• 検索結果がありません。

パソコンバンクWeb21 操作マニュアル[サービス利用編]

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2021

シェア "パソコンバンクWeb21 操作マニュアル[サービス利用編]"

Copied!
18
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

(1)

13章

 

お客さま指定形式

/ 全銀形式のデータを変換する(データ変換)

13

データ変換

お客さま指定形式 / 全銀

形式のデータを変換する

この章では、データ変換の利用方法について説

明します。

この機能はデータ変換の操作権限を持つ利用者

が利用できます。

1.・ご利用の流れ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 198 2.・ご利用可能時間・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 198 3.・データ変換 トップ画面の説明・ ・・・・・・・・・・・・・ 199 4.・変換したデータを利用して振込を行う・ ・・・・・・・・・・ 200 5.・変換したデータを自社システム等に活用する・ ・・・・・・・ 208 6.・変換定義登録の登録例・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 213

(2)

13章

 

お客さま指定形式

/ 全銀形式のデータを変換する(データ変換)

1.

ご利用の流れ

お客さま独自の形式で作成した振込データを Web21 で振込可能な全銀形式へ変換したり、Web21 より

ダウンロードした全銀形式のデータをお客さまの指定する項目順序に並び替えることができます。

利用の目的 変換したデータを利用して振込する 変換したデータを自社システム等に活用する 操作の流れ ①変換定義の登録 「お客さま指定形式→全銀形式」 の変換定義を登録する→ P.200 「全銀形式→お客さま指定形式」 の変換定義を登録する→ P.208 ②データ変換 「お客さま指定形式→全銀形式」で変換する→ P.203 「全銀形式→お客さま指定形式」で変換する→ P.210 ④変換したデータの利用 変換したデータを利用し、データ を確定する→ P.206 データをパソコンにダウンロード する→ P.212

2.

ご利用可能時間

銀行営業日 土曜日・12/31(注 1) 変換定義の登録 8:00 ~ 24:00 データ変換 8:00 ~ 23:00 (注) 1/1 ~ 1/3・5/3 ~ 5/5・祝祭日・国民の休日が土曜日と重なる場合、12 月 31 日が日曜日と重なる場合を除きます。

(3)

13章

 

お客さま指定形式

/ 全銀形式のデータを変換する(データ変換)

Web21 メニューの「データ変換」をクリックすると、データ変換 トップ画面が表示されます。

◆お客さま指定形式→全銀形式 (Web21 利用可能 ) データ変換→ P.203 定義登録→ P.200 なお、データ変換可能なサービスは以下の通り。 ・総合振込サービス ・給与/賞与振込サービス ・個人地方税納付サービス ・口座振替サービス ◆全銀形式→お客さま指定形式(項目順序の並び替え) データ変換→ P.210 定義登録→ P.208 なお、データ変換可能なサービスは以下の通り。 ・取引口座照会サービスの入出金明細照会および振込入金明細照会 ・総合振込サービス ・給与/賞与振込サービス ・個人地方税納付サービス ・口座振替サービス(口座振替結果照会も含む) <変換データ一覧> 各データが現在どのような状態か一覧表示されます。 前月と当月のデータが参照可能です。該当するデータ が存在しないときは、確認データ一覧には何も表示 されません。 変換待ち 変換処理実行待ちの状態 変換中 変換処理実行中の状態 正常終了 正常終了。ダウンロード、または振込データとして使用できる状態 変換エラー 入力データの文字数や型が変換定義と異なっている 状態 実行エラー 入力データのフォーマット異常やシステムエラー が発生している状態

変換データ一覧でできること

指定する条件にあったデータを検索するには 【検索】ボタンをクリックします。データ検索画面が表示され、操作者以外が 変換したデータなどを検索することが可能です。ただし、操作者自身に対して 利用不可と設定されている口座に関するデータは表示されません。

Â

設定の詳細について→『導入・事前設定編』―5章―「7.利用者ごとに利用 可能口座を制限する」 選択したデータを削除するには 「正常終了」「変換エラー」「実行エラー」のデータのみです。削除するデータを選択して【削除】ボタンをクリックします。削除できるのは、 選択したデータをダウンロードするには ダウンロードするデータを選択して【ダウンロード】ボタンをクリックします。

Â

操作手順の詳細→P.212 選択したデータを利用して振込を行うには 利用するデータを選択して【振込画面へ】ボタンをクリックします。

Â

操作手順の詳細→P.206

(4)

13章

 

お客さま指定形式

/ 全銀形式のデータを変換する(データ変換)

4.

変換したデータを利用して振込を行う

お客さま独自の形式で作成された振込データを Web21 で振込可能な全銀形式のデータへ変換する定義の登録

およびデータ変換を行います。

ここでは、総合振込サービスの場合を例に説明します。他のサービスも、一部画面やポップアップのメッセージ

が異なる場合がありますが操作方法は同じです。

3.

変換定義のファイル形式を選択します。

1 「サービス名」欄のプルダウンから該当の変換 定義を登録するサービス名を選択します。 2 変換前データの入力ファイル形式をクリック して選択します。 3 【定義登録へ】ボタンをクリックします。 3 1 2

4.

変換定義を登録します。

「CSV /タブ区切り」を選択した場合:

1 変換定義名および変換データ開始行を入力し、 入力ファイル形式をクリックして選択します。 2 振込金額がスペースの場合を 0 円とする場合に チェックします。 3 変換前データの各項目の表示順序を入力します (グレー表示している箇所は入力不要です)。

Â

登録内容の具体例→P.213 4 変換前データの銀行名や支店名を銀行コード・ 支店コードに変換するときは、「金融機関読替 を利用する」にチェックします。 • 「金融機関読替を利用する」にチェックした場合 は、左側の表内にある「銀行名」「支店名」欄の 項目順序を入力します。 • 「金融機関読替を利用する」にチェックしない場合 は、左側の表内にある「銀行コード」「支店コード」 欄の項目順序を入力します。

「お客さま指定形式→全銀形式」の変換

定義を登録する

お 客 さ ま 独 自 の 形 式 で 作 成 さ れ た 振 込 デ ー タ を

Web21 で振込可能な全銀形式のデータへ変換する

定義を登録します。

1.

データ変換 トップ画面を表示し、【定義

登録】ボタンをクリックします。

Â

データ変換 トップ画面の表示方法→P.199

MEMO

• 登録可能な変換定義の件数は1サービスあたり200件 までです。

2.

【新規作成】ボタンをクリックします。

(5)

13章

 

お客さま指定形式

/ 全銀形式のデータを変換する(データ変換)

5 「読替元科目」欄に入力した科目名を科目コー ドに変換するときは、「科目読替を利用する」 にチェックします。 • 「科目読替を利用する」にチェックした場合は、 左側の表内にある「科目名」欄の項目順序を入力 します。 • 「科目読替を利用する」にチェックしない場合 は、左側の表内にある「科目コード」欄の項目 順序を入力します。 6 【登録】ボタンをクリックします。 4 5 1 3 2 6

MEMO

• 金融機関読替について 振込には銀行コードと支店コードが必要になります。 お客さまのお持ちのデータが銀行名や支店名しかない 場合、Web21 の金融機関情報から銀行コード・支店 コードへ読替が可能です。銀行名や支店名は半角カナ でも漢字でも読替可能ですが、完全に一致することが 条件となります。

「固定長」を選択した場合:

1 変換定義名を入力し、入力データ形式をクリック して選択し、変換前レコード長を入力します。 2 振込金額がスペースの場合を 0 円とする場合に チェックします。 3 変換前データの各項目の開始位置および桁数を 入力します(グレー表示している箇所は入力 不要です)。 4 変換前データの銀行名や支店名を銀行コード・ 支店コードに変換するときは、「金融機関読替 を利用する」にチェックします。 • 「金融機関読替を利用する」にチェックした場合 は、左側の表内にある「銀行名」「支店名」欄の 開始位置・桁数を入力します。 • 「金融機関読替を利用する」にチェックしない場合 は、左側の表内にある「銀行コード」「支店コード」 欄の開始位置・桁数を入力します。 5 「読替元科目」欄に入力した科目名を科目コード に変換するときは、「科目読替を利用する」に チェックします。 • 「科目読替を利用する」にチェックした場合は、 左側の表内にある「科目名」欄の開始位置・桁数 を入力します。 • 「科目読替を利用する」にチェックしない場合 は、左側の表内にある「科目コード」欄の開始 位置・桁数を入力します。

(6)

13章

 

お客さま指定形式

/ 全銀形式のデータを変換する(データ変換)

6 【登録】ボタンをクリックします。 4 5 1 3 2 6 • 一定時間登録が実施されないと、自動的にログアウト し、入力した内容が破棄されてしまいます。入力に 時間がかかるときは、赤字の必須項目を先に入力し、 【登録】ボタンをクリックして変換定義をいったん保存 してください。保存した変換定義は変換定義一覧画面 から修正可能です。修正を繰り返しながら変換定義を 完成させてください。

MEMO

• 金融機関読替について 振込には銀行コードと支店コードが必要になります。 お客さまのお持ちのデータが銀行名や支店名しかない 場合、Web21 の金融機関情報から銀行コード・支店 コードへ読替が可能です。銀行名や支店名は半角カナ でも漢字でも読替可能ですが、完全に一致することが 条件となります。

データを変換する

Â

「お客さま指定形式→全銀形式」でデータを 変換する→P.203

引き続き

登録した変換定義を修正するには

1.

「■変換定義一覧」画面にて修正する変換

定義を指定のうえ、内容を修正します。

1 修正する変換定義をクリックして選択します。 2 【修正】ボタンをクリックします。 1 2

Â

以降の操作→P.200手順

4

操作完了

(7)

13章

 

お客さま指定形式

/ 全銀形式のデータを変換する(データ変換)

既存の変換定義をコピーして新規に作成するには

1.

「■変換定義一覧」画面にてコピーする変換

定義を指定します。

1 コピーする変換定義をクリックして選択します。 2 【コピー】ボタンをクリックします。 1 2

2.

【OK】ボタンをクリックします。

選択した変換定義がコピーされ、変換定義一覧に戻り ます。コピーした変換定義名には、先頭に「コピー」と 表示されます。

3.

コピーした変換定義の内容を修正します。

1 コピーした変換定義をクリックして選択します。 2 【修正】ボタンをクリックします。 2 1

Â

以降の操作→P.200手順

4

操作完了

「 お 客 さ ま 指 定 形 式 → 全 銀 形 式 」 で

データを変換する

登録した変換定義に基づいて、お客さま独自の形式で

作成した振込データを Web21 で振込可能な全銀形式

のデータへ変換します。

1.

データ変換 トップ画面を表示し、変換後の

データを利用するサービスを指定します。

Â

データ変換 トップ画面の表示方法→P.199 1 プルダウンから利用するサービス名を選択します。 2 【データ変換】ボタンをクリックします。 2 1

お知らせ

• 1回の操作で変換できるデータの上限件数は3,000件です。

2.

【出金口座の選択へ】ボタンをクリックします。

(8)

13章

 

お客さま指定形式

/ 全銀形式のデータを変換する(データ変換)

3.

出金口座を指定します。

1 指定する出金口座をクリックして選択します。 2 【設定】ボタンをクリックします。 2 1

4.

データ変換を行います。

1 「変換定義」のプルダウンから利用する変換 定義を選択します。 2 【参照】ボタンをクリックし、振込を行う変換元 のファイルを指定します。 3 振込日を入力またはカレンダーから選択します。 振込日は 1 ヵ月先まで指定できます。 4 必要に応じて、振込メモを入力します。

Â

振込メモについて→P.68手順

3

5 【変換】ボタンをクリックします。 2 5 1 3 4

お知らせ

• 1回の操作で指定できるファイルサイズの上限は10MB です。

5.

【OK】ボタンをクリックします。

データ変換 トップ画面に戻ります。変換データ一覧で 正常に変換が行われているか確認します。

MEMO

• 変換するデータの件数によっては、変換に時間がかかる 場合があります。 • データに含まれていた以下の文字はそのまま変換され ますが、振込データとして送信される際にアンダー バー(_)はハイフン(-)に、それ以外はスペースに それぞれ置き換えられます。 # $ % * + : ; = ? @ { } 。  ・ _

操作完了

エラーを確認するには

変換データ一覧で正常に変換が行われているか確認

します。状態が「変換エラー」

「実行エラー」のデータは、

変換データ一覧で黄色表示されます。

1.

詳細を確認するデータの「変換エラー」または

「実行エラー」をクリックします。

(9)

13章

 

お客さま指定形式

/ 全銀形式のデータを変換する(データ変換)

2.

エラーの内容を確認します。

変換エラーの場合:

1 「エラー発生位置」にて何番目のデータでエラー が発生しているかを確認します。 • 表 示 さ れ て い る 行 数 以 降 の デ ー タ に も 同 様 の エラーが発生する可能性があるため、内容を確認 してください。 2 「エラーデータ詳細」にてエラーデータの詳細 を確認します。 オレンジ表示している項目がエラー箇所です。 1 2

MEMO

• エラーの内容を印刷または保存するには【帳票印刷】 ボタンをクリックします。

Â

帳票の表示・印刷・保存について→P.29 • 以下の場合は、「入力データ」欄はファイルの内容と 異なる表示となります。 - 使用できない文字(<>&'"![]^`|~、)が含まれている 場合、または項目ごとの最大桁数を超えるデータの 場合は、削除して表示されます。 - 機種依存文字が含まれている場合は、該当部分が 「?」に置き換え表示されます。

実行エラーの場合:

1 「エラーメッセージ」欄にてエラーの内容を 確認します。 2 【閉じる】ボタンをクリックします。 1 2

3.

エラーの内容を修正し、再度データ変換を

行ってください。

操作完了

(10)

13章

 

お客さま指定形式

/ 全銀形式のデータを変換する(データ変換)

変換したデータを利用し、データを

確定する

変換したデータを利用して、Web21 上で振込を行い

ます。

ここでは、総合振込サービスの場合を例に説明します。

他のサービスも、一部画面やポップアップのメッセージ

が異なる場合がありますが操作方法は同じです。

1.

データ変換 トップ画面を表示し、利用する

データを指定します。

Â

データ変換 トップ画面の表示方法→P.199 1 利用するデータをクリックして選択します。 2 【振込画面へ】ボタンをクリックします。 1 2 • 振込可能なデータは、状態が「正常終了」となっている 明細のみです。

2.

データの内容を確認し、確定します。

1 データの内容を確認します。 2 必 要 に 応 じ て 明 細 を 表 示 し、 確 認 し ま す。 【 振 込 明 細 確 認( ま た は 納 付 先 明 細 確 認 / 請求明細確認)】ボタンをクリックします。 3 変換後データを修正したい場合は、【取込データ 編集】ボタンをクリックします。

Â

振込先の入金口座情報を修正するには→P.73 4 「承認者」欄のプルダウンから該当の承認者を 選択します。

Â

承認者を設定する際の条件について→P.82 5 【確定】ボタンをクリックします。 5 3 2 1 4 データが承認者に送信され、「振込データ(または納付 データ/請求データ)を確定しました。」というメッセージ が表示されます。 「メール通知」が「要」に設定されている場合は、承認者 宛に「承認依頼」メールが配信されます。

Â

「メール通知」の設定方法について→『導入・事前 設定編』―4章―「3.メール配信について」

(11)

13章

 

お客さま指定形式

/ 全銀形式のデータを変換する(データ変換)

3.

データの確定を確認します。

自分以外の担当者を承認者に設定した場合:

以上でデータの確定は終了です。承認者に承認の操作を 依頼してください。

自分自身を承認者に設定した場合:

続けて承認操作を行います。【承認へ】ボタンをクリック します。

Â

承認操作の詳細→P.189手順

2

承認者がデータを確認し承認すると、データが銀行 センターへ送付されます。

承認者が振込を承認する

Â

承認する→P.189の手順

2

次は…

(12)

13章

 

お客さま指定形式

/ 全銀形式のデータを変換する(データ変換)

5.

変換したデータを自社システム等に活用する

Web21 よりダウンロードした全銀形式のデータをお客さまの指定する項目順序に並び替える定義の登録および

データ変換を行います。

ここでは、総合振込サービスの場合を例に説明します。他のサービスも、一部画面やポップアップのメッセージ

が異なる場合がありますが操作方法は同じです。

3 【定義登録へ】ボタンをクリックします。 3 1 2

4.

変換定義を登録します。

1 変換定義名を入力します。 2 変換後データの各項目の表示順序を入力します。 3 【データ順序確認】ボタンをクリックして入力 した表示順序を確認します。

Â

入力した表示順序を確認する→P.209 4 【登録】ボタンをクリックします。 3 4 1 2

データを変換する

引き続き

「全銀形式→お客さま指定形式」の変換

定義を登録する

Web21 よりダウンロードした全銀形式のデータを

お客さまの指定する項目順序に並び替える定義を

登録します。

1.

データ変換 トップ画面を表示し、【定義

登録】ボタンをクリックします。

Â

データ変換 トップ画面の表示方法→P.199

MEMO

• 登録可能な変換定義の件数は1サービスあたり200件 までです。

2.

【新規作成】ボタンをクリックします。

3.

変換定義のファイル形式を選択します。

1 「サービス名」欄のプルダウンから該当の変換 定義を登録するサービス名を選択します。 2 プルダウンから変換前データの入力ファイル

(13)

13章

 

お客さま指定形式

/ 全銀形式のデータを変換する(データ変換)

入力した表示順序を確認するには

「■変換定義登録」画面にて【データ順序確認】ボタン

をクリックした後、以下の画面で入力した表示順序を

確認します。

確認後、【閉じる】ボタンをクリックします。

お知らせ

• 順序を選択していない項目はグレー表示されます。

登録した変換定義を修正するには

1.

「■変換定義一覧」画面にて修正する変換

定義を指定のうえ、内容を修正します。

1 修正する変換定義をクリックして選択します。 2 【修正】ボタンをクリックします。 1 2

Â

以降の操作→P.208手順

4

操作完了

既存の変換定義をコピーして新規に作成するには

1.

「■変換定義一覧」画面にてコピーする変換

定義を指定します。

1 コピーする変換定義をクリックして選択します。 2 【コピー】ボタンをクリックします。 1 2

2.

【OK】ボタンをクリックします。

選択した変換定義がコピーされます。コピーした変換 定義には、先頭に「コピー」と表示されます。

3.

コピーした変換定義の内容を修正します。

1 コピーした変換定義をクリックして選択します。 2 【修正】ボタンをクリックします。 1 2

Â

以降の操作→P.208手順

4

操作完了

(14)

13章

 

お客さま指定形式

/ 全銀形式のデータを変換する(データ変換)

「 全 銀 形 式 → お 客 さ ま 指 定 形 式 」 で

データを変換する

登録した変換定義を基づいて、Web21 よりダウンロード

した全銀形式のデータをお客さまの指定する項目順序に

並び替えます。

1.

データ変換 トップ画面を表示し、変換後の

データを利用するサービスを指定します。

Â

データ変換 トップ画面の表示方法→P.199 1 プルダウンから利用するサービス名を選択します。 2 【データ変換】ボタンをクリックします。 2 1

お知らせ

• 1回の操作で変換できるデータの上限件数は3,000件です。

2.

データ変換を行います。

1 「変換定義」のプルダウンから利用する変換 定義を選択します。 2 【参照】ボタンをクリックし、変換元のファイル を指定します。 3 必要に応じて、変換メモを入力します。 4 【変換】ボタンをクリックします。 2 4 1 3

お知らせ

• 1回の操作で指定できるファイルサイズの上限は10MB です。

3.

【OK】ボタンをクリックします。

データ変換 トップ画面に戻ります。変換データ一覧で 正常に変換が行われているか確認します。

MEMO

• 変換するデータの件数によっては、変換に時間がかかる 場合があります。

操作完了

エラーを確認するには

変換データ一覧で正常に変換が行われているか確認

します。状態が「変換エラー」

「実行エラー」のデータは、

変換データ一覧で黄色表示されます。

1.

詳細を確認するデータの「変換エラー」または

「実行エラー」をクリックします。

(15)

13章

 

お客さま指定形式

/ 全銀形式のデータを変換する(データ変換)

2.

エラーの内容を確認します。

変換エラーの場合:

1 「エラー発生位置」にてどのデータ区分で何番目 の デ ー タ に エ ラ ー が 発 生 し て い る か を 確 認 します。 • 表 示 さ れ て い る 行 数 以 降 の デ ー タ に も 同 様 の エラーが発生する可能性があるため、内容を確認 してください。 2 「エラーデータ詳細」にてエラーデータの詳細 を確認します。 オレンジ表示している項目がエラー箇所です。 1 2

MEMO

• エラーの内容を印刷または保存するには【帳票印刷】 ボタンをクリックします。

Â

帳票の表示・印刷・保存について→P.29 • 以下の場合は、「入力データ」欄はファイルの内容と 異なる表示となります。 - 使用できない文字(<>&'"![]^`|~、)が含まれている 場合、または項目ごとの最大桁数を超えるデータの 場合は、削除して表示されます。 - 機種依存文字が含まれている場合は、該当部分が 「?」に置き換え表示されます。

実行エラーの場合:

1 「エラーメッセージ」欄にてエラーの内容を 確認します。 2 【閉じる】ボタンをクリックします。 2 1

3.

エラーの内容を修正し、再度データ変換を

行ってください。

操作完了

(16)

13章

 

お客さま指定形式

/ 全銀形式のデータを変換する(データ変換)

データをパソコンにダウンロードする

1.

デ ー タ 変 換  ト ッ プ 画 面 を 表 示 し、

ダウンロードするデータを指定します。

Â

データ変換 トップ画面の表示方法→P.199 1 ダウンロードするデータをクリックして選択し ます。 2 【ダウンロード】ボタンをクリックします。 1 2

2.

ダウンロード形式を選択します。

1 プルダウンからファイル形式を選択します。

Â

ファイルレイアウトについて→P.246 CSV とは、メモ帳や Excel 等で作成したデータを CSV 形式で保存したデータです。 2 ダウンロードするファイルの出金口座情報を 変更する場合は、「出金口座情報を変更する」 にチェックし、変更する項目を修正します。 3 【ダウンロード】ボタンをクリックします。 3 1 2

3.

ダウンロードするファイルを保存します。

P.85 の手順

3

以降を参考に、必要な操作を行います。

(17)

13章

 

お客さま指定形式

/ 全銀形式のデータを変換する(データ変換)

お客さま独自の形式で作成した振込データを、Web21 で振込可能な全銀形式のデータへ変換する定義の登録例

です。

ここでは、総合振込サービスの場合を例に説明します。他のサービスも、変換データ項目は異なりますが、操作

方法は同じです。

ケース 1:金融機関読替、科目読替を利用しない場合

サンプルデータの並び順とデータイメージ

お客さま独自の形式で作成した振込データのサンプル(以下、「サンプルデータ」)が、以下のような並び順

になっている場合を例に説明します。

■データの並び順

1. 項番

2. 振込先銀行コード

3. 振込先銀行名

4. 振込先支店コード

5. 振込先支店名

6. 振込先口座科目コード

7. 振込先口座番号

8. 受取人名

9. 振込金額

10. 顧客コード1

11. 備考欄

■データのイメージ

変換定義登録画面の入力方法

上記サンプルデータの場合、以下のように登録します。サンプルデータ内の項目「1. 項番」、

「11. 備考欄」は、

変換後の全銀形式のデータレコード部分には設定する箇所がないため、項目順序を指定できません。

サンプルデータの 1 行目がタイトル行なので、実際にデータ変換 する「変換開始行」は 2 行目からとなります。 「入力データ項目」の「項目順序」欄に、サンプルデータ内での 該当項目の並び順を入力します。 銀行コード → 2 口座番号 → 7 支店コード → 4 受取人名(カナ) → 8 銀行名 ( カナ ) → 3(注) 振込金額 → 9 支店名 ( カナ ) → 5(注) 顧客コード1 → 10(注) 科目コード → 6 (注) 「変換データ項目」欄が赤字以外のものは必須項目ではありま せんが、項目順序を指定することで変換後の全銀形式の振込 データに取り込むことが可能です。銀行名 ( カナ )、支店名 ( カナ ) の内容が、銀行コード、支店コードの内容と齟齬がある場合、 変換後のデータはサンプルデータの内容のまま変換されます が、振込を行う際には、銀行コード、支店コードの内容が 優先されます。

(18)

13章

 

お客さま指定形式

/ 全銀形式のデータを変換する(データ変換)

ケース 2:金融機関読替、科目読替を利用する場合

サンプルデータの並び順とデータイメージ

お客さま独自の形式で作成した振込データのサンプル(以下、「サンプルデータ」)が、以下のような並び順

になっている場合を例に説明します。

■データの並び順

1. 項番

2. 振込先銀行名

3. 振込先支店名

4. 振込先口座科目名

5. 振込先口座番号

6. 受取人名

7. 振込金額

8. 顧客コード1

9. 備考欄

■データのイメージ

変換定義登録画面の入力方法

上記サンプルデータの場合、以下のように登録します。サンプルデータ内の項目「1. 項番」、

「11. 備考欄」は、

変換後の全銀形式のデータレコード部分には設定する箇所がないため、項目順序を指定できません。

サンプルデータの 1 行目がタイトル行なので、実際にデータ変換 する「変換開始行」は 2 行目からとなります。 サンプルデータには、銀行コード、支店コードの項目がなく、銀行名、 支店名の項目がありますので、「金融機関読替を利用する」にチェック します。 「入力データ項目」の「項目順序」欄に、サンプルデータ内での銀行名、 支店名の項目の並び順を入力します。 銀行名 → 2 支店名 → 3 サンプルデータには、科目コードの項目がなく、科目名の項目が ありますので、「科目読替を利用する」にチェックします。 また、普通預金を「普」、当座預金を「当」と入力していますので、 「読替元科目」欄に以下のように入力します。 1:普通預金 → 普 2:当座預金 → 当 「入力データ項目」の「項目順序」欄に、サンプルデータ内での 科目名の項目の並び順を入力します。 科目名 → 4 「入力データ項目」の「項目順序」欄に、サンプルデータ内での該当項目の並び順を入力します。 口座番号 → 5 受取人名(カナ) → 6 振込金額 → 7 顧客コード1 → 8(注) (注) 「変換データ項目」欄が赤字以外のものは必須項目ではありませんが、項目順序を指定することで変換後の全銀形式 の振込データに取り込むことが可能です。

参照

関連したドキュメント

ダウンロードファイルは Excel 形式、CSV

WAV/AIFF ファイルから BR シリーズのデータへの変換(Import)において、サンプリング周波 数が 44.1kHz 以外の WAV ファイルが選択されました。.

Wach 加群のモジュライを考えることでクリスタリン表現の局所普遍変形環を構 成し, 最後に一章の計算結果を用いて, 中間重みクリスタリン表現の局所普遍変形

ZoomのHP https://zoom.us にアクセスし、画面右上の「サインアップは無料です」をクリッ

Maurer )は,ゴルダンと私が以前 に証明した不変式論の有限性定理を,普通の不変式論

この節では mKdV 方程式を興味の中心に据えて,mKdV 方程式によって統制されるような平面曲線の連 続朗変形,半離散 mKdV

Maurer )は,ゴルダンと私が以前 に証明した不変式論の有限性定理を,普通の不変式論

●お使いのパソコンに「Windows XP Service Pack 2」をインストールされているお客様へ‥‥. 「Windows XP Service