[投影資料] CV 草薙邦広のページ 草薙他 LET2013春 投影資料

41 

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)
(2)

キー入力

記録

シス

認知

自律学習

(3)

草薙邦広

名古屋大学大学院

阿部大輔

名古屋大学大学院

福田純也

名古屋大学大学院

日本学術振興会特別研究員

川口勇作

名古屋大学大学院

81

回外国語教育

学会中部支部春季研究大会

2013/5/25

東海学園大学名古屋キ ン ス

(4)
(5)

背景

ン プロセス

質 担

重要 側面

主 三

文章構成活動

計画・文章化・推敲

書 手

,サ

ロセ

明確

(6)

背景

認知的側面

書 手

認知能力

発達

e.g.,

Cotterall & Murray (2009); Schoonen et al., 2007; Victori,

1992, 1999; Victori & Lockhart, 1995

L1, L2

問わ 明示的

ン 指導 経

験 重要

構成

知識

方略 選択

(7)

背景

学習支援

効率

支援,構成

ロセ

明示的指導 時間

一斉指導環

指導 難

学習支援側

干渉

プロ

(8)

背景

自律学習

ッ 環境

方略 選択

,学習活動

サ ー

ロセ

直接的

認知的能力 発達

(9)
(10)

背景

キー入力記録シス

PC

キー入力 記録

手法

心理言語学

伝統的 手法

L2

研究例 近年徐々 増

(11)

背景

プロセス

可視化

語数 時系列推移 可視化

文章構成活動

ロセ

把握

尾関

1993

, Sugiura & Ozeki (1994)

先駆的 研究

(12)

0 50 100 150 200 250

(13)

0 50 100 150 200 250

0 5 10 15 20 25 30

文章化

推敲

(14)

背景

学習者 普段 得

情報

コン ュー

利用

(15)

背景

主眼

語数 時系列 機械的 可視化

学習者 見

認知能力 発達

自律学習

(16)

背景

(17)

背景

具体的

観点

1.

方略的活動

サ ー

媒体

認知的側面

2.

直接的,視覚的

直感的

教育的側面

3.

機械化・自動化

,学習支援 効率化

工学的側面

4.

,操作

ン ー

(18)
(19)

開発

開発

Hot Soup Processer 3.3

開発 約

512 KB

Windows OS

上 実行

作動

.exe

ネッ ワー 通信 行わ い

(20)

開発

主 機能

記録 ー

再生 ー

(21)

開発

記録 ー

UI

タ式

上 打 込

いくこ

キー入

時間

打鍵キー 記録

独自

形式

.klg

最終的

ッセ

product .txt

(22)

開発

形式

拡張子

.klg

基本的

csv

同 構造

,汎用性

分析

推敲 ー 記録時 課題開始時

絶対時間(ms) そこ時点プロ

* 14:2:21:171 86718 T

* 14:6:9:687 315234 Th

* 14:6:9:906 315453 Thi

(23)

開発

再生 ー

.klg

読 込 ,動画再生 同様

操作

ロセ

実際 見

(24)

開発

分析 ー

.klg

読 込 ,語数 時系列変

化 図示

課題

時間

50

分割 ,%表示 各時点

数 推敲回数

描画

図示

結果 画像

.bmp

(25)
(26)
(27)
(28)

評価

実際 使用

参加者

6

人 大学生/大学院生 文系

4,

理系

2

課題

使用

15

ッセ

ロン

: 死刑制度

是非

課題 後,語数 時系列推移 図 見

(29)

評価

ュー 例

1

.書

い い

時 何 考

え い

15

時間配分

多少考

え い

図 見

後半増

前 方見

・・・。

時 何 気

け う

,組立

。・・・

15

いう

最初

組 立

書 始

,途中 止

, ,途中

(30)
(31)

評価

ュー 例

2

.書い い 時 何 考え い

プ ン

全然考え ない す

い あ,何 書こう

考え

.こ 図 見

う思い

う いい

全体的 何 出 こ い感

,残念

.こ

時 何 気

け う 思

計画 立

う 思う

練習

(32)
(33)
(34)

展望

今後 課題

Think Aloud

実際

認知的変化

検証

語数 時系列推移 可視化

プロセス 及

影響

調査

教育実践的側面

向上

ニター , ロセ 自体

オン

ニター ー

(35)

展望

想定さ

応用例

単独

自律学習用ソ

コー

ュー

短期的・長期的 指導効果

調査

道具立

ロセ 自体 評価 評価

(36)
(37)

Web Page

Ver. 1.0

ンロー

!!

Help

資料

動画 見

(38)

問い合わ :草薙邦広

(39)

引用文献

• Cotterall, S., & Murray, G. (2009). Enhancing metacognitive knowledge: Structure, affordances and self. System, 37, 34–45.

• Flower, L., & Hayes, J. R. (1981). A cognitive process theory of writing.

College composition and communication, 32, 365-387.

• Matsuno, K., Murao, R., Morita, M., Sakaue, T., and Sugiura, M. (2010). Production units in English writing: A comparative study of writing fluency between native speakers and non-native speakers of English. in Hirakawa, M. et al. (eds). Studies in Language Sciences, 9, 143-159. Kuroshio

Publishers

• Miller, K. (2005). Second language writing research and pedagogy: A role for computer logging? Computers and Composition, 22, 297–317.

• Miller, K., Lindgren, E., & Sullivan, K. (2008). The psycholinguistic

dimension in second language writing: Opportunities for research and pedagogy using computer keystroke logging. TESOL Quarterly, 42, 433– 454.

• New, E. (1999). Computer–aided writing in French as a foreign language: A qualitative and quantitative look at the process of revision. The Modern

(40)

引用文献

• Park, K., & Kinginger, C. (2010). Writing/thinking in real time: Digital video and corpus query analysis. Language Learning & Technology, 14, 31–50.

• Sakaue, T. & Sugiura, M. (2011). A new learner corpus for SLA research: Dynamic Corpus of English Learners. Learner Corpus Research

2011,Louvain-la-Neuve, Belgium.

• Sugiura, M., & Ozeki, S. (1994). Introduction to HyperCard and Composition: HyperComp. In D. Kluge,J. Lundelius,S. McGuire,K.

Nozawa,S. Ozeki,M. Sugiura, & M. Taylor (Ed.), The Proceedings of The National Conference on Computers and Composition 1993,

• Sullivan, K. P. H., & Lindgren, E. (2002). Self-assessment in autonomous computer-aided L2 writing. ELT Journal, 56, 258–266.

• Schoonen, R., Gelderen, A. V., Glopper, K. D., Hulstijn, J., Simis, A.,

Snellings, P., & Stevenson, M. (2003). First language and second language writing: The role of linguistic knowledge, speed of processing, and

metacognitive knowledge. Language learning, 53, 165-202.

(41)

引用文献

• Roca de Larios, J., Manchón, R., Murphy, L., & Marin, J. (2008). The foreign language writer's strategic behaviour in the allocation of time to writing

processes. Journal of Second Language Writing, 17, 30–47.

• Victori, M. (1999). An analysis of writing knowledge in EFL composing: A case study of two effective and two less effective writers. System, 27, 537-555.

• Victori, M., & Lockhart, W. (1995). Enhancing metacognition in self-directed language learning. System, 23, 223–234.

• 尾関修治 (1993). ー け 学習履歴 記録 利用 .

北尾他編 コン ュータ利用 外国語教育:CAI 動向 実践 (pp. 12-23).

東京:英知社

• 草薙邦広・高橋改太・菊池優希 (2012) キー入力記録 用い 英語

学習者 ン ロセ 分析―語数・推敲回数・正確さ 時系列推移 ― 外国語教育 学会第52回全国研究大会要綱集 172–173.

• 高橋改太(2012). 日本語 ⺟語 英語学習者 ン ・ ロセ

け 推敲 ッセ 評価 関係 名古屋大学大学院国際開発研究科. 修⼠

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :