Taro-件名:.jtd

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

件名:

2010

年世界農林業センサス結果の統計地理情報システム用

データ変換業務

別添の仕様書は、当該業務における仕様内容の主要な部分を抜粋

したものであり、入札にあたっては、必ず別途配布している入札説

明書をご確認のうえ、必要な手続きを行っていただくようお願いし

ます。

(2)

2010年世界農林業センサス結果の統計地理情報システム用データ変換

業務仕様書

1 業務の目的 本業務は、2010年世界農林業センサス結果のうち、主要な集計結果及び農業集落境界 データを政府統計に関する情報のポータルサイトである政府統計共同利用システム(以 下「e-Stat」という )内の「統計地理情報システム」上で公開するため、既存の集計。 結果表及び農業集落境界データを統計地理情報システムの管理運営主体である独立行政 法人統計センターが示すデータ様式に変換する業務である。 2 業務内容 (1) 業務の概要 貸与する集計結果表及び農業集落境界データを「統計地理情報システム」へ登録す るための様式にデータ変換を行うものである。 (2) 作業計画 契約締結日から5日間(行政機関の休日(行政機関の休日に関する法律(昭和63年 法律第91号)第1条第1項の各号に掲げる日をいう )を除く。以下同じ )以内に農。 。 林水産省大臣官房統計部経営・構造統計課センサス統計室農林業センサス統計第2班 (以下「担当部署」という )と打ち合わせを行い、その後1週間以内に作業体制と。 役割分担を含む作業計画書を提出し、担当部署の承認を得ること。 また、変換データについては「統計地理情報システム」に適切に登録されるデー タとなっているかを担当部署にて検証を行うため、別紙「業務の流れ」を参考に、 業務スケジュールを作業計画に盛り込むこと。 なお、作業計画に変更の必要性が生じた場合は、修正した作業計画書及び変更理由 ・内容等をまとめた任意様式の書面を作成し、担当部署に届け出て承認を得ること。 (3) 業務の流れ 業務の流れについては、別紙「業務の流れ」を参照のこと。 ア 貸与する集計結果表及び農業集落境界データについて (別添1-1 『 統計地、 )「 理情報システム」登録データ様式』及び(別添1-2 『 地図で見る統計」データ)「 登録の手引き』に基づくデータ変換を行うこと。 、 、 。 イ アにおいて作成した成果物を担当部署へ提出し 検証を受け 承認を得ること なお、提出に当たっては基礎的な変換ミス(文字化け、誤植等)のないこと

(3)

を十分確認すること。 ウ 担当部署による検証において「統計地理情報システム」への登録が適切に行われ ない等、提出されたデータに瑕疵が発見された場合は、担当部署の指示に基づき 修正を行い、速やかに再提出し承認を得ること。 3 履行期間 契約締結日から平成24年3月16日まで 4 貸与物件 (1) 貸与物件は以下のとおりとし、磁気媒体(HDD)に格納し貸与する。 ア 農業集落別集計結果表(Excel形式・約90表) (ア) 農業経営体調査結果表 約1GB(1都道府県当たり4ファイル) (イ) 農山村地域調査結果表 約480MB(1都道府県当たり1ファイル) イ 農業集落境界データ(shp形式、dbf形式、shx形式) 約240MB(1都道府県当たり3ファイル) (2) 本業務の遂行に必要な貸与物件がある場合は、事前に担当部署と協議の上、貸与申 請を行うこと。また、貸与物件の取扱いについては、以下の事項について遵守するこ と。 ア 貸与物件は、作業終了後速やかに返却する。 イ 貸与を受ける情報・データの適正な管理を行う。 ウ 貸与を受ける情報・データ及びそれらを利用して加工・編集された情報並びに 中間成果物(以下「貸与データ等」という )を当該業務以外の目的で使用しては。 ならない。 エ 貸与データ等の全部又は一部を第三者に譲渡・貸与・提供をしてはならない。 。 オ 貸与データ等の全部又は一部を担当部署の許可なくして複製をしてはならない カ 当該業務終了後は、複製した貸与データ等の抹消をしなければならない。 キ 貸与データ等の管理・使用に当たっては担当部署の指示に従わなければならな い。 5 納入成果物及び数量 磁気媒体(HDD)1体に次の内容を収録し、担当部署に提出すること。 ( ) (1) 各統計表別の登録用データファイル及び統計表定義表ファイル Excel及びcsv形式 (2) 47都道府県別農業集落境界データ(shpファイル、shxファイル、dbfファイル、prj ファイル)

(4)

(3) (1)を作成する際に使用したデータ変換プログラム及びその操作手順書 1式 なお、納入に係る一切の費用については受注者が準備・負担すること。 6 納品場所 農林水産省大臣官房統計部経営・構造統計課 センサス統計室農林業センサス統計第2班 住所:東京都千代田区霞が関1-2-1 電話:03-6744-2256 7 応札者の条件 e-Statへの統計表データ掲載のためのデータ変換業務、又は本業務と同等の業務の請 負実績を有することを条件とし、この条件を満たすことを証明する資料等を提出するこ と。 8 瑕疵担保責任 成果物の瑕疵担保期間は、納入後1年間とする。 9 情報セキュリティに係る事項の遵守等 (1) 本業務の遂行に当たっては、担当部署から「農林水産省における情報セキュリティ の確保に関する規則 (平成15年6月26日農林水産訓令第11号)の説明を受けるとと」 もに、定められている事項について遵守すること。 (2) 受注により知り得た事実については、契約期間はもとより、契約終了後においても 外部に漏らさないこと。 10 成果物の権利帰属 この契約により作成される成果物の著作権等の取扱いは、次に定めるところによる。 (1) 受注者は、本契約に関して農林水産省が開示した情報(公知の情報を除く。以下同 じ )及び契約履行過程で生じた納入成果物に関する情報を本契約の目的以外に使用。 又は第三者に開示若しくは漏洩してはならないものとし、そのために必要な措置を講 ずること (本件において知り得た事項については、外部に漏らさないこと )。 。 (2) 受注者は、著作権法(昭和45年法律第48号)第21条(複製権 、第26条の3(貸与) 権 、第27条(翻訳権・翻案権等)及び第28条(二次的著作物の利用に関する原著作) 者の権利)に規定する権利を、発注者に無償で譲渡する。 (3) 発注者は、著作権法第20条(同一性保持権)第2項第3号又は第4号に該当しない 場合においても、その使用のために、当該成果物を改変し、また、任意の著作者名で

(5)

任意に公表することができるものとする。 、 、 ( ) (4) 受注者は 発注者の書面による事前の同意を得なければ 著作権法第18条 公表権 及び第19条(氏名表示権)を行使できないものとする。 (5) 第三者が権利を有する著作物(以下「既存著作物」という )を使用して成果物を。 作成する場合は、発注者が特に使用を指示した場合を除いて、受注者が必要な費用の 負担及び使用許諾契約に係る一切の手続きを行うこと。この場合、受注者はその手続 きの内容について事前に発注者の承認を得ることとし、発注者は既存著作物について その許諾要件の範囲内で使用するものとする。 なお、業務の実施に関し、第三者との間に著作権に係る権利侵害の紛争が生じた場 合は、その原因が専ら発注者の責めに帰す場合を除き、受注者の責任及び負担におい て一切を処理すること。この場合、発注者は係る紛争等の事実を知ったときは、受注 者に通知し、必要な範囲で訴訟上の防衛を受注者に委ねる等の協力措置を講じるもの とする。 (6) 使用する画像、デザイン、表現等に関して他者の著作権を侵害する行為に十分配慮 し、これを行わないこと。 11 その他 (1) 本仕様書及び貸与物件の仕様理解は受注者の責任において実施すること。 (2) 本業務を遂行する中で疑義が生じた場合は、速やかに担当部署と協議すること。 (3) 貸与物件については、入札公告期間中、担当部署において閲覧可能とする。

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :