• 検索結果がありません。

132

見 た タ グ で あ る 。 た だ し 、 第 3 章 で 考 察 し た タ グ は 文 字 列 コ ー パ ス へ の も の で あ り 、 基 本 的 に 出 典 情 報 の タ グ と 分 析 用 情 報 の タ グ の み が 扱 え 、 語 彙 形 態 素 及 び 品 詞 情 報 の タ グ は 特 殊 な 状 況 下 で の み 扱 え た の に 対 し て 、 本 章 で の も の は 全 て の タ グ が 同 一 の 基 準 上 で 扱 え る と こ ろ に 強 み が あ る 。

4.3 検 索

133 4.3.2 行 レ ベ ル の タ グ の 組 み 合 わ せ 検 索

コ ー パ ス 中 に 含 ま れ る 情 報 は 言 語 デ ー タ 内 の 情 報 と 言 語 デ ー タ 外 の 情 報 の 2 つ が あ る こ と を 考 察 し た 。 こ れ ら を 条 件 と し て 検 索 結 果 を 絞 る 場 合 、 そ れ ぞ れ 別 々 に の み 指 定 す る よ り も む し ろ 組 み 合 わ せ て 指 定 す る こ と が 多 い で あ ろ う 。 文 体 研 究 の 場 合 、夏 目 漱 石 の 使 用 し た 時 間 副 詞 の 研 究 で は 、「 夏 目 漱 石 」が 言 語 デ ー タ 外 の 情 報 で 、「 時 間 副 詞 」は 言 語 デ ー タ 内 の 情 報 で あ る 。日 本 語 教 育 学 の 研 究 の 場 合 、学 習 歴 2 年・中 級 者 の 使 用 し た 格 助 詞 の 誤 用 を 見 る と き は 、「 学 習 歴 2 年 」「 中 級 者 」が 言 語 デ ー タ 外 の 情 報 で 、「 格 助 詞 」「 誤 用 」が 言 語 デ ー タ 内 の 情 報 で あ る 。

こ の よ う に 言 語 デ ー タ 内 の 情 報 で あ る 語 レ ベ ル の デ ー タ と 、 言 語 デ ー タ 外 の 情 報 で あ る 行 レ ベ ル の デ ー タ を 組 み 合 わ せ て 検 索 を 行 う こ と で 効 率 が 高 ま る 。

4.3.3 詳 細 検 索 の 検 索 例

研 究 の 内 容 に よ っ て 分 析 対 象 は 違 う も の で あ り 、 そ れ に よ っ て 検 索 す る 表 現 も 変 わ っ て く る 。

(37) 抗 生 物 質 は , 細 菌 に は 効 く が ウ ィ ル ス に は 効 か な い 。

(38) す ぐ に 入 院 し て 手 術 を 受 け た が , も は や 手 遅 れ だ っ た 。

(39)お っ し ゃ る こ と は よ く わ か り ま す が ,技 術 的 に ち ょ っ と む ず か し い の で は な い か と 思 い ま す 。

(40) あ そ こ に 大 き い ビ ル が あ り ま す が , あ れ は 何 で す か 。

( 日 本 語 記 述 文 法 研 究 会 2008)

(37)~(40)は 接 続 助 詞 の「 が 」が 使 用 さ れ た 文 で あ る が 、用 法 は 異 な っ

て い る 。 日 本 語 記 述 文 法 研 究 会 (2008) に よ る と 、(37) は 主 節 と の 対 比 を 表 す「 対 比 」、(38)は 従 属 節 の 事 態 の 帰 結 と し て 予 想 あ る い は 期 待 さ れ る 事 態 が 、 従 属 節 の 事 態 の 成 立 に も 関 わ ら ず 起 こ ら な い「 逆 接 」、(39)は 主 節 で 述 べ る 判 断 ・ 評 価 と は 逆 方 向 の 内 容 を 示 し て 、 そ れ を 認 め た う え で 主 節 の 内 容 を 主 張 す

134

る「 譲 歩 」、(40)は 節 の 内 容 が 、そ の 文 で 本 来 言 い た い こ と そ の も の で は な く 主 節 の 内 容 を 言 う た め の「 前 置 き 」と さ れ て い る( 日 本 語 記 述 文 法 研 究 会 2008:

259-261)。品 詞 上 は 同 じ 接 続 助 詞 の「 が 」で あ る が 、多 彩 な 用 法 を 持 っ て い る 。 こ れ ら の 用 法 ご と に ど の よ う な 前 項 語 や 後 項 語 と の 共 起 が 起 こ る か を 分 析 す る 場 合 、 ま ず 接 続 助 詞 「 が 」 の 抽 出 か ら 始 め る 必 要 が あ る 。

(41) ど こ で 生 れ た か と ん と 見 当 が つ か ぬ 。

(42) 書 生 が 動 く の か 自 分 だ け が 動 く の か 分 ら な い が 無 暗 に 眼 が 廻 る 。

(43)そ の 後 猫 に も だ い ぶ 逢 っ た が こ ん な 片 輪 に は 一 度 も 出 会 わ し た 事 が な い 。

(『 吾 輩 は 猫 で あ る 』 下 線 は 筆 者 に よ る )

し か し 単 に「 が 」と い う 語 を 検 索 す る と(41)~(43)の よ う に 7 つ の「 が 」 が 使 わ れ た う ち 、「 分 ら な い が 」「 だ い ぶ 逢 っ た が 」の 2 つ し か 接 続 助 詞 の「 が 」 は 検 出 で き ず 、 大 量 に 格 助 詞 の 「 が 」 が 検 出 さ れ て し ま う 。 実 際 に 調 べ る と 1 年 分 の 新 聞 ( 中 日 新 聞2006 年 ) の う ち 接 続 助 詞 の 「 が 」 は 86637回 で 、 格 助 詞 と 接 続 詞 を 合 わ せ た 「 が 」 が 923695 回 使 用 さ れ て い る 。 単 純 に 「 が 」 だ け を 抜 き 出 し た と し て も 1 割 し か 目 的 の 表 現 に た ど り 着 け な い の で あ る 。 こ こ か ら 手 作 業 で 不 要 な 例 文 の 削 除 を 行 う の は あ ま り に も 効 率 が 悪 い と 考 え ら れ る 。 そ こ で 語 単 位 の 情 報 と し て 品 詞 の 情 報 を 利 用 す る 。

4-9 接 続 助 詞 「 が 」 の 検 索 結 果

135

「 が 」 と い う 語 の 指 定 に 加 え て 「 接 続 助 詞 」 と い う 品 詞 の 情 報 を 組 み 合 わ せ る こ と で 当 該 表 現 を 抽 出 す る こ と が で き る よ う に な る 。

4.3.4 小 結

本 節 で は 4.2.2で 考 察 し た 、 多 層 式 に 付 与 さ れ た タ グ の 利 用 方 法 と し て 検 索 に 関 し 考 察 を 行 っ た 。 第 2 章 で 提 示 し た 検 索 方 式 で あ る 柔 軟 検 索 は 、 複 数 語 か ら な る 表 現 を 検 索 で き る 横 向 き の 検 索 方 式 で あ っ た の に 対 し 、 本 節 で 考 察 し た 詳 細 検 索 は 1 語 を 深 く 詳 細 に 条 件 付 け し 検 索 す る 縦 向 き の 方 式 で あ る と い え る 。 語 レ ベ ル の タ グ は 形 態 素 解 析 タ グ で も オ リ ジ ナ ル タ グ で も 、 一 律 で 同 じ 仕 組 み 上 で 検 索 が 行 え る も の で あ る 。4.2で 示 し た と お り 、 こ の デ ー タ 構 造 で は 言 語 使 用 に ま つ わ る あ ら ゆ る 情 報 を 付 与 す る こ と が で き 、 ま た 本 節 で 示 し た 詳 細 検 索 で は そ れ ら 付 与 さ れ た 情 報 を す べ て 詳 細 に 取 り 扱 い 検 索 す る こ と が で き る 。 こ れ に よ っ て 実 際 に 使 用 さ れ た 言 語 を 収 集 し て デ ー タ 化 す る と い う コ ー パ ス に お い て 、言 語 を と り ま く ど の よ う な 情 報 で も 取 り 扱 う こ と が で き る よ う に な る 。

関連したドキュメント