Netlabは、クライアントのテクノロジー・チャレンジを探索し、解決する;

全文

(1)

Netlab

は、バーチャル・ラボラトリーとして、著名研究所(バテル、フラウンホーファー、EC ジョイントリサーチセンター、カールスルーエ開発研究所、アーヘン工科大学等)からテンポラ リーベースでエキスパートを起用し、プロジェクトトピックとマンパワーニーズに則して業務を 遂行する。

* クライアントのテクノロジー・チャレンジへの解答を探索し、これを解決する。

* プロジェクトのマネージメント、テクノロジーと製品に関するクライアントへの開 発成果リポーティング及び技術移転。

* 研究開発と市場進出戦略を通してベンチャー企業の支援をする。

クライアントメリット:

Netlab は欧米の著名研究機関とのネットワークを通じて、各分野の エキスパートを起用し、最高レベルのチームを編成する。 故にクライエントにとって開発プロ セスのスピードアップ、初期投資の低減化が可能である。

Netlab

スタッフ:

フェリックス・J・トロヤ:Netlab社長、

学歴:グラーツ大学地質学博士(オーストリア)、

マサチューセッツ工科大学(MIT)、物理学修士 及び博士(USA)

e-mail:trojer@netlabgmbh.de website: www.netlabgmbh.de

phone:+49-211-994-5473, fax:+49-211-994-5476

グイド・チュレナ:sgtセンサーべラ-トゥング社長、

Sensor Magazin誌編集委員、Netlab常任メンバー、

学歴:ウィ-ン大学工学博士(オーストリア)

phone:+49-601-56168

e-mail: tschulena.sgt@t-online.de

netlab

networking laboratory & consulting

ドン・W. コーディー:, シニア・コンサルタント、

Netlab 提携メンバー、DIRAmed,

学歴:オハイオ州立大学機械工学修士(OSU),コロンバス、

オハイオ(USA

phone:+1-614-563-6856

e-mail: doncaudy@columbus.rr.com

(2)

山本久嘉:Global Bridge Consulting社長。京都。

Netlab社顧問としてジョイント・

プロジェクト推進担当。

Phone: 075-634-7824

e-mail: howard.yamamoto@gmail.com

ドミニク・リション:シニア

コンサルタント、

Netlab提携メンバー、

学歴:フランス、モンペリエ大学化学エンジニアリング。

Phone:+33-6-7228-0900

e-mail: dominique.a.richon@gmail.com

エフライム• F •ヴァッサーフォーゲル: ELBIT Systems 社プ ロジェクト担当重役、部門副社長、Netlab 提携メンバー。

学歴: パリ、ソルボンヌ大学数学及び経済学博士号。

Phone:+972-50-543-2100

e-mail: ef.wasservogel@w2w-bde.com

(3)

テック•ウォッチ及び開発プロジェクト

テクノロジーの動向を理解し、商業的な可能性を予測することは、企業の経営計画に不可欠です。Netlab は、お客様に関心のあるテーマに関する「テックウォッチ」プログラムを提供しています。この予算 はおおよそ10,000から20,000€の間です。

.水素の新エネルギーとしての方向性

一般的に水素は天然ガスを置き換えると予測されています。これは環境を考慮した水素の製造コスト を考慮に入れていないため、単純すぎる見解です。 電気分解や天然ガスの蒸気改質などによって生じ るCO2は放棄されたガス田(オフショア等が望ましい)に貯蔵されたりするのでコストがさらに掛か ります。メタンの熱分解は、ロシア、カナダ、米国、その他の国などの大規模な天然ガス埋蔵量を持 つ国々によって追求されている別の方法です。この場合、得られた炭素は放棄された鉱山等に貯蔵さ れ数百万年の間にグラファイト化を待つか、工業的に使用されます。

Netlabによって書き換えられた水素生産コストの進化のグラフィック予測を上記に示しています。赤

い線は政治的に想定されているものですが経済的には実用的ではないコストレベルです。青い線は原 子力発電(将来の核融合)による水素製造コストを示しています。

(4)

技術専門家の間の一般的なコンセンサスでは、工業的に利用可能になれば核融合は電気のコストをさ らに削減し、電気分解がグリーン水素の主要な生産技術になる可能性があるというものです。

風力、太陽光、水力などの再生可能エネルギーは気象条件に依存しており、現在の気候変動の状況か 予測不可能な状況です。

Netlabは、天然ガスを水素での置換関する技術調査を、7 TSO(ガス輸送事業者)と7 DSO(ガス流通事業

者)にインタビューすることで実施しました。この14社は、1~50kmの水素輸送用の既存のガス輸送お よび流通パイプラインの改修についてテストを行っています。その後、最大1000km長のパイプライン ネットワークが2030年までに稼働し、産業用顧客に水素を供給し、家庭用暖房用にはブレンド(メタン 水素)を供給する予定です。また新しいパイプ材料が改修を推奨されない部分で検討されています。し かし、主なボトルネックは、グリーンまたはブルー水素の安定した大量の調達を許容コストで行うこ とです。

水素生産のレビューと技術予測: 出展;Statista, Grand View Research, Bloomberg及びNetlabによるイ ンタビュー 現在の時間枠 2015 から 2025をエネルギーとしての水素利用方向性の始まりと考えら れています。

Netlabのインタビューを受けた14社は、1〜50kmのパイプネットワークの長さのガス輸送および流通

ネットワークを改修することで水素輸送用に適用できるかのテストをしています。産業顧客のために 最大1000キロのネットワーク長が2030年までに稼働し純粋な水素を提供する計画です。またグリッ ド介し純粋な水素又はそのブレンドを供給いたします。但しボトルネックはグリーンまたはブルー水

(5)

テクノロジー視察

Netlab

は特に日本人クライアントの為に、欧米での見本市、展示会、会社訪問のアレンジ、オー

ガナイズのご依頼にお答えする。ご要望に即して 通訳サービスも提供可能。ミニヴァン等のトラ ンスポートはレンタルベースで可能。旅費はクライエント負担。視察例は下記の通り。

2016

Netlab

による視察: „Nevada Solar One“ ヘリオスタート•パワープラント。写真はロスア ンジェルスからソールトレイクシティーへの機上より。(Netlab 撮影)

2015

Netlab

による視察: Trans Mediterranean Pipeline 社のガス•パイプライン=ランドフォー

ル。パイプラインはチュニジアからイタリア、シチリアのマザラ•デル•ヴァロまで。

(6)

リファレンス・クライアントリスト(抜粋):

自動車及び関連業界

: フィアット、 アウディ、 日本ガイシ、旭硝子、 ホンダ、トヨタ自動車

ユーティリティー

: ガス・ド・フランス、関西電力、一般財団法人エネルギー総合工学研、

東京ガス、 E.ON、日本ガス協会

リニューアブル・エネルギー

: BAM、ベト-エル、MHI、SCAIME、Green Fortress Engineering

コンタクト・アドレス:

Netlab GmbH: Felix J.Trojer, President Kronen Strasse 52,

40217 Dusseldorf, Germany

Phone: +49-211-994-5473, Fax: +49-211-994-5476

e-mail: trojer@netlabgmbh.de, Website: www.netlabgmbh.de

Global Bridge Consulting : 山本久嘉, 代表

604-8241 京都市中京区三条通新町西入る釜座町22 ストークビル三條烏丸609号

Phone: 075-634-7824 Fax: 0774-73-0391

e-mail: howard.yamamoto@gmail.com Website: www.global-bridge.info

Netlab, 2021年 9月

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP