第9æœ�島怹眄宛喨ㆧ宛必ㆧ㆓㇉佑ㆾ㆗ㅻㆾㆡㆥ㆑ã‡−訋çfl»ï¼‹éŸ²ç†½ã…»å®›å–¨ï¼›ï¼‹åœ°å��佑宖訋çfl»ã••ç¬¬ï¼fiæœ�島怹眄地å��ï¼›.xl

全文

(1)

社会資本総合整備計画

島根

し ま ね

けん

、松江

ま つ え

、浜田市

は ま だ し

、出雲市

い ず も し

、益田市

ま す だ し

、大田市

お お だ し

、安来市

や す ぎ し

、江津市

ご う つ し

、雲南市

う ん な ん し

、奥

お く

出雲町

いずもちょう

、飯南町

いいなんちょう

川本

かわもと

まち

、美郷町

み さ と ち ょ う

、邑南町

おおなんちょう

、津和野

つ わ の

ちょう

、吉

よ し

ちょう

、海士町

あ ま ち ょ う

、西

にし

ノ島

しま

ちょう

、知夫

ち ぶ

むら

、隠岐

お き

の島

しま

ちょう

平成30年1月

(地域

ちいき

住宅

じゅうたく

計画

けいかく

 第

だい

3期

島根県

しまねけん

地域

ちいき

だ い

2期

島根

し ま ね

け ん

安全

あ ん ぜ ん

で安心

あ ん し ん

できる住

まい・まちづくり計画

け い か く

(防災

ぼ う さ い

・安全

あ ん ぜ ん

(防災・安全交付金)

(2)

社会資本総合整備計画

1 第2期島根県安全で安心できる住まい・まちづくり計画(防災・安全)(地域住宅計画 第3期島根県地域) 平成30年度 ~ 平成34年度 (5年間) 『安全で快適に生活できる住まいづくり』 1.公営住宅等の整備、建替 2.危険性のある空き家・空き建築物の除却の推進 3.防災対策の推進 4.住宅の性能向上の促進 5.市街地環境の整備 1.公営住宅の耐震化率[地域住宅計画に基づく事業] 2.住宅の耐震化 [住宅・建築物安全ストック形成事業] 基準年度 目標年度 1.島根県全域における、新耐震基準に適合する公営住宅の割合=(新耐震基準に適合する公営住宅戸数/県内公営住宅全戸数) (単位:%) 82.0% H27 90.0% H34 2.耐震基準(昭和56年基準)が求める耐震性を有しない住宅ストックの比率=(耐震性を有しない住宅戸数/県内住宅全戸数) (単位:%) 30.0% H27 16.0% H34 A 基幹事業(A1+Ac+A2) A1 地域住宅計画に基づく事業 番号 事業 地域 交付 直接 個別施策計画 備考 種別 種別 対象 間接 H30 H31 H32 H33 H34 策定状況 A1-1 住宅 一般 市町村 直接 市町村 公営住宅等整備事業 公営住宅の建替 2,808 別シート参照 A1-2 住宅 一般 県/市町村 直接 県/市町村 既設公営住宅の改善事業(防災・安全関連) 1,688 - A1-3 住宅 一般 市町村 直接 市町村 18 - A1計 4,514 Ac 地域住宅政策推進事業(地域住宅計画に基づく事業【提案事業】) (該当なし) 番号 事業 地域 交付 直接 種別 種別 対象 間接 H30 H31 H32 H33 H34 Ac計     0 事業実施期間(年度) 事業主体名 全体事業費 (百万円) 備考 事業者 要素となる事業名(事業箇所) 公営住宅等ストック総合改善事業 計画の名称 計画の期間 交付対象 8,053百万円 要素となる事業名 島根県、松江市、浜田市、出雲市、益田市、大田市、安来市、江津市、雲南市、奥出雲町、飯南町、川本町、美郷町、邑南町、津和野町、吉賀町、 海士町、西ノ島町、知夫村、隠岐の島町 計画の目標 合計 (A+B+C+D) C 0,079百万円   計画の成果目標(定量的指標)   定量的指標の定義及び算定式 定量的指標の現況値及び目標値 中間目標値 事業主体名 全体事業費 事業実施期間(年度) 0百万円 ― B 平成30年1月23日 重点計画の該当 備考 当初現況値 ― 0百万円 交付対象事業 最終目標値 1.0% 効果促進事業費の割合 (C+Ac)/(A+B+C+D) 費用便益比 事業内容 事業者 D A 7,974百万円 7市町 県 外5市町 住宅地区改良事業等 全体事業費 (百万円) 改良住宅の整備 1市 事業内容・規模等

(3)

A2 住環境整備事業(地域住宅計画に基づく事業以外の事業) 番号 事業 地域 交付 直接 個別施策計画 備考 種別 種別 対象 間接 H30 H31 H32 H33 H34 策定状況 A2-1 住宅 一般 県/市町村 直/間 県/市町村/民間 2,876 - - A2-2 住宅 一般 県/市町村 直/間 県/市町村/民間 狭あい道路の整備 県内全域 38 - - A2-3 住宅 一般 安来市 直接 市町村 14 - - A2-4 住宅 一般 江津市 直接 市町村 東高浜地区整備事業 361 - - A2-5 住宅 一般 雲南市 直接 市町村 病院建設に併せた公共駐車場等の整備  171 - - A2計     3,460 A合計(A1+Ac+A2) 7,974 B 関連社会資本整備事業 (該当なし) 事業 地域 交付 直接 個別施策計画 備考 種別 種別 対象 間接 H30 H31 H32 H33 H34 策定状況 B 合計 0 - C 効果促進事業 事業 地域 交付 直接 種別 種別 対象 間接 H30 H31 H32 H33 H34 C-1 住宅 一般 松江市 間接 民間 住宅・建築物安全ストック形成事業(リフォーム助成) 木造住宅の耐震改修に併せたリフォーム費用助成 17 C-2 住宅 一般 益田市 直接 市町村 公営住宅等整備事業、公営住宅ストック総合改善事業(駐車場整備)既存・新設公営住宅の駐車場整備 4 C-3 住宅 一般 益田市 直接 市町村 公営住宅等整備事業(移転費助成) 公営住宅整備事業に伴う移転費助成 3 C-4 住宅 一般 安来市 間接 民間 住宅・建築物安全ストック形成事業(リフォーム助成) 木造住宅の耐震改修に併せたリフォーム費用助成 12 C-5 住宅 一般 雲南市 直接 市町村 公営住宅等整備事業(駐車場整備) 公営住宅等の駐車場整備 19 C-6 住宅 一般 雲南市 直接 市町村 公営住宅等整備事業(移転費助成) 公営住宅整備事業に伴う移転費助成 4 C-7 住宅 一般 美郷町 直接 市町村 公営住宅等整備事業(駐車場整備) 5 C-8 住宅 一般 美郷町 直接 市町村 公営住宅等整備事業(移転費助成) 1 C-9 住宅 一般 吉賀町 直接 市町村 7 C-10 住宅 一般 吉賀町 直接 市町村 公営住宅等整備事業(移転費助成) 入居者の移転に係る助成 4 C-11 住宅 一般 隠岐の島町 直接 市町村 2 C-12 住宅 一般 隠岐の島町 直接 市町村 1 C 合計 79 番号 備考 C-1 住宅の耐震改修と併せて実施されるリフォーム工事への助成を行い、耐震改修を促進させることにより、住宅の安全性の向上と既存ストックの質の向上が図れる。 C-2 入居者駐車場を整備・拡充することにより、モータリゼーションの進展応じた居住環境の向上が図れる。 C-3 公的賃貸住宅建替・改善事業に伴う入居者の仮移転費用の一部を負担することにより、事業の円滑化、入居者負担の軽減が図れる。 C-4 住宅の耐震改修と併せて実施される修繕工事費への助成を行うことにより、耐震化を促進することができ、安全性の向上及び既存ストックの質の向上が図られる C-5 モータリゼーションの進展に応じた公的住宅の居住環境の向上が図れる。 C-6 公的賃貸住宅建替・改善事業に伴う入居者の仮移転費用の一部を負担することにより、事業の円滑化、入居者負担の軽減が図れる。 C-7 モータリゼーションの進展に応じた公的住宅の居住環境の向上が図れる。 C-8 町営住宅建替事業に伴う入居者の移転費用の一部を負担することにより、事業の円滑化、入居者負担の軽減が図れる。 C-9 C-10 C-11 C-12 公的賃貸住宅等の建替え事業を円滑に進めるため、入居者への移転費用助成を行う。 D 社会資本整備円滑化地籍整備事業 (該当なし) 事業 地域 交付 直接 種別 種別 対象 間接 H30 H31 H32 H33 H34 D 合計 0 費用便益比 事業実施期間(年度) 事業実施期間(年度) 全体事業費 (百万円) 全体事業費 (百万円) 4市 安来市 雲南市 全体事業費 (百万円) 費用便益比 住宅・建築物安全ストック形成事業 狭あい道路整備等促進事業 江津市 県 外15市町 公営住宅等整備事業(駐車場整備) 事業主体名 松江市 益田市 町営住宅の駐車場整備 事業内容 雲南市 要素となる事業名 番号 番号 安来地区優良建築物等整備事業 住宅市街地総合整備事業 事業者 要素となる事業名 町営住宅建替事業に伴う入居者の移転費用の一部を負担することにより、事業の円滑化、入居者負担の軽減が図れる。 入居者駐車場を整備することでモータリゼーションの進展に応じた居住環境の向上が図れる。 備考 隠岐の島町 事業者 事業者 要素となる事業名 事業内容 事業主体名 住宅・建築物の耐震対策、アスベスト対策、がけ地近接等 危険住宅移転、土砂災害対策、市役所本庁舎建替事業 公営住宅等整備事業(駐車場整備) 安来市 事業内容 事業実施期間(年度) 外構整備・トイレ解体 雲南飯田地区優良建築物等整備事業 備考 全体事業費 (百万円) 番号 事業者 要素となる事業名 事業内容 事業主体名 事業実施期間(年度) 公営住宅等整備事業(移転費助成) モータリゼーションの進展に応じた公的住宅の居住環境の向上が図れる。 吉賀町 町営住宅の駐車場整備 吉賀町 隠岐の島町 美郷町 町営住宅の移転費助成 一体的に実施することにより期待される効果 事業主体名 雲南市 町営住宅の駐車場整備 町営住宅建替移転に伴う移転費の助成 益田市 美郷町

(4)

交付金の執行状況

(単位:百万円)

H30

H31

H32

H33

H34

配分額

0

0

0

0

0

計画別流用

0

0

0

0

0

交付額

0

0

0

0

0

前年度からの繰越額

0

0

0

0

0

支払済額

0

0

0

0

0

翌年度繰越額

0

0

0

0

0

うち未契約繰越額

0

0

0

0

0

不用額

0

0

0

0

0

未契約繰越+不用率

0.0%

0.0%

0.0%

0.0%

0.0%

未契約繰越+不用率が10%を超えている場合その

理由

-

-

-

-

(5)

-(図面)社会資本総合整備計画

計画の名称

1

計画の期間

平成30年度~平成34年度 (5年間)

第2期島根県安全で安心できる住まい・まちづくり計画(防災・安全)(地域住宅計画 第3期島根県地域)

交付対象

島根県、松江市、浜田市、出雲市、益田市、大田市、安来市、江津市、雲南市、奥

出雲町、飯南町、川本町、美郷町、邑南町、津和野町、吉賀町、海士町、西ノ島

町、知夫村、隠岐の島町

【隠岐の島町】 ・A1-1 ・A2-1 ・C-12~C-13 【奥出雲町】 ・A2-1 【西ノ島町】 なし 【松江市】 ・A1-2 ・A2-1 ・C-1 【大田市】 ・A2-1 【安来市】 ・A2-1、A2-3 ・C-4 【出雲市】 ・A1-2 ・A2-1~A2-2 【雲南市】 ・A1-1 ・A2-1、A2-5 ・C-5~C-6 【飯南町】 ・A2-1 【美郷町】 ・A1-1 ・A2-1 ・C-7~C-8 【川本町】 なし 【邑南町】 ・A1-1~A1-2 ・A2-1 【江津市】 ・A1-2 ・A2-1~A2-2、A2-4 【浜田市】 ・A1-2~A1-3 ・A2-1~A2-2 【益田市】 ・A1-1 ・A2-1~A2-2 ・C-2~C-3 【吉賀町】 ・A1-1 ・A2-1 ・C-10~C-11 【津和野町】 ・A2-1 【海士町】 なし 【知夫村】 なし 【島根県】/県内全域 ・A1-2 ・A2-1

(6)

費用便益比(B/C)記入表

※平成31年度以降に実施予定の事業で費用便益比が未算定の事業については、費用便益比を算定後追記します。

A1 地域住宅計画に基づく事業

島根県

松江市

浜田市

出雲市

益田市

公営住宅等整備事業

平成29年度~平成34年度

1.10

大田市

安来市

江津市

雲南市

公営住宅等整備事業

平成30年度~平成34年度

1.31

奥出雲町

飯南町

川本町

美郷町

公営住宅等整備事業

平成33年度

公営住宅等整備事業

平成32年度~平成34年度(以降継続)

公営住宅等整備事業

平成32年度~平成34年度(以降継続)

津和野町

公営住宅等整備事業(沢田団地)

平成29年度~平成32年度

1.01

公営住宅等整備事業(新横立団地)

平成33年度~平成34年度

1.35

海士町

西ノ島町

知夫村

隠岐の島町

4棟8戸(H35に2棟4戸)

町営住宅建設事業

公営住宅の建替(田本団地)

8棟16戸

諏訪住宅の建替 木造2階建 16戸

公営住宅の建替え 20戸

吉賀町

邑南町

公営住宅の建替(高原団地)

県又は市町村名

要素となる事業名

事業内容・規模等

事業期間(平成〇〇年度~平成××年度)

費用便益比

(7)

島根県

松江市

浜田市

出雲市

益田市

大田市

安来市

江津市

雲南市

奥出雲町

飯南町

川本町

美郷町

邑南町

津和野町

吉賀町

海士町

西ノ島町

知夫村

隠岐の島町

A2 住環境整備事業

事業期間(平成〇〇年度~平成××年度)

県又は市町村名

要素となる事業名

事業内容・規模等

費用便益比

費用便益比算定対象事業なし

(8)

計画の名称:第2期島根県安全で安心できる住まい・まちづくり計画(防災・安全)

        (地域住宅計画 第3期島根県地域)

事業主体名:島根県及び19市町村

チェック欄

★①計画の目標が基本方針と適合している。

★②地域の住宅ストックや住環境整備の状況等、現状分析が適切になされている。

★③地域の住宅政策上の課題を的確に踏まえた目標となっている。

★④関連する各種計画(住生活基本計画等)との整合性が確保されている。

⑤緊急性の高い課題に取り組む内容となっている。

  (該当するものに○)

   ア 老朽化した住宅ストックの更新    イ 安全面、衛生面等の居住環境の改善

   ウ 子育て世帯、高齢者、障害者等の居住の安定の確保    エ 既存住宅ストックの有効活用

   オ まちなか居住の推進    カ 地方定住の推進

   キ その他(地域の実情に応じた緊急性の高い課題を記入)

  ⑥数値目標や指標を用いるなど、客観的かつ具体的な目標となっている。

★①事業内容は、計画の目標を達成する上で適切なものとなっている。

★②十分な事業効果が得られることが確認されている。

  ③事業効果は、数値、指標等を用いて客観的に示されている。

  ④事業の実施に当たり、福祉施策等との連携が図られている。

  ⑤事業の実施に当たり、民間活力の活用が図られている。

  ⑥事業効果をより高めるため、ハード事業とソフト事業を効果的に組み合わせる等

   の工夫がなされている。

  ⑦地域の実情に応じた創意工夫に基づく事業が盛り込まれている。

 ⑧地域再生計画に地域住宅交付金の活用についての記載をしており、内閣総理

   大臣の評価を受けている。

  (評価結果として該当するものに○)

   ア 80点以上   イ 60~79点   ウ 60点未満

★①事業熟度が十分である。

★②計画に記載された事業に関連する地方公共団体等の理解が得られている。

★③地域住宅計画を公表することとしている。

  ④地域住宅協議会等、関係地方公共団体等の意見調整の場が設けられている。

  ⑤計画内容に関し、住民に対する事前説明が行われている。

  ⑥計画期間中の計画管理(モニタリング)体制が適切である。

 (★は必須事項)

社会資本整備総合交付金チェックシート

Ⅰ.目標の妥当性

Ⅱ.計画の効果・効率性

Ⅲ.計画の実現可能性

Updating...

参照

関連した話題 :