最近の更新履歴 中部地区英語教育学会 岐阜地区

51 

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

42

回中部地

英語教育学会

岐阜大会

日程表

6 30日 土 7 1日 日

9:00

運営委員会

会者 瘠表者打 各瘠表会場

自 研究瘠表 9:30 10:00 10:10 10:40 10:50 11:20 11:30 12:00 12:10 12:40 10:00

英 語 教 育 研 究

4階ロビー

11:00

12:00 会者 瘠表者打 各瘠表会場

開会行 大会議 休憩

13:00

ン 大会議

学校英語教育 考え 視

長 教師 自 学習者 逭

授業

総会

14:00

自 研究瘠表 14:00 14:30 14:40 15:10 15:20 15:50 16:00 16:30 16:40 17:10

4階ロビー

15:00 ~ 16:30 15:00

問題 討論会

課題 研究

瘠表 16:00

17:00

閉会行 18:00

懇親会

岐阜 19:00

※今大会 研究発表等 つい Twitter等 SNSを通 参加 い方 も情報を提供

考えま プロ ラ 中 ー 付い い 発表者 つい を 了承い

い お ま ー 付い い い発表者 発表 関 SNS等 情報発信 お控えい

(2)

大会

---

1

6

30

---

英語

教育研究法

10:00

11:30

会議

(5F)

い研究 条件 種類 浦 研 洘学園大学

研究 遥 方 深 方 中武 山梨大学

11:00

※弁当 注文 方 い

会者

瘠表者打

12:00

12:20

各瘠表会場

開会行

12:30

12:50

大会議

(5F)

13:00

15:00

大会議

(5F)

学校英語教育

考え

教師

学習者

授業

会者 杉浦 好 愛知学院大学 亀山 岐阜工業 等専門学校

案者 廣森 人 明沧大学 柳瀬陽 島大学大学院

問題

討論会

15:30

17:30

第 会場 学校外国語活動必修 中学校英語教育 会議 (5F) 会者 柳 善和 屋学院大学

案者 尾崎 美 岐阜大学教育学部附属 学校

井孝彦 愛知教育大学附属 等学校

柳 善和 屋学院大学

第 会場 等学校 修了 学習者 Can-do 理想 現実 会議 (5F)

会者 山岡憲史 立 館大学

案者 ン 薫 愛知県立尾 等学校

糟屋 徹 山中学 等学校女子部

(3)

課題

研究

瘠表

15:30

17:30

第 会場 英語学習者 自 動機 逭 理論 実践 研修 (4F)

会者 佐久 大阪信愛女学院短期大学

案者 犬塚章 愛知県 谷 立 垣江 学校 河 浩 愛知県立熱 等学校

佐久 大阪信愛女学院短期大学 塩谷 沨津工業 等専門学校

木亜希子 青山学院大学 中嶋愛美 元中学校教員

永倉 常葉学園短期大学 勝久 千葉大学

香 大阪商業大学 大和隆 都産業大学

第 会場 英語教師 長 支援 研修 (4F)

会者 岡崎浩 富山大学

案者 倉美津 日 福祉大学 家貴雄 山梨大学

清水 男 木更津工業 等専門学校

第 会場 英語教育研究法 過去 現 来 研修 (2F)

案者 浦 研 洘学園大学 酒井英樹 信 大学

木亜希子 青山学院大学 中武 山梨大学

藤 郎 福井県立坂井農業 校 勝久 千葉大学

亘理陽 静岡大学

(4)

---

2

7

1

---

9:00

会者

瘠表者打

9:00

9:20

各瘠表会場

研究瘠表

9:30 ~ 10:00 10:10 ~ 10:40 10:50 ~ 11:20

11:30 ~ 12:00 12:10 ~ 12:40

9:30

16:30

15:00

16:30

第 会場 中会議 (5F) 会 樹 金沢学院大学

瘠表者氏 所属 瘠表題目

白畑知彦 静岡大学

樹 金沢学院大学

明示的文法 明 効性 限界 詞 数形 複数

形 習得 例

浅 敏朗 明沧国 療大学 冠詞 指 い

亘理陽 静岡大学 教育文法 構 原理 関 理論的考察

矢 淳 静岡大学 中学生 5文型 入 適 崎鈴央 静岡県立大学

静岡県立大学 紀 子 静岡県立大学 中山 沧

立大学

英作文 見 過去形 誤用

第 会場 中会議 (5F) 会 尾 利美 和歌 山大 学

瘠表者氏 所属 瘠表題目

岩 藤男 焼津 立大井 中学校 中学校 英語授業 中 dictogloss 役割

尾 志 和歌山 立和歌山 等

学校

中学校英語教 書語彙 比較

尾 利美 和歌山大学 中学校英語教 書 oh 語義 関 考察 石井聡裕 岡崎 立 中学校 中学生 語彙学習方略 社会的要因 影響

(5)

第 会場 会議 (5F) 会 伊遉 起 福井大学

瘠表者氏 所属 瘠表題目

佐竹直喜 愛知県立 良 等学校

英検 ン 語彙 役割

-視覚的情報 聴覚的情報 通 語彙理解-

大湊佳宏 長岡 専 島遈 新潟

工 大学 茅 潤 郎 新潟県立大学

教 人 間 関 英 語 対 え 影

響 い

島祐規子 浜国立大学 藤千博 浜 立大学 嘉代子 芝浦工業大学 前 浩子 金沢学院大学

RLG(語彙 文法) 形 的利用法

TOEIC400 600 獲得

森 生 福井県立丹 等学校 英語 授業 英語 当 能

大 井 美 紀 長 県 塩 志 学 館 等 学

校 観 評価 作

第 会場 会議 (5F) 会 島 勝 桃山学院大学

瘠表者氏 所属 瘠表題目

千 誠 和 大学 大学初 英語 学習者 安 い

佳 近畿大学 日 人大学生 対 個 応 ン 指 法

戸陽 静岡県立大学

大学 学習 用い 授業 関 質的研究

TOEIC対策 通

林健沧 元愛知県立新 校

新 入 A大学1 英語

教育 実践

森 明智 屋外国語大学

英語学習 歴 解釈 研究 ‐日 人英語学習者 対

象 ‐

第 会場 研修 (4F) 会 家貴雄 山梨大学

瘠表者氏 所属 瘠表題目

鈴木梨紗 山梨大学大学院生 英語 ン 手意識 効

西 弘 愛知産業大学短期大学

英語 ン 学生 示

間接的修 学習効

遊い

佐藤雄大 屋大学

学習者英語 ン 入 関

知的 研究

鷲見俊 武義 校

大学入試問題研究 校英語授業 示唆‐岐阜大学

中心 ‐

家貴雄 山梨大学

戦前 中等学校 英語教員養 教授法 教育 実習 扱い 状況 い 東 等師範学校 例

(6)

第 会場 研修 (4F) 会 荻原洋 富山大学

瘠表者氏 所属 瘠表題目

浅 山大学短期大学部 中学 校 英語 解 音 体 指 研究

地 蔵 繁 範 富山 県 立 岡 西 等学

校生 ン 学習 関 教 研究

思い出 い語彙 文法表現

藤森敦之 静岡県立大学

紀子 静岡県立大学

ン 用い 前置詞指

方向前置詞 例

近藤泰城 桑 等学校

学習者 異 配慮 文法学習環境

あ 疑問 宝物

荻原 洋 富山大学

ン 学習効 工

弱形瘠音 指 意味 あ

第 会場 研修 (2F) 会 大場浩 越教育大学

瘠表者氏 所属 瘠表題目

近藤隆子 静岡県立大学

藤森敦之 静岡県立大学

日 人英語学習者 前置詞 伴 移動動詞 習 得 動詞 表 出来 終 解釈 い

新 知子 石 県立大学

学 多い異文 間交流 活動企画 日米 2012 試

大場浩 越教育大学

英語授業 学習

入 学習意欲 態 え 影響

服部 藤 保健衛生大学 授業 ン 効 動機

建 昭 (愛知教育大学)

英語授業記録 通 実習生 行う省察 教育実習

13:00

13:40

中会議

(5F)

ン ⒋

瘠表者氏 所属 瘠表題目

鈴木克彦 屋大学教育学部附

属 校

校生 英語学習 知知識 働

窪 裕江 山梨県立大学 非常勤

英和辞書活用能力 自己評価 授業 辞書指 希望 High Beginner Lower Intermediate

大学生 対象

(7)

研究瘠表

14:00 ~ 14:30 14:40 ~ 15:10 15:20 ~ 15:50

16:00 ~ 16:30 16:40 ~ 17:10

第 会場 中会議 (5F) 会 浦 孝 静岡大学

瘠表者氏 所属 瘠表題目

井理恵 新潟県立 条商業 等学

学習者 意欲 引 出 授業実践 目 標 基準 準 評価 形 的活 用 自己 表現 活動 通

島遈 新潟工 大学 茅 潤 郎 新潟県立大学 大湊佳宏 長 岡工業 等専門学校

日 韓国 ン ン 英語教 書 設問 比較 析 調査 ン ン 伸長

橋 福井県あわ 金津中

学校

活 動 語彙 学習 効 〜

比較 〜

浦 孝 静岡大学 英語表現 顕 英語的瘠想

山 昇 朝日大学 学習意欲 引 出 授業 う 組 立

第 会場 中会議 (5F) 会 柳 善和 ( 屋学院大学)

瘠表者氏 所属 瘠表題目

山 長紀 千葉大学大学院

学校外国語活動 特 修 作 - EPOSTL 応用 能性 -

西子 静岡 立豊 中学校 韓国 課題 学校外国語活動 入

橋美 紀 愛知教育大学

柳 善和 屋学院大学

日 韓国 学生 ン 能力 比較 関 研

飯尾 宏 静岡県浜 湖 等学

校 屋学院大学大学院生

意味交海 通 言語 目習得 実例

阿久津仁史 文 立茗 中学校 語彙習得 対 学習者 知能特性 影響

第 会場 会議 (5F) 会 藤 賢 県立神戸 等学校

瘠表者氏 所属 瘠表題目

藤 賢 県立神戸 等学校

ン 指 法 英語

授業 逭学校 例報告

山 紀江 屋工業大学

工 学 部 学 生 適 教 指 標

Coh-Metrix 析

藤井数馬 沨津工業 等専門学校

間 定期的 授業 英語多 専生 え 影 響 い

情意面 外部試験 結 中心

勇作 屋大学 青

和歌山大学学生

TTS 用い 英語授業 案

藤原康弘 愛知教育大学

学校英語 ン ン 活用 英語教育

転換期 滑 中連携 目指

(8)

第 会場 会議 (5F) 会 渡弘 仁愛大学

瘠表者氏 所属 瘠表題目

MULLER Theron 富山大学

Using discourse analysis to inspire task design in ESP

BIRCH Gregory 清沱女学院大学

Task-Based Learning and the 2003 Action Plan: An evaluation of a mandatory in-service training program for JTEs

賀 城大学 佐藤臨 郎 良教育大学

Effects of a debate task on changes of communication variables

Jianying Zhang 屋大学

The Internal Structure of Language Learning Motivation of Chinese EFL Learners: Based on the L2 Motivational Self System Theory

井隆 愛知 大学

A Practice in the Classroom: How to let Japanese learners of English notice differences in construal between Japanese and English.

第 会場 研修 (4F) 会 東 金沢伏見 等学校

瘠表者氏 所属 瘠表題目

米 佐紀子 陸学院大学 細 衣 陸学院大学非常勤 西 洋 陸学院大学 物井尚子 千葉大学

中 大学生 自己評価 英語力 関 研

究 CEFR 基 Can Do ン

英検模試 用い

宮 美子 染谷丘 等学校

校生 英語運用能力 結 析 Can-Do

作 考察

飯 厚 法政大学 籔 己子 清 沱女学院短期大学

音 ン ン 関

牧 樹 岐阜大学 鈴木健吾 鶴城 中学校 長谷部 浜国立大学

翔吾 岐阜大学 张薷文 岐阜大

学 范凌 岐阜大学 Jessica Dunton

SeDoMoCha Elementary School 笠井千勢 岐阜大学

The junior Minimal English Test: A New Crown Version

第 会場 研修 (4F) 会 呂忠 愛知学院大学

瘠表者氏 所属 瘠表題目

山岸倫子 石 県立大学

Haruki Murakami 春樹 短 集 通 考え

言語 文

湯澤 剛 染谷丘 等学校

Willingness to communicate (WTC) 能力 知 実能力 関 い

仁志 屋大学

日 人英語学習者 持 Imagined Community 意 識 自 学習活動 え 影響 関 基礎研究 長 期留学経験 無 基準 比較 析

QUINN Kelly 屋工業大学

Gauging the effectiveness of MOODLE online study materials

※ ー 付い い 発表者 そ 発表 関 Twitter等 SNS 情報発信 を了承 いま

(9)

第 日 英語科教育研究法セ ナー

11

英語科教育研究法セ

ナー

浦 研 洘学園大学

瘠表者 浦 研 洘学園大学 中武 山梨大学

英語教育 関 研究 始 う 方や 既 研究 行 い

課題設定 方や研究手法等 自信 持 い方 主 対象 研究 行う 注意

や 手段 特 研究方法 焦 当 案 議論 目的 既

英語教育研究 数多 行 方々 参 い 活瘠 意見交換 質疑応答

期待 い 瘠表 容 瘠表 通

い研究 条件 種類

浦 研 洘学園大学

英語教育 関わ 研究 行う 研究 何 行う 明確 必要 あ

目的 遉 適 研究課題 設定 課題 対 適

研究手法 遥択 決定 要 あ 瘠表 特 実証研究 何 情

報 集 研究課題 対 答え 出 研究 中心 英語教育研究

文脈 い研究 条件 い 具体例 交え 案 研究 種類

考え 主 手法 研究立案 段 研究課題 わ い研究手法 遥 方

い 議論 い

研究 遥 方 深 方

中武 山梨大学

う 研究 見 う 深 い い いう課題 研究

行う者 あ 誰 直面 研究 見 深 (1) 情報 集 段

情報 集 情報 捨遥択 情報 組 (2) 絞 込 段 焦 絞

現状 課題 解決 見出 論 見 (3) 思考整理 段 考え 書 出 仮

や問い 主張 決 考え 論指 や修論指 通

(10)

第 日 ン

12

学校英語教育

考え

教師

学習者

授業

会 杉浦 好 愛知学院大学 亀山 岐阜工業 等専門学校

案者 廣森 人 明沧大学 柳瀬陽 島大学大学院

中部地 英語教育学会 設立趣 あ 関連諸 学 得 知見 幅

入 授業実践 対象 学 英語教育学確立 志向 う 姿勢

昨 石 大会 ン 設立40 振 返 来 展望 昨 福井大 会 ン 実 あ 実践 焦 現 い

う 流 岐阜大会 英語授業実践 参 者 あ 学習者 教師 直接的

焦 あ ン 大会冒頭 開催 大会参 者 問題意識 鮮明 い

企画

第 者 あ 廣森 人氏 目標設定 え課題遂行中 動機 統 組

込 廣森, 2009 動機 構造 関 研究 学習者 動機 定期的 診断 自

覚 逭 要性 指摘 廣森, 2010 等 学習者 自 動機 間軸 いう視

込 い

方 教師 長 学習者 自 的 学 場 形 醸 語 い

第 者 あ 柳瀬陽 氏 教師 指 能力 あ 特定 場 初 開花 あ

脱文脈的 般論 語 い 主張 場 歴史 いう空間軸

長期的 間軸 入

ン 両氏 案 質疑応答 通 学習者 教師 教 い 視

多面的 多元的 教 逭 考え 契機 い

自 学習 処方箋 自 学習者 育 視

廣森 人 明沧大学

学習者 自 教育 最終的 目的 究極的 目的 あ 自 学習 効 的 学習 理

想的 学習 義 捉え 多い 外国語 英語 教育 限 教育

根 的 目的 個々人 自 考え行 動 い 自己決定 能力 身

Boud, 1988 あ い 学習者 自 求 あ 意味 当

然 思わ

瘠表 自 学習 要性 識 う 現状 踏 え 改 自 自

学 習 意味 捉 え 直 い 具 体例 知的 側 面 ability, capacity 情 意的 側面 attitudes, willingness, readiness, self-confidence 知的側面 setting goals, planning learning activities, monitoring learning progress 社会的側面 working in cooperation with

(11)

第 日 ン

13

学習 ン 能力 い 包 的 定義 い 検討

自 学習 効 的 逭 指 あ 方 い 案者 組

瘠表 触 考え い 廣森 2009 多様 学習者特性 映 学習目標 設 定 目標 準 指 実践 い 報告 い 廣森 2012 学習 者 動機 動機 想定 指 方法 動機 方略 対 識 調査

調査結 基 い 計画 実施 指 実践 効 い 検証 い 学習者 自

状況 場面 い 学習者 自 学習動機 学習方略 学習 容 ン

能力 い 自 学習者 育 う 能力 伸 機会 的

供 必要 考え

ン 再検討 考え 英語教師 長

柳瀬陽 島大学大学院

英語教師 長 英語教師個人 資質能力 いう枠組 考え い

実 教育界 般 教師 学校 いう 空 学習者 僚 共 長

語 実 教員研修 多 学校現場 遠 人間 場所 講義 い 形

行わ い 現状 あ う 教師 長 個人 あ 講義 い

知識伝遉 逭 能 あ 背 入観 あ 考え

瘠表 入観 少 ン 関 考え

ン 求 授業 ン あ いう考え 異論 唱え

者 少 論 解釈 ン う捉え 大 異

ン 変え 授業あ い 教師 長 関 識 大 変わ

ン 瘠表 山 (2008, 2012) い (1)情報伝遉 (2)

ン 6機能 (3)出来 入 う (1) 最 考え あ

(2)や(3) 示 ン 諸側面 十 捉え い

特 (3) 出来 授業 知識伝遉 場 教師 働 教育 容 複

数 学習者 出会い ン 生 学 志

向 ン 創瘠 場 あ いう 示 い (1) 例

近代的瘠想 抑 考え方 あ

瘠表 英語 教師 長 脱文脈的 般論 語 い

主張 身体 異 複数 個人 間 創瘠 ン いう 出

来 (event) い わ や 考え ゆ い

主要参考文献

山亘 (2008) 記 系譜 社会記 論系言語人類学 射程 元社

(12)

第 日 問題別討論会

14

問題別討論会

第 会場 学校外国語活動必修 中学校英語教育

会者 柳 善和 屋学院大学

案者 尾崎 美 岐阜大学教育学部附属 学校

井孝彦 愛知教育大学附属 等学校

柳 善和 屋学院大学

学校外国語活動必修 中学校英語教育

柳 善和 屋学院大学

問題 討論会 学校英語教育 中学校英語教育 う 影響 え いう

扱う

中学校英語教育 知的好 心 強 思春期 学習者 対象 え いわゆ

抽象的 概念 操作 能 代 あ 外国語 英語学習 始 中

学生 強い興味関心 持 学習 逭 いう利 あ 方 問

題 第 1 中学校入学 英語学習 始 新鮮感 あ 意欲的 学習 中学校 3 間 校入試 迎え 最初 験 準備学習 色 い 濃 あ 第 2 思春期 入 外国語 出 いう 恥 い場 あ 特 音声 学習 い 第3 知的能力 充実 思春期 学習者 対

扱わ 言語 目 初 段 あ 学習者 好 心 十 満

い いう 指摘

以 踏 え 学校英語教育 利 学校学習指 要領 触 い う 体験的

英語学習 十 経験 語 遊う音声 入観や周 目 気

練習 集約

学校英語教育 教 や 入 学 課題 議論

問題 定 解決 場 中学校 等学校や大学 含 学習者

瘠遉段 学習 能 義務教育段 英語能力 到遉目標 現

設定 英語能力 完 期 前倒

等学校や大学 国民 生涯学習 い 英語以外 学習 例え 英語以外

外国語 習得 専門 学習 研究 能 期待

中学生 ン 学校外国語活動 見直

尾崎 美 岐阜大学教育学部附属 学校

校 附属 中学校 併設 学校 あ 校中学 生 学校外国語活動 い ン

学校 外国語活動 中学校 役 立 思う い

(13)

第 日 問題別討論会

15

いう問い 対 最 多い 書

あ い 多い 生 英語 瘠音 答え い

中学生 感 自 記入 う 回答 得

多 仲間 英語 会 い 中学生 英語 い いう 英語 苦労

中学 学主 英語 聞 や い 生 形 見 似 会 い

英語 聞 仲間 対 簡

日 語 う あ 英語 使わ い いう強い気持 い

ン 結 学校外国語活動 大 い い 中学校教員 共 考

え い い 実践

中学校英語 工 学校外国語活動 期待

井孝彦 愛知教育大学附属 等学校

学校外国語活動 必修 各中学校 ン 素地 養わ 生

入学 中学校 英語教育 間授業数 指 語彙数 増え あ

大 変 求

中学入学以前 英語 学習 生 い 少数派 あ

中学 英語教員 全員 英語 学習 いう ン 授業 組 立

英語学習 入段 主 挨拶 表現やClassroom English 理解 練習 行い

方 書 方 確 行 身 回 語 大 教え 知識

教授 教員 い

記 い 学校 修浶 中学 英語教員 指 容

変更 考え い 出身 学校 修 容 異 多い いう

念頭 置 い 地 研修会等 開 学校 指 容 統

い あ 必修 以降 学校 生方 学 実態 踏 え 独自 活

動 組 あ あ う 現状 中学生 最 大 変 Listening力 向

英語 対 興味 関心 既習 習 遊い 生 生 授業 関心

差 あ う 既習 再 学習 生 対 や 気 興味

う 指 必要 あ う

中学校 等学校 英語教 書 驚 容 差 あ 校 英語学習 備え 中

学 英語教員 多い 素地 養 え 学校外国語活動

う 回 瘠表 中学校英語 い工 い 主

(14)

第 日 問題別討論会

16

第 会場 等学校 修了 学習者 Can-do 理想 現実

会者 山岡憲史 立 館大学

案者 ン 薫 愛知県立尾 等学校

糟屋 徹 山中学 等学校女子部

等学校 修了 学習者 Can-do 理想 現実

山岡憲史 立 館大学

昨 30 日 文部 学省 設置 外国語能力 検討 関 検討会 国 共通語 英語力向 言 具体的施策 瘠表 生 求 英語力 遉

学習到遉目標 Can-do 形 具体的 設定 案

中 学校現場 Can-do 作 機運 あ 意義 十

識 実 何 到遉目標 う 作 い 暗中模索 状態

討論会 学校現場 開瘠 活用法 い 愛知県立備 校 山中学 等学

校女子部 立 館大学 瘠表 行う 尾 校 指定 2006 ~2008 ン能力 念頭 置い 様々 新 い英語教授法 開瘠 中 Can-do 作 開瘠 経緯 過去3 間 活用方法 や問題

省 踏 え 見直 え 報告 山中学 等学校女子部

間 到遉目標 遉 指 法や教 教員間 共 克服

個人的 Can-do 作 試 瘠表 実 Can-Do 用い 現

中学 生 対 う 手段 指 い いう 報告 併 立 館

大学 附属 校 携 校 生 到遉 検証 作 Can-do

ン GTEC for STUDENTS Can-do statements

関 や 能力記述 持 意味 い 瘠表 聞 学校現場 置 や使用方法 異

能力記述文 記載方法や GTEC for STUDENTS 開瘠 改訂 直面 課題や検 討経緯 大い 参考 資 あ 思わ

討論会 通 Can-do 作 意義や 作 法 活用法 案 議論 深

(15)

第 日 課題別研究プロ ト発表

17

課題別研究プロ

ト発表

第 会場 英語学習者 自 動機 逭 理論 実践

会者 佐久 大阪信愛女学院短期大学

案者 犬塚章 愛知県 谷 立 垣江 学校 河 浩 愛知県立熱 等学校

佐久 大阪信愛女学院短期大学 塩谷 沨津工業 等専門学校

木亜希子 青山学院大学 中嶋愛美 元中学校教員

永倉 常葉学園短期大学 勝久 千葉大学

香 大阪商業大学 大和隆 都産業大学

英語学習者 自 動機 逭 理論 実践

佐久 大阪信愛女学院短期大学

間 研究 最終 英語学習者 う 自 や動機 い

識 持 い 学習者 自 や動機 涵養 う 教育方法 能

問い 案者 瘠表 通 議論

課題 研究 英語学習者 自 動機

逭 理論 実践 間 研究 逭

木 (2012) 教 動機 教 外 自己 学習 転移

う い 学習者 英語学習 逭 効 あ 考察

間 調査結 考察 授業 目標や目的 意識 教 行う活動 意味

明示的 暗示的 学習者 識 ン 共通課題 各自

ン 実践 行 実践 う 学習者 変容 う

自 学習行動 変 あ 調査 教 動機 逭 自

結 具体的 方法論 模索 学習者 授業振 返 教師

記録 用い 実践 効 質的 析

最終 大会 以 う 瘠表 流 通 英語学習者 自 動機

逭 方法 い 議論 学習支援や教育実践 あ 方 模索

1,2 目 3 目 実践 入

各 ン 実践報告

各 ン ン ン ワ 念頭

実践や実践 通 考え

実践 3 間 統

(16)

第 日 課題別研究プロ ト発表

18

英語学習者 自 動機授業 Learning Journal 見え 動機 物差

永倉 常葉学園短期大学

課題研究 英語学習者 自 動機 日 学習者 適 動機

方法論 関 研究 逭 目的 い

瘠表 研究 第 歩 授業 い 日 英語学習者 自 動機 逭 方法

目的 実施 比較的大規模 調査 木 2012 結 振 返 筆者 日頃 観察 併 日 人英語学習者 動機 物差 い 見解 述

い 昨 瘠表以降 ン 組 授業 自 記述

Learning Journal い 短大生 対象 実施状況 析結 述 行研究

木 2012 様 手法 わ 授業終了 書 自 記述 Learning Journal

熟 い 書 い 類 役 立 知識情報

い わ わ い 効 的 学 方 や 気 楽 い 興味深い

授業 概要 照 わ 授業 容 教 活動 評価方法

授業直 記 ン い 傾向 見 わ

調査対象者 あ 短大生 傾向 記述 容 英語学習体験 影響 大 い

表 い

傾向 研究 注目 い 授業 学習者 自 動機 影響 い

筆者 見解 述

神経 学 知見 参考 自 教 動機

検討 通用 い や 験 強 意識 動機 概念 見直 必要 あ

え 英語授業 教師 識 要 留意

(17)

第 日 課題別研究プロ ト発表

19 第 会場 英語教師 長 支援

会者 岡崎浩 富山大学

案者 倉美津 日 福祉大学 家貴雄 山梨大学

清水 男 木更津工業 等専門学校

英語教師 長 支援 研究経過 い

岡崎浩 富山大学

研究 あ 昨 目 各 ン 英語

教師 長 定義 各研究 や教師 長や瘠遉 関わ 諸研究

瘠表 共通 見出 瘠遉段 英語教師 長 定義 困

あ 明

目 英語授業力 関 教師 長 資 支援や 方法 究

案者 瘠表 通 議論 最終 向 各 ン 英語教師 長

効 考え 支援方法や自己 省 断 目 案あ い 実践 い

支援 外 方的 え いう意味 自己支援 自己 置

状況 長段 気 更 長 何 必要 気 手立 や 供

意味 手立 や い 的 指 術 対 処方箋

的 指 理念 変 資 方法 究 い 目 い

案 自己能力 省 手立 基準 実 程 教師 長 資

う 検証 研究 移 い 定 あ

ワ 教師 授業中 意思決定 授業力 自己評価表 reflection 指 術 僚性

英語教師 長 支援 現状 支援 あ 方 関 研究

倉美津 日 福祉大学

告示 等学校学習指 要領 学 逭行 実施

学習指 要領第 章第 節外国語 第 款 英語 関 各 目 共通 容等 英

語 関 各 目 い 特質 生 英語 触 機会 充実

授業 実 ン 場面 授業 英語 行う 基 略

あ 現 文部 学省 調査 等学校 %以 学校 英語 目 主

日 語 教え い 式 容理解 中心 授業 あ

方 告示 学習指 要領以前 授業 大半 英語 行 い 教師 少

い 前 立 学校教育現場 噂 実態 把握 英語教

師 長 効 的 支援 遈 能

(18)

第 日 課題別研究プロ ト発表

20

意識調査 的 質的研究 英語教師 長 知 い 研究

英語教師 長 支援 い 瘠表

研究 中学校や 等学校現場 英語教師 抱え い 問題 中 英語教師 長 阻

害 い 要因 実 行 具体的 支援方法 例 支援 側

見 う 支援 必要 い 意識調査や ン 通 明 い

適 支援 あ 方

英語教師 自主的 学 長 い 断 授業実施行動 目 開瘠

英語授業 教師 意思決定能力 関 遉 基準 案

清水 男 木更津工業 専 家貴雄 山梨大学

研究 初 研究結 英語教師 教師 経験 数 長短

実践的知識 能力 質 差 識 初任者 初任者固

中堅以 教師 代や学習者 変容 応 課題 あ 意味 い 英語教師

長 瘠遉 固定的 目標や必要十 課題 い 教師 教師 長 各自

遉 基準 行動基準 あ 長段 意識 課題 識 解決

い 用 考え 何故 自己 教授能力や力 省 行う

長 目指 あ

教師 長 自 開瘠 遉 基準 行動基準

案 い 意見 仰 更 基準 瘠展 摸索 い 考え

基 的 授業 計画 実施 省 関 教師 意思決定 目 焦 あ

英語教師 長 瘠遉 見 授業 形 候 概略的 整理 教授行動や学

習活動 い 教師 意志決定 い ういう 出来 う いう観

家 初心者 清水 熟練者 い 意思決定 関 行動遉 案

ン 容 目 用意 う 遣う

確 教師 能力や力 瘠遉 う 関 等 あ 簡便

自己 教師 力 長 出来 開瘠 通 教員養 や教師

(19)

第 日 課題別研究プロ ト発表

21 第 会場 英語教育研究法 過去 現 来

案者 浦 研 洘学園大学 酒井英樹 信 大学

木亜希子 青山学院大学 中武 山梨大学

藤 郎 福井県立坂井農業 校 勝久 千葉大学

亘理陽 静岡大学

英語教育研究法 過去 現 来

浦 研 洘学園大学

英語教育研究 い 近 研究 質向 関 様々 組 行わ い 英

語教育研究法 書籍 出 多 学会 研究法 焦 当 ワ

研究会 開催 い 中部地 英語教育学会 2005 英語教育研究

法 実施 多 参 者 集 い

研究法 関心 瘠展 好 い 言え

う 関心 必 研究 質 向 示 い わ い

中部地 英語教育学会 い 研究 う 形 行わ

明 研究法 議論 良い研究 あ 方

や あ 参考 い研究法 案 目標

間 研究 目 英語教育研究 過去 現 注目

過去数 間 学会紀要 掲載 論文 方法論 観 析 う 研

究手法 程 割 使わ 明 紀要掲載論文 析 中

研究 問題 方法論 報告

具体的 瘠表 容 以 あ

(1) 概要 経緯 最終目標

(2) 研究法 注目 論文 類 析方法 案

(3) 紀要論文 析方法

(4) 過去数 掲載論文 見 方法論 問題 整理

A. 実証研究

A-1. 索型研究

(a) 主 質的 扱 研究

(b) 主 的 扱 研究

A-2. 検証型研究 B. 実践研究

(5) 質疑応答 ン

(20)

第 日 自由研究発表①~

22

自由研究発表

会場

中会議

(5F)

明示的文法 明 効性 限界 詞 数形 複数形 習得 例

白畑知彦 静岡大学 樹 金沢学院大学

研究目的 中学 校 英語 6 間学習 大学生 対 明示的文法指 効 検証 あ 日 学校 英語教育 場 教師 明 聞 文法 学

習 行 通 あ 当 文法 目 学習 教え 教師 習 学習者 文法 知 い 思 い 詞 数形 複数形 規則 い 言え 大抵

大学生 規則 中学生 習 規則形 -s 規則形 様々 変 形 あ 答え う 英語 算 詞 算 詞 あ 者 複数形 標識

あ -s い 知 い う 知識 基 的 間遊い 部 当 学習者 明示的知識 持 い 言え 当 規則 全体像 複雑 あ

英語学習 逭 産出 要 支援 身

い い い文法規則 補足 あ 要 大学 英語教育 行う

要 あ 方 明示的 文法規則 教え 当 効 的 あ いう疑問 残 明示的 文法指 学習者 自動 う いう あ

回 々 集 数形 複数形 関 実験 明示的指 あ 効 い 示 教 環境 純 数形 複数形 規則 習得 複雑 規則 短

期間 明示的指 習得 い 明 詞

数形 複数形 習得 困 理 日 語 数 複数 い

文法形態素 意味 問題 あ 文法標識 過 い 規則

複雑性 あ い い 当日 議論 い

冠詞 指 い

浅 敏朗 明沧国 療大学

英語 冠詞 習得 最 い文法 目 あ いう 言わ い 冠詞 遥択 英語 国語 者 物質観や 物 様態 関 識 や概念 過程 映 い

あ 考え 日 人英語学習者 冠詞 適 使う う 冠 詞使用 関わ 識 あ い 概念 識 枠組 言語心理学的 必

要 いわゆ 言語形式 焦 当 指 focus-on-form instruction 要 所

以 あ

瘠表 冠詞 指 中 特 冠詞 指 い 考察 冠詞 最 い 独 生 形態素 あ 冠詞 使用 定冠詞や 定冠詞 わ い

いう指摘 あ 方 調査 日 人英語学習者 冠詞 冠詞 習得 困 あ いう結 明 い 現 学校教育

中 冠詞 意味 機能 い 明 機会 い 理

あ う 指 冠詞 用い い場 い 言 適

学校文法用語 い い い いう 指摘

瘠表 冠詞使用 わ 言語 識 い 基礎的知見 出瘠 冠詞 習得

困 や 理 冠詞 意味 機能 い 考察 え 冠詞 指 法 い 言 い 冠詞 含 英語 冠詞 英語 いう言語 最 質的 柄 関わ

い いう 考え 指 工 多 間

(21)

第 日 自由研究発表①~

23 教育文法 構 原理 関 理論的考察

亘理陽 静岡大学

教育文法 pedagogical grammar 指 評価 教師 学習者向 集

構造や規則 体系 定義 瘠表 目的 教育文法 う 記述 構 示

い 原理的 考察 行 う あ

言う 文法指 習得 関 理論的 実証的研究 蓄積 膨大 cf. Hinkel & Fotos (eds) (2002), Nassaji & Fotos (2011) 学習 何 効性 持 多

研究 支持 い Long 1983, 1988; Norris and Ortega 2000 文法指 占

置 い 依然 様々 立場 明示的 入 暗示的 入 関 最適 共 あ 方や 明示的指 学習 う 暗示的学習 影響 え い 必

首尾 貫 定義や示唆 え い わ い う 状況 対 瘠表

学校教育 環 英語教育 教育文法 容 方法 論 必要 限 文

法指 関わ 諸概念 整理 試

教育文法 要 明示的指 行う領域 設定 是非 容 あ Tomlinson (2007)やBatstone & Ellis (2009) 第 言語習得 外国語教育研究あ い 教 開瘠 研究 知見 集約 形 文法教 文法指 原理 示 い 活動 種類や手

諸条件 学習者 生 般的 知 過程 置 知識 文法 記述 明 質 十 問わ い 言い い

Engeström (1994) 知識 質 表象 方 記 的 言語的 視覚的 画像的 身体

的 感覚-運動的 組織 方 実 定義 類 手 的記述

元 整理 い Engeström 1994: 26 瘠表 う 観

文法概念 知識 形 過程 動的 捉え 特定 語用論的 約 決定

意味 構造 ン 体系 Larsen-Freeman 2009: 521 文法 教育 容構 法 論

中学生 5文型 入 適

矢 淳 静岡大学

日 学校英語教育 い 5文型 伝統的 校 入 笠島 2012

5 文構造 中学3 生 教 書 扱 い Yano(1996) 異 英語学習

背 持 3 被験者群 短い12個 英文 い 文意 文型 識

要素 関 調査 行 両者 独立 あ 無仮 立 SPSS 独立検 定 行 結 校1 生 大学生 対 思わ 結 出 8 英文 仮 択 3 文 棄 大学生 1 英文 仮 択 5

文 棄 Yano(2012) 調査方法 中学3 生 対 調査 行 意

水準p 0.06 中3 1 様 検定結 得

瘠表 中学2 生 対 調査結 え 中学生 5文型 入 適 適 あ 何 生 入 い教育効 得 考察

参考文献

笠島準 2012 NEW HORIZON ENGLISH COURSE 3 東 書籍

Yano, J (1996)“The Usefulness of the Five Sentence Patterns in Understanding English”

東 学芸大学大学院英語研究会 LEO 第25 pp.43-66

(22)

第 日 自由研究発表①~

24 英作文 見 過去形 誤用

崎鈴央 静岡県立大学 静岡県立大学

紀子 静岡県立大学 中山 沧 立大学

外国語学習 い 習得 い い 特 語 目標言

語 間 あ 場 語 海 習得 極 困 あ 測 研究 大学院生 ン 英作文資料 析 基 英語 過去形 習得 い 形

態統語 意味 ン 観 考察

両言語 い 過去 /ed/あ い 接尾辞 形態素的 表示 方 日 語 異 過去 完了 出来 あ 英語 現 完了形 用い

実 英語 過去形 用法 い 形態統語 習得 語 海 生

い 意味習得 語 海 生 あ う 測 議論

測 い 検証

a. 美術館 駅 歩い

b. We walked to the station from the museum.

a. 郎 転職

b. Taro has changed his job.

被験者 理系大学院生 TOEFL 結 基 L

~ 均 H

~ 均 析 被験者 逬間 洘外英語研修

開始 終了 団体 ン 自 作文 計 用い 表 過去

形 落 現 完了形 誤用 い 調査結 あ 表 過去形 均 落率 誤用率

過去形 過去形

義務的出現箇所 落(%) 義務的出現箇所 誤用 (%) H (n=18) 163 17 (9.59) 47 20 (42.55)

L (n=13) 46 17 (36.96) 35 29 (82.86)

以 結 測 支持 あ 日 語 語 者 過去

形 習熟 向 比例 習得 逭 習得 過去形 現 完了形

代用 顕著 あ 過去形 形態素 意味 焦 置い 指 要

会場

中会議

(5F)

中学校 英語授業 中 dictogloss 役割

岩 藤男 焼津 立大井 中学校 中学校 新 い学習指 要領 基 い 教育課程 沿 授業 始

英語 複数 能 統 指 基礎 基 定着 学校 外国語活動 経験

生 入 伴う 中 滑 接 新 課題 課

課題 文法指 関わ 深い 学習指 要領 示 学習 容 繰 返 指 定着 いう文言 基礎 基 定着 定着 十 あ 文法

目 特定 目 効 的 指 方法 考え 求 思わ

特 能 中 書 確 指摘 問題 語 語形

変 関 文法指 関わ 深い 学校 外国語活動 経験 生

文法指 彼 ン能力 素地 生

う 文法指 い 問題 う 状況 中 dictogloss 利用

(23)

第 日 自由研究発表①~

25

い文法 目 指 ン能力 素地 生 指 適 要素

い ン いう言葉 表 指 意味 容

言語形式 注意 向 いう理念 沿 い あ う 瘠表

dictogloss 中学校 英語授業実践 課題 解決 対 効 機能 考え 要素

実 授業 中 dictogloss 実施 場 実施 場 比較 英語

基礎力 定着 遊い 生 報告 い

中学校英語教 書語彙 比較

尾 志 和歌山 立和歌山 等学校

20 中学校 学習指 要領 改訂 24 4 全面実施 い 前

回 10 告示 中学校学習指 要領 遊い 指 語彙数 増 あ 指

要領 900 語程 語 い 語彙数 新指 要領 1200 語程 語

300語増 い

研究 和歌山県 最 用 い 中学校英語教 書 あ NEW HORIZON

English Course 17検定浶 23 瘠行 23検定浶 24 瘠行 新 2

種類 教 書 現 語彙 比較 実 程 語彙 増え い 明

両教 書 WORD LIST 巻 語彙 あ 使用

PC 入力 比較 語 2語以 や文 品詞

録 い 回 や文 品詞 比較 い語彙数 比較 能

考え

増 語彙 要 思わ 語彙 い Kochi語彙研究

会 中学生 必要 英 語1200語 知県中学生必須英語語彙 比較 明

以 比較 新 教 書 実 語彙 増 数 教 書 中学生 必要 基 語彙 羅 い 明

中学校英語教 書 oh 語義 関 考察

尾 利美 和歌山大学

頭 ン 目標言語 い 文法的 い文 い 産出

遂行 過程 ン 行わ 場 参 者 題 応 適 言語表

現 相 や 動的 過程 あ 考え 相 や 動的 過程 ン え 会 参 者 通常 聞 手 手 いう役割

担う う ン い 談 標識(Discourse Marker)

要 役割 いわ い 談 標識 談 把握 組織 管理 う

者 遥択 映 談 構 要素 い 結 語( )や表現 (Carter & McCarthy,

2006:208) あ

研究 14 17 中学校 使用 7種21冊 中学校英語教 書 い 最

繁 現 談 標識oh 語義 析 目的 中学校英語教 書 巻

教 書 語 品詞や語義 情報 あ oh い

品詞 間投詞 語義 あ ああ や あ え う 掲

(24)

第 日 自由研究発表①~

26 中学生 語彙学習方略 社会的要因 影響

石井聡裕 岡崎 立 中学校

研究 目的 中学生 英語語彙学習法略(VLS) 使用実態 教師 指 や学校環境等

社会的要因 明 あ

石井(2012) 中学生 用い VLS 学 類 学 使用傾向 差 あ

調査 結 方略使用 傾向 大 差 見 中学生 VLS

対象 橋 (2008)や河 橋 (2009) い 辞書使用や 語 使用 い 方略

使用 異 結 示 差 学 いう瘠遉的 要因 調査

含 学校 学 環境 指 方針 教師 指 観 社会的影響 あ 能性 あ

石井(2012) 複数 学校 学 対象 大規模調査 再 析 学校間 遊い

う VLS 使用傾向 影響 い 調査 結 語や英文 書 語 学習 序 英文日記 い 方略 学校間 差 見

以外 方略 い 学校間 差 観察 学習態 相関 検証 社会的影 響 や い中学生 VLS 明 い

会場

会議

(5F)

英検 ン 語彙 役割 -視覚的情報 聴覚的情報 通 語彙理解- 佐竹直喜 愛知県立 良 等学校

語彙 いう 外国語学習 い 最 要 要素 あ 言わ 聞 手や 手 語彙 要性 強調 い

語彙 いう 視覚的情報 通 理解 聴覚的情報 通 理解 求 文 見 語彙 意味 理解 音声 通 語彙

意味 理解 必要 あ

回 英検 ン 焦 絞 語彙能力 う 役割 視

覚的情報 語彙理解 聴覚的情報 語彙理解 関 明 観 英 検 ン 語彙能力 役割 検証 英検 ン 音声 聞

視覚的 書 遥択肢 見 解答 いう ン ン 両方 能力 必要 うい う 視覚的情報 聴覚的情報 通 語彙能力 貢献 い

語彙指 大い 貢献 あ 考え

被験者 40 日 人 校生 彼 英検 ン 抜粋 問題 視覚的情報 通 語彙 聴覚的情報 通 語彙 結 回 析 用い 視覚的情報 語彙理解 聴覚的情報 語彙理解 う 関

あ 英検 ン 語彙理解能力 う 貢献 い 調査

結 視覚的情報 語彙理解 聴覚的情報 語彙理解 密接 関 あ 明 英検 ン 対 聴覚的情報 語彙理解 意 貢献

視覚的情報 語彙理解 貢献 意傾向 見 あ 英検 ン 視覚的情報 語彙理解能力 貢献 いう傾向 あ いえ

教 人間関 英語対 え 影響 い

大湊佳宏 長岡 専 島遈 新潟工 大学 茅 潤 郎 新潟県立大学

研究 教 人間関 英語対 結 う影響 検証

(25)

第 日 自由研究発表①~

27

対象学 全員 hyper-QU 良い学校生活 遉 ン

験 い 教 人間関 調査 行 結 学 満足 測定

出 学校生活満足群 類 生 Category1, 非 群 侵害行 知群 学 生

活 満足群 類 生 Category2 期 英語 授業 い 英語

対 活動 活動 3 間実施 英語対 2 間行わ 活動 行

2 間 英語対 実施 対 全 録画 書 起 析

用い 英語対 Category1 士 Category2 士 う 意 的 操作

験 両群 対 い 析 ン い 遊い 検証 Number

of Words(NW) 対 瘠 総語数 Number of Turns(NT) 対 生 総 ン数

Number of Topics(NTO) 対 出現 総 数 Words per Topic(WP) 1

総語数 Turns per Topic(TP) 1 総 ン数 Number of

Questions(NQ) い 投 疑問文 数 Length of their Silence(LS) 約1 以 沈黙

析 数 44 少数 得 安定 あ 規 仮

定 い 研究 Category1 Category2間 差 ン 検定

算出 中 2 独立 標 検定 ン U検定

得 両側検定 %水準 析 目 い 比較 行

結 Category1(Ave.18.82 ) 2(Ave.24.28 )間 い 対 沈黙 間(LS) 差 %水

準 意 あ 意差 見 NW Category1 多 NT Category1

少 WPT Category1 多い特 あ

RLG(語彙 文法) 形 的利用法 TOEIC400 600 獲得

島祐規子 浜国立大学 藤千博 浜 立大学

嘉代子 芝浦工業大学 前 浩子 金沢学院大学

大場昌也開瘠 LG 語彙 わ 語 L語彙 聞

い 語 G 文法 基礎知識 部 JACET8000

5000語 50 語 遥 (50 満 15 ) JACET8000

4000語 40 語 遥 (40 満 15 ) 意味 4 遥択肢 遥 形

詞 動詞 形容詞 副詞 基 大場 基 い 英文

法 基礎知識60問 60 満 30 ) 4択 問う形式 い 2010 行研究

LG 全体 信 性 TOEFL TOEIC 相関 い 検証

結 瘠表 え 語彙 形 的利用 例 昨 研究

LG 全体 語彙 L語彙 G 文法 基礎知識

個 問題 研究 焦 向 各設問 解答状況 析 行 結 語彙

力 関 L型 L型 い 文法

関 文法基礎知識 見 3 目

研究 関東圏4大学 籍 400 大学初 生 対象 大学 企業 中心 現

注目 浴 い 英語力 TOEIC 関わ 研究 行う 具体的 TOEIC600 400

獲得 う 英語基礎力 研究 中心 据え

LG 結 TOEIC 得 ( 部 TOEFL 換算 統計 使用

比較 析 行う 最 研究 結 大学初 英語授業 具体的 案 い

(26)

第 日 自由研究発表①~

28 英語 授業 英語 当 能

森 生 福井県立丹 等学校

昨 英語 授業 英語 学力差や情意面 え 影響 題 100%英語 授業 行 う 学力差 生 い 英語学習 対 意識 遊い 生 い 生 満

足 い い 瘠表 行

回 瘠表 昨 担当 校1 生 学期 経 記 疑問 対 回答

う 学期以降英語 授業 得 経緯 報告

昨 経験 踏 え 約50% 英語 行い 日 語 明 交え 授 業 行 い

回 Research Questions

生 昨 比 英語 交え 授業 容 理解 い 学力差 昨 比 い

生 授業満足 昨 向 い

あ 結 や考察 い 当日報告 い

校 観 評価 作

大井美 紀 長 県塩 志学館 等学校

2013 施行 新学習指 要領 4 能 統 的 用い 実

ン 場 近い環境作 授業 中 求 い 伴い 当然評価 あ 方 変わ い

必要 あ 指 評価 体 学習者 適 評価 方法 何 国立教育政 策研究所 関心 意欲 態 思考 断 能 表現 知識 理解 4 観 基

観 評価 言 い 校 い 観 評価 学校や中学校 定着

評価 手段 い 部 大 い

限界 あ 校 い 析的 記述的 評価 必要性 感 い 現 勤務 い 学校 授業 評価計画 観 評価 基 作 多様

観 学習者 評価 意義 検証 当日 作 過程 含 細

会場

会議

(5F)

大学初 英語 学習者 安 い

千 誠 和 大学 近 大学生 英語学力 い 傾向 あ 言わ い 数 前 行わ あ 教育

機関 統計 6割 中学生 英語 苦手意識 持 い いう結 あ 英語 学力 試験 必要 い推薦入試 大学 入学 学生 増 い 現状 考え 何

学力改善 方法 立 い 必要 あ 思わ

筆者 勤務校 般英語 い 学力 問題 対 う 対策 模

索 い あ 初 い や 初回 授業 ン わ 通

英語学習 対 安感 抱い い 学習者 多い 安感 完全 払 困 あ

軽減 英語学習 対 肯定的態 持 要 あ

英語学習 安 研究 近 日 国 多 見 e.g., 久保, 1999; 島, 2003;

, 2006; 迫 浦, 2008; 島 , 2011 研究 大学初 英語 学習者

安感 軽減 目的 主 人間関 構築 学習者 過去 英

(27)

第 日 自由研究発表①~

29

学習者 安感 う 変 質的 析 あ 瘠表 析 過程 結 明 考察 通 授業改善 案 行う

日 人大学生 対 個 応 ン 指 法

佳 近畿大学

近 日 人大学生 英語力 指摘 大学 学生間 英語力 大 差 見 力 養う 聞 書 含 総 的 英語力 伸

い 大 基礎 固 明沧以来 確 流暢 手 育

ン 指 求 様々 研究 方 知識基盤社会 移行 伴い 生涯 わ

主体的 自 的 学 学習者 いう い 個人 知特性 応 ン 指 法 求 い

瘠表 英文解釈あ い 知 明沧以来 解指 法 あ 精 効 あ 学習方法 近 特 注目 い 多 比較 析 多 入

授業実践研究 踏 え 効 や指 課題 い 析 個 応 ン 指 法 考察 教育心理学 Gardner (1983) 唱 多 知能

理論 (MI理論) 多 指 応用 教 方 指 法 案 い

大学 学習 用い 授業 関 質的研究 TOEIC対策 通

戸陽 静岡県立大学

研究 大学 い 学習 入 英語授業 効 課題 い TOEIC対策

焦 当 質的 析 目的

学習 入 授業形態 近 大学 入 い 現 大学生

学校 中学校 校 総 的 学習 間 通 活動 行

活動 慣 い 学習 入 授業 主体性 持

組 学習効 期待 英語 苦手 い 学生 対

人 組 理解 期待 方 就職活

動 行う学生 対 民間企業 中心 TOEIC 要求 企業 多 学生 TOEIC

関心 大学 対策 行う 多い

研究 TOEIC対策 意識 大学 授業 学習 入 対象 授業 学

部基礎 目 英語 生 対象 TOEIC対策 中心 容 行 い 学生

所属 い 回 授業 学習 入

い 前期 半 学習 入 授業 関 ン 実施

ン 結 基 学生 遥 ン 実施 ン 学生 得

IC 録音 結 構造構 的質的研究法 西條, 2007 用い 析 行

い TOEIC対策 焦 当 授業 い 学習 効 改善 示

新 入 A大学1 英語教育 実践

林健沧 元愛知県立新 校

A大学 理 系 中心 学部 構 学生 教育 極 視 い 大学 あ

来 教養課程 英語教育 力 入 更 充実 2012 新 入 新入生 教育 展開 い 瘠表 新 実践

(28)

第 日 自由研究発表①~

30

大学 教養課程 英語教育 い 1991 文部省 大学設置基準 大

外国語 規 和 英語 必須 大 以前 8 あ

枠組 廃 般的 減少 傾向 言

2002 文部 学省 英語 使え 日 人 育 戦略構想 瘠表 優

英語教育 開瘠 実践等 行う大学や 特 全課程 英語 授業 大学 又

学部 的 支援 いう方向性 示 2008 中央教育審議会 学士 課程教育 構築 向 答申 出 専門 関連付 4 能 ン

ン能力 視 英語教育 要性 唱 い

う 中 全国 多 大学 様々 英語教育 関 組 行い 特 学生 多

様 英語力 対応 様々 工 凝 学生 英語力 向 力 傾注 い 研究瘠表 う 組 あ 2012 開始 新

報告 求 大学 英語教育 方 考察

例 供 い

英語学習 歴 解釈 研究 ‐日 人英語学習者 対象 ‐

森 明智 屋外国語大学

研究 英語学習者 持 過去 英語学習 対 解釈 析 彼 自身 英語学習経験 理解 目的 い 現 いう 個々人 英語学習 姿勢 過去 英語

学習 対 解釈 影響 あ 特 大学英語教育 い 大学生 持 中 個々人 英語学習 解釈 知 授業展開 考慮 手

析 教育的意味 持 言え

具体的 愛知県 立大学1 生6 対象 筆者自身 ン 行い 析 析 方法論 理 学習者自身 中学や 校 期 英語学 習 解釈 多 簡 思い出 い状態 あ ン 形式 何 思い出

い いう返答や わ 情報 書 い返答 多 備調査 明 あ 学校 代 含 中学や 校 期 英語学習 あ 方 多様

い 現 ン 質問 容 決 自体 非常 困 あ 理 ゆ え ン 質問 あ 方 ン 英語学習 歴 思い出 解

釈 析 い 要 要素 断 ン ン 方 観

析 含 析 観

英語学習 歴 析結 英語学習者 瘠 英語 い いう言葉 背 あ 英語学習者 解釈 (1)教員 明自体 い (2) 理解 長期 渡

覚え い い (3) 自 勉強 方 い いう3 主

集約 明

瘠表 ン い 析 観 基 結 英語 わ い

いう学習者 言葉 対 教員側 意識や対処 い 言 行い い

会場

研修

(4F)

英語 ン 手意識 効

鈴木梨紗 山梨大学大学院生

(29)

第 日 自由研究発表①~

31

考え Scardamalia and Bereiter (1987) 熟 書 手 連想

書 計画や書 直 あ 行わ い 熟遉 書 手 全体 計画や目標 考慮

書 修 行う 学習者 熟遉 書 手 近 ン 目的

意識 効 的 考え 研究 ン 目的 決 要

手(audience) 学習者 意識 う 作文 や質 影響 え

第1言語 対象 手意識 研究 手 示 作文 書 方 示 い 生 興味 持 手 意識 作文 書 作文 増え 効 指

摘 い 想定 手 い 般的 指示 手 関 具体的

情報 え 方 効 い 報告 い (eg. Redd-Boyd and Slater 1989; 大浦 安

永 2007) 第2言語や外国語 ン 手 意識 指 法 研究 い

手 効 い 実証的 研究 少 い 研究 日 人大学生 被験者

具体的 手情報 え 般的 手情報 え 手情報

え い統 群 3 実験 行う 当日 瘠表 3 作 文 や学生 意識 遊い 報告 い

英語 ン 学生 示 間接的修

学習効 遊い

西 弘 愛知産業大学短期大学

L2学習者 ン 教師 修 効 あ う 論 的

あ (Ferris, 1999a; Truscott, 1996; Truscott, 1990) 大部 研究 い 効 あ いう結

見 Ferris(1999a) 様 立場 修 能 修 困

類 い 前者 動詞形 詞 語尾 冠詞 あ 者 語法 文構造

あ い 初 者 関 検証 行わ い い 間接修

ン 2種類 Ferris 2001 5 筆者 20 使い

日 通信 短大 通う学生 英語 ン い 学生 間接修

施 確性 向 検証

Ferris 2001) 5 ン 間接修 い 来

述 い 異 初 者 い 修 能 動詞形 修 困

あ 初 者 中 者 わ 修 困 語法 文構造 確性 向

筆者 20 ン 間接修 い Ferris

2001) 修 能 目 初 者 中 者共 動詞形 記実験 異 結

あ 数 複数 冠詞 修 能 あ 修 困 目 初 者

代 詞 前置詞 動 詞 修 能 あ 筆者 20 目 Ferris 5 目 統

検証 Ferris 異 初 者 中 者共 修 困 語法 修 能

あ 初 者 い 修 困 文構造 修 能 あ う 初 者 中

者 ン う 間接修 い 示 限界 修

困 い 要 あ

学習者英語 ン 入 関 知的 研究

佐藤雄大 屋大学

1990 代以降日 英語 ン 指 法 い 徐々 洙透

学習者 ン 考え 段 修 段 各

(30)

第 日 自由研究発表①~

32

う 語 外国語 ン 指 入 調査 い

基礎的研究 立 い 決 方法論 指 い

い ン 何 意味 何 教員 働

方法論 遊い 現 い 言え

瘠表 基礎研究 要 役割 1980 代 知的

ン 研究 ン 働

う 指 考察 仮 述 い 知的 ン Flower &

Hayes(1981)やBereiter & Scaradamalia(1987) 瘠声 析 示

あ 1970 代 知 学研究 特 問題解決 研究 依

あ 純粋 ン 活動 研究 行わ い あ 知 い い

瘠表 特 中 学習者 ン 課題 う 表象 い

う Task Environment 課題環境 着目 知 学 知見 触 ン 活動

教員 入 能性 い 仮 述 い う 教員 ン

入 学習者 ン う 影響 え いう い 実

教 行わ ン 活動 経 的 析

変 い 報告 い

大学入試問題研究 校英語授業 示唆‐岐阜大学 中心 ‐

鷲見俊 武義 校

岐阜大学 大学入試問題 速 力 文法 語彙 瘠問 い 考察 行

い 岐阜大学 国立大学 語数 増え い 確 短い 間 多 速 力 求 い 岐阜大学 少

1 間 100語超え 容理解 い い 遉

具体的 方法 音声 視 鈴木(1991)や 効 用い 鈴木(1998) 研究

教 書 使 方式や 藤 (2007) 解速 計測 挙

文法 い 岐阜大学 入試 必要 文法 金谷(2009) 見 う 基 的

要構文 多い いう 確 教師 文法 見極 授業 基 文法 使用 習熟 語法 細 い文法 家庭学習

工 必要 あ 結論付

語彙 い 大学英語教育学会基 語改訂委員会 集 語彙 5000語

必要 あ 述 語彙 知 い い

験生 間 限 何 優 いう 現実的 問題 あ 解 能

語彙数 示 学習者 1 目標 え いえ

最 瘠問 い 線部和 う 局所的 明示的 瘠問 や

全体 関わ 問題 多 占 い 確 文法 式 限界 段 授業 教師 瘠問 い 工 生 主体的 工 必要

あ 結論付

岐阜大学 問題 中心 研究 逭 金谷(2009) 指摘 い う 問題 傾

(31)

第 日 自由研究発表①~

33

戦前 中等学校 英語教員養 教授法 教育実習 扱い 状況 い 東 等師 範学校 例

家貴雄 山梨大学 瘠表 戦前 中等学校 英語教員養 状況 述 戦

う 影響 え 考察 目的 あ 現 英語 教員免許 得 教 専門 目 修 要視 い 変わ い 教授法や教育実習 英語 教え

能 関 教 目 修 教 専門 比 比 軽い う 状況 い 始 確 回 研究 あ 結論 いう 傾向 戦前 中等教育機関

あ 等師範学校 見出 回 特 東 等師範学校 状況 例 見 い 実 戦前 中等学校 教員養 い 教授法 実習 修 式

中 保 い 教員養 目的学校 あ 等師範学校 あ ゆえ 学校 研究対象 東 等師範学校 教育実習 附属中学校 行わ わ

実習 英語 直接教授法 行わ い わ い ういう状況 い 当日 辺 触 い 英語教員 免許資格 修要件 教

え 対象 知識や能力 要視 当然 あ 学習困

生 教え 対象 現代 当然学習者 状況 把握 教え 能 関 知識

や能力 教職 関 目 視 あ う 回 瘠表 辺

暗 含 い 考え い い

会場

研修

(4F)

中学 校 英語 解 音 体 指 研究

浅 山大学短期大学部

学生 経験 中 代 英文 解 中心 授業 語 意味や文法 多 文法的 問題 和 少 英作文 出題 いう

音 あ 指 指 あ 語 瘠音 ン 注意 あ

言語活動 CDや 生 聴い 復練習 いう あ 限 学生 例 あ 実 指 英語 解以前 自体 避 傾向 気

英語 声 出 経験 乏 い学生 多 占 大学 英語 学 動機 変

あ 英語 学 直 い 英語 専攻 学生 出現 い

瘠表 大学1 2 Reading Presentation 授業 組 得 知見 中

授業実践 生 目的 検定教 書 利用 解 音 体 指 研究

い あ 具体的 1 音 活動 い 明確 わ 音 presentational

performance Adams, 2003 聴衆 解文 意味や 伝え

ン活動 2 解活動 1 実行 備的 活動 語彙 文法 和文 確 理解 え 解文 や 何 聴衆 伝え

効率的 効 的 外国語習得 目指 授業 共 共感 外国語教育 移

行 試 あ

Adams, W. (2003). Institute Book of Readers Theatre: A Practical Guide for School, Theatre, and Community. Chapel Hill, NC: Professional Press.

校生 ン 学習 関 教 研究 思い出 い語彙 文法表現

(32)

第 日 自由研究発表①~

34

行わ 教 研究 報告 研究 学習者 ン 問題 学習浶 文法 語彙知識 活用 いう観 析 目的 聞 誤 箇所 い

学習者 当 語彙や文法 知識 持 わ い いう 着目 析 行

学習者 逬 課題 ン 行い 再現 文 析 授業 環

行 各生 個 ン 行い ン 妨 原因 要素 瘠

音 関 知識 如 聴解 手 文法知識 如 何 あ い 教師 学習 者 共 考察

結 学習者 (1) 聞 手 文法や語彙 知識 獲得 い

い (2) 言的知識 持 わ い 実 言語運用 場面

活用 い い いう 大 問題 瘠見 特 者 い 学 校 外 い ン 訓練 十 行わ 学習 文法や語彙 ン 中 運用

機会 無い いう 教育 問題 示唆

論文 学習者 ン 指 個々 音声 細 聞 形式

学習浶 音声 語彙 文法 あ ゆ 元 情報 組 わ 聞 形式 行わ

い 論 知 語彙 新 獲得 注意 向

ン 指 い 以 既知 語彙 文法 わ 何 学習浶 語彙

文法 繰 返 訓練 焦 当 い 論

ン 用い 前置詞指 方向前置詞 例

藤森敦之 静岡県立大学 紀子 静岡県立大学

英語 前置詞 例え TOEIC 必 問わ 文法 学習者 習得

い 特 方向前置詞(to, from) 置前置詞(in, on) 比 い 目 あ

( 原1984) 研究 方向前置詞 焦 当 ン 用い 指 前置詞学習

い 効 的 あ 否 実験 検証

実験 被験者 大学 生 日 語 者 指 方法 遊い 和 指

(OG 53 ) ン指 (AG 53 ) 各 指

直前 逬間 2回 方向性 無 異 前置詞(over/above)

出来 終 無 異 前置詞(to/toward) 計 各前置詞 ン

構 文 わ ン 示 被験者 え 日 語

前置詞 英文 空欄部 書 込 方法 実施 結 目 前置詞

対立的 指 各 い over above toward 答率

意 注目 前 い 間

差異 over above い AG 答率 OG 答率

意 あ 方 to toward い い 間

意 差 見 以 研究 出来 終 無 遊い 概

念 対 和 指 ン指 効 あ 動作 方向性 無

遊い 透明 概念 関 ン指 効 的 あ 示唆

学習者 異 配慮 文法学習環境 あ 疑問 宝物

近藤泰城 桑 等学校 新学習指 要領 文法指 い ン 行う 必要 語 や文構造

文法 扱い い 用語や用法 指 中心 い う配慮 実

(33)

第 日 自由研究発表①~

35

学習 文法 い 例文 暗記 活用 場面 授業 中 設定 繰 返 指

大 あ 前 文法 理解 必要 あ

深 文法 異 あ う 学習者 大 差 あ あ う 例え 校生向 文法解 書 必 あ 詞構文 段 追う省略

明 非常 扱い い 用語や用法 指 中心 い う配慮 結 あ 思わ 明 効 学習者 い い う

校現場 実 指 い 細 明 繰 返 復

定着 う いう方向性 見 力 生 あ 浅い理解

目前 や定期 目指 暗記中心 学習 結 的 文法 身 い い い生 見

う 状況 改善 理解 定着 活用 う 理解 焦 当 個々 わ 指 目指 定着や活用 深 間 割 明 当

部 限定 授業 間 割 い う 疑問 生 持 場 あ 疑問 宝物 書い 出 回答 解 教師 作 文書 生 全体

組 行 い 生 自身 必要 感 必要 情報 あ 生 疑問 新 気 起 う 環境 作 出 う 意 い あ 疑問 宝物

組 い 報告

ン 学習効 工 弱形瘠音 指 意味 あ

荻原 洋 富山大学 ン 主 音韻 機能強 いう目的 あ 言わ 来

物理的瘠声 伴わ い 語 subvocalization 声 出 行う 様々 要因 絡

想 初 聞 ン 場 表現や ン

定着 目指 音 近い形 ン 行 音韻構造 習得や

瘠 流暢 獲得 目的 ン 場 学習 考慮

異 思わ

実 大学 生 ン ン 組

う 現象 見

十 練習 ン い あ

学習者 変 詞 う 語 多 含 方 い

感 い

場 知 問題 いう 再生 能力 問題 あ 能性 い

う 指 行い 効 変 や影響 う 調

pick him up う 表現 him 弱形 瘠音

瘠表 問題 識 指 英語力 向 目指 いう意味

適 あ うや 確 出来 等 い 考え い

会場

研修

(2F)

日 人英語学習者 前置詞 伴 移動動詞 習得 動詞 表 出来 終 解釈

近藤隆子 静岡県立大学 藤森敦之 静岡県立大学

研究 前置詞 伴 移動動詞 表 出来 終 い 議論 終 解釈 英

(34)

第 日 自由研究発表①~

36

walk 方向前置詞 to , into 置前置詞 under , behind 伴う場 解釈 い 報告 い

研究 英語 移動様態動詞 え 方向移動動詞 come , go 前置詞 伴 場 4 組 わ 1 移動様態動詞+ 置前置詞 2 移動様態動詞+ 方向 前置詞 3 方向移動動詞+ 置前置詞 4 方向移動動詞+ 方向前置詞 解 釈 い 体系的 調査 3 被験者 初 30 中 30 ン 5

対 文 各 3文 動作 終 表 動画 断 偽

断 行 各 答 均 中 4 2 3 >

1 序 ANOVA 結 優 初

4 3 > 2 > 1 序 答 均 3 4 2 間

間 優 差 あ 習熟 間 2

い 中 初 優 答率 動詞 前置詞

両方 意味 含 い 場 1 英語学習者 終 伴う解釈 習得 困

あ (cf. 稲垣) え 終 表 い動詞 終 表 前置詞 伴 い 場 ( 2)

初 終 解釈 理解 習熟 解釈 う

以 結 学習者 前置詞 動詞 表 終 理解 う 示唆

学 多い異文 間交流 活動企画 日米 2012 試

新 知子 石 県立大学 日米 世代 大学生 石 県立大学 ン工

大学 Moodle 石 県立大学近辺 歩 英語 共 作

沲 日 宿形式 共 学習 交流 行う い 言語 社会 文 多

学 う 異文 間交流活動 形式 整え う 動 い 多 学生 実 意味 あ ン活動 行え 目的設定 活動形式

容 ン 活動中 教員 い

回 石 県立大学 近 地 英語 作 いう目標設定 日

米 学生 異 視 持 共 作 や 異文

間 ン能力 養う 完 地元 担当者 贈呈

地 訪 社会貢献 体験 方 学生

大 遉 感 残

英 活動 行う あ 石 県立大学 Moodle 掲示

各学生 意見 交換 う 設定 宿 前 英 作業 通 異文

間 ン い い 学 共 作業 機会 持

宿前 目標 向 共 力 意識 芽生え 宿

開始 英語 いう共 創 あ 作品 あ 瘠表会や地域

ワ 活動 移行 非常 行わ 学生 遉 感 い充実

主 要因 考え い

英語授業 学習 入 学習意欲 態 え 影響

大場浩 越教育大学

研究 目的 大学 英語授業 学習 入

ン 活動 学生 英語学習意欲 態 人間関 や社会性 う 影響 え

(35)

第 日 自由研究発表①~

37

大学 生33 実験群16 統 群17 回 ン 4人

ン活動 あ Spot the difference 形式 4回行 活動

あ 構 的 ン ン 手 う 逭

わ a い 明示 b ン ン 入 実施 c ン ン 実施 d 課題 実施 e ン 振 返 実施 f

定着 実施 あ 実験群 活動 Johnson, Johnson and Holubec (1993)

学習 基 的構 要素 組 入 統 群 担や

調 能 指 や奨励 純 や 実験群 活動 行 あ

結 両群 活動 英語学習 意欲 実験群 英語

ン活動 ン 振 返 い 自己開示 通

特 効 的要因 あ 愛 性や対人関 力 統 群 身 付 思わ

実験群 英語 活動 含 向 人間関 良 英語

授業以外 活動 良い う 構 的 ン ン 原理 手法

学習 基 的構 要素 統 や 活動 英語学習 意欲や態 向 学習者 士 良い人間関 基 対 や学 い 思わ

授業 ン 効 動機

服部 藤 保健衛生大学

ン 以 RP 学生 間授業 最 当日 授業 振 返

わ 疑問 思 知 い 書 用 程

活動 意味 RP 通 教員 学生 理解 や授業 い 感想

把握 授業 改善 役立 回 授業

必 疑問 答え ン 返 う う 学生 教員 対

生 学生 英語学習 対 動機 役立 い い いう仮

立 RP 動機 関連性 ン 最終講義

結 析

わ RP 通 学生 教員 わ や 知 い

質問 や 授業 対 安感 減少 感 い 自 理解

い い 質問 確実 回答 得 授業 理解 能感

教員 関 近 学生 関 質問や回答 全

体 共 授業 対 要望 面 通 自 教員 伝え

自 授業 主体 自 性 以 う RP 通 学習 対 安感 減少 瘠的動機 関わ 自 性 能性 関 性

教員 立場 RP 通 観的 授業 振 返 学生 わ や

知 い 明確 示 授業 改善 役立 方 RP 書

直接 生 質問 行 い いう ン あ 安心 自 的 学習者育

RP 役 立 報告

英語授業記録 通 実習生 行う省察 教育実習 指

建 昭 愛知教育大学

教員養 質 い教育実習 あ 方 要 い

(36)

第 日 自由研究発表①~

38

い (朝日新聞教育 2011) 言い換え 養 段 実践 授業 想定 養 強 求

方 実習校 大学 いう教員養 いう枠組 養 段 教師 教育 含 教職生活全体 捉え 間的 瘠遉的 枠組 教職全体 捉え う 求

い 中央教育審議会 い 教員養 修士 教員 専門職業人 明 確 置 方向性 打 出 (中央教育審議会 2012) 具体的 教育実習 授業 い う 振 返 指 行わ い あ う 現 教育実習 中 前 指 指 1 目 置 い 指 容 実習生 実習経験 通

振 返 あ い 頭瘠表 行う型式 逭 い 例 多い 活動 実習 経験 言語 意義 あ 実習 実習経験 伝え 活動

や 実習生 士 新 問題意識 深 新 解決 糸 生 活動 必 い い わ 実習生 研究授業 議会 省 実習生 体験

い 研究 目的 指 教育実習中 授業映像 用い 授業者 意 生 活動 生 場面 実習生 省察 あ 方 検討

(37)

第 日 自由研究発表 ~⑩

39

会場

中会議

(5F)

学習者 意欲 引 出 授業実践 目標基準準 評価 形 的活用 自 己表現活動 通

井理恵 新潟県立 条商業 等学校 学習意欲 い 生 日々授業 向 い い あ い 経験 あ 教師

学習意欲 い 生 学習 逭行 妨 教師 指 困 容易 肯定 実 あ う う 生 い 教 背 向 完

全 興味 教師 方的 強引 指 彼 う 振 向

いう 簡 実現 い 英語 苦手 嫌い 生

意欲 い 教え 側 都 や逭 必要性 自主性 無

視 強引 方的 教え いう 指 い う 英

語 嫌い 意欲 学習者 自 性 意欲 彼

中 再 学 起 い い う

回 瘠表 校入学以前 英語学習 対 や 気 失 英語 苦手 嫌い 背 向 い 初 生 う 英語 関心 持 再 自 学 始

い 願い 現状 変え 組 実践報告 あ OC 授業 多少 生 興味関心 示 自 組 う いう気 瘠 終わ

的 行え 活動 ン ン PP いう自己表現 活動 入

井2011 過程 生 最大限 活用 全体

個 2 検討会 い 示 評価基準表 基 自

ン え 振 返 教師 彼 励 英語学習 対 前向

う 最終的 瘠表 い 過程

視 形 的 評価 行

日 韓国 ン ン 英語教 書 設問 比較 析調査 ン ン 伸

長 指

島遈 新潟工 大学 茅 潤 郎 新潟県立大学 大湊佳宏 長岡工業 等専門学校

英語 い 容 確 深 理解 う 日

人学習者 要 あ 論 い 推論瘠問 要性 あ 思

わ 中 2009, 2011 方 解 要性 比 学習者

い 向 い 人 何 う考え 問題 少 い

い う 島 2011 OECD 国 的 学習到遉 調査 あ PISA

ン い 日 人学習者 熟考 評価 苦手

思考 整理 論述 結 無答率 国 比 結 文部 学省2008;

元 2006 無関 い 思わ

瘠表 日 人学習者 必要 思わ ン ン 批 的思考 能

何 必要 課題研究 環 深澤(2008, 2020) いNuttall (1996)

瘠問 類法 基 外国 英語 教 書 設問 種類 特 的 い 調 査 結 報告 対象 国 日 様 EFL環境 あ 韓国 ン ン

国 あ 教 書 校 4冊 8冊 あ 12冊 教 書 設問 的 質的特 析 日 校英語 ン 教 書18冊 析結 島 2011 照

わ 日 人学習者 ン ン 能 育 必要 手立

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :