Microsoft Word - 教育長の報告① 12月議会一般質問件名・概要

24 

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

平成25年 第12回

戸田市教育委員会定例会

平成25年12月19日(木)午後4時00分

戸 田 市 役 所 3 階 教 育 委 員 室

(2)

第12回教育委員会(定例会)次第

1.開会 2.前回の会議録の承認 3.教育長の報告 別添 資料№1のとおり 4.議事 ページ (1)議案 議案第36号 戸田市海外留学奨学資金等受給者選考委員会委員の選任について・・・・・・・・・・・・・1 議案第37号 戸田市教育委員会学校教育功労者表彰・戸田市教育委員会教職員 表彰について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・別紙 議案第38号 戸田市特別支援教育推進計画(3ヶ年計画)について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3 5.その他 (1)次回の教育委員会の日程(案) 平成26年1月23日(木)午前9時30分~ (2)その他 6.閉 会

(3)

資料 NO.1

教育長の報告

平成25年第12回教育委員会(定例会) 平 成 2 5 年 1 2 月 1 9 日 ( 木 ) 戸 田 市 役 所 3 階 教 育 委 員 室

(4)

1.教育長の報告

ページ ① 平成25年第5回戸田市議会定例会(12月)教育関連一般質問 件名・概要について・・・・・1 ② 平成25年第5回戸田市議会定例会(12月)における要望等事項について・・・・・・・・・・当日配付 ③ 感染性胃腸炎の予防について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5 (学務課) ④ 埼玉県教科用図書採択地区の変更について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・8 (指導課) ⑤ 戸田市教職員施策提案審査結果について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・11 (指導課) ⑥ 戸田市算数・数学フェスティバルの結果について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・14 (指導課) ⑦ 戸田市小中学校におけるいじめの状況について(8月~11月)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・16 (指導課) ⑧ 戸田市立少年自然の家トイレ設備等修繕について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・当日配付 (生涯学習課) ⑨ 第2次戸田市子どもの読書活動推進計画(案)パブリック・コメントの結果に ついて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・当日配付 (図書館・郷土博物館) ⑩ その他

(5)

教育長の報告①

平成25年第5回戸田市議会定例会(12月)教育関連一般質問 件名・概要について 竹内正明議員(公明党) 1.図書館の運営について (1)企業・団体から雑誌を提供してもらうかわりに、雑誌カバーなどに広告を掲示して 雑誌購入費を削減することができる「雑誌スポンサー制度」の導入を検討してはどう か。 (2)インターネットで貸し出し、返却ができるWeb図書館について、現在電子書籍の 普及も広がっているが、導入を検討してはどうか。 (3)借りた本の記録が預金通帳のように記録される「読書通帳」がある。子供たちに読 書の意欲を高める効果があり、導入を検討してはどうか。 本田哲議員(日本共産党) 1.平成26年度組織改正について (1)11月20日の総務常任委員会で、平成26年度の組織改正において、収税推進室 が収納推進室になること、そして、新たに債権管理担当を設置するとの報告があった が、その収納推進室、債権管理担当について、次の4点を伺う。 ③収税推進室では、税に関する納税相談や滞納整理業務を行っていたが、収納推進 室に変更して、業務内容はどのようになるのか。 遠藤英樹議員(平成会) 1.図書館や学校図書館等における漫画の取り扱いについて (1)先般、ある漫画が松江市の閲覧制限を受けて騒動となり、結局解除されるという出 来事があった。漫画というと、教育的側面よりも娯楽的側面が強いとのイメージから、 教育機関が教材などに使用することは、避けられてきたような印象を持っている。し かし、世界に発信できる日本の文化として、最近は見直される傾向もある。戸田市に おける漫画の取り扱いについて、現状と今後についてお伺いします。 1

(6)

花井伸子議員(日本共産党) 3.アスベストによる健康被害について (1)2007年5月に戸田市に勤務する県費教職員が悪性心膜中皮腫により亡くなられ、 2010年8月に「石綿健康被害救済法」により「中皮腫」と認定されました。生前、 医師から「アスベストを吸ったことがあるか」との問いに、本人は、「喜沢小の階段 天井にあった」と答えています。当時を知る人の証言やさまざまな記録は残っている ものの、市にはこうした記録が全く残っていません。アスベストによる健康被害は吸 入から20~40年といわれており、今後、当時の市教諭や生徒たちの中にも同じよ うな健康被害があらわれる可能性は否定できないものです。 ①市は、責任を持ってこの問題に対応すべきと考えるが、いかがか。 ②当時の事実調査をでき得る限り行うこと。 ③アスベストに関する資料は、永久保存とし、情報公開に対応できるよう整理すべ き。 高橋秀樹議員(志政クラブ) 1.関東信越国税局の寮跡地について (2)スポーツ施設、コミュニティー施設、川岸のまちづくり代替地、戸田第二小学校の 分校等、活用価値はあると思うが。 (3)マンション建設の場合、戸田第二小学校の過大規模校対策は、どう考えるか。 2.学校給食について (1)食材の仕入れ先、生産地等に虚偽はないか。 (2)TPPの関係で、日本の農業政策の中で、減反政策が廃止されるが、米飯給食をふ やす考えはないか。 (3)パン食と米飯給食のメリットとデメリット。 (4)コストについて。 三輪なお子議員(公明党) 1.鬱病対策について (3)鬱病理解のための教育・啓発を。 ①中学校で鬱病の正しい知識や対処方法を学ぶ授業を行ってはどうか。

(7)

真木大輔議員(戸田の会) 3.全国学力テストにおける学校別の結果の公表について (1)学校別の結果を公表することによるメリットとデメリットはそれぞれ何か。 (2)学校別の結果の公表について、本市の今後の判断の方向性は。 馬場栄一郎議員(志政クラブ) 2.障がい児の就学時検診と就学支援について (1)市教育委員会の検診の位置づけは。 (2)保護者の検診に対する問い合わせの内容と件数は。 (3)各問い合わせに対する対応は。 (4)「とだっ子ファイル」の検診時における活用は。 (5)就学相談や支援体制はどのようになっているか。 手塚静枝議員(公明党) 1.子供の「ネット依存(嗜癖)」の予防と対策について (1)子供の「ネット依存」がスマートフォンの登場でさらにふえ、アルコールや薬物へ の依存と変わらない「生易しい問題ではない」状況になりつつある。 ある調査で、「インターネット依存」の中高生は、全国で推計約52万人に上ると報 告された。今や小学生にまで「ネット依存」が及んでおり、依存症予備軍はもっとい ると推計される。ネットが子供たちの身近な存在となり、人依存やつながり依存に追 い込まれている。子供を「ネット依存」から守るための予防と対策が必要である。 ①子供の「ネット依存(嗜癖)」が増加している問題について、市の見解と現状の把 握は。事例はあるか。利用の実態調査は必要ではないか。 ②今後、学校でスマートフォン・携帯電話などとのつき合い方に関する教育も必要 であると思うが、いかがか。また、ルールづくりが必要ではないか。 ③指導内容や実態把握した結果を職員全体で共有し、予防や対策が講じられる体制 が必要ではないか。 ④カウンセリングの体制はどうなっているのか。 ⑤早期発見・早期対応が大切であることから、教職員やPTAに対する教育や、研 修会などの対応が必要であると思うが、いかがか。 3

(8)

(2)日本小児科医会は、乳幼児の心身の発達への影響が心配されるとして、「スマホに子 守をさせないで!」と保護者に対し啓発活動を行った。母親の約8割がスマートフォ ンを所持しており、子供が何らかの影響を受けているため、親への周知と啓発が必要 である。 ①ネットをしていて家事をしない、子供の世話をしないなどの深刻な事態になって いるケースがあるが、現状の対応と、今後の予防と対策はいかがお考えか。 酒井郁郎議員(戸田の会) 1.教育施設等における給食・おやつについて (1)学校給食法に基づく「学校給食衛生管理基準」には、過度に加工した食品、有害な ものもしくはその疑いのある食品または有害もしくは不必要な食品添加物が添加さ れた食品を使用しない旨の規定がある。食品や材料の選択は、安全性、食育またはア レルギー対応などの観点から重要なポイントであると考え、下記について伺う。 ①小中学校給食における、本規定への対応について。

(9)

戸 教 学 第 2 2 5 5 号 平成25年12月5日 戸田市立各小・中学校長 様 戸 田 市 教 育 委 員 会 教育長 羽 富 正 晃 感染性胃腸炎の流行に関する対応について(通知) 今般、市内複数の学校から感染性胃腸炎による学級閉鎖の報告を受けております。 今後、市内におきまして感染性胃腸炎のさらなる流行が懸念されます。 つきましては、感染性胃腸炎の原因の一つであるノロウイルス等の感染予防及び感染拡 大防止に努めていただくようお願いします。 なお、別添資料を参考に送付しますので、ご活用くださいますようお願いします。 記 厚生労働省資料 別添のとおり 担 当:戸田市教育委員会学務課 新井 TEL:048-441-1800 内線448 FAX:048-443-9033 5

教育長の報告③

(10)

ノロウイルスの感染を広げないため

おう吐物など

食器・環境・

リネン類などの

消毒

処理

○感染者が使ったり、おう吐物が付いたものは、他 のものと分けて洗浄・消毒します。 ○⾷器等は、⾷後すぐ、厨房に戻す前に塩素液に ⼗分浸し、消毒します。 ○カーテン、⾐類、ドアノブなども塩素液などで消 毒します。 次亜塩素酸ナトリウムは⾦属腐⾷性があります ○患者のおう吐物やおむつなどは、次のような ⽅法で、すみやかに処理し、⼆次感染を防⽌ しましょう。ノロウイルスは、乾燥すると空中 に漂い、⼝に⼊って感染することがあります。 使い捨てのマスクやガウン、⼿袋などを着⽤ します。 ペーパータオル等で静かに拭き取り、塩素消 次亜塩素酸ナトリウムは⾦属腐⾷性があります。 ⾦属部(ドアノブなど)消毒後は⼗分に薬剤を 拭き取りましょう。 ○洗濯するときは、洗剤を⼊れた⽔の中で静かに もみ洗いし、⼗分すすぎます。 85℃で1分間以上の熱⽔洗濯や、塩素液による 消毒が有効です。 ⾼温 乾燥機などを使⽤す と 殺菌効果は ペ パ タオル等で静かに拭き取り、塩素消 毒後、⽔ぶきをします。 拭き取ったおう吐物や⼿袋などは、ビニール 袋に密閉して廃棄します。その際、できれば ビニール袋の中で1000ppmの塩素液に浸し ます。 しぶきなどを吸い込まないようにします。 終わったら ていねいに⼿を洗います *濃度によって効果が異なりますので、正しく計りましょう。

塩素消毒の方法

⾼温の 乾燥機などを使⽤すると、殺菌効果は ⾼まります。 終わったら、ていねいに⼿を洗います。 業務⽤の次亜塩素酸ナトリウム、または家庭⽤の塩素系漂⽩剤を ⽔で薄めて「塩素液」を作ります。 食器、カーテンなどの 消毒や拭き取り 200ppmの濃度の塩素液 おう吐物などの 廃棄 (袋の中で廃棄物を浸す) 1000ppmの濃度の塩素液 製品の濃度 液の量 水の量 液の量 水の量 12%(一般的な業務用) 5ml 3L 25ml 3L 6%(一般的な家庭用) 10ml 3L 50ml 3L 1% 60ml 3L 300ml 3L 製品ごとに濃度が異なるので、表⽰をしっかり確認しましょう。次亜塩素酸ナトリウムは使⽤期限内のものを使⽤してください。おう吐物などの酸性のものに直接原液をかけると、有毒ガスが発⽣することがありますので、 必ず「使⽤上の注意」をよく確認してから使⽤してください。

ノロウイルスによる感染について

感染経路

症状

<⾷品からの感染>感染した⼈が調理などをして汚染された⾷品ウイルスの蓄積した、加熱不⼗分な⼆枚⾙など <潜伏時間> 感染から発症まで24〜48時間 <主な症状> <⼈からの感染>患者のふん便やおう吐物からの⼆次感染 家庭や施設内などでの⾶沫などによる感染 <主な症状>吐き気、おう吐、下痢、腹痛、微熱が1~2⽇続く。 感染しても症状のない場合や、軽い⾵邪のような 症状のこともある。 乳幼児や⾼齢者は、おう吐物を吸い込むことによる 肺炎や窒息にも要注意。

(11)

手洗いの手順

かならず⼿を洗いましょう。

◆トイレに⾏ったあと

◆調理施設に⼊る前

◆料理の盛付けの前

◆次の調理作業に⼊る前

(社)日本食品衛生協会 平成24年度食品衛生指導員巡回指導資料より 見えるところに貼ってお使い下さい。 7

(12)
(13)
(14)

名称 平成23年4月1日施行の採択地区(平成23年10月11日一部改正) 名称 平成24年4月1日施行の採択地区(平成24年10月1日一部改正) 名称 平成25年4月1日施行の採択地区 名称 平成26年4月1日施行の採択地区 第1採択地区 さいたま市 第1 さいたま市 第1 さいたま市 第1 さいたま市 第2採択地区 川口市 第2 川口市 第2 川口市 第2 川口市 第3採択地区 草加市、蕨市、戸田市 第3 草加市、蕨市、戸田市 第3 草加市、蕨市、戸田市 第3 草加市 第4採択地区 朝霞市、志木市、和光市、新座市 第4 朝霞市、志木市、和光市、新座市 第4 朝霞市、和光市 第4 蕨市、戸田市 第5採択地区 鴻巣市、上尾市、桶川市、北本市北足立郡(伊奈町) 第5 鴻巣市、上尾市、桶川市、北本市北足立郡(伊奈町) 第5 志木市、新座市 第5 朝霞市、和光市 第6採択地区 川越市、富士見市、坂戸市、鶴ヶ島市、ふじみ野市、入間郡(毛呂山町、越生町、三芳町) 第6 川越市 第6 鴻巣市、上尾市、桶川市、北本市北足立郡(伊奈町) 第6 志木市、新座市 第7採択地区 所沢市、飯能市、狭山市、入間市、日高市 第7 富士見市、坂戸市、鶴ヶ島市、ふじみ野市入間郡(毛呂山町、越生町、三芳町) 第7 川越市 第7 鴻巣市、桶川市、北本市北足立郡(伊奈町) 第8採択地区 東松山市 比企郡(小川町、嵐山町、川島町、吉見町、鳩山町、 滑川町、ときがわ町) 第8 所沢市 第8 富士見市、坂戸市、鶴ヶ島市、ふじみ野市入間郡(毛呂山町、越生町、三芳町) 第8 上尾市 第9採択地区 秩父市 秩父郡(小鹿野町、長瀞町、皆野町、横瀬町、東秩父 村) 第9 飯能市、狭山市、入間市、日高市 第9 所沢市 第9 川越市 第10採択地区本庄市 児玉郡(上里町、美里町、神川町) 第10 東松山市 比企郡(小川町、嵐山町、川島町、吉見町、鳩山町、 滑川町、ときがわ町) 第10飯能市、狭山市、入間市、日高市 第10富士見市、坂戸市、鶴ヶ島市、ふじみ野市 入間郡(毛呂山町、越生町、三芳町) 第11採択地区 熊谷市 第11 秩父市 秩父郡(小鹿野町、長瀞町、皆野町、横瀬町、東秩父 村) 第11 東松山市 比企郡(小川町、嵐山町、川島町、吉見町、鳩山町、 滑川町、ときがわ町) 第11所沢市 第12採択地区深谷市 大里郡(寄居町) 第12 本庄市 児玉郡(上里町、美里町、神川町) 第12 秩父市 秩父郡(小鹿野町、長瀞町、皆野町、横瀬町、東秩父 村) 第12飯能市、狭山市、入間市、日高市 第13採択地区 行田市 第13熊谷市 第13本庄市 児玉郡(上里町、美里町、神川町) 第13 東松山市 比企郡(小川町、嵐山町、川島町、吉見町、鳩山町、 滑川町、ときがわ町) 第14採択地区 羽生市、加須市 第14深谷市 大里郡(寄居町) 第14熊谷市 第14 秩父市 秩父郡(小鹿野町、長瀞町、皆野町、横瀬町、東秩父 村) 第15採択地区 春日部市、久喜市、蓮田市、幸手市 南埼玉郡(白岡町、宮代町) 北葛飾郡(杉戸町、松伏町) 第15行田市 第15深谷市 大里郡(寄居町) 第15 本庄市 児玉郡(上里町、美里町、神川町) 第16採択地区 越谷市、八潮市、三郷市、吉川市 第16羽生市、加須市 第16行田市 第16熊谷市 ※10月11日の一部改正は、川口市と鳩ヶ谷市の合併のため 第17 春日部市、久喜市、蓮田市、幸手市、白岡市 南埼玉郡(宮代町) 北葛飾郡(杉戸町、松伏町) 第17羽生市、加須市 第17深谷市 大里郡(寄居町) 第18越谷市 第18春日部市 北葛飾郡(杉戸町、松伏町) 第18行田市 第19八潮市、三郷市、吉川市 第19久喜市、蓮田市、幸手市、白岡市 南埼玉郡(宮代町) 第19羽生市、加須市 ※10月1日の一部改正は、白岡町が白岡市になったため 第20越谷市 第20春日部市 北葛飾郡(杉戸町、松伏町) 第21八潮市、三郷市、吉川市 第21久喜市、蓮田市、幸手市、白岡市 南埼玉郡(宮代町) 第22越谷市 埼玉県教科用図書採択地区再編の経緯

(15)

入賞 学校名 職名 (敬称略)氏名 提案の件名 共同提案者 金賞 戸田東小学校 教諭 伊藤 和三 「中学校区フレッシュ研修会で、若手教員の資質・能力の向上!」~中堅教員の資質向上とともに~ <提案内容> 銀賞 戸田南小学校 教諭 伊藤 裕二 『学びの森』の作成~5分でわかるシリーズの開発~ <提案内容> 銅賞 戸田中学校 校長 石橋 裕 戸田市いじめ撲滅月間の取組 <提案内容> 銅賞 美谷本小学校 教諭 栗原 洋人 ~教科研究サークルを支援し、教員の授業力を高める~確かな学力の育成 <提案内容> 入賞 学校名 提案件数 学校提案賞 笹目中学校 7件 <提案の件名> 提案者名(敬称略) ・ 提案件数 戸田市の教員がサークル活動を行うことを推奨し、特に若い教員の授業力を高めるために、会場や情報の提供、指導 者の紹介等を行い、教科研究サークルを支援する。 ・小中連携の「戸田市スタンダート」の作成(渡辺主幹教諭) ・中学校の授業力爆発向上ミッション(春山教諭) ・小学校体育のモデル授業化・データ化(渡辺主幹教諭) ・模範授業のライブラリー化(矢作教諭) ・「とだっ子21世紀 郷土かるた」の作成と活用(渡辺主幹教諭) ・郷土愛を育む文集の作成(菊地教諭) ・武道(剣道)の授業を通しての豊かな心の育成(増田教諭) いじめ防止対策推進法が施行されることを踏まえて、いじめ防止月間を創設することにより、戸田市、市教育委員会、 教職員、保護者、関係機関の意識を高め連携を強化する。また、児童・生徒の自主的な活動の充実を図る。 平成25年度戸田市教職員施策提案審査結果について 戸田市教職員施策提案については、同要項に基づいて、各学校に募集したところ、29件の提案がありま した。そこで、同要項第8条により、審査会を開催した結果、下記の提案が優秀提案となりました。 提案された施策については、教育委員会関係課における、今後の施策策定及び事業改善の参考とさせてい ただきます。 記 若手教員の資質や能力向上研修会を市単位で一斉に行わず、小中連携の取組の一環として、中学校区ごとに研修会「フレッシュ研修」を 行う。 指導者は中学校区の校長・教頭だけでなく、研修主任・生徒指導主任など、校長が推薦した中堅教員を講師とする。若手教員の資質の向 上と合わせて、中堅教員の資質向上を図るとともに、中堅教員に若手育成の視点を持たせる機会とする。 児童生徒の確かな学力と教職員の指導力向上に関わる『学びの森』を作成する。「5分でわかるシリーズ(=動画の5分間プレゼンテー ション)」を、C4THの「お知らせ」に毎週更新する。また、エデュネットとだに『学びの森』のコーナーを作成し、アップことで、教職員がいつ でも見られるようにする。 渡辺 泰典主幹教諭 3件、 増田周平教諭 1件、 春山 敦教諭 1件、 矢作 浩章教諭 1件、 菊地 孝徳教諭 1件 11

教育長の報告⑤

(16)

平成25年度戸田市教職員施策提案制度実施要項 平成25年6月14日教育長決裁 (趣旨) 第1条 この要項は,教職員に対して,学校教育充実のための施策提案の機会を設け, 第2次戸田市教育振興計画(平成23年3月策定)∼基本理念「生き生きと 共に 育む 教育のまち 戸田」の推進を図るとともに,教職員の市教育行政に対する参加 意識を高め,その志気の向上に資するため,必要な事項を定めるものとする。 (定義) 第2条 この要項において,教職員とは戸田市立小・中学校に勤務する教職員とする。 (提案者) 第3条 教職員は,単独又は共同で提案を行うことができる。 (提案の種類及び内容) 第4条 提案の種類は,課題提案と自由提案とする。 2 課題提案は,第2次戸田市教育振興計画における重点施策に関する提案とする。 3 自由提案は,第2次戸田市教育振興計画における重点施策以外の提案とする。 4 次に掲げる内容が含まれる提案は,審査対象として取り扱わないものとする。 (1)単なる批判,不平,苦情等を内容とするもの (2)教職員の具体的な人事又は給与に関するもの (3)既に同一又は類似の提案がなされているもの (4)内容が漠然として具体性に欠けるもの (5)戸田市において実施(検討中を含む)しているもの (6)その他これらに類するもの (提案の方法) 第5条 教職員は,提案を行うときは,提案用紙(別紙様式1)を教育委員会事務局指 導課長(以下,指導課長という。)に提出するものとする。必要な場合は,提案用紙 に参考資料を添えることもできる。 (意見等の聴取) 第6条 指導課長は,提出された提案に提案処理票(別紙様式2)を添付し,これをこ の提案内容を主管する教育委員会事務局関係課長(以下,主管課長という。)に送付 するものとする。

(17)

2 前項の規定により提案処理票等の送付を受けた主管課長は,提案事項の内容を検討 し,提案処理票に意見等を記入して,これを指導課長に回付するものとする。 3 指導課長は,前項の規定により回付された提案処理票等を取りまとめるものとする。 (採否の決定) 第7条 提案の採否は,教育委員会内に設置する審査会での審査を経て,教育長が決定 する。 (審査会) 第8条 審査会は、教育長、教育部長、次長、戸田市小・中学校校長会代表者、戸田市 小・中学校教頭会代表者、事務局をもって組織する。審査方法については、別紙「審 査基準の観点及び評定区分」により実施する。 (提案結果の通知) 第9条 指導課長は,採否の結果を主管課長及び提案者に通知するとともに、「教育広 報とだ」等で発表する。 (提案の実施) 第 10 条 主管課長は,採用と決定された提案について,その実現化のための方策につ いて検討を行うものとする。 (優秀提案) 第 11 条 優秀な提案については、賞状及び記念品を贈呈するものとする。 (その他) 第 12 条 この要項に定めるもののほか,提案について必要な事項は別に定める。 附 則 (施行期日) 1 この要項は,平成25年6月14日から施行する。 (失効) 2 この要項は,平成26年3月31日限り,その効力を失う。 13

(18)

平成25年度

戸田市算数・数学フェスティバルの結果について

1 実施日時 平成25年11月30日(土) ・ 9時00分~11時45分 第10回数学コンテスト ・ 13時30分~15時30分 第6回算数・数学おもしろ教室 2 実施会場 戸田第一小学校(H24戸一小、H23~20芦原小) 3 結 果 等 (1)第10回数学コンテストについて(午前) ア 対象者 市内在住の小学校4年生から中学校3年生 イ 応募、参加児童・生徒(別紙の資料を御参照ください。) ・応募者数 70名(小60名、中10名) ・参加者数 55名(小47名、中 8名) ※平成24年度参加者71名(小60名、中11名) ウ 問題について 別添の資料を御参照ください。 エ 成績優秀者 ・最優秀賞 筑波大附属駒場中 1年生 85点 ・優 秀 賞<成績上位者を学校順で> ※点数は50点前後 戸 田 第 二 小 学 校 6年生 戸 田 東 小 学 校 5年生 戸 田 東 小 学 校 5年生 戸 田 中 学 校 3年生 戸 田 東 中 学 校 1年生 新 曽 中 学 校 1年生 ・4年優秀賞 美 谷 本 小 学 校 4年生 オ 得点分布(平均点 20.36点) (2)第6回算数・数学おもしろ教室について(午後) ア 応募、参加児童・生徒(別紙一覧参照) ・応募者数 305名(小301名、中4名) ・参加者数 243名(小239名、中4名) ※平成24年度参加者 263名(小246名、中4名) (3)総参加者数 298名(一日参加者31名) ※平成24年度総参加者数303名(一日参加者31名) 4 講 師 等 ・市内ボランティア教員 39名 ・中学校学習支援サポーター 9名 ・埼玉大学教育学部学生 9名 (点) (人) 10 20 30 40 50 60 70 80 90 100

教育長の報告⑥

(19)

平成25年度 戸田市算数・数学フェスティバルの様子

平成25年11月30日 戸田第一小学校 1 算数数学コンテスト(AM)

2 算数数学おもしろ教室(PM)

(20)

教育長の報告⑧

戸田市立少年自然の家 トイレ設備等修繕について

修繕箇所

(次ページ写真のとおり)

1階 男子トイレ(宿泊室の階)

・大便器7台を、全てウォシュレット付洋式便器にする。

(和式便器5台を洋式便器に交換、既存の洋式便器2台はウォシ

ュレット機能を付加)

・トイレブースを全面改修する。(ベニヤ板からメラニン樹脂板)

1階 女子トイレ(宿泊室の階)

・出入口から向かって左側の便器6台を、全てウォシュレット付洋

式便器にする。

(和式便器4台を洋式便器に交換、既存の洋式便器2台はウォシ

ュレット機能を付加)

※右側は既存の和式便器5台

・トイレブースは全面改修する。(ベニヤ板からメラニン樹脂板)

2階 男性・女性トイレ(食堂横)各1台

・既存の洋式便器にウォシュレット機能を付加する。

※ 全てのトイレ扉には、後日、洋式・和式の表示を貼付する。

2階 調理職員用トイレ(厨房奥)1台

・大便器をウォシュレット付洋式便器にする。

・手洗器を新たに設置する(トイレ内1台)。

修繕期間

・平成25年11月11日(月)から

平成25年12月13日(金)まで

(当日配付資料)

(21)

修繕箇所の写真

①1階男子トイレ 全景 1階男子トイレブース内 ②1階女子トイレ 全景 1階女子トイレブース内 ③ 2階食堂横 男性トイレ 2階食堂横 女性トイレ ④ 2階厨房奥 調理職員用トイレ

(22)

-2-(当日配付資料)

教育長の報告⑨

(23)

講 師

長野県小布施町立図書館まちとしょテラソ

花 井 裕 一 郎

会場 戸田市立図書館2階 視聴覚室

入場無料

会場:

戸田市立図書館

時間 18:00 ~ 会場 戸田市立図書館1階ロビー

時間 16:00 ~

「ライブラリー・オブ・ザ・イヤー2011」受賞 ◎「戸田市民大学認定講座」でご参加の方は、申込み必須。

定員 先着80名

前館長

教育長の報告⑩

(24)

1962 年 福岡県筑豊生まれ。フジテレビジョン(1989 年~1994 年) のディレクターを経て、NHK、TBS、日本テレビ、東芝 EMI にて 番組、PV の演出(1994 年~1996 年)。2000 年に東京から小布施町 に拠点を移し、本来の人間の姿、生き方を模索し創作している。 「ないのにある」=「存在そのものは目に見ることが出来ないが、そこ にはエネルギーが存在する」このことを体感しながら創作している。 2002 年に小布施堂 文化事業部長に就任。その後、60 秒シネマコンペ ティション事務局担当(2003 年~2009 年)、おぶせ T シャツ畑 ディ レクター(2007~現在)。 現在、NPO法人オブセリズムCEOとして全国各地での講演をはじめ、 著書『はなぼん~ワクワク演出マネジメント』など、さまざまなメディア で活動中。

まちとしょテラソは、Library of the Year 2011 を受賞。

長野県小布施町立図書館 まちとしょテラソ前図書館長

は な

ゆ う

い ち

ろ う

入場無料

ハンドベル演奏会

~子どもたちによる~ とだっこ「ピーチ・ガールズ」によるハンドベル演奏会をおこないます。 戸田市議会文教建設常任委員会主催・戸田市教育委員会後援 とだしりつとしょかん “ジングルベル”“きよしこのよる“など。 素敵なクリスマスメロディーをお楽しみください。

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :