度はー10∼90℃まで5℃きざみで合わせられます。 特に熱くしたいときのみ90℃に設定してください。 ※牛乳・水・コーヒーは自動メニューの「1 牛乳」であたためてください。(w31ページ) ※お酒は自動メニューの「2 酒かん」であたためてください。 カレー・シチュー ・分量は約100∼500g ・ラップをし、加熱後混ぜてください。 ・冷凍カレーはあたためられません。 レンジ700Wで加熱して ください。 (設定時間wCOOK BOOK 120ページ) ベビーフード ・分量は60∼150g ・容器に移しかえて加熱してください。 ・冷凍したものは、あたためられません。 ・加熱後、かき混ぜて必ず温度を 確かめてください。 アイスクリーム ・分量は約200∼500ml ・スプーンが入る状態にします。 ・ふたはしない。

庫内を十分に冷ましてからご使用ください

ごはん・スープ・みそ汁 ・分量は約100∼500g (冷凍ごはんは 300gまで) ・マグカップは使用しないでください。 バター・クリームチーズを柔らかく ・分量は100∼200g ・お皿にのせます。(ラップはしない) おかず ・分量は約100∼500g パンなどのあたため バターを溶かす ・分量は100∼200g ・3cmの角切りにして耐熱容器に入れます。 (ラップはしない)加熱後混ぜてください。

注意

お弁当はあたためない

容器の変形や溶けのおそれがあります ●ふたやラップを外し、ゆで卵やアルミケース、調味料類も取り出して「レンジ」ボタンの700Wで 様子を見ながら加熱してください。

(26)

「スチームあたため」でしっとりふっくら

例)おかずをあたためるとき

1

給水タンクの準備をし、

ラップをせずに食品を入れる

・ドアを閉めるとボタンが点灯します。 ・給水タンクに満水まで水を入れます。(w11ページ) ・食品は庫内中央に。 ・分量は約100∼500gまで。 ・食品の量に合った耐熱容器で。(w14∼15ページ) (パッケージごとあたためられる食品も必ず皿にのせてください) ・異なる食品を同時にあたためることはできません。

3

を押す

・ の表示が消えます。 ・庫内灯が点灯し、加熱が始まります。 ・排気口カバーが開きます。 ・「スチームあたため」は温度設定できません。 ・庫内灯が消灯。 ・時間設定ボタンが点灯。(6分後、自動的に消灯) ・取り出し忘れると、ブザーが2分おきに鳴ります。(6分間)

を押して仕上がりを選ぶ

・強弱5段階の設定ができます。 ・スタート後にも仕上がりボタンが点灯中(約14秒間)に 設定できます。 次のような食品は<弱>を選んでください。 <弱>は標準よりも低出力なので調理時間が長くなることがあります。 小さな切り身魚、ししゃも、いわしの煮つけなど 食品の形状・脂ののり具合などによっては食品がはじけることがあります。 お好みの仕上がりを選ぶには

できあがり

ピッピッ…と5回鳴ったら 標準 あつめに したいとき ぬるめに したいとき

2

を押す

レンジ+スチーム加熱

付属品 なし

■付属の角皿は使えません。

(27)

使

あたため足りないときは

タンクの水を確認し、時間設定ボタンが点灯中(6分間)に、追加時間(最大10分まで)を合わせて スタートボタンを押します。 ランプが消えたときは食品を取り出して、混ぜたあとにレンジ300Wで時間を合わせて 様子を見ながら加熱します。

スチームあたためボタンで加熱できない食品

肉まん・あんまんは、自動メニュー「13∼16 中華まんあたため 1∼4個」であたためます。 (COOK BOOK w38ページ) ・清潔に保つため給水タンクの水はスチーム調理をするたびに入れ替え、調理前には水の量を確認しましょう。 ・「スチームあたため」は温度設定できません。

お知らせ

調理後、庫内に水滴が付着します。また、くり返しあたためると、庫内底面にお湯がたまることがあります。 冷めてからふきんなどでふき取ってください。

願い

(28)

半解凍

全解凍

1

給水タンクの準備をする

給水タンクに満水まで水を入れます。(w11ページ)

2

ラップをはずして食品を入れる

・ドアを閉めるとボタンが点灯します。 ・食品は庫内中央に。 ・分量は、約100∼500gまで。 ・家庭用冷凍庫から出したものを すぐに解凍してください。 少し固めで、包丁でサクサクと切れる固さに 仕上げます。 ・さしみ、肉の細切り、いかに切り目を入れる場合 などに適しています。

「解凍(スチーム)」

で肉や魚を解凍

発泡スチロールの トレーのまま入れる

3

で全解凍か半解凍を選ぶ

押すごとに設定が切り換わります。 1度押す:「全解凍」と「半解凍」が点滅 2度押す:「全解凍」が点灯 3度押す:「半解凍」が点灯

を押して仕上がりを選ぶ

・強弱5段階の設定ができます。 ・スタート後にも仕上がりボタンが 点灯中(約14秒間)に設定できます。 お好みの仕上がりを選ぶには ほぐしやすい固さに解凍し、すぐに加熱調理する 場合に適しています。 ・形状・開始温度によっては部分的に煮えることが あります。 ※大量の肉をひとかたまりにして冷凍したものを必要な分だけ切り分けて使いたい場合は、半解凍の<弱>を 使います。包丁で力を入れて切れる程度に解凍できます。(300g以上に限ります。) さらにほぐしやすい固さに解凍する場合は、全解凍の<弱>で再び解凍してください。

レンジ+スチーム加熱

付属品 なし

■付属の角皿は使えません。

(29)

使

まだ解凍できていないときは

加熱終了後、時間設定ボタンが点滅中(6分間)に、追加時間(最大10分まで)を合わせて スタートボタンを押します。 ランプが消えたときは、レンジ100Wで様子を見ながら解凍してください。

解凍(スチーム)ボタンで解凍できない食品は

冷凍野菜はレンジ700Wで時間を合わせて解凍する。(COOK BOOK w121ページ) ・給水タンクの水がない場合には、固めの仕上がりになります。 様子を見ながら追加加熱してください。 ・発泡スチロールのトレーがないときは耐熱性の平皿に食品をのせてください。 ・食品の変色や煮えを防ぐため、身の細い部分は、アルミホイルを巻いてください。 ・温度のあがった食品は、レンジ100Wで解凍してください。自動では上手に解凍できません。 (例)・冷凍庫から出して長い間放置した食品 ・冷凍庫から冷蔵庫へ移した食品 ・分量が100g未満の食品は、自動では上手に解凍できません。 レンジ100Wで様子を見ながら解凍してください。(COOK BOOK w120ページ) ・ふきんなどで庫内やドアの水滴を十分ふき取ってください。また、オーブンやグリルの調理後、 レンジの連続使用後などは、庫内を十分に冷ましてください。 (赤外線センサーをうまく働かせるため) 材料は、新鮮なものを、薄く平たく整える 1回分ずつ(約300gまで)に分け、3cm以内に厚みをそろえる。 ラップでしっかり密封する ・一尾魚はウロコや内臓を取り、塩水にくぐらせてから1尾ずつ保存する。 ・えびは重ならないよう並べる。

上手に冷凍するには

上手に解凍するには

・庫内灯が消灯。 ・時間設定ボタン、取消/一時停止ボタンが点灯。(6分後、自動的に消灯) ・取り出し忘れると、ブザーが2分おきに鳴ります。(6分間)

できあがり

ピッピッ…と5回鳴ったら

4

を押す

・ の表示が消えます。 ・排気口カバーが開きます。 ・庫内灯が点灯し、加熱が始まります。 ・途中で残り時間を表示します。

(30)

自動メニュー番号を合わせて、以下のメニューが作れます。

メニューごとに付属品が違います。ご確認のうえお使いください。

※の付いているページは取扱説明書、COOK BOOKとも同じページになっています。

自動メニュー

メニュー名 操作 コツ・レシピ (COOK BOOK) 牛乳 P31※ P32※ 酒かん ゆで野菜(葉果菜) P36※ ゆで野菜(根菜) P37※ 煮こみ料理 P68∼69 中華まんあたため 1∼4個 P38 季節の野菜サラダ P82∼83 グラタン P56∼57 スペアリブ P33※ P58∼59 焼き魚(切身) P60 茶わん蒸し 1∼4碗 P78∼79 フライあたため P39 焼き豚 P62 焼き魚(切身・減塩) P61 海鮮蒸し P80∼81 手づくり豆腐 2∼4碗 P77 スポンジケーキ P86 シュー 1∼2段 P34※ P96∼97 フランスパン P115 番号 1 2 3 4 5 13∼16 28 6 7 8 9∼12 21 22 23 24 25∼27 17 18∼19 20 付属品 なし グリル皿 角皿

(31)

使

自動メニュー1、2

・庫内灯が消灯。 ・取り出し忘れると、ブザーが2分おきに鳴ります。(6分間)

できあがり

ピッピッ…と5回鳴ったら

1

牛乳

または

酒を庫内に入れる

ボタンが点灯します。

2

を押す

3

を押してメニュー番号を合わせる

牛乳 を1度押す 酒かん を2度押す

4

を押す

・庫内灯が点灯し、加熱が始まります。 ・排気口カバーが開きます。 ・約50秒後以降、自動メニューボタンを押すと自動メニューの番号と 現在温度の目安を表示します。(約3秒間ずつ)

を押して仕上がり温度を選ぶ

・1. 牛乳 …35∼70℃まで5℃きざみで設定できます。 (工場出荷時の温度:60℃) ・2. 酒かん…40∼60℃まで5℃きざみで設定できます。 (工場出荷時の温度:50℃) ※スタート後にも温度ボタンが点灯中(約14秒間)に設定ができます。 お好みの仕上がりを選ぶには 1. 牛乳の場合

あたため足りないときは

レンジ700Wで時間を合わせて様子を見ながら加熱します。

(32)

のみものを上手にあたためるには

メモリー機能について ・1. 牛乳、2. 酒かん、それぞれで設定した温度を記憶します。次にあたためるときには、記憶した温度に 設定されます。 ・牛乳の50℃と酒かんの50℃とでは仕上がり温度が異なることがあります。 それぞれを正しく使い分けてください。

お知らせ

庫内の端に置くと赤外線センサーが正しく検知できず、沸とうするおそれがあります。 必ず庫内四つ角のイラスト(◎)より内側に置いてください。

庫内底面の「STEAM WIDE&FLAT」の文字を目安に庫内中央に寄せて置きます。

置きかた

庫内中央に ■杯数に合わせた置きかたがあります 「1 牛乳」で牛乳、コーヒー、お茶、水があたためられます ・分量は、一度に1∼4杯まで。容器の8分目まで入れる。 ※2杯以上加熱するときは、それぞれの分量を合わせてください。 ・容器は、広口で背の低いもの。(マグカップなど) ・加熱前と加熱後に必ず混ぜる。 ・容器の形状により仕上がりが異なります。温度/仕上がりボタンで 仕上がり調節をしてください。 「2 酒かん」でお酒があたためられます 容器は背の低い、ずんぐりしたものをお使いください。 コップでお酒をあたためるときは広口のものをお使いください。 加熱前と加熱後に必ず混ぜてください。

あたためのコツ

警告

飲み物を加熱しすぎない

(突沸に注意) 加熱後取り出したあと、突然の沸とうによる飛び散りなどでやけどの おそれがあります ●自動であたためる場合、必ず、本ページの記載に従い、

付属品 なし

(33)

使

自動メニュー3∼16、21∼28

4

でメニュー番号を合わせる

(12のときは を1度、 を2度押す)

5

を押す

・自動メニュー「6∼16、21∼28」は、 の表示が消えます。 ・排気口カバーが開きます。 ・庫内灯が点灯し、加熱が始まります。 ・庫内灯が消灯。 ・時間設定ボタンが点灯。(6分後、自動的に消灯) ・取り出し忘れると、ブザーが2分おきに鳴ります。(6分間) ・終了後、電気部品保護のため約15分間ファンが回ります。

できあがり

ピッピッ…と5回鳴ったら

1

自動メニュー「6∼16、21∼28」は、

給水タンクの準備をする

給水タンクに満水まで水を入れます。(w11ページ) スチーム調理終了後、庫内に水滴が付着し、メニューによっては庫内底面にお湯がたまることがあります。 冷めてからふきんなどでふき取ってください。また、クリーントレーにたまった水も毎回捨ててください。

願い

2

食品を入れる

ドアを閉めるとボタンが点灯します。

3

を押す

を押して仕上がりを選ぶ

・強弱の設定が、3段階のメニューと5段階のメニューがあります。 ・スタート後にも仕上がりボタンが点灯中(約14秒間)に 設定できます。 お好みの仕上がりを選ぶには 12. 茶わん蒸し 4碗の場合 <強>

加熱時間を追加したいときは 

w35ページ

(34)

ピッピッ…と5回鳴ったら

予熱完了

予熱をスタートしてから約50分間予熱を保持します。

予熱するとき、角皿や食品を入れないでください。

4

を押し、予熱する

・ の表示が消えます。 ・排気口カバーが開きます。 ・庫内灯が点灯し、予熱が始まります。

自動メニュー17∼20

予熱あり

1

給水タンクの準備をする

・給水タンクに満水まで水を入れます。(w11ページ) ・ボタンが点灯していないときは、ドアを開閉します。

3

でメニュー番号を合わせる

(18のときは を1度、 を8度押す)

を押して仕上がりを選ぶ

・強弱3段階の設定ができます。 ・予熱中や予熱完了後、スタート後にも(約14秒間)、 仕上がりボタンが点灯中に強弱の設定ができます。 お好みの仕上がりを選ぶには 18. シュー 1段の場合 <弱>

2

を押す

(35)

使

・庫内灯が消灯。 ・時間設定ボタンが点灯。(6分後、自動的に消灯) ・取り出し忘れると、ブザーが2分おきに鳴ります。(6分間) ・終了後、電気部品保護のため約15分間ファンが回ります。

4

食品を入れる

できあがり

ピッピッ…と5回鳴ったら

自動メニュー「3∼28」で加熱時間を追加したいときは

加熱終了後、時間設定ボタンが点灯中(6分間)に、追加時間(最大10分まで)を合わせて スタートボタンを押します。 点灯が消えたときは、COOK BOOK各メニューページの「手動のときは」を参照してください。 オーブン調理は予熱なしで加熱します。

5

を押す

庫内灯が点灯し、加熱が始まります。

(36)

誤った使いかたをすると、赤外線センサーがうまく働かないため発煙・発火するおそれがあります

下記の項目に従って正しくお使いください

・葉菜 ・・・・・・・・・・・・・・ラップに包んで耐熱性の平皿にのせて加熱する。 ・果花菜・根菜 ・・・・・・耐熱性の平皿にのせ、皿ごとラップをして加熱する。 ・分量が100g未満の場合はレンジ700Wで様子を見ながら加熱してください。 ほうれん草 グリーンアスパラガス

葉菜

野菜を上手にゆでるには

付属品 なし

3

ゆで野菜(葉果菜) :ほうれん草・キャベツ・グリーンアスパラガス・もやし・

ブロッコリー・なす・かぼちゃ・さやいんげんなど 

4

ゆで野菜(根菜)

:じゃがいも・さつまいも・さといも・にんじん・大根など

・アクの強い野菜は加熱前、加熱後に水にさらしてアク抜きしてください。 ・洗ったときの水分を残して加熱しましょう。乾燥や脱水を防ぎ、しっとりと仕上がります。 ただし、容器に水をはりその中に野菜を入れて加熱しないでください。 ・季節により、仕上がりが異なります。温度/仕上がりボタンで調節してください。 ・取り出すときは皿が熱くなっているので気を付けてください。

野菜をゆでるときのコツ

2種類を使い分けましょう

3 ゆで野菜(葉果菜)

分量は、100∼500gまで。 (ほうれん草・小松菜・青梗葉チンゲンサイは300gまで) ほうれん草・小松菜など 葉と茎を交互に重ね、太い茎には十文字に包丁を入れる。 加熱後、流水でアクをとる。 キャベツ キャベツは固い芯を取り、大きさをそろえて切る。 もやし グリーンアスパラガス 穂先と根元を交互に重ねる。 加熱後、手早く冷水に取る。 直接ラップに包んで耐熱性の平皿にのせ、 庫内中央に置く。 ・ラップの重なり合う部分を下にして加熱する。 ・ラップは何重にも重ねて巻かない。

手動で加熱するときは

レンジ出力と加熱時間を合わせて、様子を見ながら加熱してください。(COOK BOOK w121ページ)

加熱時間を追加したいときは

加熱終了後、時間設定ボタンが点灯中(6分間)に追加時間(最大10分まで)を合わせて スタートボタンを押します。

(37)

使

じゃがいも ブロッコリー

果花菜

分量は、100g∼1kgまで。 (にんじん・大根は500gまで) じゃがいも・さつまいも・さといもなど 加熱ムラを解消するため、加熱後約5分蒸らす。 2個以上の場合は、上下に重ねないように皿にのせる。 (切って使うとき)皮をむき大きさをそろえて切る。 大根 2∼3cmの厚さの輪切りにする。 2個以上の場合は、上下に重ねないように皿にのせる。 にんじん 輪切りか、いちょう切りにして水にくぐらせる。 厚切り、角切りのにんじんはレンジ700Wで時間を 合わせて加熱する。 (設定時間wCOOK BOOK 121ページ)

4 ゆで野菜(根菜)

耐熱性の平皿にのせ、ラップでおおい庫内中央 に置く。 ラップは何重にも重ねておおわない。

3 ゆで野菜(葉果菜)

分量は、100∼500gまで。 かぼちゃ やや厚めに大きさをそろえて切る。 なす 大きさをそろえて切り、塩水につけてアク抜きする。 ブロッコリー・カリフラワーなど 小房に分け、塩水につけてアク抜きする。 さやいんげん すじを取る。 耐熱性の平皿にのせ、ラップでおおい庫内中央 に置く。 ラップは何重にも重ねておおわない。

警告

ふた、およびふた付きの容器は使用しない

容器にふたをして加熱すると、赤外線センサーが検知できずに、食品が発煙や発火するおそれがあります ●

次の場合、自動で加熱しない

●100g未満の野菜 発煙や発火のおそれがあります ●薄く切ったり、小さく切ったりした野菜(にんじんやミックスベジタブルなど) 火花が出て焦げることがあります 「レンジ」ボタンで様子を見ながら加熱してください。

(38)

2

を押して

出力を合わせる

(300Wのときは4度押す) 700W:1度押す 300W:4度押す 600W:2度押す 150W:5度押す 500W:3度押す 100W:6度押す 700W、600W、500W、300W、150W、100W、 300Wスチームの順に出力を表示します。 (300Wスチーム w39ページ)

1

食品を入れる

ボタンが点灯します。

3

4

を押す

・庫内灯が点灯し、残り時間を表示します。 ・排気口カバーが開きます。 ・レンジボタンを押すと、設定出力が表示されます。(約3秒間)

例)「300W」10分で調理するとき

700∼100W

できあがり

ピッピッ…と5回鳴ったら

押して時間を合わせる

(10分のときは を1度押す) ・最大設定時間 700、600、500、300W:30分 150、100W:300分 ・時間を合わせると出力の変更はできません。 変更したいときは、 を押して、最初から 操作し直してください。

レンジ

付属品 なし

レンジ加熱

(39)

使

例)「300Wスチーム」10分で調理するとき

1

給水タンクの準備をする

給水タンクに満水まで水を入れます。(w11ページ)

2

ラップをせずに食品を入れる

ドアを閉めるとボタンが点灯します。

3

を7度押す

4

5

を押して時間を合わせる

(10分のときは を1度押す) 最大設定時間:15分 ・庫内灯が消灯。 ・時間設定ボタンが点灯。(6分後、自動的に消灯) ・取り出し忘れると、ブザーが2分おきに鳴ります。(6分間)

加熱時間を追加したいときは

加熱終了後、時間設定ボタンが点灯中(6分間)に、追加時間を合わせてスタートボタンを押します。 点灯が消えたときは、最初から操作し直してください。(「300Wスチーム」はタンクの水量を確認する)

できあがり

ピッピッ…と5回鳴ったら

300Wスチーム

付属品 なし

を押す

・ の表示が消えます。 ・排気口カバーが開きます。 ・庫内灯が点灯し、残り時間を表示します。

レンジ+スチーム加熱

(40)

レンジ700Wでひと煮たちさせ、150Wで煮こみます。かぼちゃの煮ものや五目豆などに。

また、300Wと150Wの連動で卵とじもできます。

例)「700W 10分」

「150W 60分」のとき

2

1

を押す

700Wが終わると自動的に150Wに切り換わり、 150Wの残り時間を表示します。

4

連動調理(出力を組み合わせる)

700W

※ の操作では、700∼100Wの設定が 可能です。 時間を合わせる音声が流れますが、3 の操作へ。 2

1度

押す

3

150W

※ の操作では300∼100W、 300Wスチームの設定が可能です。 3

2度

押す

を1度押す

を6度押す

食品を入れる

ドアを閉めるとボタンが点灯します。

レンジ加熱

レンジ+スチーム加熱

出力

適する調理

700W 食品のあたためや野菜をゆでるとき、調理全般 600W、500W 魚類の調理、市販の冷凍食品のあたために 300W 卵料理など 150W 炊飯などの追加加熱に 100W 解凍を手動でするときに 300Wスチーム 蒸しものなど、レンジとスチームを使ってラップなしで調理するとき

レンジ出力の使い分け

警告

食品・飲み物は加熱しすぎない

発火や発煙、やけどのおそれがあります ●レンジボタンで調理するときは付属の角皿を使用しないでください ●レンジボタンを長時間使用した後やオーブン調理後など庫内が熱くなっているときは、熱に弱い容器を庫内に 置かないでください。 (発泡スチロール製のトレーやラップ、プラスチック容器は、溶けたり変形するおそれがあるため、 耐熱性容器をお使いください。)

願い

加熱時間を追加したいときは 

w41ページ

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :