入間市公共施設等総合管理計画(原案)

56 

Full text

(1)

パ コ ン 用

入間市

共施設等総合管理計画

入間市

(2)

1

~公共施設 ン 必要性~

本市 昭和 40 代 60 代 人口 急増期 あ 伴う行政需要 大

応 多 共建築物や 路ヷㄥㄦ水 都市基 施設 各地区 建設 現

う 共施設 多 老朽化 進行 維持管理や施設更新 多 費用 得

い状況 い 人口急増期 比較 市民生活や行政 巻 環境 大 変化

共施設 機能や役割 い 見直 求 う い

ㄟ方 市 政 目 転 社会保 制度 維持 い 出 増加傾向 あ 中 入

幹 占 税 い 生産 齢人口 減少 伴い徐々 減 見込 将

来的 入ヷ 出 ㅇ 大 傾向

う 状況 成26 度 作成 入間市 共施設マネ メント白書 明

将来 わ 市民ニヸ 応 行政 ヸビ 安定的 提供 い 経常

的経費 抑制 共施設 維持管理経費 削減 向 施設保 縮減や効率的 施設

保全等 組 必要ㄧ 状況 い

本市 共施設 あ 方 見直 保 や配置 適 化 い

本市 う 組 共施設マネ メント 枠組 中 進 い う 考え い

共施設マネ メント 行政 ヸビ 合わ 施設機能 見直 施設 保 や配置

適 化 進 施設情報 把握 効率的 維持管理 求

本市 う 組 推進 共施設マネ メント白書 作成 施設 実態

把握 ㄥ 共施設最適化基本方針 長期的 組方向 示 計画的 維持ヷ保全や

施設総 最適化 機能等 見直 方向性 示 共施設再整備計画 及び 共施設維持管理計

画 あわ 共施設等総合管理計画

組 長期 わ 共通 方針 則 行う 要 あ 計画期間 間

共施設マネ メント 入間市 連動 い 要

組 あ 行政 市民 皆様 理解 い 協力 い

進 い 考え

問 市民 皆様 共通認識 持 限 情報 開 い い

考え 市民 皆様 課 解決 向 方向性や 組 容 い ㄟ 考えい

う 願い申 ㄥ

最 本方針 策定 あ 精力的 議論い 入間市 共施設あ 方

検討委員会 委員 皆様 市民説明会やパブリッ コメント い 貴 意見や

提案 戴 多 皆様 心 御礼申 ㄥ

入間市長

(3)

2

第 章 序論

. 公共施設等総合管理計 策定 趣旨

. 公共施設等総合管理計 置 け

. 公共施設等総合管理計 策定 係 基本的考え方

( )総合管理計 コン

( ) 象施設 範

( )地区区 考え方

( )計 期間

.公共施設 問 点 今後 課 ~ 入間市公共施設 ン 白書 ~

( )市政 問 点

( )公共施設 問 点

( )公共施設 ン 課

第 章 公共施設最適化基本方針

.基本方針

( )基本理念

( )基本方針

基本方針 公共施設 あ 方を見直 施設機能 行政 ビ 見直

基本方針 新 コ 作 い 建物 コ 活用 適 化 長 命化 推進

基本方針 施設管理 効率化を 柔軟 効率的 管理 運営

.推進方法

方向性 整合 計 策定

方向性 実現 向け 条件整備

第 章 公共施設再整備計

. 組方針

( ) ビ 容 施設機能 見直 組方針

( )施設 整備 運営 適 化 組方針

( )施設 広域連携 組方針

( )除却施設 扱い 組方針

. 業計 へ 映方法

(4)

3

第 章 公共施設維持管理計

. 組方針

( )維持管理 修 組方針

( )点検 診断等 組方針

( )安全確保 組方針

( )耐震化 組方針

( )長 命化 組方針

( )都市基盤施設 効率的 維持管理 組方針

. 業計 へ 映

第 章 公共施設 ン 推進 向け

.公共施設 ン 組体制

.職員 意識改革及び情報共 化 組

( )職員 意識改革

( )情報 共 化

市民意見 映及び情報共 化 組

. 業評価 組方法

( ) 業評価

.資金調 方法及び 政計

( ) 政計

( )資金調 方法

(5)

4

. 公共施設等総合管理計 策定 趣旨

本市 保 い 共施設 市民 産 得 整備 貴 資産

限 源 中 資産 効活用 効率的 施設 維持管理 再整備 進 将

来 要 組 あ 持 能 都市経営 基

共施設等総合管理計画 以ㄦ 総合管理計画 いう 適 資産管理

組 共施設マネ メント 進 あ 以ㄦ 目的 沿 基本的 考え方 明

狙い い

公共施設 ン 目的

市民ニ 変化 合わ 公共施設 機能 役割 見直 を行う

社会情勢や時代 変化 合わ 公共施設 保 を適 化

公共施設 再整備を効率的 実施

公共施設 実態を的確 把握

老朽化 進 公共施設 維持管理を総体的 計 的 推進

公共 産 資産 公共施設 効活用を

公共施設 最新情報を提供 市民 民間 業者 行政 公共施設等 情報を共 化

現状 理解を深 互い 定 課 認識を持 う

基本的考え方 明 手 共施設マネ メント白書 以ㄦ 白書 い

う 作成 実態 把握 共施設最適化基本方針 以ㄦ 基本方針 いう ㄥ

施設機能 見直 や保 適 化 計画的 維持管理等 方向性 示 共施設再整備計画

以ㄦ 再整備計画 いう 共施設維持管理計画 以ㄦ 維持管理計画 いう 併

総合管理計画 策定 計画 基 い 共施設マネ メント 進 い

公共施設 ン 実施 ロ

施設 実態把握 析

公共施設 ネ ン 白書 策定

公共施設 あ 方 検討

公共施設最適化基本方針 策定

公共施設等総合管理計 策定

(再整備計 維持管理計 策定)

入間 総合計 映

公共施設 再整備 維持管理

事業計 策定

施設 再整備 維持管理 実施

組 見直 映

検討委員会 提言

公共施設 ネ ン

担当部署設置 検討

(6)

5

. 公共施設等総合管理計 置 け

総合管理計画 市 最ㄥㆮ計画 あ 入間市総合計画

及び入間市行政改革大綱 技

基 い

策定 30 見据え 市 行う 共施設 適 化 関 基本的 考え方 示 計画

ㆮ置

総合計画や行政改革大綱 ㄦ 策定 基本計画等 計画期間 あ 今

基本計画等 策定 あ 総合管理計画 前提

総合管理計画 考え方 基 い 具体的 再整備 維持管理 組 容や実施時期 示

10 間 ㅙ業計画 策定 総合計画 映 い ㆂ 計画

整合 い

策定済 計画 基 い 行うㅙ業 い 総合管理計画 考え方 踏 え

整合 い

※ 市 最 計 置 け 10 を計 期間 基本構想 5 間 基本計 3 間 実施

計 構成

※ 長期的 行政改革 方向性を示 大綱 策定 体的 行政改革 組 大綱 沿 業化

実施 い

※ 福祉 教育 都市整備 個 係 体的計

公共施設 ン 構成

<公共施設 ン 構成 概要説明>

○ 入間市総合計画 入間市行政改革大綱 入間市 共施設等総合管理計画 相互 連携

計画 策定 計画 実行

○総合管理計画 基本方針 再整備計画 維持管理計画 構成

○総合管理計画 基 い 10 毎 再整備 維持管理 推進 容 具体化 ㅙ業計画

策定 ㅙ業化

○白書 10 作成 実態 踏 え 総合管理計画 時点修整

○ 計画 策定 総合管理計画 示 方向性 前提

入間市公共施設等総合管理計 (30 )

公共施設最適化基本方針

再整備計 維持管理計

業計 (10 ) 業計 (10 ) 業計 (10 )

入間市総合計

(10

)

入間市行政改革大綱

(7)

6

. 公共施設等総合管理計 策定 係 基本的考え方

(1)総合管理計 コン

総合管理計画 本市 長期的 共施設 適 化 向 共施設マネ メント 方向性 示

策定

現 厳 い 政状況 考慮 共施設 維持 困 あ マネ メ

ント 方向性 適 ヷ規模 見直 中心 少子高齢化や環境問

応 時代 変化 映 共施設 適 化 必要 あ う 組 通

良い資産 共施設 将来世代 引 い い 目指

本市 考え 共施設 適 化 単 ハヸド 共施設 再編 行う 今

市民ニヸ 捉え ソフト 行政 ヸビ 見直 行う 要 あ 考え い

総合管理計画 本市 現状 課 踏 え ㄥ ハヸドヷソフト 両面

今 共施設マネ メント 方向性や 組 容 明

共施設マネ メント 行政 市民 民間ㅙ業者等 協働 組 課

あ ンポ ウムやワヸ ョップ パブリッ コメント ン ヸト調査 実施

市民 行政 課 認識 共 課 解決 協働 組 い

(2) 象施設 範

共施設 範 い 共建築物 捉え 場合 都市基 施設

路ヷ橋

うヷㄥㄦ水 等 含 場合 あ

基本方針 駆 作成 白書 国 指針 沿 都市基 施設 実態 把握 今 必要

コ ト 試算 行い

都市基 施設 市民生活 い施設 廃 検討 余地 少

維持管理 い 長 命化や保全 個 計画 入間市舗装補修計画 入間市橋 う長 命化

修 計画 等 既 策定 い 適 化 方向性 示 必要性 ㆯい 断

総合管理計画 共建築物 共施設 主 象 都市基 施設 総体的

デヸタ及び長期的 政計画 ㆮ置 把握

※ 路 橋 う 水 都市基盤を構成 公共施設 いわ イン 施設 をいう

(3)地域区 考え方

本市 い 地域区 存 各地区 特徴や人口動態等 踏 え 今 共

施設再整備 向 地域区 い 以ㄦ 総合管理計画 い

地域区 前提 施設 再整備や維持管理 方向性 定

生活圏域 け 地区 生活基盤 共通 福祉計 区 い 地区

○豊岡第 地区 ○豊岡第 地区 ○豊岡第 地区 ○東金子地区 ○金子地区

(8)

7

地域区 日常的 生活圏域 子 や保

護者 活動ヷ交流 範 定着 地区 あ

歩又 自転車 利用 能 あ 利用

者人口 準化 想定 福祉

圏域 技

設定 あ 今

超高齢社会 到来 考え 市民 活動 や

い リ 設定 考え 今 共

施設 再整備 行う 複合化 い 検討

必要 あ 場合 人口バラン い

地域区 捉え わ い 考え

地域区 軸 共施設 再整備 進

望 い 考え 表 地域区

※ : そ民生委員 担当区域割 区 地区 1万~ 万人 人口規模 準化 い

(4)計 期間

総合管理計画 共施設マネ メント 長期的 視点 推進 基本的 考え方

示 あ 計画期間 成 度 成 度 間

.公共施設 問 点 今後 課 ~ 入間市公共施設 ン 白書 ~

総合管理計画 策定 あ 本市 共施設 現状 問 点 明 今 課

析 白書 作成 白書 総論 本市 概要 地域区 考え方

人口 状況 政 状況 保 資産 状況 今 施設 建替えヷ改修 コ ト試算

把握 ㄥ 各論 施設 地区 実態把握 行い 今 課 析 い

総合管理計画 前提 白書 概要 示

(1)市政 問 点

■市 概要■ 白書P 参照

ヷ市域全体 地 丘陵 山ヷ加治丘陵 茶畑 観 保 い

ヷ鉄 西武池袋線 R 高線 通 主要 路 国 号ヷ 号ヷ 号ヷ

号 あ 首都圏中央連絡自動車 開通

ヷ所沢市 飯能市 山市 埼玉県西部地域 協議会 設立 構想 ダ

プラン 策定 共施設 相互利用や ベント 共 開催 連携 い

ヷ首都圏 あ 変化 富 自然 育 伝統文化 新 い文化 融合 コミュニ

(9)

8

■人口 状況■ 白書P ~ 参照

ヷ昭和30 代 40 代 行わ 大規模宅地開発や工業団地造成等 昭和45

昭和60 人口 急激 増加 昭和45 約6.3万人 人口 昭和60

約 1. 万人 15 間 約5.3万人 84% 増加 成7 以降 人口 増加

や 成22 約15.1万人 ピヸ 現 横 い傾向 い

今 現 約15.0万人 成52 約11.9万人 約3.1万人 21% 減少

昭和60 代 水準 推計 い

ヷ 齢構成 成22 ピヸ 生産 齢人口比率 ㆯㄦ 特 成27 75

以ㄥ 期高齢者 割合 ㄥ昇 高齢化 ㄟ気 進行 傾向 成52 高齢

者人口比率 現 23% 37% 14ポ ント 増加 少人口比率 現 13%

9% 4ポ ント減少 見込

ヷ1日 流出入人口 見 流出ヷ流入 近隣市 あ 所沢市 飯能市 山市 行 来

倒的 多 い 近 流出人口 流入人口 減少傾向 あ ㄟ方 昼間人口

増加 い 就業者 市外 流出 い 市民 退職期 迎え昼間 市 い

う 影響 い 考え

ヷ地区 見 西武地区や藤沢地区 比較的減少幅 少 見込 い 既 人口減少

始 い 東金子地区や 少人口 減少率 大 い 金子地区や豊岡地区 い

今 減少幅 大 い

※ 常 人口 通勤 通学 流出入人口を増減 算出 人口 物客等 非定常的移動 考慮 い

表 人口推移及び推計

5.4 6.3 8.1 10.2 11.6 13.6

14.3 14.7 15.0 15.1 15.0 14.7

13.5 11.9 0 2 4 6 8 10 12 14 16

S42 S45 S50 S55 S60 H2 H7 H12 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26 H27 H32 H37 H42 H47 H52

人口推移及び推計 昭和42 ~ 成52

9%

現在

64

出 埼玉県 人口調査結果報告 外国人を含 (各 1 1日)

入間市人口推計(地区 ) 民基本 帳(H22.1~H26.1) タ 基 く人口推計

13%

生産 齢人口

54%

少人口

23%

37% 15 間

84%増加

26 後 21%減少 前期高齢者割合

後期高齢者割合

逆転

後期高齢者 前期高齢者

高齢者人口

万人

人口 ク

19%

67%

(10)

9

■ 政 状況■ 白書P ~ 参照

<歳入 推移 い >

ヷ 通会計 入規模 約350億 約400億 推移 い

ヷ 成15 度 20 度 均 約356.8億 成21 度 24 度

均 約399.3億 い 増加 主 要因 国 経済 策補 予算 実施

国庫支出金 増加 あ 近 増加 い 使途 特定 特定 源 あ

市 自由 裁 持 ㄟ般 源 250億 前 推移 い

ヷ 訳 市税 入 入総 5割程度 い 市税 入 う 市民税

成20 度 約110.1億 ピヸ 4 間 11%減少 い

表 過去10 間 歳入 推移

<歳出 推移 い >

ヷ 通会計 出規模 約340億 約390億 推移 い

ヷ支出 義 的 任意 削減 い 義 的経費 成15 度 約172億 成24

度 約204億 訳 人件費 微減 債費

横 い

扶 費

約2倍 増大 い 今 高齢化 ㄟ 進展や少子化 策等 増加 見

込 義 的経費 増大 懸念

ヷ投資的経費 出 10%前 30億 40億 推移 い

表 過去10 間 歳出 推移 351.6 361.3 352.8 355.4 359.2 360.2

397.7 404.0 394.6 401.0

0 100 200 300 400

H15 H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 歳入決算額 推移 普通会計決算

そ 他特定財源

県支出金

国庫支出金

地方債

そ 他一般財源

地方交付税

市税 市民税

法人

個人

固定 資産税

そ 他

•市 村税

•固定資産税

•そ 他

一 般 財 源 ( 度)

(億円)

55.3%

52.4% 31.1 62.2

110.1億円

80.1億円 38%増 11%減 97.9億円

H15~H20

均356.8億円

H21~H24

均399.3億円

46.4 51.3 50.9 52.8 57.3 61.1 64.8 85.6 91.0 90.7

37.0 36.8 28.7 33.0 33.8 32.7

31.6 41.3 37.7 38.3

343.2 349.9 341.2 345.6 349.2 350.7

385.8 390.3 383.4 387.1

0 100 200 300 400

H15 H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24

繰出金

積立金 投資及び

出資金 貸付金

公債費

投資的経費

補助費等

扶助費 維持補修費

物件費

人件費 億円

投資的 経費

13.5%

23.4%

扶助費

( 度)

(11)

10

<投資的経費 推移 い >

ヷ 成15 度 24 度 投資的経費

技 10

間 均 約35.1億 い

う 共施設 投資的経費 10 間 均 約10.6億 あ 投資的経費全

体 30% 占 い

ヷ 共施設 関 投資的経費 用地 得 主 建物 整備や更新 建替え 使わ い

近 学校施設 耐震化 使わ い

ヷ都市基 施設( 路 橋 う ㄥㄦ水 ) 生活 い施設 費用 縮 い や全

施設 耐震化 完了 い い 今 経費 予測 投

資的経費 増加 い 見込 い

<積立基金 経常 支比率 推移 い >

ヷ 債費 担比率

技10

減少 い 扶 費等 増加 経常 支比率

技11

% 超え

水準 推移 政 硬直化 進 い

ヷ積立基金 技12

成 22・23 ㄟ時的 増加 全体 減少傾向 い

ヷ地方債 高 減少傾向 あ 学校施設 耐震化 伴い 成 21 度以降増加傾向 転

将来 政 担 懸念

※ 市 借 入 地方債 元利償還費 時借入金 合計 人件費 扶助費 義務的経費 い

※ 社会保障制度 環 児童 高齢者 障害者 生活困窮者等 行う支援 要 経費

※ 度 短期的 終わ 固定的 資本形成 向け 主 普通建設 業費を

※10 公債費 程度 政を 迫 い を示 公債費 充当 般 源 般 源総 占 割合

※11 政構造 弾力性を示 税 経常 般 源 占 人件費や公債費 義務的 支出 割合を表

※12 代表的 政調整基金 積 立 崩 活用 そ 特定目的基金 あ

表 過去10 間 投資的経費 推移

12

8

5 8 3 8

10 10 11

23

3 3

14

18

19

20

27 19

18

29 21

12

9 10

5

5 3 4 3

3

3 3

37.0 36.8

28.7

33.0 33.8 32.7 31.6

41.3 37.7 38.3 0 10 20 30 40 50

H15 H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24

新規整備 既存更新維持管理 用地取得 新規整備 既存更新 維持管理 用地取得

14.3

8.2 5.5 8.4

3.7

9.5 10.7 9.7 13.5

23.0 22.8

28.6

23.1

24.6

30.1 23.1 20.9

31.6 24.2

15.3 (億円)

(61%) (39%) (78%) (22%) (81%) (19%) (74%) (26%) (89%) (11%) (71%) (29%) (66%) (34%) (77%) (23%) (64%) (36%) (40%) (60%) イン に

投資的経費

公共施設等 に 投資的経費

公共施設等に 投資的経費

10 間 均 10.6億円

投資的経費全体

10 間 均 35.1億円

(12)

11

■保 資産 状況■ 白書P ~ 参照

<土地> 表 土地 保 状況

ヷ本市 保 土地 産 233万

1,358㎡

ヷ土地 産 う 貸付 交換 売却等

能 経済的価値 市政

献 産 あ 通 産 約5.1

万㎡ 2.2% い

ヷ市 直接利用 市民 共 利用

供 産 あ 行政 産 土地 う

約113.5万㎡ 48.7% 園

学校用地 約

64.7万㎡ 27.7% い ※ 保 資産 遈水路面積 含 い

<建物> 表 建物 保 状況

ヷ本市 保 建物延床面積 約32.3

万㎡ い

ヷ行政 産 建物 う 学校教育系施設

約17.4万㎡ 54%

集会施設等 市民文化系施設

約3.0万㎡ 9% 庁舎や支所 防災

ンタヸ等 行政系施設 約2.4万㎡

7% 割合 い

公園

48.7%

学校教育系施設

27.7%

博物館等

3.7%

そ 他

3.1%

市営住宅

2.5%

スポ 施設

2.3%

普通財産

2.2%

供給処理施設

2.0%

保養施設

1.7%

集会施設

1.6%

市庁舎等

0.9%

子育 支援施設

0.7% 保健施設

0.6%

文化施設

0.5%

高齢者福祉施設

0.5%

幼児児童施設

0.4%

そ 他(行政系

0.3%

消防施設

0.2%

産業系施設

0.1%

図書館

0.1%

障害者福祉施設

0.1%

公園 学校教育系施設 博物館等 そ 他 市営住宅 スポ 施設 普通財産 供給処理施設 保養施設 集会施設 市庁舎等 子育 支援施設 保健施設 文化施設 高齢者福祉施設 幼児児童施設 そ 他行政系 消防施設 産業系施設 図書館 障害者福祉施設

公園 約半 を占め

学校教育系施設 54%

市民文化系施設 9% 行政系施設

7% 市営住宅 7% ポーツレクリエーョン

系施設 6%

保健福祉施設

5%

子育 支援施設

4% 社会教育系施設

4%

供給処理施設 3%

産業系施設 0.2% そ 他

1%

学校施設 公共 施設 過半を占め

(13)

12

(2)公共施設 問 点

■老朽化 状況■ 白書P ~ 参照

ヷ本市 保 建物 延床面積32万2,650㎡ う 旧耐震基準

技13

建設 建物 15万

6,699㎡ 49% 新耐震基準

技14

建設 建物 16万5,951㎡ 51% い

ヷ築 大規模改修 必要 目安 築30 以ㄥ 建物 約20.6万㎡ 64%

い 昭和40 成5 間 整備 集中 29 間 建設

建物 約27.6万㎡ 均 9,519㎡/ 全体 86% 占 い 今 大規模改修や建

物更新 時期 訪 能性 高 計画的 整備 検討 必要 あ

ヷ建物用途 学校施設約17.4万㎡ う 約13.9万㎡ 80% 築30 以ㄥ経過

い 市営ㆰ宅 い 昭和30~40 代 整備 多 築50 以ㄥ経過 施

設 多い 老朽化 懸念

※13 昭和56 5 31日 建築確認 い 適用 基準 震度5強程度 揺 建物 倒壊 破損

補修 活用 能 構造基準 設定 い

※14 昭和56 6 1日以降 建築確認 い 適用 基準 震度6強~7程度 揺 倒壊 い う 構造基

準 設定 い

表 公共施設 築 整備状況

64% 24%

4用途 延床面積

全 体 占 割 合

4用途 延床面積

全 体 占 割 合

学校教育施設 1」重,401㎡ 43.2% 学校教育施設 「1,545㎡ 6.7%

市民文化施設 「0,「08㎡ 6.3% ポーツ レクリエーョン系施設 11,貸44㎡ 3.6%

市営 宅 15,55「㎡ 4.8% 行政系施設 11,買41㎡ 3.6%

行政系施設 11,貸0重㎡ 3.6% 社会教育系施設 8,5」」㎡ 2.6%

築 」 0 以 経 過 施 設 築 「 0 以 」 0 未 満 施 設

「05,買」貸㎡ 貸買,貸重」㎡

0 5,000 10,000 15,000 20,000 25,000 30,000 S

26 S27 S28 S29 S30 S31 S32 S33 34S S35 S36 S37 38S S39 S40 S41 S42 S43 S44 S45 S46 S47 S48 S49 S50 51S S52 S53 S54 55S S56 S57 S58 S59 S60 S61 S62 S63 H1 H2 H3 H4 5H H6 H7 H8 9H H10 H11 H12 H13 H14 H15 H16 H17 H18 H19 0H2 H21 H22 3H2 H24 H25

学校教育系施設 市民文化系施設 行政系施設 市営住宅

ポーツレクリエーョン系施設 保健福祉施設 子育 支援施設 社会教育系施設

供給処理施設 産業系施設 そ 他

旧耐震基準S56 以前 156,699 48.6%

㎡ 新耐震基準S57 以降 165,951 51.4%

築40 以

27%

築30 以

37%

築20 以

24%

築20 未満

12%

学校教育系施設 市民文化系施設 行政系施設 市営住宅

ポーツレクリエーョン系施設 保健福祉施設 子育 支援施設 社会教育系施設

供給処理施設 産業系施設 そ 他

旧耐震基準 以前 ㎡ 新耐震基準 以降 ㎡

0 2 4 6 8 10 12 14 16

人口 児童生徒数

2.14㎡/人

32.3万㎡

築40 以 8.7万㎡ 27%

築30 以 11.8万㎡(37%)

築20 以

4.0万㎡(24%)

築10 以

2.9万㎡(9%)

築10 未満

1.1万㎡(3%)

旧耐震基準施設 昭和56 以前

15万6,699㎡(48.6%)

人口

児童生徒数

9,519㎡建設

池 団地

市民会館

市民体育館

図書館本館

博物館

総合ク ンセンタ

健康福祉センタ

武蔵中学校 金子中学校 新耐震基準施設 昭和57 以降

16万5,951㎡(51.4%)

人口

万人

整備→ソ 整備へ 替え 第4次総合計

産業文化センタ

(14)

13

■耐震化 状況■ 白書P 参照

ヷ旧耐震基準施設 約15.7万㎡ 49% う 耐震化未実施施設 約4.5万㎡ 14%

あ 早急 策 必要 い

ヷ耐震化未実施施設 う 学校施設 成27 度 耐震化 完了

ヷ大規模 共施設 あ 市庁舎 ・ 棟 市民会館 中央 民館 市民体育館 市民活動 ンタヸ

い 成26 度 耐震化計画 検討結果 踏 え 今 方向性 検討 い

■今後 更新等 コ 予測■ 白書P ~ 参照

総 省 提供 い 更新費用試算ソフト 入間市 諸条件 加え 今 40 間 施設

改修ヷ更新等 コ ト 算出

結果 今 共施設 改修や建替え コ ト 共施設 都市基 施設 合わ

均 . 倍増 いう膨大 試算

<公共施設>

ヷ市 保 共施設 今 建替えヷ大規模改修 コ ト 成 26 度 成

65 度 40 間 積 ㄥ 方式 試算 均約47.0億 見込 あ

直近 共施設 投資的経費 均約10.6億 4.4倍

ヷ現時点 既 築31 以ㄥ経過 い 施設や今 築30 経過 施設 多 あ 今 10

間 ㄟ斉 大規模修 必要 予想 費用 間 50 億 超え

試算 い

表 公共施設 コ 試算

0 10 20 30 40 50 60 70 80 H

21 H22 H23 H24 H25 26H H27 H28 H29 H30 H31 H32 H33 H34 H35 H36 37H H38 H39 H40 H41 H42 43H H44 H45 H46 H47 48H H49 H50 H51 H52 H53 54H H55 H56 H57 H58 H59 H60 H61 H62 H63 H64 H65 億円

学校教育系施設 市民文化系施設 ポーツレクリエー ョン系施設

子育 支援施設 そ 他 市営住宅

社会教育系施設 産業系施設 保健 福祉施設

行政系施設 供給処理施設 耐震化コス

0 10 20 30 40 50 60 70 80 H

21 H22 H23 H24 H25 26H H27 H28 H29 H30 H31 H32 H33 H34 H35 H36 37H H38 H39 H40 H41 H42 43H H44 H45 H46 H47 48H H49 H50 H51 H52 H53 54H H55 H56 H57 H58 H59 H60 H61 H62 H63 H64 H65 億円

大規模改修 成26 ~65 度

大規模改修築31 以 50 未満

成26 ~35 度 建替え

成26 ~65 度

4.4

直近 投資的経費

10.6億円

維持補修費 成26 ~65 度

今後40 間 建替え大規模改修 費用総額

1,882億

建替え 大規模改修に コス

均47.0億 /

既存

公共施設等に 投資的経費

成15 度~ 成24 度

均 10.6億 /

既存ス ク

32.3万㎡

耐震化

現状 投資的経費

維持 施設

( 度)

23%

整 備 方 式

(15)

14

<都市基盤施設>

ヷ今 40 間 総 約1,447.4億 均約36.2億 必要 予測 直近

都市基 施設 投資的経費 均約24.4億 1.5倍

ヷ都市基 施設 い 日常生活 営 ㄥ 最ㆯ限必要 施設 あ 廃 等 費用 縮

い 長期的 維持管理方法 見直 今 課

表 都市基盤施設 コ 試算

<公共施設 都市基盤施設を合わ 今後 更新コ >

ヷ 共施設 建替え 改修等 コ ト試算 都市基 施設 コ ト試算 合算 本市

今 投資的経費 見通 今 40 間総 約2,993.5億 均約74.8億 必

要 成15 度 24 度 10 間 投資的経費 ㄥㄦ水 投資的経費

含 均約35.1億 比較 今 整備費 投資的経費 均 2.1

倍 見込

表 共施設及び都市基盤施設 コ 試算

成15 度~ 成24 度 イン に

投資的経費 均24.4億円/

1.5

2.1

成15 度~24 度 公共施設 イン に

投資的経費 均35.1億円/

水道整備額 公共建築物整備額

道路橋 ょう整備額

(16)

15

(3)公共施設 ン 課

白書 明 共施設マネ メント 課 課 考え 今 応方向

検討 視点 以ㄦ

<課 >

人口面 課

ヷ 成22 度 ピヸ 徐々 人口 減少 今 大幅 人口減少 進 少人

口及び生産 齢人口 減少 高齢人口 増加 いう急激 人口構成 変化 予測 い

地区特性 課

ヷ市街化区域 過半 占 地区 市街化調整区域 過半 占 地区 あ 地区 土

地利用 状況 大 異 共施設 求 機能 い 見 整備状況 ㄟ

政面 課

ヷ経常 支比率 高 積立基金 増加 い 政制約 強 い

今 投資的経費 確保 厳 予測

共施設 課

ヷ 共施設 過半 占 い 学校施設 老朽化 い

ヷ人口構成 変化 伴い 行政 ヸビ ニヸ 変化 い

< 応方向>

ヷ人口動向 変化 政制約 強 中 開発動向や土地利用 変化等 地区状況 変化や

共施設 老朽化 市民ニヸ 変化 応 必要 あ

ヷ横断的ヷ総合的 共施設 機能 見直 や多機能化等 共施設 最適化や行政 ヸビ あ 方

見直 廃 ヷ売却 含 資産 効活用 検討 必要 あ

ヷ資産 効活用 実現 デヸタ 集ヷ 析 方針及び計画 策定

ル 確立等 長期 共施設マネ メント 体制 構築 必要 あ

<検討視点>

整備地区 踏 え 検討

ヷ地区 人口動態 人口構成 配置 い 施設 利用者ニヸ 提供 ヸビ バ

ラン 検証 地区 方向性 連動 今 施設 あ 方 検

討 必要 あ

ヷ東金子や金子 宮寺ヷㅚ本木地区 学校 中心 周辺施設 更新計画 検討 効率的 施設整備

実施 必要 あ 豊岡や藤沢 西武地区 今 人口構成 変化 利用者ニヸ

変化 踏 え 複数施設 合わ 更新手法 い 検討 必要 あ

ヷ豊岡第ㅚ地区 市 行政 ヸビ 中心施設 多 立地 今 10 ㄟ斉 老朽化 時

(17)

16

施設機能 踏 え 検討

ヷ機能 複 利用ㆯㄦ 見 施設 市全体 施設数や機能 施設配置バラン 等 把握

集約化ヷ複合化 検討 必要 あ

ヷ利用目的 限定 い 利用 少 い施設や機能 利用実態等 利用者ニヸ

検証 ニヸ 見合 ヸビ 提供 あ 方 検討 必要 あ

ヷ学校施設 市 保 資産 54% 占 更新時 周辺施設 集約化 多機能化

地域 点 効活用 い 必要 あ

ヷ大規模 施設 い 既 行 い 近隣市 相互利用 発展 形 広域連携等 含

(18)

17

.基本方針

入間市 共施設 今 課 応 い 基本理念 3 基本方針 掲

共施設マネ メント 推進

(1)基本理念

市民 真 必要 施設 ヸビ 持 的 提供 い 全体適 化 基本理念

共施設マネ メント 適 適所

技15

進 適 適 配置 効

率的 維持管理 利活用 共施設 最適化 組

※15 適 適所 市民共 産 あ 公共施設 い 適 を適 配置 いう公共施設 ン

考え方を 端的 表 造語 使用 い

(2)基本方針

基本理念 実現 向 ㄦ 体系 共施設 あ 方 見直 新 ハコモノ

作 い 施設管理 効率化 いう 方針 定 具体的 展開 向 実

行方策 設定 組

市民

とって真

必要

施設サービスを持続的

提供していくため

全体適正化

基本方針 共施設 あ 方 見直 施設機能 行政 ヸビ 見直

方策 - 施設機能 見直

方策 - 施設 利用形態 適 化

方策 - 市民 行政 共通認識 醸成

方策 - 民間 行政 役割 担 見直

基本方針 新 ハコモノ 作 い 建物(ハコ) 活用 適 化・長 命化 推進

方策 - 施設保 適 化

方策 - 施設 適 配置 推進

方策 - 施設利用 効率性向ㄥ

方策 - 既存施設 効活用

基本方針 施設管理 効率化 柔軟 効率的 管理ヷ 営

方策 - 効率的 施設保全 実施

方策 - ㄟ元的 マネ メント 実施

方策 - 施設 広域利用 推進

方策 - 都市基 施設 効率的 維持管理

方針 - 民間活力 効活用

(19)

18

基本方針

公共施設

方を見直す

施設機能 行政 ビ 見直

施設 建設当初 現 行政需要 大 変化 社会情勢や市民生活 変化 合わ 求

行政 ヸビ 質や 変化 い 共施設 適 化 推進 求

行政 ヸビ 踏 え 施設 持 機能 見直 い 必要

社会情勢 変化や市民生活 将来見通 考慮 ㄥ 適 行政 ヸビ 提供

う 共施設 機能 見直 適 施設 施設配置 再編

再編 厳 い 政状況 考慮 将来 担 踏 え 全体 縮 方向 進

(方策 - )施設機能 見直

ヷ社会情勢や市民生活 変化 合わ 行政 ヸビ 適 化 共施設 機能

見直 組

ヷ各施設 連携 補完 あう 行政 ヸビ 提供 ㆁ組 構築 特定 施設

頼 い行政 ヸビ 提供

施設 規模や配置 わ く ソ 行 ビ

現在及び将来 民ニ 合わ 公共施設 求 機能や役割 見直

新 機能 見合 施設 適 規模 適 割 出 公共施設 再整備

維持管理 進 いく

施設機能 見直 進 公共施設 適 化 図 最 要 あ 民 理解 得

民ニ 多様 あ 策及び ネ ン 方

向性 い 民 寧 説明 自 課 認識 え う

(方策 - )施設 利用形態 適 化

ヷ施設機能 見直 合わ 施設 利用形態 適 化 進

ヷ利用形態 合わ 施設ヷ設備等 改善 組

民ニ 合わ 公共施設 求 機能や役割 見直 施設 利

用形態 い 適 化 図 い 具体的 特定 限定 利用 く

利用時間や開館日 設定 変更 見直 施設機能 効果的 活用 柔軟

性 組 い 施設 再整備 進 利用形態 適 化 い

(20)

19

(方策 - )市民 行政 共通認識 醸成

ヷ職員研修や庁 推進会議等 通 共施設マネ メント 全庁的 組 ㆮ置

ヷ 的 市民周知 共施設 課 認識 市民 共 理解 深 ㄥ 共施

設 適 化 進

行 ビ や施設機能 見直 行 各部局 連携 体 組

全職員 象 研修機会 設定や庁内推進会議等 検討組 設置 情報 共 化

意思統 図 公共施設 ネ ン 全庁的 組 置 い

民 民間事業者等 客観的 タ 積極的 提供 公共施設 適 化 向

共通認識 醸成 理解 ネ ン 進 い

(方策 - )民間 行政 役割 担 見直

ヷ民間 行政 役割 担 い 行政 ヸビ や施設機能 見直 合わ 適 方向 検討

再構成

行 ビ や施設機能 見直 場合 施設 整備方法や管理遀営 事業遀営

い う 形態 適 あ 検討 民間 行 役割 担

(21)

20

基本方針

新た

コモ

建物( コ) 活用 適 化 長 命化 推進

今 政 営 考慮 新規 施設整備 行う余裕 既存施設 効活用 必須

共施設 効活用 推進 慣例 わ い柔軟 発想 利用率 向ㄥ

資産 活用 い 要 効活用 施設 再整備 組

必要 あ 再整備 費用 縮減や 準化 施設 保 や配置 適 化 長 命化

共施設マネ メント 新 施設整備 行わ 既存施設 効活用 再整備 連動 捉え

計画的 推進 い

(方策 - )施設保 適 化

ヷ必要ㄧ 機能 維持 施設保 適 規模 縮減

ヷ原則 新規建設 行わ い 複数施設 廃 伴う施設更新 総

縮減 大幅 コ ト削減 実効性 検証 場合 限 新規建設 視 入

ヷ学校施設 適 配置 考え方 中 地区 点施設 効活用 い

ヷ施設 更新 場合 容易 機能 転用 構造 最 限 投資 新 ニヸ

応 う 施設整備 進

今後 人口減少 少子高齢化 表 人口構成 変化 民生活 変化 現状

公共施設 適 化 組 い 今後 う 現状 応 必要

絞 施設保 縮減 組 い

本 公共施設 ネ ン い 様々 ンや 民 意見交換等 踏

え 複合化や多機能化 統廃合 手法 使 施設保 縮減 組

廃 伴う 替機能 確保 統合 複合化 効性 コ 面 効果 本 長期的 策

考慮 進

特 学校施設 適 化 い 保 縮減 再整備方法 事業化

効活用 方向性 示

施設保 タ コ 間コ 等 数値目標 並び 施設整備 優 順 等 再

(22)

21

(方策 - )施設 適 配置 推進

ヷ地域 応施設 史的経緯や地区 伝統 血縁ヷ地縁関 地区ㆰ民 意向 考慮

地区 地区 地域区 再配置 進

ヷ地区 点施設 再整備 い 総合計画 地区 生活 点 考え方 整合

ヷ地区 市街化区域 市街化調整区域 割合や人口構成 施設 整備状況 い あ 地

区 実情 合わ 施設 適 配置 検討

本 白書 析 進 当 地域 旧 あ 地 生活

圏域 あ 地 設定 施設 適 配置 進 地 及び 地

活用 検討

特 学校や公民館 保育所 地域 応施設 い 地 地

地域 複合化や多機能化 統廃合等 手法 活用 再整備 進 い 再整備

検討 地 民 議論 理解 得 地域性 考慮

進 い

施設 広域的 配置 ン 含 検討 い

(方策 - )施設利用 効率性向

ヷ各施設 利用 象者 大や施設利用 多目的化 進 利用率 向ㄥ

ヷ交通手段 確保 検討 利用者 利便性 向ㄥ

白書 明 う 本 各施設 利用率 部 除い い状況 あ 効率的

利用 行わ い 言い い状況 利用率 利用 象者 大や利用条

件 緩和 施設 多目的化 検討 実行 必要 交通手段 確保等 い

施設利用者 利便性 高 方策 検討 いく

利用率 向 図 方策 民営化 い 検討 い

(方策 - )既 施設 効活用

ヷ民間 共 利用や貸ㄨ等 組 資産 共施設 効活用

ヷ施設 効活用 生 出 源 い 共施設整備基金 積立 今

共施設 適 化 組 活用

公共施設 民 貴 産 効活用 聖域 設 長期的視 持

適 活用方法 見出 必要 あ

本 い 保 施設 い 効率的 活用 図 方 要 断 施設

い 源確保 資源 民間 共 利用や貸 等 組 公共施設整備

(23)

22

基本方針

施設管理

効率化を図

柔軟 効率的 管理 運営

限 源 中 良い状態 共施設 維持 活用 い 施設 状態 確

把握 施設全体 ㄟ元的 視点 管理ヷ 営 い 必要

柔軟 発想 管理ヷ 営 効率化 近隣市 連携 施設 広域化 民間

活力 効活用 検討 必要

本市 共施設マネ メント 市民ニヸ 本質 見極 必要ㄧ 行政 ヸビ 何

ㄥ 施設 再整備 含 管理 全体効率化 組 い

(方策 - )効率的 施設保全 実施

ヷ施設カルテ 技16

活用 日常的 点検ヷ診断等 組

ヷ修 や大規模改修 い 長期的計画 策定 効率的 施設保全

ヷ効率的 施設保全 行う ㅙ 保全 予防保全 替え

ヷ総体的 保全 行う 庁 体制整備

ヷ各施設 安全確保 耐震化 バリ フリヸ化 ユニバヸ ルデ ン

技17

配慮 施設保

全 組

今後 公共施設 ネ ン 進 いく 常 公共施設 実態 把握 く

要 あ 施設 日常的 管理 必要 公会計制 整備

固定資産 帳

技18

施設 連携 情報 共 化 い 考慮 い

効率的 施設保全 行う 故 破損 発生 処 事後保全 計 的 行う

予防保全 替え 個 施設 保全体制 総体的 保全体制 替え 必要 あ

担当部署 設置 含 体制整備 要

う 組 公共施設 長 命化 図 担 準化 進

長期的 見 場合 長 命化 図 施設 更新 ほう 効率的 場合

あ 効性 い 検証 い

施設類型 維持管理 方針や保全 手法等 維持管理計 中 示

※16 施設 建物情報 設備情報 コ 情報 等を タベ 化

※17 全 人 使いや い う 意 作 製品 情報 環境 イン

(24)

23

(方策 - ) 元的 ン 実施

ヷ基本方針 再整備計画 維持管理計画 整備 ㄥ 具体的 ㅙ業推進 向 ㅙ業計画

策定 マネ メント ㄟ元的 所管 担当部署 設置

今後 公共施設 ネ ン 推進 総合的 長期的視 公共施設 関 情報

元的 管理 推進評価 行 いく

事業計 施設機能 見直 施設保 縮減 適 配置 方向性 検討 決定 施設

修 や更新 あ 優 順 決定 庁内横断的 組 必須

う 組 効率的 推進 ネ ン 元的 推進 組 体制 整備

いく

(方策 - )施設 広域利用 推進

ヷ近隣市 共施設 相互利用 進 い

ヷ近隣市 共施設 管理 営組 共 化又 ㄟ括委 化 広域 応施設 管理 営経費 共

担 施設 共 設置 い 検討 進

近隣自治体間 現在 公共施設 相互利用 実施 い 今後 公共施設 関 広域

連携 推進 近隣 域内 民 行 ビ 向 経費削減 目指 広

域連携 検討 利用者 利便性 向 広域的 交通手段 い 検討

必要 あ う 組 進 各施設 利用 進 図 いく

近隣 域内 所在 国及び県 施設 並び 民間 公益的 施設 い 連携 方策

検討 い

(方策 - )都市基盤施設 効率的 維持管理

ヷ都市基 施設 い 個 計画 基 維持管理 組

ヷ都市基 施設 総体的デヸタ 共施設マネ メント全体 政計画 常 把握ヷ管理

遈路 橋 う 水遈 都 基盤施設 原則 担当部署 い 個 計 基

長期的 視 効率的 維持管理 組 効率性 維持管理

組 包括委 民間活力 活用 検討 い

保 やコ 試算 総体的 タ い 公共施設 ネ ン 所管 部署 常

把握 ネ ン 全体 計 中 都 基盤施設 い 捉え く

部 橋 う い 縮減 検討 能 存在 再整備計 い 方

向性 示

(25)

24

(方策 - )民間活力 効活用

ヷ 共施設 管理 営 い 地域団体や 法人 協働 進

ヷ 共施設 整備 管理 営 い

技19

手法 積極的 入 F

技20

い 源調 方法及び行政 ヸビ 向ㄥ 手法 積極的 活用 検討

行 ビ 中 民間活力 入 ビ 実や効率化 図 あ

公共施設 管理遀営及び整備 い 検討 象

管理遀営面 公民連携 指定管理者制 公設民営方式 包括民間委 積極的

推進 施設 地域団体や 法人 管理遀営 替えや施

設 所在 地 委譲 検討

※19 公民連携 公共施設 関 組 指定管理者制度 公設民営方式 施設運営 包括民間委

※20 社会資本整備及び運営を民間主体 行う 公共施設 整備 民間 資金や技術力 経営能力を活用 方法

(26)

25

.推進方法

基本方針 基 い 共施設マネ メント 実行 推進方法 方向性 示

実施 い 方法 目 設定

方向性

整合

た計画

策定

共施設マネ メント 推進 い 実行計画 再整備計画 維持管理計画 策

定 具体化 ㅙ業計画及び地区 計画 策定 ㆂ 行政計画

整合 連動 ㅙ業 推進

(方法 - )再整備計 策定

再整備計画 主 基本方針1 共施設 あ 方 見直 施設機能 行政 ヸビ 見直

基本方針 新 ハコモノ 作 い 建物 ハコ 活用 適 化ヷ長 命化 推進

い 具体的 組方向 示 再整備 市民理解 得 地域

性 考慮 地区 計画 策定 及び 間 具体的 ㅙ業計画 策定 進 い

再整備計画 基本方針 基 本市 い 共施設マネ メント 進 方向性

い 地区 計画及びㅙ業計画 方向性 い 必要 応 ㅙ業 容

見直 柔軟性 持 10 間 計画 策定

方向性 整合 計画 策定

方策 - 再整備計画 策定

方策 - 維持管理計画 策定

方策 - 個 計画 連携(都市基 施設)

方策 - ㆂ 行政計画 連動

方向性 実現 向 条件整備

方策 - 市民意見 映

方策 - 推進組 及び体制

方策 - ル 推進

(27)

26

(方法 - )維持管理計 策定

維持管理計画 主 基本方針 施設管理 効率化 柔軟 効率的 管理ヷ 営

い 具体的 組方向 示 再整備計画 様 具体的 組 い 地区

計画及びㅙ業計画 明 い

(方法 - )個 計 連携 都市基盤施設

路 橋 う ㄥㄦ水 等 都市基 施設 い 維持管理及び保全 関 組方向 個

計画 具体化 個 計画 い 各所管課 策定 路 橋

う 水 策定済 マネ メント 推進 い 所管課 担当

(方法 - ) 行政計 連動

個 施設 い 例え 教育振興基本計画や生涯学習推進計画 高齢者保健福祉計画 市営ㆰ

宅長 命化計画等 ㆮ置 計画 見直 基本方針や再整備計画ヷ維

持管理計画 組方向 映 い 都市計画マ タヸプランや地域防災計画

都市整備等 全体的 計画 連動

方向性

実現

向けた条件整備

基本方針 掲 共施設マネ メント 実現 様々 条件 整備 必要

方法 目 示

(方法 - )市民意見 映

共施設マネ メント推進 市民 理解 協力 ㄧ あ 市民 行政 信頼関

ㄥ 成 立 組方向 市民ニヸ 考慮

基本方針 再整備計画や維持管理計画 地区 計画 ㅙ業計画等 策定

様々 機会 捉え 市民周知 市民 意見聴 積極的 行い 市民 意

見 聞 場合 意見交換 機会 設 施設利用者 広 ㄟ般市民 議論

市民 ン ヸト等 実施 施設 統廃合や複合化 多機能化 進

ㄠ寧 説明 市民 意向 確認 必要ㄧ 市民 意見 出 合い 行政 計画

実行 い いうㆁ組 い

本市 共施設マネ メント う 組 通 市民 意向 映 施策 推進

(28)

27

(方法 - )推進組 及び体制

ㄟ元的 マネ メント 推進 専任 組 担当部署 設置 い 具体的

共施設マネ メント全体 企画 調整 企画部門 施設 維持管理ヷ更新 検討 実行

営 部門 施設 日常的情報管理や資産 活用方法 検討 実行 管 部門 合わ 組

設置 全庁的 組 組 庁 推進会議 常設 情報

共 化や共通認識 確保等 い

(方法 - )P A イ 推進

基本方針及び再整備計画ヷ維持管理計画 間 長期的 策定 社会情勢

や市民生活 変化等 応 時点修 い

組 成果 い 評価方法 確立 ル 活用 計

画 常 改善 適 化 い 実績等 評価 い 部的

市民ヷ市議会等 報告ヷ 表 行い 常 市民 理解 得 進 い

公共施設 ン P A イ

(方法 - )資金調 方法

共施設マネ メント 進 あ 長期的 コ ト試算 基 い 政計画 検討

資金調 方法 整備 進 常 ラ フ ルコ ト

技21

把握 見合 資金調

方法 用意 い

予算編成 中 投資的経費 均的 確保 い 大前提 あ 源

来 ㄟ般 源や補 金 起債 活用 加え 施設 共 利用や貸ㄨ 得

使用料や 共施設 再整備 行う 生 出 資産 売却益 い 源 確保 基

金 設置 F 民間資金 活用等 い 積極的 推進

施設利用者 う い市民 性 保 必要 経費 利用者 担 い

益者 担 適 化 推進 い

※21 公共施設等を 得 使用 必要 経費 総 企 設計 維持 管理 廃棄 至 過程 必要 経費

合計 を言う

ㅙ業計画 策定

入間市総合計画 連動

施設 実態把握ヷ 析ヷ評価

共施設マネ メント白書 策定

再整備計画ヷ維持管理計画

見直 入間市総合計画

施設 再整備ヷ維持管理

(29)

28

組方針

ヷ 章 基本方針 う 主 共施設 あ 方 見直 新 ハコモノ

作 い 示 施設機能 見直 利用形態 適 化 保 適 化 適 配置 推進 利

用 効率性向ㄥ 効活用 方策 い 考え方 示

ヷ施設 広域連携や除却施設 扱い 組方針 い 方向性 示

(1) ビ 容 施設機能 見直 組方針

ヷ ヸビ 容 施設機能 見直 い 共施設 ソフト 施設 ヸビ ハ

ヸド 施設機能 施設 求 役割 見直

ヷ ヸビ 容 施設機能 見直 効果 高 民間 行政 役割 担 見直 民

間活力 効活用 い 積極的 組

ヷ見直 ヸビ 容 施設機能 見合う う 共施設 規模 総 配置 い 適

見直 い

ビ 容 見直 考え方

ヷ施設 提供 い ヸビ 容 い 市民ニヸ 的確 捉え ㄥ 共性

性 視点 見直

見直 視点

ニタ ン

特定多数 民 求 い ビ い

的 求 ビ い

ビ 内容 象者 利用者 整合 図 い

情勢 析

利用状況や地域情勢 変化 応 ビ い

国や県 動向 映 ビ い

く 方向性

総合計 各種行 計 整合 ビ い

地域コ ニ 動向 映 ビ い

人口動態

全 的 地域 人口動態 整合 ビ い

将来的 人口推計 整合 ビ い

公共性

法的 義 付 ビ い

民 必要 断

民間企業や 民団体 法人等 様 ビ 提供 い い

公 性

ビ 内容 特定 限 い い

ビ 内容 特定 象者 限 い い

ビ 内容 特定 地域 限 い い

施設機能見直 考え方

ヷ施設機能 い ヸビ 容 応 施設 必要 検証 施設 備え

機能 い 見直

ヷ施設更新 タ ミン 機能 見直 複合化や多機能化 統廃合 能性 い 検証

効果 あ 断 場合 的確 施設 再整備 進

ヷ複合化等 い場合 各施設 連携 補完 合う 機能 見直 求

い ヸビ 提供 う検討

見直 視点

ビ 容

単 実施 ビ 複合化や多機能化

ビ 組 合わ 利便性 向 や相乗効果 期待

特定 施設 必要 ビ

(30)

29

施設機能

施設・設備 規模 様 ビ 内容 合致 い

施設配置 複合化 組合 等 ビ 内容 合致 い

民間 行政 役割 担見直 考え方

ヷ施設 見直 行う 民間 行政 役割 担 い 検討

ヷ役割 担 見直 い 区 検討

見直 視点

公設公営 公設民営 民設公営 民設民営

直営方式

( 部業 委 含 )

包括的管理遀営委

(指定管理者方式)

施設貸

譲渡方式

方式

FI方式

補 金方式等

民間活力 効活用 考え方

ヷ民間 行政 役割 担 見直 併 全 施設 い 管理 営や施設整備 民間活力

入 ヸビ 向ㄥや効率化 検討

ヷ施設整備 行う F 方式 民間活力 活用 整備 出来 い 積極的 検討

ㅙ業費 縮減 い

ヷ管理 営方法 選択 民間活力 積極的 活用 念頭 置 施設 現状や特性 応

最 効果的ヷ効率的 方法 入

ヷ提供 ヸビ 共性 性 効率性等 案 効性 高い 断 い

包括民間委 や指定管理者制度等 民間ㅙ業者 積極的 活用

ヷ民間活力 効活用 手法 い 4 手法 中心 検討

見直 視点

指定管理者方式

設置 公共施設 い 設置目的 遉成 民間 施設

管理や事業 遀営 委 経営能力や技術 活用

包括的管理運営委

個 発注 い 業 包括的 委 事 効率化 図

コ 削減

方式

ビ 享 民 使用料 公 担 う

費用 準化 図

PFI方式

行 企 施設整備業 等 施設整備 提案 行い 沿

資金回 建築物 設計・施工 建設後 施設遀営 行う

(2)施設 整備 運営 適 化 組方針

ヷ原則 新規施設 建築 既存施設 改修ヷ更新 実施 厳 い 政状況や

市民ニヸ 将来的 見通 考慮 施設総 縮減 方向 進

ヷ今 保 断 施設 い 長 命化 ランニン コ ト 縮減

配慮 整備 実施

ヷ利用形態や 営方法 適 化 い 慣例 わ い柔軟 発想 効活用 向

見直 行い

保 適 化 考え方

ヷ市民 課 共通認識 縮減目標 客観的 指標 設定 ㄥ 施設総 縮減 目

標 優 ㆮ 設定

< 政見通 見 保 適 化 前提条件>

ヷ白書 析結果 今 共施設 整備 費用 均 約47億 あ 過去10

間 均 10.6億 比較 . 倍 い 試算 30

(31)

30

ヷ投資的経費 当 ㅙ業費 中長期的 政推計 い ㄥ限 億

路ヷ橋梁 整備 費用 均11.3億 引 共施設 整備 ㅙ業費

. 億

ヷ今 均ㅙ業費47 億 . 億 整備 約 割 ㅙ業費ベヸ

約6割 削減 必要

適 化 視点

施設総 縮減

縮減方法 条件 当 施設 縮減 進 施設面積

約 割 削減

業費 縮減等

施設保 縮減 人件費 熱水費 維持管理費 削減

大規模改修 施設更新時 設備機器 高効率 省エネ性能 優

入 替え 維持管理費 削減

余剰 施設や土地 貸 売却 入確保

広域連携 施設整備及び維持管理費 縮減

FI事業 官民連携 効率化

事業費 約 割 削減

施設保

縮減目標

施設面積

割削減

<縮減方法> ※地域 応施設 組 通 9地 適 配置 進 いく

)多機能化 複合化 推進 公共施設 以 機能を付加

用途 異 施設 ビ 内容や施設機能 面 確認 場合 多機能

化 複合化 推進 総 縮減

多機能化 複合化 象施設 各地 配置 い 地域 応施設 中学校 公民館 中

心 集約化 図 各地 施設 整備

地 地 地 合わ 再配置

中学校 複合化 い 学習環境 向 資 学校施設 複合化 在 方 い

準 具体的 整備方法 決定 いく

)統廃合 推進 基準 基 象施設 優先 付けを行う

内 複数あ 公共施設 地 地 再配置 向 統廃合 進

象施設 中学校 公民館 保育所 学童保育室 地 いう地 越え

数 あ 施設

中学校 い 入間 立 中学校 規模及び配置 適 化 関 基本方針 案

具体的 整備計 決定 いく

)広域連携 推進 近隣自治体 機能補完

内 い施設 広域的 利用 い 施設 い 広域連携 環

近隣 共 設置や共 遀営 検討 いく

<優先 >

)耐震化 市 特定建築物 耐震化

公共施設 ネ ン 進 安全性 確保 最 要課 あ 最優 特定建築物

耐震化 進

特定建築物 外 未耐震化施設 学校給食 ンタ 害者活動 ンタ い 優

課 廃 含 施設更新 置

)大規模改修 長 命化 能 施設 長 命化及び経費 準化

(32)

31

施設 長 命化 目的 改修 行う

実施時期 各施設 老朽化 事業費 準化 考慮 時期 事業 集中 い う調整 図

耐震化 合わ 大規模改修 長 命化 実施 施設総 縮減 い 検討

)統廃合 複合化 多機能化 ビ 向 施設 効活用 総 縮減

統廃合 複合化 多機能化 向 施設整備 い 大規模改修 長 命化 並行 大規

模改修や 部改築 増設 施設更新等 手法 組

統廃合 複合化 多機能化 向 現 施設 活用 優 的 実施

施設整備 場合 更新や大規模改修 改築 時期 合わ 実施

)施設更新 老朽化 状況 施設更新

目標使用 数 遉 施設 引 維持 いく 断 場合 施設 更新

施設更新 原則 更新前 床面積 縮減 施設 建設

更新 コ 考慮 ン・ ン 方式 採用や 設備 省

エネ化等 積極的 検討

※新規建設 場合 条件

新 社会的要請等 新規建設 や 得 い場合 い ン ビ

原則 既存 複数施設 廃 新 施設 建設 施設 総 縮減

整備前 複合化 多機能化 能性 追求 新規建設 い 済 方法 模索

適 配置 考え方

ヷ地域 応施設 いう 基本方針 示 地区 地区 区 施設 再配置 進

ヷ市 全域 象 施設 広域連携 視点 施設 利用 や や人口構成

実情 応 再配置 進

ヷ配置見直 検討 視点 中心 行う

適 化 視点

地域 偏

解消

ビ 内容 施設機能 見直 案 施設類型 地

再配置 進

地 沿 整理 行う 偏 や 複 い 検証 偏 あ

場合 配置 見直

同種 類似施設

複 解消

異 施設間 種 類似機能 複 あ 場合 複 解消 向

施設配置 見直

老朽化状況 把握

優先 調整

築 数 耐震診断 改修状況 大規模改修 部 改修 修 等 履 把握

安全性や利用 問 析等 再配置 優 順 調整

将 来 利 用 需 要 見

通 検討

全 及び旧 地 人口 見通 当該公共施設 利用

圏域人口 減少傾向や 齢構成 変化 想定

想定 再配置 優 順 や複合化 タ ン 調整

利用方法及び運営方法適 化 考え方

ヷ現状 存 更新 保 施設 ヸビ 容や施設機能 見直 合わ

効率的 効果的 活用 う 利用方法や 営方法 見直 行い

ヷ 営方法 い ヸビ 容や施設機能 わ い 営体制や 営主体 う 形

式 検討 市民 ヸビ 向ㄥ う 見直 い

適 化 視点

利用方法

利用 限定 多目的 活用 う 施設 利用形態 見直 進

民ニ 合わ 開館日や開館時間 使用料 利用料 減免 象 予約

(33)

32

運営方法

利用方法 見直 効果 発揮 う 遀営方法 い

見直

見直 遀営方法 民 ビ 向 う 遀営体制や遀営主

体 見直 図

ビ 内容や施設機能 案 施設 目的遉成 場合 指

定管理者方式 含 遀営 民間 委 検討

施設利用 効率性向 考え方

ヷ多 共施設 施設 貸 出 行 い 全体的 利用率 ㆯい 各貸室 利用

率 向ㄥ 必要 あ

ヷ利用者 利便性 向ㄥ 開館時間や休館日 見直 や 利用団体 育成や利用方法 提案

施設利用 交通手段 確保 組 施設 利用率 向ㄥ い

適 化 視点

利便性 向

利用形態や利用方法 見直 図

遀営体制や遀営主体 見直 図

利用団体育成や利用 方法提案

施設 方向性 沿 利用団体 育成 利用率 向 図 施設遀

営 協力体制 整備

仮称 地域公共交通網整備計 ビ 内容 施設機能 活 う 利

用方法 提案 利用率 向 図

交通手段 確保

複合化や統廃合 替措置 交通手段 確保 検討

整合 図 公共施設 効活用 う 交通手段 確保

効活用 考え方

ヷ保 施設 資産 捉え 計画的 効活用 組

ヷ施設 貸ㄨや売却 得 資金 共施設整備基金 積 立 共施設

マネ メント ㅙ業費 活用

適 化 視点

公共施設 移転先

活用

借地 あ 公共施設等 移転 更新時 移転 活用

や 得 新規施設 設置 場合 新築 い 済 う 活用 図

民間へ 与及び

共同利用

定期間 民間 貸付 源確保 図

公共施設 部 民間 共 利用 う 源確保 図

民間施設 部 全部 利用 更新等 費用 縮減

民間へ 売却

要 施設及び土地 条件 整え 民間 売却 源確保 図

※施設 続 断基準

公共施設存 必要性 い 断基準 基 い 客観的 評価 譲渡 公共

施設 廃 公共施設 用途変更 存 公共施設 存 公共施設

是非 断

)譲渡 公共施設

施設利用者 地域 民 限 コ ニ 施設 地域 保 管理 ふ わ い

断 施設 い 自治会等 民組 譲渡 検討 場合 譲渡後 適

管理遀営 い 必要 支援 行う

民間事業者 益事業 実施 能 民間事業者 自主的 遀営 効率

(34)

33

)廃 公共施設

何 理由 設置時 目的 施設機能 必要性 消滅 施設 施設 利用 極

い 利用者 偏 あ 費 投入 維持 民 公 ビ 提

供 観 見 適 あ 廃

人口減少等 要因 施設 維持 効率性 施設 比 極 く 見

込 施設 隣接地域 種 類似施設 あ 場合 施設 統合 行い 要 施設

(3)施設 広域連携 組方針

ヷ近隣自治体 共通 行政課 応 施設 相互利用や 共 利用 共 営 共 設置

様々 手法 使 広域 連携 施設 設置 営 維持管理 費用 縮減

広域連携 手法

相互利用

広域 応施設 社会教育施設 文化施設 体育施設 う 相互利用

行 い 施設 利用 大 検討

共同利用

各自治体 固 所 い 施設 い 自治体 所在自治体

様 利用 う 検討

共同運営

各自治体 単 設置 公共施設 い 遀営 関 費用 共

担 各自治体 担 減 検討

共同設置

更新 必要 施設 い 事業費 担 施設建設 行い 建設後 共

遀用 い う 検討

※広域連携 課

ヷ公共施設 広域的 利用 場合 利用条件や管理遀営体制 費用 担 役割 担等 調整 必要

併 公共交通網 整備や配置 ン く 関わ 課

内在 い 広域連携 い 公共施設 ネ ン 初期段階 最 課

調整 図 いく

(4)除却施設 扱い 組方針

ヷ本市 所 産 う 当初 行政目的 成 休化 い 施設 老朽化 進 建替え 必

要 施設 統廃合や複合化 余剰 施設等 い 計画的 除却 跡地

効活用

ヷ除却 行う 除却債 地方債 積極的 活用

現 予定 い 除却計

優 ㆮ 施設 除却 土地利用

入間 リヸンロッ 国民宿舎 地 園等

入間永 苑 納骨堂 売却

. 業計 へ 映

ヷ 共施設 再整備や維持管理 具体化 ㅙ業計画 間 計画期間 共施設等

総合管理計画 ㆮ置 基本方針 再整備計画 維持管理計画 実行 担保 ㅙ業

具体化 計画

ヷㅙ業計画 い 具体的 施設 あ 統廃合ヷ複合化ヷ多機能化 実施 ㆮ置

前提 象施設 立地 い 地区ㆰ民や施設利用者 複数 案 示

(35)

34

表 共施設再整備 向 施設類型 整備 方向 示

ビ 容 施設機能

中央公民館

社会教育 施設 災害時 応施設 避難所

社会教育活動 ネ ン 全域的 事業 企 遀営

施設 貸出

地 公民館 施設管理

地区公民館

社会教育 施設 災害時 応施設 避難所

地域 象 事業 企 遀営及び文化団体等 事 局

施設 貸出

中央公民館

公民館全体 社会教育活動 ネ ン 機能 強化 いく必要 あ

地区公民館

直営施設 あ 定期貸出 主 役割 い

部 施設 稼働率 い状況 あ

施設貸出や施設管理 応 効率化 社会教育事業 企 ・遀営や 地域 民 相談窓口 地

域課 応 本来業 強化 必要 あ

施設貸出 い 周辺施設 複 見 施設 用途 問わ 地 全体 整理

必要 あ

今後 方向性

中央公民館

ヷ社会教育活動 マネ メント 所管 組 行政 ヸビ 施設 今 あ

方 検討

地区公民館

ヷ地区区 基 配置 検討 複合施設 施設機能 見直 能性 検討

ヷ複合施設 場合 地域 点施設 地区 ンタヸ 移行 い 検討

技地区 ンタヸ 支所や 民館機能 含 各地区 点 共施設 想定 い 地域

方 利用 や い利用形態や 営形態 入

施設整備

方向性

(36)

35

ビ 容 施設機能

市民会館

1,000人規模 集会施設 音楽 劇場 芸術鑑賞 場 会議室等 施設貸出 民 文

化活動 発表 場 災害時 応施設 避難所

文化活動 創出 発掘 発信 民文化 創造

産業文化 ンタ

400人規模 集会施設 会議室等 施設貸出 営利目的含 民活動 発表 場 商工会 勤

労者福祉 ビ ンタ 事 所 災害時 応施設 避難所

文化活動 創出 発掘 発信 民文化 創造

文化創造ア エ

集会場 施設貸出 文化活動 施設 史的建造物 保存 活用

文化活動 創出 発掘 発信 民文化 創造 災害時 応施設 ン 支援施設

課 市民会館

内最大 集会施設 あ 音楽 や劇場 機能 兼 備え い

稼働率 い

や 法人 民間団体等 講 や ン 等 提供 い 中 参加

者 少 い や 民ニ 応 い い あ

都 計 法 現地 建替え い

産業文化 ンタ

第 集会室 洋室 や 稼働率 比較的高い 第 集会室 和室 稼働率 い

や 民間団体等 講 や ン 等 提供 い 中 参加者

少 い や 民ニ 応 い い あ

文化創造ア エ

施設 建物自体 保存 文化活動 施設 役割 求 相 要

素 あ ン 調整 ビ 内容 施設機能 見直 図 必要 あ

施設 稼働率 全般的 高く ニ 見合 施設遀営 行わ い 考え

施設自体 老朽化 進 い 現状保存 原則 あ 安全性 配慮 必要 あ

今後 方向性

市民会館

ヷ現 備え い 機能 い 必要性 検討 今 施設整備 方向性 見出 い

ヷ更新 場合 立地 能 場所 移転 前提

ヷ施設 管理 営 現行 指定管理方式 含 う 手法 市民 ヸビ 向ㄥや効率性

向ㄥ 積極的 検討

産業文化 ンタ

ヷ当面 市民ニヸ 捉え 柔軟 施設 営 進 い

ヷ施設 い 長 命化 長 命化 大規模改修 合わ ㄟ部 ヸビ

容ヷ施設機能 見直 行う

ヷ長期的 視点 ㆂ施設 機能 複 留意 ㆂ用途 変更 い 検討

(37)

36

文化創造ア エ

ヷ 史的建造物 保存・活用 最優 考え 沿 施設整備 管理 営 行う

ヷ施設整備 修 基本 長 命化 大規模改修 実施 い

ヷ市民 文化活動 点施設 役割 維持 創作活動 場 必要 ヸビ

提供

ビ 容 施設機能

市民活動 ンタ 男女共同参 推進 ンタ

民活動 施設 男女共 参 施設 社会福祉協議会事 所 NPO ネ 事

所 集会場 施設貸出 災害時 応施設 災害 ン 付施設

民活動団体 支援 女性相談 指 者育成 男女共 参 啓発

青少 活動 ンタ

青少 健全 育成 図 社会教育施設 宿泊 伴う施設貸出 災害時 応施設 避難所

青少 活動 総合 ネ ン 青少 体験事業 企 遀営

市民活動 ンタ 男女共同参 推進 ンタ

民活動 支援 向 民ニ 把握・ 析 ビ 内容 含 施設 あ 方

検討 必要 あ

現在 民活動 ンタ 男女共 参 推進 ンタ 社会福祉協議会 事 所 共存

現状 案 今後 配置体制 い 検討 必要 あ

青少 活動 ンタ

宿泊 能施設 あ 青少 健全育成 目的 施設 あ 改 民ニ 把握

機能 ビ い 検証 必要 あ

今後 方向性

市民活動 ンタ 男女共同参 推進 ンタ

ヷ市民活動 ンタヸ ヸビ 容ヷ施設機能 確保 提供 ヸビ 応 必要

整備 行う

ヷ現 施設 必要性 検討 結果 ヸビ 施設 ヸビ 提供 最

わ い施設 移転 検討

ヷ社会福祉協議会ㅙ 所 配置 い 途検討

青少 活動 ンタ

ヷ宿泊 能施設 市民ニヸ 把握・ 析 今 あ 方 検討

ヷ更新 場合 近隣自治体 共 設置 共 管理 検討 変化 柔軟 応

ㆁ様 検討

ヷ施設管理やㅙ業 営 民間活力 入 検討

(38)

37

ビ 容 施設機能

農業研修 ンタ

農業者 研修施設 主 茶業者向 災害時 応施設 避難所

農村環境改善 ンタ

農業者 活動 施設 農業振興 施設 地域 コ ニ 活動施設 農業者中心 施設貸

出 災害時 応施設 避難所

農業研修 ンタ

老朽化 更新 必要 い 製茶機械 更新 多 費用

農村環境改善 ンタ

利用率 く 地域的 特性やニ 把握 機能 ビ 見直 行う必要 あ

施設 設置目的 わ 加治丘陵 角 あ いう立地的特性 考慮 施設機能及び

ビ 見直 検討 必要 あ

ニ コ い 将来 施設用途 案 設置自体 見直 必要 あ

今後 方向性

農業研修 ンタ

ヷ施設及び ヸビ い 現状維持 長 命化 応

農村環境改善 ンタ

ヷ農業者 活動 点及び地域 コミュニテ 活動施設 機能 維持 多目的 活用

方向 検討

ヷ立地的特性 活 加治丘陵 点施設 活用 検討

ビ 容 施設機能

勤労者 活動 施設 勤労者 福利厚生施設 地域 コ ニ 施設 災害時 応施設 避難

施設 設置目的 現状 利用状況 整合 利用率 い 改 ニ 把握

ビ 内容 施設機能 見直 行う必要 あ

管理委 い 人 ンタ 関 見直 検討 必要 あ

施設貸出機能 施設 存在 施設 維持 必要性 い 考え

.農業施設

Figure

Updating...

References

Updating...

Download now (56 pages)