陸上自衛隊服務規則

全文

(1)

陸 上 自 衛 隊 訓 令 第 3 8 号 陸 上 自 衛 隊 服 務 規 則 を 次 の と お り 定 め る 。 昭 和 3 4 年 9 月 1 2 日 防 衛 庁 長 官 赤 城 宗 徳 陸 上 自 衛 隊 服 務 規 則 改 正 昭 和 35年 1 月 11日 隊 訓 第 7 号 昭 和 36年 5 月 25日 庁 訓 第 28号 昭 和 36年 10月 13日 隊 訓 第 21号 昭 和 37年 3 月 22日 隊 訓 第 3 号 昭 和 40年 3 月 26日 庁 訓 第 18号 昭 和 45年 6 月 18日 庁 訓 第 26号 昭 和 55年 12月 5 日 庁 訓 第 40号 昭 和 57年 4 月 30日 庁 訓 第 19号 平 成 4 年 4 月 21日 庁 訓 第 42号 平 成 6 年 9 月 1 日 庁 訓 第 45号 平 成 10年 3 月 25日 庁 訓 第 12号 平 成 11年 3 月 29日 隊 訓 第 9 号 平 成 13年 11月 2 日 庁 訓 第 76号 平 成 17年 2 月 25日 隊 訓 第 6 号 平 成 19年 1 月 5 日 庁 訓 第 1 号 平 成 19年 3 月 27日 省 訓 第 10号 平 成 22年 6 月 30日 省 訓 第 29号 平 成 25年 3 月 28日 省 訓 第 24号 平 成 30年 3 月 26日 省 訓 第 15号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ― 第 8 条 ) 第 2 章 部 隊 長 等 の 服 務 指 導 ( 第 9 条 ― 第 14条 ) 第 3 章 命 令 、 服 従 、 報 告 及 び 通 報 ( 第 15条 ― 第 20条 ) 第 4 章 環 境 の 整 理 ( 第 21条 ― 第 24条 ) 第 5 章 施 設 及 び 物 品 の 取 扱 ( 第 25条 ― 第 28条 ) 第 6 章 日 課 、 休 暇 及 び 外 出 ( 第 29条 ― 第 35条 ) 第 7 章 営 内 生 活 ( 第 36条 ― 第 39条 ) 第 8 章 苦 情 ( 第 40条 ・ 第 41条 ) 第 9 章 特 別 勤 務 第 1 節 通 則 ( 第 42条 ― 第 45条 ) 第 2 節 当 直 勤 務 ( 第 46条 ― 第 53条 ) 第 3 節 警 衛 勤 務 ( 第 54条 ― 第 63条 ) 第 4 節 営 外 巡 察 勤 務 ( 第 64条 ― 第 67条 ) 第 5 節 そ の 他 の 特 別 勤 務 ( 第 68条 ― 第 70条 ) 第 10章 健 康 管 理 ( 第 71条 ・ 第 72条 ) 第 11章 安 全 管 理 ( 第 73条 ― 第 75条 ) 第 12章 非 常 の 場 合 ( 第 76条 ― 第 78条 ) 第 13章 自 衛 官 候 補 生 へ の 準 用 ( 第 79条 ) 第 14章 雑 則 ( 第 80条 ― 第 83条 ) 附 則 第 1 章 総 則 ( 総 則 ) 第 1 条 陸 上 自 衛 隊 ( 自 衛 隊 情 報 保 全 隊 及 び 陸 上 幕 僚 長 の 監 督 を 受 け る 共 同 の 機 関 を 含 む 。 第 3 条 に お い て 同 じ 。 ) に お け る 営 内 服 務 そ の 他 自 衛 官 の 服 務 に 関 し て は 、 別 に 定 め る も の の ほ か 、 こ の 訓 令 の 定 め る と こ ろ に よ る も の と す る 。 ( 用 語 の 意 義 ) 第 2 条 こ の 訓 令 に お い て 、 次 に 掲 げ る 用 語 の 意 義 は 、 そ れ ぞ れ 当 該 各 号 に 定 め る と こ ろ に よ る 。

(2)

(1 ) 「 営 内 服 務 」 と は 、 駐 屯 地 内 ( 以 下 「 営 内 」 と い う 。 ) に お け る 自 衛 官 の 勤 務 及 び 居 住 に 関 す る 服 務 を い う 。 (2 ) 「 営 内 生 活 」 と は 、 営 内 に お け る 居 住 を い う 。 (3 ) 「 連 隊 ( 長 ) 等 」 と は 、 連 隊 ( 長 ) 、 群 ( 長 ) 及 び 防 衛 大 臣 、 方 面 総 監 、 師 団 長 、 旅 団 長 又 は 団 長 の 直 轄 す る 大 隊 ( 長 ) 並 び に こ れ ら に 準 ず る 部 隊 ( 長 ) を い う 。 (4 ) 「 大 隊 ( 長 ) 等 」 と は 、 前 号 の 大 隊 ( 長 ) を 除 く 大 隊 ( 長 ) 及 び こ れ に 準 ず る 部 隊 ( 長 ) を い う 。 (5 ) 「 中 隊 ( 長 ) 等 」 と は 、 中 隊 ( 長 ) 及 び こ れ に 準 ず る 部 隊 ( 長 ) を い う 。 (6 ) 「 部 隊 ( 長 ) 」 と は 、 前 3 号 に 掲 げ る 部 隊 ( 長 ) を い う 。 (7 ) 「 上 官 」 と は 、 指 揮 系 統 ( 特 定 事 項 に 関 す る 指 揮 系 統 を 含 む 。 ) 上 、 上 位 に あ る 者 を い う 。 ( 営 内 服 務 の 趣 旨 ) 第 3 条 自 衛 官 は 、 営 内 服 務 が 陸 上 自 衛 隊 の 任 務 遂 行 に 至 大 な 影 響 を 与 え る こ と に か ん が み 、 次 の 各 号 に 掲 げ る 趣 旨 を 達 成 す る よ う に 努 め な け れ ば な ら な い 。 (1 ) 自 衛 官 と し て の 使 命 を 自 覚 し 、 有 事 の 際 直 ち に 任 務 に つ く こ と が で き る よ う 常 に 物 心 両 面 の 準 備 を 整 え る こ と 。 (2 ) 自 衛 官 と し て 必 要 な 徳 操 を 養 い 、 特 に 自 律 心 を 養 成 し 、 公 徳 心 を 養 う と と も に 団 結 を 固 く し 、 規 律 を 維 持 し 、 か つ 、 士 気 を た か め 部 隊 活 動 の 基 礎 を 確 立 す る こ と 。 (3 ) 部 隊 内 に 情 愛 に 富 み 、 明 朗 な 生 活 環 境 を 築 く こ と 。 ( 営 内 服 務 の 指 導 ) 第 4 条 営 内 服 務 の 指 導 に あ た つ て は 、 特 に 自 律 心 の 養 成 及 び 勤 務 と 営 内 生 活 と の 調 和 に 慎 重 な 考 慮 を 払 う と と も に 、 い た ず ら に 手 段 形 式 に と ら わ れ 、 目 的 精 神 を 逸 す る こ と が な い よ う に 心 が け な け れ ば な ら な い 。 ( 幹 部 、 准 陸 尉 、 陸 曹 及 び 陸 士 の 心 構 え ) 第 5 条 幹 部 は 、 部 隊 の 骨 幹 を な す も の で あ る か ら そ の 重 責 を 自 覚 し 、 使 命 に 対 す る 強 い 信 念 を 養 い 、 徳 操 を み が き 識 見 及 び 技 能 の 向 上 を 図 り 、 体 力 及 び 気 力 を 充 実 し 、 部 下 と 苦 楽 を と も に し 常 に 率 先 垂 範 に 努 め る と と も に 、 部 下 の 人 格 を 尊 重 し 、部 下 を し て 積 極 的 に そ の 服 務 に 精 進 さ せ な け れ ば な ら な い 。 2 准 陸 尉 は 、 特 に 慣 熟 し た 隊 務 経 験 を も つ て 、 中 隊 長 等 を 補 佐 し 陸 曹 以 下 を 指 導 す る も の で あ る か ら 、 そ の 職 責 を 自 覚 し 、 徳 操 を み が き 識 見 及 び 技 能 の 向 上 を 図 り 、 陸 曹 以 下 の 範 と な る よ う に 努 め る と と も に 、 隊 員 相 互 の 親 和 及 び 上 下 意 志 の 疎 通 を 図 り 、 陸 曹 以 下 を し て 積 極 的 に そ の 服 務 に 精 通 さ せ な け れ ば な ら な い 。 3 陸 曹 は 、 直 接 陸 士 の 指 導 に あ た る も の で あ る か ら 、 そ の 言 動 が 陸 士 に 及 ぼ す 影 響 の 大 き い こ と を 認 識 し 、 自 ら 技 能 を 練 磨 し 、 行 状 を 慎 み 、 服 装 態 度 を 正 し く し 、 率 先 き ゅ う 行 に 努 め る と と も に 陸 士 と 生 活 を と も に し 、 懇 切 公 平 慈 愛 心 を も つ て こ れ を 善 導 し な け れ ば な ら な い 。 4 陸 士 は 、 深 く そ の 使 命 を 自 覚 し 、 上 官 を 信 頼 し て そ の 指 導 に 従 い 、 よ く 規 律 を 守 り 、 常 に 強 健 な 身 体 を 養 い 、 相 互 に 人 格 を 尊 重 し 、 誠 実 に 職 務 の 遂 行 に 努 め な け れ ば な ら な い 。 ( 容 儀 等 ) 第 6 条 自 衛 官 は 態 度 を 厳 正 に し 、 言 語 を 明 快 に し て 、 身 だ し な み に 注 意 す る と と も に 、 礼 儀 を 重 ん じ な け れ ば な ら な い 。

(3)

( 秘 密 保 全 ) 第 7 条 自 衛 官 は 、 常 に 秘 密 の 保 全 意 識 を 高 め 、 言 動 を 慎 み 、 自 衛 隊 の 秘 密 が 漏 れ な い よ う に し な け れ ば な ら な い 。 ( 呼 称 ) 第 8 条 自 衛 官 を 呼 称 す る に は 、 通 常 そ の 者 の 姓 の 後 に 階 級 の 略 称 ( 1 等 陸 佐 を 「 1 佐 」 、 陸 士 長 を 「 士 長 」 と 称 す る 例 に よ る 。 ) を 付 け 、 又 は そ の 者 の 職 名 の み を 用 い て 呼 称 す る の を 例 と す る 。 た だ し 、 幹 部 候 補 生 、 陸 曹 候 補 生 及 び 生 徒 陸 曹 候 補 生 に 対 し て は 、 そ れ ぞ れ の 者 の 姓 の 後 に 「 候 補 生 」 を 付 け て 呼 称 す る の を 例 と す る 。 第 2 章 部 隊 長 等 の 服 務 指 導 ( 部 隊 長 ) 第 9 条 部 隊 長 は 、常 に 部 下 の 服 務 を 指 導 監 督 し 、団 結 を 強 固 に し 、規 律 厳 正 、 か つ 、 士 気 お う 盛 な 部 隊 を 育 成 し 、 精 到 な 教 育 訓 練 と 相 ま つ て 、 事 に あ た つ て は 機 を 失 す る こ と な く 全 能 力 を 発 揮 す る こ と が で き る よ う に し な け れ ば な ら な い 。 ( 連 隊 長 等 及 び 大 隊 長 等 ) 第 10条 連 隊 長 等 は 、 営 内 服 務 を 通 じ 、 部 下 特 に 幹 部 を 教 導 し て 、 連 隊 等 の 団 結 の 強 化 を 図 ら な け れ ば な ら な い 。 2 大 隊 長 等 は 、 連 隊 長 等 の 旨 を 受 け 、 連 隊 等 の 団 結 に 寄 与 す る よ う に 、 中 隊 等 の 営 内 服 務 を 指 導 し な け れ ば な ら な い 。 ( 中 隊 長 等 ) 第 11条 中 隊 長 等 は 、 営 内 服 務 に あ た つ て は 、 部 下 と 真 に 一 体 と な つ て 率 先 垂 範 に 努 め 、 隊 員 相 互 の 親 和 を 助 長 し 、 も つ て 中 隊 長 等 を 核 心 と し て 強 固 に 団 結 し た 中 隊 等 を つ く り 上 げ な け れ ば な ら な い 。 2 中 隊 長 等 は 、 中 隊 等 に お け る 業 務 を 適 宜 に 区 分 し 、 中 隊 等 に 勤 務 す る 適 任 の 幹 部 、 准 陸 尉 及 び 陸 曹 に そ れ ぞ れ 係 幹 部 と し て こ れ を 分 担 さ せ 、 中 隊 長 等 を 補 佐 さ せ る も の と す る 。 ( 中 隊 等 に お け る 係 幹 部 ) 第 12条 中 隊 等 に お け る 係 幹 部 は 、 中 隊 長 等 の 命 を 受 け 、 分 担 さ せ ら れ た 業 務 区 分 に 応 じ 、そ の 業 務 の 実 施 に つ き 係 陸 曹 陸 士 及 び 営 内 班 長 を 指 導 監 督 す る 。 ( 営 内 班 ) 第 13条 中 隊 長 等 は 、 営 内 生 活 に 関 す る 服 務 を 適 切 に す る た め 、 中 隊 等 を 数 個 の 営 内 班 に 分 け 、陸 曹( 営 内 に 居 住 す る 陸 曹 と す る 。)及 び 陸 士 を 分 属 さ せ 、 班 内 の 先 任 の 陸 曹 に 営 内 班 長 を 命 ず る も の と す る 。 2 営 内 班 長 は 、 中 隊 長 等 の 命 を 受 け 、 営 内 生 活 に 関 し 班 員 の 服 務 を 指 導 し 、 及 び 係 幹 部 の 指 示 を 受 け 、 所 定 の 業 務 の 実 施 に つ き 班 員 を 監 督 す る 。 ( 駐 屯 地 司 令 等 ) 第 14条 駐 屯 地 司 令 は 、 駐 屯 部 隊 の 営 内 服 務 を 厳 正 に し 、 か つ 、 営 内 生 活 が 快 適 に 行 わ れ る よ う 努 め な け れ ば な ら な い 。 2 駐 屯 地 業 務 隊 長 ( 駐 屯 地 業 務 隊 を 置 か な い 駐 屯 地 に あ つ て は 、 駐 屯 地 業 務 を 担 当 す る 部 隊 長 。 以 下 同 じ 。 ) は 、 駐 屯 地 業 務 を 行 な う に あ た つ て は 公 正 を 旨 と し 、 特 に 営 内 生 活 が 快 適 に 行 わ れ る よ う に 努 め な け れ ば な ら な い 。 第 3 章 命 令 、 服 従 、 報 告 及 び 通 報 ( 命 令 ) 第 15条 発 令 者 は 、 い か な る 場 合 に お い て も 法 令 及 び 上 官 の 命 令 に 反 す る 命 令 を 発 し 、 又 は 自 己 の 権 限 外 に あ る 事 項 を 命 令 し て は な ら な い 。 2 発 令 者 は 、 そ の 命 令 の 実 行 に よ つ て 生 起 し た 結 果 に 対 し て 責 任 を 負 う 。

(4)

3 発 令 者 は 、 よ く 状 況 の 推 移 を 判 断 し 、 命 令 の 作 成 及 び 伝 達 の 方 法 を 適 切 に し 、 正 確 迅 速 に こ れ を 徹 底 さ せ な け れ ば な ら な い 。 4 発 令 者 は 、 命 令 の 伝 達 及 び 実 行 を 確 認 し な け れ ば な ら な い 。 5 下 達 さ れ た 命 令 を 状 況 に 適 応 し て 、 迅 速 確 実 に 指 揮 下 部 隊 に 徹 底 さ せ る こ と は 、 各 級 指 揮 官 の 責 任 と す る 。 6 受 令 者 は 、適 時 命 令 の 実 行 状 況 に 関 し 、発 令 者 に 報 告 し な け れ ば な ら な い 。 ( 系 統 ) 第 16条 命 令 は 、 指 揮 の 系 統 に 従 い 、 順 序 を 経 て 行 な う も の と す る 。 た だ し 、 状 況 が 急 を 要 す る 等 や む を 得 な い 場 合 は 、 指 揮 系 統 上 直 接 下 級 の 指 揮 官 を こ え て 、 更 に 下 級 の 指 揮 官 に 伝 達 す る こ と が で き る 。 こ の 場 合 、 命 令 を 行 つ た 者 は 、 以 後 す み や か に 指 揮 系 統 上 直 接 下 級 の 指 揮 官 に こ の 命 令 を 伝 達 し な け れ ば な ら な い 。 ( 服 従 ) 第 17条 上 官 の 職 務 上 の 命 令 は 、忠 実 に 守 り 、直 ち に 実 行 し な け れ ば な ら な い 。 2 命 令 の 内 容 に 不 明 の 点 が あ る 場 合 に は 、 直 ち に こ れ を 聞 き た だ し 、 そ の 実 行 に 誤 り が な い よ う に し な け れ ば な ら な い 。 ( 臨 機 の 措 置 ) 第 18条 命 令 者 の 予 測 し え な か つ た 事 情 が 発 生 し た た め 、 命 令 の 実 行 が 不 可 能 と な る か 、 又 は 明 ら か に 発 令 者 の 意 図 に 反 す る 場 合 で 、 か つ 、 あ ら ゆ る 手 段 を 尽 し て も 新 た な 命 令 を 受 け る 時 間 的 余 裕 が な い 場 合 に は 、 受 令 者 は 、 発 令 者 の 意 図 を 明 察 し 、 大 局 を 判 断 し て 自 己 の 責 任 に お い て 臨 機 の 措 置 を 講 じ な け れ ば な ら な い 。 こ の 場 合 、 自 己 の と つ た 措 置 に つ い て は 、 す み や か に 発 令 者 に 報 告 し な け れ ば な ら な い 。 ( 報 告 及 び 通 報 ) 第 19条 報 告 及 び 通 報 は 、 事 の 緩 急 軽 重 を 考 慮 し て 適 切 に 行 な い 、 い た ず ら に 形 式 に こ だ わ つ て 時 期 を 失 し て は な ら な い 。 2 報 告 の 系 統 に つ い て は 、 第 16条 に 定 め る と こ ろ に 準 ず る 。 ( 意 見 具 申 ) 第 20条 自 衛 官 は 、 隊 務 の 向 上 改 善 に 役 だ つ と 信 ず る 事 項 に つ い て は 、 誠 意 を も つ て 積 極 的 に 上 官 に 意 見 を 具 申 し な け れ ば な ら な い 。 2 意 見 を 具 申 す る に あ た つ て は 、 順 序 を 経 て こ れ を 行 い 、 秩 序 を み だ す よ う な こ と が あ つ て は な ら な い 。 3 自 衛 官 は 、上 官 が そ の 具 申 し た 意 見 と 異 な る 決 定 を 行 つ た 場 合 に お い て も 、 い さ ぎ よ く こ れ に 服 従 し 、 専 心 上 官 の 意 図 を 達 成 す る こ と に 努 め な け れ ば な ら な い 。 第 4 章 環 境 の 整 理 ( 環 境 整 備 の 趣 旨 ) 第 21条 営 内 に お い て は 、 常 に 不 時 の 事 態 に 即 応 し 、 か つ 、 衛 生 状 態 を 良 好 に し 、 清 新 な 気 分 を も つ て 服 務 す る こ と が で き る よ う 、 環 境 を 整 理 し 、 清 潔 整 と ん の 保 持 に 努 め る も の と す る 。 ( 施 設 の 割 り 当 て 及 び 使 用 ) 第 22条 駐 屯 地 業 務 隊 長 は 、 駐 屯 地 司 令 の 指 揮 監 督 を 受 け 、 営 内 の 施 設 を 駐 屯 部 隊 ご と に 割 り 当 て 、 か つ 、 駐 屯 地 共 用 の 施 設 の 使 用 区 分 を 定 め る 。 2 部 隊 長 は 、 割 り 当 て ら れ た 施 設 の 使 用 区 分 を 定 め る 。 ( 施 設 の 清 潔 整 と ん 及 び 維 持 ) 第 23条 駐 屯 地 司 令 は 、 駐 屯 地 司 令 及 び 駐 屯 地 業 務 隊 等 に 関 す る 訓 令 ( 昭 和 34 年 陸 上 自 衛 隊 訓 令 第 44号 ) に 定 め る そ の 職 務 を 行 な う た め 、 必 要 な 限 度 で 駐

(5)

屯 部 隊 の 行 な う 施 設 の 清 潔 整 と ん に つ い て 監 督 す る も の と す る 。 2 駐 屯 地 業 務 隊 長 は 、 自 ら 施 設 の 維 持 及 び 補 修 を 行 な う ほ か 、 必 要 な 規 定 を 定 め て 駐 屯 部 隊 の 行 な う 施 設 の 維 持 及 び 補 修 を 律 す る 。 3 部 隊 長 は 、 割 り 当 て ら れ た 施 設 の 清 潔 整 と ん の ほ か 、 そ の 維 持 及 び 補 修 で 軽 易 な も の に 関 し そ の 責 め に 任 ず る 。 ( 環 境 の 改 善 ) 第 24条 駐 屯 地 司 令 は 、 駐 屯 地 業 務 隊 長 を 指 揮 監 督 し て 、 営 内 に お け る 環 境 の 改 善 を 促 進 し な け れ ば な ら な い 。 2 駐 屯 地 業 務 隊 長 は 、 法 令 、 訓 令 そ の 他 の 定 め に 従 い 、 自 ら 営 内 の 環 境 を 明 朗 に す る た め 必 要 な 措 置 を 講 ず る と と も に 、 必 要 な 規 定 を 定 め て 駐 屯 部 隊 の 行 な う 環 境 の 改 善 の た め の 措 置 を 律 す る 。 3 部 隊 長 は 、 自 衛 官 の 営 内 生 活 に 潤 い を 与 え る よ う 環 境 の 改 善 を 図 る も の と し 、 駐 屯 地 業 務 隊 長 の 定 め る と こ ろ に 従 い 、 営 内 に 厚 生 、 体 育 等 の 施 設 を 設 け 、 ま た 、 樹 木 、 草 花 等 を 植 え る こ と が で き る 。 第 5 章 施 設 及 び 物 品 の 取 扱 ( 施 設 の 保 全 ) 第 25条 自 衛 官 は 、施 設 の 保 全 に つ い て は 細 心 の 注 意 を 払 わ な け れ ば な ら な い 。 2 自 衛 官 は 施 設 を 損 傷 し た と き は 、 直 ち に 順 序 を 経 て 中 隊 長 等 に 報 告 し な け れ ば な ら な い 。 ( 物 品 の 取 扱 ) 第 26条 自 衛 官 は 、 自 衛 隊 の 管 理 に 属 す る 物 品 を 大 切 に 取 り 扱 い 、 常 に そ の 保 存 整 備 を 良 好 に す る と と も に 、 許 可 な く こ れ を 改 造 し 、 又 は 私 用 に 供 し て は な ら な い 。 2 自 衛 官 は 、 前 項 の 物 品 を み だ り に 駐 屯 地 外 ( 以 下 「 営 外 」 と い う 。 ) に 持 ち 出 し て は な ら な い 。 3 第 1 項 に 掲 げ る 物 品 の 営 外 へ の 持 出 し に つ い て は 、 陸 上 幕 僚 長 の 定 め る と こ ろ に よ る 。 ( 私 物 品 の 亡 失 又 は 拾 得 ) 第 27条 自 衛 官 は 、 営 内 に お い て 金 銭 又 は 前 条 第 1 項 に 掲 げ る 物 品 以 外 の 物 品 を 亡 失 し 、 又 は 拾 得 し た と き は 、 直 ち に 順 序 を 経 て 中 隊 長 等 に 届 け 出 る も の と し 、 届 出 を 受 け た 中 隊 長 等 は 、 駐 屯 地 司 令 の 定 め る と こ ろ に よ り 、 す み や か に 所 要 の 処 置 を 講 じ な け れ ば な ら な い 。 ( 私 物 品 の 取 扱 ) 第 28条 営 内 に お い て 所 持 す る 私 物 品 は 、 必 要 最 少 限 の も の と し 、 か つ 、 ぜ い た く な も の を 避 け な け れ ば な ら な い 。 2 連 隊 長 等 は 、 規 律 保 持 上 適 当 で な い と 認 め ら れ る 私 物 品 の 所 持 を 制 限 し 、 若 し く は 禁 止 し 、 又 は 盗 難 予 防 の た め 必 要 が あ る 場 合 に は 、 貴 重 品 に つ い て そ の 所 持 を 届 け 出 さ せ 、又 は 、保 管 の た め 必 要 な 措 置 を 講 ず る こ と が で き る 。 第 6 章 日 課 、 休 暇 及 び 外 出 ( 日 課 ) 第 29条 自 衛 官 は 、 特 に 許 可 さ れ 又 は 命 ぜ ら れ た 場 合 を 除 き 、 課 業 開 始 時 刻 に 勤 務 を 開 始 し 、 課 業 終 了 時 刻 に 勤 務 を 終 了 す る も の と す る 。 第 30条 営 内 に 居 住 す る 陸 曹 及 び 陸 士 は 、 特 に 許 可 さ れ 又 は 命 ぜ ら れ た 場 合 を 除 き 、 朝 は 起 床 時 刻 に 起 床 し 、 日 朝 点 呼 を 受 け る も の と し 、 夜 は 日 夕 点 呼 を 受 け 、 消 燈 時 刻 に 消 燈 し 、 就 床 す る も の と す る 。 ( 時 間 の 厳 守 ) 第 31条 自 衛 官 は 、 日 課 そ の 他 に 定 め ら れ た 時 間 は 常 に 厳 守 し な け れ ば な ら な

(6)

い 。 ( 外 出 ) 第 32条 営 内 に 居 住 す る 陸 曹 及 び 陸 士 は 、 陸 上 幕 僚 長 が 指 定 す る 外 出 許 可 権 者 ( 以 下 「 許 可 権 者 」 と い う 。 ) の 許 可 を 得 て 外 出 す る こ と が で き る 。 ( 外 出 の 許 可 ) 第 33条 許 可 権 者 は 、 陸 上 幕 僚 長 が 定 め る 外 出 を 許 可 し 得 る 人 員 数 の 基 準 及 び 勤 務 そ の 他 の 事 情 が 許 す 範 囲 内 に お い て 、 努 め て 適 正 公 平 に 外 出 を 許 可 す る も の と す る 。 2 外 出 の 開 始 時 刻 及 び 帰 隊 時 刻 は 、 次 表 の と お り と す る 。 区 分 開 始 時 刻 帰 隊 時 刻 勤 務 日 そ の 日 の 課 業 終 了 の 時 刻 そ の 日 の 日 夕 点 呼 の 時 刻 休 養 日 及 び 休 日 8 時 そ の 日 の 日 夕 点 呼 の 時 刻 代 休 日 等 ( 自 衛 隊 法 施 行 規 則 ( 昭 和 29年 総 理 府 令 第 40号 ) 第 43条 第 3 項 の 規 定 に よ る 休 養 の 日 及 び 同 規 則 第 4 5条 の 2 第 1 項 の 規 定 に よ り 指 定 さ れ た 代 休 日 を い う 。 以 下 同 じ 。 ) 許 可 権 者 が そ の 都 度 定 め る 時 刻 3 駐 屯 地 司 令 及 び 許 可 権 者 は 、 特 殊 の 事 情 に よ り 必 要 と 認 め る と き は 、 前 項 に 規 定 す る 勤 務 日 、 休 養 日 又 は 休 日 に お け る 外 出 開 始 時 刻 又 は 帰 隊 時 刻 を 、 勤 務 に 支 障 が な く 、 か つ 、 帰 隊 時 刻 が 開 始 時 刻 の 翌 日 と な ら な い 範 囲 に お い て 変 更 す る こ と が で き る 。 ま た 、 駐 屯 地 司 令 ( 許 可 権 者 の 上 級 の 部 隊 長 を 含 む 。 ) は 、 特 殊 の 事 情 に よ り 必 要 と 認 め る と き は 、 許 可 権 者 が 定 め る 代 休 日 等 に お け る 外 出 の 開 始 時 刻 又 は 帰 隊 時 刻 に つ い て 所 要 の 統 制 を 行 な う こ と が で き る 。 4 許 可 権 者 は 、特 別 の 事 情 の あ る 者 に 対 し て は 、前 2 項 の 規 定 に か か わ ら ず 、 課 業 終 了 の 時 刻 か ら 次 の 課 業 開 始 の 時 刻 ま で の 間 に お い て 特 別 の 外 出 を 許 可 す る こ と が で き る 。 ( 外 出 地 域 の 制 限 ) 第 34条 駐 屯 地 司 令 は 、 駐 屯 地 の 警 備 又 は 規 律 維 持 上 必 要 が あ る と き は 、 そ の 必 要 な 限 度 で 外 出 の 地 域 を 制 限 す る こ と が で き る 。 2 連 隊 長 等 は 、 常 時 勤 務 態 勢 の 義 務 を 遵 守 さ せ る に 必 要 な 限 度 内 で 外 出 の 地 域 を 制 限 す る こ と が で き る 。 ( 休 暇 又 は 外 出 時 の 心 得 ) 第 35条 自 衛 官 は 、 休 暇 又 は 外 出 の 場 合 に は 、 特 に 自 衛 官 と し て の 品 位 を 保 持 し な け れ ば な ら な い 。 2 自 衛 官 は 、 休 暇 又 は 外 出 中 、 第 12章 に 定 め る 非 常 の 場 合 が 発 生 し 又 は 非 常 呼 集 が 行 わ れ て い る こ と を 知 つ た 場 合 は 、や む を 得 な い 理 由 の あ る 者 を 除 き 、 直 ち に 帰 隊 し な け れ ば な ら な い 。 3 自 衛 官 は 、 休 暇 又 は 外 出 中 、 や む を 得 な い 理 由 に よ り 帰 隊 時 刻 に 遅 れ る こ と が 予 想 さ れ る 場 合 は 、 部 隊 長 等 ( 不 在 時 は 当 直 勤 務 者 ) に す み や か に 報 告 し な け れ ば な ら な い 。 第 7 章 営 内 生 活 ( 営 内 生 活 に あ た つ て の 心 構 え ) 第 36条 自 衛 官 は 、 営 内 生 活 に あ た つ て は 、 各 自 の 良 識 と 良 心 に 基 づ き 自 ら 律 す る こ と を 本 旨 と し 、 こ の 間 に お い て 人 格 の 修 養 及 び 教 養 の 向 上 特 に 自 衛 官 と し て 必 要 な 資 質 の か ん 養 に 努 め 、 勤 務 と 相 ま つ て 自 衛 隊 本 来 の 使 命 を 完 遂

(7)

す る た め の 素 地 を 修 練 し な け れ ば な ら な い 。 2 自 衛 官 は 、 営 内 に あ る 者 す べ て が 快 適 な 生 活 を 送 り う る よ う 、 公 衆 道 徳 を 重 ん じ 、 他 に 迷 惑 を 及 ぼ す よ う な 言 動 は 厳 に 慎 ま な け れ ば な ら な い 。 3 自 衛 官 は 、 営 内 に お い て 休 息 す る と き も 、 放 縦 に 陥 り 、 又 は 節 度 を 失 つ て は な ら な い 。 ( 営 内 生 活 指 導 上 の 留 意 事 項 ) 第 37条 部 隊 長 は 、 営 内 生 活 の 指 導 に あ た つ て は 、 自 衛 官 の 個 人 の 生 活 を 尊 重 し 、 そ の 自 律 心 を 助 長 す る よ う に 努 め な け れ ば な ら な い 。 2 部 隊 長 は 、 自 衛 官 が 自 ら 教 養 、 趣 味 等 の 向 上 を 図 り 、 社 会 の 一 員 と し て 人 格 を 修 練 す る こ と が で き る よ う に 、 そ の 活 動 を 助 長 し な け れ ば な ら な い 。 ( 個 人 指 導 ) 第 38条 中 隊 長 等 は 、 自 衛 官 の 身 上 を は 握 し 、 長 所 を 伸 ば し 、 短 所 を 正 し 、 人 格 の 完 成 を 図 る よ う 、そ の 個 性 に 応 じ 適 切 な 指 導 を 行 な わ な け れ ば な ら な い 。 ( 私 的 な 悩 み ) 第 39条 上 官 特 に 中 隊 長 等 並 び に 中 隊 等 の 幹 部 、准 陸 尉 、付 准 尉( 中 隊 付 准 尉 、 隊 付 准 尉 、 本 部 付 准 尉 及 び 小 隊 付 准 尉 を 含 む 。 ) の 職 に あ る 者 及 び 営 内 班 長 は 、 自 衛 官 の 個 人 の 実 情 、 な か ん ず く そ の 希 望 と 悩 み を 明 察 し 、 そ の 希 望 に 対 し て は 絶 え ず こ れ を 達 成 す る よ う に 励 ま し 、 そ の 悩 み に 対 し て は 懇 切 に 解 決 を 助 け て 自 衛 官 が ひ と り こ れ に 苦 し む こ と が な い よ う 善 導 し 、 特 に 事 故 を 起 こ し た 自 衛 官 に 対 し て は 事 後 の 指 導 に 遺 憾 の な い よ う に し 、 も つ て 自 衛 官 が 明 朗 積 極 的 に 勤 務 に 専 念 す る こ と が で き る よ う に 心 が け な け れ ば な ら な い 。 第 8 章 苦 情 ( 苦 情 等 の 申 立 ) 第 40条 自 衛 官 は 、 隊 務 に 関 し 、 不 当 若 し く は 不 法 な 取 扱 を 受 け 、 又 は 著 し く 不 便 若 し く は 不 利 な 状 態 に あ る と 認 め る と き は 、 陸 上 幕 僚 長 の 定 め る と こ ろ に よ り 、 上 官 に 苦 情 を 申 し 立 て そ の 是 正 を 求 め る こ と が で き る 。 2 自 衛 官 は 、 一 身 上 の 事 情 が 隊 務 の 遂 行 に 支 障 と な つ て い る 場 合 、 又 は 自 己 に 対 す る 他 の 隊 員 の 取 扱 が 不 条 理 で あ る と 考 え る 場 合 に は 、 そ の 旨 を 上 官 に 申 し 述 べ る こ と が で き る 。 こ の 場 合 に お い て 、 当 該 上 官 が こ れ を 聴 取 せ ず 、 又 は 当 該 上 官 の 措 置 が 不 十 分 で あ つ た と き は 、 更 に 上 位 の 上 官 に こ れ を 申 し 述 べ る こ と が で き る 。 ( 苦 情 等 の 処 理 ) 第 41条 上 官 は 、 自 衛 官 が 明 朗 積 極 的 に 勤 務 に 専 念 す る こ と が で き る よ う 進 ん で 部 下 の 苦 情 等 を は 握 し 、 こ れ を 解 決 す る こ と に 努 め な け れ ば な ら な い 。 2 上 官 は 、 前 条 の 規 定 に よ る 苦 情 の 申 立 等 を 受 け た 場 合 に は 、 遅 滞 な く 必 要 な 措 置 を 行 い 、 又 は 解 決 を 図 ら な け れ ば な ら な い 。 3 苦 情 の 申 立 等 を し た 自 衛 官 に 対 し て は 、 苦 情 の 申 立 等 を し た こ と を 理 由 と し て 不 利 益 な 取 扱 を し て は な ら な い 。 第 9 章 特 別 勤 務 第 1 節 通 則 ( 区 分 ) 第 42条 規 律 の 維 持 、 警 戒 そ の 他 特 別 の 必 要 の た め 、 駐 屯 地 及 び 部 隊 ご と に 特 別 勤 務 を 設 け る 。 2 特 別 勤 務 は 、 当 直 勤 務 、 警 衛 勤 務 、 営 外 巡 察 勤 務 及 び そ の 他 の 特 別 勤 務 と す る 。 3 駐 屯 地 ご と に 設 け る 特 別 勤 務 は 、 駐 屯 地 当 直 勤 務 、 警 衛 勤 務 、 営 外 巡 察 勤

(8)

務 及 び そ の 他 の 特 別 勤 務 と し 、 部 隊 ご と に 設 け る 特 別 勤 務 は 、 部 隊 当 直 勤 務 及 び そ の 他 の 特 別 勤 務 と す る 。 4 特 別 勤 務 は 、 特 に 定 め る も の を 除 き 、 必 要 最 小 限 の 人 員 を も つ て 、 そ の 目 的 を 達 成 す る よ う 配 慮 し な け れ ば な ら な い 。 ( 特 別 勤 務 者 の 心 構 え ) 第 43条 特 別 勤 務 に つ く 者 ( 以 下 「 特 別 勤 務 者 」 と い う 。 ) は 、 そ の 勤 務 が 重 要 で あ る こ と を 認 識 し 、 誠 実 か つ 積 極 的 に 勤 務 し な け れ ば な ら な い 。 ( 特 別 勤 務 者 の 指 示 ) 第 44条 自 衛 官 は 、 特 別 勤 務 者 の 勤 務 上 発 す る 指 示 に 対 し て は 、 す べ て こ れ に 従 わ な け れ ば な ら な い 。 ( 幹 部 候 補 生 等 ) 第 45条 幹 部 候 補 生 ( 幹 部 勤 務 を 命 ぜ ら れ た 者 を 除 く 。 ) に は 幹 部 と し て の 特 別 勤 務 上 の 責 任 を 、 ま た 、 新 隊 員 後 期 訓 練 未 了 の 新 隊 員 及 び 生 徒 陸 曹 候 補 生 に は 、 特 別 勤 務 上 の 責 任 を 負 担 さ せ て は な ら な い 。 第 2 節 当 直 勤 務 ( 任 務 ) 第 46条 当 直 勤 務 者 は 、 規 律 の 維 持 、 火 災 盗 難 の 予 防 及 び 当 直 勤 務 を 命 じ た 駐 屯 地 司 令 又 は 部 隊 長 が 特 に 命 じ た 事 項 を 行 な う 。 2 当 直 勤 務 者 は 、 通 常 の 勤 務 時 間 外 に お い て 前 項 の 業 務 以 外 の 業 務 の 処 理 を 必 要 と す る 場 合 に お い て 、 当 該 業 務 の 主 任 者 が 不 在 で あ る と き は 、 軽 易 な も の に 限 り 自 ら そ の 処 理 に 任 ず る 。 こ れ 以 外 の も の で 急 ぎ 処 置 を 要 す る も の が あ る と き は 、 業 務 の 内 容 に 応 じ 当 直 勤 務 上 の 直 上 上 官 又 は 当 直 勤 務 を 命 じ た 部 隊 長 等 の 命 令 又 は 指 示 を 受 け な け れ ば な ら な い 。 ( 区 分 等 ) 第 47条 当 直 勤 務 の 区 分 、 当 直 勤 務 を 設 け る 部 隊 、 当 直 勤 務 を 命 ず る 者 及 び 勤 務 者 の 基 準 は 、 次 の 表 に 掲 げ る と お り と す る 。 当 直 勤 務 の 区 分 設 け る 部 隊 当 直 勤 務 を 命 ず る 者 勤 務 者 駐 屯 地 当 直 勤 務 駐 屯 部 隊 駐 屯 地 司 令 駐 屯 地 当 直 司 令 3 等 陸 佐 又 は 1 等 陸 尉 駐 屯 地 当 直 副 官 陸 曹 長 、1 等 陸 曹 又 は 2 等 陸 曹 駐 屯 地 当 直 伝 令 陸 士 部 隊 当 直 勤 務 連 隊 等 及 び 分 屯 大 隊 当 該 当 直 勤 務 を 設 置 す る 部 隊 の 長 当 該 当 直 勤 務 を 設 置 す る 部 隊 の 長 部 隊 当 直 司 令 1 等 陸 尉 又 は 2 等 陸 尉 部 隊 当 直 副 官 2 等 陸 曹 又 は 3 等 陸 曹 中 隊 等 当 直 幹 部 陸 尉 、准 陸 尉 、陸 曹 長 又 は 1 等 陸 曹 当 直 陸 曹 2 等 陸 曹 又 は 3 等 陸 曹 当 直 士 長 陸 士 長 駐 屯 地 業 務 隊 等 当 直 衛 生 陸 曹 医 務 室 に 勤 務 す る 衛 生 科 陸 曹 当 直 衛 生 陸 士 医 務 室 に 勤 務 す る 衛 生 科 陸 士

(9)

2 当 直 勤 務 の 編 成 は 、 陸 上 幕 僚 長 の 定 め る と こ ろ に よ る 。 ( 腕 章 ) 第 48条 当 直 勤 務 者 は 、別 紙 第 1 の 様 式 に よ る 当 直 勤 務 腕 章 を 着 用 し な け れ ば な ら な い 。 ( 勤 務 期 間 ) 第 49条 当 直 勤 務 は 、1 週 間 交 代 と す る 。た だ し 、駐 屯 地 司 令 は 、駐 屯 地 又 は 部 隊 の 状 況 に 応 じ 必 要 と 認 め る と き は 、そ の 期 間 を 変 更 す る こ と が で き る 。 2 当 直 勤 務 者 は 、そ の 日 の 課 業 終 了 の 時 刻 か ら 次 の 課 業 開 始 の 時 刻 ま で の 間 勤 務 す る も の と す る 。た だ し 、駐 屯 地 司 令 又 は 連 隊 長 等 は 、特 に 必 要 が あ る と 認 め る と き は 、当 直 勤 務 者 に 課 業 時 間 内 に お い て も 当 直 勤 務 の 全 部 又 は 一 部 に つ い て 勤 務 を 命 ず る こ と が で き る 。 ( 定 位 ) 第 50条 当 直 勤 務 者 は 、す べ て 営 内 に 宿 直 し 、勤 務 中 は 正 当 な 理 由 が な い 限 り 、 駐 屯 地 司 令 又 は 部 隊 長 の 定 め る 場 所 に 位 置 し な け れ ば な ら な い 。 ( 駐 屯 地 当 直 司 令 等 ) 第 51条 駐 屯 地 当 直 司 令 は 、駐 屯 地 司 令 の 命 を 受 け 、駐 屯 地 当 直 勤 務 者 を 指 揮 し 、か つ 、駐 屯 地 司 令 の 職 務 と さ れ て い る 業 務 に つ い て 部 隊 当 直 勤 務 者 を 指 揮 す る 。 2 部 隊 当 直 指 令 は 、当 該 部 隊 の 長 の 命 を 受 け 、か つ 、駐 屯 地 当 直 司 令 の 指 揮 を 受 け て 、 当 該 部 隊 の 当 直 勤 務 者 を 指 揮 す る 。 3 当 直 幹 部 は 、部 隊 当 直 司 令 の 指 揮 を 受 け 、当 該 中 隊 等 の 当 直 勤 務 者 を 指 揮 す る 。 ( 当 直 勤 務 者 ) 第 52条 当 直 勤 務 者 の 職 務 及 び 勤 務 要 領 等 に つ い て は 、こ の 訓 令 に 定 め る も の の ほ か 陸 上 幕 僚 長 が 定 め る 。 ( 当 直 医 官 ) 第 53条 前 各 条 に 定 め る も の の ほ か 、急 病 者 の 診 療 そ の 他 所 要 の 衛 生 業 務 の た め 、陸 上 幕 僚 長 の 定 め る と こ ろ に よ り 、駐 屯 地 に 当 直 医 官 を 置 く こ と が で き る 。 第 3 節 警 衛 勤 務 ( 任 務 ) 第 54条 警 衛 勤 務 者 は 、主 と し て 駐 屯 地 の 警 戒 及 び 営 門 出 入 者 の 監 視 に 任 じ 、あ わ せ て 営 内 に お け る 規 律 の 維 持 、秘 密 保 全 、火 災 予 防 及 び 災 害 防 止 に あ た る 。 ( 警 衛 勤 務 者 ) 第 55条 警 衛 勤 務 を 命 ず る 者 及 び 勤 務 者 の 基 準 は 、次 の 表 に 掲 げ る と お り と す る 。 警 衛 勤 務 を 命 ず る 者 勤 務 者 備 考 駐 屯 地 司 令 警 衛 司 令 2等陸曹 必 要 に 応 じ 、1 等 陸 曹 、陸 曹 長 、准 陸 尉 又 は 陸 尉 警 衛 副 司 令 2 等 陸 曹 又 は 3 等 陸 曹 必 要 に 応 じ 設 け る 。 営 舎 係 3 等 陸 曹 又 は 陸 士 長 歩 哨 係 歩 哨

(10)

ら つ ぱ 手 陸 士 必 要 に 応 じ 設 け る 。 操 縦 手 2 警 衛 勤 務 の 編 成 は 、陸 上 幕 僚 長 の 定 め る と こ ろ に よ り 駐 屯 地 司 令 が 定 め る 。 ( 武 器 及 び 弾 薬 ) 第 56条 警 衛 勤 務 者 に は 、 通 常 小 銃 を 、 必 要 に 応 じ 車 両 、 通 信 機 等 を 装 備 す る も の と す る 。 2 駐 屯 地 司 令 は 、 陸 上 幕 僚 長 の 定 め る と こ ろ に よ り 警 衛 所 に 自 衛 隊 法 ( 昭 和 29年 法 律 第 165号 )第 95条 に 定 め る 武 器 等 の 防 護 又 は 同 法 第 95条 の 3 に 定 め る 施 設 の 警 護 の た め 必 要 と 認 め る 弾 薬 を 備 え 付 け る も の と す る 。 3 弾 薬 庫 の 歩 哨 に は 弾 薬 を 携 行 さ せ る も の と す る 。 ま た 、 駐 屯 地 司 令 は 自 衛 隊 法 第 95条 に 定 め る 武 器 等 の 防 護 又 は 同 法 第 95条 の 3 に 定 め る 施 設 の 警 護 の た め 特 に 必 要 と 認 め る と き は 、 弾 薬 庫 の 歩 哨 以 外 の 歩 哨 に も 弾 薬 を 携 行 さ せ る こ と が で き る 。 4 歩 哨 は 、 前 項 の 規 定 に よ り 弾 薬 を 携 行 し た 場 合 に お い て も 、 自 衛 隊 法 第 95 条 又 は 第 95条 の 3 に 規 定 す る 事 態 が 予 測 さ れ る と き の ほ か 、 装 て ん を 行 つ て は な ら な い 。 5 駐 屯 地 司 令 は 、 警 衛 勤 務 者 が 武 器 を 使 用 し た 場 合 は 、 す み や か に 順 序 を 経 て 、 防 衛 大 臣 に 報 告 し な け れ ば な ら な い 。 ( 勤 務 時 間 ) 第 57条 警 衛 勤 務 者 は 、 24時 間 勤 務 と す る 。 た だ し 、 駐 屯 地 司 令 は 、 必 要 と 認 め る と き に は 、 こ れ を 変 更 す る こ と が で き る 。 ( 定 位 ) 第 58条 警 衛 勤 務 者 は 、 特 に 駐 屯 地 司 令 が 定 め た 場 合 の ほ か 、 警 衛 司 令 の 許 可 な く 駐 屯 地 司 令 の 定 め る 場 所 を 離 れ て は な ら な い 。 第 59条 警 衛 勤 務 者 は 、 駐 屯 地 司 令 の 定 め る と こ ろ に 従 い 、 仮 眠 を す る こ と が で き る 。 ( 警 衛 司 令 等 ) 第 60条 警 衛 司 令 は 、 駐 屯 地 司 令 又 は 駐 屯 地 当 直 司 令 の 命 を 受 け 、 警 務 勤 務 者 を 指 揮 す る 。 2 警 衛 勤 務 者 の 職 務 及 び 勤 務 要 領 等 に つ い て は 、 こ の 訓 令 に 定 め る も の の ほ か 陸 上 幕 僚 長 が 定 め る 。 ( 営 門 の 開 閉 ) 第 61条 営 門 は 、 駐 屯 地 司 令 の 定 め る 時 刻 に 開 閉 す る 。 ( 営 門 出 入 の 取 扱 ) 第 62条 警 衛 勤 務 者 は 、 次 の 各 号 に 掲 げ る 者 に 対 し て は そ れ ぞ れ 当 該 各 号 に 掲 げ る と こ ろ に よ り 応 接 す る も の と し 、 そ の 応 接 は 懇 切 て い ね い で な け れ ば な ら な い 。 (1 ) 面 会 人 に つ い て は 、 面 会 簿 に 必 要 な 事 項 を 記 入 し 、 面 会 証 を 発 行 し 、 被 面 会 人 の 所 属 中 隊 等 に 通 報 し 、 幹 部 及 び 准 陸 尉 に 対 す る 面 会 人 は そ の 指 示 す る 場 所 に 、 陸 曹 及 び 陸 士 に 対 す る 面 会 人 は 面 会 所 に 案 内 す る 。 (2 ) 業 務 の た め 入 門 を 求 め る 者 に つ い て は 、面 会 簿 に 必 要 な 事 項 を 記 入 し 、 面 会 証 を 発 行 し 、 そ れ ぞ れ の 係 等 に 連 絡 す る 。 た だ し 、 駐 屯 地 司 令 の 発 行 し た 入 門 許 可 証 を 所 持 し て い る 者 に つ い て は 、 こ の 限 り で な い 。 (3 ) 営 内 参 観 、 記 事 取 材 等 の た め 来 隊 し た 者 に つ い て は 、 駐 屯 部 隊 の 係 に 連 絡 し 、 そ の 指 示 を 受 け る 。 2 警 衛 勤 務 者 は 、 前 項 各 号 に 掲 げ る 者 及 び 次 の 各 号 に 掲 げ る 者 の ほ か 営 門 を 出 入 さ せ て は な ら な い 。

(11)

(1 ) 教 育 訓 練 、 作 業 等 の た め 指 揮 者 に 引 率 さ れ た 部 隊 (2 ) 幹 部 及 び 准 陸 尉 ( 私 服 の 場 合 は 身 分 証 明 書 を 所 持 す る 者 ) 並 び に そ れ ら の 随 従 者 (3 ) 営 外 居 住 の 証 明 書 を 所 持 す る 陸 曹 及 び 陸 士 (4 ) 営 内 に 居 住 す る 陸 曹 及 び 陸 士 で 外 出 の 証 明 書 、 休 暇 付 与 証 、 公 用 の た め 営 外 に 出 る こ と を 命 じ た 旨 の 証 明 書 又 は 移 動 等 の 場 合 は 個 別 命 令 と と も に 身 分 証 明 書 を 所 持 す る も の (5 ) 営 外 巡 察 隊 員 (6 ) 警 務 腕 章 を 着 用 し 、 又 は 捜 査 の た め 所 定 の 証 明 書 を 所 持 す る 警 務 隊 員 (7 ) 所 定 の 車 両 運 行 に 関 す る 指 令 書 を 所 持 す る 操 縦 手 及 び 助 手 (8 ) 自 衛 隊 法 第 69条 の 2 第 2 項 及 び 第 3 項 ( 同 法 第 75条 の 8 に お い て 準 用 す る 場 合 を 含 む 。 ) の 規 定 に 基 づ き 制 服 を 着 用 し た 幹 部 及 び 准 陸 尉 の 階 級 を 指 定 さ れ て い る 予 備 自 衛 官 及 び 即 応 予 備 自 衛 官 (9 ) 前 各 号 に 掲 げ る 者 以 外 の 者 で 防 衛 省 の 職 員 ( 防 衛 省 共 済 組 合 の 専 従 職 員 を 含 む 。 ) で あ る 記 章 を 着 用 す る も の 又 は 身 分 証 明 書 を 所 持 す る 自 衛 官 以 外 の 隊 員 (10) 駐 屯 地 司 令 が 業 務 の た め 必 要 と 認 め て 発 行 し た 入 門 許 可 証 を 所 持 す る 者 (11) 郵 便 電 信 集 配 人 (12) そ の 他 駐 屯 地 司 令 の 特 に 指 定 し た 者 3 営 門 を 出 入 す る 車 両 及 び 隊 員 に 対 し て 特 別 の 必 要 が あ る と き は 、 積 載 又 は 所 持 し て い る 物 品 等 に つ い て 点 検 を 行 な う こ と が で き る 。 4 本 条 に 定 め る も の の ほ か 、 表 門 、 そ の 他 の 営 門 の 出 入 に つ い て 必 要 な 事 項 は 、 駐 屯 地 司 令 が 定 め る 。 ( 不 法 立 入 者 ) 第 63条 警 衛 勤 務 者 は 、 不 法 に 営 内 に 立 ち 入 る 者 が あ る 場 合 に お い て は 、 こ れ を 退 去 さ せ な け れ ば な ら な い 。 第 4 節 営 外 巡 察 勤 務 ( 任 務 ) 第 64条 営 外 巡 察 勤 務 者 は 、 駐 屯 地 の 外 を 巡 回 し 、 営 外 に あ る 隊 員 の 規 律 を 正 し 、 非 違 を 戒 め 、 そ の 品 位 を 保 た せ 、 ま た 、 病 気 そ の 他 の 救 護 を 要 す る 隊 員 を 保 護 す る と と も に 、 駐 屯 地 司 令 が 特 に 命 じ た 事 項 を 行 な う 。 ( 営 外 巡 察 勤 務 者 ) 第 65条 営 外 巡 察 勤 務 を 命 ず る 者 及 び 勤 務 者 の 基 準 は 、 次 の 表 に 掲 げ る と お り と す る 。 こ の 場 合 、 巡 察 隊 長 に は 当 直 幹 部 を 充 て る こ と が で き る 。 営 外 巡 察 勤 務 を 命 ず る 者 勤 務 者 駐 屯 地 司 令 巡 察 隊 長 陸 尉 又 は 准 陸 尉 巡 察 隊 員 陸 曹 又 は 陸 士 2 営 外 巡 察 勤 務 の 編 成 は 、 陸 上 幕 僚 長 の 定 め る と こ ろ に よ り 駐 屯 地 司 令 が 定 め る 。 ( 腕 章 及 び 武 器 ) 第 66条 営 外 巡 察 勤 務 者 は 、 営 外 巡 察 勤 務 に 勤 務 す る 間 、 別 紙 第 2 の 様 式 に よ る 営 外 巡 察 腕 章 を 着 用 し な け れ ば な ら な い 。 2 営 外 巡 察 勤 務 者 は 、 武 器 を 携 行 し て は な ら な い 。 ( 巡 察 隊 長 等 ) 第 67条 巡 察 隊 長 は 、 駐 屯 地 司 令 又 は 駐 屯 地 当 直 司 令 の 命 を 受 け て 、 営 外 巡 察

(12)

勤 務 者 を 指 揮 す る 。 2 巡 察 隊 員 の 職 務 及 び 勤 務 要 領 等 に つ い て は 、 こ の 訓 令 に 定 め る も の の ほ か 陸 上 幕 僚 長 が 定 め る 。 第 5 節 そ の 他 の 特 別 勤 務 ( そ の 他 の 特 別 勤 務 ) 第 68条 そ の 他 の 特 別 勤 務 は 、 不 寝 番 、 伝 令 、 患 者 看 護 そ の 他 こ れ ら に 準 じ て 特 に 必 要 と さ れ る 勤 務 と す る 。 ( 不 寝 番 ) 第 69条 部 隊 ご と に 、 陸 上 幕 僚 長 の 定 め る と こ ろ に よ り 、 不 寝 番 を 置 く 。 2 不 寝 番 は 、 部 隊 長 の 定 め る と こ ろ に よ り 、 部 隊 の 隊 舎 内 を 警 戒 し 、 火 災 盗 難 を 予 防 し 、 及 び 衛 生 に 注 意 す る 。 3 不 寝 番 の 勤 務 要 領 等 に 関 し て は 、 陸 上 幕 僚 長 が 定 め る 。 ( 伝 令 等 ) 第 70条 伝 令 、 患 者 看 護 そ の 他 の 勤 務 は 、 陸 上 幕 僚 長 の 定 め る と こ ろ に よ り 、 駐 屯 地 又 は 部 隊 ご と に 置 く 。 第 10章 健 康 管 理 ( 部 隊 長 ) 第 71条 部 隊 長 は 、 自 衛 官 の 健 康 の 増 進 及 び 体 力 の 向 上 を 図 る た め 、 教 育 訓 練 そ の 他 の 隊 務 の 計 画 及 び 実 施 に あ た つ て は 、 常 に 健 康 管 理 に 留 意 す る と と も に 、 営 内 生 活 に お け る 健 康 管 理 に 関 す る 計 画 を 樹 立 し 、 そ の 実 施 を 指 導 監 督 し な け れ ば な ら な い 。 2 部 隊 長 は 、 衛 生 に 関 す る 教 育 を 行 な い 、 自 衛 官 の 衛 生 思 想 を 向 上 さ せ る と と も に 、 そ の 衛 生 状 態 を は 握 し 、 衛 生 に 関 す る 指 導 を 行 な わ な け れ ば な ら な い 。 ( 駐 屯 地 司 令 等 ) 第 72条 駐 屯 地 司 令 は 、 駐 屯 地 に お け る 防 疫 ( 予 防 接 種 を 含 む 。 ) に つ い て そ の 責 め に 任 ず る と と も に 、 駐 屯 地 業 務 隊 長 の 行 な う 給 養 、 保 健 衛 生 及 び 医 療 等 に 関 す る 計 画 に つ い て 監 督 し 、 健 康 管 理 上 必 要 が あ る と 認 め る 場 合 は 、 第 34条 に 規 定 す る 措 置 を 講 ず る ほ か 、 飲 食 物 の 営 内 へ の 持 ち 込 み に つ き 禁 止 又 は 制 限 を 行 な う 等 所 要 の 措 置 を 講 ず る も の と す る 。 2 駐 屯 地 業 務 隊 長 は 、 給 養 、 保 健 衛 生 及 び 医 療 等 の 実 施 に あ た つ て は 、 駐 屯 部 隊 の 教 育 訓 練 そ の 他 の 隊 務 実 施 と の 調 整 を 図 り 、 自 衛 官 の 健 康 及 び 体 力 の 増 進 に 寄 与 す る よ う に 努 め な け れ ば な ら な い 。 第 11章 安 全 管 理 ( 部 隊 長 ) 第 73条 部 隊 長 は 、 災 害 を 未 然 に 防 止 し 、 人 命 並 び に 施 設 及 び 物 品 を 保 全 す る た め 、 教 育 訓 練 そ の 他 の 隊 務 の 計 画 及 び 実 施 に あ た つ て は 、 常 に 安 全 管 理 に 留 意 す る と と も に 、 営 内 生 活 に お け る 安 全 管 理 に 関 す る 計 画 を 樹 立 し 、 そ の 実 施 を 指 導 監 督 し な け れ ば な ら な い 。 2 部 隊 長 は 、 安 全 に 関 す る 教 育 を 行 な い 、 自 衛 官 の 安 全 意 識 を 向 上 さ せ る と と も に 、 検 査 等 を 実 施 し て 安 全 管 理 の 状 態 を は 握 し 、 所 要 の 措 置 を 講 じ な け れ ば な ら な い 。 ( 駐 屯 地 司 令 ) 第 74条 駐 屯 地 司 令 は 、 営 内 の 施 設 及 び 物 品 に つ い て 安 全 管 理 の 責 に 任 ず る と と も に 、 駐 屯 地 に お け る 安 全 管 理 の た め に 必 要 な 規 制 を 行 な い 、 そ の 実 施 を 監 督 し な け れ ば な ら な い 。 ( 消 防 隊 )

(13)

第 75条 駐 屯 地 司 令 は 、 駐 屯 地 に お け る 消 防 に 従 事 さ せ る た め 、 駐 屯 地 消 防 隊 を 編 成 す る 。 2 駐 屯 地 消 防 隊 の 編 成 そ の 他 駐 屯 地 消 防 隊 に 関 し 必 要 な 事 項 は 、 陸 上 幕 僚 長 が 定 め る 。 第 12章 非 常 の 場 合 ( 駐 屯 地 司 令 及 び 部 隊 長 ) 第 76条 駐 屯 地 司 令 及 び 部 隊 長 は 、 各 種 の 非 常 の 場 合 ( 駐 屯 地 及 び そ の 近 傍 に お い て 、 天 災 地 変 そ の 他 の 災 害 又 は 駐 屯 地 の 警 備 又 は 隊 員 の 規 律 維 持 上 重 大 な 事 態 が 発 生 し 、 又 は そ の お そ れ が あ る 場 合 を い う 。 以 下 同 じ 。 ) に 応 ず る 計 画 を 樹 立 し 、 そ の 準 備 を 周 到 に し て お か な け れ ば な ら な い 。 ( 非 常 呼 集 ) 第 77条 非 常 の 場 合 そ の 他 の 場 合 で 非 常 呼 集 を 要 す る と き は 、 駐 屯 地 司 令 又 は 現 場 に 所 在 す る 幹 部 は 、 非 常 呼 集 の 号 音 を 吹 奏 さ せ る も の と す る 。 た だ し 、 必 要 が あ る 場 合 に は 号 音 を 吹 奏 し な い で 非 常 呼 集 を 行 な う こ と が で き る 。 2 非 常 呼 集 の 場 合 に は 、 各 本 部 及 び 中 隊 等 は 、 直 ち に 命 令 受 領 者 を 駐 屯 地 司 令 又 は 指 揮 系 統 上 上 級 の 部 隊 長 に 差 し 出 す と と も に す み や か に 所 定 の 集 合 場 所 に 集 合 し な け れ ば な ら な い 。 第 78条 自 衛 官 は 、 非 常 の 場 合 に 際 し て 、 上 官 の 指 揮 を 受 け る い と ま の な い と き は 、 現 場 に あ る 上 級 者 の 統 制 の も と に 適 切 な 処 置 を 講 じ 、 沈 着 果 断 に 行 動 し な け れ ば な ら な い 。 こ の 場 合 に お い て は 、 事 後 す み や か に 上 官 に そ の 状 況 を 報 告 し な け れ ば な ら な い 。 第 13章 自 衛 官 候 補 生 へ の 準 用 第 79条 第 1 章 、 第 17条 、 第 20条 、 第 21条 、 第 24条 、 第 5 章 、 第 6 章 ( 第 34条 第 2 項 を 除 く 。 ) 、 第 7 章 、 第 8 章 、 第 44条 、 第 62条 第 2 項 、 第 10章 、 第 11 章 ( 第 75条 を 除 く 。 ) 、 前 章 及 び 第 82条 の 規 定 は 、 自 衛 官 候 補 生 の 服 務 に つ い て 準 用 す る 。 第 14章 雑 則 ( 陸 上 幕 僚 監 部 等 ) 第 80条 陸 上 幕 僚 監 部 、 陸 上 総 隊 司 令 部 、 方 面 総 監 部 、 師 団 司 令 部 、 旅 団 司 令 部 、 団 本 部 及 び 機 関 ( 第 1 条 の 共 同 の 機 関 を 含 む 。 ) に 対 す る こ の 訓 令 の 適 用 に つ い て 必 要 な 事 項 は 、 陸 上 幕 僚 長 が 定 め る 。 ( 演 習 行 動 等 の 場 合 ) 第 81条 部 隊 が 長 期 の 演 習 又 は 行 動 等 の た め 、 駐 屯 地 外 の 場 所 に 駐 屯 し て い る 場 合 に お い て は 、 そ の 場 所 を 必 要 に よ り 駐 屯 地 に 準 ず る も の と し て 、 こ の 訓 令 を 準 用 す る こ と が で き る 。 ( 委 任 ) 第 82条 こ の 訓 令 の 実 施 に 関 し 必 要 な 事 項 は 、 陸 上 幕 僚 長 が 定 め る 。 ( 海 上 幕 僚 長 及 び 航 空 幕 僚 長 と の 協 議 ) 第 83条 こ の 訓 令 に 基 づ い て 陸 上 幕 僚 長 が 定 め を す る 場 合 に お い て 、 そ れ が 第 1 条 に 規 定 す る 共 同 の 機 関 に つ い て の み 適 用 さ れ る も の で あ る と き は 、 陸 上 幕 僚 長 は 、あ ら か じ め 海 上 幕 僚 長 及 び 航 空 幕 僚 長 と 協 議 し な け れ ば な ら な い 。 附 則 1 こ の 訓 令 は 、 昭 和 34年 12月 1 日 か ら 施 行 す る 。 2 保 安 官 の 勤 務 時 間 、 休 暇 及 び 外 出 に 関 す る 訓 令 ( 昭 和 28年 保 安 隊 訓 令 第 18 号 ) の 一 部 を 次 の よ う に 改 正 す る 。 ( 次 の よ う 略 ) 附 則 ( 昭 和 35年 1 月 11日 陸 上 自 衛 隊 訓 令 第 7 号 )

(14)

こ の 訓 令 は 、 昭 和 35年 1 月 14日 か ら 施 行 す る 。 附 則 ( 昭 和 36年 5 月 25日 防 衛 庁 訓 令 第 28号 ) こ の 訓 令 は 、 昭 和 36年 5 月 25日 か ら 施 行 す る 。 附 則 ( 昭 和 36年 10月 13日 陸 上 自 衛 隊 訓 令 第 21号 ) 1 こ の 訓 令 は 、 昭 和 37年 1 月 18日 か ら 施 行 す る 。 2 こ の 訓 令 の 施 行 の 日 か ら 自 衛 隊 法 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ( 昭 和 36年 法 律 第 126号 )附 則 第 1 項 の 指 定 日 ま で の 間 は 、同 法 附 則 第 2 項 前 段 の 規 定 に よ り な お 存 続 す る 管 区 隊 又 は 混 成 団 に つ い て は 、 こ の 訓 令 に よ る 改 正 前 の 陸 上 自 衛 隊 訓 令 の 規 定 は 、 な お そ の 効 力 を 有 す る 。 附 則 ( 昭 和 37年 3 月 22日 陸 上 自 衛 隊 訓 令 第 3 号 ) こ の 訓 令 は 、 昭 和 37年 4 月 1 日 か ら 施 行 す る 。 附 則 ( 昭 和 40年 4 月 26日 防 衛 庁 訓 令 第 18号 ) ( 抄 ) 1 こ の 訓 令 は 、 昭 和 40年 3 月 26日 か ら 施 行 す る 。 附 則 ( 昭 和 45年 6 月 18日 防 衛 庁 訓 令 第 26号 ) ( 抄 ) 1 こ の 訓 令 は 、 昭 和 45年 6 月 22日 か ら 施 行 す る 。 附 則 ( 昭 和 55年 12月 5 日 防 衛 庁 訓 令 第 40号 ) ( 抄 ) 1 こ の 訓 令 は 、 昭 和 55年 12月 5 日 か ら 施 行 す る 。 附 則 ( 昭 和 57年 4 月 30日 防 衛 庁 訓 令 第 19号 ) こ の 訓 令 は 、 昭 和 57年 4 月 30日 か ら 施 行 す る 。 附 則 ( 平 成 4 年 4 月 21日 防 衛 庁 訓 令 第 42号 ) こ の 訓 令 は 、 平 成 4 年 5 月 1 日 か ら 施 行 す る 。 附 則 ( 平 成 6 年 9 月 1 日 防 衛 庁 訓 令 第 45号 ) こ の 訓 令 は 、 平 成 6 年 9 月 1 日 か ら 施 行 す る 。 附 則 ( 平 成 10年 3 月 25日 防 衛 庁 訓 令 第 12号 ) 1 こ の 訓 令 は 、 平 成 10年 3 月 26日 か ら 施 行 す る 。 附 則 ( 平 成 11年 3 月 29日 陸 上 自 衛 隊 訓 令 第 9 号 ) こ の 訓 令 は 、 平 成 11年 3 月 29日 か ら 施 行 す る 。 附 則 ( 平 成 13年 11月 2 日 防 衛 庁 訓 令 第 76号 ) こ の 訓 令 は 、 平 成 13年 11月 2 日 か ら 施 行 す る 。 附 則 ( 平 成 17年 2 月 25日 陸 上 自 衛 隊 訓 令 第 6 号 ) こ の 訓 令 は 、 平 成 17年 2 月 28日 か ら 施 行 す る 。 附 則 ( 平 成 19年 1 月 5 日 防 衛 庁 訓 令 第 1 号 ) ( 抄 ) ( 施 行 期 日 ) 1 こ の 訓 令 は 、 平 成 19年 1 月 9 日 か ら 施 行 す る 。 附 則 ( 平 成 19年 3 月 27日 防 衛 省 訓 令 第 10号 ) こ の 訓 令 は 、 平 成 19年 3 月 28日 か ら 施 行 す る 。 附 則 ( 平 成 22年 6 月 30日 防 衛 省 訓 令 第 29号 ) ( 抄 ) こ の 訓 令 は 、 平 成 22年 7 月 1 日 か ら 施 行 す る 。 附 則 ( 平 成 25年 3 月 28日 防 衛 省 訓 令 第 24号 ) ( 抄 ) こ の 訓 令 は 、 平 成 25年 4 月 1 日 か ら 施 行 す る 。 附 則 ( 平 成 30年 3 月 26日 防 衛 省 訓 令 第 15号 ) ( 抄 ) ( 施 行 期 日 ) 1 こ の 訓 令 は 、 平 成 30年 3 月 27日 か ら 施 行 す る 。

(15)
(16)

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP