香川県内河川におけるモンカゲロウ属3種の分布--とくに標高・勾配との関係について---香川大学学術情報リポジトリ

Loading.... (view fulltext now)

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

渡 辺

香川大学教育学部環境科学研究室

Distribution of Ephemera Nymphsin Kagawa Pr・efectur・e,

Japan,in Relation to Altitude and Gr・adient

NaoshiC・WATANABE,EnvinnmentalScience Labora10叩,

鞄α軸0′肋¢α蕗0れ,麒αgα卿αび雅ゐβγβ官物, 椚疲α仇α吉倉払 760,J(砂α彿

Abstract:ne distribution of three species of Ephenwra nymphs andits relation

to altitude and gradient were studied by the data of Research Gr’Oup Of Natur−al

Envir・Onment ConserIVationin KagaWa Pr・efectur・e・E・j.aponica occur・Sinmountain

r・eglOnS andits vicinities,nOt Onlyin the Sanukimountains butin the Goshikidai

mountains,and occurs exclusively above451min altitude・E・Orienlalisisdistr・i−

buted mainlyin open fields underIlOOmin aititude,but sometimes occurs just

above dams evenin higher・places:this suggests the r’elation between theoccurq

r・enCe Of this species andlentic conditionslE・$trigataiswidelydistr・ibutedboth

in mountains and open fields,but absent above450m and poor under50m,in

altitude. 田となっていることは考えにくいと述べている。 他にも底質や水質汚濁なども要因として考えら れているが(久居・新井1973),これらについ ても今のところ明瞭な証拠は得られていない。 本報では3種の分布に影響する要田を調べるた めの手はじめとして,香川県内河川での3種の 生息場所の概略的な条件をつかむことを目的と した。 本報は香川県自然環境保全調査会底生動物班 の行った調査資料にもとづいたものである。大 平幸男氏をはじめとする班員の方々に深く感謝 する。 調 査 方 法 ここで用いたデータは,香川県からの委託に よって行われた香川県自然環境保全調査会の調 は じ め に 日本産キンカゲPウ属のうちで,沖縄諸島以 外ではフタスジキンカゲロウβpゐ¢仇βγαj如− 0耽宜cα,モソカゲPウβpん¢仇βγαβ≠γ宜gα吉α, トウヨウモソカゲロウβpんβ仇βγα0γゐ常吉d宜β の3種が生息する。これら3種の共存する河川 においては,相対的にみて乱J■αpO彿宜cαが上流 に,乱乱抽加由が中流に,そしてβ・0γ宜β雅一 £αJ宜βが下流に分布する傾向のあることは良く 知られた事実である(桑田1955,1958;水野・ 御勢1972など)。 この現象について桑田(1958)は,夏期の水 温が3種の分布に影響している可能性を示唆し た。しかし,黒田・藤本・渡辺(1984)は,温 度差のきわめてわずかな短い河川区間での調査 にもとづいて,水温が3種の分布を決める主要

(2)

一心之出 ○︺du鵬∑.芸⋮ぉ念出 dPnルP.↑一∵岩層㌶ むqd鍼.d出

⋮︵︸のむ旨︶読点由一払ns再出Pud︵忘謡︶hむ之出書S.S 川h中点出○︸占βⅠ.β−⋮hむ人道已く ■亘 川h買⊇ 空欄与出

(3)

て扱った。モソカゲロウ属3種の同定は腹部背 面の縦粂紋と頭部の斑紋によって行った(黒田・ 渡辺,1984)。 結果および考察 Tablelは全地点を標高別に.分けて,各標高 におけるキンカゲロウ属3種の採集地点数を示 したものである。調査した266地点のうちモソ カゲpウ属が採集された地点は90地点である。 すでに述べたように,1980−1981年に採集さ れた地点を除いては,平瀬のみで採集している ため,流れの経い砂泥底に主に生息するこの 属の分布状況を充分に反映しているとは言い難 い。しかし,この表は少なくともこれら90地点 ではモソカゲロウ属が生息していることを示し ている。標高50m以下の低地では採集された地 われた。調査地点はFig1に示す266地点であ り,調査を行った年と主な河川の名前が図中に 記号で示されている。1980−1981年に調査さ れた土器川・綾川・金倉川およびその周辺の小 河川においては,金ザル(網目紛1.5mm)を用 いて平瀬・淵・川岸を含む部分で定性的に採集 したものである。それ以外の地点では,平瀬の 石礫底のみに限定し,30×30cmのサーバー ネッ ト(網目38メッシュ,NGG40)を用いて各地 点2回ずつ定量採集を行った。川底の状態や川 幅の狭いことによってサーバーネットの使用が 困難な場合には,NGG40の網で作ったたも網 を用いて,同じく平瀬で定性的な採集を行った。 底生動物の標本は約5%ホルマリン溶液で固定 して持ち帰り,12メッシユ(開口部1.41mm)の 土壌分析用ふるいでこして,網上に残った大き

TablelOccur−r−enCe Of Ephe仇eranymphsin r・elation toaltitude.a= Number of points surveyed;b= Number of points whereEphe刑era WaS taken; C=Number’Of pointswher’e eaCh speCies of Ephemera was taken… The

figur−esin par・entheses sh(苅Vper・CentageS Of c to aい

Altitude (m) a b JαpO?房cα 8‡γ宜gα≠α 0γL乞β≠£αJ宜さ 2(1.6) 4(85) 4(17.4) 1(7小1) 5(31.3) 1(10,0) 2(33.3) 5(71..4) 3(50.0) 3(75,0) 2(100) 1(100) 1(100) 5(3.9) 9(7.0) 16(34.0) 3(64) 9(39.1) 6(42.9) 6(37.5) 1(10.0) 1(100) 3(500) 3(42.9) 2(333) 0・− 50 51−100 101岬150 151−200 201−250 251−300 301−350 351−400 401−450 451−500 501−550 551−600 601−650 129 16 47 20 23 13 14 7 16 10 10 2 6 4 7 6 6 5 4 3 2 2 1 1 1 1 Tota1 266 90 34(12‖8) 51(192) 13(49)

(4)

一曲己已O uき○蔓∽ 爪こ何州む∈〓u しむAて叫O S8芯でA巴qq再

むぷ↑ ﹂むA①︻ 8∽ぎOqd Sむ已〓 ら○盲8 ∈00t 茎︶ 霊3還ul Sむu〓 C名Oh00 蔦葛盲qでQ.喝 仇巴雪bs p二〇S

∵票冨やg思.喝 八雲じ七じ宕dO ∵翌せ喜首∵屯 ■望じ七U P〓OS・S吉富き二g豊富宮村⊥○誓言Od 触仁一石基OU・N小餌忘

ヽ−・.1ノ

(5)

る。しかし,各標高の地点数に対するこの種の 出現地点数の割合は,標高が増すにつれて高く なっており,標高451m以上の場所ではこの種 のみが採集されている0孔8≠γそgαまαも標高50 m以下から450mまでかなり広V、範囲で出現し ている。最も出現地点の多いのは標高51−100 mであるが,各標高の地点数に対する出現地点 数の割合としてみると,標高50m以下で少ない 点を除けばこの割合に一定の傾向は見られず, 標高に対する分布のピ・−・クもとくに認められな い。ガけ0γ宜β≠≠αg宜さは,出現地点数では標高50 m以下で最も多く,50−100mがそれに次ぐ。 しかし,251−300mの標高においても1地点 で採集されている。これは後に述べるように香 束川のダムの直上である。全体としてみると, β.プ叩0耽乞cαが標高の高い地点に,且0γ乞β傾αgゐ が標高の低い地点に,且β≠γ如α≠αは両名の中 間的な部分に分布の中心を持つという傾向は表 れている。しかし,いずれの種もかなり広範囲 に出現し,標高のみでこれら3種の流程分布を 説明することは出来ない。 Fig・2は,・モソカゲロウ属3種の採集された 地点を地図上に表したものであり,同時に標高 100mの等高線も示してある。香川県のほぼ中 央部に沿って100mの等高線が束西に走ってお り,おおむねこれより南部が山地部(讃岐山地), 北部が平野部に分けられる。その他にも部分的 に100m以上の地域が散在し,その最も広い部 分が県中央部の瀬戸内海沿岸に位置する五/色台 山地である。βj吻0†乙宜¢αの採集された地点の 多くは標高100m以上であることはTablelで もみたが,この中には南部の讃岐山地以外に五 色台山地の地点も含まれる。また,標高が100 mより低い場所でこの種が出現する地点をみる と,そのいずれも川が山地から平野部に流れ出 た直下か,あるいは山地に囲まれた部分に位層 する。すなわち,この種の分布は山地およびそ の周辺に限られていることがわかる。これに対 しガ.0γ五β彿まα上官g の分布は,香東川上流の1地 且&擁加加は,源流部に近い場所から平野部 までの広い分布域を持ち,.臥.グαpOケも宜¢αあるい は∬け0γ乞β≠£αだβ と同所的に生息している地点

も多い。しガゝし,同一河川で及β≠γ宜gα如と且

0γ宜β花ねヱ宜βが採集された場合についてみると, 前者が.上流に,後者が下流に分布する例が多い。 つぎに,3種の分布と勾配との関係をみるた めに,県内河川のうち,流程が長く,調査地点 の多い土器川,綾川,財田川,香束川の4河川 について,河川勾配図上に3種の採集地点を示 したものがFig・3a,b,C,dである。土器川 においては(Fig 3b),3種が明瞭に上・中・ 下流に分かれて分布しており,β.Jαp仇宜cα, 」臥8fγ宜gαまα,思0γ£靴ぬJ宜β の順に生息地の 標高が低く,勾配も緩やかになる傾向が表れて いる。他の3河川については(Fig・3a,C,d), 土器川でのβ.j■αpO7も宜cαの出現地点と同様の急 な勾配の場所に」臥8古γ毎αぬが出現す−る例がど の河川でも見られ,また,財田川ではβ.j如0γ乙宜cα が傾斜の緩い場所に見られるなど,勾配との関 係はそれほど明瞭ではない。しかし,河口から 10km程度の距離にダムがある綾川では,β.0γ五− β彿£αg富合 の分布が上流に拡がり,ダムの上流 の億斜の緩い部分にまで生息していることや, 香東川でも河口から約26−28kmの場所にある ダムの直上でβ.0γ宜β彿ぬJ宜βが出現するなど, ダムによる勾配の変化あるい∼まそれと関係した 何らかの要因がこの種の分布に影響している可 能性がある。大串ほか(1956)は,京都府の芋 川で瀬ではほとんど河口近くまでβ.j■叩0ルゐα が分布しているのに対し,淵ではかなり上流部 にβ‖0γ宜β彿ぬZぬが生息することを見い出してい る。また,山口ほか(1943)によれば,琵琶湖 南潮においても,且0γ五¢常吉αg宜βが生息する。 この種の分布は,止水的環境と強く結びついて いることが考えられる。 以上みてきたように,香川県においても上流 部にβりj如0雅言cαが,中流部に且β≠γねαとαが, 下流部にβけ0γ宜βれ≠αg五βが分布するおおまかな

(6)

N.瑚︷h uO 已ゝ6領

巴d S−屋己おじぷ↑・S邑∈旨2ゃぎ遥諷喝ちS盲ちd瞥こじむ〓OU茎︶瑚u盲○宏Sヱ叫竃トdトぎて叫O Sむ叫d∈吋舛出・の瑚己

ニチモ﹀ Tこ⊃○∑ ∝山︶一∝ 三〇∝山 山UZく卜S一〇

00ヾ

(7)

は 2:22−27

0γ宜β彿ぬg宜βは平地部あるいは上流でも緩流部に それぞれ限定され,両種の分布の重複はみられ ない。茸・8古物α吉αは,山地・平野部の両方に 生息すノるが,上限は標高450m位までに限られ る。 摘 要 香川県自然環境保全調査会の調査資料にもと づいて,香川県内河川におけるモソカゲロウ属 3種の分布と標高および勾配との関係について 分析した。ガ.JαpO乳首¢αの分布は山地部あるい はその周辺に限られ,標高451m以上ではこの 種のみが出現する。また,香川県南部の讃岐山 地だけでなく,地理的に離れた北部の五色台山 地にもこの種が分布するら且0γ£e雅吉α上官βは, 標高100m以■下の低い場所に多いが,山地部で もダムの直上など勾配の緩い場所では出現する 例があり,この種の分布が止水的環境と結びつ いていることが示唆される。」臥8亡γねα£αは, 山地・平野部の両方に広く分布するが,.上流で

も標高450m以下に限られ,また標高50m以下

では出現地点が少ない。 文 献 久居富夫・新井二郎.1973掘潜塾水生昆虫 (モソカゲロウ属・サナエトンボ科)群集の 分布様式.東京都高尾自然科学博物館研究報

告 6:17−26一

黒田珠美・藤本篤子・渡辺 宙.1984 葛谷川 (香川県)に.おけるキンカゲロウ(励んβ仇βγα) 属3種の分布と生活環.香川生物㈹:15−21. 1958右手川水系におけるガpんβ仇βγα キンカゲpウ属の分布.第2報.あげは 6: 16−19 水野信彦・御勢久右衛門.1972 河川の生態学. 築地書塵,東京. 大串龍一・・川郡部浩哉・原田英司.1956淵の 底の昆虫群集.生理生腰 7:61−71… 大平幸男・金森正博・岩田英二.1981.土器川 水系(西汐入川を含む)の水生昆虫の分布. 香川県自然環境保全指標策定調査研究報告書 (土器川水系)(香川県):107−118 1982,香川県 中讃西部地域における水生昆虫の分布一綾 川・金倉川・大束川・弘酎Ilおよび五色台水 系−.香川県自然環境保全指標策定調査研 究報告書(香川県中讃西部地域)(香川県) :285−300 渡辺 直・大平幸男・金森正博.1985い香川県 申讃東部地域における底生動物の分布.香川 県自然環境保全指標策定調査研究報告書(香 川県中讃東部地域)(香川県)(印刷中) ・岩田英二‥ 1984三豊地区諮河川における底生動物の分 布.香川県自然環境保全指標策定調査研究報 告番(香川県西讃地域)(香川県):175∼ 186 山口久恵・津田松苗・鳥居 元.1943“琵琶湖 北山田付近の底棲生物.陸水雑 13:105 −112 渡辺 直.1984. キンカゲロウ

Updating...

参照

Updating...