A Study on Setting Situation and Tendency of the Empty House Regulations of Local Municipalities in Japan

全文

(1)

A Study on Setting Situation and Tendency of the Empty House Regulations of Local

Municipalities in Japan

journal or

publication title

福井大学大学院工学研究科研究報告

volume 63

page range 31‑36

year 2015‑03

URL http://hdl.handle.net/10098/8758

(2)

全 国市 区町村 にお ける空 き家条例 の設 置状況 とそ の傾 向

内 田 洋 紀*

菊地 吉信*

A Study on Setting Situation and Tendency of the Empty House Regulations of Local Municipalities in Japan

Hironori UCHIDA* and Yoshinobu KIKUCHI*

(Received February 6, 2015)

The purpose of this study is to accumulate basic data of the setting situation of the empty house regulations of local municipalities in Japan. In this paper, the contents of the empty house regulations are searched on the Internet and their characteristics are analyzed using the statistical data of empty house. The setting situation is different by the local municipalities, the kinds of penalty and approaching method to the owners are organized into several types and there is regional characteristics in these types.

Key Words: Empty house regulation, Setting situation, Local municipalities in Japan

1.研 究 の 目的 ・背 景

H25年 度 住 宅 ・土 地 統 計 調 査 に よ る と,日 本 の 空 き 家 率 は135%と,前 回 調 査 に 比 べ0.4ポ イ ン ト上 昇 し過 去 最 高 と な っ た.こ ん ご は さ ら な る 人 口減 少 が 予 測 さ れ て お り,そ れ に 伴 い 空 き 家 の 数 も 増 加 し て い く と 考 え ら れ る.老 朽 化 し周 辺 環 境 に 危 険 を 伴

う可 能 性 の あ る 空 き 家(以 下,「 老 朽 空 き 家 」)に っ い て は,所 有 者 等 に よ る 適 切 な 管 理,も し く は 解 体 を 行 う こ とが 必 要 不 可 欠 で あ る.ま た,2014年ll .月に は 「空 家 等 対 策 の 推 進 に 関 す る 特 別 措 置 法 案 」 が 可 決 さ れ1),空 き 家 所 有 者 の 特 定 が しや す く な る な ど こ ん こ の 空 き 家 管 理 や 撤 去 ・解 体 に よ る 空 き 家 対 策 の 進 展 が 期 待 さ れ て い る.

空 き 家 条 例 を扱 っ た 先 行 研 究 は 特 定 の 自 治 体 を ケ

一 ス ス タ デ ィ と し て 扱 っ た も の が 多 く,全 国 的 な 動 向 に つ い て 詳 し く述 べ た も の は 見 当 た ら な い.[1][2]

そ こ で,本 稿 は 法 の 施 行 前 時 点 で の 全 国 的 な 空 き 家 条 例 の 施 行 状 況 を 調 査 し,そ の 特 徴 を 明 らか に す る こ と に よ り こ ん こ の 空 き 家 対 策 の 動 向 を 分 析 す る た め の 基 礎 資 料 を 提 供 す る.

2.研 究 の 方 法

*大 学 院 工 学 研 究 科 建 築 建 設 工 学 専 攻

本 研 究 で は,2014年7.月 か ら10月 に か け て イ ン タ ー ネ ッ ト検 索 エ ン ジ ン 「google」 で の 「空 き 家 等 」

「適 正 管 理 」 と い う ワ ー ドで の キ ー ワ ー ド検 索,及 び 国 土 交 通 省 に よ る 調 査 結 果2)を 参 照 し 抽 出 し た 380市 区 町 村 を 対 象 と し,各 自 治 体 ホ ー ム ペ ー ジ よ り条 例 の く わ し い 内 容 を調 査 した.主 に 各 自 治 体 の 例 規 集 を 参 照 し,規 定 し て い る 項 目 の 内 容 を 精 査 し

た.実 際 の 項 目 は 数 多 く あ る が,今 回 の 調 査 で は 「助

(3)

言 又 は 指 導 」 「勧 告 」 「命 令 」 「公 表 」 「代 執 行 」 「罰 則 」 の6項 目 に 注 目 した.そ の 後,得 られ た デ ー タ

を 統 計 的 に 処 理 し,内 容 や 傾 向 に つ い て 分 析 を 行 っ た.な お,空 き 家 数 に つ い て はH25年 度 住 宅 ・土 地 統 計 調 査 の 結 果 を 用 い た.

3.空 き家 条 例 の傾 向

3.1空 き 家 条 例 に つ い て

空 き 家 条 例 と は,空 き 家 の 所 有 者 に 空 き 家 の 適 正 維 持,管 理 を 義 務 付 け る 条 例 で あ る と 同 時 に,条 例 に 従 わ な い 所 有 者 に 対 し て は,「 助 言 ま た は 指 導 」

「勧 告 」 「命 令 」 「公 表 」 「代 執 行 」 「罰 則 」 な どの 措 置 を 規 定 す る も の で あ る.そ の 多 く は 「○ ○ 市 空 き 家 等 の 適 正 管 理 条 例 」 と さ れ て お り,全 国 の 市 区 町 村 レベ ル で 施 行 さ れ て い る.ま た,支 援,補 助 な ど の 項 目 を 設 け,経 済 的 な 補 助 に よ り撤 去 ・解 体 を 促 進 す る 自 治 体 も 見 ら れ る.

今 回 の 調 査 時 点 に お い て 把 握 で き た 空 き 家 条 例 設 置 済 み の 市 区 町 村(以 下,「 設 置 市 区 町 村 」)は380 で あ り,全 国 の 総 市 区 町 村 数1718と 比 較 す る と約2 割 の 自治 体 が 条 例 を 設 置 して い る.

項 目 助言 又 は指導

勧告 命令 公表

代執行

罰則

表1条 例 項 目お よび そ の 例

条 文の 例

市長 は、前 条により認 定され た空 き家等 の管 理義 務者 に対 し、必要 な措 置 につ いて 助言 又は 訟首 ることが できる

市長 は、前 条の 助言 又は 指導 を行ったにもかか わらず 、なお、当該 空き家 等が 管理 不全 な状態 にあるときは 、当該管 理義 務者 に対 し、必要 な措 置 を講 ずるよ う勧 告す ることが できる。

市長 は、前 条の 勧告 に応 じな いときは、当該 管理 義務 者 に対 し、期 限を定 めて 必要 な措 置 を言 ずるよう命 △することができる。

市長 は 、前 条の 命令 を行った にもか かわ らず 、当該 管理 義務 者 が正 当な理 由な く当該 命令 に従 わないときは 、次 に掲 げる事 項を公 表することができる。

市長 は 、第 ○条 の命 令(他 人が 代わ ってなすことのできる行為 に係る命 令 に限 る。)を受 けた者が 当該 命令 に従 わない場 合に おいて、他 の 手段 によってその 履 行を確保 することが 困難であ り、か つ、その 不履 行を放置 することが著 しく公 益 に反する と認 め られ るときは、行政 代執 行法 で定め るところによ り代 執行 するこ とができる。

市長 は、第 ○条 の命 令に従 わない者 に対 して、○万 円以 下の 過料 を科すことが できる。

3.2空 き 家 条 例 設 置 市 区 町 村 の 傾 向 3.2.1設 置 市 区 町 村 数 の 傾 向

図1‑1は 都 道 府 県 別 の 設 置 市 区 町 村 数 を,ま た 図 1‑2で は そ の 割 合(各 県 の 設 置 市 区 町 村 数 を 各 県 の 総 市 区 町 村 数 で 除 し た も の)を 表 し て い る.図1‑1 よ り,全 体 的 に は 東 日本 に 設 置 市 区 町 村 が 多 い 傾 向 が 見 られ,北 海 道,山 形,秋 田 に 次 い で 埼 玉,千 葉, 新 潟,九 州 で は 福 岡,佐 賀 が 多 い.一 方,図1‑2で は,図1‑1と 同 様 の 傾 向 が 見 られ る も の の,北 海 道 や 埼 玉,千 葉,福 岡 は 割 合 と して は 低 い こ と が わ か る.そ れ に 対 して 秋 田,山 形,新 潟,山 口,佐 賀 の 各 県 は 過 半 数 の 市 区 町 村 で 条 例 を 設 置 して い る.次 い で 福 井,鳥 取 が 多 く,富 山,長 崎,大 分 が 続 く.

つ ま り,空 き 家 条 例 設 置 市 区 町 村 の 割 合 は,日 本 海 側 の と く に 全 域 豪 雪 地 帯 に 指 定 さ れ て い る 県 が 多 く 含 ま れ て い る と い え る.そ の 理 由 と して は,積 雪 に よ る 老 朽 空 き 家 の 倒 壊,破 損,ま た そ れ ら に よ る 周

辺 住 民 ・家 屋 へ の 更 な る被 害 の 可 能 性 を 考 慮 し,条 例 を設 け て い る 自 治 体 が 多 い と 考 え ら れ る.ま た, 三 大 都 市 圏 を 比 較 す る と,関 東 首 都 圏 と 関 西 大 都 市 圏 は 中 京 大 都 市 圏 に 比 べ て 市 区 町 村 の 数,割 合 と も に 高 い 傾 向 に あ る.こ の 要 因 と し て は,各 都 市 圏 に お け る密 集 市 街 地 が 関 係 し て い る と 見 ら れ る.国 土 交 通 省 で は,「 地 震 時 に 著 し く危 険 な 密 集 市 街 地 」に つ い て の 地 区 数 や 面 積 を詳 細 に 把 握 し て い る.そ の 面 積 は,関 東 首 都 圏 で は2436ha,関 西 大 都 市 圏 で は 2858haで あ る の に 対 し,中 京 大 都 市 圏 で は104haと

大 き な 差 が あ る.そ の た め,危 険 な 密 集 市 街 地 に お い て は,空 き 家 等 の 適 正 な 管 理 を 所 有 者 に 働 き か け る 条 例 を 設 置 す る こ と で,災 害 時 の 被 害 を軽 減 し よ う と い う 自 治 体 側 の 意 図 が あ る も の と 考 え ら れ る.

図1‑1都 道 府 県 別 空 き 家 条 例 設 置 市 区 町 村 の 数 (Nニ380)

図1‑2都 道 府 県 別 空 き家 条 例 設 置 市 区 町村 の割 合

3.2.2設 置 市 区 町 村 と 空 き 家 と の 関 係

図2‑1は 都 道 府 県 別 設 置 市 区 町 村 数 の 割 合 と 各 都 道 府 県 の 空 き 家 率 の 関 係 を 示 して い る3).こ の 図 よ

り,空 き 家 条 例 の 設 置 割 合 と 空 き 家 率 に つ い て 相 関 は 見 られ な い.し か し,特 徴 的 な 点 と し て,空 き 家 率 の 高 い 山梨(19),和 歌 山(30),高 知(39),徳 島(36), 愛 媛(38)な ど の 各 県 で は,他 県 に 比 べ 設 置 市 区 町 村 の 割 合 が 低 い 傾 向 が 見 ら れ,対 照 的 に 設 置 市 区 町 村 の 割 合 が 高 い 秋 田(5),山 形(6),佐 賀(41)で は 空 き

(4)

家 率 が 比 較 的 低 い こ と が わ か る.

次 に,設 置 市 区 町 村 割 合 と 空 き 家 の 種 類 との 関 係 を よ り詳 細 に 見 て い く.図2‑2は 都 道 府 県 別 設 置 市 区 町 村 の 割 合 と 二 次 的 住 宅 率(二 次 的 住 宅 数 を 空 き 家 総 数 で 除 した も の)の 関 係 を 示 して い る.図 よ り, 空 き 家 の 中 で も 二 次 的 住 宅 の 割 合 が 高 い 長 野(20), 山 梨(19),静 岡(22)に お い て は 設 置 市 区 町 村 の 割 合 が 比 較 的 低 く,所 有 者 が 明 らか で 普 段 か ら定 期 的 に 使 用 さ れ る 二 次 的 住 宅 に 関 して は,所 有 者 に よ る 適 切 な 維 持 ・管 理 が 期 待 で き る た め,条 例 を 制 定 して 維 持 管 理 を 義 務 付 け る 必 要 性 は な い と い う 自治 体 側

の 判 断 が あ る も の と 考 え られ る.

図2‑3は 都 道 府 県 別 設 置 市 区 町 村 とそ の 他 空 き 家 率(空 き 家 総 数 に 占 め る そ の 他 の 住 宅 の 割 合)と の 関 係 を 示 す.全 体 的 に は 相 関 は 見 ら れ な い が,中 で も 秋 田(5),山 形(6),佐 賀(41),山 口(35)の 各 県 に つ い て は,そ の 他 空 き 家 率 が 同 程 度 の 他 県 に 比 べ 設 置 市 区 町 村 の 割 合 が 高 い.反 対 に,鹿 児 島(46),島 根(32)の よ う に そ の 他 空 き 家 率 が 高 い に も か か わ ら ず 設 置 市 区 町 村 の 割 合 が 低 い 県 が あ る 一 方 で,関 東 大 都 市 圏 に は,そ の 他 空 き 家 率 は 高 く は な い が 約20

〜30%の 設 置 市 区 町 村 が あ る 都 県 も あ り,地 域 差 が 大 き い こ とが わ か る.

3.3条 例 内 容 の 傾 向

図3は380の 設 置 市 区 町 村 に お け る 条 例 内 容 の 項 目別 自治 体 数 の 割 合 を 示 して い る.こ れ に よ る と,8 割 を 超 え る 市 区 町 村 が 「助 言 又 は 指 導 」 か ら 「公 表 」 ま で の 項 目 を保 有 して い る の に 対 し,「代 執 行 」で は 約5割,「 罰 則 」 で は1割 以 下 に と ど ま っ て い る.こ の 要 因 と し て は,「 助 言 又 は 指 導 」 「勧 告 」 「命 令 」

「公 表 」 の4つ の 項 目 は 所 有 者 に 対 して 注 意 を促 す も の で あ る が,「 代 執 行 」 「罰 則 」 は 空 き 家 及 び 所 有 者 に 対 して 直 接 的 に働 き か け る 規 定 で あ り,公 の 立 場 で あ る 市 区 町 村 が,個 人 の 資 産 に 直 接 的 に 関 与 す る と い う点 で 「代 執 行 」 「罰 則 」 と い う2項 目 に つ い て 規 定 す る こ と を 踏 み と どま る 場 合 が 多 い と考 え ら れ る.

3.4条 例 の 内 容 と 性 質 の 要 因 分 析

図4‑1は,前 項 で 示 した6項 目 に つ い て,数 量 化 皿 類 分 析 に よ り規 定 項 目 と性 質 の 関 係 を 表 し た も の で あ る.た だ し,分 析 の 対 象 は 今 回 抽 出 し た 380市 区 町 村 中,365市 区 町 村 に つ い て で あ る4).

分 析 の 結 果,図4‑1に 示 す よ う に 第1軸 を 「間 接 的 ペ ナ ル テ ィ ー 直 接 的 ペ ナ ル テ ィ 」 と い うペ ナ ル テ ィ の 性 格,第2軸 を 「誘 導 的 一 強 制 的 」 と い う強 制 力 の 度 合 い を あ ら わ す 弁 別 軸 と み な し た.

図2‑1都 道 府 県別 設 置 市 区 町村 と空 き家 率 の 関係

図2‑2都 道府 県 別設 置 市 区町 村 と二 次 的 住 宅 の 関 係

図2‑3都 道 府 県 別 設 置 市 区町 村 と そ の他 空 き 家 の 関係

図3項 目別 に み た 設 置 市 区 町 村 数 の 割 合(N‑380)

(5)

次 に,図4‑2に 条 例 設 置 市 区 町 村 を プ ロ ッ ト し, 1〜IVま で の4つ の 象 限 に 分 け る こ と で,条 例 の 性 格 の 傾 向 を 表 す.ま た,各 ア ル フ ァ ベ ッ トで 示 す 点 に プ ロ ッ ト さ れ る 市 区 町 村 は 表3に 示 す と お

り で あ る.

ま ず 各 象 限 の 市 区 町 村 数 は1ニ20,Hニ187,皿 一147,IV‑llで あ る.全 体 的 な 傾 向 と し て は 第H,

皿 象 限 の 市 区 町 村 数 が 多 い.こ れ は 条 例 の 性 質 が 強 制 的,誘 導 的 の ど ち ら で あ っ て も,間 接 的 な ペ ナ ル テ ィ を も つ 市 区 町 村(H+皿)が 多 い と い う こ と で あ る.そ の 中 で も 第H象 限 に プ ロ ッ ト さ れ る 市 区 町 村 が 多 い こ と か ら,強 制 的 な 条 例 内 容 の 市 区 町 村 が 多 い 傾 向 に あ る.

特 徴 的 な 自 治 体 と し て 第1象 限 のD(ID)に プ ロ ッ ト さ れ る 四 条 畷 市(大 阪 府)が あ る.図4‑2 を 見 る と 明 ら か な よ う に 第1象 限 の な か で も 他 の 自 治 体 に く ら べ て 大 き く 離 れ た 位 置 に プ ロ ッ ト さ れ て い る.こ の 要 因 と し て,四 条 畷 市 の 条 例5)に

図4‑1数 量 化 皿 類 軸 項 目

は 「措 置 命 令(命 令)」 「代 執 行 」 「罰 則 」 の3項 目 し か 規 定 さ れ て お ら ず,強 制 的 な 性 格 が 比 較 的 強 い 条 例 で あ る こ と が わ か る.

次 に,各 象 限 の プ ロ ッ ト数 と 市 区 町 村 数 に 注 目 す る.特 に,第H象 限 と 第 皿 象 限 で は,第II象 限 は プ ロ ッ ト数4点,市 区 町 村 数 が181,一 方 の 第 皿 象 限 は プ ロ ッ ト数11点 に 対 し て 市 区 町 村 数 が 147と な っ て い る.こ の こ と か ら,第H象 限 の 市 区 町 村 は 同 じ よ う な 内 容 の 条 例 が 多 い と い う こ と が で き る.こ れ と は 対 照 的 に 第 皿 象 限 は 市 区 町 村 数 に 対 し て プ ロ ッ ト数 が 多 く,条 例 の 型 に 様 々 な バ リ エ ー シ ョ ン が あ る と い え る.ま た,プ ロ ッ ト

の 位 置 と し て は 全 体 的 に 密 集 し て い る.

つ ま り,第 皿 象 限 の 誘 導 的 な 条 例 を 設 置 す る 市 区 町 村 は 自 治 体 ご と に わ ず か に 異 な る 内 容 を も つ 傾 向 に あ り,そ の バ リエ ー シ ョ ン は 比 較 的 豊 富 で あ る と い え る.そ の 一 方 で,第H象 限 の 強 制 的 な 条 例 を 設 置 す る 自 治 体 は 類 似 型 の 条 例 を 設 置 し て い る と み る こ と が で き,既 に 条 例 を 設 置 し て い る, も し く は 実 績 の あ る 自治 体 を 参 考 に す る こ と で, 手 続 き や 所 有 者 へ の 対 応 な ど を 円 滑 に 進 め,適 正 管 理 や 解 体 を 促 進 す る と い う狙 い が あ る と 推 察 さ れ る.こ れ は,別 の 見 方 を す れ ば,自 治 体 ご と に 独 自性 の 高 い 強 制 的 な 条 例 項 目 を 設 置 す る こ と が 難 し い と読 み と る こ と も で き よ う,

強制的 適正管理条例の傾向

ルテ

誘導的

図4‑2数 量 化 皿 類 分 析 グ ラ フ

(6)

図4‑2と 表3を あ わ せ て 見 る と, D,ⅢFに プ ロ ッ ト さ れ る 自治 体 が 非 常 に 多 い こ と が 分 か る.

こ の 要 因 と し て は, Ⅱ Dに は 全 国 で 初 の 代 執 行 に よ る 空 き 家 の 解 体 を 行 っ た 秋 田県 大 仙 市, ま た,

Ⅲ Fに は 全 国 初 の 空 き家 条 例 を設 置 した 埼 玉 県 所 沢 市 が 含 ま れ て お り,こ う した 先 駆 的 な 例 を参 考 に

して 条 例 を設 置 した 自治 体 が 多 い こ とを窺 わ せ る.

以 上 の こ と か ら, 現 状 と し て,厳 し い 措 置 を 規 定 した 直 接 的 ・強 制 的 な 条 例 を設 置 す る 自治 体 は 少 数 で あ り, 間 接 的 ・誘 導 的 な 措 置 に よ り,空 き 家 の適 正 管 理 を 進 め て い く方 針 の 自治 体 が 多 い こ と が 明 ら か と な っ た.

表3 空 き家 条 例 設 置 自治 体 分類 表

象限 点 市町村名(県名) 象限 点 市町村名(県名) 象限 点 市町村名(県名) 象限 点 市町村名(県名)

鶴岡市(山形県) 坂戸市(埼玉県) A 佐倉市(千葉県) 臼杵市(大分県)

尾花沢市(山形県) 幸手市(埼玉県) B 新潟市(新潟県) 豊後高田市(大分県) 大石田町(山形県)

宇都宮市(栃木県)

干葉市(干葉県)

市川市(干葉県) G

養父市(兵庫県) 肝付町(鹿児島県) F

豊後大野市(大分県) 国東市(大分県)

栃木市(栃木県) 船橋市(千葉県) 長万部町(北海道) 鹿屋市(鹿児島県)

横須賀市(神奈川県) 我孫子市(千葉県) D 池田市(大阪府) 枕崎市(鹿児島県) 見附市(新潟県) 鎌ヶ谷市(千葉県) E 神栖市(茨城県) 洞爺湖町(北海道)

A妙高市(新潟県) 鋸南町(千葉県) 砂川市(北海道) 舟形町(山形県)

阿賀町(新潟県) 新宿区(東京都) むつ市(青森県) 岡谷市(長野県)

1 貝塚市(大阪府) 寝屋川市〔大阪府)

大田区(東京都) 湯河原町(神奈川県)

西和賀町(岩手県) 美里町(宮城 県) G

名古屋市(愛知県) 熊野市(三重県)

倉吉市(鳥取県) 長岡市(新潟県) 秋 田市(秋田県) 和泉市(大阪府)

北栄町(鳥取県) 三条市(新潟県) 横手市〔秋田県) 和歌山市(和歌山県)

松江市(島根県) 柏崎市(新潟県) 藤里町〔秋田県) 土庄町(香川県)

上島町(愛媛県) 新発田市(新潟県) 羽後町〔秋田県) 川越市(埼玉県)

B東松島市〔宮城県) 村上市(新潟県) 酒 田市〔山形県) 柏市(千葉県)

和泊町(鹿児島県) 燕市(新潟県) 新庄市(山形県) 小平市(東京都)

C大網白里市(干葉県) 宇美町(福岡県)

糸魚川市(新潟県) 阿賀野市(新潟県)

長井市(山形県)

河北町(山形県) H 神戸市(兵庫県) 平生町(山口県)

D四条畷市(大阪府) 魚沼市(新潟県) 西川町(山形県) 中土佐町(高知県)

A胎内市(新潟県) 聖籠町(新潟県) 朝 日町〔山形県) 福岡市(福岡県)

由利本荘市(秋田県) 湯沢町(新潟県) 大江町(山形県) 人吉市(熊本県)

杉並区(東京都) 砺波市(富山県) 最上町(山形県)

留萌市(北海道) 栗島浦村(新潟県〉 小矢部市(富山県) 真室川町(山形県) 渋谷区(東京都)

B舟橋村(富山県) 南砺市(富山県) 戸沢村(山形県) 中野区(東京都)

御杖村(奈良県) 小松市(石川県) 川西町(山形県) 1門真市(大阪府)

牟岐町(徳島県) 輪島市(石川県) 三川町(山形県) 藤井寺市(大阪府)

知名町(鹿児島県) 福井市(福井県) 庄内町仙 形 県) 相生市(兵庫県)

蘭越町(北海道) 大野市(福井県) 湯川村(福島県) 延岡市(宮崎県)

ニセコ町(北海道) 勝山市(福井県) 会津美里町(福島県) 門川町(宮崎県) 芳賀町(栃木県) 鯖江市(福井県) 常陸太田市〔茨城県) 更別村(北海道)

台東区(東京都) 越前市(福井県) 笠間市(茨城県) 北秋田市(秋田県)

墨田区(東京都) 坂井市(福井県) 取手市(茨城県) 米沢市(山形県)

逗子市(神奈川県) 南越前町(福井県) 牛久市(茨城県) 金山町(山形県)

C高岡市(富山県) 松本市(長野県) 阿見町(茨城県) 大蔵村(山形県)

射水市(富山県) 飯山市(長野県) 足利市(栃木県) J羽生市(埼玉県)

小谷村(長野県) 長和町(長野県) 鹿沼市(栃木県) 足立区(東京都)

蒲郡市(愛知県) 辰野町(長野県) 大 田原市(栃木県) 洲本市(兵庫県)

豊前市(福岡県) 売木村(長野県) 前橋市(群馬県) 三宅町(奈良県)

須恵町(福岡県) 筑北村(長野県) 太 田市(群馬県) 八頭町(鳥取県)

長崎市(長崎県) 岐阜市(岐阜県) 渋川市(群馬県) 津山市(岡山県)

函館市(北海道) 多治見市(岐阜県) 藤岡市(群馬県) 浜頓別町(北海道)

旭川市(北海道) 下呂市(岐阜県) 下仁田町(群馬県) K中頓別町(北海道)

室蘭市(北海道) 笠松町(岐阜県) さいたま市(埼玉県) 枝幸町(北海道)

網走市(北海道) 八百津町(岐阜県) 川 ロ市(埼玉県) 長沼町(北海道)

美唄市(北海道) 焼津市(静岡県) 秩父市〔埼玉県) にかほ市(秋田県)

芦別市(北海道) 掛川市(静岡県) 所沢市〔埼玉県) A 川島町(埼玉県)

滝川市(北海道) 小山町(静岡県) 本庄市〔埼玉県) 京都市(京都府)

島牧村(北海道) 南知多町(愛知県) 朝霞市(埼玉県) 鳥取市(鳥取県)

上砂川町〔北海道) 四日市市(三重県) 久喜市(埼玉県) Iv 東金市(千葉県)

浦臼町(北海道) 野洲市(滋賀県) 日高市(埼玉県) 勝浦市(干葉県)

新十津川町(北海道) 1 D 熊取町(大阪府) ふじみ野市(埼玉県) B 山武市(干葉県)

妹背牛町(北海道) 岬町(大阪府) 毛呂山町(埼玉県) おおい町(福井県)

秩父別町(北海道) 三木市(兵庫県) 吉見町(埼玉県) 浜田市(島根県)

雨竜町(北海道) 小野市(兵庫県) 上里町(埼玉県) C高島市(滋賀県)

北竜町(北海道) 加西市(兵庫県) F 松戸市(千葉県) 条文のみ(細かい項目なし)

沼田町(北海道) 篠山市(兵庫県) 野 田市(千葉県) 黒松内町(北海道)

苫前町(北海道) 丹波市(兵庫県) 流山市(千葉 県) 西興部村(北海道)

礼文町(北海道) 加東市(兵庫県) 八千代市(千葉県) 鹿追町(北海道)

白老町(北海道) 生駒市(奈良県) 八王子市(東京都) 千代田町(群馬県)

様似町(北海道) 三郷町(奈良県) 座間市〔神奈川県) 大泉町(群馬県)

H 青森市(青森県) 米子市(鳥取県) 内灘町〔石川県) 小川町(埼玉県)

八戸市(青森県) 三朝町(鳥取県) 能登町(石川県) 銚子市(千葉県)

五所川原市(青森県) 琴浦町(鳥取県) 南木曽町(長野県) 愛川町(神奈川県)

つがる市(青森県) 日南町(鳥取県) 瑞浪市(岐阜県) 南魚沼市(新潟県)

深浦町(青森県) 邑南町(島根県) 飛騨市(岐阜県) 加賀市(石川県)

藤崎町(青森県) 海士町(島根県) 名張市(三重県) 亀山市(三重県)

中泊町(青森県) 倉敷市(岡山県) 鳥羽市(三重県) 大東市(大阪府)

大間町(青森県) 下関市(山ロ県) 伊賀市(三重県) 島本町(大阪府)

田子町(青森県) 宇部市(山ロ県) 彦根市(滋賀県) 太子町(大阪府)

仙台市(宮城県) 山ロ市(山ロ県) 八尾市(大阪府) 奈良市(奈良県)

色麻町(宮城県) 萩市(山口県) 美咲町(岡山県)

D能代市(秋田県) 岩国市(山口県) 呉市(広島県)

男鹿市(秋田県) 光市(山口県) 三次市(広島県)

湯沢市(秋田県) 長門市(山ロ県) 大崎上島町(広島県)

鹿角市(秋田県) 周南市(山ロ県) 防府市(山ロ県)

潟上市(秋田県) 山陽小野田市(山 ロ県) 周防大島町(山ロ県)

大仙市(秋田県) 阿武町(山ロ県) 善通寺市(香川県)

仙北市(秋田県) 多度津町(香川県) 南国市(高知県)

小坂町(秋田県) 飯塚市(福岡県) 香南市(高知県)

三種町(秋田県) 宗像市(福岡県) 久留米市(福岡県)

八峰町(秋田県) 粕屋町(福岡県) 直方市(福岡県)

五城目町〔秋田県) 佐賀市(佐賀県) 田川市(福岡県) 八郎潟町〔秋田県) 唐津市(佐賀県) 筑後市(福岡県)

井川町(秋田県) 伊万里市(佐賀県) 福津市(福岡県)

美郷町(秋田県) 武雄市(佐賀県) 朝倉市〔福岡県)

東成瀬村〔秋田県) 嬉野市(佐賀県) 糸島市〔福岡県) 寒河江市〔山形県) 吉野ヶ里町(佐賀県) 志免町〔福岡県)

天童市(山形県) 基山町(佐賀県) 大刀洗町(福岡県)

東根市(山形県) みやき町(佐賀県) みやこ町(福岡県)

高畠町(山形県) 大町町(佐賀県) 築上町(福岡県)

飯豊町(山形県) 江北町(佐賀県) 鳥栖市(佐賀県)

遊佐町(山形県) 白石町(佐賀県) 多久市(佐賀県)

南会津町(福島県) 太良町(佐賀県) 鹿島市(佐賀県)

土浦市(茨城県) 壱岐市(長崎県) 有 田町(佐賀県)

結城市(茨城県) 五島市(長崎県) 佐世保市(長崎県)

下妻市(茨城県) 西海市(長崎県) 南島原市(長崎県)

常総市(茨城県) 東彼杵町(長崎県) 熊本市(熊本県)

つくば市(茨城県) 小値賀町(長崎県) 水俣市(熊本県) 八千代町(茨城県〉 新上五島町(長崎県) 山鹿市(熊本県) 日光市(栃木県) 鹿児島市(鹿児島県) 大分市(大分県) 小山市(栃木県) 瀬戸内町(鹿児島県) 中津市(大分県) 鴻巣市(埼玉県) 与那原町(沖縄県) 佐伯市(大分 県) 蕨市(埼玉県)

35

4.

条例の性質の地域別傾向

図5は 各 都 道 府 県 を 条 例 設 置 市 区 町 村 の性 質 に よ っ て 分 類 し た も の で あ る.

下 」 「平 均 以 上(誘 導 型)」

「設 置 な し 」「平 均 以

「平 均 以 上(強 制 型)」

平 均 以 上(拮 抗 型)」 の5種 類 に 分 類 し た。分 類 基 準 と し て は, ま ず, 設 置 市 区 町 村 の 総 数 を総 市 区 町 村 数 で 除 した 平 均 値 と,都 道 府 県 別 の 設 置 市 区 町 村 の 割 合 を比 較 した.

上 の 県 に つ い て,

さ らに そ の 割 合 が 平 均 以 図4‑2を 用 い て 設 置 市 区 町 村 の 割 合 に よ り 強 制 型(IHが 多 い),誘 導 型(皿IVが

多 い),拮 抗 型(同 数) に 分 類 し た.

図 よ り,平 均 以 上 で 強 制 型 の 県 は 日本 海 側 に 多 い 傾 向 が 見 られ る.

の 県 が 多 い.

一 方 , た だ し,

太 平 洋 側 に は 平 均 以 下 そ の 中 で も 関 東 都 市 圏 につ い て は 設 置 割 合 が 平 均 以 上 の誘 導 型 と拮 抗 型 の 県 が 多 く 見 ら れ る.

つ ま り,前 項 で は 全 国 的 な 傾 向 と し て 間 接 的 ・ 誘 導 的 な 自治 体 が 多 い と述 べ た が, 設 置 自治 体 の 割 合 が 高 い 県 に つ い て は 強 制 型 に 分 類 され る 県 が

多 く, 地 域 的 に も 特 徴 の あ る こ と が わ か る.

図5条 例 設 置 市 区 町村 の都 道 府 県別 の傾 向

(7)

36

5.ま と め

今 回 の調 査 と分 析 に よ り,空 き家 条 例 設 置 市 区町 村 の 全 体 的 な傾 向 を把 握 す る こ とが で きた.主 な 知 見 を以 下 に記 す.

① 設 置 市 区町 村 数 につ い て は 日本 海 側 に多 く,三 大 都 市 圏 で は 関 東,関 西都 市 圏 が 多 い.

② 空 き家 に 占 め る二 次 的 住 宅 の 割 合 が 高 い 県 で は設 置 市 区町 村 数 は 低 い.

③ そ の他 空 き家 の割 合 が 高 い 県 で も設 置 市 区町 村 数 に は ば らつ きが あ る.

④ 条 例 内 容 につ い て は 全 国 的 に間 接 的 ・誘 導 的 な 内 容 の 市 区町 村 が 多 い.

⑤ 設 置 市 区町 村 率 の 高 い 日本 海 側 の 県 で は 強 制 型 の 条 例 を もつ 市 区町 村 が 多 い.

以 上 の 要 因 と して は 気 候 条 件 や 密 集 市 街 地 の 存 在, 所 有者 に よ る維 持 ・管 理 へ の 期 待 な どが 関連 して い る一 方,空 き家 に対 す る条 例 に よ る対応 に は 自治 体 ご とに ば らっ きが あ る こ とか ら,い ま だ 整備 段 階 に あ る とい え よ う.

こん この 課題 と して は,条 例 に よ る撤 去 等 の実 績 や 撤 去 事 業 との 関 連 を見 て い く必 要 が あ る.ま た,「空 家 等 対 策 の 推 進 に 関 す る特別 措 置 法 案 」 の 可 決 後, 各 自治 体 の 対 応 に どの よ うな 変 化 が 見 られ るか,さ らに,そ れ に伴 う条 例 内容 の 変 更 や,設 置 自治 体 数 の 変 動 な どにつ い て も注 視 して ゆ きた い.

注 記

1)同 法 案 で は,空 家 等 に 関す る施 策 に 関 し,国 に よ る基 本 指 針 の策 定,市 区 町村 に よ る空 家 等 対 策 計 画 の 作 成 そ の他 の空 家 等 に 関す る施 策 を推 進 す るた め に必 要 な 事 項 を定 め て い る.

2)一 般 社 団法 人 す ま い づ く りま ち づ く りセ ン ター 連 合 会 の ホー ムペ ー ジ 内 に あ る,『 「条 例 に よ る規 制 等 の取 組 み 」 の 中 の空 き 家等 の適 正 管 理 に 関 す る条 例 の 例(平 成26年10.月1日 時 点 で 施 行 済 み の もの)国 土 交 通 省

に よ る都 道 府 県 へ の調 査 結 果(平 成26年10.月)』 を参 照 した.

3)空 き家 につ い て,住 宅 ・土 地 統 計調 査 で は 次 の よ うに 分 類 して い る.

空 き家 二次的住宅

別 荘週末や休 暇時に避暑 ・避寒 ・保養などの目的で使用される住宅で,ふだん は人が住んでいない住宅

そ の他 ふだん住んでいる住宅とは別に,残業で遅くなったときに寝泊まりするな ど,たまに寝 泊まりしている人がいる住宅

賃貸用の住宅 新築・中古を問わず,賃 貸のために空き家 になっている住宅 売却用の住宅 新築・中古を問わず,売 却のために空き家 になっている住宅

その他の住宅

上記以外の人が住んでいない住宅で,例えば,転勤 ・入院などのため居住 世帯が長期にわたって不在の住宅や建て替えなどのために取り壊すことに なっている住宅など(注 巾き家の区分の判断が困難な住宅を含む。)

4)15自 治 体 は 細 か な 項 目を規 定 して い な い た め省 い た.

また,数 量 化 皿 類 の 関連 デ ー タ を下 表 に示 す.

5)「 四條 畷 市 生活 環境 の保 全 等 に 関 す る条 例 」の 内 容 を以 下 に 一部 抜 粋 す る.

第2節 空き地,空 き家等の管理 (空き地及び空き家の管理〉

第21条 空き地又は空き家の所 有者,占 有者 又は管理者(以下

「所有者 等」 とい う.)は,当 該 空き地又は空 き家に繁茂 した 雑 草又 は枯 草を除去す る とともに,ご みの不法投棄の誘発,犯 罪,災 害及 び病害虫の発 生並びに交通 上の支 障 を防止 す るよ う

に,当 該 空き地又は空き家を適 正に管理 しなければな らない。

(措置命令)

第23条 市長 は,前2条 の規定のいずれかに違 反 してい るこ とに よ り当該 空き地又は空き家の周辺 の生活環境 が著 しく損 なわれ,若 しくは損なわれ るおそれがあ ると認 め るとき,又 は 当該 ため池等の周 囲の安全 上支障を生ず ると認 める ときは,こ れ らの規 定に違 反 してい る者 に対 し,期 限を定めて,必要 な措 置 を とるべき ことを命ず ることができる.

第5章 雑則 (立入調 査)

第39条 市長 は,こ の条例の施行 に必要な限度において,そ の職員 に,必要 と認 める場所 に立ち入 らせ,必 要な調査 を行わ せ る ことができ る.

(行政代 執行)

第42条 市長 は,第23条 の規定に よる命 令 を受 けた者が,当 該 命令 に従 わない ときは,行 政代 執行 法(昭和23年 法律第43

号)の規 定に より,自 ら当該 命令 を受 けた者 がなすべき行 為を な し,又 は第三者 を して これをな さしめ,そ の費用 を当該命令 を受 けた者 か ら徴収す る ことができ る.

第6章 罰則 (罰則) 第44条

2次 の各号の一に該 当す る者 は,100,000円 以下の罰 金に処 す る.

(2)第39条 第1項 の規定に よる立入調査 を正 当な理由な く拒 み,妨 げ,又 は忌避 した者

参 考 文 献

[1]篠 部 裕 ・占部 智 大,人 口減 少 時 代 の空 き家 整 備 に 関 す る研 究 そ の3空 き家 の 適 正 管 理 条 例 の 現 状 と課 題,日 本 建 築 学 会 中 国 支 部 研 究 報 告 集 第36巻pp.767〜770,2013.3

[2]富 永 麻 倫 ・姥 浦 道 生,自 治 体 に よ る 空 き 家 管 理 対 策 に 関 す る 研 究 一 空 き 家 管 理 条 例 に 着 目 し て 一,日 本 建 築 学 会 大 会 学 術 講 演 梗 概 集(北 海 道)pp.889〜892,2013.8

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :