赤磐市新庁舎建設設計業務プロポーザル実施要領

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

集団け んしん 事業 ( がん検 診等) 公募 型 プロポ ーザル 実施 要 領

赤 磐 市( 以 下、「 本 市 」と い う。)が 実 施 す る「 集 団 け ん しん 事 業( が ん 検 診 等 )」( 以 下、「 本 業 務 」 と い う。) の 受 託 者( 以 下 、 「 実 施 機 関 」と い う 。 ) を 、 公 募 型プ ロ ポ ー ザ ル に よ り選 定 す る た め に 必 要 な事 項 を 定 め る も の で ある 。 1 業 務 の名 称 集 団 け ん しん 事 業 ( が ん 検 診 等 ) 2 目 的 本 市 では 、 平 成 2 9 年 3 月 作成 の 第 2 次 赤 磐 市 健 康増 進 計 画 の 中 で 、 検 診受 診 率 の 向 上 を 目 指し 、 「 検 診 ( 健 診 ) を受 け や す い 体 制 づ く りを す す め る 」 と し て いる 。 が ん 検診 等( 結 核・肺 が ん 検 診 、胃が ん 検 診、前 立 腺 が ん 検 診 、肝 炎 ウ イ ル ス 検 査 、 特 定 健 康 診査 ) を 複 合 的 に ま と めて 実 施 す る こ と で 、 市民 の 利 便 性 を 図 り 、 受診 率 の 向 上 、 疾 病の 早 期 発 見 ・ 早 期 治 療に つ な げ る こ と を 目 的と す る 。 つ い ては 、 本 市 の 方 針 ・ 状 況に 応 じ た 事 業 展 開 が でき る 経 験 豊 富 な 実 施 機関 を 選 定 す る こ と を目 的 と す る 。 3 業 務 の概 要 ( 1 ) 業 務実 施 期 間 契 約 締 結 の日 か ら 平 成 3 1 年 3 月3 1 日 ま で ( 2 ) 業 務内 容 ① 結 核・ 肺 が ん 検 診 ② 胃 がん 検 診 ③ 前 立腺 が ん 検 診 ④ 肝 炎ウ イ ル ス 検 査 ⑤ 特 定健 康 診 査 ※ そ の 他 、詳 細 は 仕 様 書 の と お り ( 3 ) 見 積限 度 額 経 費 見 積 は提 案 内 容 に 基 づ き 委 託業 務 を 実 施 し た 場 合 の参 考 見 積 額 及 び 経 費 の内 訳 を 記 載 する 。見 積 限 度 額 は 、3 0 ,9 5 8 ,3 3 0 円( 消 費 税 及 び 地 方 消 費税 含 む ) 以 内 と し 、内 訳 は 、 特 定 健 康 診 査を 除 い た が ん 検 診 等 17 , 9 7 2 , 3 3 0 円、 特 定 健 診 1 2 ,9 8 6 , 0 0 0 円 と する 。 見 積 は 、 内 訳 毎 に算 出 す る こ と 。 た だ し、 こ の 金 額 は 契 約時 の 予 定 価 格 を 示 す もの で は な く 、 企 画 内容 の 規 模 を 示 す も の で ある こ と に 留 意 す るこ と 。 ま た 、 見 積 額 は、 上 記 見 積 限 度 額 を 超え て は な ら な い 。 4 発 注 者及 び 事 務 局 ( 1 ) 発 注者 赤 磐 市

(2)

( 2 ) 事 務局 赤 磐 市 保 健 福 祉 部健 康 増 進 課 〒709- 0898 岡 山 県 赤 磐 市 下 市3 4 4 番 地 電 話 : 08 6 - 9 5 5 - 1 1 17 ( 直 通 ) F A X : 08 6 - 9 5 5 - 1 9 18 E ‐ m a il : kenko@city.akaiwa.lg.jp 赤 磐 市 ホ ーム ペ ー ジ http://www.city.akaiwa.lg.jp 5 参 加 資格 次 の 要 件を す べ て 満 た す も の であ る こ と 。 ( 1 ) 平 成2 9 年 度 赤 磐 市 建 設 工事 等 入 札 参 加 資 格 者 名簿 に 登 載 さ れ て い る 者で あ る こ と 。 ( 2 )地 方 自 治 法 施 行 令( 昭和 2 2 年 政 令 第 1 6 号)第 1 6 7 条 の 4 第 1 項 の一 般 競 争 入 札 に 参 加 さ せ る こ と が で き な い 者 又 は 同 条 第 2 項 の 一 般 競 争 入 札 に 参 加 さ せ な い こ と が でき る 者 に 該 当 し な い 者で あ る こ と 。 ( 3 )会 社 更 生 法( 平 成 1 4 年 法律 第 1 5 4 号 )に基 づ く 更 生 手 続 開 始 の 申 立て が な さ れ て い な い者 又 は 民 事 再 生 法( 平 成 11 年 法 律 第 2 2 5号 )に 基 づ く 再 生 手 続開 始 の 申 立 て がな さ れ て い な い 者 で ある こ と 。 ( 4 )平 成 2 4年 4 月 以 降 に 日 本国 内 の 国 又 は 地 方 公 共団 体 か ら 受 託 し 、完 了 し た同 種 業 務 の 実 績を 有 す る 者 で あ る こ と。 ( 5 )本 業 務 の公 告 日 か ら 契 約 締結 日 ま で い ず れ の 日 にお い て も 、本 市 か ら 指名 停 止 の 措 置 を 受 けて い な い 者 で あ る こ と。 ( 6 ) 「 プラ イ バ シ ー マ ー ク 」 また は 「 I S O 2 7 0 01 / I S M S 」 の 認 証を 取 得 、 ま た は 、 自社 ( 団 体 ) に お い て 個人 情 報 保 護 に 関 す る 規定 を 設 け て あ る こ と 。 6 参 加 条件 ( 1 ) 単 体企 業 ( 団 体 ) で 参 加 表明 書 等 を 提 出 す る こ と。 ( 2 ) 事 業担 当 責 任 者 お よ び 事 業担 当 副 責 任 者 を 1 名 以上 定 め る こ と 。 ( 3) 事 業担 当 責 任 者 お よ び 事 業担 当 副 責 任 者 は、実 施 機 関 の 組 織 に 所 属 し て いる こ と 。 ( 4 ) 主 たる 業 務 を 再 委 託 し な いこ と 。 た だ し 、 一 部 でか つ 、 主 要 な 部 分 を 除き 、 あ ら か じ め 本 市の 書 面 に よ る 承 諾 を 得た 場 合 は 、 こ の 限 り では な い 。 ( 5 ) 参 加表 明 書 等 の 提 出 は 、 1者 1 点 と す る 。 7 実 施 スケ ジ ュ ー ル 内 容 日 程 公 募 開 始 1 0 月 1 0日 ( 火 ) 参 加 表 明 書等 の 交 付 1 0 月 1 0日( 火 )~ 1 0 月 2 5 日( 水 ) 参 加 表 明 受付 開 始 1 0 月 1 0日 ( 火 )

(3)

質 問 受 付 期間 1 0 月 1 0日( 火 )~ 1 0 月 1 9 日( 木 ) 質 問 回 答 (本 市 ホ ー ム ペ ー ジ へ 掲載 ) 1 0 月 2 3日 ( 月 ) 参 加 表 明 書等 の 提 出 期 限 1 0 月 2 5日 ( 水 ) 午 後 5 時 参 加 資 格 の決 定 通 知 1 0 月 2 7日 ( 金 ) 提 案 プ レ ゼン テ ー シ ョ ン と ヒ ア リン グ 1 1 月 6 日( 月 ) 結 果 発 表 (公 表 ・ 通 知 ) 1 1 月 8 日( 水 ) ※ 実 施 ス ケジ ュ ー ル は 、 都 合 に より 前 後 す る 場 合 が あ る。 8 参 加 表明 書 等 の 交 付 方 法 参 加 表 明 書等 は 、 本 市 ホ ー ム ペ ージ か ら ダ ウ ン ロ ー ド し作 成 す る こ と 。 た だ し 、事 務 局 で の 直 接 受 け 取 りを 希 望 す る 場 合 の 交 付及 び 仕 様 書 等 閲 覧 は 次の と お り と す る 。 交 付 及 び 仕様 書 等 閲 覧 の 日 時 平 成 2 9 年1 0 月 1 0 日 ( 火 ) から 平 成 2 9 年 1 0 月 25 日 ( 水 ) ま で 上 記 期 間 のう ち 土 曜 日 、 日 曜 日 及び 祝 日 は 除 く 。 受 付 時 間 は、 午 前 9 時 か ら 午 後 5時 ま で ※ 直 接 受 け取 り を 希 望 す る 者 は、あ ら か じ め 来 庁 日 時 を事 務 局 に 電 話 に て 連 絡す る こ と 。 9 参 加 表明 書 等 の 提 出 方 法 ( 1 ) 提 出書 類 ① 参 加 表 明 書 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ (様 式 1 ) ② 実 施 機 関 の 概 要 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ (様 式 2 ) ③ 実 施 機 関 の 業 務 実 績 ・ ・ ・ ・ ・・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ (様 式 3 ) ④ 業 務 実 施 提 案 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ (様 式 4 ) ⑤ 見 積 書 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ (様 式 任 意 ) ⑥ 質 問 書 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ (様 式 5 ) ( 2 ) 書 式等 ① 用 紙 の 大 き さ は、原 則 と し て 日本 工 業 規 格 A 4 ま た はA 3 と す る も の と し、A 3 を 使 用 す る場 合 は A 4 の 大 き さ に折 っ て 編 纂 す る こ と 。な お 、 見 積 書 は 任 意 様式 ( 消 費 税 及び 地 方 消 費 税 含 む ) とす る 。 ② 書 類 等 の 作 成 に 用 い る 言 語 、通 貨 及 び 単 価 は 日 本 語、日 本 円 、日 本 の 標 準 時及 び 計 量 法 ( 平成 4 年 法 律 第 5 1 号 )に 定 め る 単 位 に 限 る 。 ( 3 ) 提 出先 事 務 局 と する 。 ( 4 ) 提 出方 法 ① 9 ( 1 ) ① か ら ⑤ の 書 類 に つ いて は 、 提 出 期 間 内 に 必ず 事 務 局 に 持 参 す る こと 。

(4)

な お 、 郵 送に よ る 提 出 は 認 め な い。 ② 提 出 書 類 の 受 領 確 認 の た め 、 受付 番 号 を 付 し た 提 出 書類 受 領 書 を 交 付 す る 。 ( 5 ) 提 出部 数 参 加 表 明 書( 様 式 1 ) 及 び 見 積 書( 様 式 任 意 ) は 各 1 部、 実 施 機 関 の 概 要 ( 様式 2 ) か ら 業務 実 施 提 案 ( 様 式 4 )ま で は 各 1 0 部 提 出 する こ と 。 ( 6 ) そ の他 提 出 さ れ た書 類 は 返 却 し な い 。 また 、 要 求 し た 内 容 以 外の 書 類 等 に つ い て は 受理 し な い 。 1 0 質 問書 の 提 出 場 所 及 び 方 法 ( 1)本 プ ロ ポ ー ザ ル に 関 す る 質問 は 、質 問 書( 様 式 5 )を 事務 局 に 持 参、郵 送 、電子 メ ー ル 又 はF A X に よ り 受 け 付 ける( た だ し 、持 参 以 外の 場 合 は 必 ず 電 話 に て事 務 局 に 、 到 着 又 は 着 信 を 確 認 す る こ と )。 な お 、 文 書 に は 回 答 を 受 け る 窓 口 担 当 の部 署 、 氏 名 、電 話 及 び F A X 番 号 、電 子 メ ー ル ア ド レ ス を併 記 す る も の と す る 。 ① 質 問 の 受 付 先 : 事 務 局 ② 質 問 受 付 期 間 : 平 成 2 9 年 10 月 1 0 日 ( 火 ) 午 前9 時 か ら 平 成 2 9 年1 0 月 1 9 日 ( 木 ) 午後 5 時 ま で 持 参 す る 場合 は 、 上 記 期 間 の 午 前9 時 か ら 午 後 5 時 ま で た だ し 、 土曜 日 、 日 曜 日 及 び 祝 日は 除 く 。 ( 2 ) 電 話及 び 口 頭 に よ る 質 問 は受 け 付 け な い 。 ( 3 ) 質 問に 対 す る 回 答 は 、 質 問者 に F A X で 行 い 、 本市 ホ ー ム ペ ー ジ に 掲 載す る 。 1 1 参 加表 明 書 等 の 記 入 要 領 及び 注 意 事 項 ( 1 ) 基 本事 項 参 加 表 明 書等 は 、 本 業 務 に お け る取 組 方 法 に つ い て 提 案を 求 め 、 業 務 を 委 託 する 事 業 者 を 選 定す る た め の 資 料 で あ る。 ま た 、 提 案 さ れ た 内容 の す べ て が 業 務 等 の条 件 に な る も の では な く 、 さ ら に 、 本 業務 の 具 体 的 な 内 容 や 提出 を 求 め る も の で は ない 。 そ の た め 業 務等 は 業 務 実 施 提 案 に 記載 さ れ た 内 容 を 反 映 しつ つ 、 本 市 と 協 議 の うえ 開 始 す る こ と とす る 。 ( 2 ) 各 様式 に お け る 作 成 及 び 記載 上 の 留 意 事 項 ① 実 施 機 関 の 業 務 実 績 ( 様 式 3 ) 業 務 実 績 は、 平 成 2 4 年 4 月 以 降に 日 本 国 内 の 国 又 は 地方 公 共 団 体 か ら 受 託 し、 完 了 し た 3( 2 ) ① か ら ⑤ に 記 載す る 業 務 と す る 。 同 種 業 務 実績 と は 、 2 つ 以 上 の 検診 ( 健 診 ) を 同 一 発 注者 で 、 同 日 実 施 し た も の を 一 枠 に記 載 し 、 5 件 以 内 と する 。 な お 、 5 件 に 満 たな い 場 合 は 、 後 は 空 欄と す る こ と 。 ② 業 務 実 施 提 案 ( 様 式 4 ) ア 本 業 務 の 実 施 体 制 ( 責 任 者 及 び 副 責 任 者 、 ス タ ッ フ 等 の 人 員 配 置 等 )、 日 程 、

(5)

対 応 体 制 等に つ い て 明 記 す る こ と。 イ 提 案 は 、 文 章 で の 表 現 を 原 則 とし 、 基 本 的 な 考 え 方 を簡 潔 に 記 述 す る こ と 。 ウ 文 字 は 読 み や す い よ う に 1 0 ポ イ ン ト 以 上 の 文 字 と す る 。 な お 、 図 ・ 表 中 の 文 字 に つ いて は こ の 限 り で な い が読 み や す さ に 配 慮 す るこ と 。 エ 視 覚 的 表 現 に つ い て は 、 文 章 を 補 完 す る た め に 必 要 最 小 限 な 範 囲 に お い て の み 認 め る 。 オ 専 門 知 識 を 有 し な い 者 に 対 す る 配 慮 を す る こ と 。 ま た 、 専 門 用 語 及 び 略 語 等 に 関 し て は、 脚 注 に よ り 定 義 又 は説 明 を 付 記 す る か 、別 途 用 語 集 を 添 付 す る こ と。( 提 案 書 に は 含 ま れ な い。) ③ 見 積 書 ( 任 意 様 式 ) ア 特 定 健 康 診 査 と 特 定 健 康診 査 を 除 く 検 診 等 に 分け そ れ ぞ れ 作 成 す る こと 。 イ 見 積 金 額 は 、 各 け ん し ん毎 の 単 価 に 予 定 人 数 を乗 じ た も の の 総 合 計 (税 込 み ) と す る 。 ウ 業 務 内 容 の 内 訳 が わ か る よ う 各け ん し ん の 単 価( 税 込 金 額 )を 明記 す る こ と 。 1 2 評 価基 準 審 査 項 目 及び 審 査 基 準 は 、 以 下 のと お り と す る 。 審 査 項 目 審 査 の 着 目点 審 査 基 準 実 績 等 実 績 業 務 実 績 が 多 く 岡 山 県 生 活 習 慣 病 検 診 等 管 理 指 導 協 議 会 と 岡 山 県 が 実 施 し て い る 平 成 2 8 年 度 が ん 検 診 機 関 精 度 管 理 調 査 の 評 価 が よい 場 合 、 優 位 に 評 価 する 。 他 に も 評 価 を 受 け た も の が あ れ ば 記 載 す る こ と 。 提 案 実 施 体 制 本 業 務 の 実 施 に あ た り 、 ス タ ッ フ 等 の 人 員 配 置 が 適 切 に 取 ら れ て い る 場 合 、 優 位 に 評 価 す る。 日 程 提 示 し て い る 希 望 日 程 に 沿 う 場 合 、 優 位 に 評 価 す る。 対 応 体 制 苦 情 等 、 受 診 者 へ の 対 応 の 体 制 が あ る 場 合 、 優 位 に評 価 す る 。 実 施 実 現 可能 性 本 市 の 方 式 に 沿 っ て お り 、 業 務 が 無 理 な く 実 現 可 能で あ る 場 合 、優 位 に 評 価 す る。 プ レ ゼ ン テー シ ョ ン プ レ ゼ ン テー シ ョ ン 分 か り や す く 、 説 得 力 の あ る プ レ ゼ ン テ ー シ ョ ン であ る 場 合 、 優 位 に 評 価す る 。

(6)

取 組 姿 勢 本 業 務 を 実 施 す る 上 で の 課 題 や 問 題 点 を 把 握 し て お り 、 積 極 的 に 取 組 む 姿 勢 が う か が わ れ る場 合 、 優 位 に 評 価 す る。 経 費 見 積 金 額 本 業 務 に 係 る 見 積 金 額 が 低 い 場 合 に 優 位 に 評 価 す る。 1 3 プ レゼ ン テ ー シ ョ ン 及 び ヒア リ ン グ ( 1 ) プ レゼ ン テ ー シ ョ ン 及 び ヒア リ ン グ ① 対 象 者 参 加 者 の うち 、 本 市 が 参 加 資 格 等を 有 し て い る と 認 め た者 を 対 象 に 実 施 す る 。 ② 実 施 場 所 赤 磐 市 役 所( 詳 細 に つ い て は 別 途通 知 す る 。 ) ③ 実 施 日 時 平 成 2 9 年1 1 月 6 日 ( 月 ) ※ 時 間 割り は 別 途 通 知 す る 。 ④ 出 席 者 出 席 者 は 、責 任 者 ほ か 説 明 員 1 名、 パ ソ コ ン 操 作 員 1 名の 計 3 名 程 度 と す る 。 ⑤ 実 施 方 法 及 び 留 意 事 項 ア プ レ ゼ ン テ ー シ ョ ン 及 び ヒ ア リン グ の 順 番 は 、 受 付 順に よ り 決 定 し た 順 番 及 び 時 間 で 各参 加 表 明 者 の プ レ ゼ ンテ ー シ ョ ン を 受 け、 プ レ ゼ ン テ ー シ ョ ン 終 了 後 、 ヒ ア リン グ を 行 う 。 イ プ レ ゼ ン テ ー シ ョ ン は 、 1 者 につ き 2 5 分 以 内 と し 、ヒ ア リ ン グ は 1 5 分 程 度 と す る 。 ウ プ レ ゼ ン テ ー シ ョ ン の 説 明 資 料及 び パ ソ コ ン 等 の 準 備及 び 片 付 け は 、 1 0 分 以 内 に 行 うこ と 。 エ プ レ ゼ ン テ ー シ ョ ン に 際 し て は、 提 出 し た 様 式 4 の 内容 の み と し 、 各 実 施 機 関 で 用 意 した パ ソ コ ン ( パ ワ ーポ イ ン ト 等 の ソ フ ト 入 り) を 用 い て 説 明 す る こ と 。 た だし 、 様 式 4 に 記 載 さ れ た文 章 、 ス ケ ッ チ 等 の 範囲 で あ れ ば 、 拡 大 用紙 ( パ ネ ル )、 ビ デ オ プ ロ ジ ェ ク ター 静 止 画 像 を 使 用 す るこ と は 可 と す る 。 オ プ ロ ジ ェ ク タ ー 及 び ス ク リ ー ンは 、事 務 局 で 用 意 す る。プ ロ ジ ェ ク タ ー 機 種 : E P S O N製 ( E H - T W 4 1 0) を 使 用 予 定 カ プ レ ゼ ン テ ー シ ョ ン 及 び ヒ ア リン グ は 、 非 公 開 と す る。 ( 2 ) 審 査の 選 定 概 要 プ レ ゼ ン テー シ ョ ン 及 び ヒ ア リ ング 等 を 実 施 後 、 審査 を 行 い 、 総 合 評 価 点 が 高い 者 か ら 順 位 を付 け 、 最 も 高 い 者 を 最優 秀 者 と し て 選 定 す る。 な お 、 総合 評 価 点 が 同 点 の 場 合 は、 審 査 項 目 の 企 画 提 案、 プ レ ゼ ン テ ー シ ョ ン、 実 施 機 関 の 実績 等 、 経 費 の 順 に 評 価点 が 高 い 参 加 者 を 上 位と す る 。 ( 3 ) そ の他

(7)

① ヒ ア リ ン グ に お い て は 、 実 施 機関 の 業 務 実 績 等 に つ いて も 確 認 す る 場 合 が ある 。 ② プ レ ゼ ン テ ー シ ョ ン に お い て、あ ら か じ め 提 出 し た 業 務実 施 提 案 の 内 容 以 外 の資 料 等 の 使 用は 、 認 め な い 。 ③ 業 務 実 施 提 案 に 虚 偽 の 記 載 を した 場 合 に は 、業 務 実 施 提案 を 無 効 と す る と と もに 、 虚 偽 の 記 載を し た 者 に 対 し て 指 名停 止 の 措 置 を 行 う 場 合が あ る 。 ④ プ レ ゼ ン テ ー シ ョ ン 及 び ヒ ア リン グ に 出 席 し な い 場 合は 、 失 格 と す る 。 た だし 、 交 通 機 関 等の 事 故 等 真 に や む を 得な い 理 由 が あ る 場 合 は、 こ の 限 り で な い 。 1 4 費 用負 担 参 加 表 明 書等 の 作 成 に 係 る 費 用 は、 参 加 者 の 負 担 と す る。 1 5 契 約等 ( 1 ) 契 約形 態 本 契 約は 単 価 契 約 と す る 。 ( 2 ) 契 約の 締 結 本 市 は 、 審査 結 果 に 基 づ き 選 定 され た 最 優 秀 者 と 委 託 内容 の 協 議 及 び 調 整 ( 以下 、 「 協 議 等 」と い う 。) を 行 い 、 こ の協 議 等 が 整 っ た と き には 、 随 意 契 約 に よ り 契約 を 締 結 す る 。協 議 等 が 整 わ な か っ たと き 、 又 は 、 最 優 秀 者に 事 故 等 が あ り 、 契 約が で き な く な っ たと き は 、 審 査 に よ り 順位 付 け ら れ た 上 位 の 者か ら 順 に 、 本 業 務 に 係る 契 約 の 相 手 方 とな る 候 補 者 と し て 同 様に 協 議 等 を 行 う 。 ( 3 ) 契 約者 赤 磐 市 ( 4 ) 契 約書 の 作 成 の 要 否 作 成 を 要 する 。 ( 特 定 健 康 診 査、 特 定 健 康 診 査 を 除 い た検 診 等 の 契 約 書 を そ れぞ れ 作 成 す る こと 。 ) ( 5 ) 契 約保 証 金 納 付 を 要 する 。 ( 6 ) 契 約金 額 第 1 号 に 定め る 協 議 等 に お い て 示談 を 行 い 決 定 す る 。 ( 7 ) そ の他 上 記 の ほ か、 本 業 務 に 係 る 契 約 手続 き は 、 赤 磐 市 財 務 規則 ( 平 成 1 7 年 赤 磐 市規 則 第 5 5 号 )に 基 づ き 行 う 。 1 6 そ の他 の 事 項 ( 1 ) 参 加表 明 書 等 が 次 の い ず れか に 該 当 す る 場 合 に は、 無 効 と す る 。 ① 提 出 方 法 、 提 出 先 、 提 出 期 限 に適 合 し な い 場 合 。 ② 作 成 要 領 に 指 定 す る 様 式 及 び 記載 上 の 留 意 事 項 に 示 され た 条 件 に 適 合 し な い場 合 。

(8)

③ 記 載 す べ き 事 項 の 全 部 又 は 一 部が 記 載 さ れ て い な い 場合 。 ④ 記 載 す べ き 事 項 以 外 の 内 容 が 記載 さ れ て い る 場 合 。 ⑤ 提 案 限 度 額 を 超 え る 金 額 で 見 積書 ( 様 式 任 意 ) を 提 出し た 場 合 。 ⑥ 提 出 書 類 に 虚 偽 の 記 載 が あ る 場合 、す で に 発 表 さ れ た もの と 同 一 あ る い は 類 似の 提 案 又 は 盗用 し た 疑 い が あ る と 本市 が 認 め た 場 合 。 な お、 契 約 後 に 事 実 関 係 が判 明 し た 場 合に お い て も 同 様 と す る。 ( 2 ) 参 加表 明 書 等 は 、 提 出 後 の差 し 替 え 及 び 再 提 出 は認 め な い 。 ま た 、 参 加表 明 書 等 に 記 載 し た配 置 予 定 の 事 業 担 当 責任 者 は 、 原 則 と し て 変更 で き な い こ と と す る。 た だ し 、 病 休、 死 亡 、 退 職 等 や む を得 な い 理 由 に よ り 変 更を 行 う 場 合 に は 、 必 ず本 市 の 了 解 を 得な け れ ば な ら な い 。 ( 3 ) 提 出さ れ た 参 加 表 明 書 等 は、 本 市 の 了 解 な く 公 表、 使 用 し て は な ら な い。 ( 4 ) 提 出さ れ た 参 加 表 明 書 等 は本 市 に お い て 審 査 等 に必 要 な 範 囲 で 複 製 す るこ と が あ る 。 ( 5 ) 審 査は 非 公 開 と す る 。

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :