Delphi/400ユーザーのための『Visual Query・Simple Transfer/400』ご紹介

18 

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

Delphi/400

Technical Seminar

Delphi/400ユーザーのための

『Visual Query・Simple Transfer/400』ご紹介

【セッションNo.5】

株式会社ミガロ

(2)

Delphi/400

Technical Seminar

ミガロ製ユーティリティソフトのご紹介

 Delphi/400をご利用の皆様に、System i をより有効にご使用 いただくために、弊社にてパッケージソフトを開発しました。

第一弾「Visual Query」

2007年9月リリース

必要なデータを簡単に抽出・加工できるユーティリ

ティ

第二弾「Simple Transfer/400」

2007年12月リリース予定

Delphi/400で開発した新規プログラムや変更を

加えた最新プログラム等のPCファイルを自動的に

(3)

Delphi/400

Technical Seminar

(4)

Delphi/400

Technical Seminar

< Visual Queryとは >

必要情報を

System i から簡単に抽出

、結果確認が可能

エンドユーザ自身

が簡単マウス操作

 ライブラリ、ファイル、フィールドの順に取得したい項目を選択  複数ファイルの結合条件を指定  抽出条件を詳細に設定  条件を全て指定した後、実行

抽出結果を確認してからでも、

PCで加工しやすい形式

に出力

可能

(5)

Delphi/400

Technical Seminar

< Visual Query機能 >

操作は全て簡単マウス選択

 ライブラリ・ファイルの複数選択や結合条件の指定はリストの 中から選択  画面で設定したデータ抽出条件などの情報を保存できるため、 繰り返し利用でき、また他ユーザとの共用が可能  設定情報は、付属の『SQLエディタ』からSQL文を生成可能  エディタ上でSQL文を変更して実行も可能  出力結果は、画面に表示することも、Excel/CSV出力も可能  ユーザ毎に閲覧可能なライブラリ・ファイルを設定できるので セキュリティも万全です

(6)

Delphi/400

Technical Seminar

< VisualQuery画面一覧 >

条件指示画面 SQLエディタ 抽出結果画面 Excel出力結果

(7)

Delphi/400

Technical Seminar

< Visual Query管理機能 >

管理者機能

 ユーザ保守 •サインオンユーザとは別に Visual Queryユーザ管理が可能  権限保守 •ユーザ毎に利用可能な ライブラリを設定可能

(8)

Delphi/400

Technical Seminar

< Visual Queryメリット >

 ガイド付GUI画面で、5250画面に不慣れな方でも簡単に操作できます。  予め作成した抽出条件を使って、繰返し実行が可能です。  エンドユーザが自ら操作することで、システム部門の作業軽減に  GUI画面で設定した条件をSQL文として生成できます。  開発の補助としても利用可能  System i へのサインオンユーザとは別に独自のユーザ管理を行い ます。  ユーザ毎に閲覧可能なライブラリ・ファイルを設定可能です。  セキュリティも万全

(9)

Delphi/400

Technical Seminar

< Visual Query稼働環境 >

 System i 側  [ハードウェア要件] •ハードディスク空容量:100KB以上  [ソフトウェア要件] •Delphi/400バージョン:Version7以降 •OS/400バージョン:V5R2以降  クライアント側  [ハードウェア要件] •ハードディスク空容量:10MB以上 •画面サイズ:XGA(1024x768)以上 •色数:High Color(16ビット)以上  [ソフトウェア要件] •Delphi/400バージョン:Version7以降

(10)

Delphi/400

Technical Seminar

(11)

Delphi/400

Technical Seminar

< Simple Transfer/400とは >

 Delphi/400で開発した新規プログラムや変更を加えた最新 プログラム等のPCファイルを自動的にクライアントに配布する製品  配布するPCファイルは圧縮した形で System i に格納  設定はGUI画面にて簡単操作  ファイル登録、ファイルグループ登録で配布したいファイルをグループ管理  クライアントツールにてクライアント情報を自動登録 ※クライアント登録を使ったクライアントの先行登録も可能  クライアントグループ登録で配布先をグループ管理  配布ファイルと配布先はグループ単位の紐付け登録

(12)

Delphi/400

Technical Seminar

< Simple Transfer/400概要 >

全体概要図

LAN(構内) 管理者端末 WAN(社外) クライアント端末 WAN(社内) ダイアルアップ ルータ VPN装置 System i 基幹システム ファイル配信 クライアント端末 クライアント端末 クライアント端末 Simple Transfer/400 管理モジュール Simple Transfer/400 ダウンローダー Simple Transfer/400 ダウンローダー Simple Transfer/400 ダウンローダー Simple Transfer/400 ダウンローダー Simple Transfer/400 サーバモジュール

(13)

Delphi/400

Technical Seminar

< Simple Transfer/400機能概要 >

管理モジュール

 ファイル情報管理 •アプリケーションやExcelブックの ようなファイルをグループ管理  クライアント情報管理 •クライアント端末を部署や所属の ようにグループ管理  配信先指定

ダウンローダー

 自動ファイル取得 Excelブック テキスト アプリケーション データ アプリケーション グループ ドキュメント グループ システム開発部 営業部

(14)

Delphi/400

Technical Seminar

< Simple Transfer/400機能① >

ファイル情報管理

ファイル情報

•ファイルデータは圧縮後、 System i に登録 •配信先フォルダ等は、付帯情報 として別途管理 →日本語ファイル名等に対応 •更新登録を行うことで、紐付け 情報を変更することなく、最新 ファイルへ変更可能

ファイルグループ情報

•複数ファイルを1つのグループと

(15)

Delphi/400

Technical Seminar

< Simple Transfer/400機能② >

クライアント情報管理

クライアント情報

•クライアントツールをイン ストールすることで、自動 的にクライアントを登録

クライアントグループ情報

•最大4階層のグループ管理 が可能

(16)

Delphi/400

Technical Seminar

< Simple Transfer/400機能③ >

配信先指定

紐付け情報

•ファイルグループとクライ アントグループを紐付ける ことで配信設定が完了 •クライアントの増加には グループ情報を変更する だけで対応 •ファイルを更新する際は ファイルを更新登録する だけ

(17)

Delphi/400

Technical Seminar

< Simple Transfer/400メリット >

 安定度№1のSystem i をデータサーバにし、配布ファイル・配布先 端末の各種情報を一括管理しているので安心して使用できます。  サーバはSystem i のみで、別途PCサーバ等構築する必要ありません。  Delphi/400の運用ライセンスがあれば端末増加時でもライセンス数 を気にする必要ありません。  操作は全て管理者側で行います。利用者側はインストール後の接続 先指定のみで構いません。  クライアントの増加やファイルの更新にも柔軟に対応できます。

(18)

Delphi/400

Technical Seminar

< Simple Transfer/400稼働環境 >

 System i 側  [ハードウェア要件] •ハードディスク空容量:100KB以上  [ソフトウェア要件] •Delphi/400バージョン:Version7以降 •OS/400バージョン:V5R2以降  クライアント側  [ハードウェア要件] •ハードディスク空容量:10MB以上 •画面サイズ:XGA(1024x768)以上 •色数:High Color(16ビット)以上  [ソフトウェア要件] •Delphi/400バージョン:Version7以降

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :