イラン現体制の正当性の危機をめぐって (特集 イランの民主化は可能か)

全文

(1)

イラン現体制の正当性の危機をめぐって (特集 イ

ランの民主化は可能か)

著者

Ferdowsi Ali

権利

Copyrights 日本貿易振興機構(ジェトロ)アジア

経済研究所 / Institute of Developing

Economies, Japan External Trade Organization

(IDE-JETRO) http://www.ide.go.jp

雑誌名

アジ研ワールド・トレンド

182

ページ

4-7

発行年

2010-11

出版者

日本貿易振興機構アジア経済研究所

URL

http://hdl.handle.net/2344/00004375

(2)

●はじめに

  政 治 的 分 析 の 手 法 に は 、 やや 不 十 分 な 言 い 方 か も し れ な い が 、 客 観 的 ア プ ロ ー チ と 主 観 的 ア プ ロ ー チ の 二 種 類 の 対 照 的 な 手 法 が 存 在 す る 。 政 治 の 動 き を 解 明 し よ う と す る 場 合 は 、 い わ ゆ る 客 観 的 な 事 象 、 す な わ ち 各 種 統 計 や 経 済 指 標 、 戦 略 的 資 産 と 戦 術 的 資 産 の バ ラ ン ス 、 組 織 や 指 導 者 に 与 え られ た 機 会 、 国 際 社 会 の 状 況 に 焦 点 を 当 て よう と す る だ ろ う 。 要 す る に 、 旧 来 の 「 政 治 経 済 学 」 に 基 づ い た 古 典 的 段 階 の 社 会 理 論 の も と で 集 め ら れ る よ う な 要 素の 分 析 で あ る 。 こ う し た 客 観 的 ア プ ロ ー チ の 対 極 に あ る の が 、 政 治 の 動 き を 明 ら か に す る 際 に 重 要 な 主 観 的 要 素 、 つ ま り 認 知 や 心 理 に 関 す る 要 素 を 前 面 に置 い た ア プ ロ ー チ で あ る 。後 者 の 観 点 で は 、 客 観 的 な 事 象 そ の も の は政 治 的 プ ロ セ ス に 直 接 影 響 を 与 え る わ け で は な く 、 そ の 間 に 枠 組 み 、 話 法 、 計 略 、 そ の 政 治 的 対 象 の「 意 味 づ け 」と い っ た 認 知 機 能 が 働 く と 考 え る 。 こ の ア プ ロ ー チ は 、 特 に 社 会 ・ 政 治 の 動 き が あ る 国 の 歴 史 的 方 向 を 変 え よ う と い う 局 面 に 至 っ て い る 場 合 に は 適 切 で あ る 。 い ず れ に し て も そ れ は 叙 述 さ れ る 必 要 が あ り 、 明 ら か に し た い と 思 う 政 治 の 展 開 に つ い て 、 話 法 の 主 導 権 を 握 る こ と が 必 要 で あ る 。 た だ こ れ ら 二 つ の ア プ ロ ー チ は 互 い に 排 他 的 な も の だ と 考 え る 必 要 は な い 。 実 際 に は 、 正 し く 用 い ら れ れ ば 互 い に 補 完 し 合 う も の な の で あ る 。   本 論 で は 、 現 在 の イ ラン の 危 機 的 状 況のな か で 台 頭 し て き た 二 つ の 政 治 的 主 体 ― 「 緑 の 運 動 」 と 、 革 命 防 衛 隊 お よ び そ の 協 力 者 に よ る 軍 事 経 済 政 権 ― の 思 想 的 対 立 と い う 、 認 知 的 側 面 の ひ と つ に 焦 点 を 当 て る 。 特 に 私 は あ る 一 点 に 注 目 し てい き たい と 思 う 。 す な わ ち 一 方 で は 新 し い 政 権 は イ デ オ ロ ギ ー 的 、 政 治 的 お よ び 文 化 的 領 域 に お い て 非 正 当 な も の で あ る と い う 主 張 、 ま た 他 方 で は 同 政 権 が こ の主 張に 反 駁 する 能 力 の 明 らかな 欠 如 、 少 な く と も 状 況 の 経 済 分 野 へ の 転 換 能 力 の 欠 如 で あ る 。 私 の 主 張 は 、 イ ラ ン の 軍 事 経 済 政 権 が 今 後 永 続 的 に 強 大 化 す る 可 能 性 は 無 視 で きるほ ど 小 さ い と いう こ と で あ る 。 自 ら の 政 治 的 意 志 を 実 行 し た 結 果 、 国 民 に 不 安 と 恐 怖 し か 残 さ な い よ う な 政 権 に 未 来 は な い 。

クーデター

  心 理 的 な ジ ェ ッ ト コ ー ス タ ー の よ う だ っ た 二 〇 〇 九 年 の イ ラ ン 大 統 領 選 挙 の 期 間 中 、 私 は 同 国 に い た 。 そ し て 、 わ ず か 二 週 間 で イ ラ ン ・ イ ス ラ ー ム 共 和 国 の 三 〇 年 の歴 史 が 急 激 か つ 不 可 逆 的 に 転 回 し 、 二 つ の 意 志 主 体 が ぶ つ か り 合 う 新 た な 政 治 的 現 実 が 作 り 上 げ ら れ る 様子 を 目 の 当 た り に し た 。 私 は ま た 、 国 家 機 構 を コ ン ト ロ ー ル し 、 特 に 抑 圧 す る 方 の 側 に い る 人 間 が 、 他 方 の

現体制

正当性

危機

・フ

(3)

イラン現体制の正当性の危機をめぐって

人 間に 政 治 的 意 志 を 押 し つ け る た め に 、 理 解 で き な い ほ ど 残 忍 な 方 法 で 、 断 固 と し た 専 制 的 行 動 を 取 る 様 子 も つ ぶ さ に 目 撃 し て き た 。   政 府 側 の こ うし た残 忍 な 行 動に 対 す る 反 応 と し て ( 三日 間 で 何 百 人 もの 逮 捕 者 、 何 十 人 もの 死 者 が 出 た )、 抗 議 運 動 の 側 は 過 去 三 〇 年 間に お い て最 も 決 定 的 で歴 史 的 な 決 断 を 下 し た 。そ れ は ま た 新 た な 政 治 的 、 歴 史 的 現 実 を も た ら すこ と に も な っ た 。 私 は イ ラ ン 国 内 で 多 く の 人 々 か ら 直 接 話 を 聴 い た が 、 大 統 領 選 の 「 結 果 」 が 発 表 さ れ て か ら 数 日 間 は 誰 も が 混 乱 し て お り 、 こ の 国 で 起 こ っ て いるこ と を 明 ら か にう ま く 言 葉で 表 現できな い状 況 だ っ た 。 そ の 後 間 も な く 、 生 起 し つ つ ある 事 態に 対 する 適 確 な 呼 称 が 見 つ か っ た 。 す な わ ち 「 ク ー デ タ ー 」 で あ る 。 こ の 呼 称 は た ち ま ち 人 か ら 人へと 伝 わ り 、 ブ ロ グ に も 登 場 す る よ う に な り 、 や が て 広 く 知 ら れ る よ う に な っ て 、 私 た ち が 直 面 し て い る 世 界 が よ り は っ き り と 認 識 さ れ 始 め た 。 一 般 に あ る 言 葉 が い つ も 物 事 を 明 確にする と は 限 ら ない が 、言 葉 が な け れ ば 必 ず 混 乱 を 招 く こ と も 事 実 で あ る 。   こ の 呼 称 は 最 初 、 四 人 の 大 統 領 候 補 の 一 人 で あ り 、 イ ス ラ ー ム 共 和 国 の 熱 心 な 支 持 者 で 元 国 会 議 長 の メ フ デ ィ ー ・ キ ャ ッ ル ー ビ ー が 、 選 挙 の 数 日 後 に 公 の 場 で 行 っ た 「 イ ラ ン で 現 実 に 軍 事 的 ク ー デ タ ー が 起 こ っ て い る 」 と い う 発 言 に お い て 登 場 し た 。 も し 同 氏 が こ の よ う な 発 言 を せ ず 、 ま た 同 じ く 大 統 領 選 候 補 で 六 月 一 二 日 の 選 挙 で 次 点 と な っ た が 明 ら か な 勝 者 で あ っ た ム ー サ ヴ ィ ー 元 首 相 が こ れ に 同 調 し な け れ ば 、 そ し て ハ ー タ ミ ー 前 大 統 領 と ハ ー シ ェ ミ ー ・ ラ フ サ ン ジ ャ ー ニ ー ( イ ス ラ ー ム 共 和 国 の 第 二 の 重 要 人 物 ) が こ の 表 現 こ そ が 今 回 の 歴 史 的 事 件 の 正 確 な 呼 び 名 で あ る と言 わ ん ば か り に 行 動 し な け れ ば 、 私 た ち が 現 在 い る 場 所 に こ う し て 立 っ て い る こ と も な か っ た だ ろ う 。 こ れ は 今 日 で は あ た か も 「 自 然 」 で 必 然 的 な も の の よ う に 見 え る が 、 も し こ の 新 し い 政 治 的 意 志 の 表 明 が な け れ ば 、 こ の よ う な こ と は 起 こ る 必 然 性 も な く 、 む し ろ 全 く 起 こ ら な か っ た 可 能 性 す ら あ る 。 こ れ ま で 欠 如 し て い た 、 あ る い は 無 理 や り 押 し 込 め ら れ て い た 政 治 的 意 志 が 突 如 と し て 表 出 し た こ の 事 件 は 、 イ ス ラ ー ム 共 和 国 の 三 〇 年 間 の 歴 史 に お け る 最 も 重 大 な 過 去 と の 決 別 を 告 げ る も の だ 。   こ の 三 重 の 規 定 ― 現 実 の 、 軍 部 に よ る 、 ク ー デ タ ー ― は 現 実 に 対 し て 「 枠 組 み を 与 え る 手 段 」 と し て 、 今 や そ の 内 部 に お い て イ ラ ン の 政 治 的 行 動 が 見 ら れる た め 、 さ ら に 重 要 な 意 味 を 持 っ て い る 。「 緑 の 運 動 」 は こ の 呼 び 名 と と も に 生 ま れ 、 こ の 新 し い 政 治 的 意 志 を 明 示 する 方 法 と し て 一 般 に 受 け 取 ら れ て い る 。 す べ て の 研 究 者 、 活 動 家 、 政 治 家 を は じ め 、 イ ス ラ ー ム 共 和 国 で 活 動 し よ う と す る 者 は 誰 で も 、 こ の 標 語 を 重く 受 け 止 め る必 要 が あ る 。 一 世 紀 前 の 社 会 学 者 も 「 現 実 で あ る と 定 義 さ れ た 状 況 は 、 そ の 結 果 と し て 現 実 と な る 」と 述 べ て い る 。

●革命防衛隊と対話の放棄

  私 た ち は 、 な ぜ ク ー デ タ ー と い う 呼 称 が 大 きな 意 味 を 持 ち 、 ク ー デ タ ー の 実 行 者 が 今 も っ て 説 得 力 の あ る 反 証 的 な 説 明 を な し 得 な い の か と い う 理 由 を 簡 潔 に 説 明 する 必 要 が あ る 。二 〇 〇 九 年 六 月 一 二 日 、 こ れ ま で 長 年 にわ た っ て 政 治 勢 力 の バ ラ ン ス を 保 っ て き た イ ス ラ ー ム 共 和 国 は 岐 路 に 立 っ た 。 民 主 主 義 に 向 け て 急 激 に 舵 を 切 る べ き か 、 独 裁 的 中 央 集 権 を 断 固 と し て 強 化 す る べ き か の 選 択 を 迫 ら れ た の で あ る 。 い ず れ に し て も 、 イ ス ラ ー ム 共 和 国 は こ れ ま で 三 〇 年 間 続 い た 状 況 を こ の ま ま 維 持 す る こ と は 出 来 な か っ た 。 よ り 高 次 の 国 家 的 コ ン ト ロ ー ル が 可 能 な 唯 一 の 存 在 は 、 革 命 防 衛 隊 が 具 現 化 し た 軍 事 と 経 済 の 複 合 体 で あ っ た 。 現 在 の イ ラ ン に お い て 最 も 基 本 的 な 政 治 経 済 的 事 実 は 、 イ ス ラ ー ム 共 和 国 で三〇 年 以 上 も の 間 最 も 強 力 で 最 も 組 織 化 さ れ た 勢 力 と し て 存 在 し て き た 革 命 防 衛 隊 が 、 今 や イ ラ ン の 経 済 構 造 と 政 治 機 構 の 国 家 的 コ ン ト ロ ー ル の 担 い 手 と し て 、 従 来 の 聖 職 者 層 に 取 っ て 代 わ っ て い る と い う こ と だ 。 従 っ て 、 ク ー デ タ ー は 単 な る 街 頭 の 抗 議 行 動 に 対 す る 対 応 や 国 内 的 対 立 の 爆 発 と い う こ と で は な く 、 イ ラ ン 政 治 にと っ て の 歴 史 的 な 転 換 点 な の で あ る 。 こ れ は い わ ば 新 た な 経 済 的 、 政 治 的 利 益 の 配 分 の た め に 国 家 機 構 の 構 成 要 員 や 機 能 を 再 調 整 し よ う と い う 試 み で あ る 。   こ の ク ー デ タ ー を 適 切 に 計 画 す る う え で ク ー デ タ ー 実 行 者 が 抱 え て い る ジ レ ン マ は 、 以 上 我 々 が 述 べ て き た 構 図 、 す な わ ち ク ー デ タ ー の 現 実 と彼 らが提 示 す る 状 況 説 明 と の 間 に ある 解 決 でき な い 不 調 和 を 考 え て み た だ け で 明 ら か だ ろ う 。 彼 ら は 、 現 実 には イ ス ラ ー ム 共 和 国 か ら す で に 離 脱 し て い る が 、 レ ト リ ッ ク の う え では 自 ら そ の 保 護 者 で あ る と 表 明 し て い る 。 彼 ら の ク ー デ タ ー に は本 質 的 な 部 分 で 矛 盾 と 偽 善 が 刻 み 込 ま れ て い る 。彼 ら の 発 す る メ ッ セ ー ジ とそ の 行 動 は 決 し て 一 致 す る こ と が な い 。 イ ラ ン 国

(4)

ガ ン ダ 」 の 状 況 を 追 っ で も 、 彼 ら が な ぜ こ の 陳 腐 な や り 方 を し て 思 議 に 感 じ ざ る を 得 のよ う な 見 せし め 的 のか ?   な ぜ 行 き 過 の 報 告 に 対 し て中 途 る の か ?   な ぜ 継 続 く 意 図 的 に ) 残 虐 ・ 報 告 が リ ー ク さ れ 続 こ れ ら は す べ て 、 新 た き た 軍 事 経 済 政 権 が 、 行 動 と保 守 的 な レ ト に あ る 矛 盾 を 克 服 で 備 す る う え で 、 直 面 示 唆 す る も の で あ る 。 、 新 た な 希 望 や 明 る い 美 名 の も と に ク ー デ た ほ う が 事 態 は は る た か も し れ な い 。 し か 勢 力 の 均 衡 を め ぐ る く た め 、 弁 論 を 効 果 す こ とは 非 常 に 難 し 局 そ の た め の 捷 径 を は な か っ た 。 イ ラ ン の か に脆 弱 で ま と ま り し れ な い が 、 そ の 規 模 る べ き 構 造 上 の 複 雑 ク ー デ タ ー の 実 行 者 の 希 望 や 約 束 に つ い て す る こ と が 著 し く 困 る の で あ る 。   こ の た め ク ー デ タ ー の 実 行 者 ら は 、 直 裁 的 な 言 葉 遣 い に よ っ て 脅 迫 し 、 侮 辱 し 、 ま た 恐 怖 心 を 誘 発 す る 以 外 に な い 。 こ う し た 言 葉 遣 い は テ レ ビ で 放 送 さ れた 大 統 領 選 の 討 論 に も は っ き り 現 れ て い た 。 ア フ マ デ ィ ネ ジ ャ ード 候 補 の 言 葉 は 説 得 で は な く 相 手 を 侮 辱 す る た め の も の で 、 希 望 で は な く 憎 し み と 怒 り を か き 立 て た 。 同 氏 は 四 年 前 に 行 わ れ た 大 統 領 選 挙 の キ ャ ン ペ ー ン で は 巧 み な レ ト リ ッ ク を 操 っ て い た が 、 今 回 は 当 時 と は 正 反 対 で あ る 。 こ れ は選 挙 前 か ら ク ー デ タ ー の 兆 候 を 示 し て い たとさ れ る 政 治 グ ル ー プ の レ ト リ ッ ク に も 当 て は ま る だ ろ う 。 選 挙 の 数 日 前 、 革 命 防 衛 隊の 政 治 局 ト ッ プ で あ る ヤ ダ オ ッ ラ ー ・ ジ ャ ヴ ァ ー ニ ー は 、「 ビ ロ ー ド 革 命 」 の 危 機 が 迫 っ て い る と 警 告 し 、 革 命 防 衛 隊 と バ シ ー ジ ュ に よ っ て こ れ ら の 兆 候 を 小 さ な 芽 の う ち に 容 赦 な く 摘 み 取 る べ き で あ る と 明 言 し た 。 ア フ マ デ ィ ネ ジ ャ ー ドの イ デ オ ロ ギ ー 的 な 武 器 の 裏 に あ る プ ラ ン は 、 人 々 の 頭 に恐 怖 心 を 刷 り 込 む と い う こ と で し か な い よ う だ 。   こ れ は も ち ろ ん 純 粋 な 憶 測 であ る 。 し か しこ こ で も ま た 、 選 挙 を 取 り 巻 く 出 来 事 ― 選 挙 結 果 の 取 り 扱 い 、 選 挙 結 果 に つ い て の 不 服 申 し 立 て や 抗 議 運 動 に 対 す る 暴 力 的 な 弾 圧 、 客 観 性 や 真 実 は お ろ か 良 識 に 訴 え る す べ て の 説 明 を 放 棄 し た 国 営 メ デ ィ ア の報 道 ―の意 味 を 理 解 す る た め の 最 も よ い 方 法 は 、 ク ー デ タ ー の 展 開 す る 一 瞬 一 瞬 の 場 面 と し て そ れ ら を 捉 え 、 ク ー デ タ ー 実 行 者 ら が 言 葉 や 真 実 、 人 々 の対 話 の 可 能 性 を 貶 め る こ と こ そ が 唯 一 の 戦 略 だ と 固 く 心 に 決 め て い る こ と を 理 解 す る こ と で あ る 。 彼 ら の 選 挙 結 果 の 取 り 扱 い と そ の 発 表 の 仕 方 を 考 え てみ れ ば よ い 。 当 初 か ら選 挙 結 果 を 操 作 し ようと い う 大 規 模 な 計 画 が あ っ た た めに 、 結 果 を 常 識 的 な 方 法 で 発 表 す る こ と は 不 可 能 に な っ て し ま っ た 。 例 え ば 僅 差 で の 当 選 と い う 選 挙 結 果 に つ い て は 始 め か ら 準 備 の し よ う が な か っ た 。 何 日 も の 間 ( そ し て 現 在 で も )、 選 挙 監 視 団 は 選 挙 結 果 の あ ま り の 信 憑 性 の な さ に 困 惑 さ せ ら れ た が 、 こ れ は あ た か も 体 制 側 が 意 図 的 に 混 乱 さ せ た か の よ う で あ っ た 。 最 高 指 導 者 が 無 責 任 か つ 違 法 な 方 法 に よ っ て 時 期 尚 早 に も 勝 利 者 を 祝 福 し たた め 、 意 味 の あ る 対 話 の扉 は 完 全 に 閉 ざ さ れ て し ま っ た 。 そ し て 政 治 的 対 話 を 圧 力 の 言 葉 に 完 全 に 置 き 換 え る た め に 、 選 挙 翌 日 の 早 朝 に 何 百 人 と い う 人 々 が 逮 捕 さ れ た 。 こ う し た 一 連 の 行 動 は 、 悪 意 あ る 攻 撃 と ク ー デ タ ー の 実 行 が 、 ま さ に 真 実 を 明 ら か に す る た め の 対 話 の 可 能 性 を 潰 す た め に 計 画 さ れ たと で も 考 え な い 限 り 、 説 明 が つ か な い 。   こ の よ う に 考 え る と 、 見 せ か け の 合 法 性 を 維 持 す る た め だ け の 、 現 政 権 の 目 に 余 る 偽 善 的 行 為 に つ い て も 理 解 で き る 。そ う で な い と す れ ば 、 政 権 が あ ら ゆ る 礼 儀 規 範 を 侵 害 し ( 極 め て 不 適 切 な 言 葉 の 濫 用 )、 イ ス ラ ー ム 的 規 範 を 冒 涜 し ( 男 女 を 問 わ ぬ 性 的 虐 待 な ど )、 伝 統 的 な 良 識 の 基 準 ( 若 い 男 は 老 い た 女 性 を 殴 っ て は な ら な い ) を 侵 害 し ま た 否 定 し 、 武 器 を 持 た ぬ 市 民 や 被 拘 束 者 に 対 す る 凶 悪な 暴 力 行 為 の 責 任 者 を 処 罰 す る ど こ ろ か 行 為 そ れ 自 体 を 否 認 し 、 見 せ しめ 裁 判 や 拷 問 、 死 刑 な ど を 強 行 し て い る こ と に つ い て 、 私 た ち は ど う す れ ば 説 明 で き る だ ろ う か 。 ア フ マ ディ ネ ジ ャ ー ドに 投 票 し た 人 々 で さ え 、 政 府 の 言 動 を 私 の 知 る 限 り 誰 一 人 と し て 支 持 し て は い な い が 、 体 制 側 も そ の こ と を よ く 分 か っ て い る に も か か わ ら ず 、 か つ て ス タ ー リ ン主 義 者 が 見 せ た よ う な 言 葉 の 暴 力に よ っ て 政 治 的 意 思 を 表 明 す る こ と に こ だ わ り 、 歴 史 、 真 実 、 そ し て 最 も 基 本 的 な 公 開 の 場 で の 議 論 の 要 求 を 軽 視 し て い る こ と を 露 呈 し 、 そ の こ と に よ っ て 人 々 の 意 志

(5)

イラン現体制の正当性の危機をめぐって

を 砕 く こ と を す ら 望 ん で い る の だ 。   しかし こ れ が 彼 ら の言 語 上 の戦 略 で あ る な ら ば 、 そ れ は や が て 必 ず 裏 目 に 出 る だ ろ う 。 礼 儀 規 範 や 政 治 的 対 話 の 重要 性 を ひど く 軽 視 し た 政 権 と 戦 う た め 、 現 在 驚 く べ き規 模 で抵 抗 の う ねり が形 成 さ れ て い る 。 この 抵 抗 は 確 か に イ ラ ン の 近 代 史 にル ー ツ を 持 つ も の で あ り 、 一 方 の 圧 倒 的 な 発 言 力 に 対 す る 他 方 の 不 満 の蓄 積 と い う 不 均 衡 の な か で 、事 態 は 確 実 に 進 行 し 成 長 し てい る 。 新 しい 政 権 の 言 葉 の 残 忍 性 に 反 対 す る 「 緑 の 運 動 」 は 、 六 月 一 二 日 の 事 態 を 「 ク ー デ タ ー 」 と 定 義 づ け るこ と か ら 始 め 、言 葉 の 礼 儀 正 し さ 、 非 暴 力 、 正 当 性 、 人 間 の 尊 厳 と 民 主 主 義 を 希 求 し 、 着 実 に 前 進 し て い る 。 あ の 日 以 降 、 彼 ら こ そ が正 当 性 を 獲 得 し てきた こ と は 間 違 い ない 。 そ れ と 対 称 的 に 、 現 政 権 は 明 ら か に 自 らの 正 当 性 を 説 得 的 に 説 明 す る 能 力 に 欠 け 、 日 々 そ の 正 当 性 が 否 定 さ れ て い る 。

●クーデター政権の行く末

  ク ー デ タ ー の 将 来 に つ い て いく つ か の 点 を 述 べ る こ と で 、 小 論 を 終 わ り に し た い 。 つ ぎ に 何 が 起 こ る に せ よ 、ク ー デ タ ー が 長 期 的 に 成 功 す る 可 能 性 は 極 め て 小 さ い 。 ク ー デ タ ー へ の 一 般 的 な 抵 抗 は 、 現 政 権 に 高 い 代 償 を 強 い て い る 。 政 府 の 支 持 率 は か つ て な く 低 く 、 現 状 へ の不 満 は 日 を 追 う ご と に 増 大 し てい る 。 抗 議 運 動 も 抑 圧 も 多 大の 政 治 的 な コ スト がかかる も の だ が 、そ れ は 経 済 的 に も 損 失 が あ る 。 政 権 は 宗 教 、 道 徳 、 国 内 政 治 の 分 野 で 正 当 性 を 失 っ て い る 。 イ ラ ン の 文 化 も イ ス ラ ー ム も 、 こ れ ら の 分 野にお い て現 政 権に 少 しも 正 当 性 を 与 え る も の で は な い 。   現 政 権 が多 少な り と も 正当 性を 獲 得 で きる 分 野 は 二 つ残 さ れて い る 。 経 済 と 外 交 で あ る 。 同 政 権 は 経 済 面 にお い ては 世 界の国 々 の 中 で も い ろ い ろ な 意 味 で 中 国 と ロ シ ア に 最 も 近 く 、 現 政 権 は 中 国 の よ う な爆 発 的 な 経 済 成 長 を起 こ す こ と を 夢 見 て いる 。 実 際 に 革 命 防 衛 隊 の経 済 面 で の究 極 の 目 標 は 中 国 で あ る 。 よ く 知 ら れ て い る よ う に 、 中国は 天 安 門 事 件 の 大 虐 殺 で共 産 党 の 正 当 性 を 大 きく 傷 つ け られた が 、 国 民 に 奇 跡 的 な 経 済 成 長 を も た ら すことに よ っ て 埋 め 合 わ せ を して き た 。 す で に 共 産 党 や 人 民 解 放 軍 と 相 似 し て い る 革 命 防 衛 隊 は 、 彼 ら と 同 じ 成 果 を 上 げ た い 考 え だ 。 こ れ が 彼 ら の 野 望 な の で あ り 、ク ー デタ ー政 権 の 継 続 に邁 進 す る勇 気 を 与 え て い る 。 現 テヘラ ン 市 長 の モ ハ ン マ ド = バ ー ゲ ル ・ ガ ー リ ー バー フ 氏 は 明 ら か に 、権 力 獲 得 の 手 段 と して こ う し た 交 換 ( 政 治 的 降 伏と 引き替え に 奇 跡 的な経 済 成 長 を 達 成 する こ と ) を 重 要 視 する 人 物 の 一 人 だ 。 同 氏 は 革 命 防 衛 隊 の 出 身 で あ り 、 有 力 な 大 統 領 候 補 者 だ っ た 。 だ が 彼 ら が 中 国 式 の 経 済 的 成 長 を 達 成 す る 能 力 に つ い て 、 私 は 大 き な 疑 い を 抱 い て い る 。   経 済 的な充 実 と 政 治 的正 当 性 と を 交 換 し ない 限 り 、 ク ー デ タ ー 実 行 者が 永 続 的な 政 治 的 安 定 性を 獲 得 で き る 現 実 的 な チ ャ ン ス は な い 。 そ う すると 彼 ら に 残 される の は 外 交 分 野 だ け に な る 。 し か しこ れ は 彼 ら に とっ て 、 結 局 の と こ ろ 一 時 的 な成 果と し て世 論 を 紛 ら わす だ け の 効 果 し か も た ら さ な い だ ろ う 。 い ず れ に し ても 彼 らは 外 交 分 野に お い て 、 行 き 詰 ま っ て い る 核 問 題 をイラ ン 国 民 の愛 国 心 を 満 足 させ る 方 法 で 解 決 す る な ど 、 具 体 的 な 勝 利 を 挙 げ る 必 要 が あ る 。 彼 ら は 弱みや 卑 屈 な 態 度 を見 せ る訳に は い か ない 。 彼 ら は 国 民 の 精 神 的 な 励 み と な る よ う な 現 実 の 、 し か も 明 確 な 勝 利 を 必 要 と し ている 。 イ ラ ン人 の多 く はも ち 論 それ を 望ん で お り 、 新 た な 軍 事 政 権 、 革 命 防 衛 隊 お よ び 民 兵 組 織 バ シー ジ ュ の 中 心 的 な支 持 者 ら は特 に そ れを切 望 し て い る 。 し か し 、 外 交 上 の 危 険 な 賭 け の結 果 が ど の ように出 よ う と も 、 そ の 影 響 は 一 時 的 な も の で し か ない だ ろ う 。 奇 跡 的 な 経 済 の 成 長 だ け が 、彼 ら に 永 続 的 な 正 当 性 の 利 益 を も た ら す で あ ろ う 。

●結論

  どのような運動においても、シ ンボル、組織、戦略をはじめとす る多くの要素を揃えることが必須 であるが、大衆運動では特に話法 上の主導権を取ることが極めて重 要である。話法の主導権が反対派 の 手 に 握 ら れ 続 け て い る か ぎ り、 現在のイラン政権は効果的な統治 をすることができない。 同政権は、 野蛮な残虐性あるいは狂気にも似 た一種の恐怖政治を発動して市中 を何とか静かにさせているかもし れないが、枠組みや話法の点にお い て ひ と つ も 勝 利 を 収 め て い な い。 他 方、 「 緑 の 運 動 」 の 側 の 話 法はかつてなく信頼性を高めてお り、イラン国民のより広範な層に 訴えかけている。二〇〇九年の大 統 領 選 挙 か ら 一 年 以 上 が 経 過 し、 イランの「緑の運動」はその将来 に向けて最も重要な分野での成果 を誇るべき十分な理由がある。 (原文は英語) ( D r. A li F erd ow si / ノ ー ト ル ダ ム ・ ドゥ・ナムール大学教授)

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :