2019 年度 JFOODO 日本産米粉プロモーションのご案内 ( 米国 フランス ドイツ ) 日本食品海外プロモーションセンター (JFOODO) 2019 年 5 月 Copyright 2019 JFOODO. All rights reserved. 1

13 

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

2019年度JFOODO日本産米粉プロモーションのご案内

(米国、フランス、ドイツ)

日本食品海外プロモーションセンター(JFOODO) 2019年5月

(2)

グルテンフリー製品市場は順調に拡大しており、2022年には約80億USドルに達すると見込まれています。 同市場において、ベーカリー製品が3割近くと大きなシェアを持ちます

着眼点

- グルテンフリー市場の拡大とそのカテゴリー

(Mil USD) 図:世界のグルテンフリー製品市場 0 1,000 2,000 3,000 4,000 5,000 6,000 7,000 8,000 9,000

出典:Euromonitor Dataを基に JFOODOにて作成 2022年に約80億USDに達する見込み 図:世界のグルテンフリー市場カテゴリー別シェア(2017) 出典:Euromonitor data 486.4 505.7 318 ベーカリー製品 (パン・ケーキなど) USD 1,630Mil 朝食用シリアル USD 2,323Mil パスタ USD 712Mil ベビーフード Ready Meals Sweet Biscuits 39% 12% 27%

(3)

日本産米粉は、グルテンフリーベーカリー原料として他原料よりも膨らみやすい加工適性を持っていることに加え、 小麦粉や他素材で作られるベーカリー製品とは異なる食感、味、香りを提供できます

着眼点

- 日本産米粉のグルテンフリーベーカリー原料としての優位性

デンプン粒 ガスを保持できず膨らまない為、増粘剤などの 添加物によって膨らませる機能を補っている  生地がしっとり、 もっちりしている  口どけが良い  クラスト(皮)の カリカリ感  米由来の甘味  他の素材に 合わせやすい 味覚・官能特性 海外のグルテンフリーベーカリー製品の例 他国産米粉やその他のグルテンフリー素材 日本産米粉 出典:2017年1月26日農研機構プレスリリース ベーカリー生地の構造 加工適性 2017年レシピ開発したパン (グルテンフリーかつ添加物不使用) 粒子の均一性により、添加物を使わずに 膨らみやすい*と考えられている * 米粉によっては焼成条件は異なる

(4)

効果的に取扱店舗数拡大が見込めるベーカリーチェーンを主な対象に設定し、健康志向消費者が求める グルテンフリーベーカリー製品の原料としての日本産米粉の取扱拡大を支援していきます 商談 商談 個店1軒ずつと商談を行う場合 1件の商談によって、日本産米粉の取扱いの 実現が期待できるのは1店舗のみ (イメージ図) チェーンベーカリーと商談を行う場合 1件の商談によって、日本産米粉の取扱いの 実現が期待できるのは複数店舗 (イメージ図) チェーン内の主要店舗 での取扱い開始 同チェーン内での取扱い 店舗数を増やしていく 効果的

戦略

- 訴求対象

(5)

日本産米粉を、「おいしくて食感がよく、健康によく、さらには作業性がよい」、三拍子揃ったグルテンフリー ベーカリー原料として位置付け、ベーカリー等外食事業者への訴求を図ります

戦略

- 日本産米粉のグルテンフリーベーカリー原料としてのポジショニング

 おいしくて食感がよい 米食文化の国・日本で作られた米粉でつくったパンやお菓子は、 焼いた時に外側はカリッと、中はふんわりモチモチの食感で、 口どけなめらか。ほんのり甘い香りを楽しむことができます。  健康によい 米粉はグルテンフリーにも関わらず、添加物を使わなくても膨らみ やすい※ので、健康的なパンやお菓子を作ることができます。 ※米粉によっては焼成条件は異なります。  作りやすい 日本独自の高い製粉技術によって作られた米粉は、ダマになり難く、 こねやすく、作業がしやすいという特徴があります。焼成後もしっとり した食感が長持ちします。

(6)

日本産米粉プロモーションロゴを効果的に使用し、ターゲットの日本産米粉の取扱意向および、 日本産米粉を使用したベーカリー製品の喫食意向の向上を後押ししていきます

戦略

- ビジュアルハンマー

(7)

グルテンフリー製品市場の大きさと伸び率、日本産米粉の商流の有無をふまえて、米国(NY、LA等)と 欧州(フランス、ドイツ)を対象にプロモーションを実施します 国(都市) GF市場規模 (2017年、Mil USD) GF市場伸び率 2022 vs 2012 日本産米粉 の商流 米国(NY、LA等) 2,863 3.66倍 あり フランス(パリ) 108 7.05倍 あり ドイツ(選定中) 243 1.28倍 あり

JFOODO米粉プロモーション

- 実施国

(8)

現地での商流・物流を確立された事業者様に活用頂ける、リーフレットやウェブサイト等の日本産米粉情報提供 ツールを整備すると共に、ターゲットの日本産米粉の取扱い/喫食意向を高める企画を実施していきます

JFOODO米粉プロモーション

- 全体像

日本産米粉の 商流・物流確立  日本産米粉の特徴紹介リーフレット、 日本産米粉ベーカリーレシピリーフレット  日本産米粉ウェブサイト 等の整備  見本市でのブース出展、セミナー  ワークショップなどの独自イベント  消費者向けイベント(米国のみ) 等の実施

STEP 1 STEP 2 STEP 3

プロモーション参加事業者様

によるアクション JFOODOによるアクション

JFOODO・プロモーション参加事業者様 によるアクション

(9)

2019年秋以降にプロモーションを展開していきます

JFOODO米粉プロモーション

- スケジュール

※詳細な施策内容および日程は、6月以降に確定 JFOODOのアクション 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 日本産米粉に係る資料制作 - 特徴紹介リーフレット - 日本産米粉ベーカリー製品の レシピリーフレット 日本産米粉ウェブサイトの運営 日本産米粉の商流拡大を促す企画の実施 ‐ 見本市でのブース出展、セミナー ‐ ワークショップなどの独自イベント等 JFOODOが実施するプロモーションの他、 プロモーション参加事業者様の個別のご商談時にも活用頂けます 実施時期は主に9-12月を念頭に 適切なタイミングに実施していきます プロモーション参加事業者様からの提供情報(商品情報等) を含めて、随時更新し、発信情報を充実させていきます 9月 公開 予定

(10)

JFOODOが実施するプロモーションへの参加やJFOODO制作物の活用によって、自社あるいは取引先の さらなる商流拡大および販売促進活動の効果最大化が図れます

JFOODO米粉プロモーション

- 参加、活用のメリット

メリット1:JFOODOプロモーションの詳細を事前に知ることができ、自社・取引先のお取組との 相乗効果の最大化を図れます メリット2:JFOODO制作物(米粉特徴紹介リーフレット、レシピリーフレットなど)を自社・取引先の 商談時に活用できます メリット3:JFOODOが作成する日本産米粉プロモーションウェブサイトに、自社、自社商品情報を 掲載し、ターゲットへの情報発信の強化を図れます メリット4:JFOODOが実施するイベントに参加し、自社・取引先のさらなる商流拡大を図れます

(11)

プロモーション参加事業者様には対象国での日本産米粉の商流・物流の確立および拡大に取り組んでいただき、 到達次第、秋以降に順次実施するJFOODOプロモーションにご参加いただきます

ご参加申込について

- プロモーション参加登録事業者様によるJFOODOプロモーションご活用の流れ

6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 【ケース1】 商流・物流を 既に確立している 【ケース2】 現在、商流・物流を 確立していないが、 9月末までに確立する 【ケース3】 商流・物流を 確立していない ※注:商流・物流の確立およびプロモーション参加登録のタイミングにより、 ご参加可能なプロモーション施策が異なったり、プロモーションご参加によって得られる効果に差が生じたりする場合がございます。 JFOODOからプロモーション詳細を入手し、 参加準備を進める プロモーションの参加・活用 JFOODOからプロモーション詳細を入手し、 準備を行った上でプロモーションの参加・活用 商流・物流の確立に向けた自社様のお取組 商流・物流の確立に向けた自社様のお取組 最終申込締切 9月30日

(12)

ご参加条件や留意事項を十分にご確認の上、JFOODOホームページ上のお申し込みフォーム(オンライン) よりお申し込みください お申し込みフォームはこちらから https://www.jetro.go.jp/jfoodo/project/komeko.html ※参加いただきました事業者様には、プロモーション実施後にアンケートを実施させていただきます。 プロモーションの継続や改善に必要な情報ですので、必ずご回答いただきますようお願い申し上げます。 ■日本産米粉プロモーションに関する問い合わせ先■ 日本食品海外プロモーションセンター(JFOODO) 海外プロモーション事業課(JFB@jetro.go.jp) 担当:宇野 住所:〒107-6006 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル TEL:03-3582-8345 Email : JFB@jetro.go.jp

ご参加申込について

- 手続き方法

(13)

Updating...

関連した話題 :