かんがい用貯水池相に関する研究--貯水池の環境について---香川大学学術情報リポジトリ

Loading.... (view fulltext now)

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

香川大学農学部学禰報告 36

かんがい用貯水池柏に閑サる研究

一貯水池 の 環境に つ い て−…

前 川 忠 夫

Studies on the phase ofirrigationalreservoirs −POn the environmentin reservoirs止

TadaoMAEK、\WA(Laboratory of AgIicultu=alEngineeIing) (Received12,1956)

Ⅰ貯水池の環境

香川県下の貯水池を踏査し,図上計測を通じて案ずるに.,置水池が忠地せる冴境は甚だ多変であることを知る・ 山間,山驚,平野地など至るところに散見するが,これら貯水池を個々について見ると,その周辺の地形,地貌, 植生はもらろん地質,標高,方位などそれぞれ各貯水池独自の現境のもとに立地している・この環境の相異は貯水 池の性格を左右する纂大なる因子と.考えられる.、たとえば地形は貯水池の平面および鉛直形態,水深,貯水盈を規 定し,地質と関連して堰唆の型式規模構造を左右する.流域の地貌,植生,土性は流入水および流入土砂の畳,質 を支配し,さらに魔賂附帯工作物の構造親模にまで及ぶであろう.地形,標高,方位などは降水,蒸発,日照,風 などの気象因子によって貯水塵,波猥,水温などが左右され,堰堤の 安定性とも関係するであろう.環境ほまた貯水池の利用,管理の面にも 大きい相異を示すであろう..かく考え.るとき個々の貯水池が示してい る性格は,その貯水池を囲緯する環境によって育成され環境の変化に 伴って絶えず生成変移しているものと理解し得よう小一・芳掛こ貯水池 の存在ほその周辺に対して主として水文学的えいきようを及ぼすもの と考えられ,したがって貯水池とその環境とは相互に.作用しあい平衡 を保っている要こそその貯水池が示す現在の地相と云うべきであろう. さてこゝに.云う貯水池の環境とその変移には自然的要素の外に多く の人為的要因が存在する一.また環境の変移は緩慢に起る場合と急激に 発生する場合とがある‖流域の山林伐採,開墾などによる土地利用の 変化は人為的堺境の変移であり,地震,豪雨などによる弛岸,流域の 崩壊などは急激なる自然的環境の変移であろう‖ また波浪による池岸 侵蝕,地底堆砂などに.よる貯水池形態の変化は緩慢なる自然的変移で あり,貯水池親換の拡大あるいは縮小などは急激なる人為的変移の例 であろう・戸ゝくの如く貯水池相は自然と人為による変移の過程を辿る 環境のもとに.おいて初めて示されるものでありまた見出さるべきもの であろう、.貯水池環境がこのように貯水池相を親定づけるものとすれ ば,貯水池新設の場合にその環境位置の選定ほ甚だ重要なる要素とな り,また築造後も貯水池の利用管理の点からその環境を箋一視しその変 移に細心の注意を払うことが要求されることとなろう. ぎて環境多変な貯水池を類型的に分類することは頗密な憩味で不可 解に近いが,序報(1)でも述べたように,これまでの県下貯水池踏査と 図上計測などを給食して,山池,麓池,野他の3顧の環境に大別する ときかなり共通的な池相の存在が推測される訳である.これは環境因 子として水系,鞄勢,土地利用に露きをおいた分弊であって,かゝる 第1図 貯水池の環境(基準例)

(2)

簸8巻鮨1号(1956) 3ブ 推測はその后の調査を通じてその妥当性がかなり裏付けられつゝあるいすなわち山地は河川の本流または主要なる 支流を山間渓谷において締切る貯水池で環境ほほとんど山林であり,麓池は山麓の」1渓流または丘陵地の窪地を締 切るもので,附近は傾斜畑,棚田,山林などであり,野池は平野地の窪地または俵の高低差を利用して締切るもの で,周辺はほとんど水田よりなるものである。この3環境による分類ほ.今后多穐多様なる貯水池相を追究する場合 の基準環境としで取扱うこととする. なお以上の定義に.よって分類された3環境の貯水池はその代表として一連んだ次の具体的例によってさらに明とな ろうい(第1囲参照)神内上池(香川郡西植田村)は春日川の承流を山間において締切る山池であり集水面瞭830 baはほとんど山林である叶宮池(三選郡比地大村)は七宝山の東山静の小渓谷を締切る敬池で集水流城ほがいし て狭小で附近は.桑E乱果樹園,水臥山林などよりなる‖先代池(丸亀市)は金蔵川の下流甘積地帯に立地する野 池で,周辺は・一望水田である..これらは何れもそれぞれの環境からみるとき県下の代表的貯水池である.. ∬ 環境と集落について 今回の現地堵査貯水池739個を環境別に分類すると山砲は15個(7%),簡池は454個(61%),野池は240個 (32%)と云う結果を得た.こ.の調査方法ならびに.結果の詳晒ほすでに序報(1)で述べたから省略するが,各町村毎 に代表的貯水池を平均数個ずつ選定して調査したもののうちから以上の如き環境別偶数を得たことは香川県落水池 の環境別阻密の概況を示すものと云えよう岬(序報第3図参照(1)) なお5万分の1地形図に記乾せる1986個の環境別図上計測播果(2)による山池201個(10%),醜池1237個(62%一), 野池548個(:28%)となり,今回の現地格査739偶の環境別比率と大差はない。 敵地が大半を占めていることは,香川県の地勢が南部山地帯から北に伸びる無数の小支脈の分蚊と,中北部に火 山性小山塊が点在せるため驚池築造に好適なる山鹿渓谷が発達しているためでほなかろうか.またかゝる山敏の開 拓に伴って棚田の発達をみ,それに伴い手近に.用水源を求めんとして簡池の発達をうながしたであろうことも推測 できよう.これに反して山地が甚だ少いことは香川の山砲が標高低く,谷浅く,小河川であるため適地乏しく,さ らに多くの貯水池がその沿革でみるように築造年次古く,当時の土木技術としては河川の木流を締切るような位置 の築堤ほ危険視され山地的環境の郎水池を避けた結果にもよ るものでほなかろうか一.近時香川において築造され計画され つゝある貯水池は,ほとんど山地的環境を選んでいることか らみても推測しうるところであろう..野馳は大体3分の1を・ 占めているが,その親敬一俄に大きいため調査対象となる率 も多かったことにもよるだろうが,河水利用にほとんど期待 し得ない香川の平坦地では開拓の初期はもちろんその后も用 水を遠い山地の親池にのみ依存することの不安から子池,孫 池として野池の発達をうながした結果でほなかろうかり これら環境別貯水池の分布を県下全般的に.みると山地ほ主 としで南部山地寄りに,寵池は平坦地を除いたほとんど全地 域に,野馳は三豊,仲多度,香川,木田の平建水田地帯にそ れぞれ立地して−いるり さらに貯水池県境から,その集落性に著しい性格が見られ るけ たゞし山池は個数も少く南部山地有りに点在して,とく に集落的傾向は見られないが麓池,野他の集落性はかなり明 瞭である..こゝに集落性とほ或る地域に同一環境型態のタil水 池が群集することである. 以下その代表的集落地域を2,3例示しようい第2因ほ綾 歌郡加茂村の城山東部山替に発達せる麓他の集落であるが, 標高約30mから100mの間で,山硬約4kmの範囲に満水面租 (綾歌郡加茂村城山山麓) 飴2因 貯水池の集落形態(鶴泊)

(3)

香川大学農学部学祐報告 38 0小1∼0小3ba程度の小野永池が約100個見られる.これは2.5万分の1の鞄形因に・よったもので図上に・記載し得ない さらに小規模貯水池も存在すべく,地形からみてそれらも故地であろうことは容易に想像しうるところである・附 鱒山皆の水田は孤立した山塊のため他に求める水源はなく,悉くこれら貯水池に用水を依存し,地形上大規模貯 水池の築造が不可能なるためかくの如く小龍池が集団的に発達したものであろう一・以上は替地集落の一例であって 県下には各鞄に見られ,三豊郡七宝山山麓、同部眉山山麓,綾歌郡火の山山麓,同郡鞍掛山山麓,高松市藍鳥山麓 などは麓池集落の著しい地観であるい 第3因は丸亀市南部の申野地に凝達せる 野池の集落である.、野池は隆池に比して満 水面紡がいして広く,この例では1−2011a 程度のもので,栄西約8km,南北約5kTn の地域に約70僧集落している..ほと.んど全 ての貯水池の全周辺が堰埠よりなっている ことは,これらが悉く野池であることを示 すものである..この附近一・帯の水田は満 濃池を現地とする地帯であるが,かゝる大 規模の親池を上流に拾えてもなお用水は潤 沢ならず,用水の安全弁として野池の発達 をうながしたものであろう.もし上流に.充 分なる用水源を確保するとともに.安全迅速 なる導水が可能となれば,これら野池はそ の用水源としての価値を批判される時期が 来るかも知れない.野池の集落地域はこの 外,財田川,香常川,春日川,新川などの 下流沖積地帯に相当発達している. (丸亀一博部・一平野部) 艶3区l貯水池の集落形態(野池) 第4因は満水両横01ba程度の小 貯水池が発達して集落している綾歌 郡山田村の例で,その環境からみて 麓池に隣するものであるい この地域 ほ標高100′−′150mで香川ではかなり 高位薯研こあり,附近鞄滞は複雑に・起 伏し,イ、渓流が分肢錯綜しているた め,水田は細長くその小谷に沿うて 分散的に開田され,貯水池もまたそ れに伴って個々に設けられた結果の 特異的集落形態であろう.地勢の複 雑性ほ貯水池の分布からはもらろん その堰堤の一方位からみ/ても理解でき る川 東西約4km,南北約2小5kmの 地域に約130個が数えられるが,図 上に記入し得ない小貯水池がさらに 存在するであろう.. (綾取郡山田村) 幾4図 貯水池の集落形態(替池) 第5図は綾歌郡中央部沌富,陶村を中心とする地帯で,主として故地の集落であるが,僅かに野池を包含する. 満水面榔1.4baの野池的旋他の北条池を中心としてそれを坂巻く一周の籠池集落であるが,貯水池分布密度にお いて県下最大を示す地域である..この附近は起伏に富む丘陵性地帯で嘩純なる水利系統が不可能のため分散的かん がい機構を示し,加.え.て貯水池適地に怒れていることにもよるであろう・・

(4)

第8巻第1堅(1956) 39 第6因は香川部東樋田,西植 田の両村を中心とする地域でこ の附近ほ県下でも親模大なる各 種の環境貯水池が集団せる地帯 である..このうちには神内地, 三郎池,平地,松尾池,城池な ど満水面瞬20ha以上のもの8 個を数え大部分は麓池であるが 北部寄りに数個の野池が,南部 に神内上池の山池がある. 以上数例でみるように香川の 貯水池ほ環境から大きく3種に 別けられるが,同一環境の貯水 池はがいして集落的傾向を以つ て立地することが理解できよう。 さらに.貯水池の.立地状態から 棚池の形態が各地に見られる.、 こ.れほ小地域の集落形態とも云 えよう..ほとんど静池に見られ る形態で俗に下地,中池,上 池,奥池などと呼ばれるごとく−・

i . 弓 0 ()5 1lく1¶

(綾歌郡一滴宮陶附近) 第5図 貯水池の集落形態(蔑池) つの谷に.帽段状に数個の貯水池 があたかも柳田のように連続し ている場合である..これら貯水 池が,果して如何なる順序に.築 造されたものか,また貯水,用 水上いかなる方法,慣行が行わ れているか,あるいはまた嘩−・ 貯水池に.此してどんな利害得失 があるかなど興味ある問題を有 する形態であろう小(凝フ因)

柾 標高について

香川の山地帯ほ標高がいして 低く南部阿誤山脈の最高でも 1043mである.また中北部の山 地も火山性小山塊で中腹以上は 傾斜急峻で貯水池立地に適せ ず,したがって全段的にみて香 川の貯水池ほがいして低位忙.立 地している.調査貯水池711個 (高松南部,仏生山町,西植田村,東根田村附近) 第6因 貯水池の集落形態(山地,故地,野池) を標高別に分類すると第1表のように・,20∼40mの間に229個(32%)で最も多く,約3分の1を占めている.次 に・40∼60mの1フ8個(25%),つづいて20m玖下の93個(13%),60ハ・′80mの81佃(12%)の順となる..すなわち 標高60m以下は70%100m以下は90%で香川の貯水池の大部分は100m以下に立地しているわけである..これは5万 分の1地形図上で調査(2)した1986偶の標高別に点られた100m以下のもの1フ相国で88%とほとんど同じ比率である..

(5)

香川大学農学部学績報告 もちろん香川の貯水池17788偶の隊高に ついては詳にし得ないが,以上2つの調 査結果からみて全般的傾向を推測し得る であろう一.100m以上に.立地せるものほ 67個(9%)でその大部分は100∼150m の問にあり,200m以上のもの僅かに14 個である.調査貯水池の最高ほ280mの 綾歌都道田村の池の谷池である 次に贋境別に腰高をみると山地は大部 分100m附近に立均し,がいして高位に 在り,これに反して野池は20m前后に最 も多く⊥・肢に低位に,麓池は全段的に見 られるが,主と.して20∼80mの間の中位 にそれぞれ立地している傾向が見られ る 際高は気象とくに気温,降水盈などと の関係において貯水池と密撲であり,気 温は水温および蒸発と.,降水ほ貯水盈, 洪水盈など,相関する.しかし以上の如 く香川の貯水池ほ全般的にみて標高がい して低く,加えて温暖地帯であるため一水 温の点ではあまり問題ほないかと考えら 40 綾歌郡蘭朝一髄戸地上政 敵秋和相和瀾和一嵩司.上下池附延/ 高給市儀高栓一久米池上】妃 三也郡勝間村一大池,黎本鵡l微近 第7図 棚池の立地形鯨 れるが,降水急に起因する集水盈, 洪水盈についてはかなり盈要なる要 素となろう..県下の降水慮分布を見 ても標乱地域によって相当のひら きがあることは.その重要性を示して いると云えよう.最近とり上げられ つゝある吉野川給合開発計画による 導水路練の計画が大体標高100m附 近を考慮中と聞くが,かゝる計画実 施の場合にほこの導水路標高を境と してその上下の貯水池ほかなり異つ た計画対象となるであろう. 標 の 池 水 第1表 貯  ̄Ⅶ ̄▼ ̄ ̄ 首盲丁壷釘盲池

計 い11llOO

Ⅳ 地質について 香川県の地質偶成ほ腐部山地のうち阿誤県境地帯は中生代和泉砂岩であり,それから以北の山地はほとんど眉間 中生代花崗岩である.さらに南部山地の北驚一瀞こは広く洪積層が,また河川の中下流から海岸に亘る平坦地にほ 沖積層が分布している..中北部山塊の大部分は山麓に花崗岩を中腹以上に新生代安山岩が見られる・屋島,白峰山 などはその典型的なものである 現地調査の結果貯水池環境の地質を明にしえたものは006個でその内容は第2表に未す通りである・・最も多いの は花崗岩で313個(48%)に達し,つづいで洪積層の187個(27%),沖積層の144個(21%)で,少いのは和泉砂 岩の29個(4%),安山岩の13個(2%)となる この花崗岩他称こ多いことは花嵐岩の分布が,標高中位の山麓忙広く分布していることによるものであろう・・撰 租層,沖恕層地帯に貯水池が多いことは沿革の古い貯水池の多い香川の一つの特異性ではなかろうかい近時の貯水

(6)

.jl

池は漸準大鹿模となり,塊高も高く,そあ基舞わ地質 はと.くに重視され,安定,漏水などの点から良好なる 岩質鞄帯を選ぶようになりつゝあるり しかる紅香川の 貯水池の約半数までが,がいして不安定な畠洪績層, 沖積層帯に立地していることiよ沿革の古いことと,小 親横であることなどに原因していると考えられるが, その池柏の上にも何らかの特性を見出しうるかも知れ ない‖和泉砂署,安山岩地帯に僅少なのはこれらの地 質がかなり高位に分布することと,前記標高100m以 鮨8巻幾1L弓(1956) 第2表 貯水池位置の地質 山池=箆 池=野 池 竺

¶___】

9 3 3 ︵ノ︼ l 1 3 岩岩岩 南山 砂花安 ﹁ノ 4 6 8 4 〇⊃ l 1 6 闇∵同二討 糖種 洪沖合 上私立鞄せる貯水池乾かに9%であることと併せ考えるとき理解しうるところである. 次に県境別に職質を\見ると山地ほ44偶のうち37個までが花崗岩,砂岩,安山岩などの硬岩地砕こあり,これに尿 して野池ほ.216個申199個までが沖積層,洪積層地匿分布し,標高と同様地質からみても山地と.野弛は明瞭に区別す ることができるい寵池は花崗岩地帯に最も多く次いで沖積層で,他の職質地帯に僅少であるのほ麓池築造適地であ る山砲一博がほとんどこの両地質地帯であることから明らな結果であろう. Ⅴ 方位について こゝに貯水池の方位とほその環境の地形から何れの斉向に層閑せる渓谷であるか,あるいほ何れの方向むこ傾斜せ る客観であるか,その方向方位を云う… 云いかえると貯水池の堰堤上に.立って下流側を眺めた方向で,外港面の向 う方位と十致する場合が多い..山の北龍にある貯水池の方位ほ一膳に北方位で南礎にあるものほ南方位のものが多 い・・この貯水池の方位は日照,風などと関連して水温,汲浪,池岸侵蝕などの印異が考えられ,県下貯水池の方位 の概要を調査してみた. まず方位としては凍西南北および各方位の中間をとって8方位としたい また貯水池堰堤ほ・−俄に.は単一債版型で あるが,香川の貯水池匿ほ2二ち位,3方位,全周堰堤もあり,直線ばかりでなく曲線堰埠も多い小 したがって2一方 位以上のときは主堰堤と見なしうる堰奥の方位をとることとした. 調査個数699偶の内容は笥3表に示す.その結果最 多方位ほ北方位の184個(26ク占)で,これは香川の地 勢の南高北低から予想しうるところであり,つづい て112個(1e】%)が西方位であるい がいして少い方位 ぼ東北,豪商,西南であるい全周堰填の貯水池は89個 (13%)に.及ぶがその方位の判嚢は困葵臣である. こゝに北方位のものを中心として北東,北西を加え ると.303個(43%)で,これらの貯水池は南寄りの強 風の場合危険であり,同様に寛力位を中心とするもの ほ136個(20%′)ほ西寄りの強風のときほ危険である.. また西男位を中心とするもの220偶(31ク乙)ほ覚寄り の,両刀位を中心とするもの127個(18ク右)は北寄り の強風のときそれぞれ堰堤の危険性ほ大きいい香川県 における風向風速ほ多度津測候所の記録によると穿か ら夏忙かけて西風,秋は南濃風,冬ほ北西風が卓越し その風速は大体2∼5rn′sec程寝であるから常時は 貯水池力位と風との関係はあまり墓大視する必要はな いようである..但し9月前后の風速極数32.6msec 第3表 貯水池(堰堤)の方位

方 位・】個数l% 山地f麓池極地

二⊥ 東 西 南 北 東 北 東 南 西 北 西 両 全 周 1 10 23 8 46 8 7 2年 lO 42 芦 6 ……11; 1】 88 計 1 699 100 43 / 431 1 225 単プラ位 2 プラ位 3 ■方位 複2プラ位 計 488 103 19 11 79 17 3 1 叫 2 0 1 血 叫 5539 仙 叫 46 16 1 6211100 (1934−・;−・2りが示すように台風冒胴こは:011SeCを越える強風が見られその風向は十掛こ南,西寄りの凪が多い ことから前記北方位および呪力位の約63%の貯水池ならびに全問堰堤のS9個はその安定上とくに夙との関係を考慮 する必要があろうuしかし香川の貯水池はほとんとこかんがい用貯水池であるためかゝる台風期にかなりの水位低下

(7)

42 香川大学農学部学祷報告 を示しているとすればその危険性は相当緩和されるであろう. なお以上の調査から堰唆方位の単複を見ると単方位のものはさすがに多く488個(69%)であるが,2方位のも の103個(15%)3:弓位のもの19個(3%),4方位すなわち全周堰奥のものは89個(13%)町達する.また2つ 玖上の堰堤に分離されているもの11個(2%)でこれらは丘陵地の鞍部に立地L.ている峠他に.多い小 方位凌環境別にみると全周堰頒の89柳ま悉く野池である.2方位堰堤ほ麓池および野池でほとんど占められて おり,したがって山地の大部分ほ単■方位の堰堤である.堰堤分離の峠池はほとんど麓池である.玖上の如く全周堰 掟を初め,複方位曲線型式の貯水池が多いことは香川の貯水池の著しい特性であり,しかもそれが貯水池環境粧よ って明瞭に・区別しうることは地相検討上重要な要素となるであろう.

Ⅵ 摘

要 1.,貯水池相ほその貯水池を囲擁する環境によって育成され,環境の変化に伴って絶えず生成変移しているもの と、理解する。 2..環境は自然および人為によって構成され,それは絶えず急激に.あるいほ綬慢笹変移する. 3..貯水池環境を・水系,地勢,土地利用から大きく蓼別すると,山池,籠池,野池の3態に・なる 4.香川県のかんがい用貯水池の環境別個数の比率は大体山池10%∴故地60%,野池30%である 5“名環境の貯水池は集落立地する傾周が見られる.・また一つの谷に蓮蘭して棚池の形態をとるものもある・ 6。.香川県の貯水池際嵩ほ60m以下のもの約70%,100m以下のもの約90%で最も多いのは20〝40m附近であ ・ 7小 環境別に腰高をみると野池は20m前眉に,山地は100m附近にそれぞれ多く,籠池は全般的に見られるが, 20”80mのFP位寸こ立地するものが多い. 8。.貯水池立地の地質からみるど花崗岩地帯が46%で最も多く,つづいて淡橿同27%,沖積層21%で,和泉砂 岩,安山潜地帯には少い 9小 環境別に地質をみると山地ほ大部分が花崗岩,安山岩,和泉砂岩などの硬岩地帯に立地し,野池はほと.んど 全てが沖筋層地帯にあり,麓池は各地常に宮るががいしで花崗岩地帯に多い 10∴貯水池(堰堤)の方位でほ北方位を中心とするものが43%に・達し,これらの貯水池は波浪と関連して台風期 の南寄りの強風の際危険であろう.また全周堰堤の男位不明の貯水池においても同様である. 11一.貯水池堰堤が複方位のもの多く2方位のもの15%,3方位のもの3%,4方位すなわち全周堰埠のもの13% に及ぶ. 12。.環境別鑑方位をみると全周堰堤は悉く野池であり,3方位の大部分もまた野池である.・2方位ほ故地および ■ 野池で,したがって山地の大部分は母方位である 13。全周堰堤および複方位曲線堰墳の貯水池が多いことは香川県の著しい特徴であろう. 参 考 文 献 (1)前川忠夫:かんがい用貯水池柏に関する研究(序 (2)前川忠夫:香川県の溜池について,香川盛大学術 報),香川大学農学部学術報告,8(1),25(1956). 報賃,6(3),(1955). R畠S u m畠

1一.The char・aCter Of the reservoirsis controlled by their environment

2。.The found as the result of ourinvestigation,We that there are types of reservOirs−mOuntain reservoirs,hill・・Side reservoirs andfield reservoirs formed by there particular environmentin

Kagawa Prefecture,aS theresultof ourinvestigation

3小 Reservoirs are found grouping or making stairs owing to the environment.

4“The altitude,geOlogy and beaIing of the reservoiss are tooimportant factors of their envi工Onment

5・r We㌢aminedabouteighthundsedreservoirsin Kagawa Prefecture toTStudy about factors

COmpOSing the environment

(8)

第8巻第1号(19、56) 43 琴輿−4 馨他の集落(綾歌郡滝宮村大羽茂池附近) 写呉−−2 読池(三豊郡上高瀬村・一羽根池) 写亮一・5 野池の集落(∵高松市南部郊外一億波原因) 軍籍−6 棚池の一例 (倭畝郡俺宮村新旭附近−・6個中4廠見える) 半島一・:3 野池(綾歌郡駒村一原池)

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :