• 検索結果がありません。

ひかり電話の使いかた3-1

ドキュメント内 RV-440KI 取扱説明書 (ページ 48-52)

■ランプの確認

本商品のランプ表示が下記のようになっていることを確認してください。

電源ランプ(緑点灯)

VDSL ランプ(緑点灯)

FAIL ランプ(消灯)

ひかり電話ランプ(緑点灯)

ACT ランプ(緑点灯)

登録ランプ(緑点灯)

①本商品前面のひかり電話ランプが緑点灯していることを確認します。

②ハンドセットを取りあげ、「ツー」という音を確認します。

③相手の電話番号をダイヤルします。

通常どおり電話番号をダイヤルすると発信します。

④通話が終わったらハンドセットを置きます。

●指定着信番号を指定して電話をかけるには

相手の方が指定着信番号を設定している場合は、手順③で相手の方の電話番号をダイヤルした あとに、 、指定着信番号(最大 19 桁)をダイヤルします。

〈例〉03 ○○○○ ○○○○  1234

↑ ↑

電話番号 指定着信番号

指定着信番号の設定方法については、「指定着信機能」(3-16 ページ)を参照してください。

電話のかけかた

注意

本商品前面のひかり電話ランプが消灯している場合は、ひかり電話の ご利用はできません。

※節電機能動作時は、アラームランプ、PPP ランプ、ひかり電話ランプ、登録ランプ、初期 状態ランプ、オプションランプが消灯します。節電機能の詳細については「機能詳細ガイ ド」を参照してください。

3-3

3

ひ か り 電 話 の 使 い か た

●本商品前面のひかり電話ランプが消灯している場合は、ひかり電話がご利用できません。(「7 章 故障かな?と思ったら」(☛7-4 ページ)を参照してください。)

●本商品に接続した電話機の ACR 機能・ LCR 機能または 0036、0039 など付与機能がオ ンの場合、ひかり電話が発信できない場合があります。ACR 機能・ LCR 機能または 0036、0039 など付与機能をオフにしてご利用ください。(設定方法などはお使いの電 話機の取扱説明書などをご確認ください。)

●お使いになっている電話機の環境やオンフックダイヤル(ハンドセットを置いたままダイ ヤルする機能)を用いるなどの操作方法によっては、ダイヤルするときに正しく発信でき ないことがあります。

●最後の番号を押してから少したつと、電話番号の終了と判断し発信します。すぐに発信さ せたい場合は、番号に続けて「 」(シャープ)を押してください。

●指定着信番号を指定して電話をかける場合や、番号に続けて「 」(シャープ)を押して 発信する場合は、電話機の電話回線ダイヤル種別を「PB」に設定してください。

「PB」にできない電話機からは、これらの機能をご利用になれません。電話機の電話回線 ダイヤル種別の設定方法は、電話機の取扱説明書などをご覧ください。

●通話切断後、続けて電話をご利用になる場合は、ハンドセットを置いて 2 秒以上待ってく ださい。再度ハンドセットを取りあげ、「ツー」という音を確認してから、ダイヤルしてく ださい。

●左記手順②で「ツー」という音のかわりに「ピーピーピーピー」という音が「ツー」の前 に聞こえた場合は、最新のファームウェアが公開されています。「 」を ダイヤルして本商品のバージョンアップを行ってください。(詳しくは「6 章 本商品のバー ジョンアップ」(☛6-1 ページ)を参照してください。)

お知らせ

3-1 ひかり電話の使いかた

①相手から電話がかかってくると着信音が鳴りますので、ハンドセットを取りあげて通話し ます。

②通話が終わったらハンドセットを置きます。

電話の受けかた

●「Web 設定」や電話機からの設定、ひかり電話に対応した IP 端末からの自動設定により、

ひかり電話の通話や内線通話、着信音(着信中のナンバー・ディスプレイ表示など)、通信が 途切れる場合があります。

●ひかり電話使用中、および使用後一定時間は、「Web 設定」などでの本商品の再起動を伴 う操作は行えない場合があります。その場合は、ひかり電話使用終了後一定時間たってか ら、再度操作を行ってください。

●ひかり電話使用中、および使用後一定時間は、「無線 LAN 簡単セットアップ」での設定が行えま せん。ひかり電話使用終了後、一定時間たってから設定を行ってください。

お知らせ

3-4

電話番号  0120 0170 0180 0190 0570 0800 0910 0990 010 020 050 060 070 080 090 100 104 106 108 110 113 114 115 116 117 118 119

電話番号 

134 135 136 141 142 144 145 146 147 148 149 151 152 159 161 162 163 164 165 166 167 169 171 177 178 184 186 サービス名など 

フリーアクセス/フリーダイヤルなど ※1 伝言ダイヤル  テレゴング テレドーム/データドーム 

エンジェルライン/あんないジョーズ  ナビダイヤル  フリーアクセス/フリーダイヤルなど 

公専接続  ダイヤルQ2

国際通話 ※3 ポケベル 

IP電話  UPT(eコール) 

PHS ※4 携帯電話  携帯電話  100番通話 ※5

番号案内 ※6 コレクトコール(コミュニケータ扱い)※5

自動コレクトコール ※5 警察(緊急通報) 

故障受付  お話し中調べ 

電報受付  営業受付  時報  海上保安(緊急通報) 

消防(緊急通報) 

接続可否 

○ 

× 

× 

× 

○ ※2

○ 

× 

× 

○ 

× 

○ 

× 

○ 

○ 

○ 

× 

○ 

× 

× 

○ 

○ 

× 

○ 

○ 

○ 

○ 

○ 

121 クレジット通話サービス  ×  サービス名など 

ダイヤルQ2パスワード  特定番号通知機能  ナンバーアナウンス・ナンバーお知らせ136

でんわばん、二重番号サービス  ボイスワープ  迷惑電話おことわりサービス 

キャッチホンⅡ  キャッチホンⅡ  ボイスワープ  ナンバーリクエスト 

DDX−TP メンバーズネット  メンバーズネット  空いたらお知らせ159

ファクシミリ通信網  ファクシミリ通信網 

DDX−TP DDX−TP メール送受信  ビデオテックス接続 

DDX−TP DDX−TP 災害用伝言ダイヤル 

天気予報  オフトーク  発信者番号通知拒否 

発信者番号通知 

接続可否 

× 

○ 

× 

× 

○ 

○ 

× 

× 

○ 

○ 

× 

× 

× 

× 

× 

× 

× 

× 

× 

× 

× 

× 

○ 

○ 

× 

○ 

○ 

・シャープダイヤル(♯+4桁の番号サービス)への発信 

・電気通信事業者を指定した発信(0036など番号の頭に「00XY」を付与する番号への発信) 

通信機器の種類によっては、ひかり電話の付加サービスをご利用いただけない、または設定の変更が必要となる場合があります。

ひかり電話で以下の操作はできません 

義援金募集番組  ○ ※7

※1 フリーダイヤルなどのご契約者がひかり電話を着信させない契約内容にしている場合、接続できません。 

※2 NTTコミュニケーションズ株式会社が提供する「ナビダイヤル」のみ接続できます。ただし、ナビダイヤルのご契約者が  ひかり電話を着信させない契約内容にしている場合、接続できません。 

※3 国際フリーダイヤルなど(「010-800」で始まる番号)には接続できません。 

※4 発信先(相手側)のPHS端末が圏外、または電源が入っていない場合は、その旨をお知らせするガイダンスではなく、 

話中音が聞こえます。 

※5 「100番通話(100)」、「コレクトコール(106・108)」は、着信もご利用いただけません。 

※6 ひかり電話から発信した場合、DIAL104サービス(案内された電話番号にそのまま接続できるサービス)はご利用いた  だけません。なお、加入電話・ISDNから発信して、DIAL104サービスにて案内された番号がひかり電話の場合は着信  可能です。 

※7 大規模災害発生時に株式会社テレビ朝日が提供する「テレビ朝日ドラえもん募金」、株式会社東京放送ホールディングス  が提供する「JNN・JRN共同災害募金」をご利用いただけます。 

*「ドラえもん」は株式会社小学館集英社プロダクションの登録商標です。 

*「JNN」「JRN」は株式会社東京放送ホールディングスの登録商標です。 

ひかり電話で発着信できるサービス

ひかり電話では、以下の電話サービスとの発着信が可能です。

・ NTT 東日本/西日本の加入電話および ISDN ・ IP 電話サービス(050IP 電話サービス)

・国際電話(世界約 200 の国と地域) ・他社の提供する OAB 〜 J 電話サービス

・携帯電話、PHS

接続可否番号一覧

ひかり電話で接続できる番号は以下のとおりです。(2011 年 2 月現在)

3-5

3-1 ひかり電話の使いかた

3

ひ か り 電 話 の 使 い か た

内線通話

他の電話機ポートに接続された電話機、ひかり電話用無線 IP 電話機、LAN ポートに接続 された IP 端末などを呼び出して、通話することができます。

①ハンドセットを取りあげ、「ツー」という音を確認します。

②呼び出す電話機などの内線番号(「1 〜 9」、「10 〜 99」の 1 〜 2 桁)をダイヤルします。

※内線番号は変更できます。(アナログ端末☛3-22 ページ、IP 端末☛3-25 ページ)

③通話が終わったら、ハンドセットを置きます。

内線転送

外の相手との電話を他の電話機ポートに接続された電話機、ひかり電話用無線 IP 電話 機、LAN ポートに接続された IP 端末などに取りつぎます。

①通話中の外の相手の方に待っていただくように伝え、フッキングします。

②呼び出す電話機などの内線番号(「1 〜 9」、「10 〜 99」の 1 〜 2 桁)をダイヤルします。

※内線番号は変更できます。(アナログ端末☛3-22 ページ、IP 端末☛3-25 ページ)

③呼び出された方が応答したら、転送することを伝えます。

④ハンドセットを置いて転送を実行します。

●同時に利用できる内線通話・内線転送はどちらか 1 通話です。

●内線番号を押してすぐに発信させたい場合は、番号に続けて「 」(シャープ)を押して ください。

●内線転送で、転送先の方が応答する前に外の相手の方との通話を保留したままハンドセッ トを置くと、着信音が鳴ります(呼び返し)。ハンドセットを取りあげると、保留していた 相手の方とお話しできます。

●フッキングとは

電話機のフックスイッチを押すことです。1 秒以上押し続け ると電話が切れることがあります。コードレスホンや多機能 電話機などをお使いのときは、キャッチボタン(またはフッ クボタン、フラッシュボタンなど)を押します。

●ひかり電話が使用できない場合は、電話機からの設定および内線通話がご利用になれません。

お知らせ

3 2 1

0 6 5 4

9 8 7

フックスイッチ

ドキュメント内 RV-440KI 取扱説明書 (ページ 48-52)