オリヴ各品種の含油量並に反当産油量-香川大学学術情報リポジトリ

Loading.... (view fulltext now)

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

132

オリグ各品種の含油量並に反当産油量

野 呂努已次郎・井 上 孝 広

On the oircontentin the fruit of each

Variety of the olive and oilyield二

Per tan(aboutl左acre)

By

Kimijiro NORO and Takahil0INOUE

(LaboェatoIy O董subtIOpicalHDIticultⅥIe) 緒 オリヴ各品榎の含油量調風ま,HARIMANN氏(11)及びBIOLLEII氏(3)(米国),RuBY氏(1S)DEGRUuY氏LS) (仏国),McG−LlIVRAY氏(14)(オーストラリヤ)等の諸氏に偲り苑表せられ,lこれに伐れば各国の栽増 状勢並一に気象条件及び豊’祖に依り同一一品健でも食油畳が非削こ異なると云ひ,従って反当摩灘最も 異なり,ÅDAMS民(2)は欧川の産油畳は全世界の81%を顔出し,其の内Spain45%,Italy21%,

Greecell%,Portaga16y,Turkey4%,其弛12.%で,米国は全体の僅か0巾46%に過ぎない。

CoNDII氏(7)ほ一1945年の米国オリヴ生産畳■を30・000噸と云ひ,其の内油用31兇■,塩蔵尽の牡に.69% を用ひ塩蔵利用が年次増加を来たしたと云っている,此れに対し日本の栽嗜面領ほ約245町歩(昭 和27年3日明夜の推冤薗既にで大路分ほ凍結英樹)、,其の産油畳は国内の需襲を満す番出来ず昭和 25年には外国より405噸の輸入を見て屠る状態である,この様に.油の需要が年々増加を来たし,従 つで油の生産には栽曙が必襲で,油を目的とする以上反当生産油償を検討し之れが増産を引らねば ならず,従、つて我国の晶榎と食油患の関係を調べ且つ官当産油最及び我国の産油倭が諸外国に.比し 如何なる状態に・あるかを検討せんとして,昭和25−26年の2ケ年に亘り各晶優の今池螢を調べ報す る次第である。 轟調奄研究成蟹ほ万串井上が野呂の設郡の許に・行い全く井上一・八の顎蘭である,供試材料は全部本県詞験坂小 豆分場の尾崎竣師より提供せられ,分析に当り幡助教授の御璽切なる御指避を得,十河副手より分析上一・方なら ぬ御援助を得琴にノ掌く御礼申す次第である。

供試材料及び賓験方法

供試材料は小豆分牒の結実樹より22品観取り,水分及び全納愚のみを調遺した,伸訊樹の内 Mission,Manzanillo,Obliza,Nevadillo Blanco,St.Catherineの5品稜ほ10年生,他は7年生樹・を用 ひた,採牧時期は昭和26年は11日9日,25年は11日2日にて供試展実は可及的充分究熱し㌍中衛の もの■を選び,昭和26年変は気象関係其他の原因で破の寄った典実を多く見た,典莫ほ採枚直后に水 分調査を行ひ,食油蚤はSoxhletの・抽出券でェ ーテ7し浸出汝に・従った,昭和25年の採取果実は 貯蔵中畿分徴の発生を見た。 動こ主要品稜の最近3ケ年の反当り生産量を 第1表に掲ぐ,(1樹生産竜を反当33本格とし て換堺)小扇二分場成績(12)に伐る。 第1泰 時和24−26年㌢こ票る3カ年の反当吸塵

品 種 名1昭和2可昭和2坤1昭和2嘩

OLIVE 香川大学学術情報リポジトリ

(2)

133

寮験成績並に考察

1・各晶捜の含水歩合一迫に今池歩合,昭和25−26年の両年笹亘り調奄した22路程の水分及び全曲 最を第2衆に掲ぐ。 第 2 蓑 オリグ各晶程,果笑内の水分及び油の含有量 (TABLE好一Waterandoil 画面云亭 ̄ ̄蘭 平面「石芯 含池魚 Oilcontent 生巣% FLIeSh_Wt basis,peI Cent. 倉 泊 蕊) Oilin enti工e fIuit

箇 ヽaIiety 水 分 MoistuIe COnten亡 peI eent 水、分 MoistuIe Conte血t peI Cent 生来句 FIeSh_ 壷t.basis, peI Cent 乾巣% DIy−Wt basis,peI Cent. LllCCa Nevadillo Blanco &me11enque Chitoni VeIdale CaYet blanc Redding Picholine Bidh_elHammam R(∋dounよn Mission Michellenque Stり LCatheIin(! Cayonne SauIin M Ascollano SauIin L. ;Manzanillo Chemlali Sevillano SauIin S, Ot〉liza Tafahi …宝芸…i王喜\壬… (J8‖92】1亀1(i 】.3い49 5977 之れを見るに昭和25年より26年膚が概して食油者少なく主張晶憾たるMissionにて平均今池歩合 16い11%,水分含有歩合60・49為;Manzanillo13・78%,67…48升,Nevadillo王‡1anco19.14%…58.11% Lucca20051%′,52・12% となっている,22晶許中Obliza Tafahi,Sevi11ano,Ascbllano 等は合油 最少なく,VeIdal,Amellenque.Chitoni>CailletBlanc,Michellenque等は多かった,油用品礎の合油 盈が概して26事変が前 年に.比し少ないのは結 実関係其他に原因する ものと菊廃されるが詳 細は不明で,CIlemlali の今池最が昭和26年Ⅴこ 16り32%,25年に10.67 %の数字を革すの㌧は哨 不穏の感がないでもな いが HÅR‡誼ANN氏(里 の成績より検するに. TafaIliで1946年ほ12. 5.%を示し,1949年に・ は同じ場所にて憎か7. 窮3表 他界替地に於ける督晶隠含油魔の比較 TABLEl什−CompaIisons of oilcontentin olive

f■川it of each vaIietyln the woIld 準 国 (3) U.S.A オーぺ1、ラリア 品 種 VaIiety (12) Wagga % 2001 2034 30.01 Lu(ヱCa Nevad川o Blanc占 Amellenque VeIdale Redding Picholin¢ Bidhel Hammam Redounan Mission Mickellenque St.CatheIine Cayonne Ascollano Manzanillo Sevillano Obliza Tafahi 40 ﹁⊥2 一■.一りー 1■ 4 2 2 〓 二 〓一 l薄用㌶1.2 0UO4∩Ⅵ0 12 ﹁⊥ 2 1

OLIVE 香川大学学術情報リポジトリ

(3)

134 9.%であ、つた実例に徹してもChemlaliにて5.65%の差を年に礫り見るのはあり得べき:$である◎ 次に欧米各国の品憤合油量■を、比敬して見るに我国が生具に・於ける食油卦ま展も少なく,仏国が一 番.多い,此の内HARTMANN氏(10)は採収靭が2月初旬であり従って水分査有償少なく含油%の大な るは垂然と.云はねばならぬ,併し乾県の合油量ほ加州産のものに放して劣らない,昭和25年慶の Missionは却って坤Ilの何れよりも大なる■な宗したのは上述の事実を物語っている。 2.各国反当産油裔.近摩の軌計に・より各国 果実生産最を反当に換算しで産油最■を見るに米 国が最も多い,(搾油歩針は同一と見倣し,各国 主要晶憩を梗準とした) 米国(10)ほMissionで10年間平均8石2斗の牧 農を挙げ,これを換算して1石1斗2升の池を 得ることになる,こ・れと比賛して我国(l望)の産

油景を見るに8年生で6石2斗7升,油にして

6斗7升でありせ界第二の尿当産油畳の多い国と なっている次にオーストラリヤのMc GJllIVARY 氏ぐi4)の調査セは周じ8年嶺で虎当2石4端 油 で2斗9升となり我国と.約4斗粂の蚤を生じて いる,叉他のSpaれFIanCe,Greece等は反当本 数少ない上牧最少なく産油蔑も従って少ない, 第4表 各国反当産胎盤 (TABLE皿−Oilyield peェtan(abutl/4acェe) in each countIy) 国 名 CountIy U,S,A, Wagga GIeece FIan()e Spiin Japan 備考 油の換算は第質Mission の含摘歩合21ク6,オ ーストリア Nevadillo Blぬco18r%, 日:本 Mission16%と.して引算し,Spainほ催笑な銃 刑が発軌、から推定こ依った。 Spain其の他ほ15本格,GIeeCeは放任敵将と云って 良い。 反当牧垂の少ない.毀由はオワヴの私曙は概しで㌍燥ゴ削こ多く栽増せらなている現状■を見ても解る 様に恐らく苗代油を主として栽憎が行はれ,通夜の様に蛤蔵の利用は・多くなく鱒って油の含盈の高 い乾燥地に自然数培は行はれた,LAN且ART氏(13)によれば池用品経路慣斜他の璽燥地に良いと云って いる佗である,利用範巨削こより異なり塩蔵用と.なれば必ずしも卓芝蘭≒地に限らなくてもよいSpain. FIanCe等の軋増他ほ反当本数少なく其の上傲漑を行ほないから収慮が少ない,これに反㌍に・氷国で は港漑を充分に行っており且つ桝然たる鼎樹園として経営してこいるから反当収慮の世兇一は当然で あろう,我国に.於ける繭査は何れも10車束麗の柴木で且つ収横斯が11月であるからせ界第2位であ るが十数年扁の成木になってからの牧最より反当産油盈を世界各地のものと.比較すれば,米国を凌 激するかも知れない, 備考 米国のMissionの乾物と.しての合油最は最高45.5為(11),我国のMissionは48.76%(第2 表)を示しておる。 摘 要 1.昭和25年−26年の両年に亘りオリグ22品健の含水量及び含抽象を調奄し,之れと同時に各国反 当産油景をも検討した。 2・22品憾の水分及び油の含有歩・合は筍1琴?通りで,一股為に俄国各品種の含油歩合は生果と.し で米国及び仏国に比べて一番偲ん、が乾奥の含油量は決して加川に劣らない。 3・オリヴ8年生樹に・於ける反当具実牧種高(概罫)は.米国に次ぎ世界濁二億を占め,反当産油澄も 同じく第二位に催しておるが我国のオサヴ樹が成木になった院に.は米国の夫れを凌属するかも 知れない。

OLIVE 香川大学学術情報リポジトリ

(4)

且35

引用 文 顧

Ⅰ,rrERATURE CrrED 払

1”ANAGNOSIOPOULOS,P.T.(1元少):■L,irIegulaIitedelaprodnction des oliviers en Greece.0ユei。。1t。r。。t Oleotechnie‖ RappoItS et tIaVauX du XI卜)CongresInteInatP d,OleicultuIe

21・ADAMS,R”T”(1950);01ivein the Meditelエaneam㌧Cali董0mia OliveIndu$try News Vol小5,No3 3・B10LLErII,F,T(1919)CoIIe・SpOndence couISeSin AgricultuIeい 01ive Growing・・College of Ag=icultuIe

Unlverslty of CalifoInla

4lBoNNEI,Jet P:(194r6):L:01ivie1

5”CoIN・EditeI(1950)‥ 01ive proces$ingin Spain to−day.CalifhOliveIndustNews Vol.5,No小4

6 (1951):Mediterranean basin olive oilproduction down shaIply.Calif… 01iveIndust.News

Vol.6,No3

7h CoNDII,J・(1947):01ive cultuzeinCalifoInia“Calif.AgI,Exp.StaSer.Cir‖135

8・DEGRtJllY,L(1907):L’01ivieI

9‖ FELEUT,M・(1949):Situation delk oleiculture et dcla production del’huile dlolive au MaIOCOleicul−

tuIe et OleotechnieRapports et tIaVOuX de12し,CongIeSSInternat”d〉01eicultuIe

10‖Ⅰ王ARrMANN,HlT・(1949):Growing dithe oli)e fIuit。PIOC.Amer‖Soc Hort.Sci.Vol54

11 and PAPAIOANNAU,P”(1951):Olive vaIietiesin California・Calif・Agr”Exp。Sta,Bul720

121香川県盛事試験場(昭和25,26,27年)疇和24,25,26年オリー・ブ絆験成軍特報Kagawa AgI.ExpStaShozu branch(1950,1951,1952):AnnuallePOrt1949,1950,1951。(InJapanese)

13lLAMBERT,P“(1922):PIePaIation des conseves d’olives enAlgeIiaRevue AgIicole de L,Ahique du

no‡d,)−eaI20,Noい178

14L McC王LLJVR互Y,HD”キ・andB竺YDEN,J・D・(194誓):OlivecultuIel,New South wales Departmentof

AaricultuIe,Division of HorticultuIe.

1Sl野呂墾已次郎:(昭和26年):オリグの文献的研究(1)香川選科大学々術襟告Vo12,No3

NoRO,Kr(1951)‥Bibliographycalstudies on tりe olive tree([)Kagawa Agl”College,TechnicalBul. 2,No3・(InTapanese)

16 (昭和27年ト (∬ト ・・・・Vol・3No小 3

(1952)‥ BibliogIaPhycalstudies on the olivc tree・(11)Kagawa AgI.College,TechnicalBul. Vol3Noト3(In.Iapanese)

17PAPAIOANNAU,P・(1947)‥Greekolive

d(∋ PaIis.

R宜SUM宜

Samples of twenty two olive varieties were collected from 7−10 yearS Old tr・eeS at the Sh6zu branch of the Kaga・Wa AgriculturalExperニment Station on Novembeェ・2,195O and November9,i95l.No defect or abnormally smallwerelユSed.

The results are presentedin Table 工工・Oilcontent was determined by the ether

extraction using Soxhlet.

Oilcontent−fresh weig・ht basis per centinJapanis10Wer・than thatin Califor・nifL. We think thatthedifferenceofoilcontentbetweentwo countrIiestakesplace according・tO the dateof collecting■Samples∼Februaryin California and NovemberinJapan.Although See;TLing■decreasein oiltakesplace,aCtt:aloilcontentinJ亭Ipanis草eVerloweI・thenin Californiaasshoふnin Table tt:48・76鬼一in Mission oliveqdr.yweight b芸Sisper centin Tapan1950and44.10%inノCalifoTnia,1947’.

Results shownby Mc GluHVRAYin Wagg・a are almost the same asJapan.

Yield of fruits per taninJapanis alsolower than those in California.Treesin

Japan,however,aT・e yOung andonesin California・areOldbearing t=・eeS.When the young treesinJapan reaChed tothe old bearing−ag■e,the yield of fruits per taninJapan may

reach to the average yieldin Ca1ifornia andin yield of oilper tan may rank next to

California or sit at the top of the wor・1d.

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :