経済学部・経済学研究科

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

サバイバルアナリシスで時間を統計分析する

大学院経済学研究科 教授

鈴川

すずかわ

晶夫

あきお

(経済学部経済学科)

専門分野 : 数理統計学

研究のキーワード : 統計,統計的推測,生存時間解析,多変量解析,非線形

数理統計学とはどのような学問ですか?

統計学(statistics)は、データ解析のための方法を研究する学問です。データには様々

なものがあります。社会科学においては社会生活にともなって自然に発生するデータもあ れば、意識的に調査により得られるデータもあります。自然科学においては、実験や観測 によって得られるデータがあります。これら個々のデータは性格も異なっており、その解 析も場合に応じて適切な方法が選択されなければなりません。しかし、どのようなデータ でも、いったん数字を用いて表の形に表現してしまえば、ある程度共通の方法により処理 することができます。この共通の部分が統計学の研究の対象です。

統計学は大きく二つに分けることができます。調査や実験によって得られたデータを整 理してその解釈を助けるための方法は記述統計(descriptive statistics)と呼ばれます。デー タの分布の様子を視覚的に捉えるためにヒストグラムを描くことや、その分布の様子を数 値的に捉えるために基本統計量(平均や標準偏差など)を計算することは基礎的な記述統 計手法です。ところで、データに誤差や確率的な変動が多く含まれている場合には、その データを単に整理するだけでは明確な結論が出にくい場合があります。このような場合に は、データ(標本)の背後に確率的なモデル(母集団)を想定し、データ(標本)に基づ いて確率モデル(母集団)について推測を行います。このような方法は統計的 推 測 (statistical inference)と呼ばれます。これを概念的に図示したものが図1です。統計的 推測の論理を数学的に整理したものが数理統計学(mathematical statistics)です。数理 統計学では、得られたデータに基づいてデータの背後の確率モデル(母集団)に対してど のように推測を行うべきかを論じます。

どのような研究を行っているのですか?

“Time is money”(時は金なり)という言葉を聞いたことがあるかと思います。この言 葉は、古くから「時間はお金と同様に貴重なものだから、決して無駄にしないように」と いう意味で用いられています。そして、現在も未来も私達にとって、“Time is precious” (時は貴重)であることに変わりはありません。

時間についての統計の解析法を開発することを目指しています。関心ある時間に関して データを収集し、そのデータに基づいて統計的推測や客観的判断を行うための方法論(サ バイバルアナリシス、survival analysis、生存時間解析)について研究しています。サバ イバルアナリシスは、時間に関する統計データの解析法の総称です。医学における寿命デー

定理・法則

出身高校:山口県立徳山高校

最終学歴:北海道大学大学院工学研究科

(2)

タの分析(lifetime data analysis)、工学における機械が故障するまでの時間に関する分析 (信頼性工学、 reliability engineering)、経済活動が継続する時間(失業継続時間や企業 が倒産するまでの時間など)の分析(継続時間分析、duration analysis)などを含めてサ バイバルアナリシスと呼ばれます。

サバイバルアナリシスにおいては、時間に関するデータを扱うがゆえに、実験や調査な どによってデータを取得する際に問題が生じます。「時間を観測するには時間がかかるため に、得られる統計データには不完全性が伴う」という問題です。例えば、失業継続時間を 一年間調査して、調査結果を分析する場合を考えてみます(図2)。この一年内に失業した 人を追跡調査します。調査期間中に就業した人(失業者AとC)については、その失業継 続時間を知ることができます。しかし、途中で追跡調査不可能となってしまった人(失業 者D)や追跡調査終了時点でまだ失業中の人(BとE)については、失業継続時間を知る ことはできません。もちろん、調査期間の延長などを行って失業継続時間が観測されるま で気長に待つわけにもいきません。したがって、このような場合には、失業継続時間は打

切り(censoring)を受けた不完全な観測値として分析者の手元に届きます。この打切られ

た観測値を無視してデータ解析を行えば、当然、解析結果には偏りが生じます。 完全に観測されたデータに、打切られた不完全なデータを加えて、いかに偏りのない解 析を行うか、時間を観測するには時間がかかることはやむを得ないこととして、そのなか でいかに短期間に有用な解析結果を導くか、それがサバイバルアナリシスの面白さです。

次に何を目指しますか?

実験や調査においては、多くの場合、複数の観測項目(変量)についてのデータ(多変 量データ)が得られます。例えば、学力テストにおいても、各受験者は国語や数学など複 数の科目を受験する場合がほとんどです。多変量データを解析する際には、変量間の関連 性を調べ、それを考慮したデータ解析を行うことが大切です。このようなデータ解析手法 は多変量解析(multivariate analysis)と呼ばれます。時間についてデータ解析を行う場 合にも、複数の時間の間の関連性を調べることが大切な場合があります。例えば、親の寿 命と子の寿命の関連性や、再発を繰り返す病気における1度目の再発までの時間と2度目 の再発までの時間の関連性などです。このように関心ある時間が複数ある場合に、それら の関連性を考慮した柔軟な解析手法を開発することを目指しています。

母集団

標本 推測 抽出

調査開始 Months 調査終了 ×:失業

○:就業

□:打切り

A

B C

D E

図1 統計的推測の概念図 図2 失業継続時間の調査

(3)

マンガビジネスの仕組みを探る!

大学院経済学研究科 准教授

岡田

おかだ

美弥子

み や こ

(経済学部経営学科)

専門分野 : 国際比較経営論,経営戦略論

研究のキーワード : 企業,経営,マンガ,ビジネスシステム,エンターテイメント

何を目指しているのですか?

みなさんは「クール・ジャパン」という言葉を知っていますか?世界では、日本のファッ ションや料理、マンガ、アニメ、音楽などの文化が注目を浴びています。私たち日本人が 日常的に楽しんでいるこれらの文化は、海外の人たちにとって、クール、つまりカッコい いと思われているのです。これらの日本文化は産業としても注目され、日本文化の海外進 出を促進するために、経済産業省は2011年から「クール・ジャパン/クリエイティブ産業 政策」を推進しています。日本文化の中で、私はマンガビジネス(コミックだけでなく、 アニメやキャラクター商品事業も含む)の仕組みを研究しています。エンターテイメント の国際市場をみると、音楽や映画は米国が強いのに、なぜマンガやアニメは日本が強いの かという疑問をもったことが、この研究を始めるきっかけでした。世界中で人気がある日 本のマンガのビジネスシステムを分析し、最終的にはエンターテイメント・ビジネスの国 際競争力の解明を目指しています。

どんな対象にどんな調査をしているのですか?

私がマンガビジネスと呼んでいるのは、コミックと、コミックから派生したアニメとキャ ラクター商品の事業です。「ドラえもん」や「ONE PIECE」などの具体的な作品に当て はめてみるとわかりやすいでしょう。コミックを読んで、その作品のテレビアニメを観た り、キャラクター商品を買ったりした経験はありませんか?それらの事業を担っている出 版社や、アニメプロダクション、テレビ局、キャラクター商品を作っている企業などが、 私の調査の対象です。コミックの人気作品をどのように生み出しているのか、テレビアニ

メの視聴率をどのように高めているの か、キャラクター商品が売れるために どのような工夫をしているのか、そし て、それらの3つの事業がうまく連携 を取るにはどうすればよいのかなどに ついて、さまざまな企業の人たちにイ ンタビュー調査をしています。企業だ けでなく、時には、作品を描くマンガ 家の方にお話を聴きに行くこともあり ます。

社会

図1 マンガのビジネスシステム

最終学歴:神戸大学大学院経営学研究科

コミック事業 コミック事業 コミック事業

テレビアニメ

事業 テレビアニメ

事業 テレビアニメ

事業

キャラクター

商品事業 キャラクター

商品事業 キャラクター

商品事業 商品化権

ライセンス料・ スポンサー料

商品化権

映像化権

ライセンス料

(4)

ミックやアニメを流通させている企業にイ ンタビュー調査をすることもあります。特 にアジアの国では日本のマンガの人気が高 いので、書店に並ぶコミックのほとんどは 日本作品です。しかし、いくら日本作品の 人気があっても、海外では、コミックが書 店ではなく路上の売店で売られている国や、 テレビアニメの放送形態が違う国もあるの で、日本国内のビジネスの方法がそのまま 通用するわけではありません。また、海賊

版が横行している国では、著作権を守るための活動も行わなければなりません。このよう に、ビジネスの海外進出が抱える多くの問題についても調査を行っているのです。

変わりゆくマンガビジネス

私が研究を始めた1995年と比べると、マンガビジネスは変化してきています。もっとも 大きな変化は電子化です。インターネットの普及に伴って、携帯でコミックを読んだり、 ネットでアニメが観られるようになってきました。アニメに関しては、製作段階でもコン ピュータが使われるようになっています。電子化は、作品づくりのコストを削減したり、 消費者の手に届くまでの時間が短縮されるなどのメリットがある一方で、簡単にコピーさ れてしまうというデメリットもあります。コミックやアニメを手がけている企業にとって は、コピー対策という新たな課題が生まれています。もう1つの大きな変化は、事業領域 の拡大です。コミックやアニメから広がる事業は、キャラクター商品以外にも、小説やド ラマ、映画、音楽(アニメソング)、テーマパーク、企業のイメージキャラクターなど多岐 に渡ります。事業領域が広がると、その作品やキャラクターの認知度が上がるのはいいこ とですが、それらの事業に関わる企業が増えることで、ビジネスは複雑になってきます。 たとえば、1つの事業でキャラクターのイメージを損ねてしまったら、他の事業にも悪影 響が及んでしまうため、作品やキャラクター管理の重要性は増してきます。このように変 化していくマンガビジネスを、さらに研究していきたいと思っています。

次に何を目指しますか?

マンガビジネスの研究はこれからも続けていきますが、他のエンターテイメント・ビジ ネスも研究したいと考えています。日本なら、「クール・ジャパン」に含まれている音楽や 吉本興業などのお笑いも面白そうですし、海外なら、カナダで誕生した芸術性の高いサー カス団シルク・ドゥ・ソレイユにも興味があります。何よりも、私たちを楽しませたり感 動させたりすることに懸命に努力するエンターテイメント・ビジネスの人々の姿こそ、私 に感動を与えてくれます。ですから、これからもエンターテイメントを経営学の視点で見 つめていきたいと思っています。

(5)

意思決定に役立つ会計情報とは何か?

-理論と実務のギャップを探る-

大学院経済学研究科 准教授

篠田

しのだ

朝也

と も な り

(経済学部経営学科)

専門分野 : 会計学,管理会計,財務諸表分析

研究のキーワード : 会計学,企業,情報,財務会計,管理会計

何を目指しているのですか?

私の専門領域は会計学です。会計とは、企業等の組織における様々なタイプの経済的事 象(経済的な取引をはじめとするあらゆる経済活動)を、認識、測定して、情報として集 約したうえで、報告する一連の仕組みのことを指します。

この一連の仕組みが通常の営利企業(皆さんの良く知るトヨタやソニーなど)において 実践される場合には、企業外部の利害関係者(既存株主、投資家一般、債権者など)が企 業を評価するのに役立つように、あるいは、企業内部での経営上の意思決定や業績評価に 役立つように、主に金銭的単位で表現された会計情報が提供されることになります。

前者は、外部公表目的の会計であり、これを財務会計と呼んでいます。一般に決算書な どとも呼ばれる公表目的の財務諸表などは財務会計に関連します。後者は、内部意思決定 目的の会計であり、これを管理会計と呼びます。一般に、経営計画、利益計画、予算、中 長期プロジェクトの投資経済性評価などが管理会計に関連します。財務会計は、企業外部 の利害関係者に情報を提供するシステムですから、企業外部の利害関係者に役立つ情報が 提供されなければなりません。管理会計は、企業内部の経営者や従業員に情報を提供する システムですから、企業経営にとって役立つ情報が提供されなければなりません。

それでは、どのようにすれば「役立つ会計情報」を得られるのでしょうか?

この問いは、簡単なようで、実はそれほど簡単なものではありません。同じ経済活動で も、情報化のプロセスが異なれば、 報告される情報内容も異なるものと なってしまい、それゆえ、その情報 に基づく意思決定の結果も変わって しまう可能性があります。経済活動 を、どのように認識、測定、集約化 すると、最も目的適合的で意思決定 に役立つ情報を得ることができるの か、十分に検討を重ねる必要があり ます。この点について検討を重ねる ことが、会計学研究の本質的課題で あるといえます。

出身高校:岐阜県立岐阜高校

(6)

私は、会計学全般のテーマに関心を持っていますが、特に、中長期プロジェクト投資な ど、経営上の投資意思決定における経済性評価を主な研究テーマとしています。

中長期プロジェクトの投資の可否判断は、将来の企業経営の成否に直結するため、きわ めて重大な意思決定となります。したがって、この可否判断をするうえで、どのような方 法で経済性評価を行うべきかについて、さまざまな理論的研究が展開されています。専門 的な内容は省略しますが、正味現在価値法と呼ばれる理論的な方法をはじめ、回収期間法 のような素朴な方法まで様々なものが提唱されています。近年では、金融工学を応用した リアルオプション法という高度に洗練された方法も開発されています。

他方で、会計は実務で行われている実践ですから、企業における実務の状況も検討しな ければなりません。そのために、企業へ質問票を郵送して回収したデータを分析したり、 企業に訪問して担当者等にインタビュー調査を実施したりすることを通じて、実務の状況 を確認します。このようなフィールドスタディによって実務を確認するわけですが、実際 の実務は想像以上に多様性を有しており、企業の状況に応じて柔軟にカスタマイズされて いることが多いのです。実際に、経済性評価に際しても、各企業でさまざまな方法を利用 していましたし、なかには独自の方法を利用しているケースもありました。実務での方法 が理論的な方法と比較してどのように異なっているのかを検討するうえで、実務における 多様性や柔軟性が生じた原因、条件、背景事情を考察することは不可欠です。また、これ らの考察を通じて、実務・理論の両面における課題を明らかにすることもできます。

このように、単なる理論研究にとどまらず、企業における実際の実務も研究対象として いるところに会計学の面白さと難しさがあります。

次に何を目指しますか?

会計学の研究アプローチは、理論(理念)研究と実証研究に大別できます。前者は、理 屈で考えるとこうあるべきだとされる会計システムについて考える研究であり、後者は、 いま実際に実践されている会計システムについて考える研究です。

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :