(1) 統合任務部隊 自衛隊法第 22 条第 2 項の規定により編成された部隊で あって 陸上自衛隊の部隊 海上自衛隊の部隊又は航空自衛隊の部隊のい ずれか2 以上から成るものをいう (2) 近傍災害派遣 自衛隊法 ( 昭和 29 年法律第 165 号 以下 法 とい う ) 第 83 条第 3 項

全文

(1)

自 衛 隊 統 合 達 第 2 0 号 自 衛 隊 の 災 害 派 遣 に 関 す る 訓 令 ( 昭 和 5 5 年 防 衛 庁 訓 令 第 2 8 号 ) 第 2 9 条 の 規 定 に 基 づ き 、 自 衛 隊 の 災 害 派 遣 に 関 す る 達 を 次 の よ う に 定 め る 。 平 成 1 8 年 3 月 2 7 日 統 合 幕 僚 長 陸 将 先 崎 一 改 正 平 成 1 9 年 3 月 2 8 日 自 衛 隊 統 合 達 第 8 号 平 成 2 0 年 3 月 2 5 日 自 衛 隊 統 合 達 第 3 号 平 成 2 1 年 7 月 6 日 自 衛 隊 統 合 達 第 1 1 号 平 成 2 2 年 3 月 2 6 日 自 衛 隊 統 合 達 第 1 3 号 平 成 2 4 年 1 2 月 1 4 日 自 衛 隊 統 合 達 第 1 1 号 平 成 2 5 年 3 月 2 5 日 自 衛 隊 統 合 達 第 3 号 平 成 2 5 年 1 2 月 9 日 自 衛 隊 統 合 達 第 1 7 号 自 衛 隊 の 災 害 派 遣 に 関 す る 達 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ・ 第 2 条 ) 第 2 章 災 害 派 遣 の 実 施 等 ( 第 3 条 - 第 5 条 ) 第 3 章 報 告 ( 第 6 条 - 第 8 条 ) 第 4 章 雑 則 ( 第 9 条 ) 附 則 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 こ の 達 は 、自 衛 隊 の 災 害 派 遣 に 関 し て 必 要 な 事 項 を 定 め る も の と す る 。 ( 定 義 ) 第 2 条 こ の 達 に お い て 、 次 の 各 号 に 掲 げ る 用 語 の 意 義 は 、 そ れ ぞ れ 当 該 各 号 に 定 め る と こ ろ に よ る 。 分 類 番 号 : J - J 1 - J 1 1 保 存 期 間 : 3 0 年

(2)

(1) 統 合 任 務 部 隊 自 衛 隊 法 第 2 2 条 第 2 項 の 規 定 に よ り 編 成 さ れ た 部 隊 で あ っ て 、 陸 上 自 衛 隊 の 部 隊 、 海 上 自 衛 隊 の 部 隊 又 は 航 空 自 衛 隊 の 部 隊 の い ず れ か 2 以 上 か ら 成 る も の を い う 。 (2) 近 傍 災 害 派 遣 自 衛 隊 法 ( 昭 和 2 9 年 法 律 第 1 6 5 号 。 以 下 「 法 」 と い う 。) 第 8 3 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づ く 災 害 派 遣 を い う 。 第 2 章 災 害 派 遣 の 実 施 等 ( 災 害 派 遣 の 実 施 ) 第 3 条 自 衛 隊 は 平 素 か ら 災 害 派 遣 計 画 及 び 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 計 画 を 作 成 す る と と も に 情 報 資 料 の 収 集 等 の 準 備 を 推 進 す る 。 2 災 害 に 際 し て は 、 状 況 に 応 じ 部 隊 等 を 派 遣 し て 救 援 等 を 行 う 。 3 撤 収 に 当 た っ て は 、 関 係 自 治 体 等 と 密 接 に 連 携 し た 上 で 、 定 め ら れ た と こ ろ に よ り 措 置 す る も の と す る 。 4 陸 上 自 衛 隊 、 海 上 自 衛 隊 又 は 航 空 自 衛 隊 の そ れ ぞ れ の 部 隊 等 が 行 う 災 害 派 遣 に 関 し て 必 要 な 事 項 は 、 そ れ ぞ れ 別 紙 第 1 、 別 紙 第 2 又 は 別 紙 第 3 に 示 す も の と す る 。 ( 協 同 に よ る 場 合 ) 第 4 条 派 遣 さ れ た 2 以 上 の 部 隊 等 は 相 互 に 協 力 し て 災 害 派 遣 を 行 う も の と す る 。 2 同 一 地 域 に 派 遣 さ れ た 2 以 上 の 部 隊 等 が 、 同 一 自 衛 隊 の 部 隊 等 で な い 場 合 に お い て 、 そ れ ぞ れ の 部 隊 等 の 長 の 間 に 指 揮 関 係 が な い 場 合 に お い て は 、 そ れ ぞ れ の 部 隊 等 の 長 は 協 議 の 上 協 同 し て 災 害 派 遣 を 行 う も の と す る ほ か 、 必 要 に 応 じ 防 衛 大 臣 が 別 に 命 ず る と こ ろ に よ り 災 害 派 遣 を 行 う も の と す る 。 ( 統 合 任 務 部 隊 に よ る 場 合 ) 第 5 条 統 合 任 務 部 隊 の 編 成 が 予 定 さ れ る 場 合 に は 、 統 合 任 務 部 隊 指 揮 官 を 命 ぜ ら れ る 部 隊 等 の 長 は 、 災 害 派 遣 の 実 施 に 必 要 な 細 部 を 定 め 、 所 要 の 準 備 を 実 施 す る も の と す る 。 2 災 害 派 遣 の 実 施 に 関 し 、 統 合 任 務 部 隊 指 揮 官 を 命 ぜ ら れ た 部 隊 等 の 長 又 は 自 ら が 属 す る 自 衛 隊 以 外 の 自 衛 隊 の 部 隊 等 を 指 揮 す る こ と を 命 ぜ ら れ た 部 隊 等 の 長 は 、 自 ら が 属 す る 自 衛 隊 以 外 の 自 衛 隊 の 部 隊 等 を 指 揮 す る に 当 た っ て は 、 第 3 条 第 4 項 に 基 づ く も の と す る 。 第 3 章 報 告 ( 災 害 派 遣 概 報 ) 第 6 条 災 害 派 遣 命 令 者 は 、 災 害 派 遣 を 命 じ た 場 合 、 災 害 派 遣 中 適 時 及 び 撤 収 を 命 じ た 場 合 、 次 の 各 号 に 掲 げ る 事 項 の う ち 、 必 要 な も の に つ い て 、 努 め て 臨 機 に 統 合 幕 僚 長 に そ の 概 要 を 報 告 す る と と も に 、 関 係 す る 陸 上 幕 僚 長 、 海 上 幕 僚 長 又 は 航 空 幕 僚 長 に 通 報 す る も の と す る 。 (1) 災 害 の 一 般 状 況 (2) 災 害 派 遣 要 請 者 、 災 害 派 遣 日 時

(3)

(3) 派 遣 部 隊 等 の 人 員 、 装 備 品 等 (4) 活 動 状 況 な お 、第 3 号 及 び 第 4 号 に 示 す 報 告 事 項 の 細 部 は 、別 表 の 示 す と こ ろ に よ る 。 2 災 害 派 遣 命 令 者 が 近 傍 災 害 派 遣 を 命 じ た 場 合 の 報 告 要 領 に つ い て は 、 そ れ ぞ れ 別 紙 第 1 か ら 別 紙 第 3 に 示 す 規 定 に よ る も の と す る 。 ( 災 害 派 遣 詳 報 ) 第 7 条 災 害 派 遣 命 令 者 は 、 災 害 派 遣 の 規 模 が 大 き い 場 合 又 は 災 害 が 特 異 な 場 合 に お い て 部 隊 等 を 撤 収 し た 場 合 に は 、統 合 幕 僚 長 が 別 に 示 す と こ ろ に よ り 、 次 の 各 号 に 掲 げ る 事 項 の う ち 、 必 要 な も の に つ い て 、 撤 収 完 了 の 日 か ら 2 0 日 以 内 に 統 合 幕 僚 長 に 報 告 す る と と も に 、 関 係 す る 陸 上 幕 僚 長 、 海 上 幕 僚 長 又 は 航 空 幕 僚 長 に 通 報 す る も の と す る 。 (1) 災 害 の 一 般 状 況 (2) 派 遣 部 隊 等 の 人 員 、 装 備 等 及 び 活 動 状 況 ア 派 遣 部 隊 等 の 編 成 概 要 イ 派 遣 期 間 ウ 派 遣 場 所 エ 延 派 遣 人 員 、 装 備 等 の 延 数 オ 主 要 成 果 の 概 要 カ 派 遣 部 隊 等 の 行 動 概 要 (3) 隊 員 の 死 傷 及 び 疾 病 等 (4) 派 遣 に 要 し た 経 費 (5) 装 備 品 等 の 消 費 、 亡 失 、 き 損 等 の 数 量 (6) 表 彰 又 は 懲 戒 を 行 う べ き 事 案 (7) 将 来 改 善 を 要 す る 事 項 及 び 所 見 (8) そ の 他 参 考 と な る 事 項 2 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 実 施 部 隊 の 長 は 、 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 に お い て 、 部 隊 等 を 撤 収 し た 場 合 に は 、 前 項 各 号 に 掲 げ る 事 項 の う ち 、 必 要 な も の に つ い て 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 詳 報 を 作 成 し 、 撤 収 完 了 の 日 か ら 2 0 日 以 内 に 統 合 幕 僚 長 に 報 告 す る も の と す る 。 ( 四 半 期 報 告 ) 第 8 条 訓 令 第 2 4 条 第 2 項 の 報 告 は 、 陸 上 自 衛 隊 の 部 隊 が 実 施 す る 災 害 派 遣 に お い て は 方 面 総 監 及 び 中 央 即 応 集 団 司 令 官 が 、 海 上 自 衛 隊 の 部 隊 が 実 施 す る 災 害 派 遣 に お い て は 自 衛 艦 隊 司 令 官 、 護 衛 艦 隊 司 令 官 、 航 空 集 団 司 令 官 、 教 育 航 空 集 団 司 令 官 、 練 習 艦 隊 司 令 官 、 地 方 総 監 及 び 機 関 の 長 が 、 航 空 自 衛 隊 の 部 隊 が 実 施 す る 災 害 派 遣 に お い て は 各 直 轄 部 隊 長 が 、 そ れ ぞ れ の 指 揮 下 の 指 定 部 隊 等 の 長 が 命 じ た 災 害 派 遣 ( 自 ら が 命 じ た 場 合 を 含 む 。) の 状 況 に つ い て 、 四 半 期 ご と 、 別 紙 様 式 に よ り 四 半 期 の 末 月 の 翌 月 2 0 日 ま で に と り ま と め 報 告 す る も の と す る 。 た だ し 、 指 揮 下 の 部 隊 等 に お い て 派 遣 を 命 じ た

(4)

実 績 の な い 場 合 に お い て は 、 報 告 を 要 し な い 。 第 4 章 雑 則 ( 委 任 ) 第 9 条 自 衛 隊 の 部 隊 等 の 長 は 、 こ の 達 の 実 施 に 関 し て 必 要 な 事 項 を 定 め る こ と が で き る 。 附 則 こ の 達 は 、 平 成 1 8 年 3 月 2 7 日 か ら 施 行 す る 。 附 則 ( 平 成 1 9 年 3 月 2 8 日 自 衛 隊 統 合 達 第 8 号 ) こ の 達 は 、 平 成 1 9 年 3 月 2 8 日 か ら 施 行 す る 。 附 則 ( 平 成 2 0 年 3 月 2 5 日 自 衛 隊 統 合 達 第 3 号 ) こ の 達 は 、 平 成 2 0 年 3 月 2 6 日 か ら 施 行 す る 。 附 則 ( 平 成 2 1 年 7 月 6 日 自 衛 隊 統 合 達 第 1 1 号 ) こ の 達 は 、 平 成 2 1 年 7 月 6 日 か ら 施 行 す る 。 附 則 ( 平 成 2 2 年 3 月 2 6 日 自 衛 隊 統 合 達 第 1 3 号 ) こ の 達 は 、 平 成 2 2 年 3 月 2 6 日 か ら 施 行 す る 。 附 則 ( 平 成 2 4 年 1 2 月 1 4 日 自 衛 隊 統 合 達 第 1 1 号 ) こ の 達 は 、 平 成 2 4 年 1 2 月 1 4 日 か ら 施 行 す る 。 附 則 ( 平 成 2 5 年 3 月 2 5 日 自 衛 隊 統 合 達 第 3 号 ) こ の 達 は 、 平 成 2 5 年 3 月 2 6 日 か ら 施 行 す る 。 附 則 ( 平 成 2 5 年 1 2 月 9 日 自 衛 隊 統 合 達 第 1 7 号 ) こ の 達 は 、 平 成 2 5 年 1 2 月 9 日 か ら 施 行 す る 。

(5)

別 紙 第 1 ( 第 3 条 、 第 6 条 関 係 ) 陸 上 自 衛 隊 災 害 派 遣 実 施 要 領 1 災 害 派 遣 実 施 の 担 任 (1) 陸 上 自 衛 隊 の 各 警 備 区 域 内 に お け る 災 害 派 遣 は 、 そ れ ぞ れ 当 該 警 備 区 域 内 に 所 在 す る 次 に 掲 げ る 部 隊 等 の 長 が 行 う も の と す る 。 ア 近 傍 災 害 派 遣 に お い て は 、 第 4 項 第 2 号 に 規 定 す る 部 隊 等 の 長 イ ア 以 外 の 災 害 派 遣 ( 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 を 除 く 。) に お い て は 、 訓 令 第 3 条 に 規 定 す る 指 定 部 隊 等 の 長 (2) 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 は 、 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 実 施 部 隊 の 長 が 行 う も の と す る 。 (3) 各 方 面 総 監 は 、 訓 令 第 8 条 に 基 づ き 統 合 幕 僚 長 が 作 成 す る 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 に 関 す る 計 画 に お い て 適 用 の 基 準 と し て 定 め る 大 規 模 な 地 震 の 発 生 に よ り 、 大 規 模 震 災 の 指 定 が 予 想 さ れ る 場 合 に は 、 防 衛 大 臣 が 大 規 模 震 災 を 指 定 す る ま で の 間 、 発 災 地 域 を 警 備 区 域 と し て 担 任 す る 方 面 総 監 か ら の 依 頼 に 基 づ き 緊 急 赴 援 を 行 う こ と が で き る 。 な お 、 各 方 面 総 監 は 、 指 揮 通 信 が 不 通 と な る 等 、 適 時 に 依 頼 を 発 出 で き な い 場 合 に 備 え 、 あ ら か じ め 他 方 面 総 監 と の 間 に 協 定 を 締 結 す る 等 、 必 要 な 準 備 を 行 う も の と し 、 当 該 協 定 を 行 っ た 場 合 に は 、 そ の 都 度 統 合 幕 僚 長 に 報 告 す る も の と す る 。 (4) 方 面 総 監 は 、 前 3 号 の ほ か 、 隣 接 す る 方 面 隊 の 警 備 区 域 で 発 生 し た 災 害 に 対 す る 小 規 模 な 緊 急 赴 援 に 関 し て は 、 あ ら か じ め 方 面 総 監 相 互 に 協 定 し た と こ ろ に よ り こ れ を 行 う こ と が で き る 。 な お 、 当 該 協 定 を 行 っ た 場 合 に は 、 そ の 都 度 統 合 幕 僚 長 に 報 告 す る も の と す る 。 (5) 第 1 ヘ リ コ プ タ ー 団 が 所 在 す る 駐 屯 地 の 駐 屯 地 司 令 の 職 に あ る 部 隊 等 の 長 は 、 中 央 即 応 集 団 司 令 官 の 承 認 を 受 け 、 第 1 ヘ リ コ プ タ ー 団 の 所 要 の 部 隊 を そ の 所 在 す る 警 備 区 域 以 外 の 警 備 区 域 に 派 遣 す る こ と が で き る 。 2 指 揮 系 統 の 特 例 等 (1) 指 揮 系 統 の 特 例 ア 訓 令 第 5 条 第 1 項 及 び 第 2 項 ま で の 規 定 に 基 づ く 陸 上 自 衛 隊 の 部 隊 等 の 長 の 指 揮 系 統 外 の 部 隊 等 に 対 す る 指 揮 は 、 次 に よ る 。 (ア) 方 面 総 監 は 、 自 己 の 行 う 災 害 派 遣 の 計 画 、 準 備 ( 訓 練 を 含 む 。 以 下 同 じ 。) 及 び 実 施 に 関 し 、 そ の 警 備 区 域 内 に 所 在 ( 演 習 、 訓 練 等 の た め 一 時 所 在 す る こ と を 含 む 。以 下 同 じ 。)す る 指 揮 系 統 外 の 部 隊 等( 市

(6)

ヶ 谷 駐 屯 地 に 所 在 す る 部 隊 を 除 く 。) の 長 を 指 揮 す る も の と す る 。 た だ し 、 当 該 部 隊 等 の 当 面 す る 本 来 の 任 務 と 災 害 派 遣 の 準 備 及 び 実 施 と が 競 合 す る 場 合 は 、 速 や か に 統 合 幕 僚 長 に 報 告 す る も の と す る 。 (イ) 師 団 長 及 び 旅 団 長 は 、 方 面 総 監 の 定 め る と こ ろ に よ り 、 自 己 の 行 う 災 害 派 遣 の 計 画 、 準 備 及 び 実 施 に 関 し 、 そ れ ぞ れ 警 備 地 区 内 に 所 在 す る 指 揮 系 統 外 の 陸 上 自 衛 隊 の 部 隊 等 の 長 を 指 揮 す る も の と す る 。 (ウ) 駐 屯 地 司 令 の 職 に あ る 部 隊 等 の 長 は 、 方 面 総 監 、 師 団 長 及 び 旅 団 長 ( 以 下 「 総 監 等 」 と い う 。 )の 定 め る と こ ろ に よ り 、 自 己 の 行 う 災 害 派 遣 の 計 画 、 準 備 及 び 実 施 に 関 し 、 当 該 駐 屯 地 に 所 在 す る 指 揮 系 統 外 の 陸 上 自 衛 隊 の 部 隊 等 の 長 を 指 揮 す る も の と す る 。 イ 訓 令 第 7 条 の 規 定 に 基 づ き 、 方 面 総 監 は 、 そ の 警 備 区 域 内 に 赴 援 さ れ た 指 揮 系 統 外 の 部 隊 等 の 長 を 指 揮 す る も の と す る 。 ウ 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 に 関 す る 方 面 総 監 の 指 揮 系 統 外 の 部 隊 等 に 対 す る 指 揮 に つ い て は 、 前 イ の ほ か 、 別 に 示 す と こ ろ に よ る 。 (2) 指 揮 転 移 の 時 期 部 隊 等 が 警 備 区 域 を 異 に す る 方 面 総 監 に 配 属 さ れ 、 又 は 配 属 を 解 か れ る 場 合 の 指 揮 転 移 の 時 期 は 、 通 常 、 陸 路 を 移 動 す る 部 隊 に つ い て は 、当 該 配 属 部 隊 が 配 属 先 の 方 面 隊 警 備 区 域 に 入 っ た と き ( 配 属 を 解 か れ る と き に あ っ て は 出 た と き ) か ら と し 、 空 路 又 は 海 路 を 移 動 す る 部 隊 に つ い て は 、 当 該 配 属 部 隊 が 配 属 先 の 方 面 隊 警 備 区 域 内 の 指 定 さ れ た 着 上 陸 地 点 に 到 着 し た と き ( 配 属 を 解 か れ る と き に あ っ て は 出 発 し た と き ) か ら と す る 。 た だ し 、 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 に 関 す る 指 揮 転 移 の 時 期 に つ い て は 別 に 示 す と こ ろ に よ る 。 3 災 害 派 遣 の 準 備 に 関 す る 措 置 (1) 災 害 派 遣 計 画 訓 令 第 8 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づ く 災 害 派 遣 計 画 の 作 成 等 は 、 次 に よ り 行 う も の と す る 。 ア 方 面 総 監 は 、 警 備 区 域 内 に お け る 災 害 派 遣 計 画 を 作 成 す る も の と し 、 こ の 際 、 イ 及 び ウ に 規 定 す る 部 隊 等 の 長 の 作 成 す べ き 計 画 の 準 拠 及 び 災 害 派 遣 実 施 の 担 任 を 明 示 す る と と も に 、 第 1 項 第 2 号 及 び 第 3 号 に 規 定 す る 緊 急 赴 援 に 関 し 、 あ ら か じ め 協 定 し て お く も の と す る 。 イ 師 団 長 及 び 旅 団 長 は 、 方 面 総 監 の 示 す 災 害 派 遣 計 画 に 基 づ き 、 所 要 の 計 画 を 作 成 す る も の と し 、 こ の 際 、 災 害 派 遣 に 関 し 指 揮 す る 駐 屯 地 司 令 の 職 に あ る 部 隊 等 の 長 の 災 害 派 遣 実 施 の 担 任 を 明 示 す る も の と す る 。 ウ 駐 屯 地 司 令 の 職 に あ る 部 隊 等 の 長 又 は 総 監 等 の 特 に 命 ず る 部 隊 等 の 長 は 、 総 監 等 の 示 す 災 害 派 遣 計 画 に 基 づ き 、必 要 と す る 事 項 を 計 画 す る も

(7)

の と し 、 こ の 際 、 当 該 駐 屯 地 に 駐 屯 す る 部 隊 等 の 災 害 派 遣 任 務 を 明 示 す る も の と す る 。 エ 方 面 総 監 は 、 災 害 派 遣 計 画 を 作 成 し た 場 合 又 は こ れ を 大 規 模 に 更 新 し た 場 合 は 、 そ の 都 度 統 合 幕 僚 長 に 報 告 す る も の と す る 。 (2) 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 計 画 等 ア 訓 令 第 8 条 第 5 項 の 規 定 に 基 づ く 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 に 関 す る 計 画 の 作 成 は 、 前 号 の 規 定 を 準 用 す る ほ か 、 次 に よ り 行 う も の と す る 。 (ア) 方 面 総 監 は 、 大 規 模 震 災 に 関 す る 自 衛 隊 災 害 派 遣 計 画 に 基 づ き 、 大 規 模 震 災 に 関 す る 方 面 隊 災 害 派 遣 計 画 を 作 成 す る も の と す る 。 (イ) 大 規 模 震 災 に 関 す る 自 衛 隊 災 害 派 遣 計 画 に お い て 任 務 を 示 さ れ た 方 面 総 監 以 外 の 部 隊 等 の 長 は 、 大 規 模 震 災 に 関 す る 自 衛 隊 災 害 派 遣 計 画 に 基 づ き 、 大 規 模 震 災 に 関 す る 当 該 部 隊 等 の 災 害 派 遣 計 画 を 作 成 す る も の と す る 。 イ 訓 令 第 8 条 第 6 項 の 規 定 に 基 づ き 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 実 施 部 隊 の 長 た る 方 面 総 監 が 都 道 府 県 知 事 等 と 連 絡 調 整 を 行 う に 当 た っ て は 、 大 規 模 震 災 発 生 時 に お け る 円 滑 か つ 迅 速 な 災 害 派 遣 の 要 請 及 び 受 理 の 要 領 等 に つ い て 調 整 す る も の と す る 。 (3) 情 報 資 料 の 収 集 整 理 訓 令 第 8 条 第 1 項 に 規 定 す る 災 害 派 遣 に 関 す る 準 備 と し て 収 集 整 理 す る 情 報 資 料 は 、 次 に 掲 げ る も の と す る 。 ア 災 害 の 種 類 、 分 布 、 ひ ん 度 、 時 期 及 び 程 度 に 関 す る 統 計 資 料 イ 災 害 の 原 因 、 特 に 気 象 、 海 象 及 び 地 震 等 の 諸 要 素 並 び に こ れ と 関 連 し て 変 化 す る 河 川 及 び 海 岸 の 状 況 、 常 習 的 崩 壊 地 域 の 表 層 地 質 、 交 道 、 通 信 施 設 の 状 況 及 び 危 険 物 の 分 布 状 況 等 に つ き 災 害 発 生 の 時 期 及 び 程 度 の 予 察 等 の 諸 資 料 ウ 災 害 防 止 施 設 の 種 類 、 分 布 及 び 強 度 並 び に 災 害 に よ る こ れ ら の 施 設 の 常 習 的 損 壊 地 点 及 び 損 壊 程 度 エ 都 道 府 県 、 市 町 村 及 び 指 定 地 方 行 政 機 関 並 び に 公 共 機 関 等 関 係 機 関 の 防 災 計 画 4 部 隊 等 の 派 遣 及 び 撤 収 (1) 要 請 を 受 け る い と ま が な い 場 合 の 措 置 指 定 部 隊 等 の 長 が 知 事 等 の 要 請 を 待 つ こ と な く 部 隊 等 を 派 遣 す る 場 合 に は 、 次 の 各 号 に よ り 措 置 す る も の と す る 。 ア 事 態 が 人 命 の 緊 急 救 助 に 関 す る も の で あ り 、 か つ 、 市 町 村 長 又 は 警 察 署 長 等 か ら の 通 報 に 接 し た 場 合 は 、 速 や か に 部 隊 等 を 派 遣 し 救 助 措 置 を 行 う 。

(8)

イ 要 請 を 待 つ こ と な く 派 遣 を 行 う に 当 た っ て は 、 関 係 公 共 機 関 と 緊 密 に 連 絡 す る と と も に 、 努 め て 事 後 都 道 府 県 知 事 等 の 災 害 派 遣 要 請 文 書 の 受 理 の 措 置 を 行 う 。 (2) 近 傍 災 害 派 遣 近 傍 災 害 派 遣 を 命 ず る こ と が で き る 部 隊 等 の 長 は 、 指 定 部 隊 等 の 長 の ほ か 、 団 、 連 隊 、 群 、 大 隊 、 独 立 中 隊 及 び こ れ ら に 準 ず る 部 隊 の 長 並 び に 学 校 、 分 校 、 病 院 、 補 給 処 及 び 補 給 処 支 処 ( 出 張 所 を 含 む 。) の 長 と す る 。 た だ し 、 部 隊 等 が 駐 屯 地 の 近 傍 に お い て 教 育 、 訓 練 等 に 従 事 し て い る 場 合 又 は 演 習 場 の 廠 ( し ょ う ) 舎 若 し く は 野 外 に 宿 営 し て い る 場 合 、 そ の 近 傍 に 救 援 を 要 す る 火 災 、 そ の 他 の 災 害 が 発 生 し た と き は 、 当 該 部 隊 等 の 指 揮 官 は 、 救 援 に 当 た る こ と が で き る 。 (3) 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 訓 令 第 1 4 条 た だ し 書 の 規 定 に よ り 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 実 施 部 隊 の 長 た る 方 面 総 監 又 は 指 定 部 隊 等 の 長 が 防 衛 大 臣 の 命 令 を 待 つ こ と な く 部 隊 等 を 派 遣 す る 場 合 に は 、 次 に よ り 措 置 す る も の と す る 。 ア 災 害 が 大 規 模 震 災 で あ る こ と が 指 定 さ れ て い る 場 合 に あ っ て は 、 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 実 施 部 隊 の 長 た る 方 面 総 監 が 第 1 号 の 規 定 又 は 訓 令 第 1 1 条 の 規 定 を 準 用 す る も の と す る 。 た だ し 、 事 態 が 人 命 の 緊 急 救 助 に 関 す る も の 等 特 に 緊 急 を 要 す る も の に あ っ て は 、 方 面 総 監 以 外 の 指 定 部 隊 等 の 長 は 第 1 号 の 規 定 を 準 用 す る こ と が で き る 。 イ 災 害 が 大 規 模 震 災 で あ る こ と が 指 定 さ れ て い な い 場 合 に あ っ て は 、 指 定 部 隊 等 の 長 は 、 第 1 号 の 規 定 又 は 訓 令 第 1 1 条 の 規 定 を 準 用 す る も の と す る 。 (4) 原 子 力 災 害 に 係 る 災 害 派 遣 の 要 請 を 受 け た 場 合 の 報 告 原 子 力 災 害 に 係 る 災 害 派 遣 実 施 部 隊 の 長 が 、 防 衛 大 臣 の 命 令 を 待 つ こ と な く 部 隊 等 を 派 遣 す る 場 合 に は 、 直 ち に 統 合 幕 僚 長 に 報 告 し な け れ ば な ら な い 。 (5) 原 子 力 災 害 派 遣 と の 関 係 訓 令 第 2 7 条 の 6 及 び こ の 達 の 規 定 に 基 づ き 原 子 力 災 害 に 係 る 災 害 派 遣 を 行 っ て い る 際 に 、 法 第 8 3 条 の 3 に 規 定 す る 原 子 力 災 害 派 遣 が 命 令 さ れ た 時 は 、 以 後 の 活 動 に つ い て は 自 衛 隊 の 原 子 力 災 害 派 遣 に 関 す る 訓 令 ( 平 成 1 2 年 防 衛 庁 訓 令 第 7 5 号 )及 び 自 衛 隊 の 原 子 力 災 害 派 遣 に 関 す る 達( 平 成 1 8 年 自 衛 隊 統 合 達 第 2 2 号 ) の 定 め る と こ ろ に よ る 。 (6) 部 隊 等 の 撤 収 に 当 た っ て の 措 置 災 害 派 遣 命 令 者 は 、 部 隊 等 の 撤 収 に 当 た っ て は 、 次 に よ り 措 置 す る も の と す る 。

(9)

ア 災 害 が 大 規 模 で あ る 場 合 の 部 隊 等 の 撤 収 は 、 都 道 府 県 知 事 等 か ら 撤 収 の 要 請 が あ っ た 場 合 を 除 き 、 あ ら か じ め そ の 旨 を 順 序 を 経 て 統 合 幕 僚 長 に 上 申 し そ の 指 示 を 受 け る も の と す る 。 イ 撤 収 に 当 た っ て は 、 関 係 市 町 村 長 、 警 察 、 消 防 機 関 等 と 周 密 に 調 整 す る と と も に 、 都 道 府 県 知 事 等 に そ の 旨 を 通 知 ( 近 傍 災 害 派 遣 に 関 す る も の を 除 く 。) す る も の と す る 。 5 行 政 管 理 (1) 地 方 公 共 団 体 等 と の 協 定 ア 指 定 部 隊 等 の 長 は 、あ ら か じ め 関 係 公 共 機 関 等 の 準 備 す る 材 料 の 品 目 、 数 量 、 集 積 場 所 及 び 使 用 並 び に 派 遣 部 隊 等 の 携 行 す る 装 備 品 等 の 使 用 及 び 回 収 等 に 関 し て 所 要 の 協 定 を 行 っ て お く も の と す る 。 イ 災 害 派 遣 命 令 者 は 、 災 害 派 遣 の 実 施 に 際 し 、 地 方 公 共 団 体 等 と の 経 費 の 負 担 区 分 を 明 確 に す る た め 、 必 要 あ る と き は 主 都 道 府 県 知 事 等 と 次 の 事 項 に 関 し て 所 要 の 協 定 を 行 う も の と す る 。 (ア) ア の 協 定 に 基 づ き 処 置 で き な い 場 合 で 、 災 害 救 助 作 業 又 は 復 旧 作 業 の 実 施 に 必 要 な 器 材 の 現 地 に お け る 入 手 を 代 行 す る 場 合 の 手 続 及 び 経 費 の 負 担 区 分 (イ) 関 係 公 共 機 関 等 の 施 設 又 は 民 家 の 提 供 を 受 け た 場 合 の 宿 泊 に 伴 う 宿 舎 借 上 料 、 光 熱 水 料 、 電 話 料 、 入 浴 料 等 の 負 担 区 分 (2) 広 報 災 害 派 遣 に 際 し 、 指 定 部 隊 等 の 長 ( 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 に 際 し て は 、大 規 模 震 災 災 害 派 遣 実 施 部 隊 の 長 た る 方 面 総 監 ) 及 び 派 遣 部 隊 等 の 長 は 、 報 道 機 関 等 に 対 し て は 、 災 害 の 状 況 及 び 自 衛 隊 の 活 動 状 況 を 適 時 に 発 表 す る と と も に 、 そ の 取 材 協 力 に 関 す る 便 宜 供 与 を 図 り 、 被 災 者 又 は 被 災 地 住 民 に 対 し て は 、 救 援 活 動 の 状 況 及 び 給 水 施 設 、 医 療 施 設 等 民 生 安 定 上 必 要 と す る 事 項 の 周 知 を 図 る 等 、 積 極 的 に 広 報 活 動 を 行 う も の と す る 。 6 報 告 (1) 災 害 情 報 の 報 告 指 定 部 隊 等 の 長 は 、 災 害 が 発 生 す る か 、 又 は そ の お そ れ が あ る 場 合 は 、 そ の 状 況 を 直 ち に 順 序 を 経 て 統 合 幕 僚 長 に 報 告 す る も の と す る 。 こ の 際 、 大 規 模 な 災 害 又 は 特 異 な 災 害 の 場 合 に は 、 直 近 上 位 を 超 え る 部 隊 等 の 長 を 電 報 の 通 報 者 に す る 等 報 告 の 速 達 に 努 め る も の と す る 。 (2) 災 害 派 遣 概 報 第 6 条 第 2 項 の 報 告 に つ い て は 、 当 該 派 遣 の 対 象 と な る 災 害 が 特 異 な 場 合 を 除 き 、 報 告 を 要 し な い 。 7 航 空 機 の 常 時 待 機 等

(10)

(1) 回 転 翼 航 空 機 の 待 機 方 面 総 監 は 、 訓 令 第 2 5 条 の 規 定 に 基 づ き 回 転 翼 航 空 機 を 常 時 待 機 さ せ る 場 合 は 、 季 節 、 天 候 そ の 他 の 状 況 を 考 慮 し 待 機 の 場 所 及 び 態 勢 を 定 め る も の と す る 。 (2) 自 衛 隊 に 属 し な い 航 空 機 の 航 空 救 難 自 衛 隊 に 属 し な い 航 空 機 の 航 空 救 難 を 要 す る 事 故 に 伴 う 災 害 派 遣 を 実 施 す る に 当 た り 、 担 任 す る 業 務 の 種 類 、 部 隊 等 の 任 務 及 び 通 報 の 実 施 要 領 に つ い て は 、 自 衛 隊 の 航 空 救 難 に 関 す る 達 ( 平 成 1 8 年 自 衛 隊 統 合 達 第 1 1 号 ) 第 3 条 、 第 7 条 か ら 第 8 条 、 第 2 6 条 、 第 4 6 条 、 第 4 9 条 、 第 5 2 条 及 び 第 5 5 条 の 規 定 を 準 用 す る も の と す る 。 8 都 道 府 県 防 災 会 議 等 の 委 員 等 (1) 方 面 総 監 は 、 市 町 村 防 災 会 議 の 委 員 の 指 名 要 請 を 受 け た 場 合 は 、 適 任 の 隊 員 を 当 該 防 災 会 議 の 委 員 に 指 名 す る こ と が で き る 。 (2) 方 面 総 監 は 、 委 員 等 を 指 名 し 、 又 は 変 更 し た 場 合 は 、 そ の 都 度 関 係 都 道 府 県 知 事 に 通 報 す る と と も に 、統 合 幕 僚 長 に 報 告 す る も の と す る 。た だ し 、 定 期 の 人 事 異 動 に 関 連 し て 委 員 等 の 変 更 を 行 っ た と き は 、 異 動 発 令 の 日 か ら 3 0 日 以 内 に 取 り ま と め て 報 告 す る も の と す る 。

(11)

別 紙 第 2 ( 第 3 条 、 第 6 条 関 係 ) 海 上 自 衛 隊 災 害 派 遣 実 施 要 領 1 指 揮 系 統 の 特 例 等 (1) 地 方 総 監 の 指 揮 の 特 例 地 方 総 監 は 、 訓 令 第 5 条 第 3 項 の 規 定 に よ り 、 災 害 派 遣 の 実 施 に 関 し そ の 警 備 区 域 内 に 所 在 す る 海 上 自 衛 隊 の 指 揮 系 統 外 の 部 隊 等 の 長 ( 訓 練 、 演 習 等 の た め 一 時 所 在 す る 部 隊 の 長 を 含 む 。) を 指 揮 す る 必 要 が あ る と 認 め る 場 合 は 、 当 該 部 隊 等 の 隷 属 す る 部 隊 等 の 長 に 協 議 し て 実 施 す る も の と す る 。 こ の 場 合 に お い て 、 協 議 を 受 け た 部 隊 等 の 長 は 、 や む を 得 な い 事 由 の な い 限 り 当 該 部 隊 等 の 長 に 対 し 、地 方 総 監 の 指 揮 を 受 け さ せ る も の と す る 。 (2) 同 一 災 害 現 地 に お け る 派 遣 部 隊 等 間 の 指 揮 指 揮 系 統 を 異 に す る 2 以 上 の 部 隊 等 が 同 一 災 害 現 地 に 派 遣 さ れ 、 同 一 任 務 に 従 事 す る 場 合 に は 、 先 任 の 部 隊 等 の 長 が 救 援 活 動 に 必 要 な 範 囲 に お い て 、 そ の 行 動 を 統 一 指 揮 す る も の と す る 。 (3) 同 一 地 区 に 所 在 す る 部 隊 等 間 の 調 整 指 揮 系 統 を 異 に す る 2 以 上 の 海 上 自 衛 隊 の 部 隊 等 が 同 一 地 区 に 所 在 す る 場 合 に は 、所 在 先 任 の 部 隊 等 の 長 が 災 害 派 遣 の 準 備 及 び 実 施 に 関 し 、 所 要 の 調 整 を 行 う の を 例 と す る 。 た だ し 、 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げ る 地 区 等 に お け る 総 合 調 整 者 は 、 そ れ ぞ れ 当 該 右 欄 に 掲 げ る 者 と す る 。 地 区 等 総 合 調 整 者 地 方 総 監 部 所 在 地 地 方 総 監 鹿 屋 航 空 基 地 第 1 航 空 群 司 令 八 戸 航 空 基 地 第 2 航 空 群 司 令 厚 木 航 空 基 地 第 4 航 空 群 司 令 下 総 航 空 基 地 下 総 教 育 航 空 群 司 令 江 田 島 地 区 第 1 術 科 学 校 長 岩 国 航 空 基 地 第 3 1 航 空 群 司 令 (4) 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 実 施 部 隊 の 長 大 規 模 震 災 が 発 生 し た 場 合 、 災 害 区 域 を 警 備 区 域 と す る 地 方 総 監 は 、長 官 の 命 令 に よ り 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 に 当 た る も の と す る 。 た だ し 、 災 害 の 規 模 、 態 様 等 に よ り 特 に 必 要 と 認 め ら れ る 場 合 は 、 防 衛 大 臣 の 命 令 に よ り 自 衛 艦 隊 司 令 官 が そ の 任 に 当 た る も の と す る 。

(12)

2 災 害 派 遣 の 準 備 に 関 す る 措 置 (1) 災 害 派 遣 計 画 等 の 作 成 ア 地 方 総 監 及 び そ の 指 定 す る 部 隊 等 の 長 は 、 関 係 区 域 内 に お い て 発 生 す る こ と が 予 想 さ れ る 災 害 に 備 え て 、 あ ら か じ め 災 害 派 遣 計 画 を 作 成 す る も の と す る 。 イ 海 上 自 衛 隊 の 指 定 部 隊 等 の 長 ( ア に 規 定 す る 者 を 除 く 。) は 、 部 隊 の 性 格 及 び 配 備 状 況 等 に 応 じ 、 あ ら か じ め 災 害 派 遣 計 画 又 は 災 害 派 遣 の 準 備 及 び 実 施 の 細 目 に 関 す る 部 署 ( 以 下 「 災 害 派 遣 部 署 」 と い う 。) を 定 め る も の と す る 。 ウ 海 上 自 衛 隊 の 部 隊 等 の 長 ( ア 及 び イ に 規 定 す る 者 を 除 く 。) は 、 当 該 部 隊 等 の 現 状 に 応 じ 、 あ ら か じ め 所 要 の 災 害 派 遣 部 署 を 定 め る も の と す る 。 (2) 災 害 派 遣 計 画 の 作 成 要 領 ア 災 害 派 遣 計 画 は 、 部 隊 の 平 常 任 務 、 能 力 、 配 備 、 部 外 機 関 の 状 況 、関 係 区 域 の 災 害 特 性 、 気 象 、 海 象 そ の 他 災 害 の 救 援 に 必 要 な 事 項 を 考 慮 の 上 作 成 す る も の と し 、 通 常 次 の 各 号 に 掲 げ る 事 項 を 含 め る も の と す る 。 ( ア) 一 般 情 勢 及 び 地 域 特 性 ( イ) 災 害 派 遣 時 の 実 施 業 務 ( ウ) 部 隊 の 運 用 方 針 ( エ) 隷 下 の 各 部 隊 の 任 務 ( オ) 陸 上 自 衛 隊 、 航 空 自 衛 隊 及 び 部 外 機 関 と の 協 同 要 領 ( カ) 編 成 及 び 装 備 の 基 準 ( キ) 情 報 収 集 計 画 ( ク) 後 方 支 援 計 画 ( ケ) 広 報 計 画 (コ) 指 揮 及 び 通 信 計 画 (サ) そ の 他 イ 地 方 総 監 は 、 警 備 区 域 の 境 界 付 近 に お け る 災 害 の 救 援 要 領 及 び 情 報 の 収 集 配 布 並 び に 派 遣 部 隊 等 に 対 す る 後 方 支 援 に 関 し 、 あ ら か じ め 隣 接 警 備 区 域 の 地 方 総 監 と 協 議 し 、そ の 結 果 を 災 害 派 遣 計 画 に 示 す も の と す る 。 ウ 地 方 総 監 は 、 災 害 派 遣 時 に お け る 指 揮 、 部 隊 運 用 、 後 方 支 援 そ の 他 の 所 要 事 項 に つ い て 、 あ ら か じ め 警 備 区 域 内 に 所 在 す る 指 揮 系 統 外 の 部 隊 等 の 長 と 調 整 し 、 そ の 結 果 を 災 害 派 遣 計 画 に 示 す も の と す る 。 エ 災 害 派 遣 計 画 は 、 部 隊 等 の 配 備 及 び 能 力 の 変 化 並 び に 災 害 派 遣 の 実 施 に 基 づ く 教 訓 等 に よ り そ の 都 度 所 要 の 修 正 を 加 え 、 常 に 現 実 に 即 応 し 得 る よ う 整 備 す る も の と す る 。

(13)

オ 災 害 派 遣 部 署 に 関 す る 準 備 作 業 の 標 準 は 、 付 表 の と お り と す る 。 カ 指 定 部 隊 等 の 長 は 、 災 害 派 遣 計 画 を 作 成 し た 場 合 又 は 災 害 派 遣 計 画 の 重 要 な 修 正 を 行 っ た 場 合 は 、そ の 都 度 統 合 幕 僚 長 に 報 告 す る も の と す る 。 (3) 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 計 画 の 作 成 要 領 ア 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 実 施 部 隊 の 長 は 、 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 計 画 を 作 成 す る も の と す る 。 こ の 際 、 前 号 ( ア を 除 く 。) の 規 定 を 準 用 す る ほ か 、 当 該 大 規 模 地 震 に つ い て の 地 震 防 災 派 遣 に 関 す る 計 画 と の 整 合 に 留 意 す る も の と す る 。 イ 前 号 の 規 定 を 準 用 す る 場 合 に お い て 、「 地 方 総 監 」 及 び 「 指 定 部 隊 等 の 長 」 と あ る の は 「 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 実 施 部 隊 の 長 」 と 、「 災 害 派 遣 計 画 」と あ る の は「 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 計 画 」と 読 み 替 え る も の と す る 。 (4) 教 育 訓 練 ア 部 隊 等 の 長 は 、 災 害 派 遣 計 画 又 は 災 害 派 遣 部 署 に 関 す る 教 育 訓 練 を 実 施 す る と と も に 、 関 係 法 令 、 部 外 機 関 の 防 災 態 勢 そ の 他 必 要 と 認 め る 事 項 に つ い て 周 知 徹 底 を 図 り 、 災 害 派 遣 の 実 施 に 当 た り 遺 憾 の な い よ う 準 備 す る も の と す る 。 イ 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 実 施 部 隊 の 長 は 、 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 に 関 す る 訓 練 を 行 う 場 合 に は 、 必 要 に 応 じ 指 揮 系 統 外 の 部 隊 等 の 長 と 協 議 し て 、 所 要 の 部 隊 等 の 参 加 を 得 る こ と が で き る も の と す る 。 ウ イ の 協 議 を 受 け た 部 隊 等 の 長 は 、 や む を 得 な い 事 由 の な い 限 り 協 議 に 応 じ 、 当 該 訓 練 に 参 加 し 、 又 は 隷 下 の 部 隊 等 を 参 加 さ せ る も の と す る 。 (5) 部 外 機 関 と の 連 絡 調 整 ア 指 定 部 隊 等 の 長 は 、 平 素 か ら 都 道 府 県 防 災 会 議 等 を 通 じ 、 又 は 直 接 都 道 府 県 知 事 等 と 緊 密 に 連 絡 調 整 し 、 所 在 部 隊 の 現 状 及 び 要 望 等 を 開 陳 し て 相 互 意 思 の 疎 通 に 努 め 、 災 害 派 遣 に 関 す る 協 力 態 勢 を 確 立 す る も の と す る 。 イ 指 定 部 隊 等 の 長 は 、 災 害 派 遣 を 必 要 と す る 災 害 の 発 生 が 予 想 さ れ る 場 合 に は 、 都 道 府 県 知 事 等 、 市 町 村 長 、 警 察 、 消 防 機 関 、 都 道 府 県 防 災 会 議 等 又 は そ の 他 の 国 若 し く は 地 方 公 共 団 体 の 防 災 機 関 と の 連 絡 を 強 化 す る と と も に 、 災 害 派 遣 の 時 機 、 派 遣 部 隊 等 の 規 模 そ の 他 救 援 活 動 に 必 要 な 連 絡 調 整 を 行 う も の と す る 。 (6) 準 備 物 件 の 整 備 点 検 部 隊 等 の 長 は 、 災 害 派 遣 に 必 要 な 物 件 及 び 災 害 派 遣 計 画 又 は 災 害 派 遣 部 署 に 定 め る 装 備 品 等 を 平 素 か ら 準 備 す る と と も に 、 災 害 多 発 期 に は 、 特 に 点 検 を 励 行 し て 災 害 派 遣 に 備 え る も の と す る 。 (7) 災 害 派 遣 準 備 作 業 及 び 待 機

(14)

指 定 部 隊 等 の 長 は 、 大 規 模 な 災 害 又 は 特 異 な 災 害 の 発 生 が 予 想 さ れ る 場 合 に は 、 災 害 派 遣 計 画 又 は 災 害 派 遣 部 署 に よ り 災 害 派 遣 準 備 を 命 ず る と と も に 、 必 要 に 応 じ 直 ち に 部 隊 等 を 派 遣 で き る よ う に 待 機 さ せ 、そ の 状 況 を 統 合 幕 僚 長 に 報 告 す る も の と す る 。 3 部 隊 等 の 派 遣 、 撤 収 等 (1) 指 定 部 隊 等 の 長 が 要 請 を 受 け た 場 合 の 措 置 ア 指 定 部 隊 等 の 長 は 、 災 害 派 遣 の 要 請 を 受 け た 場 合 に は 、 訓 令 第 1 1 条 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 す る 措 置 を と り 、 そ の 旨 を 災 害 区 域 を 警 備 区 域 と す る 地 方 総 監 に 報 告 又 は 通 報 す る と と も に 、 統 合 幕 僚 長 に 報 告 す る も の と す る 。 イ 指 定 部 隊 等 の 長 は 、 派 遣 す る 部 隊 等 を 保 有 し な い と き 、 又 は 保 有 す る 部 隊 等 の 能 力 が 十 分 で な い と き は 、 次 に 掲 げ る 事 項 を 示 し て 速 や か に 最 寄 り の 指 定 部 隊 等 の 長 に 対 し て 、 部 隊 等 の 派 遣 又 は 増 援 に つ い て 協 力 を 求 め 、 そ の 旨 を ア の 規 定 に 準 じ て 報 告 又 は 通 報 す る も の と す る 。 (ア) 災 害 の 状 況 (イ) 必 要 と す る 救 援 の 状 況 (ウ) 自 己 の と っ た 措 置 (エ) 派 遣 又 は 増 援 を 必 要 と す る 理 由 (オ) 派 遣 又 は 増 援 を 希 望 す る 部 隊 等 の 規 模 (カ) そ の 他 所 要 の 意 見 ウ イ の 規 定 に よ り 部 隊 等 の 派 遣 又 は 増 援 の 要 請 を 受 け た 指 定 部 隊 等 の 長 は 、 速 や か に 隷 下 の 部 隊 等 を 派 遣 し 、 そ の 旨 を 当 該 要 請 部 隊 等 の 長 に 通 知 す る と と も に 、 ア の 規 定 に 準 じ て 報 告 又 は 通 報 す る も の と す る 。 エ 指 定 部 隊 等 の 長 は 、 要 請 の 内 容 が 明 ら か に 他 の 指 定 部 隊 等 の 長 (陸 上 自 衛 隊 又 は 航 空 自 衛 隊 の 部 隊 等 の 長 を 含 む 。) に あ て た も の で あ り 、 か つ 、 こ れ ら の 者 が 災 害 派 遣 を 行 う こ と が 適 当 と 認 め ら れ る と き は 、 速 や か に 当 該 要 請 を 移 ち ょ う し 、 そ の 旨 を 当 該 都 道 府 県 知 事 等 に 通 知 す る も の と す る 。 (2) 状 況 偵 察 ア 地 方 総 監 は 、 災 害 状 況 の 把 握 の た め 第 5 項 第 2 号 ア に 規 定 す る 状 況 偵 察 の 必 要 が あ る と 認 め る と き は 、 部 隊 等 を 派 遣 す る こ と が で き る 。 イ 指 定 部 隊 等 の 長( 地 方 総 監 を 除 く 。)は 、必 要 が あ る と 認 め る と き は 、 ア に 準 ず る 措 置 を と る と と も に 、 災 害 区 域 を 警 備 区 域 と す る 地 方 総 監 に 緊 密 に 協 力 す る も の と す る 。 (3) 要 請 を 受 け る い と ま の な い 場 合 の 措 置 ア 指 定 部 隊 等 の 長 は 、 災 害 の 救 援 が 特 に 緊 急 を 要 し 、 都 道 府 県 知 事 等 の

(15)

要 請 を 待 つ と き は 救 援 の 時 機 を 失 す る お そ れ が あ る と 認 め る 場 合 に は 、 当 該 要 請 を 待 つ こ と な く 、 第 1 号 ア の 規 定 に 準 じ て 部 隊 等 を 派 遣 す る こ と が で き る 。 イ 指 定 部 隊 等 の 長 は 、 市 町 村 長 、 警 察 署 長 そ の 他 こ れ に 準 ず る 官 公 署 の 長 か ら 災 害 派 遣 に 関 す る 依 頼 を 受 け 、 直 ち に 救 援 の 措 置 を と る 必 要 が あ る と 認 め る 場 合 に は 、 ア に 準 じ て 部 隊 等 を 派 遣 す る こ と が で き る 。 ウ 指 定 部 隊 等 の 長 は 、ア 及 び イ の 規 定 に よ り 部 隊 等 を 派 遣 し た 場 合 に は 、 そ の 旨 を 当 該 都 道 府 県 知 事 等 に 通 知 す る と と も に 、 事 後 努 め て 要 請 文 書 を 受 理 す る よ う 措 置 す る も の と す る 。 (4) 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 ア 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 実 施 部 隊 の 長 は 、 訓 令 第 1 4 条 た だ し 書 の 規 定 に よ り 部 隊 等 を 派 遣 し た 場 合 に は 、 直 ち に そ の 旨 を 統 合 幕 僚 長 に 報 告 す る も の と す る 。 イ 指 定 部 隊 等 の 長 は 、 訓 令 第 1 4 条 た だ し 書 の 規 定 に よ り 部 隊 等 を 派 遣 し た 場 合 に は 、 直 ち に そ の 旨 を 統 合 幕 僚 長 に 報 告 す る と と も に 、当 該 大 規 模 震 災 に つ い て の 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 実 施 部 隊 の 長 に 報 告 又 は 通 報 す る も の と す る 。 ウ ア の 統 合 幕 僚 長 に 対 す る 報 告 は 、 第 6 条 に 規 定 す る 災 害 派 遣 概 報 を 持 っ て 代 え る こ と が で き る 。 (5) 要 請 の 伝 達 ア 指 定 部 隊 等 の 長 以 外 の 部 隊 等 の 長 は 、 災 害 派 遣 の 要 請 を 受 け た 場 合 に は 、 直 ち に こ れ を 当 該 災 害 の 救 援 に 最 も 適 当 と 認 め ら れ る 指 定 部 隊 等 の 長 に 進 達 又 は 移 ち ょ う し 、 そ の 旨 を 当 該 都 道 府 県 知 事 等 に 通 知 す る も の と す る 。 イ 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 実 施 部 隊 の 長 以 外 の 部 隊 等 の 長 は 、 大 規 模 震 災 に 係 る 災 害 派 遣 の 要 請 を 受 け た 場 合 に は 、 直 ち に こ れ を 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 実 施 部 隊 の 長 に 進 達 又 は 移 ち ょ う し 、 そ の 旨 を 当 該 都 道 府 県 知 事 等 に 通 知 す る も の と す る 。 ウ イ の 要 請 の 伝 達 に 当 た っ た 部 隊 等 の 長 は 、 以 後 必 要 に 応 じ 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 実 施 部 隊 の 長 と 当 該 都 道 府 県 知 事 等 と の 間 の 連 絡 調 整 に 当 た る も の と す る 。 (6) 派 遣 部 隊 等 の 撤 収 災 害 派 遣 命 令 者 は 、 部 隊 等 の 撤 収 に 当 た っ て は 、 当 該 都 道 府 県 知 事 等 、 市 町 村 長 、 警 察 署 長 そ の 他 こ れ に 準 ず る 官 公 署 の 長 と 密 接 に 連 絡 調 整 し 、 撤 収 の 時 期 及 び そ の 方 法 に つ い て 、 特 に 配 慮 す る も の と す る 。 4 災 害 派 遣 時 の 措 置

(16)

(1) 災 害 派 遣 の 実 施 ア 部 隊 等 の 長 は 、 近 傍 の 災 害 発 生 に 際 し て は 機 を 失 す る こ と な く 積 極 的 に 救 援 の 措 置 を と る も の と す る 。 イ 指 定 部 隊 等 の 長 は 、 災 害 派 遣 に 際 し 必 要 が あ る 場 合 に は 、 そ の 状 況 に 即 応 し て 他 の 指 定 部 隊 等 の 長 と 調 整 し 、 密 接 に 協 力 し て 救 援 の 措 置 を 講 ず る も の と す る 。 ウ 地 方 総 監 は 、 警 備 区 域 内 に お け る 大 規 模 な 災 害 の 発 生 に 際 し 、 必 要 が あ る 場 合 に は 、 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に よ り 警 備 区 域 内 に 所 在 す る 部 隊 等 を 指 揮 し て 、 災 害 の 救 援 に 任 ず る も の と す る 。 エ 自 衛 艦 隊 司 令 官 、 護 衛 艦 隊 司 令 官 、 航 空 集 団 司 令 官 、 教 育 航 空 集 団 司 令 官 又 は 練 習 艦 隊 司 令 官 は 、 ウ の 場 合 に お い て 、 地 方 総 監 の 協 議 に 応 じ 隷 下 の 部 隊 を 派 遣 し て 地 方 総 監 に 協 力 す る も の と す る 。 た だ し 、 災 害 区 域 が 洋 上 で あ り 、 地 方 総 監 の 指 揮 を 受 け さ せ る こ と が 適 当 で な い と 認 め る と き は 、自 ら 派 遣 し た 部 隊 を 指 揮 し て 災 害 の 救 援 に 当 た る も の と す る 。 (2) 編 成 及 び 装 備 ア 派 遣 部 隊 等 の 編 成 に 当 た っ て は 、努 め て 固 有 編 成 を 保 持 す る も の と し 、 必 要 に 応 じ 、 通 信 、 情 報 、 広 報 、 衛 生 、 経 理 、 補 給 、 整 備 、 輸 送 等 の 要 員 を 加 え る も の と す る 。 イ 派 遣 部 隊 等 の 装 備 は 、 現 有 装 備 品 及 び 現 有 訓 練 用 品 等 の 範 囲 に お い て 災 害 の 状 況 に 応 じ 、 災 害 派 遣 命 令 者 が 定 め る も の と す る 。 5 情 報 (1) 平 素 に お け る 情 報 資 料 の 収 集 整 理 ア 地 方 総 監 は 、 担 当 警 備 区 域 内 の 防 災 関 係 資 料 を 収 集 整 理 し 、 隷 下 の 部 隊 の 長 及 び 当 該 資 料 を 必 要 と す る 指 定 部 隊 等 の 長 に 配 布 し て お く も の と す る 。 イ 指 定 部 隊 等 の 長 ( 地 方 総 監 を 除 く 。) は 、 災 害 派 遣 の 実 施 に 必 要 な 資 料 を 収 集 整 理 し て お く も の と す る 。 (2) 災 害 の 発 生 時 又 は 発 生 の お そ れ が あ る 場 合 の 情 報 活 動 ア 指 定 部 隊 等 の 長 は 、 災 害 の 発 生 時 又 は 災 害 発 生 の お そ れ が あ る 場 合 で 状 況 が 明 ら か で な い と き は 、 機 を 失 せ ず 予 想 現 地 を 偵 察 す る 等 所 要 の 措 置 を 講 じ 、 災 害 派 遣 の 要 否 及 び 災 害 派 遣 実 施 要 領 等 を 決 定 す る に 必 要 な 情 報 の 収 集 に 努 め る も の と し 、 そ の 結 果 、 大 規 模 な 災 害 又 は 特 異 な 災 害 の 発 生 が 予 想 さ れ る 場 合 に は 、 そ の 状 況 を 速 や か に 当 該 区 域 を 警 備 区 域 と す る 地 方 総 監 に 報 告 又 は 通 報 す る と と も に 、 統 合 幕 僚 長 に 報 告 す る も の と す る 。 イ 部 隊 等 の 長 は 、 当 該 部 隊 等 の 所 在 す る 区 域 又 は そ の 近 傍 に お い て 大 規

(17)

模 な 災 害 が 発 生 し た こ と を 認 め た 場 合 に は 、 速 や か に そ の 状 況 を 当 該 災 害 区 域 を 警 備 区 域 と す る 地 方 総 監 に 報 告 又 は 通 報 す る と と も に 、 統 合 幕 僚 長 に 報 告 す る も の と す る 。 (3) 災 害 派 遣 中 の 情 報 活 動 ア 災 害 派 遣 命 令 者 及 び 派 遣 部 隊 等 の 長 は 、 派 遣 部 隊 等 の 行 動 に 必 要 な 情 報 及 び 派 遣 部 隊 等 の 増 強 の 要 否 、 撤 収 の 時 期 等 を 決 定 す る た め 必 要 な 情 報 を 収 集 し 、 所 要 の 向 き に 配 布 す る も の と す る 。 イ 災 害 区 域 を 警 備 区 域 と す る 地 方 総 監 は 、 必 要 に 応 じ 災 害 派 遣 命 令 者 の 行 う 情 報 活 動 を 支 援 す る も の と す る 。 6 通 信 (1) 自 衛 隊 相 互 間 の 通 信 陸 上 自 衛 隊 又 は 航 空 自 衛 隊 と の 相 互 通 信 に 関 し て は 、 別 に 定 め る 。 (2) 海 上 保 安 庁 と の 通 信 海 上 保 安 庁 と の 相 互 通 信 に 関 し て は 、「 海 上 自 衛 隊 と 海 上 保 安 庁 と の 電 気 通 信 の 協 力 に 関 す る 基 本 協 定 」( 平 成 1 1 年 1 月 2 7 日 ) に 基 づ い て 実 施 す る も の と す る 。 (3) 警 察 と の 通 信 警 察 と の 相 互 通 信 に 関 し て は 、「 治 安 出 動 に お け る 自 衛 隊 と 警 察 の 通 信 の 協 力 に 関 す る マ ニ ュ ア ル に つ い て 」( 平 成 1 4 年 5 月 2 7 日 ) に 準 じ 、 必 要 に 応 じ て 関 係 部 隊 等 の 長 が 現 地 に お い て 協 定 し て 実 施 す る も の と す る 。 (4) 非 常 通 信 の 利 用 艦 船 及 び 航 空 機 等 が 災 害 の 救 援 の た め 特 に 必 要 と 認 め る 場 合 は 、 無 線 局 運 用 規 則 ( 昭 和 2 5 年 電 波 監 理 委 員 会 規 則 第 1 7 号 ) 第 1 2 9 条 及 び 第 1 3 0 条 に 規 定 す る 非 常 通 信 に よ り 警 察 、 海 上 保 安 庁 そ の 他 地 方 公 共 団 体 と 通 信 す る こ と が で き る 。 (5) 非 常 通 信 の 協 力 電 波 法 ( 昭 和 2 5 年 法 律 第 1 3 1 号 ) 第 5 2 条 第 4 号 に 規 定 す る 非 常 通 信 の 実 施 を 部 外 か ら 依 頼 さ れ た と き は 、 業 務 に 支 障 の な い 限 り 協 力 す る も の と す る 。 (6) 通 信 の 統 制 派 遣 部 隊 等 の 長 は 、 災 害 派 遣 中 に お い て 、 通 信 の 実 施 上 必 要 な 統 制 を 適 切 に 実 施 し 、 部 隊 等 の 行 動 上 重 要 な 事 項 の 伝 達 に 遺 憾 の な い よ う に 努 め る も の と す る 。 7 後 方 支 援 (1) 後 方 支 援

(18)

ア 派 遣 部 隊 等 に 対 す る 後 方 支 援 は 、平 素 の 支 援 要 領 に 準 ず る も の と す る 。 イ 災 害 派 遣 命 令 者 は 、 派 遣 部 隊 等 が 最 寄 り の 海 上 自 衛 隊 の 基 地 又 は 港 湾 等 に お い て 円 滑 な 後 方 支 援 が 得 ら れ る よ う 関 係 の 向 き に 所 要 の 事 項 を 連 絡 す る も の と す る 。 (2) 後 方 支 援 の 責 任 ア 災 害 区 域 を 警 備 区 域 と す る 地 方 総 監 は 、 前 号 ア に 規 定 す る 後 方 支 援 に 関 し て 全 般 的 責 任 を 有 す る も の と す る 。 イ 地 方 総 監 は 、 後 方 支 援 を 実 施 す る た め 、 次 の 措 置 を と る も の と す る 。 (ア) 後 方 支 援 系 統 の 指 示 (イ) 後 方 支 援 担 当 部 隊 の 能 力 の 強 化 (ウ) 必 要 に 応 じ 隣 接 の 地 方 総 監 及 び 他 の 自 衛 隊 に 対 す る 協 力 の 要 請 (エ) そ の 他 必 要 と 認 め ら れ る 措 置 (3) 調 達 の 実 施 派 遣 部 隊 等 に 対 す る 現 地 に お け る 調 達 の 実 施 に 当 た っ て は 、 努 め て 部 外 機 関 と の 連 絡 を 緊 密 に し 、 民 需 と の 調 整 を 図 る も の と す る 。 (4) 補 給 の 実 施 ア 派 遣 部 隊 等 に 対 す る 補 給 の 実 施 は 、 災 害 地 の 最 寄 り の 部 隊 等 が 担 任 す る も の と す る 。 た だ し 、 そ の 補 給 能 力 が 不 足 す る と 認 め ら れ る 場 合 は 、 災 害 区 域 を 警 備 区 域 と す る 地 方 総 監 が 直 接 担 任 す る も の と す る 。 イ 派 遣 部 隊 等 の 長 は 、 災 害 派 遣 中 に お け る 燃 料 、 糧 食 、 そ の 他 の 所 要 量 の 見 積 り 、 搭 載 予 定 等 を 作 成 し 、 補 給 に 任 ず る 部 隊 等 の 長 に 通 知 す る も の と す る 。 ウ 補 給 に 任 ず る 部 隊 等 の 長 は 、 イ の 派 遣 部 隊 等 の 長 か ら 通 知 を 受 け た 補 給 予 定 に 基 づ き 、 補 給 計 画 を 作 成 し 、 派 遣 部 隊 等 の 長 に 通 知 す る と と も に 、 こ の 計 画 に 基 づ き 補 給 を 実 施 す る も の と す る 。 (5) 整 備 支 援 地 方 総 監 は 、 派 遣 部 隊 等 の 艦 船 又 は 航 空 機 等 の 整 備 を 支 援 す る た め 必 要 が あ る と 認 め る と き は 、 所 要 の 人 員 を 現 地 に 派 遣 す る も の と す る 。 (6) 福 利 厚 生 ア 派 遣 部 隊 等 の 長 は 、 災 害 派 遣 が 長 期 に わ た る こ と が 予 想 さ れ る 場 合 に は 、 特 に 隊 員 の 福 利 厚 生 に つ い て 遺 憾 の な い よ う に 配 慮 し な け れ ば な ら な い 。 イ 地 方 総 監 は 、 現 地 に お け る 特 殊 事 情 を 考 慮 し 、 派 遣 部 隊 等 に 対 す る 福 利 厚 生 の 支 援 を 適 切 に 実 施 す る も の と す る 。 (7) 保 健 衛 生 ア 派 遣 部 隊 等 の 長 は 、 健 康 管 理 に 関 す る 監 督 指 導 を 強 化 す る と と も に 、

(19)

隊 員 の 体 力 、 精 神 力 特 に 持 久 力 の 維 持 に 努 め る も の と す る 。 イ 派 遣 部 隊 等 の 長 は 、 隊 員 の 健 康 管 理 に 当 た っ て は 、 次 の 事 項 を 実 施 す る も の と す る 。 (ア) 衛 生 情 報 の 収 集 、 特 に 被 災 地 に お け る 伝 染 病 発 生 状 況 の 把 握 及 び そ の 対 策 (イ) 疲 労 程 度 の 判 定 及 び 疲 労 の 防 止 (ウ) 衛 生 思 想 の 普 及 徹 底 及 び 疾 病 の 予 防 (エ) 停 泊 地 又 は 救 援 作 業 地 に お け る 衛 生 的 な 環 境 の 維 持 (オ) 撤 収 後 に お け る 臨 時 健 康 診 断 及 び 携 行 物 件 の 消 毒 ウ 派 遣 部 隊 等 の 長 は 、 隊 員 に 患 者 が 発 生 し た 場 合 に は 、 最 寄 り の 自 衛 隊 の 医 療 機 関 又 は 必 要 に 応 じ 部 外 の 医 療 機 関 に お い て 療 養 を 受 け さ せ る も の と す る 。 こ の 場 合 、 派 遣 部 隊 等 の 長 は 、 療 養 の 状 況 を 災 害 派 遣 命 令 者 に 報 告 又 は 通 報 す る も の と す る 。 (8) 表 彰 資 料 の 整 備 災 害 派 遣 命 令 者 及 び 派 遣 部 隊 等 の 長 は 、 派 遣 部 隊 等 及 び 隊 員 の 功 績 に 留 意 し 、 表 彰 に 該 当 す る 事 項 の 資 料 を 整 理 す る も の と す る 。 8 災 害 救 助 物 品 の 報 告 (1) 準 備 報 告 指 定 部 隊 等 の 長 又 は 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 実 施 部 隊 の 長 は 、 災 害 救 助 物 品 の 準 備 を 行 っ た 場 合 に は 、 速 や か に 次 の ア 及 び イ に 掲 げ る 事 項 を 統 合 幕 僚 長 に 報 告 す る と と も に 、 派 遣 部 隊 等 の 長 に 通 報 し な け れ ば な ら な い 。 ア 災 害 救 助 物 品 に 対 す る 要 請 が あ っ た 場 合 に は 、 要 請 者 名 及 び 要 請 の 内 容 イ 災 害 救 助 物 品 の 準 備 状 況 (ア) 準 備 物 件 の 品 名 数 量 (イ) 発 送 予 定 月 日 (ウ) 輸 送 方 法 ( 災 害 派 遣 艦 船 に 搭 載 す る 場 合 に は 、 搭 載 艦 船 名 、品 名 及 び 数 量 ) (2) 引 渡 し 報 告 等 派 遣 部 隊 等 の 長 ( 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 時 に あ っ て は 、 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 実 施 部 隊 の 長 ) は 、 災 害 救 助 物 品 を 被 災 者 又 は 部 外 機 関 に 引 き 渡 し た 場 合 に は 、 次 の ア か ら ウ に 掲 げ る 事 項 を 統 合 上 幕 僚 長 及 び 当 該 物 品 管 理 者 又 は 分 任 物 品 管 理 官 に 報 告 又 は 通 知 す る も の と す る 。 ア 貸 与 ( 譲 与 ) 年 月 日 イ 貸 与 ( 譲 与 ) 物 品 名 、 数 量 、 貸 与 ( 譲 与 ) 先 ウ 貸 付 け ( 譲 与 ) を 必 要 と し た 概 況 及 び 貸 付 け し た 場 合 の 貸 与 期 間

(20)

9 行 動 報 告 (1) 災 害 派 遣 概 報 第 6 条 第 2 項 の 報 告 に つ い て は 、 第 6 条 第 1 項 に 準 じ て 報 告 す る も の と す る 。 (2) 災 害 派 遣 詳 報 自 衛 艦 隊 司 令 官 、 護 衛 艦 隊 司 令 官 、 航 空 集 団 司 令 官 、 地 方 総 監 、 教 育 航 空 集 団 司 令 官 及 び 練 習 艦 隊 司 令 官 は 、 第 7 条 の 規 定 に よ り 隷 下 部 隊 等 の 長 か ら 提 出 さ れ た 災 害 派 遣 詳 報 に 対 し 、 必 要 な 所 見 を 添 付 す る も の と す る 。

(21)

付 表 海 上 自 衛 隊 の 災 害 派 遣 準 備 作 業 の 標 準 配 備 災害派遣準備第3配備 災害派遣準備第2配備 災害派遣準備第1配備 項 目 配備下令時期 災害派遣の可能性があると判断さ 災害派遣の可能性大であると判断 災害派遣の必至であると判断され の基準 れる場合 される場合 る場合 応急出動艦船は、原則2時間待機 応急出動艦船は、原則30分待機 所要の艦船は、原則即時待機とする。 艦 船 とし、その他のものは、12時間 とし、その他のものは、6時間待 待機とする。 機とする。 航空機 応急出動機は、2時間待機とする。 応急出動機は、30分待機とする。 所要の航空機は、30分待機とする。 待 機 1 上陸及び外出は平常どおりと 1 艦船部隊は上陸を中止する。 1 派遣部隊を編成し待機させる。 するが、特に必要と認める場合 2 陸上部隊は総員の1/2以内で外 2 原則として上陸及び外出を許可 人 員 のほか、年次休暇及び区域外旅 出を許可する。ただし、外出員 しない。 行は許可しない。 は所在を明確にし、呼集に即応 2 上陸及び外出員の所在を明確 できるようにする。 にさせる。 3 派遣部隊の編成準備を行う。 欠 員 補 充 状況により、欠員補充を計画する。 一部の補充を実施する。 必要な補充を実施する。 1 災害の様相及び行動期間を 待機時間内に行動を開始できるよ 即時出動できるように補給整備を完 予測して、生糧品、清水、燃料、 うに補給整備をおおむね完了する。 了する。 貯糧品、医療品及び災害救助物 補 給 整 備 品の補給計画をたてる。 2 待機時間内に行動を開始で きるように補給整備を開始す る。 業務態勢の強化 通信、情報、オペレーション等の当直を各配備に応じて強化する。 自 隊 警 備 荒天準備その他の被害予防対策を講ずる。

(22)

別 紙 第 3 ( 第 3 条 、 第 6 条 関 係 ) 航 空 自 衛 隊 災 害 派 遣 実 施 要 領 1 部隊等の長の責務 (1) 航空自衛隊の指定部隊等の長は、指揮系統上の上級の指定部隊等の長の命令又 は自ら発する命令に基づき、隷下部隊等の長及び基地に所在する指揮系統外の航 空自衛隊の部隊等の長(訓練、演習等のため、臨時に所在する部隊等の長を含 む。)の一部又は全部を指揮して訓令第11条から第13条に規定する災害派遣 (以下「通常災害派遣」という。)を行うとともに、これに必要な計画の作成、 準備及び訓練を行うものとする。 (2) 航空総隊司令官は、防衛大臣の命令により、航空自衛隊の部隊等の長を指揮し て大規模震災災害派遣及び訓令第5条第7項に規定する災害派遣(以下「大規模 災害派遣」という。)を行うとともに、これらに必要な計画の作成、準備及び訓 練を行うものとする。 (3) 部 隊 等 の 長 は 、 防 衛 省 の 施 設 ( 当 該 近 傍 災 害 派 遣 を 実 施 す る 部 隊 等 が 所 在 す る 基 地 に 所 在 す る 施 設 を 除 く 。 ) 又 は そ の 近 傍 に 災 害 が 発 生 し た 場 合 に お い て は 、 近 傍 災 害 派 遣 を 行 う も の と し 、 災 害 派 遣 に 関 す る そ れ ぞ れ の 部 隊 等 の 長 の 権 限 に 応 じ 必 要 な 措 置 を 行 う も の と す る 。 2 災害派遣の準備に関する措置 (1) 指定部隊等の長は、通常災害派遣に関する部隊等の災害派遣計画を作成し、所 要の準備を整えておかなければならない。この場合、当該計画には、次に掲げる 事項を含めるものとする。 ア 災害に関する情報見積り イ 関係部隊等及び防災関係機関等との協力要領 ウ 災害発生時における処置要領(方針、指導要領(要すれば準備、初動及び増 強の各段階に区分する。)) エ 部署基準(編成、装備等) (2) 大規模震災災害派遣及び大規模災害派遣(以下「大規模震災等災害派遣」とい う。)に関する計画は、次のとおりとする。 ア 訓 令 第 8 条 第 5 項 の 規 定 に よ る 計 画 ( 以 下 「 部 隊 個 別 対 処 計 画 」と い う 。 ) は 、 訓 令 第 8 条 第 3 項 の 規 定 に よ り 統 合 幕 僚 長 が 定 め る 計 画 に 基 づ き 、 航 空 総 隊 司 令 官 が 定 め る 。 イ 航 空 総 隊 司 令 官 は 、 大 規 模 災 害 派 遣 の 指 揮 系 統 等 の 必 要 な 事 項 に 関 し て 、 防 衛 大 臣 の 命 令 に 基 づ き 、 訓 令 第 8 条 第 4 項 に 規 定 す る 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 の 計 画 に 準 拠 す る こ と が で き る 。

(23)

ウ 航 空 総 隊 以 外 の 部 隊 等 の 長 は 、 部 隊 個 別 対 処 計 画 の 作 成 に 関 し 航 空 総 隊 司 令 官 に 協 力 す る も の と し 、 当 該 計 画 に 基 づ き 所 要 の 準 備 を 整 え て お かな け れ ば な ら な い。 3 災 害派 遣の 実 施 (1) 派遣部隊等の任務 派遣部隊等は、被害状況の偵察、避難の援助、遭難者等の捜索及び救助、消 防、水防、人員及び物資の緊急輸送、道路の応急啓開、応急医療、救護及び防 疫、給食、給水その他の救援活動によって人命又は財産の保護に当たるものとす る。 (2) 通常災害派遣 指定部隊等の長が通常災害派遣を行う場合の要領は、訓令第11条、第12条 又は第13条の規定によるほか、次のアからカのとおりとする。 ア 基地司令の職にある指定部隊等の長が、当該災害派遣に関し、単独で対処で きない場合は指揮系統上の上級の指定部隊等の長に報告する。ただし、訓令第 5条第5項別表右欄に掲げる基地の基地司令の職にある部隊等の長にあって は、指揮系統上の上級の指定部隊等の長を同表左欄に掲げる者とする。 イ アの報告を受けた航空方面隊司令官又は南西航空混成団司令は、原則とし て、当該災害派遣を実施するものとする。ただし、災害の場所及び規模等の状 況により訓令第3条第19号から第22号に規定する他の部隊等の長が実施す ることが適当と判断される場合は、当該指定部隊等の長と担任について協議す るものとする。 ウ 災 害 派 遣 を 実 施 す る こ と と な っ た 指 定 部 隊 等 の 長 は 、 必 要 に 応 じ 、 関 係 す る 陸 上 自 衛 隊 の 指 定 部 隊 等 の 長 、 海 上 自 衛 隊 の 指 定 部 隊 等 の 長 又 は 航 空 自 衛 隊 の 指 定 部 隊 等 の 長 に 協 力 を 依 頼 す る も の と す る 。 エ 協 力 を 依 頼 さ れ た 陸 上 自 衛 隊 及 び 海 上 自 衛 隊 の 指 定 部 隊 等 の 長 は 、 そ の 全 部 又 は 一 部 に お い て こ れ に 応 じ る こ と が で き る と き は 速 や か に 部 隊 等 を 派 遣 し 、 協 力 す る も の と す る 。 オ 航 空 方 面 隊 司 令 官 、 南 西 航 空 混 成 団 司 令 及 び 基 地 司 令 の 職 に あ る 指 定 部 隊 等 の 長 は 、 救 難 機 又 は 回 転 翼 輸 送 機 を 使 用 し た 災 害 派 遣 を 実 施 す る 必 要 が あ る 場 合 は 、 航 空 救 難 団 司 令 に 対 し て 協 力 を 依 頼 す る も の と す る 。 カ 航 空 支 援 集 団 司 令 官 は 、 航 空 機 の 集 中 を 要 す る 場 合 等 、 当 該 隷 下 部 隊 を 自 ら 指 揮 す る 必 要 が あ る と 認 め る と き は 、 調 整 に よ り そ の 指 揮 を 引 き 継 ぐ こ と が で き る 。 (3) 大規模震災等災害派遣 ア 大規模震災等が発生した場合の対処の要領は、第2項第2号に規定する計画

(24)

によるほか、統合幕僚長が指示するところによる。 イ 訓令第14条ただし書の規定により航空総隊司令官又は指定部隊等の長が、 防衛大臣の命令を待つことなく部隊等を派遣する場合の要領は、次の(ア)から (ウ)のとおりとする。 (ア) 指定部隊等の長が、自衛隊の地震防災派遣に関する訓令(昭和55年防衛 庁訓令第29号)第9条の規定により防災派遣を命ぜられている場合にあって は同訓令第14条の規定を準用する。 (イ) (ア)以外の場合にあっては指定部隊等の長が通常災害派遣を行うものとす る。ただし、指定部隊等の長は、航空総隊司令官から大規模震災災害派遣を 命ぜられたとき又は自らに係る大規模震災の発生を知っ たときは、速やかに 大規模震災災害派遣態勢に移行するとともに、必要な措置をとらなければな らない。 (ウ) (ア)及び(イ)に規定するもののほか、航空総隊司令官は、部隊等に大規模震 災災害派遣を命ずるに当たっての必要な細部を、部隊個別対処計画において 明らかにするものとする。 ウ 大規模震災等災害派遣に関し航空総隊司令官の指揮を受けている指定部隊等 の長が、都道府県知事等から災害派遣を要請された場合又は大規模震災等災害 派遣に係らない他の指定部隊等の長から訓令第11条第1項の規定により災害 派遣の協力を求められた場合の部隊等の派遣は、同項の規定にかかわらず、航 空総隊司令官が命ずるものとする。 (4) 原子力災害に係る災害派遣 航空総隊司令官が、原子力災害に係る災害派遣を行うに当たっては、自衛隊の 原子力災害派遣に関する達(平成18年自衛隊統合達第22号)第2条の規定に 基づき定めるところの原子力災害派遣に関する計画を準用する。 (5) 災害派遣命令等 ア 災害派遣のため部隊等に行動を命ずる場合に発する行動命令(以下「行災 命」という。)には、災害の状況、派遣の目的、派遣部隊等(任務、編成、装 備)、派遣予定期間、行動区域その他必要な事項を示すものとする。 イ 派遣部隊等の撤収を命ずる場合に発する行災命には、撤収の根拠、撤収時期 その他必要な事項を示すものとする。 ウ 行災命は、緊急の場合には、口頭又は電話により発することができるものと し、発した場合には、事後、速やかに文書処理を行うものとする。 4 報 告 第6条から第8条までの規定に基づく災害派遣に関する報告は、次により行うも のとする。 (1) 通常災害派遣を実施した場合は、災害派遣命令者は第6条第1項に規定する報

(25)

告を実施する。この場合において、災害派遣の規模が大きい場合又は災害が特異 な場合であって、統合幕僚長が特に命じた場合には、第7条の報告を実施するも のとする。 (2) 第 6 条 第 2 項 に 規 定 す る 近 傍 災 害 派 遣 に 関 す る 報 告 に つ い て は 、 第 6 条 第 1 項 に 準 じ て 実 施 す る も の と す る 。 (3) 大規模震災等災害派遣を実施した場合には、第7条の報告を実施するものとす る。 (4) 航空総隊隷下以外の部隊等の長が実施した災害派遣に関する第7条の報告は、 隷属上級部隊等の長を経由し、航空総隊司令官及び航空方面隊司令官等にも配布 処置するものする。ただし、支援集団司令官が自ら災害派遣を実施した場合につ いては、航空総隊司令官のみに配布処置するものとする。 (5) 第6条の報告は、電話又は電子メール等によることができるものとする。この 場合において、基地司令の職にある指定部隊等の長は、隷属する上級部隊等の長 に対し報告を実施するとともに、訓令第5条第5項に定める方面隊司令官に対し ても、必要に応じて同報するものとする。

(26)

別表(第6条関係) 災害派遣概報における報告事項(基準) 区 分 報 告 事 項 備 考 1 全 般 災害派遣に係る状況 要請内容、件名等 災害派遣命令者、命令日時 派遣部隊名 派遣規模 機種、機数、乗員数 A 駐屯地等離着陸時刻 航空機によ 情報収集空域 情報収集開始・終了時刻 る情報収集 、空域変更時刻も含む。 活動結果 派遣部隊名 派遣規模 派遣数(班・組) B 人員数、車両数 地上部隊に 駐屯地等出発・到着時刻 情 報 収 集 よる情報収集 情報収集経路・地域 到着・離脱時刻、地域変 2 の た め の 更時刻も含む。 部 隊 の 活動結果 活 動 派遣部隊名 派遣規模 艦種、艦数 C 基地等出発・到着時刻 艦船による 情報収集海域 到着・離脱時刻、海域変 情報収集 更時刻含む。 活動結果 派遣部隊名 派遣規模 派遣数(班・組等) D 人員数、車両数 連絡要員 駐屯地等出発時刻 派遣先及び到着時刻 じ後の予定 派遣先の変更 A 指揮所 主指揮所、前方指揮所 位置、人員、準備状況 の状況 じ後の予定 指揮所の位置の変更 派遣部隊名 指揮機能 派遣規模 派遣数(班・組) 3 B 人員数、車両数 の確立 初動対処の 駐屯地等出発・到着時刻 ための通信 活動地域 到着・離脱時刻、地域変 確保 更時刻も含む。 (通信部隊) 活動内容 じ後の予定 活動地域の変更

(27)

区 分 報 告 事 項 備 考 派遣部隊名 派遣規模 人員数、 A 車両・艦船・機数 初動対処部 駐屯地等出発・到着時刻 隊 活動地(海空)域 到着・離脱時刻、地域等 (先遣部隊) 変更時刻含む。 人 命 救 助 衛生部隊 活動内容 4 の た め の じ後の予定 活動 活動実績 救出人員数等 派遣部隊名 派遣規模 機種、機数、 B 搭乗員数 緊急空輸 駐屯地等離着陸時刻 活動空域等 到着・離脱時刻等、空域 部隊 等変更時刻含む。 活動内容 じ後の予定 活動実績 救出人員数等 救援活動内容 捜索・救助、物資空輸、 林野火災、生活支援等 派遣部隊名 派 遣 規 模 人員数、主要装備品 主力 (追 車両、艦船、機数 加兵力) 駐屯地等出発・到着時刻 5 に よ る 活動地(海・空)域等 到着時刻等含む。 救援活動 地域等変更の都度 じ後の予定 救助人員数、 輸送人員数・物資量、 活動実績 消火回数(放水量)、 生活支援給水量、給食・ 入浴者数 等 6 共 通 活動の可否及びその理由 天候等 * 駐屯地等出発時刻については、訓練実施中から災害派遣に移行する場合の訓練地 域等からの出発時刻を含む。 * 報告については、電話、電子メール又は中央指揮システム(クロノロジー機能) 等使用可能な手段を使用して実施できるものとする。 * 報告要領の一例 情報収集のための活動 航空機による情報収集 駐屯地等離陸時刻 1130 → 2 A 駐屯地離陸時刻 1130

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP