まえがき 2 先日 アメリカから訪問していた Jason という人に製品の試作品を見せたとき 彼は少し覚えた日本語で こう言いました おいしい 彼は いいね と言いたかったのだと思いますが good を おいしい と置き換えて言ってしまったのです その誤りを指摘すると 彼は 日本語は難しいね と恥ず

全文

(1)

ぴくとりある

-絵で知る英語のこころ-すずきひろし (文・絵 )

約900枚のイラストを眺めていくと、 英単語の、アルファベットの連なりが、 それぞれ意味のある「ことば」に見えてきます。

?

explain

疑問を払ってきれいに平らにする

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

?

ex

plain

語源編 (L)

イラスト約900カット

英単語約2,200語

立ち

読み

(2)

まえがき

先日、アメリカから訪問していたJasonという人に製品の試作品を見せたとき、彼は少し覚えた日本 語で、こう言いました。「おいしい」。 彼は、「いいね」と言いたかったのだと思いますが、「good」を「おいしい」と置き換えて言ってしまったの です。その誤りを指摘すると、彼は「日本語は難しいね」と恥ずかしそうに言いました。 その夜、食事に行き、ビールを飲んでJasonはこう言いました、「おいしい」。「この場合は『おいしい』 で合ってるでしょ?」と確認するので、もちろん、「合っているよ」と答えました。 ***** 日英の単語は、カードの裏と表のように、ひっくり返せば意味が置き換えられるというものではありませ ん。でも、そんなカードのような覚え方を、私たちは中学校から続けてきました。 日本人は「お手本」「例文」が大好きで、書店に行くと、「英会話例文集」「そのまま使える英語表 現」というようなものがたくさん並んでいます。多くの人がそれを用いて、自分が使いたいケースに合わせ て、例文の中の単語のひとつを、カードのようにそのまま置き換えて使います。それが間違えのない手 堅い方法だと思い込んでいるからです。 でも、日本語と英語では、発想や連想されるものが大きく異なります。どこかから例文を持ってきて、 その一部の単語を別のものと単純に置き換えることでは、多くの場合は正しい英文はできないのです。 その問題を何とかしようというアプローチのひとつが、「単語の語感をイメージでつかむこと」で、その方法 として、語源に遡ってイメージを表現しようというのが、私のこの試みです。

(3)

まえがき

• 語源をイメージできると?

– 単語同士のネットワーク(つながり)ができて、有効語彙がぐっと増えます。

• 単語がイメージされると、頭の中での単語の大整理ができます。関連語がグループ化さ れ、語間にネットワークができます。これにより必要な単語が瞬時に検索できるようにな ります。 また、記憶したはずなのに使えずに眠っていた単語が、こんどは使えるようになり、 その結果、有効な語彙が大きく増えます。

• それから

– 記憶できる量と精度が大幅に向上します。

• 訳語(記号)として英単語を覚えようとすると、記憶可能な数には限界があります。英 単語を記号で憶えることは、多数の電話番号を根性で憶えようとするのと同じで、すぐ に記憶から剥がれ落ちてしまいます。 • 英語できいた話は、そのときには理解したつもりでも、すぐに忘れてしまって長期記憶と して残り難いことをよく経験します。 それは、表面上、言葉上だけで記憶をしているか らで、実感としての意味の記憶として残らないからです。 • 語源をイメージできると、心の中に、立体的な辞書ができます。裏と表の単語カードで はなく、また「訳語」でなく、ほんとうの「意味」として記憶され、類語の判別が可能にな り、正しい解釈、正しい作文ができます。

(4)

まえがき

– それよりなにより、楽しくなります

。 • 語源を知る過程は、発見の繰り返しなので、楽しく学べます。 次々に興味がわきます。楽 しくすることが、勉強の効率を大幅に高めます。

• それで私はなにをした?

– 語源を理解して、絵にしてみました。漢字の「へんとつくり」で理解するように、英単語の「こころ」 を理解するのが狙いです。 – 多少の遊びもいれましたが、できる限り本来の意味が理解しやすいように、抽象的な描き方にし ました。 – 前半には、よく出てくる接頭辞を並べてみました。これを最初に理解しておくことが、内容の理解 の早道だと思ったからです。少々退屈ですが、我慢して進んでください。雰囲気をつかむだけなの で、時間をかける必要はないと思います。

(5)

まえがき

• これをどう使う?

– 辞書などの副読本として使ってください • だいたいイメージがつかめたら、実際の使われ方を確認したり、辞書の例文を確認したりし て、それとイラストを合わせて見ながら、そのことばの本当の「こころ」を理解していくのが良い と思います。 • 表の中の訳語は、参考として載せているもので、訳語そのものを憶える意味はありません。 必ず辞書を読んで、用法を理解して、例文の中でおぼえてください。

– 検索機能を使ってください

• 気になる語があったとき、「検索」でその語を探してみてください。イメージがつかめるし、仲間 の語もいっしょにおぼえられるかも知れません。

– 比較をしてみてください

• 「類語」の比較も可能です。 • 同じような訳語がついた語の比較を、「イラストで広がる英語の世界 語源・類語編」 (DLmarket)にまとめました(2015年7月)。これも併せてご覧ください(内容的に は、「ぴくとりある-絵で知る英語のこころ-語源探訪編」(でじたる書房)をベースにしてい ます)。

2015年 7 月 すずきひろし

(6)

目次

• 代表的接頭辞

9

• 語根

31

(7)

trans

過渡期、変わり目 ion(名) transition 一時的な ion go transient 処理を行う act 行う transact 透明な par 現れる transparent トランシーバー ceive 取る transceiver 書き写す scribe 書く transcribe 輸送する port 運ぶ transport 送り届ける、伝染させる、伝える mit 送る transmit 言い換える、翻訳する late 運ぶ translate 移動させる、転送する fer 運ぶ transfer 通過する it 行く transit 輸血する fuse 注ぐ transfuse 変形する form 形 transform 移植する plant 植える transplant

across, over

beyond trans

越えて

(8)

語根

では本題

接頭辞

接頭辞

語根

語根

語尾辞

語尾辞

pro- con- in- ex-… -ion -er -ous … 表に、接頭辞や接尾辞、他の語根などのコンポーネントを書いています →の前に原義を書いています

(9)

clude / close

include

exclude

conclude

enclose

disclose

文章のまとまりを閉じる→節、条項 clause 完全に閉じる→終える 議論を閉じる→結論を下す con すっかり conclude 前で閉じる→遮断する、排除する pre 前 preclude 中へ閉じる→包括する、含む in 中 include 覆いを取る→暴露する dis 反対 disclose 締め出す、除外する ex 外 exclude 閉ざしたところ→押入れ et 指小辞 closet 閉じ込める→同封する en 為す enclose

閉じる

includingは「含めて」と訳されます が、「ボーダーぎりぎりのものを 「入れるか入れないか」を言うだけ でなく、「堂々ど真ん中」のものを 入れるときも”include”と言います。 この場合、日本語訳する場合は、 「など」がふさわしいですね。例 ; five countries including France (フランスなど5カ国) 新聞記事で よく見られます。

幕を閉じる

conclude

(10)

duce

内在するものを引 き出す 離して誘導する→誘拐する ab 離れて abduct 製品 (名) product 共に導く→案内する、行なう con 共に conduct 控除 de 離れて deduction 資質を導き出す→教育 ex 外に ateさせる education 紹介する、導入する intro 中に introduce 流れを導く→管、ダクト (名) duct 導き出す→推論する de 下に deduce 中に導く→誘導する in 中に induce 後ろに導く→減らす re 後ろに reduce 前に導き出す→生産する pro 前に produce (水を)導く reduce induce (家畜を)導く produce conduct

導く

(11)

li, ly, lig

結びつける→合金 alloy 再び結束→集会 re再び rally 責任、責務、義務 ity(名) liability 強いる、義務づける ob 向かって oblige しっかり結ぶ→頼る、信頼する re しっかり rely 義務、強制 ion(名) obligation 同盟(関係)、提携、協調 ance(名) alliance 連絡、連絡係、連絡窓口 liaison 同盟者、協力者、支持者 al 付加 ally 法的責任がある、しやすい liable

結びつける

liability

obligation

alliance

rely

(12)

ply

折るの反対→展示する、見せる dis 反対 display 中に織り込む→ほのめかす im 中に imply 外交官 de 離れて diplomat 展開する、配備する de 離れて deploy 中に包み込む→雇用する em 中に employ 元に包んで返す→返事する re 元に reply

deploy

employ

折る

display

(13)

著者:すずきひろし 技術者、イラストレータ、言語学習者/研究者。 大学で機械工学を学んだ後に工業英語などの英語学習を始め、外資系グローバル企業で実 務の英語と英米人の発想や論理を学んできた。 技術者である一方、言語学に造詣が深く、 対照言語学や認知言語学、英語/日本語の語源に関する知識をもとに、英単語や英文法・ 語法をイラストによって明示化する方法を探求している。 著書: 「ぴくとりある-絵で知る英語のこころ-前置詞編」 でじたる書房 「ぴくとりある-絵で知る英語のこころ-語源編」 でじたる書房・DLmarket 「ぴくとりある-絵で知る英語のこころ-語源探訪編」 でじたる書房 「イラストで広がる英語の世界 前置詞編」(共著) DLmarket 「イラストで広がる英語の世界 語源・類語編」 DLmarket 単語の文字の見え方が少しづつ変わってきたのではないでしょうか。イメージやセンスが見えてきたの ではないでしょうか。 英単語を記号や絵にすることが目的ではなく、単語の意味の理解や把握が学習者にとっての目的 です。ここにある絵が自分の感覚に合致しなければ、別の感覚で考えるのが良いでしょう。腕や体全 身を使って、意味を感じ取るのも良いかもしれません。(私は絵を考えるとき無意識に体を動かして います) 本書が少しでも皆さんの学習のお役てることを願います。 すずきひろし

Updating...

参照