SUSATO Ryu, Hume’s Sceptical Enlightenment

全文

(1)

九州大学学術情報リポジトリ

Kyushu University Institutional Repository

SUSATO Ryu, Hume’s Sceptical Enlightenment

鎌田, 厚志

九州大学大学院法学研究院 : 協力研究員

https://doi.org/10.15017/1916263

出版情報:政治研究. 64, pp.75-82, 2017-03-31. Institute for Political Science, Kyushu University

バージョン:

権利関係:

(2)

書 評

壽 里 竜 著

﹃ ヒ ュ ーム の 懐 疑 的 啓 蒙

Ryu Susato,Humeʼs Sceptical Enlightenment,

Edinburgh University Press,2015,X

ii+

348pp.

鎌 田 厚 志 は じ めに デ イヴ ィ ッ ド・ ヒ ュ ーム に 対 する 関 心 は

︑生 誕 か ら三 百 年 以 上 経っ た 今 日ま す ま す盛 ん で ある

︒ し か し︑ そ の 思想 解 釈 は 多 様を 極 め る︒ 理 由 は︑ そ の 著作 が 哲 学

・歴 史

・ 政治

・ 宗 教 な ど多 岐 に 渡る 上

︑両 義 的 な要 素 を 含む た め であ る

︒ヒ ュ ー ム は

﹁中 庸 の 立場

︑ あ るい は ラ ディ カ ル

︑ ある い は 反啓 蒙 の 思 想 家と さ え

︑そ し て ある い は 保守 主 義

︑ 自由 主 義

︑功 利 主 義

﹂︵ 二 八 三頁

︶ と いっ た 相 矛盾 す る ラベ ル を 貼ら れ て きた

︒ 本 書は

︑ そ うし た 複 雑な 思 想 家・ ヒ ュー ム を

﹁懐 疑 的 啓蒙

︵Sceptical Enlightenment

︶と して 一 貫 し て把 握 す る︒ 本 書 は

︑ まず

﹁ 啓 蒙﹂ に つい て 問 い直 し

︑﹁ 懐 疑 的啓 蒙

﹂と い う 分 析 視 角を 確 立 した う え で︑ ヒ ュ ーム の 認 識 論と 政 治 学の 関 連

を 把 握し

︑ 具 体的 な 諸 事項 に 対 する ヒ ュ ー ムの 言 説 を分 析 し て い る︒ 国 内 外の 研 究 を渉 猟 し ヒュ ー ム 解 釈の 個 々 の論 点 を 抽 出 しつ つ

︑ 同時 代 の 思想 家 た ちと 縦 横 無 尽に 比 較 する こ と で そ の思 想 的 特徴 を 本 書は 浮 彫 にし て い る

︒ 一 本書 の 内 容 本 書は

︑﹁ 序 論

﹂と 七 つ の章 と﹁ 結 論

﹂か ら 構 成さ れ て いる

︒ 序 論

﹂︵Introduction

︶で は︑ 著 者 はま ず﹁ 啓 蒙

﹂を 問 い 直 す

︒ ヒュ ー ム は︑ 一 般 的な 個 人 主義

・ 合 理 主義 と い った

﹁ 啓 蒙

﹂の イ メ ージ と は そぐ わ な い思 想 家 であ る

︒た と えば

︑J

・ S

・ ミル が

︑ ヒュ ー ム の懐 疑 主 義は ト ー リ ー主 義 を 帰結 し た と し てい る よ うに

︑ 啓 蒙か ら は 程遠 い 保 守 反動 と い うイ メ ー ジ が つき ま と って き た

︒ 著 者は

︑ 近 年の 研 究 が﹁ 啓 蒙

﹂の 多 様 性 につ い て 解明 し て き た こと を 踏 まえ て

︑ 啓蒙 を

﹁ 初期 近 代

╱ 近代 の ヨ ーロ ッ パ と 新 世界 に お いて 進 行 する 文 明 の過 程 に 対 する 哲 学 者た ち に 共 有 され た 敏 感な 感 性 と︑ こ の 歴史 的 自 覚 の上 に 立 つ知 識 人 た ち が提 示 し た一 連 の 問題 や 論 点﹂

︵ 七頁

︶に 関 連 し た思 想 的 運 動 とみ な す 観点 を 提 起す る

︒ そ の一 連 の 問題 と は

︑文 明 の 原動 力 や 過 程へ の 評 価︑ 社 会

(3)

の 向 上の 方 法 とい っ た 事柄 だ っ た︒ こ う し た課 題 の 共有 と し て 啓 蒙を と ら えた 場 合

︑多 様 な立 場 が 存在 し う るこ と に なる

︒ そ のう え で

︑著 者 は

﹁懐 疑 的 啓蒙

﹂ と い う分 析 視 角を 提 起 す る

︒こ れ は

︑フ ォ ー ブズ が ヒ ュー ム 解 釈 の枠 組 と して 用 い た

﹁ 懐疑 的 ウ ィッ グ

﹂ とは 異 な る︒ 著 者 は

︑通 俗 的 ウィ ッ グ と 懐 疑的 ウ ィ ッグ の 差 が必 ず し も明 ら か で ない と い う近 年 の 研 究 や︑ ウ ィ ッグ は イ ング ラ ン ド国 内 の 文 脈に 限 定 され る 点 か ら

︑啓 蒙 主 義の 知 的 活動 の 中 でヒ ュ ー ム を分 析 す る姿 勢 を 打 ち 出す

︒ ヒ ュー ム は エピ ク ロ ス主 義 の 伝統 と 世 俗 主義 の 点 等で 密 接 に 関 連し て い た︒ し か し︑ エ ピ クロ ス 主 義 の物 質 還 元主 義 と は 明 確に 距 離 を置 い て いた こ と を著 者 は 指 摘す る

︒ あら ゆ る 哲 学 的ド グ マ に対 し て 懐疑 を 抱 く﹁ 懐 疑 的 啓蒙

﹂ が ヒュ ー ム の 立 場だ っ た と著 者 は 述べ る

︒ 懐 疑 的 啓蒙

﹂は

︑ 物 事の 偶 然 性に つ い て の認 識 や

︑物 事 の 境 界 線に つ い ての 懐 疑 や︑ 文 明 社会 の 予 期 せぬ 変 遷 につ い て の 感 覚を 特 徴 とす る

︒﹁ 懐 疑 主義 の 精 神﹂ が ヒュ ー ム の著 作 全 体 に 浸透 し て いる こ と が︑ 以 下 の章 で 検 証 され る

︒ 第 二章

﹁﹁ 想 像 の 帝国

﹂: ヒ ュ ーム の 社 会 哲学 に お ける 観 念 連 合 of Idea in Humeʼs Social Philosophy   ﹂︵ʻThe Empire of the Imaginationʼ:The Association

︶ で は︑ 著 者 はヒ ュ ー

ム の 認識 論 哲 学に お け る観 念 連 合に つ い て 論じ る

︒ 先行 研 究 で は

︑想 像 力 が観 念 を 連合 し て 人間 の 信 念︵belief

︶を 形 成 す る と いう ヒ ュ ーム の 観 念連 合 論 は︑ の ち の 著作 に あ まり 登 場 し な くな る た めさ ほ ど 重視 さ れ てこ な か っ た︒ し か し︑ 観 念 連 合 論は

︑ ヒ ュー ム 思 想に 独 特 の要 素 を も たら し

︑ 政治

・ 社 会 に つい て の 議論 の 基 調を な し てい る と 著 者は 指 摘 する

︒ 他 の思 想 家 たち と 異 なり

︑ ヒ ュー ム は

︑ 想像 力 は 一定 の 規 則 を 持つ と 論 じた

︒ 想 像力 に よ る観 念 連 合 は︑ 一 定 の規 則 を 持 つ ため

︑ 正 しく 用 い れば 正 し い判 断 や 推 論を 行 う こと が で き る

︒さ ら に

︑ヒ ュ ー ムは 観 念 連合 論 に 基 づい て 因 果性 を 説 明 す る︒ ロ ッ クの 労 働 所有 説 と は異 な る 仕 方で 所 有 の成 立 を 論 じ る︒ つ ま り︑ 一 定 の仕 方 に おい て

︑ 当 該の 人 物 と所 有 の 観 念 が安 定 的 に結 び 付 けら れ

︑ その 上 に 所 有の 規 則 が成 立 す る と する

︒ 王 位継 承 に 対す る 忠 誠心 の 変 遷 に対 し て も︑ 想 像 力 の 働き お よ び世 論 の 働き か ら ヒュ ー ム は 説明 す る

︒ こ れら の 人 間の 判 断 や習 慣 は 可変 的 な も ので あ り

︑観 念 連 合 と いう 想 像 力の 働 き に基 づ く がゆ え に

︑ 不安 定 さ や不 確 実 性 を 完全 に 払 拭す る こ とは で き ない

︒ そ の 点で

︑ ヒ ュー ム の 観 念 連合 論 は 懐疑 主 義 と密 接 な 関わ り を 持 って い る

︒ 第 三章

﹁﹁ 既 存 のも の

﹂と は 何 か

ヒ ュ ーム の 社 会哲 学 に お け る世 論

﹂︵

ʻWhat is Establishedʼ?:Humeʼs Social Philos-

(4)

 

ophy

︶で は

︑ ヒュ ー ム にお い て は想 像 力 の 働き の 所 産で あ る

﹁ 信 念﹂ と﹁ 世論

﹂︵opinion

︶が 互換 的 に 用 いら れ て いる こ と を 踏 まえ た 上 で︑ ヒ ュ ーム の 政 治・ 社 会 の 議論 に お いて 重 要 な 役 割を 果 た して い る

﹁世 論

﹂ につ い て 考 察し て い る︒ 本 章で 著 者 は︑ 先 行 する 他 の 思想 家 ら と ヒュ ー ム の世 論 に 関 す る議 論 の 類似 点 や 相違 点 を 分析 す る

︒さ ら に

︑﹃ 人間 本 性 論

﹄ やエ ッ セ イの 議 論 を辿 り つ つ︑ 政 府 に 対す る 忠 誠心 を 構 成 す るの は 公 共の 利 益

︵public interest

︶ に 関 す る 世 論 だ と ヒ ュ ーム が 述 べて い る こと と

︑ しか も 公 共 の利 益 は 明確 な 基 準 を もっ て 述 べる こ と がで き る もの で は な く︑ た だ 世論 と し て の み存 在 す ると ヒ ュ ーム が 述 べて い る こ とを 指 摘 する

︒ ヒ ュー ム は

︑安 定 し た規 則 的 な政 治 を 目 指し て 特 定の 人 間 の 影 響を 排 除 する こ と を目 指 し た︒ と 同時 に

︑そ の こ とは 人 々 の 集 合的 な 意 見を 排 除 しよ う と する こ と を 意味 し た ので は な か っ たこ と を 著者 は 指 摘す る

︒ 人々 の 集 合 的な 意 見 であ る 世 論 を 重視 す る こと と

︑ 特定 個 人 の影 響 を 排 除す る ヒ ュー ム の 政 体 論は 矛 盾 しな い

︒ ヒ ュー ム の 後期 の 主 著﹃ イ ン グラ ン ド 史

﹄に は

︑ 世論 と い う 用 語は 頻 出 しな い が

︑﹁ そ の 時 代の 原 則 the times   ﹂︵the principles of

︶︵ 七 三 頁

︶と いっ た 表 現で 同 様 の こと が 述 べら れ て い る

︒ま た

︑ 人々 の 持 つ意 見 の 変化 に よ っ てス チ ュ アー ト 朝

の 君 主た ち の 悲劇 が 引 き起 こ さ れた と 指 摘 する

︒ 時 代ご と の 世論 を 重 視す る が ゆえ に

︑ ヒ ュー ム は

﹁古 来 の 国 制 論﹂ を 批 判し

︑ 抵 抗権 論 と 絶対 的 服 従 論の 両 方 に対 し て 批 判 を行 っ た

︒ヒ ュ ー ムは

︑ 確 立さ れ た も のに 対 し ては 懐 疑 的 な まな ざ し を維 持 し つつ も

︑ 暫定 的 な 指 針と し て 信頼 す る 姿 勢 を持 っ た

︒﹁ ヒュ ー ム にと っ て 重要 な こ とは

︑政 治的 な 実 践 が 十分 に 確 立さ れ た もの で あ るこ と や

︑ 可能 な 限 り多 く の 人 々 の支 持 を 得て い る こと だ っ た︒

﹂︵ 八

〇 頁︶ 既 に 存在 し て い る もの に 対 する 世 論 を政 治 的 な熱 狂 か ら 守る た め

︑制 度 の 変 遷 等の 歴 史 を学 ぶ こ との 有 効 性を ヒ ュ ー ムは 信 じ てい た

︒ 第 四章

﹁﹁ 洗 練

﹂ と﹁ 悪 し き奢 侈

﹂: ヒ ュ ーム の 奢 侈擁 護 に お け る陰 影 Nuanced Defence of Luxury   ﹂︵ʻRefinementʼandʻVicious Luxuryʼ:Humeʼs

︶ では

︑ ヒ ュ ーム の 奢 侈論 が 検 討 さ れる

︒ 奢 侈や 商 業 を擁 護 肯 定す る 一 方 で︑ ヒ ュ ーム は 奢 侈 を 手放 し に 礼賛 し た わけ で は なく

﹁ 悪 し き奢 侈

﹂ を批 判 し た こ とに 著 者 は注 意 を 促す

︒ マ ンデ ヴ ィ ルら 同 時 代の 思 想 家と 比 較 検 討す る 中 で︑ 商 業 を 道 徳的 に 正 当化 す る 点に ヒ ュ ーム の 特 色 があ る こ とを 著 者 は 明 らか に す る︒ 一 方 で︑

﹁ 悪し き 奢 侈﹂ や 放 蕩に つ い ては

︑ エ ッ セイ に お いて も

﹃ イン グ ラ ンド 史

﹄ に おい て も ヒュ ー ム は 一 貫し て 批 判し て い るこ と を 指摘 す る

(5)

ヒ ュー ム は

︑商 業 や 洗練 を 擁 護し

︑ 自 然 な生 だ と して 評 価 し た

︒一 方 で

︑宗 教 的 な生 は

﹁ 人工 的 生

﹂ であ り 堕 落を も た ら す と批 判 し た︒ ヒ ュー ム は 教育 に よ る社 会 改 良を 重 視 せず

︑ 利 己 心に 基 づ き商 業 や 洗練 の 中 で自 然 な 生 を謳 歌 す ると こ ろ に 人 間の 幸 福 や健 全 さ があ る と 考え た

︒ 第 五章

﹁﹁ 聖 職 者 の圧 制

﹂ の統 御: ヒュ ー ム の宗 教 制 度論

﹂ Religious Establishments   ︵Tamingʻthe Tyranny of Priestsʼ:Humeʼs Advocacy of

︶で は

︑﹃ イ ング ラ ン ド史

﹄に お い て

︑ 一方 で 宗 教を 批 判 しつ つ

︑ 既存 の 国 教 会を 評 価 し支 持 す る と いう

︑ ヒ ュー ム の 宗教 論 が 抱え る 矛 盾 を検 討 し てい る

︒ ヒ ュー ム は

︑英 国 国 教会 を 中 庸で あ り 相 対的 に 受 容可 能 と し て いる

︒ し かし

︑ そ の英 国 国 教会 評 価 は

︑そ も そ も実 際 に 存 在 する 宗 教 はど れ も 誤っ た 宗 教で あ る と いう 理 解 の枠 組 を 超 え 出る も の では な く

︑極 端 な 熱狂 に も 極 端な 迷 信 にも 陥 ら な い とい う 意 味で の 中 庸を 意 味 して い た

︒ ヒュ ー ム は聖 職 者 制 度 を一 貫 し て批 判 し た︒ ヒ ュ ーム が

﹃ イ ング ラ ン ド史

﹄ で ス チ ュア ー ト 朝の 君 主 らに 寛 容 な評 価 を す るの は

︑ 個人 の 性 格 よ りも 時 代 の精 神 の 変化 を 重 視す る か ら だっ た

︒ ヒ ュー ム は

︑ル ソ ー のよ う な 市民 宗 教 を 構想 し な い︒ ポ ジ テ ィ ブな 役 割 を宗 教 に 期待 す る こと は な く

︑教 会 の 影響 力 を 抑 え

︑去 勢 す るこ と を 専ら 目 指 した

︒ ウ ィ ルク ス 事 件に 対 す

る 批 判も

︑ 彼 らの 主 張 が﹁ あ ま りに も 理 性 的だ っ た から で は な く

︑ む し ろ あ ま り に も 非 理 性 的 だ っ た た め

﹂︵ 一 六 六 頁

︶ ヒ ュ ーム は 批 判し た と 著者 は 指 摘す る

︒ ヒ ュー ム は 非理 性 的 な 迷 信や 熱 狂 を一 貫 し て批 判 し 続け

︑ 宗 教 の害 を 根 絶で き な い の であ れ ば

︑そ の 害 を弱 め 薄 める こ と を 目指 し た

︒ 第 六章

﹁﹁ デ モ クラ シ ー を洗 練

﹂す る 方 法: ヒ ュ ー ム政 治 学 の 発 展と し て の﹁ 完 全な 共 和 国に つ い ての 設 計 案﹂ a Development of his Political Science   Refine the Democracyʼ:Humeʼs Perfect Commonwealth as   ︵HowʻTo

︶ では

︑ ヒ ュー ム の エ ッ セイ

﹁ 完 全な 共 和 国に つ い ての 設 計 案

﹂が

︑ 不 安定 な 国 制 の 安定 化 を 図る と い うヒ ュ ー ムの 他 の 著 作の 内 容 と一 貫 し て い るこ と が 分析 さ れ る︒ 著 者は

︑ 懐 疑主 義 と 理論 的 追 求は 両 立 す ると 述 べ る︒ 人 間 本 性 の改 善 や 完全 化 へ の懐 疑 と

︑人 間 の 制 度の 脆 さ への 自 覚 を 持 つが ゆ え に︑ 比 較 的安 定 し た政 体 を 理 論的 に 追 求し た の が ヒ ュー ム の 政治 思 想 だと 著 者 は述 べ る

︒規 則 性と い う 点で

︑ ヒ ュ ーム は 特 定個 人 に 依拠 す る 君主 政 よ り も共 和 政 を評 価 す る

︒ そし て

︑ 共和 国 の 内部 を 小 さな 集 団 に 分け 議 員 の選 出 方 法 を 工夫 す る こと に よ り︑ 共 和 国の 安 定 性 や分 裂 防 止を 図 っ て い ると す る

︒ 同 章で は

︑ 一七 四 五 年の ジ ャ コバ イ ト の 乱以 後 の 危機 感 の

(6)

変 化 や︑ 混 合 君主 政 の 不安 定 性 が国 債 に よ って 増 幅 して い る と い うヒ ュ ー ムの 認 識 も分 析 さ れる

︒ ま た

︑選 挙 の 腐敗 に 対 す る 批 判 が 他 の エ ッ セ イ の 中 に 見 ら れ る こ と も 指 摘 し て い る

︒こ れ ら 現実 の 諸 問題 に 対 する 理 論 的な 解 決 とし て

︑同 エ ッ セ イ は執 筆 さ れた と す る︒ 人 間本 性 へ の過 度 な 改善 可 能 性を 断 念 す る視 点 と

︑私 的 所 有 を 否 定 し て い な い 点 で

︑先 行 す る 他 の ユ ート ピ ア 論 と ヒ ュ ーム の 理 想共 和 国 論は 異 な って い る と 著者 は 指 摘す る

︒ ヒ ュ ーム は 選 挙権 の 拡 大や 政 治 参加 の 増 大 に幻 想 を 持た ず

︑ 政 体 の安 定 化 を追 求 し てい た

︒ しか し

︑ 一 方で

︑ ヒ ュー ム は 頻 繁 な選 挙 や 中間 層 の 力の 増 大 につ い て は 支持 し た こと も 同 章 に は指 摘 さ れて い る

︒ 第 七章

﹁﹁ 絶 え ず流 転 す るも の

﹂と し て の 人間 社 会: ヒ ュ ー ム に おけ る 文 明の 振 り 子理 論

﹂︵Human Societyʻin Perpet-

ual Fluxʼ:Humeʼs Pendulum Theory of Civilisation

︶ では

︑ ヒ ュ ーム に は 文明 の 進 歩が あ れ ばい ず れ は 衰退 す る とい う

︑ 一 種 の振 り 子 理論

︑ 循 環史 観 が 存在 し て い たと 指 摘 され る

︒ 人 間社 会 が その 発 展 の極 致 に 達し た の か

︑あ る い はま だ そ の 扉 の前 に 立 った ば か りな の か とい う 当 時 の議 論 に 対し て

︑ ヒ ュ ーム は イ ング ラ ン ドが あ る 意味 下 降 の 過程 に あ り︑ 政 治 的 死 すら も あ りう る と 考え て い た︒

ヒ ュー ム の 循環 史 観 は︑ 循 環 の中 の 向 上 の局 面 と して

︑ 商 業 や 奢侈 の 向 上の 議 論 と矛 盾 し ない

︒ そ の 一方 で

︑ 技芸 や 洗 練 等 はい つ か 極点 に 達 して 下 降 に向 か う と いう 認 識 がヒ ュ ー ム に あっ た こ とを 著 者 は指 摘 す る︒ ヒ ュー ム の この 循 環 史観 は

︑ 同時 代 の 人 間の 無 限 の進 歩 を 信 じ る啓 蒙 思 想家 た ち と明 確 な 相違 が 存 在 する

︒ヒ ュ ー ムは

︑ な ん らか の 良 きも の が 存在 し た とし て も

︑ それ が い かに 偶 然 の 積 み重 ね の 上に 成 り 立っ て い るか

︑ そ れ がい か に 逸脱 を 招 き や すい か を 鋭く 自 覚 して い た

﹁近 代 的 な 諸価 値 が もろ く 壊 れ や すい も の であ る に もか か わ らず

︑ で は なく

︑ そ うで あ る か ら こそ

︑ ヒ ュー ム は 同時 代 人 や私 た ち に 近代 的 諸 価値 を 育 み そ だて る こ とを 勧 め てい る

︒﹂

︵二 三 八 頁

︶と い う 点に

︑ 著 者 は ヒュ ー ム の特 質 を 見出 し て いる

︒ 第 八章

﹁﹁ 懐 疑 主 義の 第 一 人者

﹂ と

﹁歴 史 の 第一 人 者

﹂: 十 九 世 紀初 期 の ブリ テ ン にお け る ヒュ ー ム の 影響 と イ メー ジ

︵ʻThe Prince of ScepticsʼandʻThe Prince of Historiansʼ:

Humeʼs Influence and Image in Early Nineteenth-Century Britain

︶に お いて は

︑ 十九 世 紀 にお け る ヒ ュー ム に つい て の さ ま ざま な 人 物の 評 価 を詳 細 に 検討 し

︑ ヒ ュー ム が 歴史 家 と し て のみ で な く︑ 政 治 哲学 者 と して も 影 響 を与 え て いた こ と が 指 摘さ れ る

︒ミ ル から マ コ ーリ ー の 登場 に 至 るま で

︑ヒ ュ ー

(7)

ム に はさ ま ざ まな イ メ ージ が 存 在し

︑ 毀 誉 褒貶 が あ った

︒ 結 論で は

︑ ヒュ ー ム がさ ま ざ まな テ ー マ に関 し て

︑懐 疑 を 誠 実 に把 持 し 続け た こ とが 指 摘 され る

︒ た とえ ば

︑ ニュ ー ト ン に 対す る 評 価に 関 し ても

︑ヒ ュ ー ム は他 の 思 想家 と 異 なり

︑ ニ ュ ート ン が 懐疑 を 保 持し 続 け た点 に そ の 偉大 さ を 認め て い た

︒ また

︑ 著 者は

︑ 最 後に

︑ ヒ ュー ム の 人 間や 人 生 への 見 方 は 社 交的 な も ので あ る こと を 指 摘す る

︒ さ らに

︑ 今 日極 端 に 細 分 化さ れ て しま っ た 諸分 野 を

︑対 話 に 向 けて 開 く 最良 の 出 発 点 とし て

︑ ヒュ ー ム が存 在 す るこ と が 述 べら れ て いる

︒ 二 本書 の 意 義 本 書は

︑二 つ の 点 で 極め て 大 胆な 挑 戦 をし て い る︒ 一 つは

︑ 各 専 門分 野 に 限定 さ れ がち で あ る今 日 の ヒ ュー ム 研 究に お い て

︑ 啓蒙 と い う十 八 世 紀を 貫 く 大き な テ ー マを 踏 ま えつ つ

︑ 哲 学

・政 治 学

・歴 史 学 を横 断 し て︑ ヒ ュ ー ムの 全 体 像を 明 ら か に しよ う と して い る 点で あ る

︒二 つ め は

︑ヒ ュ ー ムに お け る 観 念 連 合 や 想 像 力 の 議 論 と 世 論 の 議 論 の 関 係 を 指 摘 し

︑ ヒ ュ ーム の 懐 疑主 義 の 哲学 が 世 論の 政 治 学 を生 み 出 して い る 構 造 を明 ら か にし よ う とし て い る点 で あ る

︒し か も

︑そ れ ら は 単 に試 み が 大胆 と い う点 に 終 わら ず

︑ 緻 密な 研 究 と明 晰 な

文 章 によ っ て しっ か り と裏 打 ち され 極 め て 強い 説 得 力と 高 い 水 準 を有 す る もの と な って い る

﹃人 間 本 性論

﹄に お い て展 開 さ れて い る 認 識論 は 必 ずし も 十 分 に 従来 の ヒ ュー ム 政 治思 想 研 究で は 研 究 され て お らず

︑ 哲 学 と 政治 学 の 関係 の 解 明が 不 十 分だ っ た の に対 し

︑ 観念 連 合 や 想 像力 の 議 論と 世 論 の議 論 が 密接 に 関 わ って い る こと を 指 摘 し てい る 点 で︑ 本 書 は大 き な 意義 を 有 す る︒

﹁懐 疑 的 啓蒙

﹂ と い う分 析 視 角は

︑ 認 識論 と 政 治思 想 を 横 断し て ヒ ュー ム の 思 想 を把 握 す るこ と に 貢献 し て いる

︒ま た

︑十 八 世 紀 ヨー ロ ッ パ の 啓蒙 全 体 の観 点 か ら︑ 多 く の他 の 思 想 家と ヒ ュ ーム の 思 想 を 具体 的 な 論点 ご と に精 緻 に 比較 分 析 し

︑ヒ ュ ー ムの 特 徴 や 立 場を 明 確 にす る こ とに も 本 書は 成 功 し てい る

︒ さ らに

︑ 本 書の 意 義 とし て

︑ 英語 に よ っ て直 接 世 界に 向 け て 出 版さ れ て いる 点 が 挙げ ら れ る︒ 日 本 の ヒュ ー ム 研究 の 水 準 は すで に 極 めて 高 い もの が あ り︑ 多 く の 優れ た 研 究書 が 出 版 さ れて い る が︑ 残 念 なが ら 英 語で 出 版 さ れな い 限 り︑ 日 本 以 外 の研 究 に 必ず し も 十分 に 研 究成 果 が 生 かさ れ な い︒ 本 書 は 英 語で 直 接

︑緻 密 な 議論 を ヒ ュー ム 研 究 の本 場 で ある 英 米 文 化 圏に 向 け て発 信 し てお り

︑ 日本 の 高 い ヒュ ー ム 研究 の 水 準 を あら た め て世 界 に 瞠目 さ せ るも の と 思 われ る

(8)

三 本書 の 問 題 点 上 記の 意 義 を確 認 し た上 で

︑ 以下 の 三 点 の疑 問 が ある

︒ 一 点目 の 疑 問は

︑﹁ 懐 疑 的 啓蒙

﹂と し て ヒ ュー ム を 分析 し た 本 書 にお い て は︑ 具 体 的な ブ リ テン な い し イン グ ラ ンド の 政 治 的 文脈 と ヒ ュー ム の 関連 が 必 ずし も 十 分 に分 析 さ れて い な い の では な い かと い う 点で あ る

︒本 書 が フ ォー ブ ズ の﹁ 懐 疑 的 ウ ィッ グ

﹂を 用 い ない 理 由 は首 肯 で きる 部 分 もあ り

︑﹁ 懐 疑 的 啓 蒙﹂ が 大 きな 成 果 を上 げ て いる こ と も 事実 だ が

︑ヒ ュ ー ム の 政治 的 な 意図 が 必 ずし も 解 明さ れ な い ので は な いか

︒ も ちろ ん

︑ 本書 の 対 象は ヒ ュ ーム の 政 治 的意 図 の 再現 で は な く

︑﹁ 懐 疑的 啓 蒙

﹂と して 啓 蒙 思想 全 体 の 中で の ヒ ュー ム の 特 質 を明 ら か にす る こ とで あ れ ば︑ 本 書 は 成功 し て いる し

︑ こ の 疑問 は 的 外れ な も のか も し れな い

︒し か し なが ら

︑ヒ ュ ー ム が 不利 益 を 覚悟 し な がら ウ ィ ッグ の 人 々 の逆 鱗 に 触れ る ス チ ュ アー ト 朝 に好 意 的 な歴 史 記 述を 発 表 し たこ と や

︑も し 自 分 が 議員 で あ れば ウ ォ ルポ ー ル を宮 廷 か ら 追放 す る こと に 一 票 を 投じ る と かつ て 述 べて い た こと は

︑ ど のよ う に 理解 す れ ば い いの だ ろ うか

︒ 懐 疑主 義 や 他の 啓 蒙 思 想家 と の 応答 関 係 か ら だけ で は 必ず し も 解明 で き ない 部 分 が

︑ヒ ュ ー ムの 言 説 に は 依然 と し て残 る の では な い か︒

二 点目 の 疑 問は

︑ ヒ ュー ム の エッ セ イ

﹁ 言論

・ 出 版の 自 由 に つ いて

﹂︵Of the Liberty of the Press

︶ の位 置 づ けが

︑ 本 書 の﹁ 世論

﹂︵

opinion

︶に 関 す る 議論 と の 関 係で ど う なる の か と い う点 で あ る︒ 本 書で は

︑ 観念 連 合 論と 世 論 の関 係 が 考 察さ れ

︑ 世論 の 形 成 に 基づ い て 政治 社 会 が成 立 す ると ヒ ュ ー ムが 考 え てい た こ と が 分析 さ れ てい る

︒ この 点 は ヒュ ー ム 政 治思 想 研 究に お い て 大 きな 意 義 を有 す る が︑ そ う であ る が ゆ えに

︑ こ の世 論 の 形 成 につ い て

︑二 つ の 党派 が 言 論を 通 じ て お互 い に 牽制 し つ つ 切 磋琢 磨 す る内 容 の エッ セ イ

﹁言 論・ 出 版 の 自由 に つ いて

﹂ が 十 分に 分 析 され て い ない の は 残念 で あ る

︒言 論 の 自由 の 全 面 開 花を 可 能 にす る た めに

︑ 諸 条件 の 安 定 化を 図 る とこ ろ に

﹁ 懐 疑的 啓 蒙

﹂の 精 神 には 意 義 があ る の で はな い だ ろう か

︒ 三 点 目 の 疑 問 は

︑ヒ ュ ー ム に お け る

﹁中 間 層 rank of men  ﹂︵middling

や﹁ 中 間 権力

﹂︵middle power

の 議 論 とヒ ュ ー ム に おけ る 文 明の 循 環 論と の 関 係で あ る

︒ 懐 疑 的 啓蒙

﹂と し て ヒュ ー ム が文 明 の 衰 退過 程 へ の認 識 を 持 ち

︑時 に 強 い危 機 意 識を 持 っ てい た こ と は本 書 に 指摘 さ れ て い るが

︑ ヒ ュー ム が 特に 強 い 危機 感 を 述 べる の は エッ セ イ

﹁ 公 信用 に つ いて

﹂︵Of Public Credit

︶ 等 にお け る

﹁中 間 権 力

﹂ の消 滅 に 関連 し て であ る

︒ 一方

︑ 商 業 や奢 侈 に 関連 し て

(9)

﹁ 中 間層

﹂ が 成長 す る こと に 対 して は 極 め て肯 定 的 に述 べ て い る

︒し か も︑ この 二 つ の現 象 は 同時 に 進 行 して い る 現象 だ っ た

︒ ヒュ ー ム にお け る

﹁懐 疑 的 啓蒙

﹂ と い う態 度 と 中間 層 お よ び 中間 権 力 とい う 社 会的 要 素 は︑ ど う 関 わる の か

︒前 述 の 具 体 的な 政 治 的文 脈 や 世論 の 問 題と も 関 わ ると 思 わ れる

︒ お わ りに 宗 教原 理 主 義に 関 連 した テ ロ が後 を 絶 た ず︑ 未 だ に多 く の 人 々 が重 大 な 被害 を 受 けて い る

︒そ の 一 方 で︑ 宗 教 が希 薄 と な っ た先 進 社 会で は

︑ 相模 原 の 殺傷 事 件 の よう な 痛 まし い 出 来 事 が起 こ っ てい る

︒ 宗教 が 熱 狂や 暴 力 を もた ら す こと か ら 人 類 は未 だ に 脱却 で き てお ら ず

︑そ の 一 方 で世 俗 主 義が 全 て を 覆 う先 進 社 会で は 人 権や 人 間 の尊 厳 の 根 拠が 見 失 われ る 事 態 が 生じ て い る︒ 人 間社 会 の 根拠 を キ リス ト 教 から 切 り 離 し︑ 世 俗 主義 的 な 根 拠 によ っ て 置き 換 え ると い う 試み は

︑ ヒ ュー ム 一 人に 帰 せ ら れ るも の で はな い

︒ しか し

︑ ヒュ ー ム の

﹁懐 疑 的 啓蒙

﹂ は 世 俗 主義 の 最 も顕 著 な 事例 で あ る︒ 宗 教 原 理主 義 の 害毒 を 可 能 な 限り 薄 め 去勢 す る ため の 貴 重な 参 考 に なる か も しれ な い 一 方

︑世 俗 主 義が そ れ 以前 の 知 的伝 統 か ら 何を 切 り 離し 何 を

喪 失 した か に つい て も 現代 人 は 再考 を 促 さ れて い る

︒ 本 書の

﹁ 懐 疑的 啓 蒙

﹂と い う 視角 は

︑ ヒ ュー ム 研 究と し て 高 い 意義 を 有 する の み なら ず

︑ ヒュ ー ム 研 究の 域 に とど ま ら な い

︑宗 教 と 世俗 主 義 の問 題 等 につ い て

︑ 大き な 刺 激を 現 代 の 私 たち に 与 えて く れ る︒ 本 書 が結 論 で ヒ ュー ム に つい て 述 べ た のと 同 様 に︑ 本 書 自体 が 現 代に お い て まさ に 多 様な 分 野 を 横 断す る 貴 重な 対 話 の良 き 出 発点 に な る こと を 疑 わな い

︒ 注

︵ 1

︶Duncan Forbes,Humeʼs Philosophical Politics,Cam-

bridge University Press.1975,pp.139140.

ダ ンカ ン

・ フォ ー ブ ズ﹃ ヒ ュ ーム の 哲 学的 政 治学

﹄︑ 田中 秀 夫監 訳

︑ 昭和 堂

︑ 二〇 一 一年

︑ 一九

〇 頁︒

︵ 2

︶Essays,Moral Political and Literary,ed.by Eugene F.

Miller,Revised Edition,Liberty Classics,1985,p.576.

田中 敏 弘 訳﹃ 道 徳・ 政 治・ 文学 論 集﹄ 名 古屋 大 学出 版 会

︑ 二〇 一 一 年︑ 四 六二 頁

︵ 3

︶ibid.,p.277.

同 上 二 二七 頁

︵ 4

︶ibid.,p.358.

同 上 二 八八 頁

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP