入間市公共施設最適化基本方針(原案)

25 

Full text

(1)

入間市

共施設最適化基本方針

入間市

(2)

. 最適化基本方針 策定 趣旨

. 最適化基本方針 位置 け

. 最適化基本方針 策定 係 基本的考え方

( )基本方針 コン

( ) 象施設 範

( )計 期間

.公共施設 問 点 今後 課 ~ 入間市公共施設マ ン 白書 ~

( )市 概要

( )公共施設 問 点

( )今後 課

.基本方針

( )基本理念

( )基本方針

方針 将来 担を踏 え 全体 を圧縮 施設機能 行政 ビ 見直し

(方策 )施設機能 見直し

(方策 )施設 利用形態 適正化

(方策 )市民 行政 共通認識 醸成

(方策 )民間 行政 役割 担 見直し

方針 新 コ 作 い 建物 コ 活用 適正化 長 命化 推進

(方策 )施設保 適正化

(方策 )施設 適正配置 推進

(方策 )施設利用 効率性向

(方策 )既 施設 効活用

方針 施設管理 全体効率化を 柔軟 本質的 管理 運営

(方策 )効率的 施設保全 実施

(方策10) 元的 マ ン 実施

(方策11)施設 広域利用 推進

(方策12)都市基盤施設 効率的 維持管理

(3)

3

.推進方法

方向性 整合 取 計 推進

(方法 )再整備計 策定

(方法 )維持管理計 策定

(方法 )個別計 連携 都市基盤施設

(方法 )他 行政計 連動

方向性 実現 向け 条件整備

(方法 )市民意見 映

(方法 )推進組織及び体制

(方法 )P A イクル 推進

(方法 )資金調 方法

(4)

. 最適化基本方針 策定 趣旨

本市 保有 い 共施設 市民 産 得 整備 貴 資産

限 源 中 資産 有効活用 効率的 施設 維持管理 再整備

将来 く 要 組 あ 持 能 都市経営 基盤

最適化基本方針 適 資産経営 組 共施設マネ メント 進 あ

基本的 考え方 明 目的 い

具体的 組 容 考え い 項目

市民ニ 変化 合わ 公共施設 機能 役割 見直しを行うこ

社会情勢や時代 変化 合わ 公共施設 保 を適正化 こ

公共施設 再整備を効率的 実施 こ

公共施設 実態を的確 把握 こ

老朽化 進 公共施設 維持管理を総体的 計 的 推進 こ

公共 産 資産 し 公共施設 効活用を こ

市民 民間 業者 行政 情報を共 化 常 公共施設 最新情報を提供

課 認識を統 こ

う 組 推進 共施設マネ メント白書 以ㄦ 白書 いう 作成

実態 把握 共施設最適化基本方針 以ㄦ 基本方針 いう ㄥ 共施設再

整備計 以ㄦ 再整備計 いう 共施設維持管理計 以ㄦ 維持管理計 いう

策定 施設機能 見直 や保有 適 化 計 的 維持管理等 組

公共施設マ ン 実施 ロ

施設 実態把握 析

公共施設 ネ ン 白書 策定

公共施設 あ 方 検討

公共施設最適化基本方針 策定

公共施設 基本計 策定

再整備計 維持管理計

期総合計 へ 反映

公共施設 再整備 維持管理

事業計 策定

施設 再整備 維持管理 実施

組 見直 へ 反映

検討委員会 提言

公共施設 ネ ン

担当部署設置 検討

(5)

5

. 最適化基本方針 位置 け

基本方針 市 最ㄥㆮ計 あ 総合計

及び行政改革大綱

基 い 策定 30

先 見据え 市 行う 共施設 最適化 関 基本的 指針 ㆮ置

総合計 や行政改革大綱 ㄦ 策定 基本計 等 計 期間 あ

今 基本計 等 策定 あ 基本方針 配慮 必要

基本方針 実効性 確保 実行計 再整備計 及び 維持管理計

策定 両計 具体化 10 間 ㅙ業計 策定 総合計

映 いく ㆂ 計

整合 い

策定済 計 基 い 行うㅙ業 い 本方針 考え方 踏 え 整

合 いく

※ 市 最 位 計 し 位置 け 10 を計 期間 基本構想 5 間 基本計 3 間 実施

計 構成さ

※ 長期的 行政改革 方向性を示 大綱 し 策定さ 体的 行政改革 取組 こ 大綱 沿 業化し

実施 こ し い

※ 福祉 教育 都市整備 個別 係 体的計

公共施設マ ン 構成

公共施設最適化基本方針(30 )

再整備計 維持管理計 (30 )

業計 (10 ) 業計 (10 ) 業計 (10 )

入間市総合計

入間市行政改革大綱

別計 別計 別計

公共施設実態調査 公共施設白書策定⇒10 毎 調査 見直し 業計 策定

(6)

. 最適化基本方針 策定 係 基本的考え方

(1)基本方針 コン

基本方針 本市 長期的 共施設 最適化 向 共施設マネ メント 方向性 示

策定

現 厳 い 政状況 考慮 共施設 維持 困難 あ マネ メ

ント 方向性 適 ヷ規模 見直 中心 少子高齢化や環境問

応 時代 変化 映 共施設 最適化 必要 あ う 組 通

良い資産 共施設 将来世代 引 い いく 目指

本市 考え 共施設 最適化 単 ハヸド 共施設 再編 行う く 今

市民ニヸ 捉え ソフト 行政 ヸビ 見直 行う 要 あ 考え い

基本方針 本市 現状 課 踏 え ㄥ ハヸドヷソフト 両面

今 共施設マネ メント 方向性 明

共施設マネ メント 行政 く 市民 民間ㅙ業者等 協働 組 課

あ 地域 活性化 いく 考え

(2) 象施設 範

共施設 範 い 共建築物 捉え 場合 都市基盤施設

路ヷ橋

うヷㄥㄦ水 等 含 場合 あ

基本方針 先駆 作成 白書 国 指針 沿 都市基盤施設 実態 把握 今 必要

コ ト 試算 行い

都市基盤施設 市民生活 い施設 廃 検討 余地 少 く

維持管理 い 長 命化や保全 個 計 入間市舗装補修計 入間市橋 う長

命化修 計 等 既 策定 い 適 化 方向性 示 必要性 ㆯい 断

基本方針 共建築物 共施設 主 象

※ 路 橋 う 水 都市基盤を構成 公共施設 こ いわ イン ラ施設 こ をいう

(3)計 期間

基本方針 共施設マネ メント 長期的 視点 推進 基本的 考え方 示

(7)

