檀一雄「此家の性格」論

全文

(1)九州大学学術情報リポジトリ Kyushu University Institutional Repository. 檀一雄「此家の性格」論 長野, 秀樹 九州大学大学院(修士課程). https://doi.org/10.15017/11985 出版情報:語文研究. 61, pp.40-48, 1986-06-03. 九州大学国語国文学会 バージョン: 権利関係:.

(2) 檀 一雄 ﹁此 家 の性 格 ﹂ 論. 秀. 樹. 私 は立 花 伯 爵 邸 の図 書 館 に︑ 半 分 昼寝 ︑半 分 納 涼 に出 向 く習. 野. 檀 一雄 の第 一短 編 集 ﹃花 筐 ﹄ は昭 和 十 二年 七 月 ︑ 赤 塚 書 房 よ り 刊. で︑ キジ ャキ ジ ャと 暗 く カ ササ ギ の声 を聞 い て い る うち に︑ ふ. 慣 であ った と ころ ︑ 誰 も 閲 覧客 の いな い そ の閑 寂 な図 書 館 の中. 長. 行 さ れ た︒ 文 壇 への デ ビ ュi作 であ る ﹁此 家 の性 格 ﹂ ( ﹁ 新 人 ﹂ 昭和. と ︑ ど う でも い い︑ 己 のこ の奇 ッ怪 な憤 怒 と 孤 独 を ︑ お が み う. 八年 十 一月 創 刊 号 ) か ら表 題 作 と な った ﹁花 筐 ﹂ ( ﹁文 芸春 秋 ﹂ 昭 和 卜 一年 五月 号 ) ま で の作 品 八 編 を 収 め る 短 編 集 であ る︒ 装 領 は佐 藤. ち に叩 き つけ てや れ と いう 不思 議 な気 持 が湧 いた ︒. 丁 度 そ の頃 の こと であ る︒ 風変 り な勧 誘 を 受 け た︒. だ と い う の であ る︒ 檀 自 身 こ のよ う に解 説 し て いる の であ る が︑ そ. を ︑お が み うち に叩 き つけ ﹂る よ う に し て書 いた のが ﹁ 此 家 の性 格 ﹂. す る そ の肉体 鍛冶 の方 式 ﹂ を 学 び ︑ ﹁己 の こ の奇 ッ怪 な 憤 怒 と 孤独. の活 計 ﹂ を 読 ん だ こと であ り︑ 同 作 品 に ﹁剛 腹 な 肉 感 を 文 章 に置 換. こ のよ う に檀 は ︑ 作 品 を書 く直 接 の契 機 と な った のは ︑瀧 井 の ﹁父. 春 夫 ︒ 太 宰 治 の言 を 容 れ ︑ 表 紙 には 蝶 が 描 か れ てい る ︒ 巻 頭 に置 か れ る のは ﹁此 家 の性 格 ﹂ であ る が︑ そ の執 筆 の動 機 に. 小 説 を 書 い て見 な いか と いう の で あ る︒ 私 に小 説 な ど と いう. と い いな が ら も ︑ 具 体 的 に それ ら が 何 を 指 す か は 示 さ れ て い な い. つい て檀 は次 のよ う に回 想 し て いる︒. も のが ︑ 一体 出 来 得 る か ? , な る ほ ど小 説 と いう も のな ら︑ 多 少 読 んだ こと が あ る ︒ メリ. し︑﹁奇 ッ怪 な 憤 怒 と 孤独 ﹂と い いな が ら も ︑そ れ 以上 の説 明 はな さ. いと 思 う ︒. 檀 の文 学 的 出発 に あ た って の そ れ ら の言 葉 の内 実 を 明 ら め てみ た. いう 言 葉 は檀 の文 学 論 の中 に屡 々 登場 す る言 葉 でも あ る︒. れ て いな い︒ そ し て こ の ﹁ 肉 感 ﹂ と いい ﹁憤 怒 ﹂ と い い ﹁孤 独 ﹂ と. の内 実 は 必ず し も分 明 で はな い︒﹁剛腹 な肉 感 ﹂と い い︑﹁ 肉体鍛冶﹂. メと か︑ ド スト エ フ スキ ーと か ︑ そ の時 々 に読 ん で︑ そ の時 々. い や︑ ハ ッキ リ い ってし ま う な ら ︑瀧 井 孝 作 と い う人 の ﹃父. の 不 思議 な ド キ ド キす る メ マイ の よ うな も のを 感 じ は し た ︒. の活 計 ﹄ と いう 作 品 を 読 ん で︑ 何 と いう か ︑ 剛腹 な肉 感 を 文 章 に置 換 す る そ の肉 体 鍛 冶 の方式 と でも い ったも の に悟 入 し たと 信 じ た こと が あ る ︒ ︿ 中略 V. 一40=.

(3) た 作 品 で︑ 内容 は 主 人 公 であ る ﹁ 私 ﹂ が指 物 師 で あ る父 と ﹁私 ﹂ の. 瀧 井 孝 作 の ﹁父 の活 計 ﹂ は ﹁改造 ﹂ の昭和 五年 三月 号 に掲 載 され. る ︒ そ れ 以 前 か ら 母 が再 婚 であ る こと を 父 に知 ら せ て いな か った こ. き っか け と し て家 庭 か ら出 奔 す る のが 大 正 十 年 檀 一雄 九 歳 の折 であ. 檀 の母親と み ( 後 に再 婚 し て高 岩 と み ) が 若 い医 学 生 と の恋 愛 を. と が遠 因 と な り︑両 親 の間 に講 い は絶 え ず︑ま た ︑父 の転 勤 等 の為 ︑. 半 生 を 回 想 し た も の であ る︒. そ の後 妻 も 去 つて ゆく ︒ それ でも 父 は 生 活 を 持 ち 直 し ︑ 大 阪 ま で︑. な っ てゆ く︑ やが て生 活 に やや 余 裕 の でき た 父 は 後 妻 を 迎 え る が ︑. 後 添 い の母 は来 ず ︑隠 し妻 を送 迎 す﹂ と あ る︒ ま た︑﹁私 は今 日ま で. に よれ ば ︑ 大 正 十 二年 十 一歳 の項 に ︑ ﹁ 父 が正 式 の離 婚 を せ ぬた め ︑. て く る が︑ 檀 の幼 少 期 にも 同 じ よ う な事 が あ った ら し い︒ 自 筆 年 譜. たと えば ﹁ 父 の活 計 ﹂ で は︑実 母 の死 後 三人 の継 母 が次 々 に や っ. 祖 父母 の下 に預 け られ る こと も 多 く ︑ 檀 が家 庭的 に は 不 遇 な少 年 時. ﹁私 ﹂ の 一家 は名 人 気 質 の父 の特 許 出 願 癖 や相 場 の失 敗 等 で逼 迫. ま た新 案 特 許 を 売 り に来 る︒父 は も う 七十 を越 え︑﹁私 ﹂は 別 に家 庭. 代 を 過 し た であ ろ う こと は想 像 に難 く な い︒. を 持 って お り ︑ そ こ か ら そ う い う 父 の半 生 を 回 想 し て い る の で あ. 都 合 四人 の母 を 持 って いる○ 或 い は持 ってき たと 云 う べき か も わ か. す る︒ ﹁ 私 ﹂は 進 学 を 諦 ら め 魚 屋 に奉 公 に出 る︒ そう いう 経 済 的 に追. る︒ 簡 単 に粗 筋 を 述 べた が ︑ 恐 ら く は 主 人 公 であ る ﹁ 私 ﹂ は瀧 井 孝. であ って︑ 一人 の母 は ま だ ﹁お母 さ ん﹂ と 呼 び 得 る状 態 に達 す る 前. ら な い︒ 私 が ﹁お 母 さ ん ﹂ と 明瞭 に発 声 し た の は そ のう ち 三 人 だ け. い つめ ら れ た生 活 の中 で︑ 母 ︑ 兄 ︑ 祖 父 ︑ 祖 母 と 家 族 が 次 々 と 亡 く. 作 に比 し て よく ︑ ま た ︑ 指 物 師 でも あ る 父 も瀧 井 の作 品 に よ く登 場. に加 筆 し て五 十 三年 九 月 新 潮 社 よ り刊 行 ) に は︑ 昭 和 八 年夏 ︑ 十 二. の回 想 記 であ る ﹃ 火 宅 の母 の記 ﹄ (﹁ 新 潮 ﹂ 昭 和 五 十 二 年 十 月 号 ︑後. に︑私 の家 か ら ︑ いな く な った︒﹂と も 回 想 し て いる ︒更 に高 岩 と み. ろ うか ︒﹁此 家 の性 格 ﹂と ﹁父 の活計 ﹂ の両作 品 に 最も 特 徴 的 な こと. で は︑ こう し た ﹁父 の活 計 ﹂ のど こに 檀 は強 い影 響 を 受 け た のだ. す る瀧 井 の実 父 であ る と 考 え てよ いだ ろ う︒. は︑ そ れ が 共ハに父 を 中 心 と す る家 庭 内 の物語 と し て設 定 され て い る. 年 ぶり に再 会 し た後 ︑ 檀 が次 の よ うな こと を 語 った と あ る ︒. る︒母 は父 の留 守中 に旅 役者 と 関係 を持 ってお り︑﹁ 親 達 の そう いう. を 前 に勉 強 し て い る 一雄 に︑ ﹁お 前 のお 母 さ ん は ︑ 人 の 面 を か. を 父 親 が 言 わ な い 日 はな か った こと ︒ 中 学 二 年 のあ る 日 ︑試 験. 父 親 と 二 人暮 らす よ う にな った 十 歳 の 一雄 に︑ 毎 日 ︑私 の こと. と いう こと であ ろ う ︒ ﹁ 此 家 の 性格 ﹂ は ︑ ﹁ 永 い不 行 跡 の後 で行 衛 を. ね じ れ た 零 囲 気 の中 で﹂ 主 人 公 は ﹁卑屈 に育 つて い﹂ く︒母 の自 殺 ︒. で︑ た ま り か ね て ﹁やめ てく だ さ い︒ これ 以 上 ︑ お母 さ ん の悪. ぶ った鬼 だ︒ 淫 婦 だ ﹂ と ︑ い つも のよ う に父 親 が 罵 り始 め た の. 失 う て いた 父 が 北 海 道 か ら ひ ょ いと 戻 って来 た﹂ と こ ろ か ら 始 ま. 父 の再 婚 ︒ 主 人 公 一俊 の結婚 ︒ 長 女 の 誕生 ︒ それ ら の出 来 事 が 父 と. こと︒ そ し て︑ 父 親 が い つ︑ ど う や って私 を いじ め た︑ と い う. 口 を 言 う な ら︑ ぼ くも こ の家 を 出 て いき ま す ﹂ と 初 あ て言 った. の対 立 の下 で︑ 過 ぎ て いき︑ 長 女 が病 死 し た のを 契 機 と し て︑ 主 人 公 一俊 が 家 を出 て いく ま で の物 語 が︑ ﹁ 此 家 の性 格 ﹂ であ る︒ では ︑. こと を覚 え て い る限 り並 べた と ころ ︑ そ れ 以来 一切 ︑ 私 の こと. 何 故 ︑ 檀 は 家 庭 内 の物 語 であ ると いう こ と に こだ わ ら ね ば な ら な か った のか ︒そ の鍵 は︑恐 ら く檀 が生 育 し た家 庭 環 境 に求 め ら れ る ︒. 一41一.

(4) は 吾わ な く な った ︑ な ど ︑ つら か った は ず の 日 々 の話 を ︑ 明 る. て い い かも わ か らな い︒ 私 の母 は こ の寺 に転 居 し て間 も な く 子. に移 り住 ん で か ら︑ 云 ってみ れ ば ︑ 一個 の神 仙 で あ ったと 答 え. 供 四 人 を お い て出 奔 し ︑ そ の ま ま 永 久 に 帰 って 来 な か った か. い語 調 で冗 談 を ま じ え な が ら 語 って く れ まし た ︒ こ の回 想 か ら も ︑ 母 親 出 奔後 の檀 の家 庭 の状 況 は よく わ か る であ ろ. く両 崖 山 の尾 根 を 走 り 歩 いた も の だ︒. 殊 に妹 達 が 九 州 に預 け ら れ てか ら は︑ 一人 ︑ 夜 昼 の区 別 も な. ら︑ 私 は そ の後 の大 半 の生 活 を こ こ で自 炊 し て暮 し て い る︒. 引 用 者 注 ) にあ のよ う. う︒ ま た当 時 父 親 は神 経 衰 弱 気味 で あ った ら しく ︑ 同 書 には 父 親 の. ﹁谷 村 や 足 利 で︑ あ な た ( 檀 の母 親 =. 次 の よ うな 発 言 も 記 さ れ て いる︒. ら れ たと 私 は思 う が ︑ そ れ は さ てお き ︑ この引 用部 分 の後 に は︑ 更. 後 年 ︑ 檀 が料 理 に異 常 な ま で の執 着 を み せ る基 礎 は︑ こ の時 期 に作. に足 利 の自 然 の中 で︑ ﹁頬 白 ︑ 目白 ︑ 四十 雀 の類 ﹂ を 捕 り︑ ﹁楓 の液. に つら く 当 た り ま し た のは︑ 私 は あ の当 時 ︑ 体 を 悪 く し て いた. 汁 を す わ ぶ﹂ ると い った ﹁一個 の神 仙 ﹂ の思 い出 が 語 ら れ る︒ 足 利. も の です か ら︑ お 気 の毒 な こ と を し て し ま い ま し た ︒ 柳 川 に. い てお り ︑体 が 弱 ってお った の です ︒ それ で︑ 神 経 も ま い って. 帰 って︑ よ く 検 べ ても ら い ま し たと こ ろ︑ 十 二指 腸 虫 が 沢 山 わ. 時 代 を ﹁と り わ け 印 象 の強 い 一時 期 ﹂ と云 いな がら も ︑ 母 が 出 奔 し. ぶ ﹁神 仙 ﹂ の思 い出 のみ が 語 ら れ る の は何 故 であ ろう か ︒. た後 の父 と の葛 藤 は 一言 も 語 ら れ ず︑ 家 庭 を 離 れ て︑ 自 然 の中 で遊. し ま って︑ あ ん な こ とを し て しま いま し て⁝ ⁝ ﹂ こ のよ う に檀 は母 の出 奔 の後 ︑ 神 経 衰 弱 気 味 の父 親 と ︑妹 た ち と︑. 恐 ら く ︑ 先 に母 に語 った と い う父 の事 件 も 本 当 であ ろ う し ︑ こ の. の小 学 校 に転 校 し て来 た 時 の驚 き と 云 う か変 化 と云 うか は︑ 今. い 一時 期 とし て思 い出 さ れ る ︒ 九 州 の片 田舎 の小 学 校 か ら足 利. ら ︑病 弱 の父 と 暮 し たか ら ︑ 足 利 の七 年 半 は と り わけ 印 象 の深. う よ り︑ 生 母 が足 利 の家 か ら 出 奔 し て私 は 三 人 の妹 を抱 え な が. 殊 更 ︑私 が数 え年 十 歳 の折 に私 の父 母 が 離 別 し て⁝ ⁝︑ と 云. 作 品 の中 で︑ 檀 は ﹁父 は母 の出 奔 を 知 って驚 いた に相 違 な い が︑ 出. ら ざ る を得 な か った︒ そ う推 測 し ても 許 さ れ る だ ろ う ︒ ま た︑ 別 の. 個 の神 仙 ﹂ と し て ︑家 庭 を 離 れ て山 野 を 歩 き ︑ 鳥 を 捕 る自 然 児 と な. 少 年 にと って重 た す ぎ る そ う いう 現 実 か ら の逃 避 と し て︑檀 は ﹁一. て出 奔 し た 母︒ そ し て︑ そ う い う母 を 罵 る父 ︒ ま た ︑ 父 の隠 し妻 ︒. に は い って い った の では な いだ ろ う か︒ 病 弱 な 父 と ︑自 分 達 を 置 い. の時 期 ︑ 家 庭 の暗 黒 面 か ら 早 く逃 避 し た結 果 ︑ 家 庭 を 離 れ 自 然 の中. ﹁神 仙 ﹂ と し て の檀 の姿 も ま た本 当 な の であ ろう ︒ つま り ︑ 檀 は こ. 日 ではも う想 像 も つか な いだ ろ う ︒ ひ ょ っと し た ら︑ 言 語 ︑ 人. と ころ が ︑ こう し た 足利 の生 活 を 檀 自 身 は 次 のよ う に回想 し て い. 暗 い家 庭 生 活 を送 って い た の であ ろう ︒. 無. 情 ︑ 風 俗 の相 違 は ︑ 今 の中 国大 陸 と 日本 ぐ ら い の違 いが あ った. も意 図 的 であ るな し にか か わ ら ず ︑ 逃 避 行動 の 一つと し て︑ 記 憶 の. 奔 直 後 の父 の反 応 を 一つも 記 憶 し て いな い﹂ と述 べて い る が︑ こ れ. 抹 消 が行 われ た 結 果 であ ると 考 え て い いか も し れ な い︒. かも わか ら な い︒ 引 用 者注 ). ︿中略V 私 は こ の寺 ( 長 林寺 と い う曹 洞 宗 の大 き な 寺 ー. 一42一.

(5) と ま れ ︑ こう し た少 年 時 代 を 過 ご し た 檀 が ︑﹁父 の活 計 ﹂を 読 んだ. る ﹁ 僕 ﹂ で示 され ︑ 父 親 と の対 立 か ら 家 を出 る ま でが過 去 形 で述 べ. これ に対 し て ﹁此 家 の性 格 ﹂ も 主 人 公 であ る檜 一俊 か Ⅲ人 称 であ. 定 と 調和 ﹀ は生 ま れ て い る︒. ら れ る と い う形 式 を と って いる が ︑ 過 去 を 回想 し て い る ﹁ 僕 ﹂ の姿. 時 ︑ そ の語 ら れ る 内容 に ︑ ま ず︑ 身 に つま され た と 考 え る こと も 許. に感 動 し た 第 一の要素 で あ ろ う︒. さ れ る の では な いだ ろ う か︒ こ れ が まず ︑檀 が ︑瀧 井 の ﹁父 の活 計 ﹂. く 見 ら れ な いと いう こ と で あ る︒ 先 にも 述 べた よ う に ﹁父 の活 計﹂. と 調 和 の構 図 を 示 し て い る の に対 し︑﹁此 家 の性 格 ﹂に は︑そ れ が 全. 気 づ か さ れ る ︒ そ れ は ﹁父 の活 計 ﹂ が ︑ 所 謂 心 境 小 説 と し て の安定. 語 ら れ る の であ る ︒ これ が 恐 ら く︑ 両 作口㎜の性 格 の最 も 大 き な 違 い. し て語 ら れ る の で はな く ︑ 現在 へと 続 い てい る過 去 の出 来 事 と し て. た︒﹂と い う末 部 で閉 じ ら れ る ︒父 と の 葛藤 は解 決 し た過 去 の物 語 と. か る のを 眺 め な が ら ︑ 遠 い旅 の行 手 に 暗憺 と心 を曇 ら せ る の であ っ. め てい る フジ (一俊 の妻 ー. 引 用者 注 ) が︑ 夕 闇 の遙 か向 う に遠 ざ. に描 か れ た家 庭 は︑ 経 済 的 にも 困 窮 し て いた し ︑ ま た ︑ 家 族 も 次 々. で あ ろ うと 思 わ れ る が ︑これ は ︑先 に檀 自 身 が︑瀧 井 の作 品 に は ﹁肉. は示 さ れ な い︒ 作 品 は ﹁自 分 は 薄 れ た 光 の中 に 覗 き 込む よ う に み つ. と 死 ん で い った︒ し か し︑ そ れ ら は全 て主 人 公 であ る ﹁私 ﹂ の回想. だ が ︑ 両作 品 を 作品 の内側 か ら検 討 す ると そ の違 い の大 き さ にも. の中 の出 来事 であ り︑ 作 品 の最 後 で大 阪 へ出 てく る と いう 父 を 待 ち. 体 鍛 冶 の方 式 ﹂を 学 ん だ と いい ︑﹁ 此 家 の性 格 ﹂ は ﹁慣 怒 と 孤 独 を お. にし ても ︑ こ の似 た点 で近 い感 じ が さ れ た ︒ 困 し か つた父 の こ. 指物 師 と ︑ 二人 が似 て ゐ て可 笑 ひ位 ゐ だ った ︒ 父 子 の親 愛 は別. な 日 も あ った り し て︑ こ んな 作 家 生 活 と ︑ 名 人 か た ぎ み た い な. 私 は活 計 の困 し さ か ら女 房 に逃 げ ら れ な いか と あ ん じ る や う. な った の であ ろ う ︒ だ が ︑ そ れ が こ の作 品 の リ アリ テ ィ の基 と な っ. だ 不 充 分 であ り ︑そ れ が︑﹁お が み う ち に 叩 き つけ﹂た と いう 回 想 と. る︒ 母 の出 奔 や ︑ 父 親 と の確執 と い った実 生 活 の客 親 的 対 象 化 は 未. であ る︒ これ に対 し て︑﹁此 家 の性 格 ﹂は檀 一雄 二十 一歳 の作 品 であ. わし いだ け の︑ 実 生 活 の積 み重 ね と対 象 の客 観 化 が 行 わ れ て いた の. 抱 擁 ﹂ の作 家 であ り ︑ ﹁父 の活計 ﹂ に も︑ ﹁ 鍛 冶 ﹂ と いう 言 葉 にふ さ. で はな いだ ろ う か ︒ つま り ︑瀧 井 は 昭和 五 年 の時 点 で は既 に ﹁無 限. が み うち に叩 き つけ ﹂ た と 回想 し た の と︑ き ち んと 対 応 し て いる の. な が ら ﹁私 ﹂ は次 の よ う な感 慨 に ふけ る︒ 父 が彼 岸 頃 出 て く る にち が いな いか ら ︑ 私 は 待 つや う な 気持. と ︑ 思 ひ描 い て ゐ た ら 私 自 身 を 描 い てゐ る か に 思 は れ た り し. で いろ いろ父 の こ れ ま で の生 活 を 思 ひ出 いた ︒. た ︒ そ し てい ま父 が七 十 何 才 ま で生 き て来 た こと此 生 活 の手 本. て い る のも ま た 事 実 であ ろ う︒. 両 作 品 に共 通 す る点 は︑ 主 人 公 が 父 を 中 心 と す る 封 建 的 な ︿家 ﹀. 内 実 も ︑ 明 ら か にな って い く の で はな いだ ろう か ︒. 感 ﹂ や︑ 檀 が ﹁お が み う ち に叩 き つけ﹂ た と いう ﹁憤 怒 や 孤 独 ﹂ の. 以 上 のよ う に考 え る と︑ 檀 が 瀧 井 の作 品 にみ た と いう ﹁剛 腹 な 肉. は ︑ 有 難 い光 明 に見 え た︒ つま り ︑ 主 人 公 で あ る ﹁ 私 ﹂ の視 点 は ︑ 父 と の確執 や家 庭 内 の悲 劇 を 過 去 のも のと し て捉 え て い ると いえ よ う ︒ 父 も生 活 を 持 ち 直 し︑ ﹁私 ﹂ も ︑ ま た︑ 作 家 と し て妻 と 子 を 養 い︑安 定 し た生 活 を 営 ん で いる ○ そ の視 点 か ら父 の半 生 を 回 想 し て いる の であ り︑ そ こ に ︿安. 一43一.

(6) の視 点 か ら 回想 さ れ て いる のが ︑﹁父 の活 計 ﹂ であ り︑そ の対 立 や 葛. た ○そ し て︑そ れ が ︑︿ 安 定 と 調和 ﹀を も た らし て い る現 在 の ﹁私 ﹂. こと に は興 味 が わ くが ︑ 本 論 では 指 摘 す る に止 め て お き た い○ 問 題. 無 縁 であ ったと 考 え られ が ち であ る ︒ そ の檀 に こう い う経 歴 が あ る. 郎 等 ︑ 転 向 者 の多 い ﹁日本 浪 曼 派 ﹂ の中 でも ︑檀 は マ ルク ス主 義 に. び 反戦 活 動 ) が原 因 で あ る こと では 一致 し て いる ︒太 宰 や亀 井 勝 一. ( 同 盟休 校 ︑ 及. 藤 が 尚 も 解 決 し え て いな い視点 か ら描 い て い る のが ﹁此 家 の性 格 ﹂. と な る の は そ の停 学 期 間 中 に︑﹁二ー チ ェ︑ シ ョー ペ ン ハウ エル︑佐. ( 社 会 科学 研究 会 ) に檀 が加 入 し てお り︑ そ の話 働. であ る と いえ よ う︒ そ う であ る な ら︿ 家 ﹀ と の対 立 や葛 藤 が ︑ ︿ 安. と 対 立 し ︑ 葛 藤 し な が ら 成 長 す る 姿 を 描 い て い る と いう 点 で あ っ. 定 と 調 和 ﹀ と し て整 理 さ れ た と き︑ それ は︑ ﹁剛 腹 な 肉 感 ﹂ と し て︑. で あ る︒ 恐 ら く は︑ こ の時 に檀 は ﹁改造 ﹂ で直 接 ︑﹁父 の活 計 ﹂を 読. 藤 春 夫 ︑瀧 井 孝 作 ︑小 林 秀 雄 ︑横 光利 一等 を耽 読 ︒﹂ し たと い う こと. んだ の で はな いだ ろう か ︒社 会科 学 研究 会 の メ ンバ ー であ れ ば ︑ 当. ﹁文章 に置 換﹂ し え た の であ り︑ い まだ ︑ それ ら を ひき ず る 二十 一. れ る生 々 し いも の に し かす ぎず ︑﹁叩 き つけ ﹂ざ る を 得 な か った ので. 歳 の檀 一雄 に と って︑ そ れ ら は ﹁ 憤 怒 と 孤 独 ﹂ と いう 言葉 で表 わ さ. 然 ﹁改 造 ﹂ と いう 雑 誌 は 必読 であ る だ ろ う し︑ そ う考 え る のが 自 然. 検 討 を 通 し て確 認 し て いき た い︒. であ ろ う︒ も ち ろ ん ︑ 以 上 は推 測 の域 を 出 な いが ︑ 以 下 作 品 内 部 の. は な いだ ろ う か︒ では︑ 一体 それ ら は作 品 の内 部 で具 体 的 には ど のよ う に描 さ れ て い る の か︒ 作 品 に そ って検 討 し て いき た い︒. ま ず ︑ ﹁或 家 の断 層 ﹂ と ﹁ 此 家 の性 格 ﹂ の基 本 的 な 関 係 であ る が ︑. 操 作 が 行 わ れ て いる と いう こと であ る ︒檀 は ﹁父 の活 計﹂を 読 ん で︑. な い事 が あ る︒ そ れ は ︑ 初 め に引 用 し た 檀 の回想 の中 に︑ 意 図 的 な. ら ︑ こ の手 紙 内 緒 に て︑自 分 か ら 来 た と い う て来 て下 され ﹂ と い う. 此 頃 の病 気 も そ な た様 の こと の心 配 の余 り か も 知 れ ぬ と思 は れ候 か. る ﹁私 ﹂ に︑義 母 か ら ﹁お ん父 様 も ︑ 一俊 は ど う し と る か と か う て︑. 家 出 後 の物 語 と い う 一面 を持 って い る︒ 前 者 の冒 頭 は 家出 を し て い. 前 者 は 早 く 矢 島 道 弘氏 の指 摘 にも あ る よ う に︑ 後 者 の主 人 公 一俊 の. ﹁此 家 の性 格 ﹂ を 執 筆 す る ま で の時 間 に つい て は触 れ て いな いが ︑. ただ ︑ 作 品 の検 討 に は いる 前 に︑ も う 一つ指 摘 し て お か ねば な ら. こ の間 に︑﹁ 此 家 の性 格 ﹂ の原 型 と でも いう べき作 品 を︑実 は執 筆 し. ﹁父 の家 の中 に強 烈 な 爆 弾 を し か け ね ば な ら ぬ と思 い︑ 自 分 の運 命. に息 が はず む ﹂ のを 感 じ な が ら ︑ 家 を 出 て行 く の で あ るか ら︑ そ の. 手紙 が来 る所 か ら始 ま る︒ ﹁此 家 の性 格 ﹂ の最後 で主 人公 一俊 は︑. を 読 ん だ か に つい ては言 及 し て いな いが ︑ 多 分 ︑ 檀 は 昭 和 五年 の段. 唯 ︑ 両 者 の人 物 関 係 には 左 のよ う な違 い はあ る︒. 点 で は︑ こ の 二作 品 の首 尾 は 一貫 し てい る と言 え る︒. て いる の であ る ︒ 昭 和 六 年 旧制 福 岡 高 等 学 校 校 友 会 誌 に発 表 さ れ た. 階 で ﹁父 の活 計 ﹂ を 読 み︑ 翌 年 に ﹁或 家 の断 層 ﹂ を 書 き ︑ 更 に︑ そ. ﹁或 家 の断 層﹂ と い う作 品 が それ であ る︒ 檀 は︑ い つ ﹁父 の活 計 ﹂. れ を発 展 さ せ る形 で︑﹁ 此 家 の性 格 ﹂を 昭 和 八 年 の夏 に執 筆 し た の で は な い だ ろ うか ︒ 昭 和 五 年 ︑ 檀 は 一年 間 の停 学 処 分 を受 け てい る︒ 理由 は檀 の回 想 と ︑ 他 の証 言 と で若 干 く い違 う点 も あ る が︑ R ・S. 一44一.

(7) フジ. (病 死 ) ルリ. ○ ﹁此家 の性 格 ﹂. 継母 父 一 .俊. ・ ﹁或 家 の断 層 ﹂. 継母 [. 父( 病死). ( 自殺) 姉 私. ﹁父 の家 に強 烈 な 爆 弾 を し か け﹂よ うと し て︑﹁自 分 の運 命 に心 を は. ず ﹂ま せ て出 奔 し てい く の であ る︑それ が ︑﹁或 家 の断 層 ﹂にお い て︑. 父 の死 によ って帰 郷 し︑﹁其 の卑 屈 な 母 と ︑妹 と ︑そ の子 を 負 う て行. か ねば な ら ぬ ︑ 暗臆 た る自 分 自 身 の生 涯 に脅 え て ゐ﹂ る の では 話 は. 振 出 し に戻 る だ け の こ と で あ る︒ そう であ る な ら ば ︑ こ の二 つの作. 格 ﹂ は ﹁或家 の断 層 ﹂ を 原 型 と し て持 ち ︑ そ の モ チー フや テー マを. 品 は︑ 主 人 公 の出 奔 前 と そ の後 日諦 と し て読 む よ り も ︑ ﹁此家 の性. 継 承 ︑ 発 展 さ せ た作 品 で あ ると し た 方 が よ い であ ろ う ︒ も ち ろ ん︑. 時子 = 子. こ の よ うな 両 作 品 の人 物 構 成 の違 いを考 慮 に 入 れ ても ︑ 両 作 品 の間. 生母 ( 不明). に共 通 す る点 は 多 い︒ 封 建 的 家長 と し て権 力 を振 る う父 と ︑ それ に. いう こと に な る で あ ろ う が︑﹁或 家 の断 層 ﹂では 後半 部 にそ の テー マ. そ の中 心 と な る テ ー マは︑ 父 を 中 心 と す る︿ 家 ﹀ と の対 立 ︑葛 藤 と. 生母 ( 自殺 ). た) 主 人 公 と いう 設 定 は 特 徴的 であ る︒ ﹁ 此 家 の性 格 ﹂ の父 は︑ ﹁永. 帰 郷 す る と父 は概 に死 亡 し てお り ︑ そ の死 顔 と対 面 し た後 ︑ 次 の よ. 主 人 公 が ﹁チ チ キ ト ク スグ カ ヘレ﹂ と いう 電報 を受 取 る︒ 急 ぎ︑. が 若 干 ず れ てい る よ う に思 わ れ る ︒. 愛 憎 半 ば す る形 で対 立 し ︑ そ の家 を 去 る ( ﹁或 家 の断 層 ﹂ で は去 っ. い不 行 跡 で行 衛 を 失 ﹂ い︑ そ の父 が ﹁ 北 海 道 か ら ひ ょ いと 戻 って来. う な感 慨 が述 べら れ る︒. た﹂所 か ら 物 語 は 始 ま り ︑﹁父 は 何 も噂 を知 ら ず 日益 に威 猛 高 にな っ て 一家 は父 の下 にお び え る よ う﹂ にな る○﹁ 或 家 の断 層﹂ の父 も 封 建. 引 用 者 注 ) の広 い額 を 見 よ う と あ せ った︒. な 眼 に︑ 安 静 と 同 情 を 乞 ひ︑ だ ら り と 下 げ た帯 に は生 活 そ のも. 両 腕 に生 れ 付 いた ば か り の赤 ん 坊 を抱 へ︑ 時 子 は︑ も う卑 屈. 私 は其 処 にあ る限 り の女 への不 満 にず ぶ濡 れ に な つて ゐ た︒. へ ( 妹時子. 私 は 四畳 半 の障 子 を サ ッと 明 け て︑ 母 の︑私 の︑ そ し て お ま. 的 家 長 と し て の権 勢 を 振 る い︑ 主 人公 は ﹁ 父 の悲 惨 な 生 涯 に︑ 悲 憤 に似 た 愛 を 覚 え ﹂る と 同 時 に︑﹁面 と向 ふ と其 の偏 った 性 格 にそ む い て見 ず には ゐら れ な ﹂ い の であ る︒ ま た ︑ 両 作 品 と も 生 母 と 別 れ. る点 でも 共 通 す る ︒ そ の他 の家 族 の設 定 の違 い は先 に示 し た 図 のと. ( ﹁此 家 の性 格 ﹂ では 自殺 ︒ ﹁ 或 家 の断 層 ﹂ で は不 明 ︒)継 母 が 登 場 す. お り であ る が ︑ そ の違 いも 形 を変 え て い るだ け であ ると も 考 え ら れ. の を失 つた哀 れ な 女 全 体 が 揺 れ てゐ る様 だ った︒. 罵 倒 せず に は ゐら れ な か った︒. ん ぜ ねば な ら ず ︑ か う し て無 気 力 にな って終 って行 く ﹁女 ﹂ を. 子 供 を 生 ま ねば な ら な い故 に︑ 母 の愚 か な采 配 の下 にす ら 甘. と時 子 は満 足 さ う にそ れ を な が め ては すす つゐ た︒. 私 は女 そ のも の ゝ意 気地 な さ に歯 ぐ き が立 ち ︑ 母 が粥 を 運 ぶ. る︒ ﹁或 家 の断 層 ﹂ の妹 時 子 は︑ ﹁ 此 家 の性 格 ﹂ で は妻 の フジ に姿 を 変 え て いる だ け で︑ そ の本質 は変 わ って いな いと も 言 え よ う ︒ だ が ︑ 私 は ﹁或家 の断 層﹂ を ﹁ 此 家 の性 格 ﹂ に先 立 って書 か れ た. 俊 は ﹁此 家 の性格 ﹂ の終 わ り で ﹁ 生 活 にも 愛 情 にも にせ も のと ほ ん. 一俊 の後 日 諏 と し て読 む こと に は無 理 が あ ると 思 う ︒ な ぜ な ら ︑ 一. も のと を 判 っき り 分 け る 刃を ぎ り ぎ り刺 し 込 も う と ﹂ し て︑ ま た︑. 一45.

(8) た結 末 で︑﹁鬼 屈 な 母 と ︑妹 と︑ そ の子 と を 負 う て いか ね ば な ら ぬ暗. 父 への憎 悪 で はな く︑﹁女 ﹂に対 す る憎 悪 であ る︒そ れ は先 に 引 用 し. こ の よ う に︑ 父 が 死 ん だ後 に主 人 公 一俊 が 感 じ て いる のは ︑ 最 早︑. うだ った ︒ 灰 暗 い部 屋 の中 で母 の太 股 が残 酷 に ふ る え︑ 母 は い. 引 っぱ り出 し 母 の着 物 を 尻 迄 ま く り あ げ て エイ エイ折 濫 す る よ. 父 は ピ シ ピ シな ぐ り つけ た ︒ 父 の筋 骨 が頭 え て︑ は て は乳 房 を. を 掴 ん で は引 き 廻 し た ︒ 母 の袖 が も ぎ れ て泣 き出 す母 の頬 を ︑. こ の後 ︑父 は ﹁會 祖 父 の槍 ﹂ま で持 ち出 し︑母 は数 日 の後 自 殺 す る︒. ぎ たな い叫 び 声 を あ げ ては 逃 げ 廻 った︒ こ わ いな が らも こ の両. 謄 た る自 分 自 身 の生 涯 に脅 え て ゐ﹂ る主 人 公 へと つな が って い る○. 裏 山 の自 殺 し た 母 の所 へ走 る ﹁父 の荒 い息 が 執 勤 に僕 の耳 に残 ﹂る ︒. 親 の醜 い争 い は僕 に不 思議 な 興奮 を 湧 かす のだ った︒. 中 心 と す る家 庭 内 の ﹁女 ﹂ への絶 望 と 憎 悪 へと ず れ てい って い ると. 親 達 の ﹁ね じ れ た零 囲 気 の中 で﹂﹁卑 屈 に育 ってい った﹂主 人 公 の幼. つま り︑ ﹁ 或 家 の断 層 ﹂ で は︑端 的 に言 ってし ま う な ら︑ そ の テー マ. い い得 よう ︒ それ を 否 定 的 に捉 え るか ︑ ﹁ 或 家 ﹂ の時 間 の経 過 に伴. は主 人 公 と 父 と の確 執 か ら 出 発 し た の に︑ 父 の死 に よ って︑ 時 子 を. う ︑ テ ー マの展 開 と し て︑肯 定 的 に捉 え る か は︑ ひ と まず 置 き ︑﹁此. 少 期 の中 でも 最 大 の事 件 であ る が︑ それ に対 す る主 人 公 の反 応 は ︑. ﹁不 思 議 な 興 奮 ﹂であ った り︑﹁父 の荒 い息 ﹂を 記 憶 す る こと であ っ. 安 の性 格 ﹂ では そ れ ら はど う な って いる のかを 検 討 し た い︒. た り す る ︒ こ のよ う な表 現 は他 の箇 所 にも 多 い︒ た と え ば ︑ 父 が小. 作 品 の中 で主 人 公 一俊 は︑ ﹁ 鉄 道 が 白 いブ リ ッジ の上 を ゴ ウゴ ウ 駆 け る と ﹂﹁無 性 に恐 し ﹂く ﹁ヒ イ ヒイ 云 って泣 ﹂き ︑ま だ 寝 小 便 を. 地 主 と し て︑小 作人 と対 立 す る場 面 でも そう であ る ︒. 族 へと向 け ら れ た場 合 と︑ 封 建 的 小 地 主 と し て︑ 父 親 が小 作 を 主 と. な い︒ そ う し た様 々 な事 件 は︑ 封 建 的 家 長 と し て の父 親 の権 力 が 家. る か ら ︑ ど う し ても ︑作 品 は大 小 様 々 な事 件 の羅 列 と な ら ざ るを 得. 真 鍋 呉 夫 は︑ 同 じ こ の部 分 を 引 い て ﹁ 小 作農 民 と地 主 の尖 鋭 な 対 立. てと 父 の呼 ぶ声 が し て︑ 廊 下 に立 つと 提灯 は 雨 に流 れ た︒. を蹴 破 ると 何 を 血 迷 う と る か と 外 へ出 て行 った ︒ 三郎 提 灯 を持. い声 が 雨 に混 って い る︒ 父 は 垂 木 の槍 を キ リ リ と し ご い て雨戸. で雨 戸 に バ タ バ タ石 が投 げ つけ ら れ た ︒ 檜 を 殺 せ ︑ と い う 烈 し. ド シ ャ降 り の晩 だ った ︒ 門 の辺 り にわ いわ い人 声 が す る よ う. す る少 年 か ら ︑ 妻 子 の いる青 年 へと成 長 す る︒ 少 なく と も ︑ 十 年 以. す る社 会 と対 立 し た場 合 と に大 別 でき よう ︒ そ し て前 者 は 更 に︑ 一. 上 の時 間 の経 過 を ︑ 原 稿 用紙 四十 枚 程 の作 品 の中 に描 き 出 す の であ. 俊 が少 年 期 の場 合 と ︑ 成 人 し て後 の場 合 に分 け て考 え ね ば な ら な い. る﹂ と 評 価 し て いる が ︑ そ の後 主 人公 は や は り ﹁ 私 の足 許 にも サ ッ. が ︑ さな が ら 鋭 で生 木 を ぶ ち き る よ う な借 勤 な 文 体 で活 写 され て い. と し ぶき が 飛 ん で︑ 足 腰 じ ゅ っく り濡 れ た こと を 覚 え て い る﹂ の で. だ ろ う︒ 当 然 そ の年 令 に よ って主 人 公 の対 応 は 変 わ ら ざ る を得 な い. 父 親 と 母 親 の 謬 いと そ れ に続 く 母 の自殺 が少 年 期 の最 大 の事 件 で. あ る ︒ そ の他 にも ︑小 作人 の妻 で あ る兼 が チブ ス で死 に︑ そ の死 体. から であ る︒. が 玄 関 の近 く に置 か れ てい た時 も ﹁兼 の死 に顔 ﹂ が ﹁僕 の胸 に永 く. 錆 つい て離 れ な﹂ い の であ るし ︑ ま た ︑ 継 母 と 父 と の結 婚式 の夜 も. あ ろう ︒ 父 親 の出 奔 中 に︑ 母 が 旅 役 者 と 関係 が あ った こと が村 人 の 急 に父 の激 怒 し た声 が 聞 こ え て き て母 屋 に仁 王 立 にな り母 の髪. 告 げ 口か ら 父 に知 れ ︑ 父 は 母 を折 艦 す る︒. 「46一.

(9) る ポ イ ン トと な って いる であ ろ う︒ も う 一つ︑ 一俊 に即 し て考 えれ. 相 挨 って︑ 尾 崎 一雄 にも ﹁瀧 井 さ ん 流 のと ころ が あ る﹂ と 言 わ しめ. た よ う に︑ 真 鍋 の いう ﹁鎗 で生 木 を ぶ ち き る よ う な倍 勤 な文 体 ﹂ と. か ら言 えば 一俊 の感 情 を 直 接 的 に表 現 す る こと を避 け︑ 先 に引 用 し. は未 だ に僕 の耳 に残 って い る﹂ の であ る︒ こ のよ う な 表 現 は ︑ ﹂面. ﹁ 変 な歌 が 耳 に残 って 到遂 眠 れ ず ︑ 其 の夜 の ト ヨを 駈 け る 雨 足 の音. る の であ ろう か ︒. し 込 ﹂ ん だと 言 え る のだ ろう か ︒﹁父 の家 に強 烈 な爆 弾 を し か け﹂た. は果 し て ﹁にせ も のと ほ ん も の とを 判 っき り分 廿 る刃 を ぎ り ぎ り 刺. あ る︒ そし てそ れ を契 機 に 一俊 は旅 出 つ︒ で は︑ 旅 出 って行 く 一俊. の ルリ です ら 一俊 の両 親 の溺愛 が も と で疫 痢 で死 な せ てし ま う の で. と名 付 る行 為 に よ って のみ 実 現 さ れ て いる ば か り であ る︒ し加 も そ. に生 ま れ た娘 に父 が 小冬 と いう 名 を つけ よ う と す る の を拒 み︑ ルリ. そ も そ も︑ 先 に述 べ た よ う に︑ ﹁此 家 の性 格 ﹂ は 檀 が ﹁己 の この. と 言 え る だ ろう か ︒ 答 え は も ち ろ ん否 であ ろ う︒ こ れ は何 を 意 味 す. 奇 ッ怪 な慣 怒 と 孤 独 を おが みう ち に叩 き つけ ﹂ た と 回 想 す る作 品 で. ば ︑ 一俊 を 父 の行動 に反 発 し な が ら も︑ そ れを 行 動 に よ って父 に示. う ︒ つま り ︑ 一俊 は︑ 成人 す る ま で父 の横 暴 と 暴 力 を 記 憶 し ︑ 忍 耐. す の で は な く︑ 内 攻 さ せ て いく 人 間 と し て 造 型 し て いる と 言 え よ. す る少 年 と し ての み造 型 さ れ て お り︑ それ は封 建 的 家 長 制 の下 で の. あ った︒ し かも ︑ そ の ﹁憤 怒 と 孤 独 ﹂ の内実 と は ︑檀 本 人 の幼 少 期. の体 験 に基 づ く父 を 中 心 と す る ︿ 家 ﹀ と の対 立葛 藤 であ った︒ そ れ. 少 年 像 と し て︑ リ アリ テ ィを 持 つも の であ ると 言 い得 よ う ︒. 少 年 期 の造 型 に は成 功 し な が ら ︑ そ の︿家 ﹀ を乗 り越 え て ゆ く べき. は︑ ﹁ 或 家 の断 層 ﹂ で は微 妙 な ズ レを 見 せ て いた が ﹁ 此 家 の性 格 ﹂ で. そ し て 一俊 は ﹁ 隣 村 一の豪 家 ﹂ の娘 であ る フジ と 結 婚 す る ︒ フジ. 青 年 期 の造 型 に失 敗 し て い ると いう こと は︑ 檀 一雄 本 人 が︑ ︿ 家 ﹀. は終 始 一貫 し て︑ テ ー マと し て流 れ て いた︒ だ が︑ 主 人 公 の 一俊 の. う い う卑 屈 な精 神 で夫 婦 生 活 を 通 し て行 か ね ば な ら ぬ 思 い の中 で苦. を 乗 り越 え る べき 論 理 を 未 だ 獲得 し て いな い と い う こと を 意 味 す る. は ﹁ち ょ っと し た 人 の愛 情 にも ひど く 溺 れ る よ う﹂ であ り︑﹁僕 の家. り き﹂ る︒ 父 が フジ の琴 を と が め た のを き っか け に ﹁僕 は生 活 にも. の で はな いだ ろう か ︒ 一俊 の誕生 日 が年 越 し の 日 な の は偶 然 で はな. の 不思 議 な性 格 の板 ば さ み にな って始 終 お ど お ど ﹂し ︑﹁僕 ﹂は ﹁そ. り込 も う と 思 ﹂ う ︒ こ の覚 悟 が ︑ 父 の横 暴 の下 でそ れ を 見詰 め な が. 愛 情 にも に せた も のと ほ んも のと を 判 っき り 分 け る 刃 を ぎ り ぎ り刺. い︒ こ の 日 は檀 一雄 自 身 の誕生 日 で あ る︒. 表 現 や ︑﹁父 の家 の中 に強 烈 な爆 弾 を し か け ね ば な ら ぬ﹂と い う決 意. 感 じ な く な ってし ま った と いう ア セリ で夜 が寝 れ な か った﹂ と い う. ま と ま って終 った のだ ︒ 何 よ り も ︑ 自 分 が自 分 の境 界 に何 の悔 いも. 自 分 自 身 の生 涯 に脅 え てゐ﹂ るば か り で︑ 何 ら︑ そ の問 題 を 解 決 す. 題 は檀 本 人 にと って切 実 な問 題 で あ りな がら ︑主 人 公 は︑﹁暗 謄 た る. あ った し ︑ 習 作 の域 を出 な い表 現 も 多 か った ︒ 何 よ りも ︿ 家 ﹀ の問. る︒ 前 者 に は先 程 も 述 べた よ う に テ ー マの ズ レと も いえ るも のが. ﹁或 家 の断 層 ﹂ か ら ﹁此家 の性 格 ﹂ へと作 品 は確 か に深 化 し て い. ら育 って来 た主 人 公 の覚 悟 な の であ る が ︑ そ れ は 形 を変 え て︑ フジ. と な って表 わ れ て いる ︒ し か し︑ 果 し てそ う い う 一俊 の決 意 な り 願. る 方 向 性 を 示 し え な か った︒と こ ろが ︑﹁ 此 家 の性 格 ﹂ で はそ う いう. が 妊 娠 し た と 知 ら さ れ た 後 の ﹁僕 の生 涯 も︑ 兎 に 角 一通 り小 器 用 に. 望 な り は 具 体 的 には ど う実 現 さ れ て い る のだ ろ う か︒ それ はわ ず か. 「47一.

(10) ズ レも な く な り ︑ テー マは終 始 ︑ 父 を 中 心 と す る ︿家 ﹀ の問 題 に絞 ら れ ︑ 前半 部 の 一俊 の造 型 にも 成 功 し て いる ︒ これ は 明 ら か に作 品 内容 の深化 と よ ん で よ い︒ と こ ろが ︑ 幼 少 期 か ら檀 一雄 本 人 が 悩 み 続 け てき た ︿家 ﹀ と の葛 藤 を 仮 託 し た 主 人 公 一俊 は ︑ そ の問 題 を 論 理的 に 解決 す る方 向 へ向 か う の で はな く ︑ 作 品 の中 で︑ 一俊 自 身 が 宣言 し た よ う に ﹁父 の家 に﹂ ﹁爆 弾 ﹂も ﹁ し か け ﹂ ら れ ず ﹁刃 ﹂を も ﹁ 刺 し 込﹂ め な い の であ る︒ それ は明 ら か な 一俊 の敗 北 であ ろ う︒ そ し てそ れ は檀 一雄 が意 図 し た 結 果 であ る と いう よ りも ︑ 檀 一雄. ば瀧 井 流 の ﹁ 内 感 を 文 章 に置 換 す る肉 体 鍛 冶 の方 式 ﹂ が獲 得 され て. 自 身 に 未 だ ︿家 ﹀ を 乗 り越 え︑ 相 対 化 す る だ け の論 理︑ 言 い換 えれ. い な い が為 の必 然 的 な ︿敗 北 ﹀だ った の では な いだ ろ う か ︒﹁ 憤怒と 孤独 を 叩 き つけ﹂ る よ う にし て︑ 一俊 と いう 自分 の半 身 を 造 型 す る こ と は でき た︒だ が ︑ こ の時 の檀 に︑そ の 一俊 の行 動 を 通 じ て ︿家 ﹀ の問 題 を解 決 の方 途 を 探 る こと は 未 だ 不 可能 だ った の であ る︒ そし てそれは ﹃ 花 筐 ﹄ 所 収 の ﹁美 し き 魂 の告白 ﹂ や ﹁ 夕張胡亭塾景観﹂ で も試 み ら れ て い るが ︑ も はや 紙 幅 は 尽 き た︒ 他 日を 期 し た い︒. 井 上 友 一郎. 檀 一雄 集 ﹄ (昭 和 四十 五年. と いう が ︑檀 自 身 は ﹃わ が青 春 の秘 密 ﹄ (昭和 五 十 一年 四月 ︑ 新 潮 社 ) 坂 口安吾. 等 で︑ こう信 じ て い たと 述 べ て い る︒. 筑摩 書 房 )所 収 ︒. ﹁此 家 の性 格 ﹂ ま でを 中 心 にー. ﹁な め く ぢ 横 丁 ﹂ (﹁ 群 像 ﹂ 昭 和 二十 四年 九 月 号 ). 新潮 社 ). ﹂ (﹁文 学 年 誌 ﹂. ﹁﹁此 家 の性 格 ﹂ に つい て﹂ (﹃檀 一雄 全 集 第 一巻 ﹄ (一九 七 七 年 九 月 ︑. 5 号 昭和 五十 五年 七 月 ). ﹁檀 一雄 覚 え 書. エじ ツ). ﹃人 物 書 誌 大 系 2 檀 一雄 ﹄ (石 川 弘 編 ︑ 一九 八 二 年 五 月︑ 日外 ア ソシ. だ と い う︒. 月 号 ︑同 十 月 新 潮 社 よ り刊 行 ) によ れ ば ︑ 同 明皿休 校 の 時 は停 学 で す ん. ﹁人 間檀 一雄 ﹂ (野 原 皿夫 ・ ﹁正 論 ﹂昭 和 五 駈 八 年 レ 一月号 〜 六 卜 年 八. 檀 は ﹁自 筆 年 譜 ﹂等 で同 盟休 校 の首 謀 者 の 一人 であ った為 と いう が ︑. ﹃わ が 青 春 の秘 密 ﹄. 号). ﹁じ じば ば の花 ﹂(﹁え き す ぶ れ す 日 本 通 運﹂昭 和 三 十 九年 四月 十 四 日. ﹁母 ﹂ (﹁新 潮 ﹂ 昭 和 二 十 年 二 月 号 ). 十 一月. 注 ( ﹃日本 文 学 全 集. 注5 注6 注7 注8. 注9. 注 10. 注 11. 注 12. 檀 一雄 本 文 は新 潮 社 版 全 集 によ った ︒但 し ︑﹁或 家 の断 層﹂ は. ﹁不 思議 な デ ビ ュー﹂ 初 出 不 詳. ぶ い た︒. 白 川書 院 ) 所 収 本 文 によ る ︒瀧 井本 文 は初 出 ︒ 但 し ル ビ は は. 未 収 録 の為 ︑﹁ポ リ タイ ア檀 一雄特 集 号﹂(昭和 五十 二年 五 月 ︑ た と え ば 戦 後 では あ る が ︑﹁僕 は屈 託 な く 己 の肉 感 に即 い て︑自 他 判. 注 注1. ﹁火 宅 の母 の記 ﹂に よ れ ば︑恋 愛 は出 奔 の後 で︑直 接 の原 因 で はな い. 緩 慢 で厄介 な事 業 な の で あ る﹂ (﹁文 土 十 年 説 ﹂ ﹁新潮 ﹂ 三f 五年 四 月 号 ) であ る ︒. 号 ) と か ﹁お のれ の肉感 を文 章 に表 現 す ると いう 操 年 は ︑実 に非 常 に. 別 の拠 点 と す る ﹂ (﹁︑人 で金 槌 を 持 ってす る) ﹁思 潮 ﹂ 二 十 五年 五 月. 注2. 注3. 一48一.

(11)

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP