サ ブ ド レ ン 他 移 送 設 備

全文

(1)

2.35  サブドレン他水処理施設  2.35.1  基本設計 

2.35.1.1  設置の目的 

サブドレン他水処理施設は,1〜4号機タービン建屋等の周辺に設置されたサブドレン ピットから地下水を汲み上げること(サブドレン集水設備),海側遮水壁と既設護岸の間に 設置される地下水ドレンポンドから地下水を汲み上げること(地下水ドレン集水設備),汲 み上げた水に含まれている放射性核種(トリチウムを除く)を十分低い濃度になるまで除 去すること(サブドレン他浄化設備)及び浄化された水を排水すること(サブドレン他移 送設備)を目的とする。(以下,「本格運転」という。) 

 

2.35.1.2  要求される機能 

(1) サブドレン集水設備は,1〜4号機タービン建屋等の周辺に設置されたサブドレンピッ トから地下水を集水タンクに移送できること。 

(2) 地下水ドレン集水設備は,地下水ドレンポンドから地下水を汲み上げ,集水タンクに移 送できること。 

(3) サブドレン他浄化設備は,サブドレン集水設備及び地下水ドレン集水設備で集水した地 下水の処理,貯留,管理等を行い,放射性物質の濃度を適切な値に低減する能力を有す ること。 

(4) サブドレン他浄化設備は,設備内で発生する気体状及び固体状の放射性物質及び可燃性 ガスの管理が適切に行える機能を有すること。 

(5) サブドレン他移送設備は,サブドレン他浄化設備にて浄化された水を排水できること。 

(6) サブドレン他水処理施設は,漏えい防止機能を有すること。 

 

2.35.1.3  設計方針 

2.35.1.3.1  サブドレン集水設備の設計方針  (1)  処理能力 

サブドレン集水設備は,1〜4号機タービン建屋等の周辺に設置されたサブドレンピッ トから地下水を汲み上げ,集水タンクに移送できる処理容量とする。 

 

(2)  材料 

サブドレン集水設備は,処理対象水の性状を考慮し,適切な材料を用いた設計とする。 

(2)

位の検出器を設ける。 

b. 液体状の放射性物質が漏えいした場合は,漏えい液体の除去を行えるようにする。  

c. サブドレンピットの水位,タンク水位等の警報については,免震重要棟集中監視室等 に表示し,異常を確実に運転員に伝え適切な措置をとれるようにし,これを監視でき るようにする。 

 

(4)  健全性に対する考慮 

サブドレン集水設備は,機器の重要度に応じた有効な保全が可能な設計とする。 

(5)  検査可能性に対する設計上の考慮 

サブドレン集水設備は,サブドレンピットから地下水を汲み上げ,集水タンクに移送で きることを確認するための検査が可能な設計とする。

2.35.1.3.2  サブドレン他浄化設備の設計方針  (1)  放射性物質の濃度の低減 

サブドレン他浄化設備は,サブドレン集水設備及び地下水ドレン集水設備で汲み上げた 水を,ろ過,イオン交換等により,周辺環境に対して,放射性物質の濃度を合理的に達成 できる限り低くする設計とする。 

 

(2)  処理能力 

サブドレン他浄化設備は,サブドレン集水設備及び地下水ドレン集水設備で想定される 汲み上げ量以上の処理容量とする。 

  (3)  材料 

サブドレン他浄化設備の機器等は,処理対象水の性状を考慮し,適切な材料を用いた設 計とする。 

 

(4)  放射性物質の漏えい防止及び管理されない放出の防止 

サブドレン他浄化設備の機器等は,液体状の放射性物質の漏えい防止及び敷地外への管 理されない放出を防止するため,次の各項を考慮した設計とする。 

a. 漏えいの発生を防止するため,機器等には適切な材料を使用するとともに,タンク水 位の検出器,インターロック回路等を設ける。 

b. 液体状の放射性物質が漏えいした場合は,漏えい液体の除去を行えるようにする。 

c. タンク水位,漏えい検知等の警報については,免震重要棟集中監視室等に表示し,異

(3)

防止する。また,排水路から可能な限り離隔するとともに,排水路を跨ぐ箇所はボッ クス鋼内等に配管を敷設する。 

 

(5)  被ばく低減 

サブドレン他浄化設備は,遮へい,機器の配置等により被ばくの低減を考慮した設計と する。 

 

(6)  可燃性ガスの管理 

サブドレン他浄化設備は,水の放射線分解により発生する可燃性ガスの滞留を防止でき,

必要に応じて適切に排出できる設計とする。また,可燃性ガスに放射性物質が含まれる可 能性がある場合は,適切に除去する設計とする。 

 

(7)  健全性に対する考慮 

サブドレン他浄化設備は,機器の重要度に応じた有効な保全が可能な設計とする。 

(8)  検査可能性に対する設計上の考慮 

サブドレン他浄化設備は,処理量ならびに放射能濃度を低減できることを確認するため の検査が可能な設計とする。 

  

(9)  地下水の貯留 

サブドレン他浄化設備は,地下水を浄化してサンプルタンクへ移送することを目的とす るが,地下水の水質や処理状況に応じて,地下水を RO 濃縮水貯槽又は Sr 処理水貯槽へ移 送することが可能な設計とする。なお,RO 濃縮水貯槽又は Sr 処理水貯槽へ移送した地下 水はサブドレン他水処理施設へ移送して処理しない。 

 

(4)

2.35.1.3.3  サブドレン他移送設備の設計方針 (1)  処理能力 

サブドレン他移送設備は,サブドレン他浄化設備で想定される処理容量以上の処理容量 とする。 

 

 (2)  材料 

サブドレン他移送設備の機器等は,処理対象水の性状を考慮し,適切な材料を用いた設 計とする。 

 

(3)  放射性物質の漏えい防止及び管理されない放出の防止 

サブドレン他移送設備は浄化した水を取り扱うことから,液体中の放射性物質による影 響はほとんど無い。ただし,液体状の放射性物質の漏えい防止及び敷地外への管理されな い放出を防止するため,機器等は次の各項を考慮した設計とする。 

a. 漏えいの発生を防止するため,機器等には適切な材料を使用するとともに,インター ロック回路等を設ける。 

b. 液体状の放射性物質が漏えいした場合は,漏えい液体の除去を行えるようにする。 

c. 漏えい検知等の警報については,免震重要棟集中監視室等に表示し,異常を確実に運 転員に伝え適切な措置をとれるようにし,これを監視できるようにする。 

d. 浄化した水を排水する際には事前に水質分析を行い,浄化水に含まれる放射性物質濃 度が,告示濃度限度よりも十分に低い排水の基準(詳細は「Ⅲ 2.1.2 放射性液体廃 棄物の管理」を参照)を満足することを確認した後に,排水を行う。また,運転員の 誤操作等により,水質分析前の水を排水することが無いよう配慮した設計とする。 

 

(4)  健全性に対する考慮 

サブドレン他移送設備は,機器の重要度に応じた有効な保全が可能な設計とする。 

 

(5)  検査可能性に対する設計上の考慮 

サブドレン他移送設備は,浄化された水を排水できることを確認するための検査が可 能な設計とする。 

(5)

2.35.1.3.4 地下水ドレン集水設備の設計方針 (1)  処理能力 

    地下水ドレン集水設備は,地下水ドレンポンドから地下水を汲み上げ,集水タンクに 移送できる処理容量とする。 

 

(2)  材料 

    地下水ドレン集水設備は,処理対象水の性状を考慮し,適切な材料を用いた設計とす る。 

 

(3)  放射性物質の漏えい防止及び管理されない放出の防止 

    地下水ドレン集水設備の機器等は,液体状の放射性物質の漏えい防止及び敷地外への 管理されない放出を防止するため,次の各項を考慮した設計とする。 

  a.漏えいの発生を防止するため,機器等には適切な材料を使用するとともに,タンク水  位の検出器を設ける。 

  b.液体状の放射性物質が漏えいした場合は,漏えい液体の除去を行えるようにする。 

  c.地下水ドレンのタンク水位等の警報については,免震重要棟集中監視室等に表示し,

異常を確実に運転員に伝え適切な措置をとれるようにし,これを監視できるようにす る。 

 

(4)  健全性に対する考慮 

    地下水ドレン集水設備は,機器の重要度に応じた有効な保全が可能な設計とする。 

 

(5)  検査可能性に対する設計上の考慮 

地下水ドレン集水設備は,地下水ドレンポンドで汲み上げた地下水を移送できること を確認するための検査が可能な設計とする。 

 

2.35.1.4  供用期間中に確認する項目 

(1)  サブドレン集水設備は,サブドレンピットから地下水を汲み上げ,集水タンクに移送 できること。 

(2)  サブドレン他浄化設備は,通水でき,放射性核種濃度を低減できること。 

(3)  サブドレン他移送設備は,浄化した水を移送先まで移送できること。 

(4)  地下水ドレン集水設備は,地下水ドレンポンドから地下水を汲み上げ,集水タンクま 

(6)

2.35.1.5  主要な機器 

2.35.1.5.1  サブドレン集水設備 

サブドレン集水設備は,揚水ポンプ,中継タンク,中継タンク移送ポンプ,集水タンク 及び移送配管で構成する。汲み上げた地下水は集水タンクに集水する。また,共通設備と して,運転監視を行う監視・制御装置,電源を供給する電源設備等で構成する。 

サブドレン集水設備は,免震重要棟集中監視室の監視・制御装置により遠隔操作及び運 転状況の監視を行う。監視・制御装置は,故障により各設備の誤動作を引き起こさない構 成とする。更に,運転員の誤操作,誤判断を防止するようにし,重要な装置の緊急停止操 作については,ダブルアクションを要する等の設計とする。 

電源は,異なる2系統の所内高圧母線から受電できる構成とする。 

  また,サブドレンピット内の水位が建屋内の滞留水の水位を下回らないように管理する ため,各サブドレンピット内には水位計を設置し,サブドレンピット内の水位を監視する。 

2.35.1.5.2  サブドレン他浄化設備 

サブドレン他浄化設備は,集水タンク移送ポンプ,処理装置供給タンク,サブドレン他 浄化装置,サンプルタンクで構成する。付帯設備として,運転監視を行う監視・制御装置,

電源を供給する電源設備及び建屋等で構成する。また,放射能濃度が低減していることを 確認するための試料採取が可能な設計とする。 

サブドレン他浄化設備の主要な機器は,免震重要棟集中監視室の監視・制御装置により 遠隔操作及び運転状況の監視を行う。監視・制御装置は,故障により各設備の誤動作を引 き起こさない構成とする。更に,運転員の誤操作,誤判断を防止するようにし,重要な装 置の緊急停止操作については,ダブルアクションを要する等の設計とする。 

 

(1)  サブドレン他浄化装置 

サブドレン他浄化装置は,4塔の前処理フィルタ,5塔の吸着塔及び2台のポンプで構 成する。 

前処理フィルタは,前処理フィルタ1及び2によって浮遊物質を除去し,前処理フィル タ3,4によってそれぞれセシウム,ストロンチウムを粗取りする。吸着塔は,吸着塔1

〜3によってセシウム及びストロンチウムを除去し,吸着塔4,5によってそれぞれアン チモン,重金属核種(コバルト等)を除去する。また,前処理フィルタ及び吸着塔の吸着 材は,除去対象核種に応じて入れ替え可能な設計とする。 

前処理フィルタは,一定量処理後,水抜きを行い,交換する。使用済前処理フィルタは,

容器に収納して,固体廃棄物貯蔵庫に一時貯蔵する。吸着塔は,一定量処理後,水抜きを 行い,吸着塔ごと交換する。使用済吸着塔は,使用済セシウム吸着塔一時保管施設に一時

(7)

(2)  電源設備 

電源は,異なる2系統の所内高圧母線から受電できる構成とする。なお,サブドレン 他浄化設備は,電源が喪失した場合に系統が隔離され停止するため,外部への漏えいを 発生させることはない。 

 

(3)  サブドレン他浄化装置建屋 

サブドレン他浄化装置建屋は,平面が約 46m×約 32m で厚さが約 1.5m の鉄筋コンクリー ト造のべた基礎を有し,漏えいの拡大を防止するための堰を設置する。 

 

2.35.1.5.3  サブドレン他移送設備 

サブドレン他移送設備は,浄化水移送ポンプ,移送配管等で構成する。浄化した水はサ ンプルタンクに一時貯留し,水質分析後,浄化水移送ポンプにより排水する。浄化した水 の再浄化を行う場合は,サブドレン他浄化設備へ移送する。 

また,共通設備として,運転監視を行う監視・制御装置,電源を供給する電源設備等で 構成する。サブドレン他移送設備は,免震重要棟集中監視室の監視・制御装置により遠隔 操作及び運転状況の監視を行う。監視・制御装置は,故障により各設備の誤動作を引き起 こさない構成とする。更に,運転員の誤操作,誤判断を防止するようにし,排水等の重要 な操作については,ダブルアクションを要する等の設計とする。電源は,異なる2系統の 所内高圧母線から受電できる構成とする。 

 

2.35.1.5.4  地下水ドレン集水設備 

地下水ドレン集水設備は,地下水ドレンポンド揚水ポンプ,地下水ドレン中継タンク,

地下水ドレン中継タンク移送ポンプ,及び移送配管で構成する。地下水ドレン集水設備に より汲み上げた地下水は集水タンクへ移送する。

また,共通設備として,運転監視を行う監視・制御装置,電源を供給する電源設備等で 構成する。地下水ドレン集水設備は,免震重要棟集中監視室の監視・制御装置により遠隔 操作及び運転状況の監視を行う。監視・制御装置は,故障により各設備の誤動作を引き起 こさない構成とする。更に,運転員の誤操作,誤判断を防止するようにし,重要な装置の 緊急停止操作については,ダブルアクションを要する等の設計とする。

電源は,異なる2系統の所内高圧母線から受電できる構成とする。

また,各地下水ドレンポンド内には水位計を設置し,地下水ドレンポンド内の水位を監 視する。 

(8)

えられる O.P.30m 以上の場所に設置する。集水タンクは,O.P.4m に設置することから,

アウターライズ津波による波力がタンクに直接作用しないような高さの堰を設ける。また,

大津波警報が出た際はサブドレン集水設備及び地下水ドレン集水設備を停止することで,

汲み上げた水の流出防止に努める。また,サブドレン他移送設備を停止することで,排水 前の水の流出防止に努める。 

 

(2)  台風 

放射性物質を蓄積するサブドレン他浄化装置は,台風による設備損傷の可能性が低い鉄 骨造の建屋内に設置する。 

 

(3)  積雪 

積雪による設備の損傷を防止するため,建屋は建築基準法施行令及び福島県建築基準法 施行規則細則に基づく積雪荷重に対して設計する。 

 

(4)  落雷 

動的機器及び電気設備は,機器接地により落雷による損傷を防止する。 

 

(5)  竜巻 

竜巻の発生の可能性が予見される場合は,設備の停止・隔離弁の閉止作業等を行い,サ ブドレンピット及び地下水ドレンポンドから汲み上げた地下水の漏えい防止を図る。 

 

(6)  火災 

火災発生を防止するため,実用上可能な限り不燃性又は難燃性の材料を使用する。火災 検知のため,消防法及び関係法令に従い,建屋内には自動火災報知設備を設置する。また,

消火器を設置し,動力消防ポンプ(防火水槽及びポンプ車)を適切に配置することにより,

初期消火の対応を可能とし,消火活動の円滑化を図る。放射性物質を吸着する前処理フィ ルタ及び吸着塔は鋼製容器のため,燃焼・延焼し難く,またこれらの機器付配管は鋼製で あり,燃焼しない。

なお,建屋内には建築基準法及び関係法令並びに消防法及び関係法令に基づく安全避難 通路を設定する。 

   

2.35.1.7  構造強度及び耐震性  2.35.1.7.1  サブドレン集水設備 

(9)

格 設計・建設規格」に準拠する。配管のうち,ポリエチレン管は ISO 規格,JWWA 規格ま たは JIS に準拠し,鋼管及び伸縮継手は,JIS に準拠する。また,JSME 規格で規定され る材料の JIS 年度指定は,技術的妥当性の範囲において材料調達性の観点から考慮しない 場合もある。 

 

(2)  耐震性 

サブドレン集水設備を構成する主要な機器のうち放射性物質を内包するものは,「発電 用原子炉施設に関する耐震設計審査指針」に従い設計する。主要な機器の耐震性を評価す るにあたっては,「JEAG4601 原子力発電所耐震設計技術指針」等に準拠する。ポリエチレ ン配管及び伸縮継手は,材料の可撓性により耐震性を確保する。

2.35.1.7.2  サブドレン他浄化設備  (1)  構造強度 

前処理フィルタ及び吸着塔は,「ASME Boiler and Pressure Vessel Code」に準拠する。

前処理フィルタ及び吸着塔廻りの鋼管は,「ASME B31.1 Power Piping」に準拠する。そ の他の主要機器及び配管は,「JSME S NC-1 発電用原子力設備規格 設計・建設規格」等 に準拠し,このうちポリエチレン配管は ISO 規格,JWWA 規格に準拠する。また,JSME 規 格で規定される材料の JIS 年度指定は,技術的妥当性の範囲において材料調達性の観点 から考慮しない場合もある。 

 

(2)  耐震性 

サブドレン他浄化設備を構成する主要機器のうち放射性物質を内包するものは,「発電 用原子炉施設に関する耐震設計審査指針」に従い設計する。主要な機器及び鋼管の耐震性 を評価するにあたっては,「JEAG4601 原子力発電所耐震設計技術指針」等に準拠する。ポ リエチレン配管及び伸縮継手は,材料の可撓性により耐震性を確保する。 

 

2.35.1.7.3  サブドレン他移送設備  (1)  構造強度 

サブドレン他移送設備のポンプは JIS 規格に準拠する。その他の主要機器及び配管は

「JSME S NC-1 発電用原子力設備規格 設計・建設規格」等に準拠し,このうちポリエチ レン配管は ISO 規格,JWWA 規格に準拠する。JSME 規格で規定される材料の JIS 年度指定 は,技術的妥当性の範囲において材料調達性の観点から考慮しない場合もある。 

(10)

を評価するにあたっては,「JEAG4601 原子力発電所耐震設計技術指針」等に準拠する。ポ リエチレン配管及び伸縮継手は,材料の可撓性により耐震性を確保する。 

 

2.35.1.7.4  地下水ドレン集水設備  (1)  構造強度 

    地下水ドレン集水設備を構成するタンクは,JIS 等に準拠する。配管のうち,ポリエチ レン管は ISO 規格,JWWA 規格,または,JIS に準拠し,鋼管は,「JSME S NC-1 発電用原 子力設備規格 設計・建設規格」等に準拠する。 

 

(2)  耐震性 

地下水ドレン集水設備を構成する主要機器のうち放射性物質を内包するものは,「発電 用原子炉施設に関する耐震設計審査指針」に従い設計する。主要な機器及び鋼管の耐震性 を評価するにあたっては,「JEAG4601 原子力発電所耐震設計技術指針」等に準拠する。ポ リエチレン配管は,材料の可撓性により耐震性を確保する。 

 

2.35.1.8  機器の故障への対応  2.35.1.8.1  サブドレン集水設備 

(1)  機器の単一故障 

サブドレン集水設備は電源について多重化しており,上流の電源系統設備の単一故障に ついては,速やかな集水の再開が可能である。 

2.35.1.8.2  サブドレン他浄化設備  (1)  機器の単一故障 

サブドレン他浄化設備は,電源について多重化している。そのため,電源系統の単一故 障については,電源系統の切替作業等により,速やかな処理の再開が可能である。 

 

2.35.1.8.3  サブドレン他移送設備  (1)  機器の単一故障 

サブドレン他移送設備は,動的機器及び電源について多重化している。そのため,動的 機器,電源系統の単一故障については,機器の切替作業等により,速やかな処理の再開が 可能である。 

2.35.1.8.4  地下水ドレン集水設備  (1)  機器の単一故障 

(11)

2.35.2  基本仕様 2.35.2.1  主要仕様 

2.35.2.1.1  サブドレン集水設備 (1)  タンク 

a.中継タンク 

名        称  中継タンク 

種       類  −  角形  容       量  m3/個  12.0  最 高 使 用 圧 力  MPa  静水頭 

最 高 使 用 温 度  ℃  40 

主  要 

内      寸  mm  2000×4000  側  板  厚  さ  mm  6.0  寸 

法 

底  板  厚  さ  mm  9.0  高      さ  mm  1500  材

料 

側      板  −  SS400  底      板  −  SS400  個      数  個  5   

b.集水タンク 

名        称  集水タンク 

種       類  −  たて置円筒形  容       量  m3/個  1235  最 高 使 用 圧 力  MPa  静水頭 

最 高 使 用 温 度  ℃  40 

主  要 

胴    内    径  m  11.0  胴  板  厚  さ  mm  12.0  寸 

法 

底  板  厚  さ  mm  12.0   高      さ  m  13.0  材

料 

胴      板  −  SM400C  底      板  −  SM400C  個      数  個  3 

(12)

容    量      30 L/min   

b. 中継タンク移送ポンプ(完成品) 

台    数       5 台  容    量     400 L/min   

(13)

 (3)  配管 

主要配管仕様

名  称  仕  様 

サブドレンピット内 

(ポリエチレン管) 

呼び径  材質 

最高使用圧力  最高使用温度 

32A 相当  ポリエチレン  0.48 MPa  30 ℃  サブドレンピット出口から 

中継タンク入口まで 

(ポリエチレン管) 

呼び径  材質 

最高使用圧力  最高使用温度 

40A 相当  ポリエチレン  0.98 MPa  40 ℃ 

(鋼管)  呼び径/厚さ 

材質 

最高使用圧力  最高使用温度 

32A,40A/Sch.40  STPG370,SUS316LTP  0.98 MPa 

40 ℃  中継タンク出口から 

中継タンク移送ポンプ入口まで 

(鋼管) 

呼び径/厚さ  材質 

最高使用圧力  最高使用温度 

65A/Sch.40  STPG370  静水頭  40 ℃ 

(伸縮継手)  呼び径 

材質 

最高使用圧力  最高使用温度 

65A  SUS316L  静水頭  40 ℃  中継タンク移送ポンプ出口から 

集水タンク入口まで 

(ポリエチレン管) 

呼び径    材質 

最高使用圧力  最高使用温度 

80A 相当,200A 相当,300A 相 当 

ポリエチレン  0.98 MPa  40 ℃ 

(鋼管) 

 

呼び径/厚さ  材質 

最高使用圧力 

50A,80A/Sch.40  STPG370 

0.98 MPa 

(14)

(伸縮継手) 

 

呼び径  材質 

最高使用圧力  最高使用温度 

50A  SUS316L  0.98 MPa   40 ℃  集水タンク出口から 

集水タンク出口側ヘッダーまで 

(ポリエチレン管) 

 

呼び径  材質 

最高使用圧力  最高使用温度 

100A 相当  ポリエチレン  静水頭  40 ℃ 

※  現場施工状況により,配管仕様(呼び径,厚さ,材質)の一部を使用しない場合がある。 

(15)

2.35.2.1.2  サブドレン他浄化設備

(1)  サブドレン他浄化装置の対象水の種類,処理方式並びに容量

(2)  容器 

a.処理装置供給タンク 

名        称  処理装置供給タンク  種       類  −  たて置円筒形  容       量  m3/個  30  最 高 使 用 圧 力  MPa  静水頭 

最 高 使 用 温 度  ℃  40 

主  要  寸  法 

胴    内    径  mm  3000  胴  板  厚  さ  mm  9.0  底  板  厚  さ  mm  12.0  平  板  厚  さ  mm  6.0  高      さ  mm  5006  材

料 

胴      板  −  SUS316L  底      板  −  SUS316L  個      数  個  1 

名        称  仕様 

対 象 水 の 種 類   −  サブドレン  処  理  方  式  −  ろ過+吸着材方式  処  理  容  量  m3/h  50 

(16)

b.前処理フィルタ1,2 

名        称  前処理フィルタ1,2  種       類  −  たて置円筒形  容       量  m3/h/個  50  最 高 使 用 圧 力  MPa  1.03 

最 高 使 用 温 度  ℃  40 

主  要  寸  法 

胴    内    径  mm  901.7  胴  板  厚  さ  mm  6.35  上 部 平 板 厚 さ   mm  63.5  下 部 平 板 厚 さ   mm  63.5  高      さ  mm  2013  材  料 

胴      板  −  ASME SA 516 Gr.70  上  部  平  板  −  ASME SA 516 Gr.70  下  部  平  板  −  ASME SA 516 Gr.70  個      数  個  2 

 

c.前処理フィルタ3,4 

名        称  前処理フィルタ3,4  種       類  −  たて置円筒形  容       量  m3/h/個  50  最 高 使 用 圧 力  MPa  1.03 

最 高 使 用 温 度  ℃  40 

主  要  寸  法 

胴    内    径  mm  901.7  胴  板  厚  さ  mm  6.35  上 部 平 板 厚 さ   mm  63.5  下 部 平 板 厚 さ   mm  63.5  高      さ  mm  1800  材  料 

胴      板  −  ASME SA 516 Gr.70  上  部  平  板  −  ASME SA 516 Gr.70  下  部  平  板  −  ASME SA 516 Gr.70  個      数  個  2 

   

(17)

d.吸着塔1,2,3,4,5 

名        称  吸着塔1,2,3,4,5  種       類  −  たて置円筒形  容       量  m3/h/個  50  最 高 使 用 圧 力  MPa  1.55 

最 高 使 用 温 度  ℃  40 

主  要  寸  法 

胴    内    径  mm  1346.2  胴  板  厚  さ  mm  25.4  鏡  板  厚  さ  mm  25.4  高      さ  mm  3119  材

料 

胴      板  −  ASME SA 516 Gr.70  鏡      板  −  ASME SA 516 Gr.70  個      数  −  5 

 

e.サンプルタンク

名        称  サンプルタンク  種       類  −  たて置円筒形  容       量  m3/個  1235  最 高 使 用 圧 力  MPa  静水頭 

最 高 使 用 温 度  ℃  40 

主  要  寸  法 

胴    内    径  m  11.0  胴  板  厚  さ  mm  12.0  底  板  厚  さ  mm  12.0  高      さ  m  13.0  材

料 

胴      板  −  SM400C  底      板  −  SM400C  個      数  個  7   

(18)

f.RO濃縮水処理水中継タンク(RO 濃縮水処理設備から用途変更)

名        称  RO 濃縮水処理水中継タンク  種       類  −  たて置円筒形  容       量  m3/個  1235  最 高 使 用 圧 力  MPa  静水頭 

最 高 使 用 温 度  ℃  40 

主要寸法 

胴 内 径   mm  11000 

胴 板 厚 さ   mm  12.0 

底 板 厚 さ   mm  12.0 

高 さ  mm  13000 

材料 胴 板  −  SM400C 

底      板  −  SM400C  個      数  個  1 

※Ⅱ-2.38 RO 濃縮水処理設備 2.38.2.2 機器仕様 (1)容器

(3)  その他機器 

a.集水タンク移送ポンプ(完成品) 

台    数  2 台  容    量  50 m3/h   

b.処理装置供給ポンプ(完成品) 

台    数  1 台  容    量  50 m3/h   

c.処理装置加圧ポンプ(完成品) 

台    数  1 台  容    量  50 m3/h   

d.RO 濃縮水処理水移送ポンプ(完成品)(RO 濃縮水処理設備から用途変更) 

台    数  2 台(1 台予備) 

容    量  21  m3/h   

※Ⅱ-2.38 RO 濃縮水処理設備 2.38.2.2 機器仕様 (2)ポンプ   

(19)

(4)  配管 

  主要配管仕様(1/3) 

名  称  仕  様 

集水タンク出口側ヘッダーから  処理装置供給タンク入口まで 

(ポリエチレン管) 

 

呼び径  材質 

最高使用圧力   

最高使用温度 

100A 相当,150A 相当  ポリエチレン 

静水頭(集水タンク移送ポ ンプ下流は 0.98 MPa)  40 ℃ 

(鋼管) 

 

呼び径/厚さ   

材質 

最高使用圧力   

最高使用温度 

50A/Sch.80 

100A,150A/Sch.40  STPT410 

静水頭(集水タンク移送ポ ンプ下流は 0.98 MPa)  40 ℃ 

処置装置供給タンク出口から  処理装置供給ポンプ入口まで 

(ポリエチレン管) 

 

呼び径  材質 

最高使用圧力  最高使用温度 

100A 相当  ポリエチレン  静水頭  40 ℃ 

(鋼管)  呼び径/厚さ 

材質 

最高使用圧力  最高使用温度 

100A/Sch.40  STPT410  静水頭  40 ℃ 

(鋼管) 

 

呼び径/厚さ  材質 

最高使用圧力  最高使用温度 

80A/Sch.40,100A/Sch.10  UNS S32750(ASME SA 790) 

静水頭  40 ℃  処置装置供給ポンプ出口から 

処理装置加圧ポンプ入口まで 

(鋼管) 

 

呼び径/厚さ   

材質 

最高使用圧力  最高使用温度 

50A/Sch.40 

80A/Sch.10,Sch.40  UNS S32750(ASME SA 790) 

1.03 MPa  40 ℃ 

(20)

主要配管仕様(2/3) 

名  称  仕  様 

処理装置加圧ポンプ出口から  サブドレン他浄化装置出口(吸着 塔5下流)まで 

(鋼管) 

呼び径/厚さ   

材質 

最高使用圧力  最高使用温度 

50A/Sch.40  80A/Sch.10 

UNS S32750(ASME SA 790) 

1.55 MPa  40 ℃ 

(伸縮継手)  呼び径 

材質   

最高使用圧力  最高使用温度 

80A 相当 

UNS N04400(ASME SB 127 /  ASTM B 127) 

1.55 MPa  40 ℃  サブドレン他浄化装置出口(吸着

塔5下流)から  サンプルタンクまで 

(ポリエチレン管) 

呼び径  材質 

最高使用圧力  最高使用温度 

100A 相当  ポリエチレン  0.98 MPa  40 ℃ 

(鋼管)  呼び径/厚さ 

材質 

最高使用圧力  最高使用温度 

80A,100A/Sch.10 

UNS S32750(ASME SA 790) 

0.98 MPa  40 ℃ 

(鋼管)  呼び径/厚さ 

材質 

最高使用圧力  最高使用温度 

100A/Sch.40  STPT410  0.98 MPa  40 ℃ 

(鋼管)  呼び径/厚さ 

材質 

最高使用圧力  最高使用温度 

100A/Sch.40  STPG370  0.98 MPa  40 ℃  処理装置供給タンク入口側配管分

岐部からRO濃縮水処理水中継タ ンク入口まで 

(ポリエチレン管) 

呼び径  材質 

最高使用圧力  最高使用温度 

100A 相当  ポリエチレン  0.98 MPa  40 ℃   

(21)

主要配管仕様(3/3) 

名  称  仕  様 

吸着塔5下流から 

RO 濃縮水処理水中継タンク入口まで* 

(ポリエチレン管) 

呼び径/厚さ  材質 

最高使用圧力  最高使用温度 

100A 相当  ポリエチレン  0.98 MPa  40 ℃  RO 濃縮水処理水中継タンク出口から 

RO 濃縮水処理水移送ポンプ入口まで* 

(ポリエチレン管) 

呼び径  材質 

最高使用圧力  最高使用温度 

100A 相当  ポリエチレン  静水頭  40 ℃ 

 (鋼管)  呼び径/厚さ 

材質 

最高使用圧力  最高使用温度 

100A/Sch.40  STPT410  静水頭  40 ℃ 

 (鋼管)  呼び径/厚さ 

  材質 

最高使用圧力  最高使用温度 

200A/Sch.40  100A/Sch.40  STPG370  静水頭  40 ℃ 

 (伸縮継手)  呼び径/厚さ 

材質 

最高使用圧力  最高使用温度 

200A 相当  合成ゴム  静水頭  40 ℃  RO 濃縮水処理水移送ポンプ出口より 

RO 濃縮水貯槽又は Sr 処理水貯槽まで* 

 (ポリエチレン管) 

呼び径/厚さ  材質 

最高使用圧力  最高使用温度 

100A 相当  ポリエチレン管  0.98 MPa  40 ℃ 

(鋼管)  呼び径/厚さ 

  材質 

最高使用圧力  最高使用温度 

100A/Sch.40  50A/Sch.80  STPT410  0.98 MPa  40 ℃   

※  現場施工状況により,配管仕様(呼び径,厚さ,材質)の一部を使用しない場合がある。 

*  RO 濃縮水処理設備から用途変更(Ⅱ-2.38 RO 濃縮水処理設備 2.38.2.2 機器仕様 (3)配管) 

   

(22)

 

2.35.2.1.3  サブドレン他移送設備  (1)  その他機器 

a.浄化水移送ポンプ(完成品) 

台    数  2 台 

容    量  50 m3/h 以上(1台あたり) 

 

b.攪拌ポンプ(完成品) 

台    数  2 台 

容    量  330 m3/h 以上(1台あたり) 

 

(23)

(2)  配管 

主要配管仕様(1/3)

名  称  仕  様 

サンプルタンク出口から  浄化水移送ポンプ入口まで 

(ポリエチレン管) 

呼び径  材質 

最高使用圧力  最高使用温度 

150A 相当  ポリエチレン  静水頭  40 ℃ 

(伸縮継手)  呼び径 

材質 

最高使用圧力  最高使用温度 

150A 相当,200A 相当  EPDM 合成ゴム  静水頭 

40 ℃ 

(鋼管) 

 

呼び径/厚さ   

材質 

最高使用圧力  最高使用温度 

200A/Sch.40  150A/Sch.40  STPG370  静水頭  40 ℃  浄化水移送ポンプ出口から 

排水箇所まで 

(ポリエチレン管) 

呼び径  材質 

最高使用圧力  最高使用温度 

150A 相当  ポリエチレン  0.98 MPa  40 ℃ 

(伸縮継手)  呼び径 

材質 

最高使用圧力  最高使用温度 

100A 相当  EPDM 合成ゴム  0.98 MPa  40 ℃ 

(鋼管) 

 

呼び径/厚さ   

材質 

最高使用圧力  最高使用温度 

100A/Sch.40  150A/Sch.40  STPG370  0.98 MPa  40 ℃ 

(鋼管) 

 

呼び径/厚さ  材質 

最高使用圧力 

150A/Sch.40  SUS316LTP  0.98 MPa 

(24)

主要配管仕様(2/3) 

名  称  仕  様 

サンプルタンク出口から  攪拌ポンプ入口まで 

(ポリエチレン管) 

呼び径  材質 

最高使用圧力  最高使用温度 

200A 相当,250A 相当  ポリエチレン  静水頭  40 ℃ 

(伸縮継手)  呼び径 

材質 

最高使用圧力  最高使用温度 

200A 相当  EPDM 合成ゴム  静水頭 

40 ℃ 

(鋼管) 

 

呼び径/厚さ   

材質 

最高使用圧力  最高使用温度 

200A/Sch.40  250A/Sch.40  STPG370  静水頭  40 ℃  攪拌ポンプ出口から 

サンプルタンク攪拌水受入口まで 

(ポリエチレン管) 

呼び径  材質 

最高使用圧力  最高使用温度 

200A 相当,250A 相当  ポリエチレン  0.98 MPa  40 ℃ 

(伸縮継手)  呼び径 

材質 

最高使用圧力  最高使用温度 

200A 相当  EPDM 合成ゴム  0.98 MPa  40 ℃ 

(鋼管) 

 

呼び径/厚さ   

材質 

最高使用圧力  最高使用温度 

200A/Sch.40  250A/Sch.40  STPG370  0.98 MPa  40 ℃ 

(鋼管) 

 

呼び径/厚さ  材質 

最高使用圧力  最高使用温度 

200A/Sch.40  SUS316LTP  0.49 MPa  40 ℃   

(25)

主要配管仕様(3/3) 

名  称  仕  様 

攪拌ポンプ出口からサブドレン他 浄化設備(処理装置供給タンク)

まで 

(ポリエチレン管) 

呼び径  材質 

最高使用圧力  最高使用温度 

100A 相当  ポリエチレン  0.98 MPa  40 ℃ 

(伸縮継手)  呼び径 

材質 

最高使用圧力  最高使用温度 

200A 相当  EPDM 合成ゴム  0.98 MPa  40 ℃ 

(鋼管) 

 

呼び径/厚さ   

材質 

最高使用圧力  最高使用温度 

100A/Sch.40  200A/Sch.40  STPG370  0.98 MPa  40 ℃ 

(鋼管) 

 

呼び径/厚さ  材質 

最高使用圧力  最高使用温度 

100A/Sch.40  STPT410  0.98 MPa  40 ℃ 

※  現場施工状況により,配管仕様(呼び径,厚さ,材質)の一部を使用しない場合がある。 

   

(26)

2.35.2.1.4  地下水ドレン集水設備 (1)  タンク 

a.地下水ドレン中継タンク 

名        称  地下水ドレン中継タンク  種       類  −  角形 

容       量  m3/個  12.0  最 高 使 用 圧 力  MPa  静水頭 

最 高 使 用 温 度  ℃  40 

主  要 

内      寸  mm  2000×4000  側  板  厚  さ  mm  6.0  寸 

法 

底  板  厚  さ  mm  9.0  高      さ  mm  1500  材

料 

側      板  −  SS400  底      板  −  SS400  個      数  個  3   

(2)  その他機器 

a.地下水ドレンポンド揚水ポンプ(完成品) 

台    数      5 台  容    量    120 L/min   

b. 地下水ドレン中継タンク移送ポンプ(完成品) 

台    数       3 台  容    量     400 L/min   

(27)

(3)  配管

主要配管仕様

名  称  仕  様 

地下水ドレンポンド内 

(ポリエチレン管) 

呼び径  材質 

最高使用圧力  最高使用温度 

50A 相当  ポリエチレン  0.49 MPa  40 ℃  地下水ドレンポンド出口から 

地下水ドレン中継タンク入口まで 

(ポリエチレン管) 

呼び径  材質 

最高使用圧力  最高使用温度 

50A 相当  ポリエチレン  0.49 MPa  40 ℃ 

(鋼管)  呼び径/厚さ 

材質 

最高使用圧力  最高使用温度 

50A/Sch.40  SUS316LTP  0.49 MPa  40 ℃  地下水ドレン中継タンク出口から 

集水タンク入口まで 

(ポリエチレン管) 

呼び径  材質 

最高使用圧力  最高使用温度 

80A 相当,150A 相当  ポリエチレン  0.98 MPa  40 ℃ 

(鋼管) 

 

呼び径/厚さ  材質 

最高使用圧力  最高使用温度 

80A,150A,200A/Sch.40  SUS316LTP 

0.98 MPa  40 ℃ 

※  現場施工状況により,配管仕様(呼び径,厚さ,材質)の一部を使用しない場合がある。 

 

(28)

2.35.3  添付資料   

添付資料−1  : 全体概要図及び系統構成図  添付資料−2  : 機器配置図

添付資料−3  : サブドレン他水処理施設の耐震性に関する説明書  添付資料−4  : サブドレン集水設備の強度に関する説明書  添付資料−5  : サブドレン他浄化設備の強度に関する説明書  添付資料−6  : サブドレン他移送設備の強度に関する説明書  添付資料−7  : 地下水ドレン集水設備の強度に関する説明書 

添付資料−8  : サブドレン他浄化装置建屋基礎の構造強度に関する検討結果  添付資料−9  : 流体状の放射性廃棄物の施設外への防止能力についての計算書  添付資料−10  : 工事工程表 

添付資料−11  : サブドレン他水処理施設の具体的な安全確保策  添付資料−12  : サブドレン他水処理施設に係る確認事項 

(29)

添付資料−1 

(a) 系統概要  図−1 サブドレン他水処理施設の全体概要図(1/2) 

全体概要図及び系統構成図 

サ ブ ド レ ン 他 浄 化 設 備

サ ブ ド レ ン 他 移 送 設 備

集水タンク P 集水タンク 移送ポンプ サンプルタンク (7基)

前処理 フィルタ吸着塔

・ ・ ・

浄化水移送 ポンプ

処理装置 供給タンクP

サブドレン他浄化装置

港湾 RO濃縮水処理水 中継タンク

P P P P RO濃縮水処理水 移送ポンプRO濃縮水貯槽又は Sr処理水貯槽

(30)

航 路標識ブ イNO.3

航 路標識ブ イNO.2

航路 標識ブ イNO.4

航路 標識ブ イNO.7

免震重要棟 

地下水ドレン集水設備 

サブドレン他移送設備 

サブドレン集水設備 

(31)

  図−2 サブドレン集水設備系統図 

(32)

  図−3 サブドレン他浄化装置系統構成図 

(33)

図−4  サブドレン他浄化装置  前処理フィルタの概念図

前処理フィルタ1,2 概念図 処理水入口

処理水出口 ベント

ベント

処理水入口 処理水出口

前処理フィルタ3,4 概念図

処理水入口 処理水出口 フィルタ本体

容器

追加遮へい ベント

処理水入口 処理水出口 フィルタ本体

容器

追加遮へい ベント

処理水入口 処理水出口

フィルタ本体 容器

追加遮へい ベント

処理水入口 処理水出口

フィルタ本体 容器

追加遮へい ベント

(34)

図−5  サブドレン他浄化装置  吸着塔の概念図

ベント 処理水入口

処理水出口

処理水入口

処理水出口 ベント

吸着材 容器

(35)

※サンプルタンクはサブドレン他浄化設備に含まれる    図−6 サブドレン他移送設備系統図 

P

P

浄 化 水 移 送 ポ ン プ A / B

サンプル タンクE P P

攪 拌 ポ ン プ A / B

サンプル タンクB

サンプル タンクA

港 湾 へ

サブドレン他浄化設備 処理装置供給タンクへ

サンプルタンクA〜Gまで構成同じ (並び順A,B,C,D,G,F,E)

P

P

浄 化 水 移 送 ポ ン プ A / B

サンプル タンクE P P

攪 拌 ポ ン プ A / B

サンプル タンクB

サンプル タンクA

港 湾 へ

サブドレン他浄化設備 処理装置供給タンクへ

サンプルタンクA〜Gまで構成同じ (並び順A,B,C,D,G,F,E)

(36)

  図−7 地下水ドレン集水設備系統図 

地下水ドレンポンド 地下水ドレンポンド揚水ポンプ 移送配管(地下水ドレンポンド〜地下水ドレン中継タンク) 地下水ドレン中継タンク移送ポンプ 地下水ドレン中継タンク 移送配管(地下水ドレン中継タンク〜集水タンク) 海側遮水壁(申請範囲外)

P P

凡例 地下水ドレンポンド 地下水ドレンポンド揚水ポンプ 移送配管(地下水ドレンポンド〜地下水ドレン中継タンク) 地下水ドレン中継タンク移送ポンプ 地下水ドレン中継タンク 移送配管(地下水ドレン中継タンク〜集水タンク) 海側遮水壁(申請範囲外)

P P

凡例 ※1 2 P-0P-1P-2P-3 P-4

集水タンク #1T/B#2T/B#3T/B#4T/

P-0P-1P-2P-3 P-4

集水タンク #1T/B#2T/B#3T/B#4T/

P

PPP P P

PP

P-0P-1P-2P-3 P-4

集水タンク #1T/B#2T/B#3T/B#4T/

P-0P-1P-2P-3 P-4

集水タンク #1T/B#2T/B#3T/B#4T/

P

PPP P P

PP

(37)

添付資料−11  

サブドレン他水処理施設の具体的な安全確保策   

  サブドレン他水処理施設で扱う液体の放射能濃度は,1〜4号機タービン建屋等の滞留 水のそれと比較して遥かに低いものの,放射性物質を含むことから,水位管理等の方法,漏 えい防止対策,放射線遮へい・崩壊熱除去及び可燃性ガス滞留防止等について,具体的な安 全確保策を以下の通り定め,実施する。 

 

1. 水位管理等の方法  (1)  サブドレンの水位管理 

a. サブドレンピット内の水位管理は,各ピット内に設置した揚水ポンプの起動・停止に よって行い,サブドレンピット内水位が建屋滞留水水位を下回らないよう管理する。

(具体的な管理方法は,「Ⅲ.3.1.7  1〜4 号機の滞留水とサブドレンの運転管理につ いて」を参照。)  なお,サブドレンの水位検出器は多重化し,計器の単一故障に備 える。 

b. 全てのサブドレンピットの水位を免震重要棟の監視・制御装置に表示し,サブドレン の稼働による水位変動が常に確認可能な状態とする。 

 

(2)  地下水ドレンポンドの水位設定

 

a. 地下水ドレンポンドは,各ポンド内に設置した地下水ドレンポンド揚水ポンプの起動・

停止により地下水を汲み上げるが,海側のサブドレン水位が建屋滞留水水位を下回ら ないようポンプ停止位置を設定する。なお,地下水ドレン稼働に伴う地下水の水位変 動は,より建屋近傍に位置する海側のサブドレン水位で管理する。

b. 海側遮水壁の閉合により地下水が上昇することが想定されるが,地下水の上昇に伴っ て地盤の湿潤化による作業環境の悪化等の発生を防止するため,ポンプ起動水位を設 定する。またポンプ起動位置でポンプが起動しない場合に備え,ポンプ手動起動に要 する時間を見込み、ポンプ警報鳴動位置を設定する。

c. 地下水ドレンポンド揚水ポンプ起動位置は,ポンプ警報鳴動位置に対して,測定誤差 を見込んで設定する。

d. 地下水の汚染拡大防止の観点から,既設護岸内で確認されている高濃度の放射性物質 を含む地下水は,継続して汲み上げる。

e. なお,地下水ドレンの汲み上げ水の水質に有意な変動が確認される場合には,既設護

(38)

2. 放射性物質の漏えい防止等に対する考慮  (1)  漏えい発生防止 

a. 処理対象水及び処理済水の移送配管は,耐腐食性を有するポリエチレン管,十分な肉 厚を有する炭素鋼の鋼管または二相ステンレス配管等を基本とする。 

b. 主要機器及び主要配管の炭素鋼材料の内面には,耐腐食性を有するよう,ライニング または塗装を施す。 

c. タンク(中継タンク,集水タンク,処理装置供給タンク,サンプルタンク,地下水ド レン中継タンク,RO 濃縮水処理水中継タンク)には水位検出器を設け,水位を監視し てオーバーフローを防止する。また,タンクには,念のため,タンク水位が高くなっ た場合に移送元のポンプを自動停止させるインターロックを設ける。 

d. EPDM 合成ゴム製の伸縮継手は接続部をフランジ接続とし,取合部が外れないように 処置する。 

 

(2)  漏えい検知・漏えい拡大防止 

a. タンク(中継タンク,集水タンク,処理装置供給タンク,サンプルタンク,地下水ド レン中継タンク,RO 濃縮水処理水中継タンク)は,タンク1基の保有水量以上の容積 を確保した堰を設ける(表−1)。 

b. 吸着塔は,漏えいの早期検知として,スキッド毎に漏えいパンを設けるとともに,漏 えい検知器を設ける。漏えいの早期検知及び漏えい拡大防止として,サブドレン他浄 化装置設置エリアの最外周及びサブドレン他浄化装置の周囲に,漏えいの拡大を防止 する堰を設けるとともに,床に設置した側溝内に漏えい検知器を設ける。 

c. 上記漏えいを検知した場合には,免震重要棟集中監視室等に警報を発し,運転操作員 によりカメラ,流量等の運転監視パラメータ等の状況を確認し,適切な対応を図る。

また,漏えいが確認された場合には,サブドレン他浄化装置のポンプを遠隔操作で停 止し,吸着塔等の周りの弁を閉止することで,漏えい拡大防止を図る。 

d. 漏えい水のコンクリートへの浸透を防止するため,サブドレン他浄化装置設置エリア には床塗装を実施する。 

e. 移送配管について,以下の対応を行う。 

・  屋外に敷設される移送配管について,ポリエチレン管とポリエチレン管の接合部は 漏えい発生を防止のため融着構造とすることを基本とし,ポリエチレン管と鋼管 との取合い等でフランジ接続となる箇所については養生を行い,漏えい拡大防止 を図る。また,処理対象水の移送配管は,万一,漏えいしても排水路を通じて環境 に放出することがないように,排水路から可能な限り離隔するとともに,排水路を 跨ぐ箇所はボックス鋼内等に配管を敷設する。また,ボックス鋼端部から排水路に

(39)

・  移送配管は,使用開始までに漏えい確認等を実施し,施工不良等による大規模な漏 えいの発生を防止する。 

・  移送配管から漏えいが確認された場合は,ポンプ等を停止し,系統の隔離及び土の うの設置等により漏えいの拡大防止を図る。 

 

表−1  タンク堰仕様(設計値) 

堰名称  縦幅  横幅  高さ  保有水量 

中継タンク堰  8.4 m  3.3 m  0.7 m  12.0 m3  集水タンク堰  38.4 m  18.4 m  3.0 m※1  1235 m3  処理装置供給タンク堰  6.4 m  5.2 m  1.1 m  30 m3  サンプルタンク堰※3  57.4 m  31.6 m  1.5 m  1235 m3  地下水ドレン中継タンク堰  9.4 m  3.3 m  0.6 m  12.0 m3 

※1  アウターライズ津波高さ O.P.約 6m(浸水深 約 2m)を上回るよう設定 

注)  タンク堰は閉運用とする。堰内に溜まった雨水については,タンク等に回収・分析し 雨水※2と判断されればそのまま処理する。雨水と判断されない場合は,集水タンク等 に移送する。ただし,緊急時の場合は,タービン建屋等に移送することもある。 

※2  「2.36 雨水処理設備等」2.36.1.1 に示す排水基準以内であること 

※3  RO 濃縮水処理水中継タンク堰を兼ねる。 

 

3. 放射線遮へい・崩壊熱除去 

(1)  放射線遮へい(被ばくに対する考慮) 

a. サブドレン他浄化装置等からの放射線による雰囲気線量当量率(遮へい体を含む機器 表面から 1m の位置)は,0.1mSv/h 以下となるよう適切な遮へいを設ける。また,本 設備から最寄りの敷地境界における直接線・スカイシャイン線の寄与は年間約 0.04mSv となる。(別紙−1参照) 

 

表−2  敷地境界における年間線量  評価点  年間線量(mSv/年) 

No.66  0.04   

b. 通常運転時は,免震重要棟集中監視室等から遠隔での監視及び操作を可能とする。 

c. 使用済吸着塔等の輸送時は,輸送物からの放射線による線量当量率(遮へい体を含む

(40)

(2)  崩壊熱除去 

a. 処理対象水に含まれる放射性物質の崩壊熱は,通水により熱除去する。 

b. 使用済吸着塔等は自然放熱により熱除去する。いずれの使用済吸着塔,使用済前処理 フィルタにおいても,内部の水抜き実施後において,容器中心部の温度上昇は1℃未 満であり,容器及び内容物の健全性を損なうものではない。(別紙−2参照) 

(3)  吸着量の管理 

a. 前処理フィルタ・吸着塔は,捕集する吸着量が設計の範囲内に納まるよう,機器表面 線量の計測,通水流量・濃度の把握等の方法により管理を行う。 

 

表−3  サブドレン他浄化装置各機器の吸着量  機器名称  フィルタ・ 

吸着材の組成 

捕捉・吸着  主要核種 

吸着量 

(Bq/個)※1  備考  前処理フィルタ 

1,2※2  ポリプロピレン  Cs  2.5×1011 

浮遊物質(汚泥等)

への放射性物質の 付着を想定  前処理フィルタ3  ナイロン樹脂  Cs  4.3×1010   

前処理フィルタ4  ナイロン樹脂  Sr  2.8×109    吸着塔 

1,2,3※3  ゼオライト  Cs  Sr 

5.8×1010  4.3×109 

Cs,Sr 両方とも吸 着可能な吸着材を 使用した場合  吸着塔4  水酸化セリウム  Sb-125  1.4×1010   

吸着塔5  活性炭  Ag-110m  2.7×109   

※1  捕捉・吸着する主要核種の吸着量 

※2  保守的にいずれか一つの前処理フィルタで捕捉すると仮定 

※3  保守的にいずれか一つの吸着塔で吸着すると仮定 

4. 可燃性ガスの滞留防止 

a. サブドレン他浄化装置の前処理フィルタ及び吸着塔においては,水の放射線分解によ り発生する可能性のある可燃性ガスは,通水時に処理水とともに排出される。通水停 止以降も再度その前処理フィルタおよび吸着塔により処理を行う場合には,可燃性ガ スが滞留する可能性があるため,前処理フィルタおよび吸着塔内の可燃性ガスの濃度 が可燃限界を超えないようベント弁より排出する。なお,サブドレン他浄化装置建屋 には,換気装置及び換気装置のための貫通箇所があり,可燃性ガスが滞留し難い構造 となっている。 

b. 使用済の前処理フィルタ及び吸着塔は,可燃性ガスの滞留防止のため,内部の水抜き を実施後,使用済フィルタは保管容器に収容し,吸着塔はベントを開放して保管する。

保管時の水素濃度の評価を行った結果,最も大きい水素発生速度となる前処理フィル

(41)

5. その他  (1) 凍結 

水を移送している過程では,凍結の恐れはない。 

水の移送を停止した場合,屋内外敷設のポリエチレン管等は凍結による破損が懸念され る。そのため,屋内外敷設のポリエチレン管等に保温材を取り付け,凍結防止を図る。なお,

保温材は高い気密性と断熱性を有する硬質ポリウレタン等を使用し,凍結しない十分な厚 さを確保する。 

保温材厚さの設定の際には,「建設設備の凍結防止(空気調和・衛生工学会)」に基づき,

震災以降に凍結事象が発生した外気温-8℃,内部流体の初期温度 5℃,保温材厚さ 21.4mm の条件において,内部流体が 25%凍結するまでに十分な時間(50 時間程度)があること を確認した。なお,震災以降の実測データから,外気温-8℃が半日程度継続することはない。 

「JIS A 9501 保温保冷工事施工標準」において管内水の凍結割合を 25%以下と推奨 

(2) 紫外線 

屋外敷設箇所のポリエチレン管等には,紫外線による劣化を防止するため,紫外線防止 効果のあるカーボンブラックを添加した保温材又は被覆材を取り付ける。もしくは,カー ボンブラックを添加した管を使用する。 

 

(3) 熱による劣化 

熱による劣化が懸念されるポリエチレン管については,処理対象水の温度がほぼ常温の ため,熱による材料の劣化の可能性は十分低い。 

 

(4) 耐放射線性 

ポリエチレンは,集積線量が 2×105Gy に達すると,引張強度は低下しないが,破断時の 伸びが減少する傾向を示す。ポリエチレン管の照射線量率を 1Gy/h と仮定すると,2×105Gy に到達する時間は 2×105時間(22.8 年)と評価される。そのため,ポリエチレン管は数 年程度の使用では放射線照射の影響を受けることはないと考えられる。 

(5) 使用済前処理フィルタの貯蔵 

使用済の前処理フィルタは,エアブロー等により水切りした後,コンクリート製または 金属製の保管容器に収容して固体廃棄物貯蔵庫に貯蔵する。 

使用済前処理フィルタの発生量は,最大でも年間 180m3程度(約 2m3の容器で 90 個程

(42)

平成 28 年 3 月末まで新たに 2,200m3発生する見込みであることから,平成 28 年 3 月末ま で貯蔵に支障をきたすことはない。 

使用済前処理フィルタの保管時は,保管エリアの受入目安表面線量率に応じて,保管容 器の表面線量率を管理(保管容器の遮へいを考慮し,保管容器の表面線量率を測定する。

また,必要に応じてフィルタの収納数を制限)する。 

 

  固体廃棄物貯蔵庫第 3 棟〜8 棟 

(線量区分>30 mSv/h) 

H27 年 9 月末 

瓦礫類貯蔵量(m3)  5,900 

H28 年 3 月末 

瓦礫類想定貯蔵量(m3)  8,100  保管容量(m3)  15,000 

※平成 27 年 9 月末時点の値を示す。 

  (6)  使用済吸着塔の貯蔵 

a. 使用済吸着塔の発生量 

使用済吸着塔は,淡水置換し,エアブローにより水切りした後,使用済セシウム吸着 塔保管施設(Ⅱ2.5.2.1.2 参照)のコンクリート製ボックスカルバート内に保管する。 

使用済吸着塔の発生量は,最大でも年間 20 基程度,ボックスカルバートの使用数で は最大でも年間 10 基程度と想定される。 

使用済セシウム吸着塔一時保管施設(第一施設,第三施設,第四施設)におけるボッ クスカルバートの空き保管容量は 230 基(平成 27 年 11 月時点)であり,サブドレン他 浄化設備の他にセシウム吸着装置の吸着塔(平成 28 年 11 月まで 36 基程度と想定), モバイル式処理装置の吸着塔(平成 28 年 11 月まで 0 基程度と想定),高性能多核種除 去設備検証試験装置の吸着塔(平成 28 年 11 月まで 0 基程度と想定),モバイル型スト ロンチウム除去装置のフィルタ・吸着塔(平成 28 年 11 月まで 0 基程度と想定)を考 慮しても,これらの設備から発生する吸着塔等は平成 28 年 11 月まで 36 基程度であ り,平成 28 年 11 月まで貯蔵に支障をきたすことはない。また,必要に応じて保管施設 を増設する。 

使用済吸着塔の貯蔵による敷地境界への直接線・スカイシャイン線による寄与は,使 用済セシウム吸着塔一時保管施設に貯蔵される他の廃棄物と同程度であり,同施設の敷 地境界線量の評価結果に包絡される。 

※ボックスカルバートの使用数を示す。 

   

(43)

b. 使用済セシウム吸着塔一時保管施設における耐震性評価 

使用済セシウム吸着塔一時保管施設における耐震性評価として,地震による転倒モー メントと自重による安定モーメントを算出し,それらを比較することにより転倒評価を 実施した。水平震度は,添付資料−3に基づき,Bクラスの評価である 0.36 とした。 

評価の結果,地震による転倒モーメントは自重による安定モーメントより小さくなる ことから,転倒しないことを確認した。 

 

   

表−4  使用済セシウム吸着塔一時保管施設における転倒評価結果 

機器名称  水平震度  算出値(kN・m)  許容値(kN・m) 

吸着塔1,2,3,4,5  0.36  4.0×104  5.5×104   

(7) サブドレン他浄化設備の閉止処置 

サブドレン他浄化設備は,当初の計画から設備構成を変更しているが,変更によりサ ブドレン他浄化設備から外れる機器とサブドレン他浄化設備の機器の間には閉止処置を 行い,系統水の流出を防止する。また,閉止フランジの設置はサブドレン他浄化装置建屋 に設置する堰の内側エリアにて実施し,万が一漏えいが発生した場合にも系統水が堰外へ 流出することを防止する。なお,閉止フランジを設置する箇所は 11 箇所である。 

 

※処理装置供給タンクの個数変更(2個→1個),サブドレン他浄化装置の系列数変更(2系列→1系列),

(44)

(8) 設備停止 

設備故障等による浄化設備停止期間中は,サブドレンの汲み上げ量を減らし,地下水ド レンの汲み上げを優先する。なお,汲み上げた地下水ドレン水は集水タンクへ貯留するが,

集水タンクの貯留容量を超えることが見込まれる場合は,機動的対応として,タービン建 屋等に移送する。 

(9) 誤操作防止対策について

サブドレン他移送設備は操作盤にキーロックを設け,鍵を使用しなければ排水操作が出 来ない設計としている。 

6.別紙

別紙−1  :  サブドレン他浄化装置の敷地境界線量評価について  別紙−2  :  サブドレン他浄化装置の温度評価について

別紙−3  :  サブドレン他浄化装置の水素発生量評価について  別紙−4  :  水質調査結果一覧

別紙−5  :  地下水ドレンの水位設定

別紙−7  :  サブドレン及び建屋滞留水水位への測量結果の反映について

Updating...

参照

関連した話題 :