7

.公共施設 問 点 今後 課 ~ 入間市公共施設マ ン 白書 ~

白書 本市 現状 把握 ㄥ 今 共施設 維持管理 問 点 明

課 提起 い 項目 デヸタ 詳細 い 白書 参照く

(1)市 概要

■市 概要■ 白書P 参照

ヷ市域全体 地 丘陵 狭山ヷ加治丘陵 茶畑 緑 観 保 い

ヷ鉄 西武池袋線 R 高線 通 主要 路 国 号ヷ 号ヷ 号ヷ

号 あ 首都圏中央連絡自動車 開通

ヷ所沢市 飯能市 狭山市 埼玉県西部地域 く 協議会 設立 く 構想 ダ

プラン 策定 共施設 相互利用や ベント 共同開催 面 連携

ヷ首都圏 あ 変化 富 自然 育 伝統文化 新 い文化 融合 コミュニ

テ 々広 い 入間市 特色

■地域区 考え方■ 白書P 参照

本市 いく 地域区 存 各地区 特徴や人口動態等 踏 え 今

共施設再整備 向 地域区 い 以ㄦ 通

生活圏域 し け 地区 生活基盤 共通 福祉計 区 さ い 地区

○豊岡第 地区 ○豊岡第 地区 ○豊岡第 地区 ○東金子地区 ○金子地区

○宮寺 本木地区 ○藤沢第 地区 ○藤沢第 地区 ○西武地区

地域区 日常的 生活圏域 子 や

保護者 活動ヷ交流 範 定着 地区

あ 歩又 自転車 利用 能 あ

利用者人口 準化 想定

福祉圏域

設定 あ

今 超高齢社会 到来 考え 市

民 活動 や いエリ 設定 考え

今 共施設 再整備 行う際 複合化

い 検討 必要 あ 場合 人口

バラン い 地域区 捉え ふ

わ い 考え 今 地域区 軸

共施設 再整備 進 望 い 考え

(8)

※ : そ民生委員 担当区域割 区 地区 1万~ 万人 人口規模 準化さ い

■人口状況■ 白書P ~ 参照

ヷ昭和30 代 40 代 行わ 大規模宅地開発や工業団地造成等 昭和45

昭和60 人口 急激 増加 昭和45 約6.3万人 人口 昭和60

約 1. 万人 15 間 約5.3万人 84% 増加 成7 以降 人口 増加

や 成22 約15.1万人 ピヸク 現 至 横 い傾向 い

今 現 約15.0万人 成52 約11.9万人 約3.1万人 21% 減少 昭

和60 代頃 水準 推計 い

ヷ 齢構成 成22 ピヸク 生産 齢人口比率 ㆯㄦ 特 成27 頃 75

以ㄥ 期高齢者 割合 ㄥ昇 高齢化 ㄟ気 進行 傾向 成52 高齢

者人口比率 現 23% 37% 14ポ ント 増加 少人口比率 現 13%

9% 4ポ ント減少 見込

ヷ1日 流出入人口 見 流出ヷ流入 近隣市 あ 所沢市 飯能市 狭山市 行 来

倒的 多く い 近 流出人口 流入人口 減少傾向 あ ㄟ方 昼間人口

増加 い 就業者 市外 流出 い 市民 退職期 迎え昼間 市 い

う 影響 い 考え

ヷ地区 見 西武地区や藤沢地区 比較的減少幅 少 く見込 い 既 人口減少

始 い 東金子地区や 少人口 減少率 大 く い 金子地区や豊岡地区 い

今 減少幅 大 く い

※ 常住人口 通勤 通学 流出入人口を増減さ 算出し 人口 買物客等 非定常的移動 考慮し い

表 人口推移及び推計

5.4 6.3

8.1 10.2

11.6 13.6

14.3 14.7 15.0 15.1 15.0 14.7

13.5

11.9

0 2 4 6 8 10 12 14 16

S42 S45 S50 S55 S60 H2 H7 H12 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26 H27 H32 H37 H42 H47 H52 人口推移及び推計 昭和42 ~ 成52

9% 現在

64

出 埼玉県 別人口調査結果報告 外国人を含 (各 1 1日)

入間市人口推計(地区別) 住民基本 帳(H22.1~H26.1) タ 基 く人口推計 13%

生産 齢人口

54%

少人口

23%

37% 15 間

84%増加

26 後 21%減少 前期高齢者割合

後期高齢者割合

逆転 後期高齢者

前期高齢者

高齢者人口

万人

人口 ク

19%

67%

(9)

9

■ 政状況■ 白書P ~ 参照

<歳入>

ヷ 通会計 入規模 約350億 約400億 推移 い

ヷ 成15 度 20 度 均 約356.8億 成21 度 24 度

均 約399.3億 い 増加 主 要因 国 経済 策補 予算 実施

国庫支出金 増加 あ 近 増加 い 使途 特定 特定

源 割合 あ 市 自由 裁 持 ㄟ般 源 250億 前 推移 い

ヷ 訳 市税 入 入総 5割程度 い 市税 入 う 市民税

成20 度 約110.1億 ピヸク 4 間 11%減少 い

表 過去10 間 歳入 推移

<歳出>

ヷ 通会計 出規模 約340億 約390億 推移 い

ヷ支出 義務的 任意 削減 い 義務的経費 成15 度 約172億 成24

度 約204億 訳 人件費 微減 債費

横 い

扶 費

約2倍 増大 い 今 高齢化 ㄟ層 進展や少子化 策等 増加 見

込 義務的経費 増大 懸念

ヷ投資的経費 出 10%前 30億 40億 推移 い

表 過去10 間 歳出 推移

351.6 361.3 352.8 355.4 359.2 360.2

397.7 404.0 394.6 401.0

0 100 200 300 400

H15 H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24

歳入決算額 推移 普通会計決算

そ 他特定財源

県支出金

国庫支出金

地方債

そ 他一般財源

地方交付税

市税 市民税

法人

個人

固定 資産税

そ 他

•市 村税

•固定資産税

•そ 他

一 般 財 源

( 度)

(億円)

55.3%

52.4%

31.1 62.2

110.1億円

80.1億円 38%増 11%減 97.9億円

H15~H20 均356.8億円

H21~H24 均399.3億円

46.4 51.3 50.9 52.8 57.3 61.1 64.8 85.6 91.0 90.7 37.0 36.8 28.7 33.0 33.8 32.7

31.6 41.3 37.7 38.3 343.2 349.9 341.2 345.6 349.2 350.7

385.8 390.3 383.4 387.1

0 100 200 300 400

H15 H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24

繰出金

積立金 投資及び

出資金 貸付金

公債費

投資的経費

補助費等

扶助費

維持補修費

物件費

人件費

億円

投資的 経費

13.5%

23.4% 扶助費

( 度)

(10)

<投資的経費 推移>

ヷ 成15 度 24 度 投資的経費

台 10

間 均 約35.1億 い

う 共施設 投資的経費 10 間 均 約10.6億 あ 投資的経費全

体 30% 占 い

ヷ 共施設 関 投資的経費 用地 得 く主 建物 整備や更新 建替え 使わ

い 近 学校施設 耐震化 使わ い

ヷ都市基盤施設( 路 橋 う ㄥㄦ水 ) 生活 い施設 費用 縮 難 い や全

施設 耐震化 完了 い い 今 経費 予測 投

資的経費 増加 いく見込 い

<積立基金 経常 支比率 推移>

ヷ 債費 担比率

台10

減少 い 扶 費等 増加 経常 支比率

台11

% 超え

水準 推移 政 硬直化 進 い

ヷ積立基金

台12

成22・23 ㄟ時的 増加 全体 減少傾向 い

ヷ地方債残高 減少傾向 あ 学校施設 耐震化 伴い 成 21 度以降増加傾向 転

将来 政 担 懸念

※ 市 借 入 地方債 元利償還費 時借入金 合計 人件費 扶助費 義務的経費 い

※ 社会保障制度 環 し 児童 高齢者 障害者 生活困窮者等 し 行う支援 要 経費

※ 単 度 短期的 終わ 固定的 資本形成 向け 主 普通建設 業費をさ

※10 公債費 程度 政を圧迫し い を示 公債費 充当さ 般 源 般 源総 占 割合

※11 政構造 弾力性を示 税 経常 般 源 占 人件費や公債費 義務的 支出 割合を表

※12 代表的 政調整基金 積 立 取 崩し 活用 そ 他特定目的基金 あ

表 過去10 間 投資的経費 推移

12

8

5 8 3 8

10 10 11

23

3 3

14

18

19

20

27 19

18

29 21

12

9 10

5

5 3 4 3

3

3 3

37.0 36.8

28.7

33.0 33.8 32.7 31.6

41.3 37.7 38.3 0 10 20 30 40 50

H15 H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24

新規整備 既存更新維持管理 用地取得 新規整備既存更新 維持管理 用地取得

14.3

8.2 5.5 8.4

3.7

9.5 10.7 9.7 13.5

23.0 22.8

28.6

23.1

24.6

30.1 23.1 20.9

31.6 24.2

15.3

(億円)

(61%) (39%) (78%) (22%) (81%) (19%) (74%) (26%) (89%) (11%) (71%) (29%) (66%) (34%) (77%) (23%) (64%) (36%) (40%) (60%) イン に

投資的経費

公共施設等 に 投資的経費

公共施設等に 投資的経費

10 間 均 10.6億円

投資的経費全体

10 間 均 35.1億円

(11)

11

■保 資産状況■ 白書P ~ 参照

<土地> 表 土地 保 状況

ヷ本市 保有 土地 産 233万

1,358㎡

ヷ土地 産 う 貸付 交換 売却等

能 経済的価値 市政

献 産 あ 通 産 約5.1

万㎡ 2.2% い

ヷ市 直接利用 市民 共同利用

供 産 あ 行政 産 土地 う

約113.5万㎡ 48.7% 園

学校用地 約

64.7万㎡ 27.7% い

ヷ 保有資産 水路面積

含 い

<建物> 表 建物 保 状況

ヷ本市 保有 建物延床面積 約32.3

万㎡ い

ヷ行政 産 建物 う 学校教育系施設

約17.4万㎡ 54%

集会施設等 市民文化系施設

約3.0万㎡ 9% 庁舎や支所 防災

ンタヸ等 行政系施設 約2.4万㎡

7% 割合 い

公園 48.7%

学校教育系施設 27.7% 博物館等

3.7% そ 他 3.1% 市営住宅

2.5% スポ 施設

2.3% 普通財産 2.2% 供給処理施設

2.0%

保養施設 1.7% 集会施設

1.6%

市庁舎等 0.9% 子育 支援施設

0.7% 保健施設 0.6% 文化施設

0.5%

高齢者福祉施設 0.5%

幼児児童施設 0.4%

そ 他(行政系 0.3%

消防施設 0.2%

産業系施設 0.1% 図書館

0.1%

障害者福祉施設 0.1%

公園

学校教育系施設

博物館等

そ 他

市営住宅

スポ 施設

普通財産

供給処理施設

保養施設

集会施設

市庁舎等

子育 支援施設

保健施設

文化施設

高齢者福祉施設

幼児児童施設

そ 他行政系

消防施設

産業系施設

図書館

障害者福祉施設

公園

約半 を占め

学校教育系施設 54%

市民文化系施設 9% 行政系施設

7% 市営住宅 7% ポーツレクリエーョン

系施設 6%

保健福祉施設

5%

子育 支援施設

4% 社会教育系施設

4%

供給処理施設 3%

産業系施設 0.2% そ 他

1%

学校施設 公共 施設 過半を占め

(12)

(2)公共施設 問 点

■公共施設 築 別整備状況■ 白書P ~ 参照

ヷ本市 保有 建物 延床面積32万2,650㎡ う 旧耐震基準

台13

建設 建物 15万

6,699㎡ 49% 新耐震基準

台14

建設 建物 16万5,951㎡ 51% い

ヷ築 大規模改修 必要 目安 築30 以ㄥ 建物 約20.6万㎡ 64%

い 昭和40 成5 間 整備 集中 29 間 建設

建物 約27.6万㎡ 均 9,519㎡/ 全体 86% 占 い 今 大規模改修や建

物更新 同時期 訪 能性 高く 計 的 整備 検討 必要 あ

ヷ建物用途 学校施設約17.4万㎡ う 約13.9万㎡ 80% 築30 以ㄥ経過

い 市営ㆰ宅 い 昭和30~40 代 整備 多く築50 以ㄥ経過 施

設 多い 老朽化 懸念

※13 昭和56 5 31日 建築確認 い 適用さ 基準 震度5強程度 揺 建物 倒壊 破損し

し 補修 こ 活用 能 構造基準 し 設定さ い

※14 昭和56 6 1日以降 建築確認 い 適用さ 基準 震度6強~7程度 揺 倒壊し い う 構造基

準 し 設定さ い

表 公共施設 築 別整備状況

64% 24%

位4用途 延床面積

全 体 占 割 合

位4用途 延床面積

全 体 占 割 合

学校教育施設 1」9,401㎡ 43.2% 学校教育施設 「1,545㎡ 6.7% 市民文化施設 「0,「08㎡ 6.3% ポーツ レクリエーョン系施設 11,】44㎡ 3.6%

4.8% 3.6%

築 」 0 以 経 過 し 施 設 築 「 0 以 」 0 未 満 施 設 「05,【」】㎡ 】【,】9」㎡ 0 5,000 10,000 15,000 20,000 25,000 30,000 S

26 S27 S28 S29 S30 S31 S32 S33 34S S35 S36 S37 38S S39 S40 S41 S42 S43 S44 S45 S46 S47 S48 S49 S50 51S S52 S53 S54 55S S56 S57 S58 S59 S60 S61 S62 S63 H1 H2 H3 H4 5H H6 H7 H8 9H H10 H11 H12 H13 H14 H15 H16 H17 H18 H19 0H2 H21 H22 3H2 H24 H25

学校教育系施設 市民文化系施設 行政系施設 市営住宅

ポーツレクリエーョン系施設 保健福祉施設 子育 支援施設 社会教育系施設

供給処理施設 産業系施設 そ 他

旧耐震基準S56 以前 156,699 48.6%

㎡ 新耐震基準S57 以降 165,951 51.4%

築40 以 27%

築30 以 37% 築20 以

24% 築20 未満

12%

㎡ 旧耐震基準 以前 ㎡ 新耐震基準 以降 ㎡

0 2 4 6 8 10 12 14 16

人口 児童生徒数

2.14㎡/人 32.3万㎡

築40 以

8.7万㎡ 27%

築30 以

11.8万㎡(37%)

築20 以

4.0万㎡(24%)

築10 以

2.9万㎡(9%)

築10 未満

1.1万㎡(3%)

旧耐震基準施設 昭和56 以前

15万6,699㎡(48.6%)

人口

児童生徒数 均9,519㎡建設

池 団地

市民会館

市民体育館

図書館本館

博物館

総合ク ンセンタ

健康福祉センタ

武蔵中学校 金子中学校

新耐震基準施設 昭和57 以降

16万5,951㎡(51.4%)

人口 万人

整備→ソ 整備へ 替え 第4次総合計

産業文化センタ

児童センタ

(13)

13

■公共施設 耐震化状況■ 白書P 参照

ヷ旧耐震基準施設 約15.7万㎡ 49% う 耐震化未実施施設 約4.5万㎡ 14%

あ 早急 策 必要 い

ヷ耐震化未実施施設 う 学校施設 成27 度 耐震化 完了

ヷ大規模 共施設 あ 市庁舎 ・ 棟 市民会館 中央 民館 市民体育館 市民活動 ンタヸ

い 成26 度 耐震化計 検討結果 踏 え 今 方向性 検討 い

耐震化未実施 民館 館 黒須ヷ高倉ヷ東 成26 度 耐震2 診断 結果 踏 え

今 整備方向 検討 い

■今後 建替え 改修 コ 試算■ 白書P ~ 参照

総務省 提供 い 更新費用試算ソフト 入間市 諸条件 加え 今 40 間 施設

改修ヷ更新等 コ ト 算出

<公共施設>

ヷ市 保有 共施設 今 建替えヷ大規模改修 コ ト 成 26 度 成

65 度 40 間 積 ㄥ 方式 試算 均約47.0億 見込 あ

直近 共施設 投資的経費 均約10.6億 4.4倍

ヷ現時点 既 築 31 以ㄥ経過 い 施設や今 築 30 経過 施設 多くあ 今 10

間 ㄟ斉 大規模修 必要 く 予想 費用 間 50 億 超

え 試算 い

表 公共施設 コ 試算

0 10 20 30 40 50 60 70 80 H

21 H22 H23 H24 H25 26H H27 H28 H29 H30 H31 H32 H33 H34 H35 H36 37H H38 H39 H40 H41 H42 43H H44 H45 H46 H47 48H H49 H50 H51 H52 H53 54H H55 H56 H57 H58 H59 H60 H61 H62 H63 H64 H65

億円

学校教育系施設 市民文化系施設 ポーツレクリエー ョン系施設

子育 支援施設 そ 他 市営住宅

社会教育系施設 産業系施設 保健 福祉施設

行政系施設 供給処理施設 耐震化コス

0 10 20 30 40 50 60 70 80 H

21 H22 H23 H24 H25 26H H27 H28 H29 H30 H31 H32 H33 H34 H35 H36 37H H38 H39 H40 H41 H42 43H H44 H45 H46 H47 48H H49 H50 H51 H52 H53 54H H55 H56 H57 H58 H59 H60 H61 H62 H63 H64 H65

億円

大規模改修 成26 ~65 度

大規模改修築31 以 50 未満 成26 ~35 度

建替え 成26 ~65 度

4.4倍 直近

投資的経費

10.6億円

維持補修費 成26 ~65 度

今後40 間

建替え大規模改修

費用総額

1,882億円

建替え 大規模改修に コス

均 47.0億円/

既存

公共施設等に 投資的経費

成15 度~ 成24 度

均 10.6億円/

既存ス ク

32.3万㎡ 耐震化

現状 投資的経費

維持 施設

( 度)

23%

整 備 方 式 別

(14)

<都市基盤施設>

ヷ今 40 間 総 約1,447.4億 均約36.2億 必要 予測 直近

都市基盤施設 投資的経費 均約24.4億 1.5倍

ヷ都市基盤施設 い 日常生活 営 ㄥ 最ㆯ限必要 施設 あ 廃 等 費用 縮 難

い 長期的 維持管理方法 見直 今 課

表 都市基盤施設 コ 試算

<公共施設 都市基盤施設を合わ 今後 更新コ >

ヷ 共施設 建替え 改修等 コ ト試算 都市基盤施設 コ ト試算 合算 本市

今 投資的経費 見通 今 40 間総 約2,993.5億 均約74.8億

必要 成15 度 24 度 10 間 投資的経費 ㄥㄦ水 投資的経

費 含 均約35.1億 2.1倍 見込

表 共施設及び都市基盤施設 コ 試算

成15 度~ 成24 度 イン に

投資的経費 均24.4億円/

1.5

2.1

成15 度~24 度

公共施設 イン に 投資的経費

均35.1億円/

(15)

15 (3)今後 課

白書 明 共施設マネ メント 課 今 展望 以ㄦ 通

<課 >

人口面 課

ヷ 成 22 度 ピヸク 徐々 人口 減少 今 大幅 人口減少 進 少

人口及び生産 齢人口 減少 高齢人口 増加 いう急激 人口構成 変化 予測 い

地区特性 課

ヷ市街化区域 過半 占 地区 市街化調整区域 過半 占 地区 あ 地区 土

地利用 状況 大 く異 共施設 求 機能 い 見 整備状況 ㄟ

政面 課

ヷ高い経常 支比率や積立基金 減少 政制約 強 今 投資的経費

確保 厳 く 予測

共施設 課

ヷ 共施設 過半 占 い 学校施設 老朽化 い

ヷ人口構成 変化 伴い 行政 ヸビ ニヸ 変化 い

< 応方向>

ヷ人口動向 変化 政制約 強 中 開発動向や土地利用 変化等 地区状況 変化や

共施設 老朽化 市民ニヸ 変化 応 必要 あ

ヷ横断的ヷ総合的 共施設 機能 見直 や多機能化等 共施設 最適化や行政 ヸビ あ

方 見直 資産 有効活用 検討 必要 あ

ヷ資産 有効活用 実現 デヸタ 集ヷ 析 方針及び計 策定

クル 確立等 長期 共施設マネ メント 体制 構築 必要 あ

<検討視点>

整備地区 踏 え 検討

ヷ地区 人口動態 人口構成 配置 い 施設 利用者ニヸ 提供 ヸビ

バラン 検証 地区 く 方向性 連動 今 施設 あ 方

検討 必要 あ

ヷ東金子や金子 宮寺ヷㅚ本木地区 学校 中心 周辺施設 更新計 検討 効率的 施設整

備 実施 必要 あ 豊岡や藤沢 西武地区 今 人口構成 変化 利用者ニヸ

変化 踏 え 複数施設 合わ 更新手法 い 検討 必要 あ

(16)

時期 迎え 防災 点 中枢機能 役割 効果的 施設更新 実施 必要 あ

施設機能 踏 え 検討

ヷ機能 複 利用ㆯㄦ 見 施設 市全体 施設数や機能 施設配置バラン 等 把

握 集約化ヷ複合化 検討 必要 あ

ヷ利用目的 限定 い 利用 少 い施設や機能 利用実態等 利用者ニヸ

検証 ニヸ 見合 ヸビ 提供 あ 方 検討 必要 あ

ヷ学校施設 市 保有資産 54% 占 更新時 周辺施設 集約化 多機能化

地域 点 有効活用 いく必要 あ

ヷ大規模 施設 い 既 行 い 近隣市 相互利用 発展 形 広域連携等 含

検討 いく必要 あ

.基本方針

白書 明 入間市 共施設 今 課 応 いく 基本理念

3 基本方針 掲 共施設マネ メント 推進

(1)基本理念

市民 真 必要 施設 ヸビ 持 的 提供 いく 全体適 化 基本理念

共施設マネ メント 適 適所 く 進 適 適 配置 効率

的 維持管理 利活用 共施設 最適化 組

(2)基本方針

基本理念 実現 向 将来 担 踏 え 全体 縮 新 ハコモノ 作 い

施設管理 全体効率化 いう 方針 定 具体的 展開 向 実行方

策 設定 組

方針 将来 担を踏 え 全体 を圧縮 施設機能 行政 ビ 見直し

施設 建設当初 現 行政需要 大 く変化 社会情勢や市民生活 変化 合わ

求 行政 ヸビ 質や 変化 い 共施設 最適化 推進 求

行政 ヸビ 踏 え 施設 持 機能 見直 いく 必要

社会情勢 変化や市民生活 将来見通 考慮 ㄥ 共施設 行政 ヸビ 提供

最適 機能 持 見直 適 施設 施設配置 再編

(17)

17

(方策 )施設機能 見直し

ヷ社会情勢や市民生活 変化 合わ 行政 ヸビ 適 化 共施設 機能

見直 組

ヷ各施設 連携 補完 あう 行政 ヸビ 提供 ㆁ組 構築 特定 施

設 頼 い行政 ヸビ 提供

ヷ官 民 役割 い 施設機能 見直 中 適 役割 担 替え い

ヷ 共施設最適化 問 意識 市民 共有 理解 深 ㄥ 施設機能 見直 進

施設 規模や配置 わ く ソ 行政サ ビ

現在及び将来 市民ニ 合わ 公共施設 求 機能や役割 見

直 新 機能 見合 施設 適 規模 適 割 出 公共施設 再

整備 維持管理 進 いく

施設機能 見直 進 公共施設 最適化 図 最 要 あ 市民 理解

得 市民ニ 多様 あ 市 政策及び ネ ン

方向性 い 市民 寧 説明 自 課題 認識 え う努

(方策 )施設 利用形態 適正化

ヷ施設機能 見直 合わ 施設 利用形態 適 化 進

ヷ利用形態 適 化 合わ 施設整備 組

市民ニ 合わ 公共施設 求 機能や役割 見直 施設

利用形態 い 適 化 図 い 具体的 特定 限定 利用 く

利用時間や開館日 設定 変更 見直 施設機能 効果的 活用

柔軟性 組 い 施設 再整備 進 利用形態 適 化

い 十 考慮 組 いく

(方策 )市民 行政 共通認識 醸成

ヷ職員研修や庁 推進会議等 通 共施設マネ メント 全庁的 組 ㆮ置

的 市民周知 市民全体 課 共施設 最適化 進

行政サ ビ や施設機能 見直 行政各部局 連携 体 組

全職員 象 研修機会 設定や庁内推進会議等 検討組 設置 情報 共有

化 意思統 図 公共施設 ネ ン 全庁的 組 置 い

市民 民間事業者等 客観的 タ 積極的 提供 公共施設 最適化 向

(18)

(方策 )民間 行政 役割 担 見直し

ヷ民間 行政 役割 担 い 行政 ヸビ や施設機能 見直 合わ 適 方向 検討

再構成

行政サ ビ や施設機能 見直 場合 施設 整備方法や管理運営 事業運営

い う 形態 適 あ 検討 民間 行政 役割 担

い 有効性や効率性 考慮 再構成 進 い

方針 新 コ 作 い 建物 コ 活用 適正化 長 命化 推進

今 政運営 考慮 新規 施設整備 行う余裕 く 既存施設 有効活用 必須

共施設 有効活用 推進 慣例 わ い柔軟 発想 利用率 向ㄥ

資産 活用 いく 要 有効活用 施設 再整備

組 必要 あ 再整備 費用 縮減や 準化 施設 保有 や配置 適 化 長 命

化 組

共施設マネ メント 新 施設整備 行わ 既存施設 有効活用 再整備 連動 捉

え計 的 推進 い

(方策 )施設保 適正化

ヷ必要ㄧ 機能 維持 施設保有 適 規模 縮減

ヷ原則 新規建設 行わ い 複数施設 廃 伴う施設更新 総

縮減ヷコ ト縮減 場合 新規建設 視 入

ヷ学校施設 適 配置 考え方 中 地区 点施設 有効活用 い

ヷ施設 更新 場合 容易 機能 転用 構造 最 限 投資 新 ニヸ

応 う 施設整備 進

今後 人口減少 少子高齢化 代表 人口構成 変化 市民生活 変化 現状

公共施設 最適化 組 い 今後 う 現状 応 必要

絞 施設保有 縮減 組 い

本市 公共施設 ネ ン い 様々 ュ ョンや市民 意見交換等 踏

え 複合化や多機能化 統廃合 手法 使 施設保有 縮減 組

廃 伴う代替機能 確保 統合 複合化 有効性 コ 面 効果 本市 長期的 政

策 考慮 進

特 学校施設 適 化 い 保有 縮減 再整備方法 事業化

(19)

19

再整備計 中 示

(方策 )施設 適正配置 推進

ヷ地域 応施設 史的経緯や地区 伝統 血縁ヷ地縁関 地区ㆰ民 意向 考慮 6

地区 9地区 地域区 再配置 進

ヷ地区 点施設 再整備 い 総合計 地区 生活 点 考え方 整合

ヷ地区 市街化区域 市街化調整区域 割合や人口構成 施設 整備状況 い あ

地区 実情 合わ 施設 適 配置 検討

本市 白書 析 進 当 地域区 旧 村 区 あ 地区 生活

圏域 あ 地区 設定 施設 適 配置 進 地区及び 地区 区

活用 検討

特 学校や公民館 保育所 地域 応施設 い 地区 地区

地域区 複合化や多機能化 統廃合等 手法 活用 再整備 進 い 再整

備 検討 地区 民 議論 十 理解 得 地域性 考慮

進 い

施設 広域的 配置 ン 含 検討 い

(方策 )施設利用 効率性向

ヷ各施設 利用 象者 大や施設利用 多目的化 進 利用率 向ㄥ

ヷ交通手段 確保 検討 利用者 利便性向ㄥ

白書 明 う 本市 各施設 利用率 部 除い い状況 あ 効率的

利用 行わ い 言い い状況 利用率 利用 象者 拡大や 利

用条件 緩和 施設 多目的化 検討 実行 必要 交通手段 確保等

い 施設利用者 利便性 高 方策 検討 いく

利用率 向 図 方策 民営化 い 検討 い

(方策 )既 施設 効活用

ヷ民間 共同利用や貸ㄨ等 組 資産 共施設 有効活用

ヷ施設 有効活用 生 出 源 い 共施設整備基金 積立 今

共施設最適化 組 活用

公共施設 市民 貴 産 有効活用 聖域 設 長期的視点 持

最適 活用方法 見出 必要 あ

(20)

い 源確保 資源 民間 共 利用や貸 等 組 公共施設整備

源 いく

方針 施設管理 全体効率化を 柔軟 本質的 管理 運営

限 源 中 良い状態 共施設 維持 活用 いく 施設 状態 確

把握 施設全体 ㄟ元的 視点 管理ヷ運営 いく 必要

柔軟 発想 管理ヷ運営 効率化 近隣市 連携 施設 広域化 民

間活力 有効活用 検討 必要

本市 共施設マネ メント 市民ニヸ 本質 見極 必要ㄧ 行政 ヸビ 何

ㄥ 施設 再整備 含 管理 全体効率化 組 い

(方策 )効率的 施設保全 実施

ヷ施設カルテ

台15

活用 日常的 点検ヷ診断等 組

ヷ修 や大規模改修 い 長期的計 策定 効率的 施設保全

ヷ効率的 施設保全 行う ㅙ 保全 予防保全 替え

ヷ総体的 保全 行う 庁 体制整備

ヷ各施設 安全確保 耐震化 バリ フリヸ化 ユニバヸ ルデ ン

台16

配慮 施設保

全 組

今後 公共施設 ネ ン 進 いく 常 公共施設 実態 把握 く

要 あ 施設カ 日常的 管理 必要 公会計制度 整備

固定資産 帳

台17

施設カ 連携 情報 共有化 い 考慮 い

効率的 施設保全 行う 故 破損 発生 処 事後保全 計 的 行

う予防保全へ 替え 個 施設 保全体制 総体的 保全体制へ 替え 必要

あ 担当部署 設置 含 体制整備 要

う 組 公共施設 長 命化 図 政 担 準化 進

長期的 見 場合 長 命化 図 施設 更新 ほう 効率的 場合

あ 有効性 い 十 検証 い

施設類型 維持管理 方針や保全 手法等 維持管理計 中 示

※15 施設 建物情報 設備情報 コ 情報 等を タベ 化

※16 全 人 使いや い う 意 し 作 製品 情報 環境 イン こ

(21)

21

(方策10) 元的 マ ン 実施

ヷ基本方針 再整備計 維持管理計 整備 ㄥ 具体的 ㅙ業推進 向 ㅙ業計

策定 マネ メント ㄟ元的 所管 担当部署 設置

今後 公共施設 ネ ン 推進 総合的 長期的視点 公共施設 関 情

報 元的 管理 推進評価 行 いく

事業計 施設機能 見直 施設保有 縮減 適 配置 方向性 検討 決定 施設

修 や更新 あ 優先順 決定 庁内横断的 組 必須

う 組 効率的 推進 ネ ン 元的 推進 組 体制 整備

いく

(方策11)施設 広域利用 推進

ヷ近隣市 共施設 相互利用 進 い

ヷ近隣市 共施設 管理運営組 共同化又 ㄟ括委託化 広域 応施設 管理運営経費 共

同 担 施設 共同設置 い 検討 進

近隣自治体間 現在 公共施設 相互利用 実施 い 今後 公共施設 関 広

域連携 推進 近隣市域内 民へ 行政サ ビ 向 経費削減 目指

広域連携 検討 利用者 利便性向 広域的 交通手段 い 検討

必要 あ う 組 進 各施設 利用 進 図 いく

近隣市域内 所在 国及び県 施設 並び 民間 公益的 施設 い 連携 方策

検討 い

(方策12)都市基盤施設 効率的 維持管理

ヷ都市基盤施設 い 個 計 基 く維持管理 組

ヷ都市基盤施設 総体的デヸタ 共施設マネ メント全体 政計 常 把握ヷ管理

道路 橋 う 水道 都市基盤施設 原則 担当部署 い 個 計 基

長期的 視点 効率的 維持管理 組 効率性 維持

管理 組 包括委託 民間活力 活用 検討 い

保有 やコ 試算 総体的 タ い 公共施設 ネ ン 所管 部署 常

把握 ネ ン 全体 政計 中 都市基盤施設 い 捉え く

部 橋 う い 縮減 検討 能 存在 再整備計 い

(22)

(方策13)民間活力 効活用

ヷ 共施設 管理運営 い 地域団体や 法人 協働 進

ヷ 共施設 整備 管理運営 い

台18

手法 積極的 入 F

台19

い 源調 方法及び行政 ヸビ 向ㄥ 手法 積極的 活用 検討

行政サ ビ 中 民間活力 導入 サ ビ 充実や効率化 図 あ

公共施設 管理運営及び整備 い 検討 象

管理運営面 公民連携 指定管理者制度 公設民営方式 包括民間委託 積極

的 推進 施設 地域団体や 法人 管理運営へ 替え

や施設 所在 地区へ 委譲 検討

※18 公民連携 こ 公共施設 関 取組 し 指定管理者制度 公設民営方式 施設運営 包括民間委託

※19 社会資本整備及び運営を民間主体 行うこ 公共施設 整備 民間 資金や技術力 経営能力を活用 方法

建設 け く 設計 資金調 管理運営 包括的 民間 主導し 行政 民間 ビ を購入 形式

.推進方法

基本方針 基 い 共施設マネ メント 実行 推進方法 方向性 示

実施 いく 方法 項目 設定

方向性 整合 取 計 推進

共施設マネ メント 推進 いく 実行計 再整備計 維持管理計

策定 具体化 ㅙ業計 及び地区 計 策定 ㆂ 行政

計 整合 連動 ㅙ業 推進

(方法 )再整備計 策定

再整備計 主 基本方針 1 将来 担 踏 え 全体 縮 施設機能 行政

ヸビ 見直 基本方針 新 ハコモノ 作 い 建物 ハコ 活用 適 化ヷ長

命化 推進 い 具体的 組方向 示 再整備 市民理解 得

地域性 考慮 地区 計 策定 及び 間程度 具体的 ㅙ業計 策定 進

再整備計 基本方針 基 本市 い 共施設マネ メント 進 際 方向性

い 地区 計 及びㅙ業計 方向性 い 必要 応 ㅙ業 容

(23)

23

(方法 )維持管理計 策定

維持管理計 主 基本方針 施設管理 全体効率化 柔軟 本質的 管理ヷ

運営 い 具体的 組方向 示 再整備計 同様 具体的 組 い

地区 計 及びㅙ業計 明 い

(方法 )個別計 連携 都市基盤施設

路 橋 う ㄥㄦ水 等 都市基盤施設 い 維持管理及び保 全 関 組方向

個 計 具体化 個 計 い 各所管課 策定 路 橋

う 水 策定済 マネ メント 推進 い 所管課 担当

(方法 )他 行政計 連動

個 施設 い 例え 教育振興基本計 や生涯学習推進計 高齢者保健福祉計 市営

ㆰ宅長 命化計 等 ㆮ置 計 見直 際 基本方針や再整備計 ヷ

維持管理計 組方向 映 いく 都市計 マ タヸプランや地域防災

計 都市整備等 全体的 計 連動

方向性 実現 向け 条件整備

基本方針 掲 共施設マネ メント 実現 様々 条件 整備 必要

方法 項目 示

(方法 )市民意見 映

共施設マネ メント推進 市民 理解 協力 ㄧ あ 市民 行政 信頼関

ㄥ 成 立 組方向 市民ニヸ 考慮

基本方針 再整備計 や維持管理計 地区 計 ㅙ業計 等 策定 際

様々 機会 捉え 市民周知 市民 意見聴 積極的 行い 市民

意見 聞く場合 意見交換 機会 設 施設利用者 く広くㄟ般市民 議論

市民 ンケヸト等 実施 施設 統廃合や複合化 多機能化

進 際 ㄠ寧 説明 市民 意向 確認 必要ㄧ 市民 意見 出 合い 行政

計 実行 いく いうㆁ組 く い

本市 共施設マネ メント う 組 通 市民 意向 映 施策 推進

(24)

(方法 )推進組織及び体制

ㄟ元的 マネ メント 推進 専任 組 担当部署 設置 い 具体的

共施設マネ メント全体 企 調整 企 部門 施設 維持管理ヷ更新 検討 実行

営 部門 施設 日常的情報管理や資産 活用方法 検討 実行 管 部門 合わ

組 設置 全庁的 組 組 庁 推進会議 常設

情報 共有化や共通認識 確保等 い

(方法 )P A イクル 推進

基本方針及び再整備計 ヷ維持管理計 間 長期的 策定 社会情

勢や市民生活 変化等 応 時点修 い

組 成果 い 評価方法 確立 クル 活用

計 常 改善 最適化 いく 実績等 評価 い 部的

市民ヷ市議会等 報告ヷ 表 行い 常 市民 理解 得 進 い

公共施設マ ン P A イクル

(方法 )資金調 方法

共施設マネ メント 進 あ 長期的 コ ト試算 基 い 政計 検討

資金調 方法 整備 進 常 ラ フ クルコ ト

台20

把握 見合 資金

調 方法 用意 い

予算編成 中 投資的経費 均的 確保 いく 大前提 あ 源

来 ㄟ般 源や補 金 起債 活用 加え 施設 共同利用や貸ㄨ 得

使用料や 共施設 再整備 行う 生 出 資産 売却益 い 源 確保

基金 設置 F 民間資金 活用等 い 積極的 推進

施設利用者 う い市民 性 保 必要 経費 利用者 担

い く 益者 担 い 推進 い

※20 公共施設等を取得し使用 必要 経費 総 企 設計 維持 管理 廃棄 至 過程 必要 経費

ㅙ業計 策定

総合計 連動

施設 実態把握ヷ 析ヷ評価

共施設マネ メント白書 策定 再整備計 ヷ維持管理計

見直 総合計 映

施設 再整備ヷ維持管理

(25)

25

.基本方針策定 経緯

基本方針策定 共施設マネ メント 組経過 以ㄦ 通

公共施設マ ン 取組経過

事 業 実施時期 内 容

公共施設実態調

H 公共建築物及び都市基盤施設 実態調査 行い 白書作成 準備 進

公共施設 ネ

ン 白書作成

H 半期 公共施設実態調査 結果 現状 把握 課題 析 白書

作成

公共施設あ 方

検討委員会設置

H 半期 公共施設最適化基本方針策定 向 客観的 提言 有

識者 公共施設あ 方検討委員会 設置

H26.11.10 第 回委員会

白書 入間市 公共施設 課題 い 意見交換 行い

H26.12.18 第 回委員会

論点 基 い 基本方針 内容 い 意見交換 行い

H27.1.26 第 回委員会

基本方針 素案 意見交換 行い ックコ ン 用原

案 内容 い 提言 い

H27.3.23 第 回委員会

ックコ ン 結果 反映 基本方針 原案 意見交

換 行い 成案 内容 い 提言 い

公共施設最適化

基本方針策定

H 半期 公共施設あ 方検討委員会 提言 踏 え 間 わ

Figure

Updating...

References

Updating...

Download now (25 pages)